【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 祟り




一応実話という事で聞いた話ですが、真偽のほどは定かではありません。

昔佐賀県の某所で身寄りのない老夫婦が住んでいました。夫婦は猫が大好きで、飼い猫のみならず野良猫の世話までするほどだったそうです。ある日お婆さんが亡くなりました。お爺さんはその後も一人で猫の世話を続けましたが、やがてお婆さんの後を追うように亡くなったそうです。

その後家は人手に渡り、父母娘の三人家族が移り住んできたそうです。しかし、このお父さんが大の猫嫌い。やっとのことで手に入れたマイホームが、まさか猫の溜まり場になっていたとは知らなかったようです。

夜な夜な餌を求めて家の庭に集まる猫に、最初は家族の声もあってお父さんは我慢していました。しかし、餌を与えないのに猫は一向に庭に集まることをやめません。ついにお父さんは堪忍袋の緒が切れてしまい、数匹の猫を生け捕ると生きたまま焼き殺したそうです。

これには母も娘も激怒しました。しかしお父さんは家族の声に耳を貸そうとしません。また猫を数匹生け捕りにすると、生きたまま焼き殺すという非道な行為を行いました。そのお陰か、ある日を境に猫は一匹も家に近寄らなくなったそうです。家族からは散々非難されましたが、お父さんはご機嫌です。

ある日の朝、お父さんと娘が一緒に家を出ようとしました。娘が先に家を出ようとしたとき、ふと家の中から猫の鳴声を聞きました。不思議に思った娘は、家の中に引き返します。その間にお父さんは支度を済ませ、会社に行こうと玄関を開けました。すると玄関からお父さんの悲鳴が聞こえてきました。慌てて玄関に駆け寄る娘と母。そこには猫に喉笛を食いちぎられたお父さんが横たわっていたそうです。

娘の話では、その喉笛を食いちぎった猫は、確かに笑ったと言います。お父さんは救急車で運ばれていきましたが、出血多量が原因で亡くなりました。お父さんが流した血は、乾くと猫のように見えたと、近所の人はそう証言していたそうです。

この事件は大きな騒ぎになったそうですが、不思議と地元のメディアは取り上げませんでした。佐賀県という場所柄か、猫の話はある種のタブーのような扱いだったそうです。

その話をしてくれた本人に何故メディアが取り上げなかった話を知っているのかと尋ねた所「わしが調べた事件だからさ」と、今は亡き祖父は笑って話してくれました。信じられないような話ですが、祖父が嘘を言っていたとも思えません。

佐賀県にお住まいの方でこんな話を知っておられる方はいませんか?



☜1日1クリックの応援お願いします




464名無しさん@おーぷん :2015/04/17(金)09:19:21 ID:LQz 
不思議というか畏怖を抱いた話。長文なので二つに分けます。
今は病気休業中だけど昔はトリートメントの様な体を触るリラクゼーションの仕事をしてました。
小さい頃からカンが強かったらしいのですがあんまり気にせず生きていて、ただそのカンが
一番有意義に使えるのが仕事の時。相手の体を触ってるだけでどこが悪いとか、ここ辛そうとかが
分かります。言わなくてもストレスや虐待を受けているなども分かる時があります。

そんな事からとあるご縁である占い師さんと出会いました。その人のトリートメントをしている
うちにその人と仲良くなりました。ただ仕事上かいつも変なのつけている、という印象でした。

私は聞こえるタイプ(上記の悪い所も「ここやってあげて」とか聞こえる)でその人は見えるタイプ。
そして私は相手が守護者や神様の代理の方で「自分の利益」じゃなければお言葉を頂くことが
多いタイプで人霊はわかりません。(ちなみに自分宛のお言葉は大体お説教w)
その人は人霊や生き霊も見えるそうですごいなぁと思ってました。

この占い師さんにはとても仲がいいお友達がいるのですが、最近良くないことが続くとのこと。
占い師さんによると勧請していらしてもらったお稲荷様がその人の夫(この人は末っ子)の実家にあるそうですが
家を継いだ長兄からお祭りがちゃんと出来なくなり、それ以来一番ひどいのは長兄ですがその人たちにも
影響が出てきた様子。実家も売るので元のお稲荷さまへお返しすることになりました。

465名無しさん@おーぷん :2015/04/17(金)09:20:32 ID:LQz 
続きです。
ただ驚いたのはその占い師さんが社を開け、御神体を元の神社にお返ししてしまったそうです。
聞いた瞬間血の気がザッと引くような感覚でした。感覚的に絶対やってはいけない事をやった!
と感じました。それ以来少しずつその占い師さんの周りには怪しい人が増え、私はトリートメントに
呼ばれなくなりご縁がなくなりましたが風の噂ではあまり良いことになってないようです。
またそのお友達ともケンカ別れしたそうですがこちらもあまり良くはない感じです。

占い師さんはおかしくなるまではとても良くして頂いたのでなんとかならないかと縁深い神様に
お参りに伺った時にお言葉をできれば欲しいと願った所、お言葉を頂きました。
「霊能者と神主は違う。それを見誤った以上業を背負ってしまいこれは自分自身がなんとかするしかない」
とのことでした。いわば神様の様な高次な存在に手順を踏んでお願いしたりできるのは神主さんなど
の「知識」がある人。対して霊能者は能力で高次な存在とコンタクトは取らせてもらえますが
その手順がないので言葉を頂いたりなどはできても勧請などの正式な方法を取れないのでそういう事をしてはいけないそうです。
簡単に言えば高次な存在を王様とすればその周辺で王様に色々提言できる家臣みたいなのが神主さんなど。
霊能者というのはたまたま王様と波長があって話ができる一般人みたいなものという感じです。
だから王様からお言葉をもらったりすることがあっても家臣である神職とは立場も接し方も違うと
いう事を霊能者はわかってなければいけないし、やはり中にはだからこそ神職になる霊能者さんもいるそうです。
占い師さんはそこを間違えてしまった以上もうどうすることもできないし、お返しの際にお金がないからと神職を
呼ばなかったお友達も同じ業を背負ったようです。

目の前で転がるように悪い方向へ行っているのを見て、やはりそうなんだなぁと思うとともに
「領分を弁える」という事がとても大事だと考えた一件でした。

最近、また神様を勧請される方が多いと聞きます。勧請した場合はちゃんとお祭りしなければ
いけませんし、無理な場合は早めに(金銭的な余裕があるうちに)神職さんのお力をお借りして
お返しをしてほしいなと思っております。






☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ