【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: お地蔵様系




743 :本当にあった怖い名無し:2009/08/26(水) 07:41:32 ID:+BJK3LhIO
田舎の婆ちゃん家の話。

婆ちゃんの家は、十字路の交差する部分に隣接して立っていたので、道はすごく見通しが悪かった。
そのせいか事故が多発して、俺は家庭の事情で、小学生の時婆ちゃん家に住んでたんだけど、
その間事故を何回も見た。
俺が見た事故はなぜか毎回、車が婆ちゃん家に突っ込むように当たってくるんだよね。
もの凄い音がして、家が揺れて、驚いて外にでると、ひしゃげた車が塀につっこんでいる。
クラックションが鳴りっぱなしで、うめき声がして、車内を覗くと、血を流して倒れてる人がいる。
そんな事故を見るのはショックだったけど、だんだん慣れてきた。
なにしろ月に一度のペースで起こってたし、死人は一人も出てなかったから。
というのも、道を挟んだ向かいの交差点の隣接地には、お地蔵さんがいた。
何度も事故があるのに死人がでないのは、お地蔵さんのおかげだと婆ちゃんは言っていた。

お婆ちゃんは、よくお地蔵さんの夢を見るらしい。
俺が一緒に住みだしてからは、「お地蔵さんが『孫は良い子だ』と褒めてくれた事もある」といっていた。
幼い俺は、婆ちゃんが言うならそうなんだろうなって信じて、
毎日お婆ちゃんの勧めるまま、お地蔵さんを拝んだりしていた。
そのお地蔵さんは赤い頭巾を被ってて、無表情な顔で目を開いてるんだ。
なんか、前にいるとじっと見られてる見たいで、拝んでる時も不思議な気分だった。
それに、真っ赤なしゃくなげの花がいつも備えられているのが印象的で、正直怖いと感じてた。

ある日、あまりにも事故が起こるから、婆ちゃんの家を役所が買いとって壊す事になった。
婆ちゃんも引っ越しに納得して家は壊され、俺は転校し、両親の家に帰って一緒に暮らす事になった。


744 :本当にあった怖い名無し:2009/08/26(水) 07:42:33 ID:+BJK3LhIO
交差点は凄く見透しが良くなった。なのに、その後一件だけ事故が起こった。死亡事故が。
犠牲者は俺と同じ年の小学生で、元同級生だった。
だけど、一度も話した事のない子だったので、それほど悲しいと思わなかった。

俺は一応葬式に行き、そのあと親族でお婆ちゃんの家に泊まった。
その時に事故の話題がでて、婆ちゃんは言った。
「事故に遭った人はみんな、『小さい子供が飛び出した』っていうから、最初はあんただと思ってひやひやしたよ」
「違うよ」
「だよねぇ。事故はいつも、あんたが家の中にいる時にあったもんねぇ」
「そういえばそうだっけ」
「そうだよ。だけど、みんな『赤い帽子を被った子供が飛び出した』っていうんだよ。
 あんたいつも赤い帽子被ってるじゃない」
小学生の時、俺はいつも赤白帽子を赤にして被っていた。
「違うよ。絶対、僕じゃない」
「わかってるよ。お前はお地蔵さんも褒めるくらい良い子だからね」
「なんていって褒めてたの?」
「良い子だから、友達になりたいっていってたよ」
「友達?」
「寂しいから、毎日顔を見せてってさ。毎日お参りさせてただろ?」
「うん」
「引っ越しの前の日も、夢に出てきたんだよ。『孫はいなくなるのか?』って寂しそうに聞いてたね」

俺は怖くなって、それ以来お地蔵の前に立っていない。
それから何年かして誰かに、あのお地蔵さんは供養地蔵なのだと聞いた。




755 :本当にあった怖い名無し:2009/08/26(水) 13:39:10 ID:CZ/0qE5g0
>>743-744
代わりに連れてかれた同級生かわいそう・・・


764 :本当にあった怖い名無し:2009/08/26(水) 23:37:50 ID:5wH4v0zM0
>>744
同級生が身代わりになったんだな
友だちに
じわっときた・・・ゾクッ



☜1日1クリックの応援お願いします



332 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/04/28(月) 02:06:48.30 ID:AfJiUQON0.net
俺じゃなくて息子のことなんだが、
今住んでる家は築40年以上の古い家だ。
前に住んでた人は老婆で、別に死んだわけでもなく老人ホームに入ったし別にいわくもなにもない。 
息子がことあるごとに、怖いへんなもんがいるって言うんだ。 
押入れに怖いじいちゃんがいる、冷蔵庫の前にお化けがいる、とか尋常じゃない怖がり方なんだ。 
んで一応嫁が気休めに盛り塩したんだけど、1ヶ月くらいで黒くなるんだよ先端がさ。 


333 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/04/28(月) 02:09:35.92 ID:AfJiUQON0.net
そんな息子が最近変わったんだよな。
お地蔵さんがいるから怖くないって言い出したんだ。
ちなみにお地蔵さんなんて言葉教えたことない。見たこともないと思う。 近くにないしな。 
まぁ保育園とかで聞くのかもしれないけどな。
とにかく、車に乗ってるときもお散歩してるときも、お地蔵さんが一緒にきてる。ニコニコ笑ってるとか言いやがる。 
それから家の中で怖いとか言わなくなった。

ちょっと不思議な感じだけど、悪いものではないのかなと思ってる。



☜1日1クリックの応援お願いします




179 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/02/09(火) 14:49:01 ID:RUSPVQ5D0
小学生のとき、どうしようもなく腹が痛くなった。
もうほんとに死にそうなぐらい痛かった。

その時、ちょうど近所に住んでるおばさんが家に遊びに来てて
「あら、○君。おなか痛いの?
だったら黒地蔵さんとこ行きましょ」と行って僕を連れ出してくれた。
近所のお豆腐屋さんでお豆腐を買って、小学校の裏山を登っていく。
もうずっと泣きそうだったけど、なんとか我慢して古ぼけた小屋に到着。

そこには大きく真っ黒で、体中を紐で縛られているお地蔵さん。
豆腐をお供えして「おなか痛いの治りますように」とお願いすると。
そしてそれから家へ帰るとすぐに腹痛が治ってしまった。

それから黒地蔵様に纏わる伝承などを調べていると、
どうやら黒地蔵様はお豆腐が大好きらしい。
お豆腐をお供えすると、いろいろとお願い事を叶えてくれるらしいけど
お豆腐が好きすぎて、そこら中をうろつき回るので縛り付けられてしまったそうな。

黒地蔵様、どうもありがとう。

181 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/02/09(火) 21:07:19 ID:cxSk0MH/0
> お豆腐が好きすぎて、そこら中をうろつき回るので縛り付けられてしまったそうな。
お地蔵様カワイソス(´・ω・`)

182 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/02/09(火) 21:12:47 ID:nuDg8QDiP
 緊縛地蔵w

183 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/02/09(火) 23:30:10 ID:G+oMjaqHP
>>182
お前馬鹿だろw


☜1日1クリックの応援お願いします




132 :地蔵様の数:2013/09/04(水) 17:31:17.02 ID:hnJnJi8U0
僕は山が大好きで毎年登っている
無性にアケビが食べたくなって登ってみた。
山に登ると言っても50Mくらい上がるだけなので軽装備もしくはみのままでいつも登っていた。

入口に地蔵様があって軽く祈り後にした
空には鷹が居て「ピロロロロ」なんて鳴き、僕は廃墟の病院を見つけて中に入ってみると
散乱した医療品の数々、中は暗くてわずかに漏れる光が頼りだ。


133 :地蔵様の数:2013/09/04(水) 17:33:22.97 ID:hnJnJi8U0
少し奥の方へ行くと 女性が立っていた。

来た道を戻り、廃墟を後にした。
地蔵様がさっきあった場所辺りまで戻った僕は違和感が湧く
さっきは一つだった地蔵様の隣にもう一つ地蔵様が置いてあった
後ろを振り向くと



135 :地蔵様の数:2013/09/04(水) 17:38:12.88 ID:hnJnJi8U0
そこには背中とケツがあった。
僕の頭を覗きこんでいる女性の顔が頭上にもあった。

近くの国道まで走って
あのあと地蔵様の数を見に行くと、ちゃんと一つだった。
だが時々、三つになったり、増えている時がある。

じいちゃんに恐る恐る聞いてみると
「それは警告ではないだろうか?山の神様が何匹危険なバケモノが今活動していますよ」
と言っているらしいと言っていた

地蔵様をたくさん見かけたら
あなたの命が危ないかも知れない危険な証拠かもしれませんよ?



☜1日1クリックの応援お願いします



家族で旅行に行った時に、旅館の周りをブラブラ観光していたら、荒れ果てたお地蔵様があった。
別に俺達が掃除する義理もないので、そのままスルーしようとしたら、
四歳の息子が急にゴミ拾いを始めたので、「偉いぞ!」と誉めて、少しして旅館に戻った。

夜、息子が寝た後に嫁さんと二人でビールを飲んでいたら、
息子が寝言で「僕イラナイからパパにあげる」と言っていた。
昔だれかに『子供の寝言には話かけたらいけない』と言われたのを思い出して、声はかけずに無視してそのまま寝た。

朝起きて飯を食べているときに息子が、
「昨日夜にお地蔵様がきて目をくれると言っけど、僕はいらないからパパにあげるって言っといた!」と言っていた。
あの寝言はそれかとなっとくした。

チェックアウトをして、帰りの駅に向かうバスを待っていた。
そのうち遠くの方にバスが見えたが、そのバスに黒い霧みたいなのが絡み付いていた。
次のバスまで時間はあったけど、なんか気味悪かったので次に乗ることにした。

そして駅までのバスの中からみたのが、
最初にに乗るはずだったバスが事故にあい、パトカーとかがいっぱい来ている所だった。

そんなもん見たからかなり気分が悪くなり、家についた後も早めに寝たんだけど、
途中目が覚めテレビをみていたら、息子が寝言で「その目は大切にしなさい」と言っていた。
今でもたまに車に黒い霧を見ることがあるのがかなりこわい。



☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ