【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 家系





20 :本当にあった怖い名無し:2007/11/15(木) 19:27:20 ID:Tsf8ioss0
うちは田舎のある村で、ほんの数年前まで商店をやっていた。
何代か続いたお店だったが、スーパーの影響で閉店に追い込まれ、父が最後の店主だった。
父の先代はAさんという。
Aさんは若くして店を継ぎ、嫁さんをもらった。その嫁さんが俺の祖母だ。
でもAさんは祖父ではない。Aさんは祖母と結婚後、まもなくして亡くなってしまった。
祖母は店の跡取りを作るため、婿を取ったのである。この婿どのが俺の祖父だ。
つまり、うちはAさんの姓こそ名乗っているものの、Aさんの血を引く人間は誰もいないのである。

祖父は一家そろって満州にいたらしい。
で、戦争に負けて祖父だけが帰ってきた。
身寄りのない祖父は喜んで婿に来たという。
(うちの地方では、婿に行くのは男としてとても恥ずかしいことだと言われている。なので婿は名前で呼んでもらえず「○○んちの婿」とバカにした感じで呼ばれる)

俺が中学生の時のこと。
満州で離れ離れになり、生死も分からなかった祖父の弟が見つかった。
いわゆる中国残留日本人というやつだ。
ただ、残念ながらすでに亡くなっていて、遺品などから身元が判明したそうだ。
弟さんには息子がいて、その息子さんが来日することになったのである。

来日直前、息子さんからの手紙で我が家は大騒動となった。
なんでも祖父の弟さんは遺言で「兄の行方がわかり、もし日本にいるか日本で埋葬されているなら、自分の骨を持っていって日本に埋めてほしい」と言っていたらしい。
そのため、息子さんは来日の時に骨を持ってくるという。


21 :本当にあった怖い名無し:2007/11/15(木) 19:28:05 ID:Tsf8ioss0
婿に来る前の祖父の家の墓はすでにどこにあるかもわからない。となると、うちの墓に入れることになるわけだが、墓に入っているのはAさんとAさんのご先祖様だ。
果たしてそこに血のつながりもなければ、Aさんたちが会ったこともない人の骨を入れてもいいものだろうか?
両親や祖母、叔父や叔母たちは一様に困り、答えを出しかねていた。
「反対というわけではないが、どうなのだろうか…。まして姓も違うわけだし…」

うちの墓の近くに新しいお墓を買って、そこに入ってもらおうということで決まりかけた。
だが、祖父が猛反対した。
「ワシは婿に来たから、うちの墓に入る。となると、死んでからも弟とは離れ離れじゃないか!弟を未来永劫ひとりぽっちにするのか!頼むから弟もうちの墓に入れてやってくれ」
この一言で、うちの墓に入れることが決まった。
お寺さん(うちでは寺のお坊さんのことをこう呼ぶ)に相談したら「それほど問題はないんじゃないか」という答えだったのも決定を後押しした。

弟さんの息子が来日し、村を挙げての歓迎式典、納骨が無事に終わった。
息子さんはその後、1週間以上日本に滞在し、俺も行ったことがなかったディズニーランドにも行ったそうだ。

22 :本当にあった怖い名無し:2007/11/15(木) 19:28:36 ID:Tsf8ioss0
息子さんが帰国して数日経ったころ、祖父が「写真を送ってやりたい」と言い出した。
式典や納骨の時に役所の人がいいカメラで写真を撮っていてくれたのだが、なかなかその写真を持ってこない。
役所の人と父は釣り仲間なので、父が写真がどうなっているのか問いただした。
「よく撮れなかった」とか「いい写真がない」などとはぐらかして、なかなか写真を見せようとしない。
「じいさんが楽しみにしてるんだから、いいから見せろ!」と父が怒って、やっと見せてくれることになった。

その場所はなぜかお寺。お寺さんが、たいそうな箱に入れた写真を見せてくれたそうだ。
何十枚とある写真のうちのひとつ、お墓の前で全員集合した写真を見て、父は気を失いそうになったという。
喪服を着た親族が並んでいるのだが、なぜか顔だけがぐにゃぐにゃになっている。
服や背景は普通に写っているのに、なぜか顔だけがぐにゃぐにゃ。しかも全員。

「だから見せたくなかったんだよ」と役場の人はため息まじりに言ったそうだ。
お寺さんが「この写真はおじいさんに見せないほうがいいでしょう。こちらで丁重に扱いますから」とのことだったので、その写真はお寺さんに預け、残りの写真はもらってきた。
俺も見たかったがお寺さんは「もう焼いた」と言って絶対に見せてくれなかった。

祖母にこれを伝えたら「このままだと絶対に良くない事が起こる!」と言い出したので、祖父には内緒で弟さんの骨を墓から出し、新たに墓を購入して移した。
去年、祖父が亡くなったので、親族一同さんざん悩んだ末、祖父の骨はうちの墓ではなく弟さんと一緒の墓に入れた。
祖母はまだ健在だ。
祖母に「Aさんが眠る墓と祖父が眠る墓、死んだらどっちに入れて欲しい?」と聞いたら、自分のことはすっかり忘れていたようで、本気で悩んでいた。
俺もいずれどっちかに墓に入るわけだが、どっちに入ったらいいのだろう。
みんなで新しい墓に入ったら、やがてうちの子孫はAさんの墓のことを忘れてしまうような気がして不安だ。



☜1日1クリックの応援お願いします




948 :本当にあった怖い名無し:2010/09/14(火) 06:18:00 ID:cyi2YCmT0
別に幽霊とかは出て来ないんだけど、おっかねえと思った話。 

東京在住の友人兄弟が、中国地方の親戚に「本家を継いでくれ」と現在進行形で迫られてる。 
本家なんて言っても家系が古いだけで、別に神社持ってるとか呪い操れるとか、特殊オプションは搭載されてない。
それにたいして付き合いも無いし、本家/分家で主従関係みたいなのもない。 
友人兄弟・両親ともに「ハァ?」と言う感じなのだが、異様に本家の人が気合い入れて頼みこんできてるらしい。 

そもそも本家にも、友人兄弟より一回りくらい年上の姉弟がいる。 
が、これがまずいらしい。 
昨年、本家のお婆さんが亡くなったそうで。 
そのお婆さんが亡くなる直前に、爆弾発言したそうな。 
「自分は夫(先に亡くなってる)が大嫌いだった。
 本当は別に好きな人が居たのだけれど、無理矢理嫁に来させられた。
 だからずっと浮気をしていた。
 娘は夫の子だが、息子二人は浮気相手の子だ」と。 

娘さんは、結婚したけど子供が出来なかった。 
息子二人は結婚して子供も居るけど、婆さんの言葉を信じるなら、本家の血を全く引いてないってことになる。 
婆さんの言うことなんて信じられんの?って話だが、それでも本家は大騒ぎ。 
「言われてみれば、息子二人は父親に似てない」とか。 
別に、伝統もしきたりもない“古いだけが取り柄”の家らしいんだけどさ。 
それしか縋る物がないからこそ、大問題なのかね。 


949 :本当にあった怖い名無し:2010/09/14(火) 06:19:27 ID:cyi2YCmT0
婆さんの夫の弟が、友人兄弟の父方の祖父。ということで、白羽の矢が立てられた訳だが。 
友人兄弟は「ド田舎の跡取りなんて嫌じゃああああぁぁぁああ!!!」と、当然のリアクション。 
両親も別に本家に義理は無いから、「無視すれば良い」という姿勢。 
だが、二カ月に一回くらいのペースに、本家のオッサン(浮気相手のタネ疑惑)が土産持って尋ねてきて、
それが不気味でしょうがないらしい。 
虚脱しきった表情で、淡々と「お願いだから来て欲しい」と頼むんだとさ。 
何度か目に「もう来ない欲しい」って言ったら、家には来なくなったものの、
近所をうろついてたり、駅で待ち伏せしたりするようになって、最早変質者レベル。 
「深夜、駅前に居るのを見た時は心臓止まるかと思った」(by友人兄) 
「電柱の影に居たらと思うと、落ち着いて外出出来ない。ノイローゼになりそうだ」(by友人弟)

七月頭に近所の公民館前で見かけたとき以来、遭遇してないそうだが、
出現しないとそれもまた不気味でしょうがないそうで。 

リアルに、横溝正史の小説みたいなことってあるんですなあ。
 


☜1日1クリックの応援お願いします




547 :本当にあった怖い名無し:2013/09/05(木) 23:31:26.31 ID:dfFCqSc20
俺の家には何もないが、趣味で郷土史研究やってるもんで、
聞き取り調査などで旧家、豪族や地侍の子孫を訪ねることもよくある。 
オカルトかどうかはわからんが、『不思議な話』は結構耳にするね。 

ある戦国期の城主の子孫を訪ねたときのお話。 
御当主は亡くなっていて、60代の奥さんが迎えてくれた。 
いろいろ古文書を見せてもらったが、
女性だからかあまり自家の歴史に詳しくはなく、こちらにいろいろ聞いてきた。
ご主人も特にあまり話さなかったそう。 

で奥さんが、
「だいぶ昔の話になりますが、こんな事があったんですが・・・」 
まだ子供がいない時に離婚の危機があったらしい。
するとある夜、夢を見た。 
甲冑を着た武者と赤子を抱えた身分がありそうな女性が立っていて、こちらをじっと見つめていたそうだ。 
そしてすべては聞き取れなかったが、
「・・・絶やさんでくれまいか・・・」「・・・願い申さん・・・」 
この二言は何度も言っていたので覚えていたそうだ。 
まわりは明らかに時代が違う建物の部屋で、
外からは時代劇の合戦シーンのような声(鬨の声?)や音が聞こえていたらしい。 
目が覚めると、あまりにリアルな夢だったのでかなり怖かったそうだ。 
離婚も考えてる精神不安からあんな夢を見たのかな、と思ったそうだが、
御主人にも言えずに毎日が続いた。


548 :本当にあった怖い名無し:2013/09/05(木) 23:34:30.80 ID:dfFCqSc20
御主人とのギクシャクはすぐにはなくならなかったが、なぜか夢のことが気になりだしていた。 
寂しそうな武者の時折強く懇願するような視線、
奥方らしき人は赤子と奥さんをゆっくりと交互に見ながら優しく微笑んでいた。
「なんだったのだろう、あれは・・・?」
いつしかギクシャクも薄まり、
夢のせいかはわからないが、奥さんは自分の子供が欲しいと思い始めたらしい。 
そのうち長男出産、2年後には次男出産・・・そして退院した産後間もない頃、再びあの夢を見たのだ。 
以前と変わらない景色。しかし今度は静かだったそうだ。 
武者と女性は何も言わずただただ嬉しそうに微笑んで。


549 :本当にあった怖い名無し:2013/09/05(木) 23:35:04.59 ID:dfFCqSc20
俺は話を聞いていて途中から鳥肌が立っていた。 
奥さんの話が終わると、少し落ち着いてから俺は説明しはじめた。 
○○家の先祖は、敵に攻められ落城する前に一子を家臣数人に託し落ち延びさせていた事。
そして土着したのが、現在の奥さんが住んでいる所から近い場所で御主人はその直系である事。
その2人はもしかして、落城で自害したといわれる城主の○○と奥方ではないか? 
奥方が抱いていたのが、落ち延びさせた御主人の先祖ではないか? 
女性には奥手だったらしい御主人が再婚できない事も考え、
子孫が絶えないように、奥さんに離婚を考え改めるように訴えに来たのでは?と。 

先祖に起こった出来事を初めて詳しく知った奥さんは、
少し困惑しながら「・・・そうかもしれませんね。いや、きっとそうだと思います」と。

2人のお子さんは、今ではそれぞれ家庭を持ちお孫さんもいらっしゃるとか。 
俺が聞いた歴史にまつわる不思議な話。
まだいくつかあるので気が向いたら投下にきます。

 


☜1日1クリックの応援お願いします




834 :1/2:2010/10/20(水) 21:19:57 ID:QuJcPeRp0 
すいません。私の一族の話ですが…

私の母は田舎のある女子高で教員をしていました。
その高校は超が付くほど問題の多い学校で、生徒の親が暴力団員だったりで吹き溜まりのような学校だったそうです。
聞いた話では、立正佼成会や創価学会の関係者の子供、B出身者も生徒に多くいたそうです。 
で、連中の常として、犯罪の片棒を担がせるなんて日常茶飯事でした。 
両親が娘を風呂に沈めたり、自分の経営する風呂で働かせるなんて当たり前、 
娘を売り飛ばして、殺害されたのだろうという、正気を疑いたくなるようなものも多かったそうです。 

母は就職した初任校だったので、義務感か正義感知りませんが、
親御さんと対立、生徒の元に押し入って救出することが幾度か合って、「命知らず」と心配されていたそうです。
ですが…母に噛み付こうとする保護者は何故か皆無でした。
高校に怒鳴り込むのが日常茶飯事の学校だったのにです。 
詳細は知りませんが、噛み付こうとした保護者は直前に起きる謎の事件・事故で死亡・失踪、
運が良くても逮捕されて塀の向こう側に入ってしまうことが多く、結果的に解決していたそうです。 

東原亜希のDEATH NOTE伝説ではありませんが…あまりにも凄まじい状況に、
興味本位で近づく霊能者が暫く後を絶たなかったそうです。 
しかし、この霊能者たちも悉く謎の死亡・失踪・精神崩壊…
恨みを持った家族が、彼女の結婚・娘の出産後、母子を呪っても悉く失敗したそうです。 
しかも、遺体が発見された霊能者は、全員の内臓が抉り出されてぶちまけられていたとか。 

この惨状を聞いた親戚筋の神社の神主と舅(私の祖父)は即刻、教員を辞めるように勧め、 
母は気難しい姑の都合もあって退職したそうです。


842 :2/2:2010/10/20(水) 21:34:04 ID:QuJcPeRp0 
親戚筋の神主と祖父(もと拝み屋)曰く、
「アレは人柱なんだよ。それも超弩級の祟り神の…そして、その娘も」

私の一族の本家はある神社に仕える社家として、地元で信仰を集めている神社に仕えているのですが、 
そんな家にはどうしても呪いのものを対処することが多く、
中には傍に置きたくないが、悪用されるともっと困るものが幾つかあったのだそうです。 
それで、幾つにも保険をかけた上で、傍系の一族の者に預けたそうです。 
物品としてだけでなく人柱としても…私の両親はともにその家の出身でした。 
祖父曰く、
「お前の母は一族の封じているものの中でも一番恐ろしく、手が付けられないものの人柱だ。 
 魂はソレそのもの…保険があるといっても止められない。
 現に、呪いの宝石の類を嬉々と付けているだろう。 
 呪われないどころか、呪いを懸けた相手まで食べているんだ。
 もし、目覚めたら手の施しようがない。 
 だが…お前は違う。一族の封じているものの中でも、二番目に恐ろしいものの人柱なのだから」

具体的なことを私に伝える前に祖父は亡くなりました。 
親戚筋の今は亡き神主も、
「大丈夫。君は人柱と言っても、憑いているのは私たちの一族なのだから、選ばれたんだ。
 だから、君を護ってくれる」
としか言いませんでした。 

取り敢えず、今は平穏です…

 


☜1日1クリックの応援お願いします




あまり面白くないけど母方の家系の話を…。
うちの母親の実家は900年以上前から続く家。百人一首にものるとある歌人も先祖だと聞いたけれど、超絶眉唾嘘だろと思っていたら、代々伝わる長い家系図にちゃんと書いてあったから驚き。

そんな家系の特徴は、首筋から背中にかけて結婚相手の男性または父親にしかわからない特徴があること。その家には女しか生まれない。祖母は3人姉妹で妾の子まで女の子だそうな。母親の代で数百年ぶりに男の子が生まれ、一族上げての大フィーバーだったらしい。父親がある時「お前もあの家の子だなあ」と言ってきたので詳しく聞くと、どうやら普通の人と首筋から背中にかけてが分厚い?か何かで違うらしい。姉や母とお互い比べてもわからないし、そもそも祖父と父にしか言われたことがない。よく考えてみると、着物を着た時に上から覗くと見えるうなじあたりの部分かも。背の小さいうちの家系では、女同士では元々確認できない。祖母に聞くと、よく意味はわからないけれどそこに徳を溜め込むらしい。

その家は900年遡っても、いわゆる出来損ないの子は誰一人いない。昔は造り酒屋をしていたから、戦場中も食べ物など何にも困ることは無かったし、家がなくなってしまった人を、家に呼んで一緒に住んだり食料を分けたりしていた。女ばかりだから徴兵もないし、家長は戦争には行かなかったことで人を殺した事がない。はるか昔、寺を二つ三つつくるのに大金を出したこともある。曾祖父は家事見習いを孕ませて子まで産ませたけれど、お妾もその子供も本家に入れてみんな仲良く暮らし、お墓も一緒につくった。土地を国の大事な建造物を建てるからということで、ドームいくつかぐらいの面積も売った。

そのせいかわからないけど、危険なことや霊的なことが起こると必ず助けてくれる。母親は新婚時代、隣の家の奥さんが取り憑かれたかのように暴れ回って家に襲撃に来た時、玄関を開けた途端「苦しい…」と言って倒れ元に戻った。母親の顔を見た途端、反省しなくてはいけない気分になったらしい。私もバイクで走行中に「止まれ!!」という声が耳元で聞こえ、驚いて止まると目の前で車同士の交通事故が発生。 そのまま進んでいたらぺったんこだった。まあこんな話がごろごろ。

以前当たると有名の占い師に、母と姉とで見てもらうと、「大変平凡で幸せな人生です。ここぞというときに強運を発揮し大体は上手くいくでしょう」と全員でお墨付きを頂いた。その代わり悪いことをすると必ず罰があたり、どんな小さいことでも即座に効果があらわれる。例えば食べてはいけないと言われたお菓子をこっそり食べると、大事なぬいぐるみや明日学校に必要なものが、すぐ目の前にあったはずなのにあっという間に消える。それでいけない事だったと自覚し本気で反省すると、また同じ場所に戻って来るなんてことはよくあった。母親も祖母もよく体験していたそうで、当たり前のこととして受け入れられてる。

あと少しだけど夢見の力も女だけある。配偶者の死や事故など、私は始まった時と終わる時どちらも夢に見たけど、大したことないなー。みんな自然にこの力を信じてるから、「徳ためときー」って言葉がよく会話にでてくる。システムとしては代々の徳が首筋に溜まった状態で産まれる→やらかすと罰がすぐに当たるのでプラマイゼロ→何かで徳貯める→ご褒美で守ってもらえたり成功したり。両親が里親の資格を取ったと同時に、姉の彼氏がろくでなしと判明&私の就職が決まった。あと、仏壇はないけど、盛り塩と透明の器に綺麗な水を入れ続けなきゃいけないって決まりがある。





☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ