【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 霊感




1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:12:22.04 ID:Is78lY8n0.net
書き溜めてるけどわかりにくいところあるかも。同じように某カルト宗教やってる奴いると思うから、よければ聞いてほしい。


2: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:13:41.13 ID:0GWSbXAD0.net
まずその宗教が何なのか言えよ無能

6: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:15:29.47 ID:Is78lY8n0.net
>>2
たぶん読めばわかると思う。


5: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:15:00.49 ID:Is78lY8n0.net
この時期になると毎年思い出すちょっとした心霊話。ちなみに全部実話です、フェイクが少しあるけど変なところは許してください。

すぺっく(当時)
俺=高校生
小さな頃から霊感っぽいものがあったけど確信ないからネタにしていた

姉=霊感なし。気が強い。

母親=霊感なし。ほんわかしすぎてて心配になる。

おじいちゃん
母方の祖父。既に他界しているが、何かと夢に現れて助けてくれる。母の守護霊。

師匠
今回の出来事の功労者。俺の霊感が確信に変わった人。霊的な家系で、名前とか詳しいこと言ったら一発でバレるくらい凄い人。

父親
離婚した父親。某カルト宗教に俺たち家族が入ってしまったきっかけのクソ野郎。

7: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:16:31.30 ID:Is78lY8n0.net
大前提として、俺には小さな頃から厨二病の代名詞の一つといっても過言でもない霊感があった。エピソードとしては、

1おじいちゃんが死んだ時夢に出てきてわかった。
2親友の亡くなった姉が家に来て、親友の事故を未然に防いだ
3友達が誰にも話したことない亡くなった兄弟を言い当てた
4仲良い先生の彼女の浮気相手の名前と、彼女が出入りするお店を当てる
…etc

俺自身はそんなの皆に出来ることだと思っていたため、師匠に会うまでは当たり前だった。
そんな俺の家は某カルト宗教に入っており、俺が一番信仰心があったのが前提。
しかしこのカルト宗教は離婚した父親が田舎育ちの浄土真宗の母親と結婚した時、無理やり母親と生まれた俺らを入会させたものに過ぎなかった。

9: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:17:50.22 ID:Is78lY8n0.net
信仰心の強さといえば毎日数珠と経本(ここまでで多分カルト宗教特定されるw)を持ち歩いていた。毎日祈りを捧げるが、今思えば母親曰く「取り憑かれたように俺だけが仏壇に向かっていた」らしい。

そんな俺はカルト宗教の教えをよく守っていたのだが、一つだけ変わっていたことがあった。カルト宗教は他の宗教を邪教というのだが、寺や神社にどうしても心惹かれるんだ。

だけど境内に足を踏み入れると毎度必ず頭痛がし、帰って3日は毎回苦しみ続けるという不思議なことが起きたんだ。そのせいで俺は高校生の頃には遠くから見るぐらいになっていた。

10: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:18:46.73 ID:Is78lY8n0.net
高校2年生になった7月、俺はなぜか母親の職場の人たちと母親合わせて5人でBBQをすることになった。そこで会ったのが、師匠だった。

すでに師匠に霊感があることは聞いていたが、師匠と話していたとき俺はふざけて「霊感あるんですよw」って言ったんだが俺はそこで「君にはないよ」と否定して欲しかった。
しかし、返ってきたのは「気づいてたよ、しかもめちゃくちゃ強いね。今まで大変だったでしょ」というもの。

それからは俺の弾丸トークで、今まで体験したことを包み隠さず話した。それらはすべて俺の気のせいなんかじゃなく、心霊体験だったと知り鳥肌だった。

帰り際師匠と連絡先を交換し師匠には「次会うときは聞きたいものを持って来な、あとこのお数珠は肌身離さず持ち歩きなさい」と手首にはめる石で出来た数珠?を、貰った。貰ってつけた瞬間にはついていたクリスタルすべてにヒビが入り、師匠は苦笑いだった。

11: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:20:25.55 ID:Is78lY8n0.net
師匠と会った頃から、俺は毎晩家で寝ていると魘されるようになった。毎日「シャンシャン」と坊さんが持つ棒みたいなの(三蔵法師が持ってるやつ)をついて歩く音が聞こえ、完全に寝不足。

それと同時に、家の中にある俺の部屋に誰も入らなくなった。例外なく、俺も少しずつ物をリビングに運び、完全に俺の部屋は締め切り状態になったのだ。

霊感のない母親と姉ですら「あんたの部屋気持ち悪い(失礼ww)」と言うようになった。
あまりにも寝不足が続き、俺は仏壇に祈る気も起きず少しずつ仏壇から離れるようになった頃、8月の初め俺はついに師匠と会うことになった。

会った場所は某ファミレスなんだが、俺を見た瞬間に師匠は察したらしく「家の中にあるもの、なんとかしようか」って言ってきた。
最初何を言われてるのかわからなかったが、師匠はカバンを指差し「今もずっと、カバンの中にある数珠と本の対象が俺を睨んでるんだよ」と言われた瞬間、俺の頭が痛くなった。

それと同時に目の前の師匠の顔がまるで何かに邪魔されたみたいにちゃんと見えなくなったのだが、「俺くんの顔を手で押さえつけてるよ」って言われた。

それを言われて俺は泣きながら「某カルト宗教ですか?」って言葉を吐いた。

12: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:21:46.05 ID:Is78lY8n0.net
「俺くんの家族でやり始めたことじゃなくて、君の離婚したお父さんが持ってきた宗教なんだね」

それからは早かった。このことはまだ母親と姉に言うなと言われ、俺は1人で仏壇を家から出すために動かなければならないと激励されたのだ。

相手にしているものがヤバイとわかり、俺は震えが止まらないし師匠も命をかけるとまで言うしでもうガチ泣き。

しかも最近眠れなかったのは、師匠に出会った俺が今まで自覚していなかった半端ない霊感を使いこなせるようになっちゃったから、仏壇に宿る悪霊?が暴れ出したからというものだった。マジで厨二病の最先端いっちゃってると思った。

しかもなんか俺霊視できたみたいで、誰も立ち入らなくなった俺の部屋には仏壇に宿る悪霊が部屋の真ん中に胡座かいて座ってるからだと聞かされた。
それがファミレスいるのに透視で見えるし、睨まれるしでもう発狂しそうだった。

13: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:23:06.11 ID:Is78lY8n0.net
その日はもう夕方だったがこのまま帰せないということになり、俺は師匠と共に氏神様のところに行かされた。今まで行きたくても頭痛がするから我慢していた神社に、夜潜入することになったのだ。

本当は夜に神社行くのはダメらしいが、一刻を争うためとせめて俺には氏神様に面通しして加護をつけなきゃ殺されるかもとのことだった。
幸いにも見えるのは俺だけだったため、姉と母親は何も起こらなかった。

初めて行った氏神様は怖くて、なんかデッカい剣?持ってて、俺が頭を下げて挨拶をしようとしたら自分の名前も住所も言えないようにされてしまった。というか、何一つ神様の前に立ったら思い出せなくなってしまったのだ。

師匠は祝詞を言い終えると、「今日守ってはくれるみたいだけどきちんと朝早く来て自己紹介するようにって、跳ね返されちゃったね」と笑った。んで、次の日の日が昇ってすぐくらいに1人で40分近くかけて氏神様のところに行き、俺は挨拶をした。

14: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:24:18.54 ID:Is78lY8n0.net
次に俺がやらなければ行けなかったのは、俺の部屋に結界を張ることだった。部屋の中に結界を張り、俺の部屋にいる奴を閉じ込めるというもの。手順は省くが、師匠曰く「俺くんの霊感があれば出来るよ!」だった。無茶言うな。

結界を張る日、俺は某水系の神社に連れて行かれた。女の海の神様なんだが、そこで頂いた清められた「砂」を使い、結界を張った。

俺は水属性だから、水結界を張り閉じ込めることにしたんだが、奴らの方が一枚上手だった。
結界を張った次の日から俺は3泊4日の高校生のある研修に行ったのだが、帰ってきてすぐ確認したら結界は壊されていなかったのにたった5分、目を離したすきに俺の張った結界は壊されていた。

盛り塩みたいにしていた砂の一つが、砂を乗せた和紙は角にきちんとあるのにその上の砂がそのままの形で和紙の上から退かされていた。イメージで言うと、テーブルクロスの上にあったものだけ引っ張ったみたいな感じ。

そしてまたその夜からラップ音やシャンシャンって音、足を引きずって歩く音なんかが聞こえてきて俺は眠れない日々に逆戻りした。

15: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:24:20.70 ID:9/2SpEbE0.net
何これ
降伏の科学?

16: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:25:19.27 ID:Is78lY8n0.net
師匠にそれを相談すると、今度は家の中すべてに結界を張るように言われた。しかし、それをやるには母親と姉の許可がいる。そのため俺は今回の一連の出来事と理由を話すことにした。

母親と姉を仏壇のある部屋に呼び、俺が眠れない日々を過ごしているのはこの仏壇に宿る悪霊のせいであること、俺らが今まで信仰していたものこそが邪教であること。
俺の部屋に皆が行かなくなったのは、それに宿る悪霊が俺の部屋にいるからだということ。男泣きしながら話すが、霊感のない母親と姉は理解できず「気持ち悪い変なこと言わないで」の一点張り。怒鳴り合いになった。

その間俺の部屋からは男の笑い声が聞こえてきて、家族喧嘩に腹を抱えて笑っているのが透視で見えた。姉は信仰心が1番あった俺を罵倒し、母親は何を言ってるのかわからず茫然としているし、もうカオスだった。

俺は大号泣で「なんでお前らには見えないんだよ、なんでこの笑い声が聞こえねぇんだよ!今もずっと、ここで俺らを見てるだろ!」って悪霊の側近?っていうの?シャンシャン鳴らしていた奴が横にいたから指差して喚いたんだが「やめて!」って母親に怒鳴り返された。

17: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:26:20.75 ID:Is78lY8n0.net
その時俺は、これ以上このカルト宗教を姉と母親が続けると言うのなら俺はこの家から高校やめてでも出て行こうと思った。
それに関しては見えるもの同士、何かあった時の面倒は見ると師匠が約束してくれていたのだ。師匠は必ず上手くいくと言っていたが、結果的に信じてもらえず大喧嘩になったため、俺は諦めようとしていた。

俺が助かるために、姉と母親を見捨てようと思ったんだ。
その日の夜もシャンシャン鳴るしパキパキ弾けるみたいなラップ音がしていて、俺は眠れなかった。

次の日目が覚めると、母親はおじいちゃんの夢を見たと言ってきた。おじいちゃんが「俺のことを信じてあげなさい」と言い、最後に
「すまなかった」と謝ったそうだ。その時聞かされたのだが、カルト宗教に入ることを許したのは嫁ぎ先の宗教に入るのは当たり前だと言ったおじいちゃんだったのだ。

18: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:26:57.90 ID:Is78lY8n0.net
俺はその話を聞き、安心して家の中に結界を張り直した。おじいちゃんがついてくれてるなら大丈夫だと思ったんだ。
姉はまだ家の中に盛り塩(正確には砂)があるのを気持ち悪がったが、渋々我慢していた。

それからはピタリと怪奇現象もやみ、数日安眠することができた。

しかし、4日目くらいの夜、リビングの砂がまた移動されていた。今度は和紙をズラされ、上に乗った砂は角に全部崩して寄せられていたのだ。さすがにそれを見たとき、母親と姉はこの家に何かいると察したらしい。

19: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:27:53.53 ID:Is78lY8n0.net
それを師匠に言うと、もう俺では対処しきれないことがわかった。
皆も師匠が来れば良いじゃん!と思っただろうが、カルト宗教が祀ってた悪霊が強すぎて、家に来ようとすると車が原因不明のエンストや体調不良、メールや電話が繋がらないなどテンプレみたいなことが本当に起きたため近づけなかった。

どうすれば良いのか悩んだ結果が、近づけるぐらいまで俺が家の中にいる奴らを弱めることが必要だった。毎日家の真ん中で柏手を打ち、結界を張り、部屋を掃除し、仏壇に祈らないのというのが俺の役目だった。

その甲斐あって、ようやく師匠が近づけたのはカルト宗教が悪いことが発覚してから3ヶ月ほど経ってからだった。

20: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:28:30.71 ID:Is78lY8n0.net
結果的に師匠が来てくれたおかげで、家の中にいた奴らを追い出すことができ、仏壇は何も入っていない抜け殻になった。
姉がいない間にすべてのことをやってしまったのだが、夜帰ってきた姉は俺の部屋に入っても気持ち悪くないと言い、あんなに俺に怒鳴ってたくせにごめんと謝ってくれた。

しかし話はここで終わらない。本当に面倒くさいのはカルト宗教の人間であって、俺ら家族がカルト宗教をやめたいと連絡すると、毎日のように幹部が家に来て、何時間も母親を説得した。

母親も姉も俺が仏壇と祀っているものを返したいと言うからカルト宗教の人にやめたいと言っただけであって、なぜと言われると答えられなかったのだ(笑)

21: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:29:50.76 ID:Is78lY8n0.net
当たり前だが俺は幹部の人に呼ばれ、何時間も怒鳴られた。あんたは家族を不幸にしたとか悪魔だとかあんたのしていることは人間じゃないとか散々言われた。
殴りたくなるような酷いことも言われたが、俺はこのカルト宗教をやめられるならと思い何を言われても耐えた。
正直、あまりにも酷いことを何時間も言われ続けたせいで何を言われたのかうまく思い出せない。
それでも俺たち家族は、カルト宗教をやめることができたのだ。


もし某カルト宗教をやっている人がいるなら、たぶん家に祀っているものは本当の神様じゃないと思う。あと、カルト宗教に勧められている奴は、絶対にやらない方が良い。

たまに祀っているものを捨てたら祟りが起きたとか聞くけど、それって仏壇にいる奴らは結局家の中にいるからそいつらに祟られるんだよ。
俺は祀っている奴らを家から追い出してやめられたから何も起こらなかったし、今ではカルト宗教やっていた頃より幸せな毎日を送れてる。

文才なくてわからないところがあったらごめん。書き溜めてたからすぐ終わっちゃった。質問があればどうぞ。

24: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:34:40.79 ID:0GWSbXAD0.net
宗教団体の幹部と話せるとかどんな立場だよ
普通なら会えるとしてもせいぜい地区・支部長クラスだろ

25: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:35:29.59 ID:9/2SpEbE0.net
>>24
それな
ビップラにまでアフィカスの波が押し寄せてるとは・・・

26: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:36:22.65 ID:Is78lY8n0.net
>>24
そいつらも家に来たよ。でも俺が真面目に活動してたのもあって、どこからが幹部なのかわかんないけど支部長とか婦人部長が「幹部の人が来てくれることになりました」とか言って、呼びやがった。

27: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:40:14.04 ID:0GWSbXAD0.net
>>26
で、どの宗教よ
全くわからないんだが?
誰かが言ってた幸福の科学が正解なの?

29: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:41:20.87 ID:Is78lY8n0.net
>>27
いや、幸福の科学ではない…もう誰かがレスに出てたやつでした。

31: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:43:38.63 ID:0GWSbXAD0.net
>>29
創価は100%あり得ない
実家が創価だったからわかる
で、どこよ?

32: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:46:01.79 ID:Is78lY8n0.net
>>31
いや、もう出すけどガチで創価なんだよ。

33: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:46:38.65 ID:0GWSbXAD0.net
>>32
はい嘘乙

35: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:48:32.17 ID:Is78lY8n0.net
>>33
嘘だと思うならそれでいい。信じ続けられるなら、死ぬまで信じ続けた方がいいよ。俺には無理だった。

38: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:51:54.31 ID:0GWSbXAD0.net
>>35
何言ってんだお前
俺自身は創価抜けてるわ
親がかなり強烈な信者で母親が幹部ってのもあって良く知ってるがお前が書いた内容は創価がやってるそれとは合わない部分ばっかりだぞ

40: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:54:08.78 ID:Is78lY8n0.net
>>38
抜けてるのかそれはスマン、まだやってると思ってた。
俺も抜けたの高校時代だからあれだけど高等部長とかも幹部に入んのかな?そしたらそのくらいの人からは電話で説得された。
どこからが幹部なんだ、県の婦人部長は家に来たよ。母親が説得されてた。

36: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:49:47.86 ID:9/2SpEbE0.net
釣りかよ
創価について全く知らんアホが「まぁバレないだろwww」っつって書いちゃったんだろなぁ・・・
2万%創価じゃない

37: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:51:28.43 ID:Is78lY8n0.net
>>36
釣りだったらいいのにな。さすがに宗教使ってまで釣りはしないよ。父方の祖父からだから今もしてたら俺は学会三世だった。創価の中身は知ってるつもり。俺の知り合いも本部に何人か勤めてるしな。

43: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:58:48.05 ID:8wZ01kZU0.net
ありゃ?
創価なのか?

日蓮宗から破門されたとはいえ、別にカルトっぽいことしてるわけでもない感じだけどな
勧誘さえされなきゃ別にどうでもいい団体だけど、他宗教に対して排他的なのが良くないのかな?

創価に入ってたからこういうことになったの?
それとも創価に入ってなくても同じことになった可能性はあったの?

47: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 16:05:01.14 ID:Is78lY8n0.net
>>43
俺が引っ越した地区が特にカルトっぽいってのはあったと思う。今までは会合とかも和気あいあいとして地区の人が集まるって感じだったが、引っ越したところは異様だった。

会合での活動報告は毎回皆が涙してるし、折伏だなんだって騒いで毎月何人って全体の目標決めてるし、選挙時期には家押し寄せるし、会うたびに「辛いだろうけど頑張って」なんて言ってくるようなところだった。

何かあって相談しても「それは魔だよ」って言って家来て何時間も一緒に唱題あげさせられた。

後は他の宗教を「邪教」だって言って排他的な印象が凄く強かった。他宗教の名前出せば婦人部が血相変えてあんなのダメだって騒いでたのは印象にある。

多分創価だからこうなったと思う。反動なのかやめてからキリスト教の友達できたけど、凄く自由に日曜日とかミサだっけ?行ってる話は聞く。

49: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 16:55:10.32 ID:8wZ01kZU0.net
>>47
なるほど
ありがとう

他宗教に排他的な割にはクリスマス会とかやってた印象があるな

仕事辞めて病気になってホームレス状態になった時に助けてくれたのが創価の人だったから学会員にそこまで悪い印象は持ってないんだよね
でも創価に入ったらどんどん夫婦仲が悪くなっていって、辞めたらまた仲良くなったって人いたけど、そこも悪霊っていうか、なんか変なもんが憑いたのかな?

50: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 17:13:26.97 ID:Is78lY8n0.net
>>49
ちゃんと聞いてくれる人がいて救われる、信じてくれてありがとう。たしかに創価で良い人はいる、それは俺も認める。でも、宗教が絡むと俺はやっぱりダメなんだ。

悪霊がついていたのは俺の家だけ特殊だったのかも知れないけど、たしかに同じものを家族全員が感じて第三者も見たから俺は悪霊がいたと思ってる。

師匠曰く、宗派が分かれたときに変なのが混ざってしまいそのままそれを信仰した結果力を持ってしまったんじゃないかって話だった。
俺の家には祀っていた悪霊の他に側近?のシャンシャン鳴る棒を持った袈裟を着た男と、仙人みたいな見た目で汚らしい、白装束のようなものを着た男の3人が家にいた。
それが毎日夜中になると家を歩き回っていたのが、眠れない原因だったんだ。

余談なんだが現在付き合ってる彼女の家が創価みたいで、知らずに実家行ったときに玄関のドア開けた瞬間に「お前の家創価だろ」って言ったくらい家にいた奴らの気配を感じたから、少なくとも他の家にもいるかもしれない。

51: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 17:24:24.03 ID:AW6RIDHK0.net
怖いとかは体験してないから思わんけど不思議な話やな

いや
押し掛けてくる人間の話は怖いと思ったw

52: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 17:32:29.23 ID:Is78lY8n0.net
>>51
俺自身に起きたことなのに、時間が経つと夢みたいに思える。ちなみに悪霊いなくなった今も、俺の部屋には誰も入りたがらなくて物置になりました(笑)

押しかけてきたのはこわかったな。
毎日毎日来たし、今もたまに姉の友人や俺の友達が「いつかまた私があなたを折伏します」とか「やめても祈ってるよ」って手紙やメールを送ってくるから、困ってる。

72: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 19:32:07.33 ID:HX9d5OuH0.net
そもそも悪霊ってなんだよww霊感?結界?
>>1自身がカルトじゃねーか

75: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 19:42:10.93 ID:Is78lY8n0.net
>>72
悪霊って言った方がわかりやすいからそう言っただけでその件以降はもう幽霊関係で何もしてないよ。
結界って言い方が悪かったな、まあ盛り塩のちゃんとした手順を追ったやつって感じ。
霊感に関してはまあ否定的で信じてない人もいるからなんとも。
誰かに押し付けたりとか霊感云々をリアルでは引け散らかしたりしてないから、ここで吐き出したって感じ。ちょうど高2のこの時期に苦しんだから思い出して。

73: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 19:34:22.63 ID:Umulsens0.net
草加は人間革命、宿命転換が表向きの本筋であって、
霊とか云々は聞いたこと無いな

78: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 20:15:31.04 ID:2HYH7fa70.net
師匠はプロの霊能者なの?

81: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 21:58:29.07 ID:Is78lY8n0.net
もう終わったスレなのでsageながら書きます。
>>78
一応民間でプロとして普段普通の仕事しながら(母親と同じ職場)お金貰わず霊関係で何かあったら助けてくれる霊能者。
その筋の人なら師匠の家系的なものもあって、一発でバレる。やっぱり霊能者って血筋があるんだなあって思った。

79: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 20:17:17.04 ID:8wZ01kZU0.net
うむ。
この話の本筋と創価はあまり関係ないから置いといて霊感の話を聞きたい
自分は霊感とかまったくないし

82: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 22:05:46.57 ID:Is78lY8n0.net
霊感エピソード聞きたいって人いるけどありがとう。一応俺の霊感だが、母親の家系で何代に1人か突発的に霊感ある奴が生まれるらしくて、べつに血統とかじゃない。
俺の前に霊感持ってたのは多分ひいばあちゃんがそうだった。俺が生まれる少し前に亡くなってんだけど、多分ひいばあちゃんから受け継いだ感じ。

霊感エピソードとしては、身バレしそうなものが多いからしないものを一つ。
話にもあったように俺の親は離婚しているんだが、離婚理由の一つに父親の浮気があったんだ。ある日俺が朝起きたら天井に女の人が張り付いてこっち見てたんだけど、それが俺の父親の浮気相手の生霊だった…ってのはあった。
フラれたみたいで息子の俺のところに念が飛んできたんだと思う。

83: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 22:08:37.38 ID:vmWJrdBr0.net
>>82
へええ、興味深いな
そういう話すごい好き
いうその生霊のせいで何か良くないことが起こったとかはなくて、ただ見てただけなのかな?
人を見て未来が分かったりすることもあるの?

85: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/16(日) 07:44:09.53 ID:H66W63C60.net
>>83
特に何かあったわけでもなく、しばらく家にいた感じかな。その間俺はラップ音や金縛りで眠れなかったくらいで姉と母親に被害はなし。

未来なのかわからないけど、勘は良いかな。当たる当たらない、受かる受からないなんかの結果は外れたことない。あとは女の人見ると妊娠中の子どもの性別だったり、妊娠しているかどうかわかる。

87: 79@\(^o^)/ 2015/08/16(日) 11:32:53.65 ID:qpmMlUuL0.net
>>85
昔の友達にあなたと同じように霊感が強い人がいて、その人も創価だったんだよね
ほとんど話したことないのに、自分のことすごい知っていてびっくりした
かなり友達を選ぶタイプだったけど自分がその人に対してどう思っているかをよくわかっていて仲良くしてくれてた
その人のことがあるから、あなたの話はすごく興味深いし信じることができるんだよね

94: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/16(日) 22:20:58.40 ID:wDZUK02x0.net
悪霊的なの追い出してから結界(盛り塩)はらないと
悪霊を結界で家に閉じ込めることになると聞いたことある

95: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/08/18(火) 01:47:17.93 ID:TX5D8/nq0.net
この時間に読むスレじゃなかった



☜1日1クリックの応援お願いします



612 :本当にあった怖い名無し:2009/07/21(火) 20:47:40 ID:H6cfH8ep
前に母方の祖母が亡くなった。
病気や怪我の多い壮絶な人生だった。
唯一の救いは信心だった。
 
祖母の死後、数カ月して祖母の部屋の片付けに行った。
荷物はほとんど処分された部屋の中、
オジオバと話をしていたら、突然ふんわりお香の香りが漂ってきた。
それも極上の白檀の香り。
本当にうっとりする素晴らしい香りだった。
 
「高いお線香使ってるね?」とオジオバに言うと、
「家には仏壇も線香もないし、香りもしないよ!?」と言う。
部屋も締め切っている。
まとわり付くように、こんなに匂ってるのに…でも数分後にはキレイに消えた。
ふと、「格の高い霊はいい香りがする」と聞いたのを思い出した。

きっと祖母だ。
今穏やかな顔をして目の前にいるに違いない。
苦しんだ分、信仰の厚かった分、仏様に導かれて救われているに違いない。
ばあちゃん…(:_;)



☜1日1クリックの応援お願いします




72 :1/2:03/06/11 10:01
このスレに書き込む話しではないかも知れませんが、30年前の話しをカキコさせて戴きます。 

私はそうでもないのですが、母親は霊感の強い体質のようです。 
しかしあの時、母親は帰宅してから、とても尋常ではなかった記憶が強く残っております。 

私が小学校高学年の頃(30年前)、近所で葬式がありました。
近所という事で、母親はお通夜から手伝いに行っておりました。 
その葬儀とは、母親が仲良くしていた近所の家であり、
5~6才の男の子が、交通事故で病院へ搬送中亡くなっての事でした。 
とてもお祖母ちゃん子で、よく家へ幼児の頃から一緒に遊びに来ていました。 

そのお通夜の日、事故を起こした20歳くらいの相手が訪れ、焼香を終えたその時、
その家のお祖母さんが突然子供の口調で、それも声までもその子のような感じで話し出したとの事でした。 
「どうしてあの時(事故直後)お水をくれなかったの?」
「僕は水が欲しくて水が欲しくて仕方が無かったんだよ」 
「どうして水を飲ましてくれなかったの。お兄ちゃんにお水が飲みたいって言ったじゃない」
「何度もお水、お水って言ったじゃない」 
その場には10人以上の人間が居たのですが、皆凍りついたように、そのお祖母さんを見ているだけだったらしいです。 


73 :2/2:03/06/11 10:02
私の母親はその子とも仲が良かったので、思い切って話し掛けたそうです。 
「Aちゃん。このお兄ちゃんもビックリしてて、水をあげたかったかったけど出来なかったんだよ。許してあげて」
その後、事故の件も含めて、何とか家の母親の話しを聞いて、納得して許してもらえる事となったそうです。 
但し条件があって、事故現場にその子と同じくらいの背丈のお地蔵さんを、四十九日までに祀って欲しいと、
その事故を起こした相手に言ったようです。 

その事故を起こした相手は凍りつき顔面蒼白で、
私の母親が「お地蔵さんの件は大丈夫ですか?」と改めて聞いて、
涙を流しながらやっと「はい」と、か細い声で答えられたとの事だったらしいです。 
そして、水を欲しがっていたのは分かっていたのだけれど、
パニック状態で水をあげられなかった事を、涙ながら謝ったらしいです。 

その後帰宅してきた母親が、興奮して私に話して聞かされた事は今でも忘れません。 
ちなみにそのお祖母さんは、その時の事は記憶にないとの事です。 
勿論、一人で事故に遭っているので、その時に水を欲しがった事など知る由もありません。 

後日、その場に居た近所の人とその話しをしているのを聞いた事がありますから、作り話ではないと思います。 
ただ、私はその場に居た訳ではありませんので、その時の状況を肌で感じる事が出来ませんでしたので、
あまり他人には話した事がありません。 
正直、そういう事もあるのかなぁ、というのが本音のところです。 
怖い話とは言えないかもしれませんね、長々と恐縮です。

 
☜1日1クリックの応援お願いします





605 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 12:28:21 ID:i3RgJz5L0
とんだチキン能力者の話を一つ。

俺の友人に、とても霊感が強いヤツがいた。
ただ強いだけでなく、側にいる人間(全員ではないが)も見えてしまう程だ。
俺が霊感少年ウラと出会ったのは中学のとき。
その頃から、そう言う意味で有名だった。

中2で同じクラスになり、好奇心旺盛な俺は早速話しかけ、
「一緒に霊所スポットへ行かないか?」と誘ったのだが、
ウラは見える能力のせいか、自分からそう言った場所にはけして近づこうとはせず、
それどころか、かなりのチキン野郎だった。
でも、どうしても自分の目で幽霊が見たかった俺は、夕方にウラを遊びに誘った。
そして、男子数人と首つりがあったと言われる公園へと、うまく誘い出す事に成功した。

暫く公園をうろついたが霊なんて出る気配は無く、諦めかけていたとき、
「あ~あ、やっぱり幽霊なんて出ないな」
誰かがポロっと言ってしまい、ウラに今日の計画がばれてしまった。
最初はふてくされていたウラだったが、
「全然恐い感じしないし、みんないるから今日は出ないよ」とウラが言ったので、その日は帰る事にした。

ところが、ネタを証しても怖がらないウラが面白くなかったのか、幽霊が出ないからか、みんなでウラをからかい出した…。
「ここは落ち武者の霊も出るって有名なんだぜ~」
と俺が言うと、面白いくらいに怖がるので、みんなでどんどん話しを大きくしていった。
「…それで、血を流した落ち武者が手招きを…」
「やめてよ…やめてよ」

怖がるウラを見てウシシと笑っていると、
「なぁあれ何だろう?」
木陰のすみを指して誰かが言った…
「え?何々?わかんないよ」
中には見えていないヤツもいたが、俺と最初に見つけたコウジには、
ハッキリと手招きする血まみれの武者が見えた。
それを見て大声で叫んだウラを合図にパニックになり、皆散り散りにその場を逃げ出した。

俺は次の日に知恵熱を出し、学校を2日も休んでしまった。
2日目の夕方学校帰りのコウジがお見舞いに来てくれた。


606 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 12:30:51 ID:i3RgJz5L0
俺が呪われたのでは?と心配したらしいが、俺自身はすっかり元気になっていた。
話題はもちろん公園の落ち武者…コウジは酷く怯えていたが、俺は思ったより平気だった。
それどころか、何か引っかかっていた。
「それでさ、学校は落ち武者の霊の話しで持ちきりで。
 落ち武者の伝説がいっぱい出てきてさ、俺なんて見ちゃってるから恐くて、話題に入れなかったよ…
 ウラなんて超チキンじゃん?びびりまくって学校早退してたよ」
コウジの話を聞いて、無理矢理連れて行った事を改めて悪いと思った。

コウジと落ち武者について話し合っていて、ある事に気づいた。
コウジが見ていた落ち武者と、俺が見た落ち武者が違っていたのだ。
「首が無くて全身血まみれ、大きく手を振っていた」
とコウジは言ったが、俺が見た落ち武者は顔があったし、手招きは指だけだった。
そして幽霊を見たと言うことで忘れていたが、落ち武者は、あのとき俺が付いた嘘だった事を思い出した…
落ち武者なんているわけ無いのに、俺たちは落ち武者を目撃した。

この謎が解明されたのは、数ヶ月後の廃病院での事件の後。
話しが長くなるので端折らせてもらうが、ウラは霊能力者では無く超能力者だった。
自分自身に『幽霊がいる』と言う暗示をかけ、パニックになると、その暗示が回りに伝染するのだ。
見ている幻覚は個々がイメージした霊なので姿はバラバラ。
『落ち武者』と全員にポイントが伝達されていれば、個々がイメージした『落ち武者』が見えるのだった。
ウラのこの能力に、俺とコウジは卒業までよく振り回された。
その話をまたの機会に書きたいと思います。
それでは…。

 
☜1日1クリックの応援お願いします





1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 18:54:09.85 ID:eQSEXxep

その塾をやめることになったから厄落としに書き込んでみる
勝手に書いていきます。



2: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 18:57:52.63 ID:eQSEXxep

特定されないと思うけど、埼玉県にある個別塾で塾講師をしてました
大学入ってずーとバイトしてたんですがその1年目にその霊感持ちのファンキー受験生、仮にAくんに出会いました


3: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 19:00:15.39 ID:eQSEXxep

スペックとしては
私 大学1年 女
 A君 中学3年生 英語が出来ないってことで入ってきた 男


4: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 19:03:07.33 ID:eQSEXxep

誰もいなくてもどんどん書く

A君が入ってきたのは、ちょうど夏の時期
 中学3年生の夏って受験の半年前だからかなりせっぱ詰まった様子で入塾してきた。
 英語を主に取り扱うってことだったので、私が担当になった。
 個別塾だから、集団塾と違って、授業をお金さえ払えば大量に入れることができるんだけど
A君とは、毎日少なくとも1回は顔を合わせて何かしらの対応をしてた。


5: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 19:08:00.91 ID:eQSEXxep

A君も最初は真面目で、受験生らしく、普通に勉強してたんだけど
 ある時授業中、急に
A「先生は霊とか信じる?」
って言われた。

それまで、普通の、真面目な生徒だったし
時に面白いこと言ったり、宿題やってこなかったりとかはあったけど、本当に普通の生徒だったから
何?人のことからかってるのか、と思って全然相手にしなかった。
 私「わかんないけど、君はとりあえず英語を勉強してください。」
 A「いやいや!します!しますけど!!」

いつになく真剣な顔してて私もなんかやばいと思った。


6: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 19:10:30.56 ID:MiTt4yDp

面白そうだ
続き待つ


8: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 19:15:56.36 ID:eQSEXxep

A「先生って今まで霊を見たことありますか?」

 私は正直ホラーなんで嫌いだし、見たことないものを信じれる人でもなかった。

 私「いや、もちろん、信じないよ、だって見えないし、聞こえないし」
 A「、、、。」
 A君はその返答をしても全く何も言葉を発してくれなくて、すごく怖かった。

 私「え、どうした?問題解けない?大丈夫?」
 A「...先生は近日中に、霊に会います。特に、悪い感じの霊、、に、、。」
 私「は?冗談は、やめてくれますか?ほら、授業再開するよ?」
 A「しかも、やばい目に合うとおもう。」


9: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 19:20:36.71 ID:p3MraBJ3

見てるよ~


10: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 19:21:03.04 ID:eQSEXxep

見てくれてありがとう。

 A君曰く、40代のおじさんの、それも陰気臭い感じの悪い霊に授業中ずーと、視線を感じていたらしい。
どうやら、それは、霊感のあるA君ではなくて、私に向けられた視線だったらしい。
そこで疑問なのは、霊感0の私になぜそんなことが起きているのか、なんだけど

A君曰く、授業中ずーとつきっきり、毎日一緒にいることで、一時的に霊感的なものが、私にも移ってしまったって感じらしい。

わかりやすくいうと、やくざーな人と一般的な人がおんなじ場所に立ってたら、同類なのかなって他人から見て思うでしょう?それと同じで
霊感をもつAと四六時中一緒にいる私もきっと霊感があるはずだって、霊は思った、とかそんなかんじらしい


11: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 19:23:24.18 ID:IdM3twi3

ほうほう


13: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 19:27:33.18 ID:eQSEXxep

でも、私には全く霊は、おろか、そんな暗い雰囲気何ぞ感じないから
 むしろこれで、勉強しないで成績悪いと、塾長から何言われるかもわからん、、。とそっちを心配してた。

 私「私はあなたの英語の方が心配です。」
 A「俺は霊感あるんだけど、除霊とかそういうのは知らないんですよ、!だからとりあえず注意だけしなきゃいけないと思ったら、、
 余計にあの霊楽しそうになっちゃった。今まで先生が本当に気づいてなかったけど、本当に気づいちゃったから。ごめんなさい先生何かあったら。」


14: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 19:33:18.78 ID:eQSEXxep

私「ふざけんなーwwww」

あまりのショックにはじめて、タメ口使ったなぁ、、、
なんとAは寄せるだけ寄せ付けて、全く除霊する術を知らずに、結果私に悪霊?とやらを押し付けて、ぽーいってしたわけです。

そこから、私はガクブル。
お風呂は一人で入る時なんでもいいから動画を流す。トイレ入る時は爆音で歌う。寝るときは思い出すたびに電気つける。

 Aもその時むやみやたらと、霊の話題出すと、宿題増えるし(腹いせにちょこちょこ増やした)、いいことないと思ったからか、特にその話題にも触れず

気がつけば1ヶ月ほど時間がたってた。
だけど、私はその、悪霊とやらに合わなかった。


15: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 19:37:16.18 ID:eQSEXxep

私はだまされたんだ、、きっと
中3男子のからかいに、大人気なく、対応してしまったのだと、思った。

そんなわけで私の方からその話題を口に出して見た。

 私「ねぇ、1ヶ月前くらいに、先生は悪霊にあうって言ってたけど、あれはどうなったの?私全くもってそんな体験してないよ。
からかいでいったのなら、今なら許すけど、もし謝らぬのなら宿題増やします。」
 A「本当に先生は霊感ないんですね。」
 私「ん?どゆこと?」
 A「先生は、おばあちゃん一人お亡くなりになってますよね?」

 私は一度も私のおばあちゃんの話なんぞしたことないぞ、、、?!
 本物だと思いました。


16: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 19:42:54.12 ID:eQSEXxep

まずここから、霊についての解説で
A曰く、霊には2種類で
悪霊
そうでない霊
がいるというらしい。
また、興味深いのが、見える人のタイプも、悪霊寄りか、そうでないか、があって
 このA君は悪霊寄りなんだそうだ。

だから、昔からよくない霊に取り憑かれて周りに迷惑をかけてきたらしい。
 今回の私のケースもそれで、引き寄せられた悪霊の矛先が私に向かった、ということだった。

そして、その悪霊の話を持ち出してから先生の雰囲気が、限りなく明るいオーラ?のようなもので、まとわられるようになった。
でなんとなーく観察したところ、それは私の亡くなった母方のおばあちゃんだ、ということがわかった。

ということをA君に教わった。


17: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 19:45:38.21 ID:eQSEXxep

孫娘が、しょっちゅうなんだかしらないが、悪霊寄りの男の子と一緒にいるし
周りに悪霊いるし、これはあかん!と思ったおばあちゃんが、守りを硬くした、というのがA君の見解でした。

ちなみに、後日母に、おばあちゃんは霊感的なのあったかと聞いたら
虫の知らせはもちろんのこと、そういう経験が実家でよくあったそうでした。


18: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 19:47:39.09 ID:eQSEXxep

これがA君との、出会いから、最初の霊関係のお話でした。
 指が疲れてしまった。

この次に話す2つのお話が一番実体験として怖かったことだから
一旦休憩&質問あればうけつけまする。


19: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 19:50:30.59 ID:MiTt4yDp

面白いじゃないか
休み休みで良いから書ききってね


20: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 20:03:18.13 ID:eQSEXxep

>>19
ありがとう!がんばります!


21: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 20:07:35.55 ID:eQSEXxep

タイトルにある、ファンキーさっていうのは
 このA君の容姿からきているんだけど
身長は160センチくらいで坊主で、ガタイが良い
 しかも、目が細くて、メンチきられると、本当に怖い。
 見た目ヤンキー
 おまけに服もダボってしてたり、長袖を自分でハサミで切って、半袖にしてたり
 やること、なすことが、ファンキーでした。

 最初の頃は敬語使っていた彼も慣れてきてからは
「~っすよ。え?まじすか?」とか
芸人ばりのリアクションと、面白さを発揮してきました。
あんな子、友達にも生徒にもいなかったなぁ、、、。


22: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 20:09:44.12 ID:eQSEXxep

おばあちゃんのことを当てられたことは、すごく驚いたんだけど
 そのあと起きた2つの事のおかげで、私は彼を本物だと認識せざるを追えなくなっちゃったので、それを順に説明します。


23: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 20:11:07.21 ID:MiTt4yDp

楽しみです


24: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 20:13:26.91 ID:eQSEXxep

いつも通り、英語を教えていると急にA君の体調が悪くなり始めた。

 夏も終わり頃
といっても暑いから、クーラーはがんがんについていて
汗はかかないし、むしろ寒いのに
A君はびっしょり汗をかいていて、顔色もちょっと悪かった。
 半袖着ていたから、てっきり寒すぎて風邪かと思って声かけてたんだけど
A「いや、そのうちなおります!そのうち!!」
としか言ってくれなかった。


25: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 20:41:45.42 ID:Pg2MsDhF

最初の話って、何年ぐらい前の話?


27: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 20:49:37.30 ID:eQSEXxep

>>25
 3年前の、夏です!


26: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 20:49:02.86 ID:eQSEXxep

みるみるうちに、衰弱するA君に
 なんとなーく聞いて見た。

 私「もしかして、霊関連?」
 A「..そっすね、、、。さっきからね、女の方が、俺の腕をギリギリ掴んで離さないんです。左手。痛いです。」

そういうともう隠さなくていいんだーって思ったのか机の上にべちゃーって腕を伸ばして休み始めた。
そこからが、やばかった。

 A君の左腕に、くっきり手の跡が浮かんで着た。


28: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 20:51:39.90 ID:op+OufmG

期待とわくわく


29: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 20:54:22.31 ID:eQSEXxep

左手が不自然に細かく痙攣している。
 少しずつ、痣のように赤ーく、内出血が起きていくんだけど
腕を手で握った時に力のかかる、指の腹と手のひら、関節の部分が、くっきりわかるように徐々に赤黒くなっていく。


 当然、私も、A君も全く左腕に触れてないし、目の前で起きていることが追いつかなかった。


30: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 20:55:45.59 ID:eQSEXxep

多分こんだけ文書にしても伝わら切らないと思います。
でも、目の前で繰り広げられる光景が、なんなのか、全然理解できませんでした!
 多分リアルに見なきゃ、わからない怖さだと思います。
 十分思い出すと怖いけどw


31: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:09:35.40 ID:eQSEXxep

結局その時は、少し経って顔色が良くなってきて、腕の痣もなくなっていきました。

またある時は、小さい声でずーと、イタイイタイ、、って言ってたけどので、腕をよく見ると
 ミミズ腫れのようにくっきりと引っかき傷が、腕の柔らかい部分に浮き上がってきて

死ぬかと思いました。

どちらの方も最終的には治るのですが、自然に発生し、自然に消えてゆくがまぁなんとも、霊感のない私には、怖い体験でした。

これが1つ目の怖い実体験


32: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:14:19.81 ID:4cZuQZdD

読んでるよ~


33: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:19:21.02 ID:eQSEXxep

2つ目の体験

 前述したように、A君は、乗り移られやすい、しかも悪霊に。
やっかいなことにそれが授業中起きた時の話です。


34: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:22:23.89 ID:eQSEXxep

いつも通り過去問を解いて答え合わせして、という流れをしていた時
ホワイトボードに書きながら
私「~(英語)です。はい、訳して」
 A「...」

 全く返答がないどころか、なんか、気配さえもないようなそんな感じでした。
ホワイトボードに一通り英語をかいて、さて、A君の姿を見たら

彼はこちらをじーっとにらんでました。


36: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:25:26.52 ID:eQSEXxep

ここまで邪悪な、顔を彼はしたことがあったっけ?というか、これは誰だ?
って思うくらい、顔はうつむいてて、でも目はこちらをむいてるから、半分白目で、口は半開きで

 どうしたらよいか、正直よくわからなくて、でも冗談ならいいなぁと思ったので

私「大丈夫?ほら?冗談してる暇ないよー?A君?A君てばー?おーい!」

でも、触れちゃいけないような感じで、微動だせずこちらをただ、にらんでいました。


37: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:28:15.68 ID:eQSEXxep

本能的にやばいと感じました。
それに以前、のりうつられて、人の首を絞めかけた、というA君の話を聞いていたので、何かしないと、逆に私は死ぬんじゃないかと思いました。
 今にも絞め殺してきそうなかんじだったので、、、


38: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:33:31.71 ID:eQSEXxep

またもや、前述した通り、A君は悪霊寄り、私はむしろ悪霊からかけはなれた存在なんだそうです。
 簡単に言えば、隠と陽みたいな
厨二くさくて、使いたくないけど、A君にとって、陽の私は触られるのが嫌な存在なんだそうです。
むしろ、本当はおんなじ空間にいれないくらい、いると体調もあまり良くないらしいです。

その場から逃げようとしましたが、そのA君は、私が移動するのと合わせて顔をゆっくり移動させてくるので、横を通ったら何をされるかわからなくて逃げられませんでした。


39: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:39:45.97 ID:eQSEXxep

本能的に私の手は動いていました。
あろうことかおもいっきり、A君のことを叩きました。肩付近ですね。

 悪霊寄りのA君が触れられたくないなら、中に入ってる悪霊も触れられたくないだろうという、なんとも短絡的思考が働いたのです、、、

 幸いにも、周りにも授業中の生徒がたくさんいたので、そこまで音は響きませんでした。

わざとらしく、物を落としてカモフラージュしたあと、A君をみると

A「何物落としてるんですか?」
 私「意識戻った!よかったー!!!」
 A「え?なんのはなし?こわ」
 私「そんなのこっちのセリフだわ!!!いきなりこっちのことにらみつけて、白目になって、話しかけてもうんともすんとも言わないで!!」


 A君曰く、その記憶は全くないけど、ということは、やはり霊に乗り移られたんだなって後から合点した、そうです。


40: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:41:33.07 ID:eQSEXxep

授業中に乗り移られたのはそのあとも何回かありました。
 毎回多分痛みをかんじる程度に叩いたとおもいます。
だからこそ、悪ふざけで彼が何度も叩かれにいくようなほど、馬鹿じゃないとおもいました。

 塾講師として、生徒を叩くのはご法度でしたが、最初で、最後の手を上げてしまった生徒でした。


41: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:43:24.40 ID:eQSEXxep

以上がA君を本物とする実体験です。
 全然怖くないとおもいます!
でも、その塾を辞めたので、記念で書き込みました。

 塾をやめたのはその子のせいとかではないです!

 以上、何か質問ありますか?


42: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:28:04.72 ID:Pg2MsDhF

狩野英孝の心霊番組思い出したわw

 A君の成績はどうなったの?w


43: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:37:14.34 ID:eQSEXxep

>>42

A君は全然勉強しなくてw
結局第一志望おちて、第二に行ったかな
英語はまだ良くなったけど、数学がね、ちょっとよろしくなかったかな、、


52: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 00:04:26.02 ID:nzIBtGxM

元塾講だったので面白いです。


55: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 04:40:47.07 ID:SPeN1JW8

>>52
ありがとう!塾講でも多種多様だけど、私のところはひどかったとおもいます!主に人柄的に


61: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 17:01:08.56 ID:R+8CVPeO

>>1
受験生の話読んだ
変な先生の話は多いけど生徒の話って珍しいw





☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ