【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 家系



75 :1/3:2008/10/03(金) 17:14:07 ID:B+Lbb6SP0
亡くなったウチのばあちゃんに昔聞いた話。

ばあちゃんは子供の頃、とても大きな家に住んでいたらしく、大きな蔵も2つほどあったそうな。
1つめの蔵にはガラクタを。
2つめの蔵にはお宝を。
ばあちゃん家ではそうしていたらしい。
でも、なぜかその蔵に『絶対にしまわれない』お宝があったんだって。
ひとつは、甲冑。
実際に戦国時代に使われたとかいう、それはリッパなものだったそう。
座している格好で置いてあったそうだ。
そしてもうひとつが、今の炊飯器ぐらいの大きさの木箱で、
鉄の縁取りがしてあって、赤茶に錆びた鎖でがんじがらめ。
カギ(南京錠のことだと思う)も2個ついていたとのこと。


76 :2/3:2008/10/03(金) 17:14:55 ID:B+Lbb6SP0
それらは、とても怖かったというばあちゃんの祖父の部屋に常に並べて置いてあったそうで、
ばあちゃんは親祖父母から「絶対に触るな」とキツーく言われていた。
そもそもその祖父の部屋っていうのが、母屋じゃなくて離れにあって、常に立ち入り禁止くさいものだったらしい。

んで、ある日ばあちゃんが弟と庭で遊んでたときに、放った鞠が離れの屋根の上に乗ってしまったそうな。
鞠が取れなくて困り、離れの中にいた祖父に声をかけたら、つついて落とす棒か何かを探しに行ってくれた。
祖父を待ちながらウロウロしていたら、いつの間にか弟が居ない。
探したところ、離れの祖父の部屋の中で見つけたそうだ。
ところが、その弟の様子がおかしい。
あの鎖でがんじがらめの箱を抱えて、しきりになにかフガフガしているんだと。
慌てて駆け寄ると、薄く白目をむきながら鎖に噛み付いて、フガフガ言いながらそれを噛み千切ろうとしていたらしい。
弟の襟元も箱も畳もヨダレでビショビショ。


77 :3/3:2008/10/03(金) 17:15:48 ID:B+Lbb6SP0
ばあちゃんは必死に弟を正気に戻そうと、ホッペタをひっぱたいたり揺さぶったりしたようなのだが、
弟は全く意に介さず鎖をかみ続ける。
そしてなによりばあちゃんがビックリしたのは、弟が抱えている箱。
中から声が聞こえるんだそうだ。
「あけてくださいー」とか、「あけて、あけてよう」とか。
悲鳴を上げると、ちょうど祖父が走って戻ってきたそうで、
「なにしてる!」と一喝するやいなや弟から箱をふんだくり、甲冑の隣へドスンと置いて、
弟は襟を掴んで水場へひっぱっていき、桶で何倍も水をかぶせたそうだ。
続いてばあちゃんも水をかぶせられたらしい。

弟はキョトンとしており、自分が何をしていたのか分からない様子で、
祖父に「あの箱はなんなの?」と聞いても、「知るな」と言われてなしのつぶてだったそうだ。
そしてついにその謎を知ることがないまま、ばあちゃんは家を出て駆け落ちしたんだと(笑)

ちなみにその実家の場所は、長野の伊那?イナって場所だそうです。
ご当地の方、ご近所にそんな屋敷ありませんか?




オカルトランキング



486 :本当にあった怖い名無し:2013/02/24(日) 02:23:40.95 ID:vd1/wjg10
ちょっと聞いてくれ。
つい最近、巷でマジの人って評判の霊能者に話を聞いたんだけど、俺の家系、何かヤバイらしい。
あまりにも守りが強くて、うちの家族に敵対的な人物は絶対に不幸な目に遭うみたい。
ちなみに家族構成は母と姉と俺の3人。

まずは俺。
高校の時、クラスでもあまり目立たないよう頑張ってた俺に対して、地味な嫌がらせを続けてた連中が3人いた。
ケシカス投げ付けてきたり、体育着隠したり、教科書パクったりされた。
俺本人としては鬱陶しいなぁと思いながら相手にしてなかったんだが、
ある日一人が車に撥ねられ足を骨折。
そいつはサッカー部で、丁度サッカーの重要な試合があったが、出れなかったらしい。
約二週間後、もうひとりが授業中糸鋸で指を切断する事故を起こした。
最後に残ったやつは、その3日後に自転車でコケて腕を骨折した。
結果的に俺に嫌がらせをしていた連中は全滅。
おかげで死神という中二くさく不名誉なあだ名を頂いてしまった。


487 :本当にあった怖い名無し:2013/02/24(日) 02:25:40.32 ID:vd1/wjg10
次に母。
バリバリ仕事ができる人だから、古株のおばさんに目をつけられて、
事あるごとに嫌味を言われたり、陰口を叩かれたり、ある事無い事吹聴して回られたらしい。
母は少し気分を害しつつも、大した実害もないので、相手にはしていなかった。
が、そのオバさん、
結婚して30年ずっと夫婦仲が良かったというのに、母に嫌がらせを始めてから一ヶ月後に離婚したそうだ。
そのショックのせいで仕事も辞めて行ったらしい。

そして姉。
彼氏がいたんだが、ちょっと受け付けないところがあったらしく、半年して別れた。
その後、その元彼氏がストーカーと化して、うちに無言電話をかけたりしてくるようになった。
姉は断固無視を決め込んでいて、エスカレートしたら通報しようという話になっていた。
のだが、一週間して一切のストーカー行為がなくなった。
諦めたんだなーとか呑気に話してたが、実際は自宅で死んでいたらしい。自殺かどうかは知らんが。

俺も最初は偶然だろって思ってたけど、やっぱり俺の嫌いな人は皆怪我やら不幸やらに見舞われてる。
これらはほんの一例。こういう具合でうちの家系に敵対した人は確実に痛い目をみるみたい。
でも、この祟りみたいな体質、結構厄介なところがあって、本人の意思に関係なく発動されてるんだ。
大した事もされず、なおかつ自分も気にしてなくても、相手が勝手に祟られていく。
だから、人と関わるのが怖くなってしまって、バイトもおちおち出来ない。
日常生活で足を踏まれたりしてイラッとする事とかもあるけど、その人達も祟っちゃったりしたのかなぁ…




オカルトランキング



438 :419:2008/08/09(土) 18:45:34 ID:JvIA5sXZ0
友人の父親の家では代々、男衆が一定の年齢に達すると、
その家にとっての“決まった土地”を、
白い装束を着けて、決まり言葉を(念仏なのかな?)ずっと唱えながら巡るのだそうです。
大変過酷な場所を一人で行かなくてはいけないらしく、
習俗とはいえ、荒行の域といっても過言ではないと思います。
そして、通過儀礼とはいえど、これを生き残った者のみが何かから許されて、
その後の人生を続けていくような・・・。

ここまでは家系にまつわる話ですが、
オカルトめいてくるのは、友人の父親がソレを行わなかった事によって起こります。
彼はまだ若いし、地方から都市部へ出てくることが多かった時代背景も手伝って、その土地を離れていたこともあり、
「馬鹿らしい」と、その年齢に達しても戻らなかったんだそうです。まあ、よくある話ですよね。


439 :419:2008/08/09(土) 18:47:18 ID:JvIA5sXZ0
ここから、友人に言わせると「堕ちて行く人生」だと。
左目が何の病気でもないのに失明。
当時結婚したばかりだったのに、職も失い(技術系だったようです)途方にくれますが、子供も生まれる。
救いを求めても、家からは断たれたも同然の扱いを受けているため頼れず、精神のほうも病んできます。
障害手帳も所持してました。

自分が友人と知り合ったときには、いわゆる生活保護世帯になっており、(本人から話してくれました)
日中は家に寄り付かず、夜中になるとどこで飲んでくるのか泥酔して、喚きながら部屋に戻ってくるのだそうで、
家族からも疎まれている状態でした。今は一家離散状態のようです。

父親の家系の血を一番濃く引いたと取れる容姿(いわゆる陶器のように抜ける白い肌の美形w)、
気質(とんでもない霊感の持ち主。いろいろ聞きました)の友人は、女性なので大丈夫だと思いますが、
男兄弟がいらしたはずなので、彼がどうなったのか・・・音信不通だそうです。

仏壇のお守りを当番が見るために、村内を担いで回るというのは何かで見たのですが、
上記のような“その家だけ”というのは珍しいかと思ったため、お話させていただきました。


☜1日1クリックの応援お願いします



626 :本当にあった怖い名無し:2014/03/17(月) 22:32:08.38 ID:JF3JlW0H0
戦前の話だけど、大きな農家の家長が家の運勢を占い屋に占って貰ったそうな。 
そうしたら、その占い師は「この家は代々子供の運が悪い、家を継げる子がいない」と言ったものの、
当時、その家には上に4男3女の子供たちがすくすく育っていて、家長は「何を馬鹿なことを!」と本気にしなかった。

ところが、男の子たちが大きくなった頃に第二次世界大戦が激化して、長男以外の男児が戦争に取られて相次いで戦死。
それでも長男が残って終戦を迎えられたので、ヤレヤレと思っていたのに、
その肝心の長男が、農業の作業中に事故で亡くなってしまうという不運に。
今更ながら占い師の言葉に怯えた家長は、
残った3人の娘さんを必要以上に外に出さない様にして大事に大事に育てたので、
3人の娘さん達は事故にも病気にもかかわらず成長して、この中から誰か婿取りをすれば安心というところまできた。

しかし、ある日その農家が火の不始末から火事になって、2階の奥まった部屋にいた娘さん達は誰も助からなかった。
火事の時、周りの人達は娘さん達に「飛び降りて逃げろ!」と叫んだけど、
娘さん達はひたすら気弱に育てられてので、2階から飛び降りる勇気が出なかったらしい。
もし、普通程度の活発さがあれば娘さん達も、窓から飛び降りるなりして逃げ切れたかも知れないのに、
大事に育てたのが仇になったみたい。 

結局、その家は占い師の言葉通り家長の代で途絶えてしまった。 
会ったとこ無いけど、遠縁であった本当の話。



☜1日1クリックの応援お願いします



486 :本当にあった怖い名無し:2013/02/24(日) 02:23:40.95 ID:vd1/wjg10
ちょっと聞いてくれ。 
つい最近、巷でマジの人って評判の霊能者に話を聞いたんだけど、俺の家系、何かヤバイらしい。 
あまりにも守りが強くて、うちの家族に敵対的な人物は絶対に不幸な目に遭うみたい。 
ちなみに家族構成は母と姉と俺の3人。

まずは俺。 
高校の時、クラスでもあまり目立たないよう頑張ってた俺に対して、地味な嫌がらせを続けてた連中が3人いた。 
ケシカス投げ付けてきたり、体育着隠したり、教科書パクったりされた。 
俺本人としては鬱陶しいなぁと思いながら相手にしてなかったんだが、
ある日一人が車に撥ねられ足を骨折。 
そいつはサッカー部で、丁度サッカーの重要な試合があったが、出れなかったらしい。 
約二週間後、もうひとりが授業中糸鋸で指を切断する事故を起こした。 
最後に残ったやつは、その3日後に自転車でコケて腕を骨折した。 
結果的に俺に嫌がらせをしていた連中は全滅。
おかげで死神という中二くさく不名誉なあだ名を頂いてしまった。 


487 :本当にあった怖い名無し:2013/02/24(日) 02:25:40.32 ID:vd1/wjg10
次に母。 
バリバリ仕事ができる人だから、古株のおばさんに目をつけられて、
事あるごとに嫌味を言われたり、陰口を叩かれたり、ある事無い事吹聴して回られたらしい。 
母は少し気分を害しつつも、大した実害もないので、相手にはしていなかった。 
が、そのオバさん、
結婚して30年ずっと夫婦仲が良かったというのに、母に嫌がらせを始めてから一ヶ月後に離婚したそうだ。 
そのショックのせいで仕事も辞めて行ったらしい。 

そして姉。 
彼氏がいたんだが、ちょっと受け付けないところがあったらしく、半年して別れた。 
その後、その元彼氏がストーカーと化して、うちに無言電話をかけたりしてくるようになった。 
姉は断固無視を決め込んでいて、エスカレートしたら通報しようという話になっていた。 
のだが、一週間して一切のストーカー行為がなくなった。 
諦めたんだなーとか呑気に話してたが、実際は自宅で死んでいたらしい。自殺かどうかは知らんが。 

俺も最初は偶然だろって思ってたけど、やっぱり俺の嫌いな人は皆怪我やら不幸やらに見舞われてる。 
これらはほんの一例。こういう具合でうちの家系に敵対した人は確実に痛い目をみるみたい。
でも、この祟りみたいな体質、結構厄介なところがあって、本人の意思に関係なく発動されてるんだ。 
大した事もされず、なおかつ自分も気にしてなくても、相手が勝手に祟られていく。 
だから、人と関わるのが怖くなってしまって、バイトもおちおち出来ない。 
日常生活で足を踏まれたりしてイラッとする事とかもあるけど、その人達も祟っちゃったりしたのかなぁ…





☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ