【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 霊感




俺は物心ついた時から霊感が強かったらしく、話せる様になってからはいつも他の人には見えない者と遊んだりしていた。
正直生きてる者とこの世の者ではないものとの区別が全くつかなかった。

知らないおじさんが玄関から入ってきても誰も気付かず、「おじさんがそこに立っとーよ」と言っては「そげん人はおらん!」と怒られ、叩かれたりもした。
だから俺は怒られるのが嫌で、少しずつ無口になっていった。

ただ1人、俺の味方だったのが爺ちゃん。

一緒に歩いてる時、向こうから歩いてくる男が全体的に灰色がかっていて顔が土気色、そして背中にピッタリと張り付いている黒いもの。
爺ちゃんに「あの人どげんかしたと?何で黒いのしょってるん?」と聞いたら「ああいうんはよくよく見とったらいけんよ、ちゃんと区別をつけるようにしんしゃい。人には影が出来るが、あのもんに影はなかろうが。まだ生きとるけどな…」と。

見れば確かにその男には影がなかった。そして追い風にも関わらず、線香と何か腐った様な強烈な臭いがしてくる。
すれ違う時にはその臭いで何度か吐いてしまったのを覚えてる。

そういうものを何度も目にしたりして爺ちゃんに色々教わっていく度に「ここには近寄ったらだめ」「あの人には近寄ったらだめ」と、段々分かる様になっていった。
そして爺ちゃん以外の人には話してはいけない事も。


そんなある日(小学校2、3年位)夏休みで母の妹家族のとこへ遊びに行った(その頃爺ちゃんは妹家族と同居してた)。
丁度同い年位の子が二人いたから、楽しくて毎日遊んでたらある日の昼に暑さで鼻血を出してしまった。

叔母さんの家に行くと少し横になってなさいとの事で、ある一室に連れて行かれそうになったんだけど、そこは自分なりに気付いてた「近寄ったらだめ」な場所だった。
断ったけどガキの言う事なんて勿論聞いてはくれず、でも1人は絶対に嫌だったから庭にいた爺ちゃんを呼んで一緒に寝てもらう事に。「何かあってもジィがおるけん、大丈夫」の言葉に安心して気がついたら寝てた。

どれ位寝たのか、ふと目を醒ますと異様な寒さと線香の臭い。ヤバい、怖いと初めて思い爺ちゃんを見るとグッスリ寝てる。
起こそうと思った時に初めて自分の体が動かない事に気付いた。掠れ声位しか出ない。それでも爺ちゃんを呼び続けた。

その時ゆっくりと襖が開いて出てきたもの。
首と右腕、左膝から下が無く、戦時中に着ていたと思われるボロボロの服を着て焼けただれたものが、這いずりながら俺の足元まで来た。

そいつは俺がかけていたタオルケットをゆっくり引っ張る。
何度爺ちゃんを呼んだか、「爺ちゃん起きて!」と掠れ声で叫んだ瞬間「なんや?」とこっちを向いた爺ちゃんの顔は焼けただれ、皮膚が剥け、片目と鼻のない今俺のタオルケットを引っ張っているそいつの顔だった。

多分一瞬気絶したと思う。でも「まだ終わらんぞ…」って低い声と変な笑い声で気が付いた時、そいつの体はもう半分位俺の体に乗っていた。
そいつの血と自分の汗が混ざってヌルヌルする様な気持ち悪い感触。

その時突然、すげー勢いでお経を唱える声がした。泣きながら横目で爺ちゃんを見ると、怖い顔で聞いた事のないお経を正座し、こっちを向いてあげ続けてた。
そしたらそいつが舌打ちしながら「クソガキが…」みたいな事をモゴモゴ言いながら、煙の渦に吸い込まれていった。

その後はもう、爺ちゃんにしがみついて大泣き。泣き声を聞き付けてきた叔母さんに爺ちゃんは「怖い夢を見ただけだ」と言い、ごまかしてくれた。

落ち着いてから爺ちゃんにあのお経はなに?って聞いたら「ジィにもわからん、勝手に口をついて出たけん、多分ご先祖様が助けてくれたんやろ」と。

その後二人でアイスを食べながら庭の雑草を取ってたんだけど、何となく俺が掘り返した所から木の札が顔を出した。
爺ちゃんを呼ぶと、血相を変えてこっちにやってきて全部掘り返すと、その何枚かの札には何か書いてあり大量の釘が打ってあった。

「お前は見んでよか、触るな」と言い、裏の焼却炉の方へ持っていってしまった。
後に何が書いてあったのか聞くと、子供への怨み事が沢山書かれていたらしい。


小6の三学期、爺ちゃんが胃癌末期と知らされ、最期まで爺ちゃんにバレない様にしろと家族に言われたが(今思えば小学生に対して無茶ぶりだ)、1人で毎日見舞いに行く度に俺が我慢出来ずに泣くもんだから、完全にバレてしまってた。
というか、爺ちゃんは最初から自分が長くない事を分かってた気がする。

「ジィがあっちに行く時はお前のいらん力を持ってくけん、ジィがおらんようなってもなーんも心配いらん」といつも優しく頭を撫でながら安心させる様に言ってくれていた。


そして爺ちゃんが亡くなってから十数年、怪しい場所や人から線香や腐敗臭、頭痛はしても、それ以上のものは一切見えなくなった。

ただ、結婚して子供もいる今、長男が幼かった頃の俺とソックリな行動をたまにしているのを見ると、先の事を考えて背筋が少し寒くなる。





☜1日1クリックの応援お願いします




92 :本当にあった怖い名無し:2005/10/26(水) 11:56:05 ID:FYyMMzXZ0
オイラが学生の頃ヤンキーがモテたんだよね。
オイラも悪ガキで、工房の頃はよくケンカとかしているバカでした。

ある日、毎朝乗るバスで、睨んで来る女がいた。
避ける女はいても、睨んで来る女は初めて。
女相手にケンカふっかけるのもダサイし、無視してたワケよ。
ちょっとかわいかったから、「もしかしてオイラの事…」なんて期待してたわけで。

ところがどっこい。
ある日、その女がオイラに向かって、
「消えろーきえろー!!」と叫びながら塩をまき出した!
もう尋常じゃない感じ。いろんな意味でめちゃくちゃ怖かった。取りあえず逃げた。

そして次の日会ったとき、さすがにもう逃げ出す何て出来ん!と思い、自分から声をかけたら、
普通に挨拶をされ、話を聞くと、霊感が強い彼女は、
オイラに取り憑いていた悪霊を払ってくれていたらしい…
大変痛い女だなぁと思ったんだけど、何故か今じゃうちの嫁さんなんだな。
いまだに霊と戦ったりしてるよ。
コワイコワイ(((・д・))) 


94 :本当にあった怖い名無し:2005/10/26(水) 12:55:10 ID:BsVb0V1MO
>>92
そんな痛い女と、どうやったら結婚まで行けるんだ!?


97 :92:2005/10/26(水) 17:53:49 ID:FYyMMzXZ0
>>94
なんかね。オイラいろいろ取り憑かれやすい体質らしくてさ。嫁さんは、前からその事が気になってたみたい。
で、悪いヤツが取り憑いていたので、
気が強く正義感も強い嫁さんはほっとけず、思わず塩を投げつけたんだとさ。
その話聞いて、オイラへのアプローチと勘違いしたんだよ漏れ。

息子もオイラと体質が同じで、取り憑かれやすいから、もう嫁さん大変。
仕事から帰ったら、赤ん坊抱いた嫁さんが包丁振り回して、「きぇー!!」って叫んでた。
育児ノイローゼかな?と思い、普通に茶の間に入ると、嫁が俺に向かって子供を投げた。
4メートルぐらいの距離を投げやがったんだよ。オイラびっくり。
「子供を連れて逃げてー!あんたも危ないから逃げてー!」って叫ばれさらにビックリ。
怖かったので息子を連れて逃げる俺。
こんな事が、息子が3歳ぐらいまでよくあった。 


132 :92:2005/10/28(金) 11:32:53 ID:6azVMGEO0
息子が2歳ぐらいの頃の話を一つ。

オイラと嫁と息子で、お盆に「潰れるんじゃねーの?」ってくらいボロイ温泉に行くことになった。
オイラがお盆にまとまった休みが急に取れたから、ソコしか開いてなかったんだな。

久々の泊まりがけの旅行にウキウキだったけど、嫁が旅館に着いた途端、気持ち悪いと言いだした。
どうやら、いっぱい悪い霊がいた様だったが、嘔吐する嫁を見て「つわりかな?」と思い、
オイラは二人目の名前なんて考えていた。

気がつくと息子がいない!
目を離してたなんて、嫁にばれたら殺される…と思い、嫁がぐったりしている間に探しに行った。

旅館をウロウロしていると、意外と遠い場所に息子がいて、なんか様子が変だった。
オイラを見るなり「あぁぁぁぁぁ憎いぞ、憎いぞ」と言った!
息子が初めてしゃべったのだ!!
オイラは内容よりも、息子がしゃべった事が嬉しくて嬉しくて、
ビデオカメラに納めたかったな~なんて考えながら、息子を抱え部屋に戻った。

「息子がしゃべったぞ!」と大喜びで嫁に息子を手渡すと、投げた。
また投げやがった!慌ててキャッチする俺。叫ぶ嫁。
息子に悪い霊が取り憑いていたそうだ。
嫁は塩を取りだし息子にかけるが、効果なくてさ。
嫁がいろんな退魔方を試している横で、俺はホームビデオを回して「パパでちゅよ~」なんて声かけてた。

あの時の嫁はキーキーうるさかったなぁ。
結局ビデオには、何でか息子の声が入って無くてさ、残念だったよ。
俺は楽しい思い出の一つなんだけど、嫁は今でもこの時のことを、恐ろしい事件だったと語ってる。 


135 :本当にあった怖い名無し:2005/10/28(金) 13:45:39 ID:XVd3DDeA0
>>132
ねえ、マジレスも何だけどさ。
嫁が子供を投げたって、本当にあなたにポーンと投げたの?
それが気になってしょうがない。 


136 :132:2005/10/28(金) 13:57:24 ID:6azVMGEO0
>>135
あんまりはっきり覚えて無いけど、>>92のときはポーンって投げたと思う…
>>132のときは、距離が近かったから、ドンっておしつける感じだったかなー??


138 :本当にあった怖い名無し:2005/10/28(金) 14:35:27 ID:SJ3ArBFk0
なんだか楽しい一家だな


139 :132:2005/10/28(金) 14:47:58 ID:6azVMGEO0
オモシロ一家!?嫁はエビセントリップだけどオイラ普通だぜ?

 


☜1日1クリックの応援お願いします




362 :本当にあった怖い名無し:2012/06/20(水) 14:45:36.79 ID:WcfNfDIc0
この前幽霊をえり好みしたものです。 
母も基本零感ですが、疲れているときやふとした時に何かを見ることがあります。 
近所の家の屋根の上にいる、仁王立ちしたいかつい顔の小さいおじさんとか、 
家を引っ越した時に見た、家具に入り込んでガサコソする小さくて黒いのとか。 
本人は「チャンネルが合うと見えるみたい」と言っている。 

そんな母だが、数年前京都観光をした時に路肩に座り込んだ男性の幽霊を見て以来、 
2ヶ月ほど『見える』状態が続いてしまった事がある。
特に夜中になると、母の周りを幽霊がうろついて眠れない。 
「自分じゃ何もしてあげられない、余所を当たってくれ」と念じる毎日で、とても困ったそうだ。 


363 :362続き:2012/06/20(水) 14:47:33.10 ID:WcfNfDIc0
だが、ある人物がいると絶対に幽霊が現れない。
それは、我が家の父だ。 
我が父のいびきはもの凄くうるさい。隣の部屋に居ても大音量で聞こえてくるレベルだ。 
この大音量いびきのおかげか、父がいると幽霊が一切現れないと言うのだ。 
だが、結局いびきの所為で眠れないので、母の寝不足は幽霊が見えなくなるまで続いたらしい・・・

いびきに幽霊除けの効果があるのか分からないが、 
生きている人間のエネルギーの方が強いのかもしれないと思った一件です。

 


☜1日1クリックの応援お願いします




38 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/27(金) 16:07:45.94 ID:DcbUfpAX0 [1/1回(PC)]
数年前、ひとりで街を歩いていたら 
ぜんぜん知らないおばさんに急に話しかけられて 
「何か宗教を信じてらっしゃるでしょう」と言われた。 
「いえ別に」と答えて、どうしてそう思ったのかと尋ねたら 
「あなたの後ろが光っているから」っていうんだよね。 
宗教の勧誘か何かだろうと思ったんだけど、 
そんな話になることもなく、「どうも失礼しました」でそのときは終わった。 

それから何年もたって、先日やっぱりひとりで街を歩いてたら 
若い女の人が私のほうをおびえたような目で見てて 
何度も確認するように振り返ってみてはぎょっとした顔をしてるの。 
何か変な格好でもしてるかと思ったけど、そんな目で見てくるのはその彼女だけだったし。 

数年のあいだに、私の後ろの人は邪悪化しちゃったんだろうか…orz 
でもさ、いわゆる「見える人」って、街でそういうのが見えたら 
顔に出したり話しかけたりするもんなのかな? 
私自身はまるっきり〇感だからわからないんだけど。




☜1日1クリックの応援お願いします




386 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 23:48:57 ID:BIgdSq+MO
俺の妹は霊感が強い。 
とゆうか、そうゆう家系らしい。 
俺もわりと強い。妹強い。両親とも弱く、母方のばあさんと、ばあさんの弟のじいさん強い。 

高校の時の話。
その時うちには、近所の人から預かっていた日本刀があった。 
あとで年寄りから聞いた話なんだけど、その日本刀は曰く付きで、近隣の住人にはナントカ包丁と呼ばれているらしい。 

夏休みのある日、俺は友達と肝試しを行った。
場所は一家失踪の家。地元で有名な場所だ。
新しく家を建てるために業者が解体中に事故が相次いだ。 
だから半壊状態のまま、山の中にぽつんと取り残されている。

友達との待ち合わせ場所に向かうと、先に友達は来ていた。ちなみに昼間。 
失踪の家の辺りは夜にバスが出ていないから、昼間に行くか夜明かしをするかしかない。後者は嫌。 
バスに乗って問題の物件まで行くと、昼間だとゆうのにその近辺だけ暗い。 
「おー雰囲気あるねー」
そんなことを言いながら家に入ると、独特の冷気が漂っていた。夏だというのに俺は鳥肌が立った。 
「あー、参ったな」
家具が置きっぱなしのリビング。食器棚の中に違和感を感じた。 
カーテンが閉められていて、昼間でも薄暗い。 
食器棚の中の誰かと目があった気がして、俺は慌てて目をそらした。


387 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 23:49:50 ID:BIgdSq+MO
霊が出るという子供部屋をまわり、朽ちた寝室をまわり、引き返す。 
特に何事もなく、またリビングへ戻る。 
記念写真を撮り、「あっけなかったなー」と言いつつ玄関から外に出る。 
なぜか右の掌だけが汗ばんでいた。

家に帰ると、中学生の妹がベランダで日焼けをしていた。 
「ご近所さんの目を気にしろよ」と言いつつ洗濯物を取り込み、
一服しようと手すりにもたれ掛かると、妹が吸っていた煙草を指先で弾いた。 
煙草は俺の顔の横をかすめ、ポスッと弾かれて足下落ちた。
「あぶねーなー何なんだお前」と言うと、妹は唇の端をつり上げて笑い、手をヒラヒラと振った。 
「シッシッてか。犬じゃねーんだよ」

その日の夜、晩飯を食っていると、後ろから視線を感じた。
妹が俺の後ろの食器棚から、ガチャガチャと皿を取り出すと気配は消えた。 

夜中に便所に起き、またベッドに横たわっていると、コンコン、コンコン、と窓を叩く音がする。 
窓の外はベランダ。
ふとベランダを見ようと体を起こすと、ドカドカとベランダを歩く音が聞こえ、
「ウザッテーんだよ!」と妹の声がした。 
びっくりして窓を見ると、妹が何もない空間に向けて蹴りを打ったところだった。 
「何してんの?」
俺が言うと、妹は不機嫌そうに言った。 
「お兄ちゃんガキ連れてきてるよ」 


388 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 23:52:09 ID:BIgdSq+MO
言われて気づいた。昼間、妹が煙草を投げつけたことを。 
俺の顔をかすめ、煙草は何かに当たって落ちた。何か?何に? 
俺は手すりにもたれ掛かってたから、俺の後ろには何もない。
煙草は1階まで落ちるはずなのに、何かに当たり跳ね返って俺の足下に落ちた。 
気づいてぞっとした。
その日は妹に頼んで、妹の部屋の床で寝た。 

何日かして、登校日だったので学校へ行くと、友達が笑いながら寄ってきた。 
「やったな!」
「なにを?」
友達は一枚の写真を俺に見せた。 
あのリビングで撮った写真だった。 
ぼけっと立つ俺の右で、小さな男の子が俺を見上げていた。 
その子の手は、俺の手を握っている様に見えた。
「やったな!なんか体調悪いとかない?」
友達は嬉しそうにはしゃいでいた。

鬱になりながら家に帰ると、和室の戸が開いていた。 
おそるおそる中を覗いてみると、暗い和室で妹が一人で立っていた。近所の人から預かっている日本刀を持って。 
俺は戸を閉めた。何だあれは?何やってるんだあいつ? 
俺はびびりつつ戸を開けた。 
妹は俺の顔を見ると言った。
「おかえり。今日から一人で寝ても大丈夫だよ」 

その日から視線も感じなくなった。 
妹が何をしたのか俺は知らないし、知りたくない。


391 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 00:07:06 ID:BIgdSq+MO
ちなみに、俺は何度か妹に泣きついたことがあるが、妹がもう大丈夫と言う度に怪現象はなくなった。 
妹が何をしているのか分からない。分かりたくない。 
一度何をしてるのか尋ねると、妹は笑いながら首を絞めるジェスチャーをしてみせた。 
その瞬間窓が叩かれて、妹が「うるせーよ殺すぞ!」と一喝すると、電気の紐が揺れて、外で何かが逃げる気配がした。
俺は妹がたまに怖くなる。

ちなみに、妹に彼氏が出来たためしはない。 
付き合ってもすぐに別れる。 
すぐに。数日以内に。 

ある日町で、家に連れてきたとたん逃げ出した元彼と会った。
別れた理由を聞くと、夢を見たと言う。 
夢の中で妹は、黒い靄にひたすら鉈を降り下ろしていた。笑いながら。 
怖くなって、付き合うどころじャなくなるらしい。 

ちなみに、ナントカ包丁はいまだにうちにある。 
名前も覚えてるんだけど、知りたくないし忘れたいから書かない。





☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ