【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 人形系

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/29(水) 03:30:15.94 ID:dznSwxD/0
あるものの一部が売っても捨てても必ず帰ってくる
多分呪いの装備品的な何か
自分が作ったんだが



130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/29(水) 03:31:02.64 ID:UDCA1juN0
>>129
詳しく!



132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/29(水) 03:38:19.69 ID:dznSwxD/0
>>130
人形作って売ってるんだが
あるとき一体の人形売って片目が無いってクレームが来た
そんなに簡単に取れるもんでもないけどって思いながらメンテナンスに伺わせてもらったら
確かに片目が無い

頭の中に転げ落ちてるもんだと思ってたからスペア持って行ってなかったんだ
幸いなことに工房から近かったからスペア取りに行ったら、作業机のど真ん中に片目がコロリ

さて、同業者にこんなこともあるぞと聞いていたがと思い出して、別の人形と交換
捨てようと思って段ボール入れてても片目だけ外に出てくる

今は有名な人形供養の神社に置いてもらってるが、残念ながら片目だけは家にある



135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/29(水) 03:42:30.69 ID:UDCA1juN0
>>132
こえー
本当にそういう話あるんだな・・・
眼を直接神社に持って行っても帰ってくるかな?



137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/29(水) 03:45:06.90 ID:dznSwxD/0
>>135
他にも工房の明かり全部ついてたとか、人形サイズの小さい手形とか色々あるけど
この眼だけは信じてもらえないわ

神社に両目はめ込んだ状態で持っていく→新幹線で帰る→翌朝机の上にって感じ



139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/29(水) 03:47:39.51 ID:UDCA1juN0
>>137
気付いたら戻ってる感じかー
て事はどうやって工房まで帰ってきたかは全くわからないんだ・・・

例えば神社の人に人形をカメラで撮影し続けてもらって、自分は工房に帰ってみてみたらそのカメラには何が映るんだろ?



142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/29(水) 03:49:21.97 ID:dznSwxD/0
>>139
一回工房の方はネタで撮ったことあるよ
天井から落ちてきた



145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/29(水) 03:51:31.45 ID:UDCA1juN0
>>142
天井からかよ・・・




138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/29(水) 03:47:24.35 ID:dznSwxD/0
>>145
ああ、ちなみに単品で持って行っても一晩二晩で帰ってくるよ




637 :もしもし、わたし名無しよ:2007/08/11(土) 23:10:28
先祖(大名)が大量虐殺を執行した家系だが、男は早世する習わし。
跡取り娘は大量の人形を秘密の一室に大事に飾って、世話をしなければならない。
婿殿がそこそこで死ぬと、次の跡取り娘が人形を集め始める。
それも母親の集めた人形は全部骨董屋に手放して、一から自分の気に入った人形を集める。
その一室にズラリと並ぶ位になると完成で、婿も上手く見つかる。

その繰り返しだが、結婚後に人形の御世話するのは跡取り娘の仕事。
それぞれの人形の前に、ズラリと朝と晩に食事を並べ、後で下げる。
髪をすいたり、季節に併せて着替えをさせたり面倒を見る。
それを怠ると、娘も婿も子が出来ないうちに早世する。
すると分家から養女を貰って、同じ事の繰り返し。

地元では名家で通っているが、気味悪がって地元の者は婿に入らない。
近年は、跡取り娘が高等教育を受けながら、遠方から婿を探してくる。
大金持ちの大地主だし、とにかく美人で惚れ惚れするような魅力がある。
人形部屋の存在は婚姻後に知る事になる。でも何故か逃げ出す婿は居ない。

オレが大学時代、すげえお嬢で超美人が居た。結構偏差値高い東京の大学な。
仲良しになろう~と近付こうとしたら、その同郷のヤツに上の話を聞いた。
躊躇している内にイケメンの彼氏が出来て、婿に入る約束で婚約したのは知ってる。
その後はわからん。ヤツの出任せかもしれん。でもオレ的には気味悪かった。
「この話を人にする時は、絶対に場所を教えるなよ」と口止めされた。
「祟られるぞ」とヤツが言うから、ここまで。
嘘か本当か、オレは知らん・・夏用にちょっと披露。



オカルトランキング




 424 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 02:20:42 ID:jnwMd2Zc0

私の実家は九州の田舎にあります。120坪はあるわりと大きい家です。
田舎の家にはわりと日本人形なんかがありますよね?私の家にもありました。
そこで本題に戻るのですが、私が4歳の頃に不思議な夢をみたんです。
家にある日本人形がどこまでも追いかけてくる・・・
人形自体が動くのではなく、
夢の中で私の行く先々に、ケースに入ったその人形数体が待ち伏せたように置いてある・・・というものでした。
私は家族にその夢を話しました。
家族のみんなは笑っていましたが、
私はその夢のあまりのリアリティさに、家に置いてある数体の日本人形が怖くて仕方ありませんでした。

 

そんな夢も忘れかけていた頃、お風呂から上がった私は思わず悲鳴を上げてしまいました。
戸を開けると、目の前に日本人形が4、5体並んでいたのです。
すぐに家族が駆けつけて、その場は異様な雰囲気になりました。
その時は8歳年上の兄が、私が人形を怖がっているのをわかった上でおもしろ半分でやった・・・との事でした。

 

それから両親は、仕事の都合上共働きをするようになり、
兄は仕事についてからは、正月などの決まった行事にしか家に寄り付かなくなり、
私は部活が終わってから10時ごろまで、一人で過ごす事が多くなりました。
その度に、私はいくつもの視線を感じるようになりました。
今思えば、一人という恐怖が生み出した錯覚だったのかもしれませんが。

 

 

425 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 02:25:26 ID:jnwMd2Zc0

そんな日々も過ぎて行き、私が高校2年になる頃、父が不思議な行動をとるようになりました。
父と母の寝室にある姿見に、布をかけ始めたのです。

 

私はオシャレをしたい年頃というのもあり、よくその姿見を使っていたのですが、
ある日、その姿見を使って身だしなみを整えて外出した時、私は姿見に布をかけるのを忘れてしまったのです。
帰宅してから私は父にひどく怒られました。
その怒りはすさまじく、今まで見た事がないほどでした。
私は意を決して、「何でそんなに怒るのか??」聞いてみました。
父は答えました。
「視線を感じるんだ・・・寝ている時も、夢の中でまで・・・気分が悪くて仕方がない。
 鏡に反射して、人形の視線が向いてるような気がしてならない・・・」
私はぞっとしました。私以外にも視線を感じている人がいたからです。

 

私はその後、高校を卒業すると、進学のために実家を出ました。
実家を出てからは、視線を感じる事はなくなりました。

 

その後、兄の家に遊びに行った時の話です。
兄が「お前、あの家出てから、何か変わった風に感じたろ??」と聞いてきたのです。
私が「何でそんな事聞くの?」と聞くと、
兄は「お前目付けられてたからな・・・」と言うのです。
私はもう気が気ではありませんでした。
私は兄に問い詰めました。「全部話して・・・わかるように説明して」と。
兄は言いました。
「お前が小さい頃に見た夢は、俺もA(姉)も似たようなのを見ている。
 俺の時はかくれんぼ、Aの時は達磨さんが転んだ、だったな」

 

 

426 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 02:27:18 ID:jnwMd2Zc0

私はショックを受けました。
私が当時その話をしたときは、みんな笑っていたのに・・・
さらに兄は続けました。
「今だから言うけど、風呂場の前に人形並べたのは、俺じゃないんだよ・・・
 あそこで俺がやったって言わなきゃ、大騒ぎになってただろうしな。
 まぁ、そんなに気にする事じゃない。害はないしな。

 

 お前も一回ぐらいは親父に聞いた事があるだろう??
 家の先祖は、芝っていう平家の落ち武者だったって話。
 んで、ここからはたぶんお前が知らない話。
 お前が生まれた時には死んでた、婆ちゃんから聞いた話だ。

 

 芝さんは落ち延びた後に、地域の人にかなりよくしてもらったんだと。
 んで、芝さんはお礼に、周りの人の子供達に学問?みたいな事教えたり、遊んであげたりしてたんだってさ。
 んで、こっからは俺の想像な。
 多分芝さんがいろいろ教えてた子供達の中で、早くに死んじゃった子達が、
 遊んで欲しくて家(家系)に憑いてるんじゃないか、って思ってるんだ・・・」

 

兄の話は衝撃的だった。
正直芝さん云々より、人形がひとりでに動いたであろう事の方が、私には何倍も衝撃的だった。
正直に言うと、今でも信じたくはない。
なぜ兄は平気そうにしていられるんだろうか??
それに一つ疑問が残る。
もし兄の仮定が正しかったとしても、父が感じた視線はなんだったのだろうか??
父は子供の頃に、私達兄弟のような体験はした事がないという。
兄の話では、矛盾が生じているような気がするのだ。
それに父のあの怯えよう・・・いまだに実家の姿見には布がかけられているし、人形達も健在だ。
私は何かよくない事が起こるのではと、心配が絶えない。





オカルトランキング



480 :1/2:2010/02/14(日) 00:21:23 ID:3961KSF90

俺、三人兄弟の真ん中なんだけど(兄・俺・妹)、下の妹が電波。
電波っつーか、まあ可愛い妹だし、あまり悪くは言いたくないんだが…
やっぱり電波ってのが、俺にとっては一番ぴったりくる言葉。

 

妹は手芸が得意で、小物から結構な洋服づくり、刺繍、編み物、割と何でもできる。
そんで、昔から継続して作ってるのが、布製の人形。(ぬいぐるみに近いかな?)
手芸が良くわかんない俺からすれば結構良くできてて、店で売ってても違和感ないレベル。
俺の彼女は材料費提供して作ってもらってたし。

 

 

480 :1/2:2010/02/14(日) 00:21:23 ID:3961KSF90

そして兄貴のほうは結婚して娘(今は幼稚園に通っている)もいる。
俺も妹も姪にメロメロで、姪がぬいぐるみとか人形の類が好きだと知り、妹は張り切ってお得意の人形作りをしていた。
カバンにつけられるよう、ちょっと紐がつけてあったり工夫してあって、
小さめで、不思議の国のアリスとか、そんな感じのフワフワのドレス?ワンピース?を着てる人形だった。
細かいことに着せ替えができるようになってて、今はもう着替えの服が20着以上あるんじゃなかろうか。

 

それで、その人形が盗まれた。
犯人は、姪と同じ幼稚園に通ってる女の子の母親。
姪の家に娘と同伴で遊びに来たとき、一目ぼれして盗んでしまったらしい。(万引きで掴まった過去があるらしい)
なくなったときは盗まれたとは思わず、「紐が切れたのか」とか「落としたんだろう」とみんな思ってた。
姪は「(人形)ちゃんいないの」と号泣していて、母親(俺達の義姉)に怒られつつ慰められていた。

 

 

481 :2/2:2010/02/14(日) 00:22:48 ID:3961KSF90

義姉に「ごめんね(妹)ちゃん、ほんとに…そのうち、また作ってもらえるかな」と言われたときの妹の発言。
「大丈夫ですよ、そのうちかえってきますから」
昔から妹の作ったものには、何かオカルトなことが起こりがちだった。
今回人形を盗んだやつは、枕元に人形が立ったらしい。ありがちだけど。
人形は、
「帰りたいんです。私はあなたのものじゃないんです。私の家はあっちなんです。
 (姪)ちゃんが泣いてるんです。私も泣きたいです」
的なことを延々繰り返してたらしく、
また、人形の表情自体も、恨みがましいものに段々変わっていったため、そいつはビビって返しにきたらしい。
事後に俺が見た人形の表情は、別段なんてことなかったが。
(ちゃんと返しに来たし、反省もしてるし、今回は大目に見て許すことにしたそうだ。
 もちろん、彼女が兄貴夫婦の信用をなくしたのは当然だが)

 

俺の心霊的な知識があまりない(まあ塩まいときゃいいんだろくらいしか思ってない)頭で考えると、
妹の作ったものには人格があるっぽい。
九十九神…って言うのだろうか…ちょっと違う気もするんだけど。
良くあんじゃん、ものを大切にしててそれに助けてもらった、みたいな話。
人形に、仮に『恵子』って名前をつけると、その人形は『恵子』として人格を持ち、育つことになる。そんな感じ。
ただ、普通(?)はそれは徐々に作られていくものだけど、妹の作ったものには、最初っからポーンと人格が入ってる。

 

妹は「かえってくるよ、そういう子だから。(姪)ちゃんのことを姉みたいに思ってるから」って言ってた。
今思えば、『返ってくる』じゃなくて『帰って来る』だったんだな…日本語って難しいな。
呪いの人形にならないんだろうなgkbrと言うと、妹「そんな悪い子に作った覚えはありません」。
そうですか…そういうものなんですか…

 

なんか話まとめてたら、俺も電波かもしれないと思えてきたわ。
あいつの兄貴やってんだから当然かもしれん。そう思いたい。




オカルトランキング



226 :可愛い奥様:2021/02/15(月) 13:11:43.45 ID:dAM5l+g60.net
生まれた頃に買ってもらったぬいぐるみがあって、毎日一緒に寝てた。
自分のアルバム見ても、小さい頃は一緒に写ってる写真がたくさんあるくらい持ち歩いてたし、
高校生とかになってボロボロになっても、縫ったりして大切にしてた。
結婚してから、旦那の住んでた家に引越した時ももちろん連れていったんだけど、旦那が「汚い」とか「もう捨てて」とか言い出して…。
まぁ古いぬいぐるみだし、愛着のない人からしたらそうなのかなぁ?と思いながらも、
大切なぬいぐるみだし、旦那とは反対側に置いてたんだけど…ある日いなくなってた。
多分旦那が捨てたんだと思う。
聞いたけど「俺はしらない!」と言う。

それから数年、新居を建てて引越した。
一年くらいたった頃、母が「家(実家)を掃除してたら、○○(私)の部屋のクローゼットから出てきたよ」と言って、なくなったはずのぬいぐるみを渡してきてくれた。
実家に行っても自分の部屋のクローゼットには私の物はもうほぼ入ってない(少しあるけど、もう使わないものとかばか)から、私が開けることもなくて、何でこんな場所から見つかったのかが不明。
取りあえず帰ってきてくれて嬉しくて、今は新居でまた毎日一緒に寝てる。
旦那はどう思っているんだろう。

子供が出来て、子供には「このぬいぐるみはママの大切な友達だから、もしママが死んじゃったら一緒にお墓に入れてね」と伝えている。




オカルトランキング

↑このページのトップヘ