【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: VSシリーズ




596 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 19:07:58.71 ID:Ke+rxmhF0
ネタ投下しに来たらまさかの被りだと…
払い屋のお婆ちゃんのお話した者ですん
さとりの裏をかいたお話

いつも術を使うために使っている薬草を取りにいくために、
婆ちゃんはよく山に入る。
ある日、にわか雨に遭ってしまい、
近くの山小屋で雨宿りをしようとした。

そこに「さとり」がいた。
毛むくじゃらで、猿のような外見をしているそうで。
山小屋に入ると、そいつがどっかりと腰を降ろしていた。
「さとりだな、と思ったな」
そうしわがれた声で云う。
「どうやって退治しよう、と思っているな」
さとりは婆ちゃんとの間合いを詰めてきた。
だが婆ちゃんの方が上手だった。
素早く拳でフェイントすると、反対の手で思いっきり殴った。
心を読めるとは言え、フェイントに対して反射的に顔を
手でガードした所為で、二回目の拳をかわせなかった。
そのまんまタコ殴りにしてKO。
婆ちゃんはさとりを山小屋の外に放り出して、
皮膚の一部をはがしてしみる草を塗った。
さとりはひいひいいって山へ帰って行ったそうな。
  
597 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 19:19:46.59 ID:PCk0K0sXO
お婆様、相変わらず素晴らしい鉄拳制裁
  
599 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 20:13:33.50 ID:7SXp+SdG0
婆さん肉体派過ぎるwww
  
604 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:26:07.97 ID:lgGlzypE0
>>596
心を読まれようがなんだろうが強引にぶちのめすとは、すげえ斬新な戦術。
目からウロコが落ちたわ。
  
605 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 22:33:41.07 ID:ZeZinaZo0
>>604
幽々白書の「右ストレートでぶっとばす」を思い出した
  
607 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 23:36:11.34 ID:Ke+rxmhF0
>>604
婆ちゃんいわく、
「さとりの動きは野生の犬ころぐらいとろいからなんとかなった」
とか。
  
608 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 23:55:13.42 ID:u5QRPUdkO
野生の犬がトロいのか…
やっぱ婆ちゃんオソロシスw
  
609 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/04(土) 23:55:23.04 ID:CQLWedh4O
野生の犬って素早くないか?
  
610 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/05(日) 00:35:02.34 ID:vqcUp1MoO
飼い犬だってそれなりに速い
  
611 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/05(日) 01:16:44.29 ID:uFeTZ+GhO
なんかもうさとりの方が哀れに見えてくるw
  
638 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/06/06(月) 08:28:44.61 ID:l/SBTuDjO
>>596
お前のバーちゃん、友人帳もってねえか?
  
  




☜1日1クリックの応援お願いします



764 :本当にあった怖い名無し:2011/09/25(日) 20:00:05.81 ID:9evYXBnq0
20年以上前、うちの爺さんの話。
爺さんは近所の山で野鳥の写真を撮るのが趣味だった。
ある日、山から戻った爺さんをみて皆驚いた。
背中に大きな切り傷があり血まみれ、全身擦り傷だらけで服はぼろぼろ。
右手の小指が折れており、変な方向に曲がっていた。どうしたのか、と尋ねると、
「それがよう、山でよう、バケモンと一戦交えてきたんだよ、危なくやられるとこだった」
という。家族全員呆れたが、話を聞いてみた。

爺さんはいつものように山奥に入り野鳥を探していた。
切り株に腰掛け、弁当を食べ始めると、背後に気配を感じた。
振り向く前に何かで背中をバッサリ切られ、ものすごい力で押し倒されたという。
それはフーッと深く息をしている。
茶色の毛むくじゃらで、頭が大きく角はない。
爪がとがっており、前足で威嚇しながら二本足で立つ、見たこともない獣だった。
爺さんは逃げ切れないと判断し、応戦した。
山用のナイフを持っており、それを武器に取っ組み合ったが、形勢不利だった。
なんでも、獣の体に何か所かナイフを突き立てるも、相手はなかなかひるまず、
鋭利な爪で次々と傷を受け、爺さんは半ば死を覚悟したそうだ。

すると、どこからあらわれたのか、男がいつの間にか獣の背後におり、
両手で振り上げた石で獣の鼻先を殴りつけた。
獣はあわてて逃げて行ったという。
男は非常に汚らしい格好で、頭髪は薄いがひげの濃い、そして異様に手の長い男だった。
男は助けてやったんだから礼をしろ、と開口一番爺さんに言った。
特に酒とたばこ、味噌がほしいと言う。
爺さんは快諾し、ふもとに戻り有り金はたいて買い物をすると、男のもとに戻った。
男は切り株に座り爺さんのお弁当を食べ、カメラをいじって遊んでいた。
男はお礼の品に喜ぶと、
「また何か困ったことがあったら手土産を持ってここに来い」
と告げると早足で去って行ったという。

家族は誰も信じていなかった。

765 :本当にあった怖い名無し:2011/09/25(日) 20:01:37.22 ID:9evYXBnq0
そのあと、爺さんはろくに傷の手当をしなかったため、傷口から化膿し炎症にかかり救急車で運ばれる羽目になった。
病院でも同じ話をしたが、やはり誰も信じてくれなかったとか。
俺は信じていた。
一人っ子だったおれはじいちゃんっ子で、よく遊んでもらっていた。
母に禁止されていたが、おれはこっそり爺さんに山にも連れて行ってもらっていた。
爺さんは山に行くたびにお土産と称してワンカップの酒を持っていき、例の切り株に置いていた。
「あのヤローも多分バケモンだろ、でも恩人だからな、義理を通さないとな
それにな、こうしてここに置いておくと、次来たときにはなくなってんだよ
あいつも俺やお前の親父とおんなじで酒飲みなんだよな」
と語っていた。

あの獣について聞くと、
「あん時はやられたが、もうだいじだよ あいつの急所は鼻だってことはわかってるからな、次に見たらぶっちめて俺たちで新聞屋に売ってやろうぜ」
と言う。
しかし、あの獣や男にはそれ以来会うことはなかったようだ。

爺さんは遺言状を残していた。
爺さんの死後、それを開封すると
遺産や身辺整理などの本題以外に、俺に名指しであの山についての頼みごとが記されていた。
それは、
山にありったけの土産を持っていき、あの切り株に置いてこい
そして俺が死んだということ、俺の家族を守ってくれということを伝えろという内容だった。
皆呆れたが、まあ遺言を無下にするのも、ということで俺が代表していくことになった。
俺は友人数人に手伝ってもらい、たくさんの酒、たばこ、味噌を持って行った。
爺さんの遺言通り手紙を添えた土産を置いて俺は山を下りた。
山はそれから何年も経ったあと、開発され、ゴルフ場やリゾート施設が建った。
観光地向けの自然はきれいに残されているが、実態はゴミだらけの汚い山になってしまった。

熱心にリゾート誘致していた地元は喜んでいる。
でも、爺さんが見たら嘆くと思う。
あの切り株があったあたりももう跡形もない。
男はどうしているのだろうか、たまに思い出す。




オカルトランキング




923 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/07/04(土) 14:54:34.76 ID:F7Y7vHzo0.net
以前、友人(女性)の周りで毛むくじゃらバトルが勃発していた。

発端は彼女から、
「近くにそれらしき物は何もないのに、体に毛布が当たったような感じがする。
病院で脳の検査を受けてみたが異常はなかった。どうすればいいだろう」
と相談された事だった。

仕事中だったり、あるいはスーパーで買い物している時だったり、体にモフッとした何かがぶつかる感覚がするのだという。
そしてその現象は決まって空腹を覚えた時に起こる。
体に異常がないのなら心霊現象なのかもしれないが、私も友人も視える訳ではないので何ともしようがない。
母に相談したら、旅行ついでに神社へお参りに行ったら?気分転換にもなるし、と。

旅行中に立ち寄った小さな神社で、
境内を掃き掃除中の神主さんが梅干しでも食べたような表情をして私達から顔を背けた。
唇を固く結んで肩を震わせながら咳き込み、
明らかに笑いを堪えている。
もしやと思い話を聞こうとして近寄ったら、「ンフゥッ」と変な声を出されてしまった。

社務所でお茶を頂きながら神主さんに伺った所、
ボクシング用の赤いグローブを付けたタヌキと、青いグローブを付けたアライグマが殴り合いの喧嘩をしている。
どちらも丸々肥えていて非常に暑苦しい。
「毛深すぎて分からない」との事で性別は不明。


924 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/07/04(土) 14:55:48.47 ID:F7Y7vHzo0.net
殴り合いといってもお互い四足歩行の生き物、
後ろ足でバランスを取る事に必死なため渾身の一撃すら滅多に当たらず、運よく当たったとしても大したダメージにはならない。
喧嘩がヒートアップするにつれ友人の肩から頭上、腰、足元と移動していき、時折彼女の体にどちらかの尻尾や尻がぶつかってしまうのだという。
友人を悩ませている現象の正体はそれだった。

そして喧嘩の原因は「何を食べるか」だった。

普段は仲睦まじい二匹だが、食べ物の好みが微妙に違う。
例えるならこし餡派とつぶ餡派のような、些細だが根深い問題。

タヌキ「これがいい」アライグマ「あれがいい」→食い意地の張っている二匹はどちらも譲らない→戦じゃああああああ

大まかに言えばそんな図式だそうだ。
守護霊のようなものですか?という問いに対しては、
「きっとそうなんじゃないかな。僕にはよく分からないなあ。神主だからね」とのお言葉。

なんとも言えない気分のまま旅行から帰って数週間後、友人から連絡があった。
暫くは相変わらずの状態だったそうだが解決したらしい。
曰く
「喧嘩やめないなら私ダイエットするからね!毎日玄米とササミと野菜だけにするから!って言ったら起こらなくなったよ」

旅行から半年程経った今、稀に例の現象が起こるものの「ダイエット」と呟けばすぐに収まるようだ。


932 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/07/04(土) 16:29:04.85 ID:iLZdo5ig0.net
何故タヌキとアライグマなのかは分かりません。
友人は以前カナダに旅行した事があり、向こうには沢山アライグマがいるよと話してくれたのですが、
轢かれていたのを助けたり餌付けしたりといった出来事は一切なかったようです。
タヌキも同様で、野生動物を目撃する程度との事。

神主さんが言うには、尻尾が縞模様で眉間に黒い筋がある、明らかにアライグマだと。
ムジナが化けていたりするんでしょうか。



オカルトランキング



752 :その1:2006/05/09(火) 15:24:19 ID:vLr5R34S0
 
昔俺は横浜に住んでたんだけれども、俺が厨房の時の話。

親父が教会の神父やってたの。神父にしては結構ざっくばらんな性格で、結構人気もあったんだ。
まぁ俺なんて信心深いほうじゃないし、一家の決まり事と言えば食事の前に軽く祈るくらい。
んで、割と平穏な日々が続いてた。


752 :その1:2006/05/09(火) 15:24:19 ID:vLr5R34S0

ある日、姉貴がアンティークショップで、ファッション雑誌くらいの大きさの古書を買ってきたんだ。
この姉貴が結構なオカルトマニアで、その手の物に目がないわけ。
何か買ってくる度に親父は、「聖職者の娘がこんな趣味に走って洒落にもならん」的な事を愚痴ってたんだ。
中には数点、結構やばい物もあったらしく、親父が「これは今すぐ返して来い、処分しろ」と注意する事も度々あった。
今回買ってきた物も、どうやら洋書のオカルトめいた本らしかったんだ。(姉貴は英語堪能)

早速買ってきたその夜、俺と姉貴で(俺も無理やり付き合わされた)、『悪魔を呼び出す方法』ってのをやってたんだ。
30分くらいやってたかな。
特に何も起こらなかったので、興冷めして2人でTVでも見る事にした。

んで夜になって、家に親父が帰ってきた。
開口一番、「何だこの獣の匂いは?犬でも連れ込んだのか?」
そう言うと、姉貴の部屋から匂いがすると言って、部屋に入るなりその洋書を見つけた。
「00子(←姉貴の名前)、ちょっと来い!!」
親父は凄い剣幕で怒鳴り、姉貴と俺は急いで姉貴の部屋へ向かった。

「…00子。お前これがどんな物か分かってるのか?」
「いや…ただの交霊術の本でしょう?」
「馬鹿野郎!!この本のカバーは本物の人皮だし、書いてある事は全部邪悪な黒魔術だ!!
 良いか?ただの黒魔術の本なら対して害はないが、
 これは恐らくアンチキリストの教団か人物が、本気で呪いを込めて作った本だ。
 普通人皮なんて、本当に使おうなんて思うヤツは滅多にいるもんじゃない…すぐに処分する!!」
そう言うと親父は本を取り上げて、家から少し離れた教会へと戻って行った。


753 :その2:2006/05/09(火) 15:25:35 ID:vLr5R34S0
 
1時間ほどして親父は家に戻ってきた。
「獣の匂いがまだ消えてない…お前らまさか、本に書いてある事を何かやったか?」
姉貴が渋々白状すると、親父の平手打ちが飛んだ。親父の暴力は初めて見た。
「オカルトにはまるのは別に良い。だが自分が実行してどうする!!
 お前は賢い子だから、知識を得るだけで満足出来る子だと思っていたが…」
そう言うと親父は、泣く姉貴に「明日0輔(←俺の名前)と一緒に教会に来なさい」と言って、その日の話はそれで終わった。

その夜の事。トイレに起きた俺がボーッとしてると、誰かが家の中を歩き回る音が聞こえた。
親父か姉貴だろと思い、大して気にしなかったんだけど、玄関のチャイムが鳴った。3回。夜中の3時過ぎだ。
こんな時間に尋ねて来る人なんていない。俺は玄関に見に行ったんだけど、誰もいない。
部屋に戻ろうとすると、今度はトイレの『内側』から3回ノックの音が。すぐさま調べたが、誰も入ってない。
今度は台所から「ピシッ」という乾いた音が3回。
流石に怖くなってきた所、親父が2階から降りてきた。
「悪魔は3と言う数字を好んで使う。心配するな。まだ進入段階だから。制圧段階に移る前に…」
「ぎゃぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁぁぁぁぁッ!!」
親父の言葉を遮るかの様に、2階の姉貴の部屋から絶叫が聞こえた。
俺と親父は急いで姉の部屋へと駆け上がった。
ドアを開けた。姉がいた。
一瞬、何なのかよく分からなかった。姉貴の様な姉貴の様でない物がいた。
姉貴はベッドに座ってこちらを見ていたが、何かがおかしかった。
数秒経って気がついたんだけど、目が全部黒目だった。舌を出していた。長すぎる。
わけのわからない言葉でわめき散らしていた。
「進入段階をこんなに早く終えて、制圧段階に移行するなんて…
 0輔!!00子を今すぐ教会に連れて行くから手を貸せ!!」
親父の命令で俺は、姉貴が暴れて傷つかない様に手足を縛り、姉貴を担いで車庫に置いてあるランクルへと急いだ。
車内でも姉貴は暴れに暴れ、取り押さえるのがやっとだった。
運転する親父に俺が「取り憑かれたの??」と聞くと、「そうだ」と言い、
「叫んでるこれ、何語??」と聞くと、「正確なことは言えんが、十中八九ヘブライ語」と答えた。


755 :その3:2006/05/09(火) 15:29:11 ID:vLr5R34S0
 
教会に向かう途中、ランクルで3回黒猫を轢いた。
信号が青になったばかりなのに、すぐ赤に変わったりした。3回エンストした。
親父は冷静に運転し、何とか教会についた。

暴れまわる姉を教会の椅子に縛り付け、親父は奥の部屋から色々な道具を持ってきた。
「まさか、映画とかでやってるような悪魔祓いやんの?やったことあんの!?」
「1度だけある」
「成功したの?」
「その時1人じゃなかったんで、上手くいったと思う…」
「俺に手伝える事は」
「人間の霊じゃないんだから、迂闊な事はするな。00子の後ろに立ってろ。
 もし万が一ロープを引きちぎったりしたら、すぐ押さえつけろ」
そう言うと親父は、よく映画で見るような「父と子と精霊の~」的な事を読み上げて、姉貴に聖水を振り掛けたりしていた。
聖水が顔にかかる度に姉貴は凄い形相で吼え、
「あの女が承諾するからいけないんだ(イエスを身ごもったマリアの事?後で親父が教えてくれた)」とか、
「あいつが死んだりしなければ、俺たちは王になれたんだ(死んだイエスの事?これも後で親父から)」
などと叫んでいたらしい。(ここは何故かラテン語だったそう)

30分ほどたっただろうか。ふと姉貴が我に返った様に、「お父さん、助けて!!」と叫ぶようになった。
俺が姉貴に近づいて話しかけようとすると、
「エクソシズムの最中に、悪魔に話しかけるな!!00子かも知れんし、悪魔かも知れん。無視しろ」
と親父が注意した。

そして親父は、必死に悪魔の名前を聞き出そうとしていた。名前が分かれば悪魔の力が激減するらしい。
親父も俺もビッシリ汗をかいていた。姉の口からは糞尿の匂いがした。
「汝の名を名乗れ!!」
「lmvdじthつbhbんgfklbんk(←意味不明な言葉)」
「聖なんとかかんとか(←うろ覚えすまん)の名において命ずる、汝の名を名乗れ!!」
「い一ーーーーーーーーーーーっいっいっいーーーーっ」


756 :その4:2006/05/09(火) 15:30:23 ID:vLr5R34S0
 
親父が、聖遺物のキリストが死後包まれた布の断片を、
(親父も本物かどうかは知らんと言ってたが、効果があったので聖なる物には間違いないかも)
姉貴の額に押し付けたとたん、
黒目の姉が、椅子をロープごと引きちぎって叫んだ。
「お 前 ら は 8 月 に 死 ぬ ! !」
それと同時に、教会の窓という窓が、
「コツコツコツコツコツコツコツコツコツコツコツコツコツコツ」と鳴り出した。
何かと思って見たら、窓の外にカラスがビッシリ。嘴で窓をつついていた。
この真夜中にカラスが一斉に行動するなんてありえない。
流石に限界だった俺は、多分眠るように気絶したんだと思う。

気がついたのは深夜の緊急病院。
どうやら姉は脱臼してたので、あの後すぐに親父が病院に連れて行ったらしい。
俺は軽い貧血と診断されたようだ。

「姉貴に憑いてたヤツはどっか消えたの?」
「ああ、今のところはな」
「また来る?」
「来るかもしれんし、来ないかもしれん。あっちの世界に時間軸はないから」
「8月に死ぬ、って怖くない?」
「思ったより短時間で済んだんで、そんなに強い悪魔じゃなかったんだと思う。
 下級なヤツのつまらん捨て台詞だ。気にすんな」


758 :終わり:2006/05/09(火) 15:31:24 ID:vLr5R34S0
 
「結局の所、悪魔ってなんなの??」
「分からん…分からんが、ああいうのがいる事は確かだ。
 1つお前に言っておく。
 今回はまだ憑依の途中だったんで、00子の人格がまだ残ってたから上手くいった。
 将来お前が神父になるとは思わんが、もしも(完全憑依)されたヤツに出会ったら、その時は…」
「その時は?」
「逃げろ!!」

その後、姉貴にも俺にも変わった様子もなく、8月に家族の誰も死ぬ事もなく、普通に暮らしていた。

3年前。出来ちゃった結婚で姉貴が結婚した。
その子供の体に666の刻印が…なんてオチはないが、3歳になった息子が先日妙な事を言ったのだと言う。
「ママ、海に行くのは止めようね」と。




オカルトランキング




小学校低学年の頃の話

お盆の頃、うちの両親に用事があって、オレはじいちゃんの家にしばらく預けられることになった。

じいちゃんの家はド田舎、周りは山ばっかで遊ぶトコがまったくないような辺境地帯にあって、
じいちゃんはそんな辺境のド田舎でばあちゃんと一緒に暮らしていた。

最初、両親と離れて暮らすことに不安があったんだけど、時期に慣れて、
慣れたら慣れたで、田舎生活は案外楽しかった。

ただ怖いこともあった。夜になると、ほんとに周りが真っ暗になるんだ。
これが怖かった。だから、オレは夜になると、絶対にひとりになりたくなくて
いつもじいちゃんとばあちゃんの近くにいるようにしていた。

じいちゃんもばあちゃんもその辺りは察してくれてたみたいで、
ひとりきりって状況になることはなかった。風呂はじいちゃんと一緒に入ってたし
寝るときは、じいちゃんとばあちゃんがオレを真ん中になるように布団を並べて
一緒に寝てくれた。

ある日のこと、オレはいつものようにじいちゃんとばあちゃんと一緒に寝ていた。

バサッと布団がめくれる音がして、オレは目を覚ました。目を横にやると
じいちゃんが起き上がり、そのままソロソロと部屋を出て行ってしまった。


(トイレかあ……)

じいちゃんの足音はトイレに向かってるのはわかる。
蛍光灯の薄明かりの中、さて寝ようかと布団を被ろうとしたとき、
床の間に飾ってあった鍾馗さまの掛け軸が目に入った。

ギョロリとした鍾馗さまの大きな目が動き、オレを睨みつけた。
その目の迫力に思わず身体が固まると、今度は掛け軸から毛むくじゃらの太い腕が
オレの頭のトコまで伸びてきて、手に持っていた刀の鞘でオレの頭をポカリと叩いた。

ここまで来るとオレも限界で、「うわああ!」って大声を出して
布団から飛び起きてしまった。

「なんだ!どうした!」

バタバタと音がして、じいちゃんが大急ぎで部屋に戻ってきてくれた。
ばあちゃんも何事かと大慌てで飛び起きて、部屋の明かりを付けてくれた。

オレはじいちゃんとばあちゃんに事情を説明した。
床の間の鍾馗さまに頭をポカリと頭を叩かれたと

「ああ、わかった。ちょっと待ってろ」

じいちゃんは床の間に飾ってある掛け軸を床の間から外してくれた。
オレは怖くて仕方なかったから、じいちゃんが床の間の掛け軸を片付けてくれている間、
ずっとばあちゃんに抱っこしてもらい、絶対に床の間を見ないようにしていた。

片付けが終わった後、オレはじいちゃんとばあちゃんと同じ一緒の布団で寝ることにした。
怖ったけど、眠気には勝てなかった。オレは直に眠ってしまった。

次の日、じいちゃんはえらく怒っていた。

「〇〇(オレの名前)の大事な頭を叩くなんて許せん!懲らしめてやらんといかん」

じいちゃんはそう言って、オレを庭に連れてきた。
庭には、ばあちゃんがいて、小さな七輪に火をくべていた。

「〇〇はソコに座り」

じいちゃんはオレが縁側に座るのを見ると、家に戻っていった。
しばらくして戻ってきたじいちゃんは手にフライパンとクルクルと巻かれた
掛け軸を持っていた。

「〇〇、ようみとき、じいちゃんがこらしめてやるからな」

じいちゃんは庭に出て、七輪の上にフライパンを置くと、
フライパンの中に刻んだ鷹の爪を放り込んだ。

燻され鷹の爪からモクモクと黒い煙が立ち昇ると、
じいちゃんは手に持っていた掛け軸を立ち昇る煙の中に入れた。


コホン…コホン…

掛け軸から小さな音がした。なんか咳みたいな音だった。
立ち昇る煙が勢いを増し、猛々とした黒い煙が立ち昇るのに合わせて
ゴホッゴホッ!と咳みたいな音も勢いを増していく。

突然、丸めた掛け軸がプルプルと上下に小刻みに震えて、
掛け軸の穴から細長い灰色の毛をした生き物みたいなのが出てきた。

それがポトリとフライパンの上に落ちると、ビョンと飛び上がって
大慌てでどこかに行ってしまった。

「〇〇、今の見たか?」

じいちゃんが縁側に座るオレを見た。オレは首を何度も縦に振った。

「イタチがイタズラしにきたんよ、もう大丈夫、これに懲りて二度と来んよ」

じいちゃんは立ち上がって、ヒュルヒュルと掛け軸を開いた。
そこには、二匹の鶴と赤い日輪があった。

「鍾馗さまに化けようなんて、罰当たりなイタチやな、だからこんな目に合うんだ」

じいちゃんはそう言って、ばあちゃんと一緒に笑ってた。
オレはというと目の前で起きた出来事があまりに不思議だったんでポカーンとすることしかできなかった。


今では懐かしい話、細かいトコは忘れてるけど、大体こんな感じの出来事だった。
あまり怖い話じゃなくて、ごめんなさい


☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ