【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 憑き物



743 白蛇の招魂1/4 2006/06/24(土) 02:04:02 ID:fWU+tbEx0 
いつぞやの6月。
その日は相方とロードワークで、○鎚山のふもとのある集落にやって来ていた。 
何でも彼女曰く、「歴史的に有名な史跡がある」と云うから付いて行ったんですが、 
現地に着いて史跡とやらに行くと、まぁ辺鄙な所だった。
木、山、家、木、田、畑、家、川、家、山。
「また騙された」と気付くまでに、大して時間は掛からなかった。 

私の課題は、地元の風土、郷土史に関するモノで、四国中いろんな所へ行く。
ただし、いつもオカルトチックな場所ばかり。
先日も、古代人の霊が出る鍾乳洞とやらに行ってきた。
元来ビビり性な私が、好き好んでそんな所に行ったりはしないのですが、
研究室の相方や助教授が画策して、心霊スポットばかり行き先に選ぶ。
そんな話。 


744 白蛇の招魂2/4 2006/06/24(土) 02:07:13 ID:fWU+tbEx0 
棚田の坂を登りながら、相方は史跡にまつわる話とやらをしてくれた。 
「――かつて、この地で大暴れした白蛇の精がいた。
 普通、白蛇といえば、神の使いだとか守り神だとか相場が決まってるが、
 相当の荒神だったらしく、村々にい多くの災いを振り撒いた。
 その時、集まった石鎚山の山伏達が、死闘の末これを封印したのだという。 
 大正10年9月12日の出来事だった――」
「えらく最近だな。日付もハッキリしてんのかよ」 
「ソレを封印した塚の跡が、此処なんよ」
指差す先には、盛った土の上に鏡餅状に石が3つ置いてあるだけの、しょぼくれたモノだった。 
とても何かを封印しているとは思えない。
「何もないんだけど」
「塚の跡って言うたやん。
 先の戦中のうやむやで、よく分かってないんちて。
 誰かが塚を壊して封印を解いちゃったんだとかで、コレはその塚の名残だけ。
 今では、白蛇の精は自由に動き回ってるんだってサ」
「それはヤバいんじゃないのか?」 
「まぁ、一度封印したときに前牙を抜いちゅうとかで、力はかなり弱くなってるんだけど。
 ただ、今でもこの塚周辺の家では、白蛇の瘴気に当てられた子が生まれて来るんだちて。
 犬神憑きならぬ蛇神憑きの子が。
 発症すると、舌が異常に長かったり、ウロコが出来たり、
 階段を這いつくばって昇り降りするようになるっちゅう」
「それは・・・一生そのままなん?」 
「ん―簡単に治せるらしい・・・いや治すのとは違うか」
「治すのと違うとは?」 
「伝染(うつす)んだよ。他人に」


745 白蛇の招魂3/4 2006/06/24(土) 02:09:01 ID:fWU+tbEx0 
そう言うと相方は、足元に落ちてる枝を拾って、地面にカリカリしはじめた。
蛇憑きの者に般若心経を唱えてやると、たいそう苦しむらしい。
ただ、たんに苦しむだけで、蛇は消えてくれない。
放っておくと、憑かれた者自身、その内衰弱死してしまう。
だが、お経を聞いて苦しんでいる時に、じっと視線を合わせてやると、
たまらず飛び出してきて、眼を合わせたその人に伝染るんだという。
かわりに抜け出たおかげで、元の方の害は消える。 
だから、白蛇憑きの子が生まれると、老人が身代わりになるんだという。
「・・・生い先短い順にね」
「じゃあ、もしいっぺんにたくさん生まれたとしたら?」
「周りの家々で交代で伝染つしていくらしい。
 なんでも、長い間憑かれると剥がれなくなるから、一年とか半年周期で。
 死にそうな者が出るまで、回していくんだってサね」
「なんか凄い話やな・・・その、二重人格とか、集団ヒステリーとかじゃあ?」
「まぁ、大抵の事はそれで説明がつくんだろうね」
そうだ、うそ臭い。 
大体、何でそんな話こいつが知っているというんだ―― 

「じゃあ、試してみる?」
相方は親指を立てて、『お前ら表へでろ』のポーズをとった。 
指の先、塚の真後ろには、立派な蔵のある家が佇んでいた。
「今年はこの家が“持ち回り”なんだ。奥行って会ってくるといい。 
 ―――ちなみに、ウチは遠慮しとくよ」
私は、「すいません。勘弁して下さい」と言う他なかった。


746 白蛇の招魂4/4 2006/06/24(土) 02:10:38 ID:fWU+tbEx0 
相方はにっかり笑って、
「まぁ、本人に聞かんでも話は聞けるサ。
 なんせここの老人で、憑かれた事のない者は一人も居ないんだから」

その後、畑仕事をしているお爺さんに出くわした私は、先程の話をおっかなびっくり聞いてみた。 
お爺さんは、「しらはぶのしょうこん(白蛇の招魂?)か、そりゃ有名よ」と、にこやかに答えてくれた。
ただ、「どこから来たんか?まぁ、茶でも上がっていけいな?」と、なぜかやたらと自宅に招こうとする。 
老人の誘いを丁重にお断りした私と相方は、逃げるように集落を後にした。 

お爺さんが腰にぶら下げていた鉈(ナタ)が、鈍く光っていて怖かったからではない。 
「家でゆっくり話し聞かしたるけに」
そう言いって麦わら帽子を脱いだお爺さんは、にっかり笑った。 
その禿げ上がった頭には、びっしりとウロコ状のアザがあって――――



☜1日1クリックの応援お願いします



152 :名無しさん :2014/04/09(水)22:17:10 ID:5Bwu3djFH
オカルト未満つーことで、こないだ雑貨屋で買い物してるときの話。

おれが並んでる商品見てると、ある商品に目が留まった。
次の瞬間、急に意識が遠くなる感じがした。視界の周りに黒いぼや~とした、回想シーンみたいなのが見えてな。
あれ?なんか体がおかしいと思ったら、その商品に向かって手が勝手に動きだした。
んで、ぼーっとしながらも『これを手に入れなきゃならない…』ってはっきり思ったんだよ。
んで、手が商品に届きそうになったとき、耳の近くでぱちんって手を叩く音がしたと思ったら、意識がはっきりした。
あれって思って、周りを見ても誰もいない。確かにねこだましくらしの近さで手を叩く音がしたのに。

当たり前のことだが、おれは財布を拾ってもきちんと届けるし、万引きなんてとんでもない。
特にストレスのある環境でもないし、盗癖なんてない。
しかし、あの手を叩く音がしなかったら、万引きするところだったよ。
あれが魔がさすっていうことなんだろうか。
世の中には人に憑いて魔をささせる何かがいるんだろうか。
そして、後ろで手を叩いてくれたのはなんだったんだろうか。


☜1日1クリックの応援お願いします



843 :親父と俺と滝川と ◆f40UCIeGgM :2008/07/01(火) 22:32:08 ID:6D1Pyav60 
会社の先輩の親の七光り野郎が、意外にもいいヤツだった話。 

現場からはちょっと嫌われてるが、基本的に丁寧で真面目な先輩はそこまで評判は悪くない。 
あんまり繋がりのある部署じゃないけど、最近ちょっとしたことで仲良くなった。 
現場でケンカがあって、明らかに弱そうな先輩が止めに入って、
片方の荒くれ者に一発殴られてから 、先輩の空手が炸裂してえらいことになった。 
現場のケンカしたアホの事情聴取と、病院つれてったりすることで仲良くなって、
事務所の二階にまつわる話をきいた。 

半年ほど前に、先輩は親父さんのツテで入社した。
先輩がきたころは、事務所の二階は夜は立ち入り禁止で、出るとこだったそうだ。 
んで、聞くとどうやら、でかくて丸い気持ちの悪いものがいるそうで、お局様もビビってるくらいだった。 
先輩は七光り入社の人で、今はいなくなった元責任者に、夜にそこの整理しろといじめられた。 
先輩は普通にやりとげたんだけど、そこであった話。 


844 :親父と俺と滝川と ◆f40UCIeGgM :2008/07/01(火) 22:32:30 ID:6D1Pyav60 
先輩が言うには、「お化けも話したら分かってくれた」といってるけど確実に違う。 
その化物っていうのは、なんだか卵に手足の生えた肉の塊みたいなもんで、
見たら悪いことが起こったりして、なんかあった人のほとんどが辞めてたそうだ。 
先輩は二階の整理を深夜にやってたら出てきたので、
最初は蹴ったりしてたけど、後には説得して成仏してもらったと言ってた。 

夜中までよく仕事している、事務員のお局様と夜勤の連中に聞いたら、本当のことが分かってきた。 
先輩のやったことは、乱雑なものを整理してゴミを捨てる。出てくるものを七光りの特権で捨てまくる。 
んで、奥から、なんか動物のミイラみたいなものとか、神棚みたいなものとか出てきた。 
駐車場で容赦なく焼く。
それやり始めてから、先輩の後ろで、その化物らしきものがついてまわるのが目撃されてた。 
深夜の二階事務所から変な声が聞こえるようになる。
お局様が見たことによると、先輩が掃除してたら、先輩の隣にいつの間にか着物着た女がいて、
レンチみたいなもので、化物をボコボコにしてたそうだ。
お局様はヤバいと思って、すぐにそこから逃げた。 

今日、それを先輩に言ったら、「なんか憑いてるらしい」って言ってた。 
悪い人じゃないんだけどなんか怖い人で、そういうのも関係してると思うけど、とにかく化物はでなくなった。
「陰陽師ですね」ってからかったら、
「あれは河童だ。意外と綺麗な女らしいぜ」とか言って先輩は笑ってて、なんだかゾッとした。 

多分、先輩に憑いてるんはあんまりいいもんじゃない。
先輩とはだいぶ打ち解けたのもあるけど、先輩は体に欠損がある。「河童に取られた」と言ってた。 
深入りしたらまずい気がしたけど、なんか喋りたくてたまらないからここに書く。 
悪い人じゃないんだけどなあ。


846 :本当にあった怖い名無し: 2008/07/01(火) 22:55:37 ID:q1bo2PLY0 
>>844滝川氏、お久し振り。元気でやってそうで何より。 

えっと、早速オカルトな職場でwktkのようだけど、 
『着物着た女』っていうのが、その先輩に憑いてるモノで、 
それが神棚の主?(化物)をフルボッコにしてた、ってこと? 
で、あまりタチの良くないものらしい、と。 


847 :親父と俺と滝川と ◆f40UCIeGgM :2008/07/01(火) 23:10:05 ID:6D1Pyav60 
分かり辛かったよな。
美女河童は先輩の体の一部っていうか、書いてバレたらやなので書かないけど、 
とにかく取っていってるけど、守ったりもしてるらしい。 
肉か卵かわからない化物が、事務所の二階に住みついてたヤツ。 
元々住んでた化物っていうのも、なんか事情があるらしいんだけどな。


☜1日1クリックの応援お願いします


190 :本当にあった怖い名無し:2007/11/06(火) 20:36:17 ID:RoZI7CVm0
まだ上京していて学生やってた頃の話です。

その日は夏休みでバイトも休みだったので、昼まで寝ていましたら、母から電話がなりました。 
何やらエライ事が起こったとの事。

姉の友人の当時の彼が、心霊スポット巡りが大好きな人だったらしく、
もう何回もお祓いを受けたりしてるのに、性懲りもなくまたそういう場所に行った後でした。
姉の友人とその彼が、彼の部屋にいると、
彼が「なんかオルゴールの音がしないか?」と言い出したのです。 
ふざけているんだと思った姉の友人は、「しないよ~!やめてよー」とか言っていたのですが、
あまりに真剣に「いや、する。絶対」と言い張るので、部屋中あさったのですが音の主は見つからず。
何だか気味悪くなって、気のせいという事にして寝ようとしたのですが、
彼が「どうしてもオルゴールの音がする」と言って落ち着かないのだそうです。
もう姉の友人は怖くてたまらなくて、彼をなだめつつなんとか寝ようと目を瞑っていました。

トイレに行きたくなったらしいのですが、我慢していると、
トイレの窓に、ベッタリと顔をつけた女の顔が浮かんできたそうです。
その時、彼が姉の友人の手を握りました。
きっと怖くて握ったのだろうと思ったのですが、次の瞬間に、彼の手ではない事に気づき、
もうそこで我慢できなくなって、姉の友人は家を飛び出したそうです。 
そして姉に電話をし(我が家はこういう事が多いので)、姉は母に連絡をつけ、
その日は朝までデニーズで過ごしたそうです。
朝になり、それぞれ家に帰り、母は誰もいない部屋で昼寝をしていたらしいのですが、
物凄いラップ音が部屋中でしたそうです。 

そこで私に電話をしてきたみたいなのですが、
その話が終わる頃に電話の向こうから、『キャハハハハハハハ』と女の高笑いが聞こえてきました。
母にも聞こえていたそうです。
『電話なんかでこの話をしなかった方が良かったね。今度あんたのとこに行くから』
と電話をきりましたが、これが始まりだったのです。


211 :本当にあった怖い名無し:2007/11/06(火) 21:56:19 ID:RoZI7CVm0
その電話があってから、家に一人でいるとラップ音がし、金縛りも毎晩、
その間、女の笑い声が延々聞こえてくるのです。
横向きに寝てたりすると、後ろから女の手が抱きついていることもありました。 
金縛りなんかは正直慣れっこで、腹筋に力を入れてちょっと念じればすぐほどけるのですが、
今回はそれも効果がありませんでした。 

かなり強いのがきてしまったな…と思った時はもう遅く、精神的にもおかしくなっていました。
霊障によるノイローゼとかではなく、いわゆる取り憑かれてるという状態です。
親から電話がかかってきてもとらず、家まで来ても居留守をつかい、まったく会う気にもなりませんでした。
学校も行かなくなり、一歩も家から出ずに、何に関しても悲観的になってしまい、
ついには自殺願望まで芽生えました。 
毎日悶々とベッドの中で、どうやって死のうか、などと考えているばかりでした。

しかしその片方で、冷静で、また、そういうものと闘わなくては、と思う自分がいて、
(不思議なのですがこの時は、もう一人の自分が体の中にいるような感じでした)
”取り憑かれてる”というのも自覚していました。 
いまになって思うと、悪霊などに取り殺されるというのは、
こんな風に自暴自棄になって、自殺してしまうのだろうなと思います。 
精神科とかに行けば、鬱病だと確実に診断されたでしょう。 

そんな毎日の中、いつもの様に金縛りに合いましたが、
右耳ではいつもの女の高笑いが聞こえ、左では男性よりも低い声で念仏を唱える声が聞こえました。
そしてフッと金縛りが解け、その頃にはもう朝だったのですが、すごく疲れて眠りにつきました。

夢を見ました。
亡くなった祖母が出てきたのです。
そこは海で、すごく静かでした。
海と砂浜と空がただひたすら続いているだけなんですが、強烈な青とかでなく、淡い灰色がかった色合いでした。 
その海で、祖母は生前会いに行くと「よく来たねえ」と言ってぎゅっと抱きしめるのですが、
そんな風に笑顔で私を抱きしめました。 

目が醒めた時、涙が流れていました。 
そして、今すぐ祖母のお墓に行かなくては、と思い立ちました。 


219 :本当にあった怖い名無し:2007/11/06(火) 22:09:06 ID:RoZI7CVm0
その日のうちに、ろくに支度もせずに家を出ました。
祖母のお墓は日本でも有名な大きなお寺の中にあるので、お墓参りの際にお寺参りもしました。 
お墓参りしなくては、と思ってはいたものの、正直実家に帰るつもりはなかったのですが、
お寺から帰る際に、実家に寄らなくてはと思いました。 

母は私を心配していました。そして、自分が今までどういう状態だったか話しました。 
多分私は、「そういうものの影響を受けやすいのだろう」と母は言いました。(今はだいぶ強くなりましたが) 

そして間もなく、私は実家に帰る決意をしました。
大学は、その時に休み過ぎた為に退学になりました。 
いま現在の私の人生において、その時が一番の闇であり、失ったものは多いのですが、
(大学が退学になった他に、友人も何人か失いました)
それでも、あの時衝動に負けて自殺をせずに済んだだけ良かったと思います。 
あの時は、大事な命を亡くなった祖母が守ってくれたのだと。
いまもどこかで見守ってくれてる気がします。


222 :本当にあった怖い名無し:2007/11/06(火) 22:14:12 ID:RoZI7CVm0
>>219追記です 

祖母のお墓参りした後から、女の気配はなくなりましたが、
私がおかしかった頃、姉もまた自殺未遂をしたり大変だったそうです。
そして、事の発端になった姉の友人とその彼は、
「もう女にもすっかり慣れた」と言って、共存してるみたいです。
いまでは姉も全く連絡を取らなくなったので、どうしているかわかりませんが。


☜1日1クリックの応援お願いします



398 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2005/09/06(火) 00:19:36 ID:n7cId/m00
同僚の話。 

彼は地元の消防団に参加しているのだが、以前に団員仲間で狐に憑かれた者がいたのだという。 
いや、実際に狐かどうかはわからないのだが、
団の中の物知りが「あれは狐だ」と断言してから、狐ということになったのだとか。 
普段は別に変わるところはなかったが、一たび中の狐が目を覚ますと、甲高い奇声を発して暴れ回ったそうだ。 

信じられない怪力を振るい、獣じみた動きをするだけでも大変だったのに、加えて不思議な神通力まで発揮した。 
手を触れることなく、身の回りの物を空に飛ばすのだ。 
かなり重量がある物まで飛ばしており、取り押さえるのが一苦労だったという。 

特に夜回りの時、中身の入った鍋ごと吹っ飛ばされたのは大事だったとか。 
彼が夜警から帰ってくると、皆で哀しそうな顔をして始末をしていたのだと。 
猪肉が一枚だけ天井に張り付いていた光景が、どうにも忘れられないそうだ。 


399 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2005/09/06(火) 00:20:12 ID:n7cId/m00
なぜか狐憑きが出るのは、団の活動中だけだった。 
腹立たしいことに当の本人は、暴れている間の記憶がまったくなかったらしい。 

そんなこんなで手をこまねいているうち、大きな山火事が発生してしまった。 
猫の手でも借りたい時だということで、仕方なく憑かれた彼も動員された。 
団の者は「中の狐さん、頼むから暴れんでくれよ」と祈ったという。 

団の受け持ち場所は、変電所の近くだった。 
「筒先に注意しろ。電気が近いぞ!」注意と檄を飛ばし、消火活動に移る。 
皆が忙しく動き回る最中、ホースの先端辺りで騒ぎが起こった。 
どうやら高電圧のキュービクルに水を掛けた粗忽者がいたらしく、当たり前のように感電してしまった様子。 

「注意しただろうが」慌てて駆けよったが、何やら様子がおかしい。 
そこの皆がぐるり輪を作ったまま、凍りついたようにピクリとも動かない。 
何かキラキラ光る煙が立ち上っていた。 
それが激しく捩れる様は、まるで苦しんでいる生き物を連想させた。 
煙は人の輪の真中、倒れた隊員の身体から抜け出していたという。 


400 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2005/09/06(火) 00:20:53 ID:n7cId/m00
すぐに煙は掻き消えた。 
我に返って倒れた団員を確認すると、例の狐憑きだった。 
何となく「あぁやっぱり」と思ってしまったそうだ。 
倒れた団員は、すぐに病院に運ばれた。 
検査では何の異常も見つからず、やがて目を覚ました彼はピンピンしていた。 
「感電したのはあいつじゃなくて、中の狐だったんだな」 
皆が皆、そう考えたのだという。 

電気ショックの効果なのか、それ以降は狐憑きは出ていない。 
「今度狐に憑かれた奴が出たら、即座にビリビリだ」 
団長がそう宣言してから、団員は狐が来ませんようにと祈っているそうだ。


☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ