【閲覧注意】怪談の森【怖い話】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 人形系


1: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)18:21:47 ID:6VT
なんでそんなこと言うの?
ぬいぐるみさんやお人形さんと一緒に寝るのは楽しいし
2、3体だけ残して後はしまうなんてかわいそうでできないんだけど



2: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)18:22:49 ID:2LJ
抱き枕OUTじゃないすか!

4: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)18:23:34 ID:6VT
>>2
ポスターとかはセーフみたいだし
抱き枕ってどっちかというとポスターじゃない?
あと2、3体程度ならまあ大丈夫らしい

3: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)18:23:00 ID:l7B
しまっちゃうオジサンに来てもらおう

5: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)18:23:37 ID:hUe
さぁしまっちゃおうねー

7: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)18:24:13 ID:6VT
>>5
ウサギさんやミクさんやドールさんが泣いちゃうわ

6: 犬◆WOLF/aDUvs 2015/12/15(火)18:24:08 ID:TdV
ポスターは霊の通り道になるとか

9: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)18:24:40 ID:6VT
>>6
なんだよ犬のくせに!
なんとかしてくれよ犬なら

17: 犬◆WOLF/aDUvs 2015/12/15(火)18:28:48 ID:TdV
>>9
寝るとき天井四隅見ると引き寄せやすいらしい

19: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)18:29:44 ID:6VT
>>17
ぬいぐるみとドールたちが守ってくれるから楽勝だと思う

8: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)18:24:31 ID:hUe
たぶん枕元にフィギュア置いといて壊した風水師がいたんだよ、過去に

11: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)18:25:26 ID:6VT
>>8
迷惑な話だな
他人がささやかな幸せを求めてやってることに対して、後味悪いことを言ってくるあいつらは最悪だと思う

12: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)18:26:05 ID:hUe
>>11
いや壊さないように注意してほしいっていう同じフィギュア好きとしての忠告だろ

15: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)18:27:06 ID:6VT
>>12
フィギュアは倒れてきたり寝返りしたときに顔面に刺さりかねないから置いてないよ
ぬいぐるみとドールだけ
ドールは超安全策を取って置いてあるから大丈夫

10: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)18:25:09 ID:IjH
おっさんかわいいな

13: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)18:26:31 ID:I5D
枕元に俺がいれば運気上がるよ

14: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)18:27:01 ID:l7B
>>13
さあ、しまっちゃうよ~

16: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)18:27:56 ID:yi1
ゲーセンでとったデカいぬいぐるみ枕がわりにしてるわ

18: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)18:29:08 ID:6VT
>>16
そういえば最近ミクさんの大きいぬいぐるみ出てたなー
あれ欲しかったけど取れなかった

20: AndroidAndroid◆izN1dhCLXRcH 2015/12/15(火)18:32:13 ID:uDo
日本人形とロシア人形に囲まれながら寝る至福のひと時

21: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)18:33:19 ID:6VT
>>20
悪くないと思う
ドールは暗闇で見るのがまた一興

22: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)18:33:40 ID:W1s
ドールと添い寝幸せです(*´ω`)

23: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)18:33:55 ID:6VT
(*´ω`)

24: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)18:34:00 ID:EY2
8体のぬいぐるみと寝てるが特に何も起きん

26: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)18:34:39 ID:6VT
>>24
良い運気も悪い運気も吸い取るとのことだから、
何かが起こるというより何も起きなくなるんじゃないかな

25: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)18:34:29 ID:ZJ9
猫と金魚のクッション抱き枕にしてるんだけど
運気下がるんだろうか

27: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)18:35:16 ID:6VT
>>25
なんか招き猫は特別な意味があるとかないとかだったような
金魚は猫のエサとしてノーカンではないかな

28: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)18:39:52 ID:I5D
つまり、しまっちゃうおじさんのぬいぐるみをおけばおk?

29: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)18:40:58 ID:EY2
ぼのぼのスレ?

30: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)17:27:14 ID:NVo
人の形をした物って色々ヤバいからね







オカルトランキング



700: もしもし、わたし名無しよ 2021/06/03(木) 01:29:51.57 ID:QmpfPoys
あんまり怖い話じゃないけど

このあいだ、毎日溺愛してる人形に「サボり魔上司つらいもう仕事行きたくない」とはじめて愚痴をこぼしたら
その翌日にサボり魔上司が突然他部署に移ったうえ
そいつがイジメてた後輩(いい人)が代わりに戻ってきた、というちょっと不思議なことがあったよ
偶然だろうけど本当に愚痴った翌日だったのでびっくりした
相手が人形でも下手なことは言わないようにしないとなーって思ったわ


701: もしもし、わたし名無しよ 2021/06/07(月) 20:49:49.23 ID:ehWk1W1j
ネガイ ヲ カナエタ ミカエリニ・・・・・・
・・・ギギギ (ΦДΦ)ギギギ・・・

739: もしもし、わたし名無しよ 2021/11/05(金) 08:31:09.95 ID:Ch4wscl5
怖くはないけど不思議な子が居る
年代不明のリプロ作家さんのビスクドールがうちに居るんだけどお願い事をしながら手を握ると不思議と叶う
嫌がらせしてくる住民をどうにかしてほしいとお願いした翌日からパタッと嫌がらせが止んだり金銭的に困ってお願いしたら臨時収入が入ったり
あまり煩わせるのもなと思って本当に困った時しかお願い事はしないのだけど助けてくれているみたいで心強い

740: もしもし、わたし名無しよ 2021/11/05(金) 09:52:12.64 ID:eN7tInwW
>>739
いいね
しょっちゅうお願い事しないのは良い事だと思う
末長く可愛がってあげてね~
その子は自分で買った子?もともと家にいた子?

741: もしもし、わたし名無しよ 2021/11/05(金) 11:25:52.41 ID:eN7tInwW
お願い事だけど
小さい願いをたくさん叶えてくれるパターンと>>739さんみたいに大きめの願い事をここぞというときに叶えてくれるパターンがあるんだろうね

742: もしもし、わたし名無しよ 2021/11/05(金) 17:35:11.30 ID:Ch4wscl5
>>740
ビスクには興味無かったのに何故かオクで一目惚れしてお迎えした子で来たのは1年にも満たないくらい
何でお願い事しようと思ったのかもよく分からないけどかなり追い詰められてたから何かに縋りたかったのかも
本当に助かったから一生大切にする

743: もしもし、わたし名無しよ 2021/11/05(金) 21:32:04.06 ID:eN7tInwW
>>742
相思相愛だね
その子も742さんの所に来たかったんだと思う
いい出会いだね
>>738さんの話もそうだけど読んでて嫌な感じが全くなくて良い印象、そしてなんかふわっとした温かみみたいなものを感じるよ

744: もしもし、わたし名無しよ 2021/11/07(日) 16:16:11.21 ID:+581iu7w
良いね、不思議だけど素敵な話だ
>>742さんの事が好きでお願い事を叶えてくれてるんだろうね








オカルトランキング



535 :本当にあった怖い名無し:2012/06/28(木) 08:27:43.53 ID:xrZJ3Vub0
うちには曰くつきの人形がある。
ばあさま曰く、明治時代に夭折された若様を模して作られた由緒あるもので、
その若様が人形に入っていらっしゃるそうだ。

ある日、その人形が盗まれた。
泥棒というか、まあ、何というか母の知り合い(以後Aさん)にだ。

一ヶ月後、その人形は無事に帰ってきた。
返しに来たAさんは憔悴しきっていて、手足には包帯。
聞けば、ドリフのような落し物(棚の上から落下物→頭にスコーンとあたる)が続き、
ついには枕元には白い狐様が立ち、『かえせー かえせー』と手首足首をべちべち叩いたそうな。
叩かれた後はくっきりと跡が残っていた。
肉球型に。
あれ、ちょ、おま、人形についてたのって若様じゃなかったの?狐なの?
え?と軽く混乱しつつも、さくっと24。

Aさんはさらに余罪がぽろぽろ出て、タイーホされましたとさ。


539 :追記:2012/06/28(木) 09:16:00.56 ID:xrZJ3Vub0
肉球型のあざになってるのは、見せてもらいましたよ。
「こんな変な事になった!」ってね…

それ以来、若様人形へのお供え物のラインナップに、
・あんこたっぷりのお団子
・ミルフィーユ
・プリン
・ロールケーキ
・イチゴ大福
・ぶどうのゼリー
・油揚げ ←New!
・稲荷ずし ←New!
・厚揚げ ←New!

一回で全部備えるわけじゃなくて、母が何となく今日はこれかなと思ったものをお供えしてます。
女性が着替えさせると何故かその日のうちに小さな怪我をするので、
若様の人形の服を新調して着替えさせる係は俺です。




オカルトランキング




273: ◆dXcfrJBpgk 2021/09/27(月) 01:09:50.00 ID:bnZxmG200
幼少の頃から、不思議な体験をするほうで、小学校二年生のときに怖い思い出がある。

住んでた家はバラック小屋みたいな平屋で、4.5畳と6畳二間。

お袋が結婚祝いに貰ったでかいタンス、その上にガラスケースに入った日本人形。

陶器でできてる日本人形。

深夜、狭い部屋で家族で川の字になって寝ていると、何かが擦れるような音で目が覚めた。

「カリ、カリ、カサカサ、」

俺は目を疑った、隣に寝てた親父の胸を叩いて起こした。

目を擦りながら親父も驚いた。

ガラスケースの中の日本人形が左右に動いてた。

親父は俺を布団にくるむように目隠しすると、

「大丈夫、大丈夫、」

と言った。けどその晩一睡もできなかった、親父もだと思う。

で、その日本人形なんだけど、親父が飾るときに、落としてひっくり返したらしく、左の中指と右の親指、薬指が折れて無くなってたんだ。

俺は子供ながらに気付いて、その日本人形を神社へ持って行き供養して貰った。

親父の左中指は、切断寸前の事故で動かなくなってたし、親父の兄貴の右親指と薬指は、工場で切断してしまってたから。

274: ◆dXcfrJBpgk 2021/09/27(月) 01:24:07.96 ID:bnZxmG200
神社へ持って行って、それから家族含め親戚にも指の怪我とか無かったんだけど、親父の実家にあった小さな日本人形は不気味というか、不思議だった。

心霊番組とかでよくある?髪が伸びる日本人形。

婆ちゃんも驚いてた、家であった出来事から日本人形に対して嫌悪感を持ち始めてた俺は、神社へ持って行った。

眠くなってきたので、今日はここまでにします。

275: 本当にあった怖い名無し 2021/09/27(月) 05:31:09.90 ID:b2zEoWAz0
乙です
小さい頃からいろいろ体験してたんだね

276: ◆dXcfrJBpgk 2021/09/28(火) 00:55:29.83 ID:iQz7U2mS0
>>275
うん、それが何なのかと図書館へ行ったり、ネットで検索するようになって今は答えが解る気がする。読んでてくれてありがとう。

277: ◆dXcfrJBpgk 2021/09/28(火) 01:03:01.83 ID:iQz7U2mS0
神社へ持って行くと、神主さんが

「この人形は○○寺に供養して貰いなさい」

神主さんは、凄く困った表情でそう言った。俺はその理由を神主さんに聞いてみたけど、この神社では供養できないからとの一点張だった。

その○○寺は静岡県伊東市にあった。

もちろんガキだった俺には、簡単に行ける場所ではなかった。

278: ◆dXcfrJBpgk 2021/09/28(火) 01:16:13.80 ID:iQz7U2mS0
親父やお袋に頼み、そのお寺へ行けることになった。もちろん髪の伸びる日本人形を抱えて。

真夏で、セミがうるさいくらいの大音量で鳴いてた。

お寺の駐車場に親父が運転する車が停まった。

すると、お寺の方からお坊さんがこちらに歩いてきた。

「その人形ですね?」

俺はお坊さんに、その人形を渡しながら、どうして供養して貰いに来たのか知ってるんだろう、親父かお袋が事前に連絡してたからなのか、それとも神社の神主さんが連絡してたからなのかと疑問に思ってた。

でも、どれでもなかった。

279: ◆dXcfrJBpgk 2021/09/28(火) 01:30:33.22 ID:iQz7U2mS0
そのお寺には、俺の先祖がねむる墓があった。俺は幼稚園くらいのときの記憶を思い出した。

墓地は山の中腹で、寺から坂道を登り行く途中に沢山のミカンの木があって、もぎ取って食べたこと。

お墓から見下ろせる海、潮の匂いと線香の匂い。

人形を渡した俺達一家にお坊さんは、

「お墓参りして下さい」

にっこり笑いながらそう言うと、人形を抱き抱えるように、お坊さんは寺へ戻って行った。

俺達は墓地へ向かった。

280: ◆dXcfrJBpgk 2021/09/28(火) 01:42:37.69 ID:iQz7U2mS0
先祖のお墓は綺麗に保たれてた。時折吹く潮風も、海が好きな俺にとっては心地良かった。

そんなとき親父が、別の墓石へ俺を連れて行った。

親父「これが爺さんが入る墓だ」

俺の爺さんは今はもう他界したけど、当時は元気だった。

俺「そうなんだ、でさ、すぐ横にある小さいのは?」

親父 「知らない、」

爺さんが入るお墓のすぐ側にある小さな墓石は親父も含め、叔父も叔母も、この時まで知らなかったらしい。

今日はここまでで寝ます、おやすみなさい。ありがとう。

289: ◆dXcfrJBpgk 2021/09/29(水) 01:43:10.17 ID:l0tTe9lp0
>>280の
続き書くね。

もともと墓参り目的じゃない俺達家族は、線香も供物も何も持っていなかった。

するとさっきのお坊さんが、墓道を足早に登ってきた。

息を切らせ、俺達家族の前で言った。

「これで供養できますから」

両手には彼岸花と箱のようなものが握られていた。

285: 本当にあった怖い名無し 2021/09/28(火) 20:53:49.72 ID:0O9XSFGO0
繋がりのないエピソードに感じられるけど、これから全体像が見えてくると思うと楽しみ
ちょくちょく自分にも縁のある地名が出てきてビクってなる
個レス大変だろうし、まとめてで大丈夫ですよ

287: ◆dXcfrJBpgk 2021/09/29(水) 01:23:38.81 ID:l0tTe9lp0
>>285
小出しにしてるわけじゃないけど、ほんといろいろありすぎて纏めるのに書いてて自分でも、どっから話したらってなってる。

その全貌が何だったんだか、俺ななりに書き続けるね。ありがとう。

290: ◆dXcfrJBpgk 2021/09/29(水) 01:57:02.62 ID:l0tTe9lp0
お坊さんは、最初に爺さんの墓に花を供えると、俺達家族も親戚も謎だった小さな墓石の前で箱を置き地べたに正座した。

お経を唱え始めた。

ガキだった当時の俺には何も理解できないまま、お経が終わると。

「○○くん、持ってきてくれてありがとう」

笑顔でお坊さんは俺に言った。

お坊さんは話してくれた。過去に何があったのかを。

291: ◆dXcfrJBpgk 2021/09/29(水) 02:21:01.48 ID:l0tTe9lp0
「ここの上に線路があるよね」

墓のすぐ上に線路があるのは幼少の時に見てたのを思い出してた。

「線路を造るときにね、昔亡くなった方々の遺骨や遺品が出たんだ。」

俺は、お坊さんの言っている意味かわからなくて、お袋と親父に視線を向けると、線路がある方から目を逸ていた。

お坊さんは俺の頭を撫でながら、優しい笑顔で言った。

「この線路を造るときにね、たくさんの無縁仏さまが出てきたんだ」

「君のお爺さんはね」

293: ◆dXcfrJBpgk 2021/09/29(水) 02:48:09.14 ID:l0tTe9lp0
「ここに住んでたとき、遺骨をちゃんと埋葬しようと役場に言ってたんだ、でもね」

名もしれないひとが、亡くなると道祖神として祀られ石碑になることがあるのを近年知ったけど、その当時は、そうではなかったらしい。

「君のお爺さんは、見ず知らずの仏さまのお墓を作ったんだよ」

「この人形も」

お坊さんは数珠を掌で擦ると、 持ってきた箱を開けた。

開けた箱の中には、もともと泥だらけだったような犬のぬいぐるみ、それと昔の手紙のようなもの、赤黒い布、

俺は、両親がそれを見ようとしなかったことがのちに繋がると今は思ってる。

今日はもう寝ます おやすみなさい。

298: ◆dXcfrJBpgk 2021/09/29(水) 23:07:44.15 ID:l0tTe9lp0
お坊さんは、遺品を見つめながら言った。

「君のお爺さんだけじゃないんだよ、ここの墓地の檀家さん、このお寺を守ってくれる方々が、いつかはくる自分や自分の先祖のお墓の側に、仏さまを埋葬し直したんだよ。」

確かに、同じように墓石の隣に小さな墓石があったことを思い出した。

俺 「その骨とかって、どのくらいあったんですか?」

お坊さん 「32、でも線路の部分だけだから、まだ仏さまは居ると思うよ」

俺は、続けて聞いた。

299: 本当にあった怖い名無し 2021/09/29(水) 23:11:26.90 ID:Lospk/U70
厚木に住んでたことあるから気になって仕方ない〜

301: ◆dXcfrJBpgk 2021/09/29(水) 23:40:59.98 ID:l0tTe9lp0
>>299
厚木市って俺好きだった。なんだろう、当たり障りない市民性で大和市から行くと座間市挟んで世界観が優しい思い出あるんだ。

見てくれてありがとう。

300: ◆dXcfrJBpgk 2021/09/29(水) 23:34:35.72 ID:l0tTe9lp0
俺 「どうして、たくさんのひとが、そんなことになったの?」

お坊さん 「戦争だよ、空から爆弾が昔たくさん落ちてきて、山の上が壊されたんだ、そこに住んでた人たちでね、地面が崩れて埋まってしまった。」

俺 「‥‥ 」

当時の俺は、戦争のことを軽視してたと思う。

お坊さん 「これが、戦争だったんだよ」

お坊さんは、赤黒い布を手のひらを開き、示して説明してくれた。

それが戦争に行った人達に渡された赤紙だったこと、無事に帰りを待つ家族の気持ちの想いを。

俺は、黙ってお坊さんの話しを聞くしかなかった。

犬のぬいぐるみって、戦争に行った兄弟からのプレゼントだったんじゃないかと思う。無事に帰れる保証なんてないから。

俺は持ち込んだ日本人形のことを聞いた。

302: ◆dXcfrJBpgk 2021/09/30(木) 00:21:22.05 ID:XUTlJC4K0
お坊さん 「人形はね、線路から出たときに、君のお爺さんが持って帰ったんだ。」

俺 「え?、土のなかに埋まってたんでしょ?」

お坊さん 「たくさんの遺品のなかに、あの人形さんがあったんだよ。」

俺は、小さな墓石の横にもう一つ更に小さな墓石というか、小石を積み上げたかのうな墓石を思い出した。

お坊さんは見ず知らずの人骨を受け入れることは檀家さんに、個人的にというか、宗教家的にいうか無理だったらしい。

でもそのお坊さんは、檀家さんの
墓ならと目を瞑ったと言ってた。

お坊さん「ほんとうに、来てくれたね。ありがとう。あの人形はちゃんと供養するからね。」

俺はその言葉の意味、髪がのびる人形、戦争に巻き込まれて亡くなられた人達、物質な人形、動くはずのない指が数本折れた人形、「来てくれたね」のお坊さんの言葉、正直理解しようとしても当時は無理だった。

いろいろありすぎで、書いてて思い出すこととかあるので、なるべく割愛しないように、これからも書きます。

見ててくれてる方々、ほんとうにありがとう。おやすみなさい。

303: 本当にあった怖い名無し 2021/09/30(木) 00:48:40.68 ID:ojQOEVM50
>>302
おつかれ
1が独特の雰囲気のスレでクセになる
地名出てくるのがリアリティあってすき
人目気にせず自由に書いてほしい

304: 本当にあった怖い名無し 2021/10/02(土) 22:41:16.78 ID:Lql6FTOU0
うーん、なんともいえない味わい、、、
とりあえずお疲れ!

305: 本当にあった怖い名無し 2021/10/03(日) 02:08:44.59 ID:QSeU9SE20
一行ごとに空の行を挟む書き方、ちょいちょい見かけるけど
どういう意図でそうしてるんだろう…

306: 本当にあった怖い名無し 2021/10/03(日) 02:29:34.56 ID:Ijfhz7+p0
目が滑らないようにじゃね?
まとめの人みたいな書き方は読みづらいから読み飛ばしてるわ

307: 本当にあった怖い名無し 2021/10/03(日) 07:42:13.77 ID:QSeU9SE20
目滑り防止か…この方が読みやすいって人もいるんだな

310: ◆dXcfrJBpgk 2021/10/03(日) 22:38:44.72 ID:goZNol/q0
>>307
俺も最初、読みにくいと思ってたけど、今はこれが読みやすいし、読み返しやすいんだ。

質問してくれて、ありがとう。







オカルトランキング



251 :もしもし、わたし名無しよ:2005/09/19(月) 15:16:54
昔、父親に愛人が居た。
数年後、母(父の妻)にバレして別れる事になったのだが、
それが原因で、その愛人さんがちょっと精神的に不安定になり、
私や私の姉達の通学路に立って、おかしな言動するようになった。

姉達は彼女を最初から徹底して無視していたのだが、
私はなんだかかわいそうだったので、当り障りない受け答えしていた。
すると「○○ちゃんだけはいい子なのね」と、私にジェニー人形をくれる様になり、
オモチャも服も全てお下がりONLYだった末っ子の私には、古いリカちゃんではない真新しいジェニーがとても嬉しく、
内緒で受け取って親に隠していた。
でも、愛人さんは頭おかしいものだから、
こちらの都合も考えずに尋常じゃない数を(一度にジェニーハウス・ヘアサロン・ジェニー7体等)
通学路で押し付けてくる様になり、さすがに怖くなって彼女を避ける様になった。


252 :もしもし、わたし名無しよ:2005/09/19(月) 15:17:36
彼女の姿を見かけなくなったので、通学路を元に戻したある日の朝、
以前の焦った様な雰囲気では無く、至って冷静で表情の薄い彼女に遭遇。
つばの大きな帽子を被り、ボストンバッグ2つとオモチャの箱を抱えていた。
「遠くに行かなくちゃならなくなったので、お別れに受け取って」と、
当時は見た事がなかった、黒髪のロングヘアーのジェニーをくれた。

早速学校に行き、その珍しい黒髪のジェニーを皆に自慢して有頂天になっていたら、
男子の一人が奪って箱からむしり出し、首を引っこ抜いてしまった。
女子数人がジェニーを男子から取り返してくれた。
そのジェニーの顎下からは、黒い人の髪がぼうぼうはみ出てた。
気の強い女子の一人が毛束をつまんだら、最初に固く丸めた毛の塊がポコンと出て、
次にゾロゾロゾロととても長い毛が出て来て、頭皮から毛束が連動してゾロゾロゾロゾロと抜けた。
血の付いた毛根がついた、切り髪ではなく抜いた毛だった。
囲んでそれを見つめていた一同、恐ろしくてめちゃくちゃに叫んだ。
気持ち悪くて怖くて、私も皆もいたずらした男子も泣き出してしまい、次の授業がつぶれるほどの大騒ぎになった。

その日の学級会で、
「○○さんが通学路で“知らない女の人”から貰った人形に、人の毛が詰まっていて怖かった件について」話し合い、
「知らない人から物を貰わない・変質者には気を付ける」で話がついた。
先生にも母にも父にも、『その変質者=父の元愛人』とは言えなかった。

未だにジェニー、特に黒い髪のジェニーはまともに見ることも出来ない。





オカルトランキング

↑このページのトップヘ