【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 心霊系




103:本当にあった怖い名無し : 2013/07/02(火) 04:38:11.42 ID: ID:al+cmwnu0

もうすっかり夏なので、この前、幽霊アパートに住む先輩のところへお泊りに行った

先輩のアパートの家賃は、水道代や共益費、全部込みで基本14,000円
築五年、鉄筋三階建て、フローリング、1LDK、風呂トイレはセパレート
駅まで自転車で十分、大学まで歩いて五分
おまけに、(別契約だけど)駐車場まで完備ときたら、これは破格の条件だ

それなのに、住人がころころと変わるのは、やはりここが幽霊アパートだからだ
夜中の廊下で、子どもがはしゃいで、走り回る音がする
ドアにべったりと貼りついて、何やらぼそぼそ喋る女が出る
壁のポスターはぎょろりと目が動き、部屋の風呂からはシャワーの音がする
屋上からは血まみれの男が飛び降りて、駐輪場では満面の笑みを浮かべたお婆さんと遭遇する

先輩の部屋に泊まった奴らは、口を揃えて「変なもんを見た!」と言う
でも、俺はどうしても信じられずに、とうとう、先輩の部屋に泊まってしまった


104:本当にあった怖い名無し : 2013/07/02(火) 04:39:05.49 ID: ID:al+cmwnu0

そして、見た。

夜空が光り輝いているのを。逆光を受けた誰かが、ベランダで手招きしているのを
彼か、彼女かも分からない誰かは、執拗に手招きを繰り返し、俺を誘う
金縛りにかかっていた俺は、目を閉じることもできずに、気を失うまでその光景を見ていた

翌朝、俺は考えを改めた
幽霊って、やっぱりいるんだと
心霊体験って、実際にあるものなんだと
それに、守護霊。こいつも絶対に存在するんだと、俺は確信した

「よう、小杉君! よく眠れたか?」

えげつない幽霊アパートに泊まっている先輩
タンクトップからはみ出た彼の筋肉は、朝日を浴びて今日も立派に輝いていた

早寝早起き、快食快便、好き嫌いなく何でも食べる
健康優良児の名をほしいままにしている先輩は、幽霊を見たことがないと言う
自分の住んでいるアパートの、どこが幽霊アパートなんだと首を傾げている

本当は幽霊なんて気のせいだとしても、守護霊は確実にいる
大学のトレーニングルームでベンチプレスに励む先輩を見て、俺たち後輩は何度も頷いていた




108:本当にあった怖い名無し : 2013/07/02(火) 20:53:30.55 ID: ID:L4lrHx6K0

>>103
ポスターいくら張り替えても全部目が動いたらおもろいかも知れんな





オカルトランキング



484 :可愛い奥様:2019/04/29(月) 01:18:53.17 ID:mz7UHW/r0.net
幽霊のくせに電車に乗ってくるやつを見たことがある。

駅で扉が開いたらおばさんが乗ってきて、目が一瞬合ってこっちに来たから隣に座るんだと思い、
自分のスカートが座席に広がってないかチョイと確認して、顔を上げたらもういなかった。
移動したり出ていったんだとしたら素早すぎる。
目を離す前にはもう私とおばさんの距離は1mあるかないかだったんだ。
腑に落ちなかったけど次が目的地だったので降りた。

下車する寸前に、何となく私が座ってたあたりをチラ見してみた。
そしたら私の隣くらいの位置の背後にあたる窓に、そのおばさんが満面の笑顔で映ってた。
低い位置だったからやっぱり座ってたのかな。
窓の方を振り返っていたにしては、首が180度回ってないとおかしいような映り方だったけど。

10年ほど前の体験だけど、明日またそこに行く。
その路線は環状線だから、もしかしたらまだ乗ってるかもしれないね。





オカルトランキング



293: 本当にあった怖い名無し 2012/04/18 05:02:33 ID:wDYTkUfA0

俺が通ってる大学の有名な噂話。

うちの大学には妙なのが住み着いてる。
見た目は長身やせ型の20歳前後くらいの男で
顔は彫りの深い、沖縄系の濃い顔。(イケメンではない)

ただの学生だろ、と思うかもしれないが
なんとこいつ、この大学が出来たときから大学に住み着いているらしい。
(駅弁国立なので、60年くらい)

その時代の流行り廃りに合わせて服装を変えているらしく
また四季に合わせても装いを変えていることから
身なりにはそれなりに気を使っているようだ。(黒ジャケにジーンズってのが多い)
そのへんの学生の気に入った服装を自分の外見に反映させているようで
たまにロゴがおかしかったり、英字が間違ってたりする。

60年前からずっと、大学構内を彷徨いてるが
本が好きらしく、学内の生協の書店コーナーや図書館によく出没するが
本を手にとって読むことはなく、並べてある本の表紙をずっと眺めてたり
他人が読んでる本をチラチラ見たりしてる。
たまに授業を受けてて、気に入ったらしい講義には度々出席する。
(先生も把握してて「今日は彼は欠席のようですね~」とか言ったりする)

目を合わせると魅入られて憑かれる・・・こともなく
プイっと目をそらしてどこかに行ってしまう。

正体については諸説あって、単位取り終える前に死んだ留年生の霊とか
この土地に住んでる神様の類とか、宇宙人のアバターとか
いろいろ言われてる。(マルコビッチの穴みたいな存在だって話を聞かされたこともあるw)

この話は、この大学における新歓時期の鉄板ネタとして
数十年にわたり代々後輩に語り継がれているらしい。


294: 本当にあった怖い名無し 2012/04/18 05:06:00 ID:wDYTkUfA0

別に怖い話でもなんでも無いな。

結構規模の大きい学校だから、たまたまそっくりさんが数年おきに入学してるだけ
ってのが真相だと思うけど、好きな話だったので書いてみた。
駅弁国立を狙ってる沖縄系の男は変な噂にならないようにご用心。




オカルトランキング




74: 本当にあった怖い名無し 2009/02/13(金) 17:09:50 ID:13PMpl+H0

うちの母親から聞いた話を書きます。
母は嘘をつく性格じゃないのでたぶん実話かと。

母が若い頃、神社で霊に突然とり憑かれたそうです。その霊は母親の
体を使ってしゃべり、母親も意識はそのままでその話を聞けたし、
しゃべらせた後に自分でしゃべることも出来たそうです。
ようは身体をふたつの人間が共有してる状態でしょうか。
助けになれることがあれば、と母は霊に身の上話をさせました。

その霊は女性で彼氏にふられて海に飛び込んで自殺したそうです。
それがくやしくてたまらまないと霊が言うので、同情した母は
「なら私が供養してあげる」と、わざわざ千葉県から神奈川まで
供養するために出かけたそうです。(自殺した場所が神奈川だった)

自殺した場所で線香やお経を上げて供養したところ、霊は
喜んだ様子で「神様っているんですね」と言ったそうです。
母親は神様って意味がわからなかったそうですが、オレにも
わかりません。ちょっと変な性格らしく、他にもお寺の人に
母親を指して「この人はあっちにいったりこっちにいったり
心がふらふらしてるんですよ」と言ったりしていたそうです。

続きます


75: 本当にあった怖い名無し 2009/02/13(金) 17:17:11 ID:13PMpl+H0

供養はしたけどまだその霊は母に憑いたままでした。
ある日、踏み切りで待っていたところ、電車が近づいてきた
時になって勝手に足が進んでいったそうです。
慌てて踏みとどまって母が
「あんた、私を殺そうとしてるでしょ?」
と訊いたら、コクッと頷いたそうです。

ここまでしてあげたのになんて人なんだろう、と、恐怖と共に
その身勝手で薄情な性格に呆れた母親は、お祓いに行き、
追い出してもらったそうです。

そうそう、祓ったときは口から風のようなものが
出て行ったそうです。終わり。 





オカルトランキング



659: 本当にあった怖い名無し 2011/06/22(水) 16:36:21.17 ID:IhXdM5Xp0

もう自分だけでは耐えられなくなったので吐き出させてくれ
作り話だと思ってくれてもかまわない
自分も夢だったと思い込んでるしそれでもかまわない暇な人だけ読んでくれ

4月まで俺はN市に住んでいた
まぁ引っ越した理由がズバリ今からする話なわけだ
その日夜更かししてた俺は何となくネットとかも飽きて
24時間やってる本屋に行こうと自転車を走らせた
住んでたら分かるがN市は市内に川がいっぱいあって妙に道がややこしい
ちょっと知らない脇道に逸れると方向がずれまくって全然違う方向に突き進んでる
ここに住んで2年半過ぎるが生まれて初めて自分は方向音痴だったのか?と本気で思った
それはさておき今夜も深夜に信号待ちなんかしたくないと思って
余計な道に曲がったら迷う迷うwww
まぁ本屋に行く自体が暇つぶしみたいなものなのでまぁいいかと深夜の探検迷子を楽しんでた
そしたら・・・

音が聞こえた

660: 659 2011/06/22(水) 16:51:59.37 ID:IhXdM5Xp0

そして郊外の住宅地(というほど家は密集してない)の中に
神社があって音はそこから聞こえていた

正直ベタだと思った・・・音もいわゆるアレの音である
ここでウインドウを閉じた人もいると思うな
おかげで全然怖くなかった

ただそのときの俺は暇すぎたせいで
「予想通りのことが行われているのか?」を確かめてみようと思った
まぁもしそうだったとしても
ベタな話にありがちな「音出して気づかれて追っかけられる」の黄金パターン
だけは自分はやらかさねーってヘンな自信もあったし

今思えば吸い寄せられてたんじゃないかって思う
だって本来俺は怖がりなはずだからそんな度胸はないだろう
あのときの俺はどうかしてた

石段を登り(確か18段)境内に入る
本道っぽいかなりボロボロのお堂があって音はその裏から聞こえてた
右から回るか左から回るかどーでもいいことで悩んで
その間に怖くなってきて早く帰ろうと思い右から回り込んで陰から裏にあった林を覗くと
広い空間があった

そして・・・
俺の予想を現実は2つほど覆した
1つは・・・人?がいっぱいいた


661: 659 2011/06/22(水) 17:01:45.71 ID:IhXdM5Xp0

8~10人くらいだろうか
中央に白い女(ベタな装束)が一人いてあとはみんな男
・・・というか小指がなさそうな人ばっか

そして俺の常識を覆したもうひとつの現実は・・・
ベタなアレの音の出所だった
まぁ気づいていない人はいないと思うがアレな音とは
「五寸釘で木に人形打ち付けるコーンコーン」なやつである

五寸釘が刺さっていたのは木ではなかった

・・・人だ
もう何十本打ち付けられてるのはわからない
顔だけに打ち付けられて釘だらけになっていた、性別もわからなかった
間違いなくもう死んでた・・・

俺は最小時間で目に映った光景を網膜に焼き付けると
マジで命がけで音を出さずにその場から逃げ出した
振り返ってないから気づかれなかったかは分からないが
逃走は成功した


662: 659 2011/06/22(水) 17:08:56.66 ID:IhXdM5Xp0

音はだいぶ離れても聞こえてくる
本屋に行く目的なんて忘れて来た道を即引き返した
もう一秒でも早く知ってる場所に行きたかった

だってそうだろう?よく考えてみたら
あれだけの音がしててなぜ近所の家は不思議に思わない?
もうこの場所自体が危険なんじゃないかと思った
やつらの家なんじゃないかとすら思った
アパートに戻ってトイレに直行、3回くらい吐いた
その日から明かりつけないと寝れなくなった、昼夜が逆転した
夜と暗闇はあの光景がよみがえってしますから。節電ごめんなさい


663: 659 2011/06/22(水) 17:18:46.08 ID:IhXdM5Xp0

数日経って俺の中に一つの疑問がわいてきた

あれは「事件」なのか「霊」なのか?・・・だ
前者の理由はあの連中・・・特に小指なさそうな人たちが霊には見えなかったこと
後者の理由は逆に中央の女(と釘打ってた死体)は霊的なオーラみたいなの
を感じた気がするから(ちなみに俺は霊感ゼロ)
ただ数日経ったがN市の近くであんな死体が見つかった猟奇事件みたいな
記事はでていなかった。もっともやつらがプロなら死体なんて残さないだろうが

事件が公にならなければ警察に目撃したと相談しても全く意味がない
そもそも自分があれは現実だとはっきりわからないのだから
目撃したことさえばれていなければ俺が狙われることはないはず
でも万が一の場合は・・・

そう思い引っ越した
(だから引っ越した場所はイニシャルでも言えない)


666: 659 2011/06/22(水) 17:33:06.97 ID:IhXdM5Xp0

問題はあれが霊だった場合のほうが深刻かもしれない・・・
「見ただけで呪われる」類のやつだったら俺はもう手遅れだし
どこへ逃げても関係ないからな

しょぼい呪いでやられてるのだと全く判断つきません
引っ越したけどなかなか仕事見つからないとか
お金落とすとか自転車盗られるとかは呪いですか?
ただ運が悪いだけですかそうですか


最後はシリアスに耐え切れなくなってオチつきましたが
自分の体験は以上です。駄文長文失礼致しました
仕事をやめ逃げるようになんとか引っ越してもうすぐ2ヶ月なんとかやってます
問題はまだ仕事をやめN市を離れ引っ越したこと一部の知人にしか言ってない
特に親には完全にタイミング外して言えないまま・・・どうしよう?
とりあえずバイト探さないとな・・・

最後に・・・
あの場所にはもう行けなかった





オカルトランキング

↑このページのトップヘ