【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 霊感



928 :本当にあった怖い名無し:2014/01/17(金) 17:12:12.83 ID:G1fyXibw0
 
今から書くのは昔の話です。

今の私はあまり何かを見たりとかはしませんが、小さい頃はそれなりに霊感がありました。
ちなみに、幼稚園生ぐらいの頃は社宅に住んでいたんですが、
ある日、床に正座してグッと上半身だけ前に傾けて、ちょうど床を覗き込むようにして見たんです。
そしたら普通はただフローリングしか見えないはずなのに、私はそこに人がいるのが見えました。
木で出来た人形のような人で、同じように木でできたキッチンと机と、どうやらそこで暮らしているようでした。


929 :本当にあった怖い名無し:2014/01/17(金) 17:14:17.37 ID:G1fyXibw0
 
息を潜めてじっと見ていたんですが、その人は私に気づいたのか、おもむろに顔をあげようとしたので、
目が合うのが怖くてパッと床を離して、起き上がりました。
なんとなく、この人は小人だと確信して、
その後も何度もそれを見てみようとしたけれど、もう一度その人を見ることはできませんでした。

それから小学生にあがって、一戸建てに引っ越しました。
その家の二階には畳の部屋が一室あったのですが、
一人でその部屋に入った時、なんとなく昔の体験を思い出して、今なら見えるような気がしたんです。
それで、昔やったのと同じように床を覗くと、今度はイグサで出来た人が居ました。
やっぱり怖くて離してしまったんですが、どうやらその小人たちはその床の材質で出来ているようです。




930 :本当にあった怖い名無し:2014/01/17(金) 17:23:05.01 ID:G1fyXibw0
 
ネットで同じような体験をした方がいるか、その小人の正体は何なのか調べてみたんですが、結局分かりませんでした。
何かご存じの方が居たら教えていただきたいです。
イグサを見た家は今でも住んでる家なので、それが良いものなのか、悪いものなのが気になるので。

と、こんな感じであんまり怖くはないんですが、
もしかしたらどこの床にも住んでいるのかな、みたいなことは思ってます。



☜1日1クリックの応援お願いします



884 :可愛い奥様@\(^o^)/:2016/10/06(木) 11:52:23.21 ID:7GokAF+q0.net

私は霊感は全くなし。 
普段、小学生の娘が横で寝てるんだけど、
先日、何だか気配を感じて目が覚めた。 
私はパッと目が覚めるタイプで、この日も例外なく覚めると、不思議なものが。 
娘の頭や顔の辺りを、すごくキラキラした光に包まれた楕円で卵のようにも見えるものが、トンボみたく飛んでいた。 
最初ビックリして虫かと思い目を凝らしてみるも違い、
私が貧血とかでキラキラが見えてるのかと疑ってみたけど、そうではなかった。 
慌てて携帯のライトを点けたら消えた。それから光は現れていない。 
何だったのか未だ疑問…


887 :可愛い奥様@\(^o^)/:2016/10/06(木) 13:16:39.51 ID:q6WPM/lQ0.net
>>884 
子どもの頃(小4くらい)、白く光り輝く眩しい人らしきものを見たことがある。

その日、熱を出して自分の部屋のベッドで寝てたんだけど、
真夜中頃に熱が上がったのか苦しくなって目が覚めたら、
ベッドの横に人らしきシルエットの(眩しすぎてシルエットしかわからない)ものが、
空中に腰かけているようなボーズで私を屈みこんで見てた。
で、おでこに手を当てられたんだけど(すごく温かかった)、その途端に意識が遠のいて結局眠ってた。

朝にはすっかり熱が引いて気分爽快だったんだけど、
あれは母だったのかな?と思い母に話したら、ぐっすり寝てたwと。

よくわからないけど、子どもの守り手なのかも知れない。


894 :可愛い奥様@\(^o^)/:2016/10/06(木) 17:20:49.43 ID:gt20dB+F0.net
>>887 
守り手かぁ。私の祖母なのかな。 
そう思うことにしよう。


895 :可愛い奥様@\(^o^)/:2016/10/06(木) 18:06:30.01 ID:6xvTMlTE0.net
そういえば夫と喧嘩して、
「もうこいつとは絶対別れよう」と思いながら布団に入って目を閉じた瞬間、 
知らないおばあさんがすまなそうな顔をして正座している映像が見えた事があった。
「この子を許してやって」というようなことをおばあさんは言っていた。
あれは夫の守り神なのかもしれない。

あんな可愛いおばあさんが恐縮しているのは気の毒だからまあ許してやろうと、
それ以来夫に対して腹を立てるたびに思うようになった。

 
☜1日1クリックの応援お願いします




127 :可愛い奥様:2012/07/08(日) 14:24:05.64 ID:dfdvECK/0

17歳で亡くなった兄が霊感の強い人でした。
その兄が生きていた時の話。

私が9歳の時、親戚の法事があり、
帰る時に急にトイレに行きたくなって、お寺の離れみたいなところのトイレにひとりで行きました。
用を足してトイレから出ると、兄が笑顔で待っていて、
自分のコートの中に私を巻き込み、「顔を出すなよ」と言って、そのまま何も見えない状態で外まで連れていかれました。
来る時は誰も居なかったはずなのに、兄のコート越しに色んな人の騒ぐ声(宴会みたいな)が聞こえました。 
玄関を出たら兄はコートから出してくれました。
振り返って見ても、離れには誰もいませんでした。

ちょっと不思議な兄との思い出のひとつです。 


128 :可愛い奥様:2012/07/08(日) 14:35:00.49 ID:cVb7aulX0
>>127 
高野山の奥の院を思い出した。あの場所はお墓だらけで霊が凄いそうです。 
昔、霊能者と密教の僧侶から、
「あなた一人であそこに行くと大変なことになるから、行く時は一緒に行った方が良い」
と言われたことを思い出しました。 


129 :可愛い奥様:2012/07/08(日) 14:48:10.00 ID:dfdvECK/0
>>128 
お返事、ありがとうございます。 
大変なことになる、って怖そうですね。 
何が起こるのでしょう。 
私は怖がりなので、高野山の奥の院には一生行かないようにします。 


132 :可愛い奥様:2012/07/08(日) 15:32:57.58 ID:cVb7aulX0
>>129 
怖がらせてごめんね。
見える人達に言わせると、霊感がある人って霊からみると仏像の後光のようにピカーッと光って見えるそうです。 
ずっと救いを求めて彷徨っている霊たちは、そういう助けてくれそうな人をずっと探しているそうです。 


138 :可愛い奥様:2012/07/08(日) 16:28:14.46 ID:/eCPtQAm0
>17歳で亡くなった兄 

やっぱり現生とあの世に片足ずつかけていたような状態だったのかしら。 
けっして失礼な意味じゃなくて。 


144 :可愛い奥様:2012/07/08(日) 17:38:07.86 ID:dfdvECK/0
>>138 
かもしれません、突然死でしたので。 
私は兄の寿命だったと思ってます。 

兄のことがちょっと懐かしくなってしまいました。 
兄の霊感のことは、亡くなってずいぶん後に母から聞いたので、生前は知りませんでした。 
だから不思議な思い出も、全部、思い返してはじめて「不思議」に気づいたことばかりです。 
ダンナに話すと鼻で笑われますが。


☜1日1クリックの応援お願いします




67 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/11/25(水) 13:37:12.30 ID:XEevjEfT0.net
ある場所に行ったりすると途端に吐き気や頭痛に見舞われ、しんどくてしばらく動けなくなったりする事があるのね。 
基本的にオカルト好きな人間なので、
「これは土地に原因があるな?!w」と半分冗談半分本気な感じで調べてみたら(by 大島てる(事故物件公示サイト))、
自分の体調が悪くなった場所は大体事故があった場所だと判明。 
もしかして俺には霊感的なのがあるのか?と妙にワクテカしてたある日。
家の近所を歩いてたら例の吐き気に見舞われて、かなりしんどい思いをした。 
体調が落ち着いたその日の晩に件の場所を調べたら…何もない。 
少なくとも調べた範囲では、過去に異常事態が起こった事のある場所じゃなかった。 
なんだぁ…俺の霊感もどきも大した事ねぇなぁwって思い、その場はそれで終わったんだけど、
それから数日後、俺が吐き気を覚えた例の場所にある家で火事が起こり、
その家の家族3人が死亡した(後日ニュースで見てゾッとした)。

ただの偶然だとは思うんだけど、これから起こる災厄が事前に『吐き気や頭痛』として現れるようになった…って考えると……
自分の家にいて急に吐き気や頭痛がきたらどうしよう。



☜1日1クリックの応援お願いします




212:本当にあった怖い名無し:2010/03/13(土) 01:15:22 ID:9DpGI0OI0 

バイト先の会社の寮で、幽霊騒ぎがあった。 
俺は入社して1年も経たないのでよく知らなかったが、以前から気味の悪い事が起こっていたらしい。 
寮に入っている社員のTさんの部屋が、特に出現率が高いそうで、俺に相談してきた。 
T「この前もさ、顔洗って鏡を見たら、俺の後ろに怖い女が映ってたんだよ。
 ウワッと思って振り向いたら、まだ居るんだよ…せめて振り向いたら居なくなってほしい…」 
Tさんは精神的にカナリまいっているようだ。
俺は子供の頃から霊感が強く、いわゆる『見える人』だが、だからと言って霊をどうこう出来るわけではない。 
しかし、仕事中もずっとウツロな目をしているTさんを放っておくのも酷だ。 
俺は同時期に入ったバイトのZを誘って、寮に行くことにした。 
Zは子供の頃から霊嗅覚が強く、いわゆる『嗅げる人』だ。 
それが何を意味するのか、寮での実践を報告する。


213:本当にあった怖い名無し:2010/03/13(土) 01:16:22 ID:9DpGI0OI0 
俺たちが行くと、Tさんはよほど一人が心細かったのか、わざわざ外まで出迎えてくれた。 
けど俺は寮を見た時から、なんとなくイヤな感覚に襲われていた。 
夜中にパトカーの回転灯が集まっている場所を見るような、いやな感じだ。 
…ふと、窓の1つに目をやると、閉じたカーテンが不自然にめくれ上がり、 
そこから妙に小さな顔っぽいのが、こっちを見ている気がした。 
俺にはそれが、『近づくな』の警告だと思えた。 
でも、極力明るく振舞うTさんに気を使って、言えずに見られるがまま。 
俺「えー…と、どうだ、Z。何か感じないか?」 
Z「ん…いや、特に無いな。まあ上がらせて貰おうか」 
T「おう、酒も用意しといたぜ。さ、さ、入れよ、な?」 
ハッキリ言って俺は、今日はやめておこう気分になっていたが、下戸のTさんに酒を用意されては退路が失われた。 


214:本当にあった怖い名無し:2010/03/13(土) 01:17:09 ID:9DpGI0OI0 
Tさんの部屋に近づくほど、イヤな感覚が増す。 
案の定、さっきのめくれカーテンの部屋だった。
飲んでも気分が盛り上がるハズもないが、度胸付けの気持で飲む。 
さりげなくカーテンを直しておいた。 
Tさんによると、夜寝ている時が一番怖いのだと言う。 
最近はマトモに眠れなかったそうだ。
今日は人が居ることに安心したのか、飲んでも無いのにウトウトとしている。 
俺「布団で寝たらいいですよTさん」
T「ん、ああ、スマンな…」
Z「明日も仕事だし、俺らも寝るか」
この部屋ではとても眠れるような気分ではないが、俺とZも毛布を借りて寝ることに。 
なんとなくカーテン側はイヤだったので、離れてソファーに横になった。 
俺の様子が変だったのか、Zが小声で聞いてきた。 
「なあ…何か見たのか?」 
俺も小声で返す。 
「ああ、ここに入る前に気味悪いのを…Zは?」 
「特に無いって。俺は見れないもん、嗅げるだけ」 
「…何度聞いてもわかんねーよソレ…あの、さ、幽霊ってどんなニオイなの?」 
「…それぞれだな、モノによるよ。一つ言えるのは、人間のニオイじゃないって事かな」 
それは少しわかる。俺も霊は人間には見えないから。 


215:本当にあった怖い名無し:2010/03/13(土) 01:17:50 ID:9DpGI0OI0 
…いつの間にか電気が消えている。どうやら寝ていた?そんな気はなかったが…
体の向きを変えようとして、奇妙な音に気づく。 
ペタペタッ、ペタペタッと、低いところから聞こえてくる。 
…床に手をつける音…?何かが床を這い歩いて… 
そう判断している最中に、ペタペタのリズムが早くなり、体が強烈に重くなった。 
金縛りとは違う、目を開けるにも全力を使うような状態…
俺が見たのは、正座で俺の胸の上に乗る女だった。 
昔のアイドルが着るような黄色の派手な服だが、体は普通だ。
頭が野球ボールほどしかなく、頭蓋骨を抜いて干しあげたような質感をしている。
結果、やはり人間には見えない! 
「…Z…お…い…Z」 
声を絞り出す俺に、人間外女の顔が近づく…Z!気づいてくれ! 
「ん…なんだ、どうし…あ、くせーな、居るなコレ、クンクン…」 
ニオいながらこっちに近づいて来るZ。見えないは無敵。 
Z「クンクン…この辺からだな…クン…え?なに、オマエの上に居んの? 
 うっわマジにか…クンクン…あ、コレはね、なんつーんだ、ペット売り場系のニオイだな…小動物。
 あんまりたいした霊じゃないのかも… 
 クンク…ぇひっ!な、何だ、ひょっとしてこの辺アタマじゃね? 
 人外の部分は臭ぇーんだ、コイツ相当ブサイクだろ?
 クン…ゴフォッ!なんだろ、ハムスターとかじゃねえぞ、亀の食い残したエサが水槽の底に溜まっ」 
「あ、もういいよ、居なくなったから」 
Zがニオイ分析~表現のあたりで、大抵の霊は消える。(女性霊は早く消える傾向がある)
幽霊にとってニオイを嗅がれるのは余程ショックなのか、2度と出て来ないらしい。 

翌日、久しぶりに熟睡できたというTさんが、職場でこの話を披露した。 
もともと冗談が好きなTさんの話に、ほとんどの人は半信半疑だが、 
寮の人は感謝と畏敬を込めてか、Zを下の名前『カオル』と呼ぶようになった。
 
☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ