【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: お地蔵様系



267 :,:03/02/15 21:04
某県に地蔵山という山があります。
山と言っても塚のようなもので、本当に小さいものです。

その山にはいやな伝承がありまして、
かつて江戸時代の初期に豪農が、金の力に物言わせて黄金の地蔵をつくり、塚に埋めたという黄金伝説があるのです。
しかし、この地蔵を掘り起こした者には豪農の祟りがあり、ことごとく死んでしまうと言います。
その埋めた場所を暗号で記した古文書がありまして、
明治時代に地元の若者5人組が地蔵の発掘に挑んで、3人が発狂、1人が自殺、1人が行方不明なったこともあったそうです。
大正時代にも発掘をした人がいて、この人も原因不明の病気でうなされ、
「地蔵がくる。地蔵がくる」とうわごとを言いながら亡くなっていきました。

そして昭和の頃、またまた成金がこの地蔵の発掘に挑みました。
今度の成金は強引で、この山ごと崩してしまったのです。
しかし、地蔵は出てこなかったのです。
おさまらない成金のおやじは、その土地に大型マンションを建設しはじめました。
地元では祟りがあるからやめろという声があったのですが、工事は押し進められました。
しかし悲劇はおこったのです。
現場の視察にきた成金親父は、コンクリートの打設工事を見学していました。
しかし、柱のコンクリート打設面をおさえていた型枠がはずれ、成金親父はコンクリートの下敷きになってしまったのです。
5分後、救出された親父は既に窒息死していました。
そしてその体はコンクリートが全身につき、まるで『地蔵』のようになっていたそうです。



オカルトランキング





466 :本当にあった怖い名無し:2012/04/25(水) 19:49:42.25 ID:qwMoeG0E0
俺の実家の近所に『指きり地蔵様』と呼ばれてる地蔵がある。
指の部分がちょうど指きりできるみたいに変に曲がってるから『指きり地蔵様』。
小さい頃、その地蔵様と指きりをしたことがある。近所の婆様方には止められてたけどね。どうしてもやりたかったんだ。
で、指きりした後も何にも起こんなかったから、「なんだつまんね」と思ってそのまま帰った。


467 :本当にあった怖い名無し:2012/04/25(水) 19:54:58.27 ID:qwMoeG0E0
そんなこともすっかり忘れた頃、右手の小指に小さな切り傷ができた。
まあその頃はやんちゃなガキだったし、またどっかで切ったんだろと思って放置してた。
そしたら次の日も小指に切り傷ができていた。それから毎日一つずつ、切り傷は増えていった。
ついには小指だけが切り傷だらけになって、どうしたもんかと思った。不思議と痛みはなかったんだよね。


468 :本当にあった怖い名無し:2012/04/25(水) 20:00:04.58 ID:qwMoeG0E0
そこでふと指きり地蔵様のことを思い出した。あ、指きりしたのは右手の小指だったなって。
急いで指きり地蔵様のところへ行ってみた。
そしたらね、指きり地蔵様の前にある台(よくお供え物とかが置いてある)の上にタバコが数本落ちてた。
そこで分かったよ。指きり地蔵様は助けを求めてたんだなって。このタバコが邪魔だからどけてくれって。


469 :本当にあった怖い名無し:2012/04/25(水) 20:06:12.22 ID:qwMoeG0E0
どうやら俺はあの時『指きり地蔵様を守る』と約束してしまったらしい。
それから指きり地蔵様に何かあるたびに、俺の小指に切り傷ができるようになった。
もうかなり前の話で、俺も実家を離れちゃってて今まで忘れてたんだけど、最近久々に切り傷ができたんではっと思いだした。
ちなみに先週実家に帰って見てみたら、顔にクモの巣張ってたんで取ってきた。


470 :本当にあった怖い名無し:2012/04/25(水) 20:11:26.02 ID:qwMoeG0E0
俺は今大学生だが、就職して金稼いだら、あの指きり地蔵様のところに小さな祠でも建てようと思う。
ずっと雨風にさらしっぱなしなんだ。あそこ。
毎回呼びだされてもめんどくさいしな。それに約束も最後まで守り通したいし。
今度また掃除でもしに実家に戻る。





オカルトランキング



129 :可愛い奥様@\(^o^)/ (スプー Sdb8-o7j3):2016/03/15(火) 12:53:12.62 ID:oDHMyQW7d.net
うちは田舎だから、敷地内に祠とか、勝手に?道沿いにお地蔵さんとかまつってる。
子供には、「ただの石だと思って無視しときー、絶対拝んだりしたらだめだよ」って言ってる。
あと、いろんな所に猿田彦の石ある。


425 :可愛い奥様@\(^o^)/ (ワッチョイ d7c8-eoZT):2016/04/03(日) 00:55:49.01 ID:Hr3NEgeG0.net
>>129見て知ってる人いたら聞きたいんだけど
道端や山道のお地蔵さんを拝むのはよくないの?
祠みたいに違うのが入ってたりするのかな??


426 :可愛い奥様@\(^o^)/ (ワッチョイW 9f9f-F7Fb):2016/04/03(日) 02:05:14.01 ID:+hFdVjkJ0.net
>>425
243 :本当にあった怖い名無し:2012/12/24(月) 09:27:29.10 ID:StAHKjdAO
都市伝説というか地方都市伝説
御堂にいらっしゃる地蔵は拝んで構わないが、道端の地蔵を拝んではいけない。
地蔵ではないものが混じっているから。
昔は行き倒れが多かったから、行き倒れ多発地点に供養のための碑を置いたりしていた。
中には偶然と思えない程死者が出る場所があって、
そういう場所には良くないものを封じ込めるため塞の神が立ててあったりする。
供養する寺が廃寺になったり、謂われを知るような老人が亡くなり、そういった石像を地蔵と思いこんでいる人が増えていく。




オカルトランキング




80 :スレ違いでスマソ:2001/05/12(土) 03:19
私は二十歳の頃石屋でバイトしてました。

ある日、あるお墓に工事に行くと、隣の墓地に自分の母親位のおばさんがいました。
なぜかその人は、私の働く姿を見守るように見ているのです。
その人の墓は、最近の仏さんだなってのは雰囲気でわかってました。
少し話を聞くと、最近バイク事故で息子さんを亡くされたとか…。
「同じ位の子を見るとどうしても…」
わかります、痛いほどそのおばさんの心情はバカな私にもです。

おばさんは帰りに、
「これ息子に供えたのだけどよかったらおやつに…
 親よか先に死んだらだめだよ」
「はい、気ぃ落とさず元気で…」
帰って行くそのおばさんの後ろ姿を今でも覚えてます。


81 :80つづき:2001/05/12(土) 03:46
三時の休憩にそのおやつを食べようとすると、離れた所で働いていた隣県の同業の親方が近づいてきました。
「今そこに地蔵さんが手をつないでおりてきてるから…
 墓所の向こうに六地蔵があるから、それをそこへ…」
と言い残し戻って行きました。
私はそんなことねーべーと自分の親方に言うと、
「いや、あの人は死ぬ程の大病助かってから見える人らしいから、言われた通りにしろ」と…
その頂いたおやつを地蔵さんの所へ供えました。


84 :80:2001/05/12(土) 13:07
バイト(石屋)時代の話をもうひとつ…。

その日の現場(墓地)工事を終え、翌日の段取りに会社に買えると、
「明日はここに行ってくれ」と図面と製品の墓石を案内されました。
石の裏に刻まれた名前は、二年前事故で亡くなった友達です。
この仕事をしていればこんなこともあって不思議ありませんが、この時はそう思いたくはありませんでした。
すかさず私は社長に、
「これ俺の友達だから最後まで担当させて下さい」
「そうか、いい仕事しろよ!」
工程上最低日をあけて三回は行くので、担当が代わる可能性があったのです。


85 :80:2001/05/12(土) 13:57
当日はあいつの好きだった銘柄たばことコーラを朝買いました。
あいつを思い出し、飲み、吸いながら心の中で、
「おう待ってろよう、りっぱの作ってやるからよう」などといいながら仕事をしました。

数日後完成。
私は納骨が終えた頃を見はからい訪れると、花が飾られてます。
さらに数日後、あいつの夢を見ました。
前歯のない顔で笑いながらエロ本をくれる夢…そんな奴でした。(笑)私の思念がみさせた夢かもしれません。
大きな事故だったので今でも噂はあるみたいですが、私はあの夢で成仏を信じたいです。



オカルトランキング




229 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 18:45:29.22 ID:RfKL2kuj0
実家の裏に丘に毛の生えた程度のちっこい山がある。
たけのこが生えたりするし小さい崖とかお堀の跡とか遊び場所に事欠かなくて、小さい頃はいつも遊んでた。
で、山の中に一箇所、お地蔵様とおぼしき石がたくさん置いてある場所があった。
一応その山は我が家の私有地なんだけど、いつからあるかわからないらしい。
誰も手入れしたりしないんでコケも生え放題だし、汚れ放題。
倒れてるのもあったりして、子供心に可哀想だと思って全部並べなおし、
家から持ってきた水と雑巾で掃除をしたりした。
そこでやめときゃいいのに、お子様だった私は「ついでにお化粧も」と思って、
その辺になってた烏瓜をとってきてお地蔵様の頭にすり潰しつつこすり付けた。

「それはだめ!!」

かなり焦った声で後ろから声をかけられ、振り向いても誰もいなくて、
お地蔵様の方を見るとさっきまで頭の上に鎮座してた烏瓜がちょっと離れたとこに落ちてた。
お地蔵様ごめんね…怒らないでくれてありがとう。
  
230 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 19:26:58.65 ID:RiAIZuIK0
なんとまあ微笑ましいw
お地蔵様は子供の守り神ですもんね。
  



☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ