【閲覧注意】怪談の森【怖い話】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 霊感



499 :1/6:2011/06/10(金) 00:48:12.36 ID:JrSONFdtO
ID:FJfBn89uOです
今は大分片付けられるようになったよ!
他の人に比べたら、まだまだ汚い方かもしれないけどねww

もう1つ話を置いていきます。また長くなるし怖くないけど勘弁ね。

私の叔母は所謂“霊視”が出来る人で、意識しなくても人のオーラが見る事が出来るらしい。
江○さんの女バージョンと考えてもらったら分かりやすいかも。
体調が悪い人は緑、何か良からぬ事を考えている人は青、取り憑かれてる人は…みたいな感じで、
オーラはモワッと霧の様に見えるのだとか。
また、オーラが見えるだけでなく、念を飛ばして特定の人に危害をもたらす事も出来るらしい。
方法は、ただ目当ての人間を思い浮かべて、『風邪引け』とか『骨折しろ』と、強く念じるだけ。
そうすると一週間も経たない内に、その通りになるとかなんとか。
お前が良からぬ事を考えてどうすんだよwwwとは思ったけど、
実際叔母の周りで怪我人・病人がチラホラ現れていた為、何も言えなかった。
私の母も、「叔母に頼んで成敗してもらったわww」とか言ってたから、ますます(´・ω・`)



500 :2/6:2011/06/10(金) 00:49:50.54 ID:JrSONFdtO
そんな叔母がまだ40代の頃の話。
深夜、寝室で寝ていると、何やら異様な気配を感じ目を覚ました叔母。
気配を辿り、隣に寝ていた旦那の枕元をよく見てみると、そこには緑色の光がポワンと浮かんでいた。
緑色=体調が悪い時に現れる物だったけれど、旦那も自分も特に心当たりがない。
第一、その光は対象者の体に纏わり付く物だったから、光単体で浮かんだり、移動するはずがないのだ。
もしや、誰かが病気を自分か旦那に乗り移らせる為に送ったのか!?
そう思った叔母は、全神経を緑色の光に向け、念仏を唱えたそうな。
すると光は呆気なく消え果て、室内は何時も通りの空気に戻った。
何だったんかいな?と叔母は不思議に思いながらも、その日はそのまま眠ってしまった。


501 :3/6:2011/06/10(金) 00:51:38.10 ID:JrSONFdtO
翌日。
先に起きていた旦那に声を掛けようとした叔母は、ある異変に気づいた。
声が出なかったのだ。
いくら腹に力を入れ発声しようとしても、うんともすんとも言わない。
それに男性でいう喉仏辺りに、押さえ付けられているような圧迫感、痛みがあった。
何となくアレだろうな…と思いながら、鏡越しに自分の姿を見てみると。
案の定、昨日の緑色の光が首周りにベッタリと纏われていた。
部位のみの場合は大変珍しく、そしてやっかいらしく、
当時百貨店の販売店をしていた叔母は、どうしたもんかと頭を抱えたらしい。

それからも声は一向に出る事はなく、それどころか日に日に圧迫感・痛みは増すばかり。
念の為病院で診てもらったが、やっぱり何の異状もない。
見たり危害を加えたりする事はお手の物だったが、お祓いはとんと苦手な叔母(超迷惑な人w)。
相変わらずキツかったけど、仕事休めるからいいかと、楽観的に考えていたとか。


502 :4/6:2011/06/10(金) 00:53:18.37 ID:JrSONFdtO
ある日の夜。
本当に誰かに首を絞められているんじゃないかという位の苦しさに襲われ、叔母は目を覚ました。
首元を見てみると、ごおごおと燃え盛る炎の様に、あの緑の光が燈っていた。
これは大変だ!と、出るはずもない声を必死に振り絞り念仏を唱えた。

その時、誰かがヒョコッとこちらを覗き込んできた。
その人物は、叔母の父親(私から見ての祖父)だった。
去年の正月に会って以来、一度も顔を合わせていなかった父親が何故?
というか、生きているはずなのに何で霊体で?
もしかして生き霊?そんな物飛ばす技術あったん?(←www)
と、念仏を唱えながら懐かしい父の顔を見ていると、現れてから微動だにしなかった父の口が動き、
「ごめんな」とだけ言って、静かに消えていったそうな。
はぁ?(;´・Д・`)となっていた叔母が、慌てて父の生き霊?を探すも勿論見当たらずじまいだったが、
かわりに声が出るようになっていた。


504 :5/6:2011/06/10(金) 01:01:07.59 ID:JrSONFdtO
おかしいと思い、父の家を尋ねた叔母。
70代にしては皺1つなく(髪もなかったけど)元気だった姿はなくなり、
父はやせ細り、見るからに元気がなかった。
慌てて病院に担ぎ込み診断を受けた。
父は咽頭癌に罹っていた。かなり進行していたらしい。
同居していた彼の妻、つまり叔母の母(私から見て祖母)は大変冷たい人で、
彼が風邪を引こうともスナック帰りにDQNに絡まれボコボコにされようとも、まるで気にも留めず。
公務員であった旦那の金をただただ食い散らかす、どうしようもない人だった。
病魔に蝕まれ変わり果てていく夫の姿を見ていながら、妻は何故のほほんと暮らせたのか。
そして何より、何故もっと早く気づいてやれなかったのか。
色々な怒りが込み上げてくる中、ふと、叔母は今までの事を思い出した。
緑色の光。
乗り移られ、声が出なくなった自分。
そして何より、目の前に現れた父の姿。
もしかするとこれら一連の出来事は、父なりの助けを求めるメッセージだったのかもしれない。
やせ細り、声の出なくなった父の姿を見て、叔母はわんわんと泣いたらしい。


506 :6/6:2011/06/10(金) 01:09:48.38 ID:JrSONFdtO
ありとあらゆる手を尽くしてもらったが、父はそれから暫くして亡くなった。
「最後の言葉が『ごめんな』だなんて…。それはこっちの台詞よ~w」
って笑ってみせた叔母は、最期の最期まで父親の手を離さなかったよ。
おしまい。

後日、私の夢の中に叔母の父(私から見て祖父)が現れて、
携帯電話の料金についてガミガミ怒られましたwww
東京事変ダウンロードし過ぎたからかなwww





オカルトランキング



144 :sage:2007/12/28(金) 16:21:49 ID:gmf0YeHOO
我が家の不思議話を書き込んでみます。
私には4歳離れた霊感があるっぽい姉がいます。その姉の話です
4年前、私が中2姉が高2の時。
その頃おじいちゃんが2年ほど寝たきりで入院していたのですが、体調を崩す事が多くなり病院からの電話で駆けつけるというのが多かったのです。
夕方、私と母が家にいると病院のおばあちゃんからの電話。
いつもよりも病状が危険だという知らせに焦りドタバタと準備をして車に乗り込みました。姉のいる高校へ向かう途中、母が私に携帯を渡して姉に連絡しておけと言いました。
携帯を開くと何故か姉からの不在着信が入ってました。ちょうどおばあちゃんからの電話でドタバタしている辺りにきていたらしく母も私も気づかなかったようでした。
今姉は部活中のはずなのにと不思議に思いつつ、電話に姉はすぐ出て、合流する事が出来ました。

車の中で姉の様子が変だったのと、何故電話していたかと疑問は色々ありましたが、病院まではやはりドタバタして話す事は出来ませんでした。
病院でおじいちゃんはすでに処置を終えていて、見たことない機械に繋がれていましたが、病状は落ち着いたという事だったのでおばあちゃんは残して3人で家へ帰りました。
姉の話はこうでした
『部活してたら耳元で「おねえちゃん」って聞こえて●●(私の名前)に何かあったと思って電話した』
そうした所に私達が来て驚いたそうです。
『けどあれはあんたの声じゃなかったもっとちっちゃい女の子の声だった』
不思議だねぇと話していると、母がそういえば、と話はじめました。
要約すると、姉と私の間にもう一人子供がいたそうです。数ヶ月で死産してしまったそうですが、今まで知らなかったのでかなり驚きました。
死産してしまったとはいえ、その子にとっても姉はお姉ちゃんなのでその子が話しかけたんじゃないかと。
不思議な事もあるねえと今でも家族で話しています。


説明長くてgdgdですみませんでしたー
どうやら霊感姉にはその子が憑いてるらしいです




オカルトランキング



126 :本当にあった怖い名無し:2009/11/12(木) 06:08:09 ID:bptuh2yAO

2ちゃんの心霊系のオフに参加した時の話です。

 

車は3台あって、私は霊感がある(手品も上手い)Tさんの車に乗せて貰い、スポットをいくつか回りました。
不思議なのはその人の会話です。
話題が霊視になった時、Tさんは「あれはコールドリーディングというテクニックですよ」と言い切りました。
話によると、会話の中からどうとでも取れる曖昧な話をして、相手にその先を喋るように仕向けて、
ヒントを得ていくやり方で、いわゆるインチキだと。

 

「じゃあ試してみましょうか?」とニッコリとほほ笑みを浮かべ、Tさんは喋り始めました。
そして次々と、私の部屋の間取りと置いてるタンスの位置や、カーテンの色を当ててきます。
ただ、確かに曖昧に言って、私に正解を言わせているのが分かりました。

 

 

127 :本当にあった怖い名無し:2009/11/12(木) 06:11:20 ID:bptuh2yAO

「もうちょっと特別なことをしてみる?」
Tさんは妙なことを言い出しました。
私の手を、Tさんの手の上に乗せるように言ってきました。
運転の邪魔にならないタイミングで手を乗せると、Tさんはまた喋り始めたのです。

 

しかも、話を引き出す今までの話し方ではなく、いきなり。
「君のお母さん・・・今のお母さんじゃなくて、生んでくれた方のお母さんの実家、H市のM町の方だけど、今でも縁があるかな?」
私が2才のとき実母は他界して、5才で父が再婚。
実母の記憶はほとんどなく、今の母親を実母のように慕ってて、自分でも実母の事はすっかり忘れてました。
確かに実母の実家がH市というのは知ってましたが、M町かどうかは知りません。
Tさんは続けます。
「来年結婚する前に、お母さんの実家に行ってみてくれんかな?
 おじいちゃんとおばあちゃん・・・特におじいちゃんが会いたがってるよ」

 

 

128 :本当にあった怖い名無し:2009/11/12(木) 06:14:21 ID:bptuh2yAO

私は後日、父にH市の住所を聞いて(本当にM町でした!)、彼氏と行ってみました。
私達は歓迎され、お祝いとして大金まで頂きました。
さらにおじいさんの方は病気を患って、もう長くないとも聞きました。
そこで、あの時Tさんが続けた言葉、
「庭の元井戸があった位置で酒を撒いて、器に入れた塩と水を供えておいで」を実行しました。
初めてのお庭でしたが、Tさんの言う通りの位置に井戸がありましたし、迷いませんでした。

 

それ以降おじいさんは快方に向かい、元気な姿で結婚式にも来てくれました。
Tさんとはオフの後、二・三度会いましたが、結婚後は会っていません。
あの時、「見えない縁の綻びを直せるのが本当の霊視ですよ」と言ったTさんの言葉通り、今は幸せです。





オカルトランキング



267 :本当にあった怖い名無し:2021/05/10(月) 03:15:02.26 ID:yazYMMO90.net
母から聞いた話し
その日は一日中雨が降る梅雨の時期
父と妹が近所の駄菓子屋から帰宅する途中知り合いの家の前を通りかかると、その家の玄関先に奥さんが前を向いて立っていたので父は軽く会釈してその場を後にした。

帰宅した父は〇〇さんの奥さん、傘もささずに玄関先に立っていたよ。会釈してもボーっとしてたなぁ。
と母に話した。
母は驚き本当に奥さんだったのか?と父に確認した。
父はさすがにあの距離で見間違えないと答える。
それでも母は否定する。なぜならその奥さんは現在入院中なのだ。
母は妹に尋ねた。おばさんいたの?と。
妹は父さんが誰もいないところで挨拶してた。と答えた。
その後、その奥さんが亡くなられたことを知る。
家族への別れを告げに来たのかもしれない。


268 :本当にあった怖い名無し:2021/05/10(月) 03:31:11.09 ID:yazYMMO90.net
この話しには続きがある。

それから1~2年後だろうか記憶が曖昧だが
父が町内会から帰路につく途中再びその家の近くを通りかかると電柱のそばから若い男性に挨拶をされた。
その家の息子さんだと気づいた。
父も軽く挨拶を返し帰宅した。

帰宅した父はそのことを母に話した。
息子さんはずっとうつむいて話さなかったけど大人しい息子さんだな。と何気なく話した。

翌日近所で葬式があると母が知るが、亡くなったのは昨日父が会った息子さんだった。
亡くなった日が正確には分からないが父は昨日会ったけど、あの後なのかどうか気にしていた。
死因はバイク事故。




オカルトランキング



657 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/24(日) 02:25:56.34 ID:dt2ImPgN0.net
霊感の強い俺の母の話。

俺の母は霊感が強く、10~30歳の間は特にすごかったらしい。

そんな母が小学生だったある日、学校から帰ってくると父はその時間は勿論仕事、だけど主婦だった祖母(俺からしたら)がいなかった。

まあなにか用があって外出したのだろうと別に気に止めなかった。家にいるのは母とその弟だけ。すると戸を叩く音が聞こえたので、お客さんが来たんだろうと思い戸を開けると、髭を丁寧に整えた、優しそうなお洒落なおじさんが目の前に立っていた


658 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/24(日) 02:27:29.26 ID:dt2ImPgN0.net
>>657の続き

おじさん 「~(祖母の名前)さんいるかね?」

母 「今お母さんは出かけています、何か用があるなら伝えておきますよ?」

おじさん 「いや、ずいぶんお世話になったけど、今日で自分は遠いところにいくからねえ、仕方が無いなあ・・・お礼を言いたかったんだけど、いないかあ、じゃあ伝えておいてくださいね、ありがとうございました」

と言って帰っていったらしい。そのあとすぐに祖母が帰ってきたので、おじさんの特徴と、世話になったと言っていたことを伝えると、祖母は一瞬驚いたような顔をして

祖母 「あら・・・今その人のお葬式行ってたのよ?・・・馬鹿だねぇ、すれ違いになっちゃったじゃない、あの人そういうとこあるのよね」

と笑いながら目に涙を浮かばせていた。

ほんのり怖くて悲しいお話。





オカルトランキング

↑このページのトップヘ