【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 仏様系




108 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/23(水) 00:45:58
最近さえない男が結婚を考える女性との縁談が決まりそうだ

その話聞きたい?



109 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/23(水) 10:38:33
聞きた~い



111 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/23(水) 18:32:53
>>109
よくよく考えたらあまり面白い話じゃなかった
お不動さんと愛染さんにマメにお願いしたわけだけど
元々さえない男でおそらく素人童貞っぽいやつだ
でもってどうしても彼女が欲しいというから
まずお不動さんに頼んだわけ
そうしたら少し男っぽくなってきた
それから少ししたらなんだか気になる娘がいるという
聞けば彼氏付きなんだとさ
仕方が無いからボルテージ上げる為にさらに愛染さんに頼む
すると一緒に食事とかするようになった
願主の事なのに少々嫉妬だったので3回に一回くらい真言少なくしてたりしてなw
それは冗談だがそれから一週間くらいでコクって来ましたと言う
彼氏がいるのにどうなるのかなと思いつつ3日位したら
彼女が別れて来るって言ってます。
でも少々心配だった、と、言うのが頭をよぎったのが別れ話を唐突にしたら
今の世の中怖いばあいもある、じゃあということでその間某憤怒尊にお願いしておっぱらってもらう
結果はこうだ
「彼氏のほうが多分俺じゃあかなわないから身を引くよと言っていた」ということだ
最後まですんなり行き過ぎて面白くない祈祷だったな
修行じゃないかこれw



112 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/23(水) 21:47:56
>>111
他人事のように書いてるが実は御自身のことでは?w



113 :名無しさん@京都板じゃないよ:2008/01/23(水) 23:01:11
>>112
自分の願掛けはあまりやらないね
行者やってると不思議なもんであまり不満とか無いからそういう願い事っていうのも
極端に少なくなるもんなんだな
拝む事(これは修法だな)が出来ると不思議に満たされるようになるんだよ
強いて言えば他人の事拝んでやっているのが楽しいね
この世界いる人なら願主の彼女が欲しいってのもバカバカしいというか
自分では願い事としては小さい事に思えるよw





オカルトランキング



95: 本当にあった怖い名無し 2006/07/08(土) 20:22:28 ID:46i190pQ0
最近不思議な夢を見た。その夢は、自分が暗い祠の中にいて炎に包まれた
真っ黒い不動明王と名乗られる仏様に話しかけられるというものだった。
仏様に見つめられた瞬間だけ、言葉に言い表しにくいんだけど全体の感覚がリアルになった。
その後場面が変わり、赤と青の二体の仏様と話をしている所で目が覚めた。

その時は神社とかの知識とかも無かったので、後日、不動明王の事を調べてびっくり。
又偶然よく利用している駅の近くに不動寺がある事を知り、それ以来お参りして
います。又お参りしてから不思議な事が起こる様になりました。


101: 本当にあった怖い名無し 2006/07/08(土) 21:49:13 ID:toRk6AsK0
>>95
呼ばれたのでしょうね。
不思議な事も聞いてみたいな。
自分のうちの近くにも不動尊があるので良く行ってます。
沿線上には大國魂神社も。
こちらは随分と行ってないので、すもも祭の時にでも行きたいなぁ。
でも仕事だ…。


105: 本当にあった怖い名無し 2006/07/08(土) 23:08:56 ID:TGR/xBX+0
自分も神様に呼ばれた?というかそういう経験があります。
自分は未熟児で病弱だったので、親が近くにあるお城の鎮守になってる
お稲荷様に願をかけたそうです。おかげで幼稚園に入る頃には人よりも大きく
育っていました。
お礼に毎年何回かは油揚げや白いサラシ(狛犬代わりのキツネさんに被せる)
を持ってお参りに行っていたのですが、小学校2~3年の頃正月の初夢に
大きなキツネが出てきました。夢の中で自分は走るキツネの背中にしがみ付いて
手を噛まれました。目が覚めてその事を親に話したところ、親が忙しかったせいで
しばらくお参りに行っていなかったとの事。初詣もかねてあわてて家族でお参りに行きました。
呼ばれたというよりは、怠けていたお叱りを受けたのかなあと思っています。
ちなみに満15歳になったとき、お供え物を沢山お供えして願解きをしました。


107: 本当にあった怖い名無し 2006/07/09(日) 19:02:08 ID:zH+ijlfU0
友達と会ったとき、細かいけれど困ったことが次々と起こると聞いて、数珠持って見てみたらいっぱいナニカを
背負ってるようでした(ちょっと霊感持ちなので)。
離そうと思ってものらりくらりと逃げて離れてくれない、何だか正体のよくわからないシロモノでした。
本厄ということもあって、それなら近くの神社に行ってお祓いしてもらおう、ということになり、店を出て歩き
始めたのですが、神社の近くの木立に来たとき、なぜか花のように甘いような粉っぽいようなにおいがしてきて、
花なんか咲いてないのにおかしいな、と思いつつ、木の下がすごく気持ちよかったのでそのまま歩いていきました。
社務所に入ると、木の下で感じたのと同じにおいがしたのでさすがに不思議に思って友達に聞くと、
「何もにおわないよ? 鼻はいい方だけど」
との答え。
「霊感のある人しか感じないにおいなんじゃない?」
そう言われましても……

お祓いの場ではにおいはしませんでした。
しかし、祝詞が始まると、厳粛だけどとても優しい気配が満ちてきて、鈴を振られたときはなぜかすごく感動
しました。
終わってみると、友達の雰囲気が明らかに変わっていて、背負っていたものも、どこへ行ったのか全くわからない
ほどにきれいになっていました。
私も背中の辺りがとても満たされていて、二人してあの神社のファンになりました(笑)

主祭神には女性的なものを感じていたのですが、お祓いを受けた後初めて祭神を確かめると、タカミムスビノミコト。
そういえば胎内くぐりとかする神社でした。

神様の慈悲を感じたのは初めてだったので(お祓い受けたのも初めてでした)、とても感動しました。
またお参りに行きたいと思います。






オカルトランキング



767 :本当にあった怖い名無し :2008/09/04(木) 03:52:24 ID:qS8NEAEhO
母親が癌で入院していた時の話です。夜、三度目の危篤状態
になりましたが昼間には容体が持ち直した。
ベッドの隣で私は兄に、母が入院する前、やたらと深川不動尊で祈っている夢を見ていた。
あと私の目の前に巡礼姿の女性(顔は笠で見えません)が立って杖で大地を何度も叩く
その度に杖に付いたリングのシャン!シャン!の音のうるささで目が覚めていた。
なんだろうね…と話をしていたら兄が
「あのさぁ…さっきから気になっていたんだけどお前、金色に光っているんだけど。
初めはお前の後ろ(壁だけど)に誰かいるの?と思ったんだけど、お前が動くと光も動く。
気持ち悪いからしまって」何言ってんだ?と部屋の洗面台の鏡を見たら仏様の後光の様な形で光ってた。
病院から帰る時にびっくりした顔で私を見る人が何人かいて恥ずかしかった。
オーラだとしたら誰でも見れるものでは無いから、光は何だったんだろう?





オカルトランキング



910 :1/2:2009/02/26(木) 06:39:27 ID:R1R8Pu0c0
ちょいと不思議というか何でかなという話
心霊関係ではないんで興味のない奴はスルーしてくれ。

昔からどこか信心深く、また縁起を担ぐ性格なためか寺社回りが好きだし、サイフを3年で買い換えたりヘビの小物を入れてたりしてた。
効果の程はまだ実感したことがないけどな。
去年の春に奈良のある寺に行った時、おみくじがあったんで運試しのつもりでやってみた。
出てきたおみくじを手に取ると小さなブローチみたいな小物が一緒に出てきた。
どうやらここのおみくじは紙と一緒に縁起を担いだ小物がセットになっているらしく、俺のは数種類のうちの1つ恵比寿さんだった。
珍しいなと思いつつ金運があがりますようにとその恵比寿さんを小銭要れにしまい過ごしていた。

それから数ヶ月経ったある日、また恵比寿さんをあしらった小物を貰い今度のはストラップやキーホルダーに使えそうなしっかりした作り
だったが、また小銭要れにしまっておいた。
恵比寿さんが2つもなんてひょっとしたらメッチャ金運良いかも?なんて儚い夢を見ていたある日、おみくじで手に入れた恵比寿さんが
ないことに気づいた。
長サイフなため普段から硬貨は小銭要れに入れずポケットに入れていて小銭のチャックを開けることはないんで不思議に感じ、ひょっとして
一緒に入れてたからケンカしたんかな?なんて妄想にふけりつつ、何かの拍子に開けたのを忘れただけかもしれないし、そもそも作りも簡素
で捨てるのは忍びなく持っていたところがあったのであまり気にせず過ごしていた。

911 :2/2:2009/02/26(木) 06:40:14 ID:R1R8Pu0c0
さらにまた数ヵ月後、その日は俺ん家で彼女と遊び、いつもより遅くまでいたため彼女は高速で帰ると言った。
月明かりがとてもキレイな夜だったんで見とれて事故るなよとジョーダンを言いつつ見送った。
そろそろ着きそうな時間になってもメールが来ないんでケチって下道で帰ってるんかなとのんびりしてたが待てど暮らせど連絡が来ない。
連絡も着かないので出かけようと思った矢先、「ただいま~疲れたのでもう寝ます」と言う一行メール。
なんじゃそりゃと思いつつ安心し、翌日会って話してみるとどうやら高速で居眠り運転にオカマをホられたそうだ。

追突された後お互いの車はくっついたまま停車し、エアバックが作動して外にすんなり出れず手間取っていると後ろの車が「ボンッ!」
と言う音と共に煙が上がったため彼女は「アカン、もう死んだ」と思ったようだ。
するとタイミング良く雨が降り出しお互い事なきを得たらしい。
あまりにも神様のおかげと言うので俺の知らんうちにしゃくふくされたか?それとも宗教に目覚めたか?と思った時、彼女が自分のサイフ
から何かを差し出した。
見てみると俺が失くした恵比寿さんだった。
俺は驚き「何で持ってるん?それ俺が前に持ってたやつやで!」と言うと彼女は事故の後、警察の調書の時に免許を出そうとしたらこれがサイフに入っていたと。
高速に乗る前にサイフを見た時には入ってなく、また俺が持っていた物と言うこともほんとに知らない様子だった。
どうやって入っていたのかはわからんが、見た目にこだわらず大切にする気持ちが大切なんだと、さらに信心深くなった出来事。



912 :本当にあった怖い名無し:2009/02/26(木) 06:44:48 ID:BdPBKMod0
1つ足りない・・・

913 :本当にあった怖い名無し:2009/02/26(木) 07:33:18 ID:t8k6JH7qO
このテの話ってよく聞くけど
事故に遭ってる時点で別にラッキーではないと思うのは俺だけか

914 :本当にあった怖い名無し:2009/02/26(木) 08:51:22 ID:zgrIRmj/0
恵比寿さんが家内安全してくれるのはいいけど
笑いの神はどこでなにしてんだ?

915 :本当にあった怖い名無し:2009/02/26(木) 10:04:05 ID:QPmUdLRfO
自分は全くお寺さんや神社に行く事がないんだけど(面倒くさいから)、
やはりきちんと節目節目くらいは行くべきなのかもなあ。

916 :本当にあった怖い名無し:2009/02/26(木) 10:24:31 ID:TNzI6OAP0
ウチは引越し多いんで、落ち着いたらその地の氏神さんに挨拶しに行ってる。

917 :本当にあった怖い名無し:2009/02/26(木) 17:43:12 ID:jRqMjhar0
やっぱ氏神様って大事っぽいね
氏神様にお参りするようになってから
結構ツイてる気がする
918 :本当にあった怖い名無し:2009/02/26(木) 17:52:11 ID:3pdVtjJo0
雑貨屋、飲食屋問わず。店を出す時は土地の神様にお参りをするもんだという話を聞いたことがあるな。
で、節目節目にちゃんとお参りをし、今年を報告し、また来年の繁盛を願うのだそうだ。
日本の土着の神様はないがしろにされるのが嫌い。また、報告に来ないのも嫌うそうだ。

919 :本当にあった怖い名無し:2009/02/26(木) 20:10:31 ID:FX46pncC0
氏神さまは結構頼りになると思う。
努力とかもしてるけど、願った年に子供を授かったり、願った年に昇進したり。
勿論お礼も行ってるよ。

920 :本当にあった怖い名無し:2009/02/26(木) 21:40:42 ID:4o9KZUft0
商売人はお稲荷さんを祭るもんな

921 :本当にあった怖い名無し:2009/02/26(木) 22:27:03 ID:jIb1QBEwO
>>917
俺も初詣はでかい神宮とかいく前に
必ず地元の神社にいくようにしてる

922 :本当にあった怖い名無し:2009/02/27(金) 01:35:08 ID:On136VGa0
>>913
事故にあわなかったら普通の日じゃん
つまり事故を含めての御利益だったんだよ!!!112





オカルトランキング



406 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/05/17 06:30
小学校低学年のころ、妹とふたりで外から帰ってきて居間のドアを開けた瞬間、
一瞬、
居間の壁のうち、庭と道路に面しているふたつが透き通っていて、
部屋の真中には火柱があがっている・・・ように見えた。

次の瞬間には見えなくなっていたんで、気にしていなかったけど、
うしろからおばあちゃんが来て、
「不動さんの巡回や」って言ったのにビクッとした。
「それ何?なんで(そんなこと言うの)?」と何度も聞いたけど、
なんだかハッキリとは答えてくれなかった。
夕食時に妹が、「きょう、お部屋が燃えてるかと思ったー」って言ってるのを聞いて
もいっかいビクッとした。

それだけ。怖くなくてゴメンナサイ・・・





オカルトランキング

↑このページのトップヘ