【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 人形系



64 :本当にあった怖い名無し: 2007/04/26(木) 22:19:32 ID:vZ98K/EP0
詳しく書くと長くなるんで、とりあえず箇条書きで。

・少し前に酔った友人が変なぬいぐるみ拾った。
・捨てたいけど怖くて捨てられないとか相談される。
・友人はちょっと衰弱してて、
 「なんかやばいから今捨てろ」って言っても、「いや、捨てたらやばそうだし」のループ会話。
・実際そのぬいぐるみを見てみたら、どう見ても気持ち悪い何かです本当に(ry
・必死の説得をして、一昨日やっと捨てに行こうとしたらぬいぐるみ行方不明。
・今日の早朝に出てきたらしい。

なんかこんな感じでした。
というか、仕事中にメールが来てたのですが、
友人はどうやらぬいぐるみを、前に此処で相談した先輩に渡してしまったらしい…


65 :本当にあった怖い名無し: 2007/04/26(木) 22:39:43 ID:qXhKU/ps0
>>64
どんなヌイグルミなの?
気持ちわるいってどのへんが?


66 :本当にあった怖い名無し: 2007/04/26(木) 22:42:40 ID:vZ98K/EP0
あ、えーと…
多分兎のぬいぐるみなんですが、腕やら脚やらは取れかけで目は片方なし。
元々白いんだろうけど、泥水か何かシミで斑模様に。
あと、胸の辺りに穴が開いてて、綿がちょっとはみ出てました。
素面で見たら普通に気持ち悪いです。


68 :本当にあった怖い名無し: 2007/04/26(木) 22:48:26 ID:vZ98K/EP0
あと申し送れましたが、私6スレ目で先輩の人形にコマネチさせた挙句コーヒーゼリー食われた者です_| ̄|○


70 :本当にあった怖い名無し: 2007/04/26(木) 23:04:19 ID:vZ98K/EP0
何故か持って行った先輩のことも気になるので、
とりあえず明日友人に詳しい話を聞いて、また書き込みさせていただきます。


93 :本当にあった怖い名無し: 2007/04/27(金) 11:17:59 ID:jLmAl1oF0
>>70です。
さっき友人宅に行く用事があったので、ぬいぐるみを渡した経緯を聞いてきました。

まず、昨日の夕方に友人はヤツをできるだけ遠くに捨てようと、ちょっと離れたゴミ捨て場まで向かったそうです。
すると向こうから先輩(6スレ目で私が人形を借りた人)が歩いてきて、こちらに気付いたんだとか。
以下、先輩と友人の会話

先「あっれー、何してんの?」
友「いや、ちょっとゴミ捨てに…」
先「ゴミ?ゴミってそれ?」
友「あ、はい…気持ち悪いぬいぐるみでしょー?酔っ払って拾ったみたいで……先輩?」
先「う………うさ━━(゚∀゚*)━━!!」(パァア)

先輩、人形だけじゃなく無類の兎モノ好きでした。
「あの瞬間、先輩の目はとても輝いていた」と友人が語ってくれましたが、
「いくらなんでもヤツを渡したのか」と問い詰めた所、
「だって先輩がすごい勢いで『くれ!!』って。『コレと交換ね!』って…
 どうしよう、先輩死んじゃったら私の所為だよね…」
と、高そうなケーキの箱を見ながら頭を抱えていました。
ボロぬいと高いケーキを交換するとか、何考えてるのか解らない先輩のことが心配です…


115 :本当にあった怖い名無し: 2007/04/27(金) 22:59:51 ID:jLmAl1oF0
えーと度々すみません>>70で す。
先輩との連絡が全然つかないので、明日あたり先輩ん家まで特攻してきます。
先輩ん家も微妙に面白かった記憶があるので、無事を確認して何かお土産話でもできるといいな…


137 :70: 2007/04/28(土) 23:13:21 ID:bLuNtwBP0
なんか濃すぎて長くなりそうなんで先に結論だけ。

先輩はピンピンしてました。
うさは此処の皆様のご想像通り、劇的ビフォーアフターされてました。
先輩んちは相変わらず一人暮らしなのににぎやかでした。
すきやきうまかったです。


138 :70: 2007/04/28(土) 23:35:17 ID:bLuNtwBP0
一応まとめたけどまとめきれませんでした…
無駄に長いけどおつまみ程度にどうぞ_| ̄|○

まず今日、私はまるっと一日ヒマだったので、
『昼から借りていたものを返しに行きます』という口実メールを送信したものの、
やはり先輩から返事はありませんでした。
昨日もほぼ丸一日返事がなく(普段はメールの返事がすごい早い人なので)心配になり、
兎の件もあるからと、“調子がよければ見える”タイプの友人(♂ 仮名:山田)を叩き起こして先輩宅へ向かいました。
向かってる途中でメール受信。
先『ごめん、今起きた。今日すきやきだからおいでー』
い、生きてたー!!!
しかもピンピンしてるっぽい!と思いながら、とりあえず先輩宅の最寄り駅で待ち合わせに。

そして、先輩と遭遇した途端に笑いを堪える山田。
挨拶もそこそこに歩き出したのですが、山田はまだ笑いを堪えている。
先輩がコンビニに寄ったので、チャンスとばかりに聞いてみた。
「ちょっと、アンタ失礼じゃない?何笑ってんの」
山「いや、うん…ごめ、これは笑いしかこみあげてこねーわ俺」
「?」
山「先輩の肩、ちっさい女の子が乗っかってる」
なんでも山田曰く、先輩の肩に女の子(子供の意味ではなく本当に小さいらしい)が乗っていて、
ずっとこっちを見てニコニコしてたそうな。なんだそりゃ。

んで、先輩がコンビニから出てきたら山田の笑いの防波堤が崩れました。
山「ちょ、女の子が袋に移ってるww顔だけ出てるww」

首を傾げる先輩と共に、見える人はうらやましいなと思った瞬間でした。
ちなみに、メール帰ってこなかった理由は、充電切れ放置+睡眠だったそうです。


139 :70: 2007/04/28(土) 23:38:09 ID:bLuNtwBP0
そして先輩宅について、まぁ中に入ってからも色々あったけど、すきやきをつつきながら兎の話に。
「先輩、こないだ私の友人から強奪した兎はどうしたんですか」
先「ん?あぁ、うんアレねーあるよー、70ちゃんの目の前」
私の目の届く範囲には、先輩ご自慢の兎棚と肉を貪る山田しか見えませんが。
先「あの黒いベストの子」と、先輩がハシで指した先、ずらりと並ぶ兎の中に黒いベストを着た白兎が。
先「綿取り替えたんだけど、表の汚れが中々落ちなくて困ったんだー。
  あ、あと、胸のとこハートなんだよ。カワイイでしょ」
元々針仕事の得意な先輩なので、兎はこの二日の間に見事にビフォーアフターされていました。
確かに耳が所々茶色いけど、どう見ても雰囲気から別兎です本当に(ry
山田に聞いても、「なんかもう普通に兎のぬいぐるみですね。むしろ安心してるっぽいような」という返事。
この野郎は、表現がこのスレの方に比べてアバウトすぎて困ります。
まぁ、何も見えない私には何も言えないのですが。

そんなこんなで、兎はどうやら先輩宅に落ち着くようです。
帰り際に「持って帰る?」って笑顔で言われたけど、絶対いらね。


141 :本当にあった怖い名無し: 2007/04/28(土) 23:48:23 ID:TM73LAN60
>>137
(´∀`)イイキャラダナー。その先輩。
多分、始めからそのうさこは、
>>70さんのお友達を経由して、ボロボロになった自分を修理して可愛がってくれる先輩の所に行きたかったのかも。


143 :70: 2007/04/29(日) 00:04:51 ID:s/GXHC8N0
>>141
ちなみに先輩宅には、拾ってきたぬいぐるみ類がまだあるらしいです…
「皆ちゃんと戻してあげたいんだけどね」と笑ってました。

そのうち手に負えないものを拾わないかと心配してましたが、今回色々聞いたりした限りでは大丈夫そうでした。


144 :本当にあった怖い名無し: 2007/04/29(日) 00:11:16 ID:Aw8KojxS0
うさぎぬいぐるみとちっさい女の子はやっぱ関連性のあるもんかね


146 :70: 2007/04/29(日) 00:42:12 ID:s/GXHC8N0
>>144
その部分長くなるので端折りましたが、
ちっさい女の子は、どうやら先輩の球体間接人形(二体あるうちの女の子の方)だった?模様です。
家のドアを開けるなり袋から出て、居間の方へ走っていったそうですが、
居間に入るなり山田が「あ、さっきの子コレにそっくりだった」と人形を指差してたので…

先輩んちに関しては、ラップ音とか耳鳴りとかまだ色々あるんですが、眠気がひどいので今日はこの辺で失礼します。


223 :70 ◆URCJ/.VO3I :2007/05/07(月) 12:27:16 ID:KXzsYbSv0
先輩の話報告した者です。
GW中に先輩んちに泊まったら変なもん見ちゃったので報告に来ました。
自分は霊感ないと思ってたのに・・・_| ̄|○
とりあえず、先輩宅に居るのは人形さんたちだけじゃないようです。

私が見たもの
・なんかしろいの。
・やや悪夢。

友人が見たもの
・なんかしろいの。

山田(仮名)が見たもの
・前回同様、チョロチョロする先輩のお人形ちゃんの中の子。
・私がお借りした球体間接の男の子(の、おそらく中の人)。
・小さい猫っぽいの。
・柱時計の傍に小さいおじいさんらしき人。

この他、泊まらずに帰った山田を除き、私と友人と先輩は、度々大きなラップ音を体験。
しかし、先輩の「誰?ちょっとうるさいよ、お客さん来てるから静かにしてね!」という言葉の後は、
ピタッとなくなりました。
誰?とかそういう問題で済ます先輩は大らかだなぁと思ったんですが、徳のある人って皆こう天然なんですか?
何だか、怖いよりも先輩のおかげで和んだ体験ばかりでした。





オカルトランキング



610 : もしもし、わたし名無しよ : 2010/04/04(日) 19:55:30
本家は昔大地主で、小作人とかに恨まれたりしたそうです。
何故か男が早死にするので、徳の高い人に女の子の人形を作ってもらい、
その人形に見守ってもらう代わりに、お世話するように言われたそうです。
おかげで何とか60代ぐらいまで男も生きるようになり、今に至るわけですが。

そんな家系なので女性が中心に仕切るようになり、人形をお世話するのが家長の仕事になっているわけです。
俺は小さい頃に頭を怪我して少しだけ話すのが遅れた為、
田舎に帰ると従兄弟に仲間外れにされて、大お婆さんと一緒に人形をお世話してました。
お世話と言っても話しかけたり抱っこした程度ですが。
大お婆さんには、「◯◯ちゃんはこの子に気にいられたから長生きするよ」と言われたものです。
小さい時から膝ぐらいの高さから誰かが見ているような気配を感じたのは、
わざわざ田舎から人形が見にきていたんでしょうか。


611 : もしもし、わたし名無しよ : 2010/04/04(日) 20:00:25
大お婆さんが100歳で亡くなり、叔母さんが人形のお世話役になった時は、
「人形が寂しがるからたまには会いに来てね」と言われたものです。
今でも30cmぐらいの高さの視線を感じる時がありますよ。
仕事で疲れてベッドに倒れこむようにして寝たのに、朝起きたらちゃんと布団をかぶって寝ている時も何度かあります。
人形にとって俺は、いつまでも手のかかる弟なんでしょうか。


613 : もしもし、わたし名無しよ : 2010/04/04(日) 22:24:54
怖い話ではなく、見守ってくれるいい話になったなw
たまには会いに行ってやれ。きっと喜ぶぞ。
そしていつまでも見守ってくれるよ。将来は引き取る…事は無理なのかw


619 : もしもし、わたし名無しよ : 2010/04/05(月) 07:50:38
>>613
男だからお世話係は無理ですね。
たまに田舎に帰って人形に挨拶とかするけど、今でも年上の人が年下を見ているツンとすました顔に見えますよ。
従兄弟は無表情で何か怖いと言いますけどね。
戦前から家にあるし、これからも家にあると思うと、なんか凄い事のように思えます。
従兄弟の世代から人形に対する思いが、なんか知らないけど家にある不気味な物になっているのが少し残念ですよ。


620 : もしもし、わたし名無しよ : 2010/04/05(月) 17:03:02
気味悪い→人形から好かれない。
話しかけて可愛がっている→人形から好かれる。

人形が守ってくれる人は、果たしてどちらなんだろうねぇw
あなただけでも話し相手になってあげてね。気持ち悪がってたら人形も可哀想だし。


622 : もしもし、わたし名無しよ : 2010/04/05(月) 20:45:53
まあ古い日本人形だと、人形好きか古物に興味があるような人以外には怖い物でしか無いかも
自分みたいな軽度の人形者でも、日本人形やビスクみたいなリアル系のお人形は怖かったりするし


624 : もしもし、わたし名無しよ : 2010/04/06(火) 19:14:44
>>610
いい話だね。
さしつかえなければどんな種類の人形か教えてほしい。いちまさんみたいなの? 


625 : もしもし、わたし名無しよ : 2010/04/06(火) 19:58:14
>>620>>622
まあ俺みたいに遊び相手がいなくて寂しい気持ちを紛らわせてくれたのなら、思い入れがあるでしょうけど。
田舎のトイレって離れのぼっとん便所だったから、怖くて抱きながらトイレに行ったぐらいですし。
従兄弟たちが、大お婆さんが可愛がっていた古い人形って感覚になるのも当然だと思いますよ。
大お婆さんの昔話なんて真面目に聞かなかったでしょうしね。

>>624
ごめんなさい、人形の種類ってよく知らないんですよ。
おかっぱで着物をきた女の子ですね。
どう見ても子供なのに、俺には何故か年上に思えます。
大お婆さんに、俺を見守ってくれるお姉さんだよと言われたからでしょうか。
着物はちょくちょく作ってますし、何年か毎に作ってくれたお寺に持っていって修復しているので、
古い割には綺麗ですね。
恥ずかしい話ですが、一度田舎に帰った時にお寺に持っていかれて、凄く泣いた事もありますよ。




オカルトランキング



546 : もしもし、わたし名無しよ:2007/11/01(木) 12:45:41
突然なんですが……私の出身地区にまつわる話でも。
その地域では、火葬の時に棺に人形を入れて一緒に焼く。
人形は故人の持ち物でも(人形持ってなかったのなら)新品でも、とにかく「何かの人形」を入れている。

もう20年近く前だけど、その地域に残る親戚のお爺さんが亡くなった。
直系の子はおらず、奥さんにもだいぶ前に死別しているので、当然人形なぞ持っていない。
仕方がないから…と私の家族が帰郷する際に新品のバービー
(急に言われて、それしか用意できなかった)を持参した。
私の子供心にも、見慣れたリカとは毛色の違うバービーは、とても素敵に見えたものでした…。

お葬式の後、亡くなったお爺さんの家に集まった親戚達が精進落としとして食事をしていた。
子供たちは別室で「遊んでいなさい」と軟禁状態。
はじめの内は初対面の親戚だらけで緊張していた子供たちも次第にうちとけ、
持ち寄った玩具で遊び始めた…
その時。一人が棺に入れたはずのバービーで遊んでいるのを目撃!

私「いけないんだ、それお爺さんのだよ!」
子「お爺さんには私のお人形あげたから、いいんだもん!」
私「ダメだよ、お爺さんの取り替えるって言わなかったでしょ!」
(当たり前ですが)

ここまで来ると、その子は黙ってしまいました。
どうやら、棺の中にある人形を隙を見て交換した模様。
私は、「故人が胸元に抱いていた人形」であるバービーも、据わった目で「とりかえっこした」と呟く
その子も怖くなって、大人たちのいる部屋へと逃げてしまった。

随分後になって父親にその話をしたら、父真っ青。
私は知らなかったけれど、あの葬式の後から「あの子」は精神に変調をきたして入院。
数年後、病院から抜け出して徘徊し…なぜか廃材置き場に捨ててあった産業用冷蔵庫で……
以下、ご想像におまかせします。

お爺さんが何かしたのか、役目を奪われた人形が何かしたのか。
おかげでバービーが見るのもダメなほど怖いです。



オカルトランキング



509 :もしもし、わたし名無しよ:2006/12/10(日) 16:08:02
ぬいぐるみの話で思い出した。
昔、親戚の中に子供心に気味が悪いと思う人がいた。
綺麗な女の人。でもこの世の人じゃないような、どこか半分あっちの世界にいってるような人だった。
そんなに近い間柄でもないので、数年に一度会うくらいだった。

そんな数年に一度の機会。多分その人が成人式だったんだと思う。
ウチに晴れ着姿のその人と、その人の親が挨拶に来た。
当時私は十歳とかそのくらいで(区切りの良い年齢)で、お祝いにと、
明らかに手作りのクマのぬいぐるみを貰った。
綺麗に縫ってあって既製品じゃないかとも思ったけど、タグもないし、
細かいところの感じで手作りだと判るようなもの。
ありがとうとお礼を言って大切にしていた。
今まで不気味だと思っていたのも申し訳なく感じるようになった。

しばらくして、その人が自殺したと私の母に聞いた。
葬式に行って、49日とかもろもろ終わって大分落ち着いたころ、
その人に貰ったぬいぐるみが妙な空気を纏うようになった。


511 :509:2006/12/10(日) 16:33:21
どう表現したらいいか分からないんだけど、じめじめじとじとしていて、妙な臭い。
近づいたら寿命が縮むんじゃないかって、恐ろしかったのを覚えている。
でも、故人に貰ったものだし、仕舞い込むのもなんだか申し訳なくて、そのまま本棚の上に飾っていた。

同じ時期、我が家では度々災難が起こるようになった。
祖母が妙に呆けるようになる。
父が事故に遭う。
母がひったくりに遭う。
健康そのものだった兄が、部活中に度々倒れるようになる。
私が原因不明の高熱で寝込む。
覚えてる限りでこれだけだから、もっと何かあったんだと思う。

そんなある日、我が家に空き巣が入った。
家の中はめちゃくちゃ、ソファーとかカーテンとか布製のものは切り裂かれていた。
多分、刃物を持っていたんだろう。
「家の中にいたら危なかったね」
と家に入れるようになった後に兄と話しながら、自分達の部屋に行った。

本棚のぬいぐるみも当然のように切られていて、切り裂かれた腹から大量の黒い髪をはみ出させていた。
私と兄は泣きながら両親の元へ。
それからどうなったのかは正直よく覚えていない。

覚えているのは、お寺にお払いに行ったこと(ぬいぐるみだけじゃなく、家族全員)。
そのお姉さんの自殺した原因が、恋愛感情のもつれだと誰かから聞いたこと。
そして、お姉さんの相手の男の人の浮気相手だかの雰囲気が私に似ていること。(年は全く違うけど)
ぬいぐるみから、男の人と浮気相手と私を呪うような文面が出てきたこと。
(雰囲気が似ているから憎かったらしい)

お払いをした後、家族にふりかかっていた災難は消えた。
やっぱり、あのぬいぐるみに何かしら憑いていたんだろうなと思う。

今では私は立派に人形者。
ぬいぐるみだって大好きだ。
でも、兄は私の部屋に入ることすら出来ない。
ぬいぐるみが恐ろしいらしい。






オカルトランキング




132 : 本当にあった怖い名無し:2014/07/09(水) 09:36:42.71 ID:7ztimnkO0.net
人形に魂が宿るってよく聞くけど
ダッチワイフに魂が宿ったら怖いかな……
妊娠したから責任とってよとか、
ソープへ行ったら、私以外の女とできてるのねって喚かれたりとか


134 : 本当にあった怖い名無し:2014/07/09(水) 17:39:27.40 ID:RVTbrHLz0.net
彼女ができたらドールが妬いてってのはあったような




135 : 本当にあった怖い名無し:2014/07/09(水) 18:13:06.76 ID:g8xsnZQP0.net
7 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/07(土) 13:34
友人のフリーライターから聞いた話です。
友人がリアルドール会社に取材に行ったときのことです。
 
その会社は郊外にあり、小さな町工場といった感じだったそうです。
受付というか、応接室というか、まあ、来客対応用のスペースに、
とてもリアルな人形がスタッフチェアに座っていました。
 
友人が「これが見本ですか」と、その人形に触ろうとしたところ、
会社の人は、ちょっと慌て気味に
「見本ではなく、会社のマスコットなんです。
触ってもかまいませんが、手荒には扱わないでくださいね」。
 
友人は変なことを言うなと思いましたが、1体が数十万円する高いものだし、
それだけ人形に愛着があるのだな、と思い、また手を伸ばそうとすると、

「あ、あの、できれば、声をかけてあげてください」
友人が「え?」と振り向くと、
「普通、女性に接するとき、いきなり触る人はいないでしょう?」


136 : 本当にあった怖い名無し:2014/07/09(水) 18:13:38.01 ID:g8xsnZQP0.net
58 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/07(土) 13:35
その後、製造過程を見学し、ほぼ取材も終え、友人とカメラマンは会社の人と、
近所の小料理屋で接待を受けていました。
 
友人は、人形にまつわるなにか不思議な話があるような気がするので、
会社の人をガンガンと呑ませたそうです。
その上で、「なにか、不思議な話とかありますか?」
ベロベロに酔った会社の人は「ないしょですよ」と何度も念押ししてから語り始めました。
 
3年くらい前でしたかね。
お客様から「結婚するので、この娘を処分したい。しかし、ゴミのように扱うのはしのびない。
貴社で余生を過ごさせてあげてください」という手紙と共に、
弊社のドールが返されてきたんですよ。
箱を開けてみたら、確かにうちのドールなんです。
 
でも、なんか違うんですよ。メイクとかカツラの問題じゃないんです。
顔というか‥‥‥ 骨格そのものが違っているんですね。
その時、うちの開発主任が、ああ、そのタイプのドール原型担当者だったんですが、
「懐かしいな、XXX型じゃないか」と見たら、無言になっちゃったんです。


137 :本当にあった怖い名無し:2014/07/09(水) 18:14:04.32 ID:g8xsnZQP0.net
59 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/07(土) 13:36
問いつめたら、
「これ、XXX型だよ。間違いない。でも、ヘッド(頭部)の造形がちょっと違うんだよ」と。
なんだろうねという話になったんですが、
とりあえずは、そのドールをもう一度箱にしまって倉庫に置いておいたんです。
 
次の日、倉庫の中がね‥‥‥ 
積み上げられた段ボールがグジャグジャになっていて。
泥棒かイタズラかわかりませんが、火でもつけられちゃたまらないんで、
速攻で警報装置をとりつけたんです。
でも、また、次の日、段ボールが散乱しちゃっていて‥‥‥
 
新しいラックを購入して、紐で縛ってみたりしたんですけど、駄目なんです。
1週間ぐらい経ってから、ドールを送り返してきた人から電話があったんですよ。
「ちゃんと保管してないでしょう。うちの娘が夢に出てきましたよ」って苦情です。


138 : 本当にあった怖い名無し:2014/07/09(水) 18:18:28.39 ID:g8xsnZQP0.net
60 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/07(土) 13:37
なんか、ゾッとしましてね。
隣の県の、人形寺っていうんですか? 人形供養やっているお寺さんに、
そのドールをもっていったんです。こんなの初めてでしたよ。
 
最初、住職さんはまともに相手をしてくれなかったんですね。
だけど、段ボールを持ち込んだら、「アッ」といって黙り込んじゃって。
我々がドールを出したら、住職さんはドールとジッと見つめ合った後、お経を読んでくれまして。
 
お経の後、私たちがまた段ボールに入れようとしたら「ああ! いかん、いかん!」って。
その後、住職さんにお話しを聞いたら、
「その人形には、御霊が入っておる。前の持ち主が大切にしたのであろう。
その愛着ぶりを羨ましがった女の霊がな、人形の中に入ってしまっているのじゃ。
申し訳ないが、わしの法力ではなんともできぬ。
ただ、悪さをするような霊ではないから、あんた方の会社に置いてあげなさい」

以来、うちのマスコットとして置いてあるんです。
‥‥‥そう、あのドールですよ。応接室の。
 
【後日談】
カメラマンさんは、応接室のドールの写真も何枚か撮っていましたが、
バストアップ以上のものには、
青白い蛍が無数に飛び交っているので、雑誌には使えなかったということです。





オカルトランキング

↑このページのトップヘ