【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 心霊系





698:1/2:2007/06/02(土)22:34:40ID:drnyzWA40
オカ板住人だからこれくらい怖くないかもだけど・・・

10年ほど前、県外に転勤になった友達んちに遊びに行った時の話。
久しぶりに会う友達とその友達と俺で三人で飲んでた。酒も尽きて、暇を弄ばせた俺たちは誰からかドライブに行こう、と話になった。
野郎三人の女ッ気もないドライブも長続きする訳でなく、地元で有名らしい心霊スポットへと足を向けた。
そこでは別段、恐怖体験がある訳でもなく、後部座席に座っていた連れの連れが
「本当にやばいんはここじゃない。道一本はずれた所がやばいんだって」
と言い出し、その"本当にやばい"所に向かう事にした。

そこは本道とは外れたバイパスの様になってる一本道。ただ、旧道のためか車一台通るのがやっとのあぜ道だった。
入り口に着くと、どこは土嚢で封鎖されており、車では進入できない。しかし、そこは酒の勢いと若さもあり、三人で土嚢を除けて入っていった。


車一台通れるという噂は本当で、ほとんど獣道に近い。しかし、心霊的な怖い体験をすることなく、出口に差し掛かった。
が、今度は出口にはガードレールが造られており、こればかりは流石にどうする事もできず、なんとか車をUターンさせ、元来た道を引き返した。



699:本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土)22:38:15ID:pC1Y2WYC0
wkwk



702:2/2:2007/06/02(土)22:55:19ID:drnyzWA40
それで引き返していると、不意に後ろからパッシングしてくる車がある。最初は無視していたものの、あまりにしつこくパッシング・クラクションを鳴らす、が続いた為、離合できる場所を見つけて車をとめた。
すると、その後ろの車も自分たちの車の後ろに停めて降りてくる。
最初は893かと思っていたものの、車は軽トラ。おりてきたのは普通のおっさんだった。

おっさんは開口一発
「お前ら、なんでこっちが合図してやりよんのに車停めんのじゃ」
と怒鳴り散らしてくる。訳もわからずに生返事していると
「お前ら、窓全開に開けとったろ?その窓から女が入り込みよったん気付かんかったか?」

ひょえ~、っとなりながらも、おっさんに礼を言い、おっさんを見送った後、車に乗り込んだ時に、後部座席に座っていた友人の友人が車から降りてきてない事に気付いた。
そして、そいつが一言ぼそっと漏らした。

「おまえら、気付けや!この道一本道やぞ?出口からもこの道に入れる訳ないやん!俺ら一台も車とすれ違うてないやん!俺らの後ろからパッシングできる車がおるわけないやん!!」

その話を聞いた運転手はシューマッハよりも早く山を降りましたとさ。




オカルトランキング






444:本当にあった怖い名無し:2012/01/12(木)14:17:54.78ID:pqAm+AoP0
ちょいとさっきあった霊体験を聞いておくれ。
さっき事務所の自分のブースでランチタイムしてたら、右肩をとんとんされた。
何ぞ、と思って振り返ってもそこには何も無い空間。

過去にも、プロジェクト仲間が同じブースで同じ体験をしていることを思い出し、背筋に冷や汗が。
とっさに拍手を打とうとしたら、あやまって使ってたフォークごとパーンと手をたたいてしまった。
(;ω;)イタイ...と半泣きで悶絶していると

(・ω・;)ご、ごめんね、だいじょうぶ?いたかったよね?と半透明のお姉さんがおろおろしながら現れた。

その光景を隣のブースから出たところで見ていた先輩が
「いーけないんだーいけないんだー」
と小声で呟いた瞬間にお姉さんが恥ずかしそうな顔をしてふわりと消えていった。


その先輩がさらに一言、萌え、と呟いたのを俺の耳は聞きのがさなった。



445:本当にあった怖い名無し:2012/01/12(木)16:14:33.61ID:SYr2AH6D0
>>444
やだ、可愛い///



446:本当にあった怖い名無し:2012/01/12(木)16:49:47.67ID:WjANqxYJ0
なにゆえ拍手をしようとしたのか



447:本当にあった怖い名無し:2012/01/12(木)16:52:03.37ID:Drtv99Yz0
かしわで だ



448:本当にあった怖い名無し:2012/01/12(木)16:53:31.26ID:20KKstoX0
その拍手とは違うよ 
神様の前で二礼二拍一礼とかやるじゃん



449:本当にあった怖い名無し:2012/01/12(木)20:14:06.34ID:WjANqxYJ0
かしわで は 柏手 だけだと思ってますた
ぐぐると柏のほうが一般的でないのか



451:本当にあった怖い名無し:2012/01/13(金)02:55:58.89ID:Ik7GYT3w0
>>449
おまおれ
勉強になった!ありがとう



480:本当にあった怖い名無し:2012/01/15(日)12:15:17.32ID:7KYT1tF10
えーと、フォーク拍手の人です。
後日談が出来たので追記。

幽霊のお姉さん、あれから萌え先輩(♀)の家に居ついたらしい。
先輩ズ3人+俺と同期2人、計6人で萌え先輩の家で昨日宴会した時に台所で所在無さげにうろうろしているところを俺と同期が発見。

萌え先輩は霊感そこそこあるらしく、フォーク拍手事件のあと幽霊さんと話し合い、その結果プロジェクトの邪魔にならぬようブースから先輩の家に移動することになったそうな。
幽霊のお姉さん、寂しかったのだそうな。
だから活気のあるプロジェクトブースにふらふらと近寄って、寂しさを紛らわせてたらしい。

その話を聞いたとき、不覚にも俺と同期2人が萌えてしまったのは言うまでもない。



481:本当にあった怖い名無し:2012/01/15(日)12:25:12.82ID:7XSEsGMx0
生者と死者を繋げる萌えパワーすごいww




オカルトランキング





580:本当にあった怖い名無し:2012/01/29(日)16:06:23.99ID:hba3KMXH0
姫路城、霊の多さがパねぇw

みんな明るい顔で生きている人に観光案内してるのなw

「お菊さんはとうに成仏してここにはいないよ~!」
とか話しかけてくるんだよw

とにかく、奴らの営業力は半端無い。

中々生きている人には伝わらないけど、彼らの努力が姫路城の雰囲気を良くしている源だと思っています。



581:本当にあった怖い名無し:2012/01/29(日)18:32:23.97ID:u8bGxLCh0
>>580
せっかくボランティアガイドがいるのに、
なかなか人に気づかれないとはもったいないね

姫路城以外のお城はどういう状況ですか?



586:本当にあった怖い名無し:2012/01/31(火)01:26:49.40ID:ZLOBbBzz0
>>581
姫路城みたいな明るい雰囲気の城は、そうは無いと思う。
あそこは戦が無かったから。



582:本当にあった怖い名無し:2012/01/30(月)09:43:38.15ID:NxQVQawg0
高岡○城公園、溺死体や出るなど噂はあるが遭遇なし



583:本当にあった怖い名無し:2012/01/30(月)18:31:44.49ID:hfPl9Zr/0
>>580
思いっきり地元ww今度から違った気持ちで行けそうです。



584:本当にあった怖い名無し:2012/01/30(月)23:48:22.84ID:a0/Nk91r0
>>580
どんな人(おばけ?)がいるの?
時代劇的?現代的?



585:本当にあった怖い名無し:2012/01/31(火)01:23:10.91ID:ZLOBbBzz0
>>584
演出しまくりの時代劇w
彼らも面白がってやってるw

城を見に来るのは生きてる人だけじゃないからね。



589:本当にあった怖い名無し:2012/01/31(火)22:12:40.54ID:Dhzfj81K0
長壁姫ってほんとにおられたのだろうか



590:本当にあった怖い名無し:2012/01/31(火)23:11:57.41ID:ZLOBbBzz0
>>589
天守閣行ったけど、友好的雰囲気。
お疲れ様コールがすごかった。
天守の神社に賽銭投げてコールもw

天守には姫じゃなくておっさんがいたよw

天守閣に行くと、精気を吸うお返しにささやかだがいいことがあるそうな。

身重の嫁も一緒(天守に行くと、きかなかった)だったのだが、スタッフの霊がフォローしてくれたおかげで無事に行けた。



591:本当にあった怖い名無し:2012/01/31(火)23:38:06.67ID:V9Y34b1g0
一度は天守閣の姫にお参りしてきたいなあ・・・



596:本当にあった怖い名無し:2012/02/01(水)05:55:05.33ID:oJ+F7SLJ0
>>590
私も妊娠中に天守閣まで登ったわー
その時も助けてくれたのかな?
そんなに賑やかだったなんて、零感な自分には全く分からんのが残念だww




オカルトランキング



836:リツコ 1/3:2008/01/19(土) 14:06:45 ID:xhv0ELmu0

俺、小さい頃の記憶ってほとんど残ってないんだけど、
ひとつだけものすごく鮮明に思い出せるのがある。
幼稚園の頃、俺は幽霊の女の子と遊んでた。
その子は確か名前はリツコ。

はじめて会ったのは、当時住んでた団地の裏手に広がってた
芝生の空き地で一人で遊んでたときだった。
俺は彼女と出会い、しばらく一緒に遊んだ後、リツコは
自分が幽霊であることを俺に明かした。

自分から正体を明かすなんて今思うとかなり珍しい種の幽霊だったと思う。
リツコは至極真剣な顔だったから、俺は彼女が嘘をついているようには
見えなかった。実際よく見たら足がない。本物だと思った。
だけど怖くはなかった。リツコと遊んでいると本当に楽しくて
いつも気がついたら夜だった。時間を忘れるって
まさにこのことなんだと子どもながらにひしひしと感じていた。

837:リツコ 2/3:2008/01/19(土) 14:08:02 ID:xhv0ELmu0
別に自分はリツコに呪われているふうでもなかったし、
取り憑かれてるつかれてるふうでもなかったから、
単なるちょっと違った種の友達として、
毎日のように遊んでいた。
親や友達には秘密。何故か秘密にすべきだと感じてたから。

たぶん幼稚園の年長の終わりごろだったと思う。
ある日俺がいつものように芝生の空き地に行って、夜まで遊んで、
じゃあ帰るね、と言ったところで、いつもはじゃあね、と見送ってくれる
リツコが俺を引き止めた。怪訝な顔をする俺に、リツコは確かにこう言った。
「○○くん(俺)は、しんじゃだめだよ」
その言葉が意味するところはそのときの俺にはわからなかったから、
とりあえずうん、と答えておいて、俺は芝生の空き地をあとにした。

それ以来、もう俺はリツコと会っていない。
消えてしまったのだ。跡形もなく。
そしてちょうどその頃俺は引っ越すことになって、
芝生の空き地から遠ざかった。
けど、今でも、一時もリツコのことは忘れたことがない。

838:リツコ 3/3:2008/01/19(土) 14:09:01 ID:xhv0ELmu0
でね、俺いま鬱病なんだ。
いや、正しくは医者がそう判断しただけなんだけど。
だって鬱病にかかるような原因がちっとも思いつかないんだ。
別にいじめられてるわけでもないし、家族はみんな仲いいし、
正直俺のんきだからストレスなんてあんまり感じないタイプだし。

でもね、何故かよくわからないんだけど、何をしても楽しくないんだ。
あんなに好きだったパソコンもアニメも全然楽しくない。
すでに楽しいっていう感情さえ忘れかけてるような気がするくらい。
もちろん何度か自殺は図ったよ。

でも、何故か毎回助かっちゃう。
絶対死ぬだろうっていうようなやつでも、どうしても助かっちゃう。
楽しくないと思うたび、
自殺を図っても助かってしまうたび、
俺はリツコのことを思い出す。

異常なまでに楽しかった日々。
「○○くんは、しんじゃだめだよ」

そしてね、

俺が鬱病にかかったのって、ちょうど、リツコと出会った頃なんだよね。

839:本当にあった怖い名無し:2008/01/19(土) 14:13:08 ID:NuZ8AnhE0
>俺が鬱病にかかったのって、ちょうど、リツコと出会った頃なんだよね
それは幼稚園の頃から鬱病ってことか?それはそれで凄いな

842:リツコのひと:2008/01/19(土) 14:27:38 ID:xhv0ELmu0
>>839
ごめん言葉が足らなかった
リツコに会ったのって夏の終わりごろなんだけど、
今年の夏の終わりごろに鬱にかかったって意味。
ボキャブラリ貧困でスマソ…




オカルトランキング




230 :名無しさん@おーぷん :2014/05/10(土)17:37:05 ID:FaOla39gS
昨日の夜、コンビニにタバコ買いに行ったら、誰も入ってきてないのに来店のチャイムが鳴った
ふと見ると「足」だけが扉を開けずすり抜けてトコトコと歩いてきてホットドリンクの棚の前でスッと消えた(元々半透明なんだけど)

店員さんに「い、今の見た?」って聞いたら
「久しぶりですわ。お客さんラッキーですよ」って返事が
「なんか幸運なことでも起きるのか」と聞いたら
「いえ、いつもは入ってこないんですよ。店の前を通り過ぎるだけなんです」とのこと


何がラッキーなんだ!
オカルト大好きだけどビビりのヘタレ君な俺は、あの「足」が家までついてくるんじゃないかと何度も振り返りながら帰った
ちな京都のサーK







オカルトランキング

↑このページのトップヘ