【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: お祓い系



24 :本当にあった怖い名無し:2012/08/27(月) 18:31:15.66 ID:ROxD9jPT0

毎年夏に地元に帰って高校の頃の友人5人で集まるんだが、今年夏にちょっとおかしな事が
あった。どうにも?・・・な話で、誰かに聞いて欲しくて。
皆30半ばになって、子供が学校行き出した奴とかもいて結構色んな話題が出てたが
俺たちの仲間内で一番明るくてムードメーカーだったFが性格が変わったように大人しく
なってて、どうしたの?って聞いたら「皆に聞いて欲しいことがある」と。何した?って
聞いたら「なあ、いつ戦争終わったんだ?」と。何言ってんだ?と詳しく話せよと突っ込んだ。
そしたらF曰く
・2~3年前から違和感が有った。詳しく覚えてないが、何か違う。例えば国旗。
日の丸には違いないんだけど、最近少なくない?前はもっと駅とか公共施設に挙ってた筈。
・北朝鮮と韓国に分かれてる?何故?確か歴史で習ったけど、俺たちが生まれる前に中国に
なって無かった?で、中国と日本で紛争が続いてて、沖縄が解放区でアメリカの支配下で
そこから香港特区と貿易してなかった?
・民主党って何?いつから政権与党になってた?というか、法律で首相公選制じゃなかった?
とかとか・・・

 

 

25 :24:2012/08/27(月) 18:35:27.90 ID:ROxD9jPT0

他にも幾つか訳わからん事を言ってて、俺達4人が驚いてたら、すまん、冗談だって。
でもその飲み会の後、俺とFは幼馴染で勤務先(Fは地方公務員)も近くて普段も一緒に遊んだり
する仲だったんで、先週末にも一緒に飲んでたんだが、いい加減酔いも回ってきた時、又同じ話を
してきたんだ。どうやら真剣に悩んでいたらしい。で、あまりに不思議な事を言うんで、昨日俺の
会社の先輩が知ってる霊能者?に連絡入れてもらって、来週予約取れて一緒に行くんだ。
Fは複数の精神科にも通ってたんだが、結局自律神経失調程度の診断しか無く、本人も参ってるんで、
その霊能者に会うのにかなり前向きではある。でもなあ・・・本人いわく知ってる世界と違うとか
言い張るんだが。どうなんだろうな。元々そんなおかしい奴でもないし、堅苦しい奴でも無かった。
仕事が終わって、ずっとモヤモヤしてるんで書いてみた。
とりあえず今週末、先輩とFと一緒に行って、俺も話を聞いてくるが。

 

 

36 :24です:2012/09/02(日) 20:49:42.14 ID:ejBrr87m0

さっき友人を送って帰ってきましたので報告です。
朝から色々あって、とりあえず整理してからと思うんですが、まずは落ち着かないと
何から書けばいいか とりあえず最初から書きます。
こないだFと話してから、何か引っかかってた事があって
何か判らなくて・でも、さっきやっとわかったんですよ。
おかしい。やっぱり俺の幼馴染じゃ無いのか?あいつ
何がって、元々あいつ「左利き」なんですよ。ガキの頃から。
なのに今さっき久々に一緒に飯食ったとき「右利き」になってたんです。
あいつの爺ちゃんと婆ちゃん、おかんとが何年間もかけて無理で、中学の時
右利き矯正で吃音が出てきて中止した位酷かった筈なのに。
あれ、お前右利きだっけ?って聞いたら「当たり前じゃねえか」って。
とりあえず霊能者さんのところに言った話はあとでまとめて書きます。

 

 

39 :24です:2012/09/02(日) 22:03:57.17 ID:ejBrr87m0

友人(後述A)から電話あって今日の確認してました。
とりあえず時系列でまとめます。

 

昨日/昼からF以外の友人と連絡、そのうちのAとB(仮)と再度確認。
やはり二人とも心配してた模様も、家族あるため俺に任せる、となる。
その折、Aから「どうしても確認していてほしい件」聞き、報告約束。
⇒元々AもFの中学時代からの友人(俺は実家がごく近隣で幼少時代から)で、Aの元カノが
Fの妹でもあり、俺と別の立場でごく親しい。で、確認して欲しいと聞いたのがその妹について。
内容は俺たちが高校3年(Fの妹も同じ高校・2つ下)の時に
俺・F・Fの妹・Aで行った花火大会の時の思い出。
Fの妹がからまれて喧嘩になった話の思い出について。
当事者としては俺・F・Aしか知らない事が合った為、Fの本人確認で聞く約束。

 

今日/9時にFと約束のJR駅前に迎えに行く(俺の車)。その後俺の先輩を迎えに行って先輩の
伯母さんの道場へ(霊能者)。 信者の方(行者)3人が待っておられ、そのまま御山に同行し
滝行を2時間。午後から霊視(結局夕方5時までかかった)。

 

 

42 :24です:2012/09/02(日) 23:07:15.14 ID:ejBrr87m0

すいません、雑事で連続書き込み出来ませんでした。
まずFを迎えに行った時、待ち合わせて車に乗り込んでから約30分程Fの現状について
二人きりで話す。その時初めてFから自分に起きている不可解な事を聞く。
・(Fは今公舎に住んでます)自分の身に覚えのない荷物がある(持ってきたのは子供の
おもちゃのステッキ?/魔法少女系のような・バンダイでは無かった。反転したハングル?)
親元から出て来た時には無かったし、何故衣類クローゼットの中に?
・昔の写真が無い・小中高の卒業写真含め/今の職場での職員旅行の写真も。
・記憶と違う(以前記載)・やはりあれは思い違いではない(歴史上の詳しい日付を聞く)
そこで俺からAと約束したFの妹に関する質問(前述の襲われた時の話)をするが「知らない」
・・・自分の妹が生涯負う事になった事件について知らないはあり得ない(Fには言わず)。
そこまで話したら先輩と合流となり、話終了。
滝行(俺も同行。結界内に入るのでとの事)し道場に移動、結界内で祝詞~何か色々。
終始落ち着いて行動も何故か俺と先輩が気絶。気が付いたら先輩の伯母さんがFと問答中。
ちょうど17時頃で終了、片づけを手伝いその後お茶を頂きながら結果を伺う。

 

 

43 :24です:2012/09/02(日) 23:25:42.20 ID:ejBrr87m0

先輩の伯母さん曰く「私の範疇ではない」との事・・・?つまり霊障やたたり、その類ではない。
ただ、Fの存在が俺や先輩、その他普通の人と違う―霊の存在する事象が異なる・とか。
Fの背後霊や先祖にあたる霊体が感じられない・との話。伯母さんも経験が無いとか。
・・・要は「問題は無いけどおかしい・けどその原因が判らない」
Fからも伯母さんに現在起きてる霊障ぽい事も話した(宿舎の玄関鍵が夜中に勝手に開く・物が
無くなる・異性と付き合った時、必ず相手が事故に遭う(100%・友人間で有名)など。
それについては「宿舎に問題がある(Fではない)」とか。

 

それよりもビビったのが俺と先輩の事。
俺と先輩の仕事は外国との商取引や金融等(結構な頻度で渡航する)なんだが、ここ一年
ある特定アジアの国との仕事が多いのよ。そこで「狙われてるから注意しなさい」って。
・・・色んな取引あるから、誤解で恨みを買う時もある仕事なんだが、指摘受けた事の中で
幾つか思い当る事が合って・・・先輩と二人で顔を見合わせた(同じ部門)。
俺、恨みを買ってるらしい。で、今日先輩ともどもお祓いして貰い、霊障が離れて気絶・と。

 

何じゃそれ、と思わないで。許して。本人はかなりビビってますから orz コンゴタイドニキヲツケルヨ
その後F含め3人で飯食ってFを送った後、先輩から聞いた真相。

 

44 :24です:2012/09/02(日) 23:42:23.39 ID:ejBrr87m0

伯母さん「Fと離れなさい・人間には出来る事と出来ない事がある。全て生きとし生けるものは皆
連鎖の中にいるがそこから離れたものは救いようがない。判らなくていいし教えるつもりもない。
彼は彼の運命がある。それは誰にもどうしようもない・ただ関わるな。」
と帰る前に言われた。今まで何人か伯母に紹介してきたが「関わるな」と言われたのは初めてで
先輩も驚いたと。どちらにせよ俺に必ず伝えるようにと。
で、思い返して夕方書き込んだ文に戻るんですが、Fの利き腕が違う事や趣味趣向(元々タバコが
大嫌い/今日ピースをすぱすぱ・・・ どう考えてもおかしいんですよ。
帰宅後、必ずするように言われた事
(塩水でうがい・頂いた線香とコップ1杯の水を水場に・頂いたお札を全室の壁に貼る)をして
Aに報告。 で、今書き込んでるんですが先程先輩から明日の打ち合わせと併せて指示が。どうやら
事は簡単ではないとかで、来週また俺と先輩だけで伯母さんの所に行くとなりました。

 

 

66 :24です:2012/09/09(日) 23:14:10.59 ID:uMUszgOa0

すいません、勝手に報告です。
まず、先日からの流れですが個人情報多いのでフェイクばっかりですが
・先週明けてすぐにFが入院しました。というか連絡がつかなくなって色々聞いて回ったが
判らず・水曜の夜中にAから連絡で判明も、他府県の専門病院との事で委細不明(精神)
情報元はFの妹の友人(A嫁知人)。何も判りませんので、F実家に電話(俺は近所で幼馴染)
おばさんから「関わらないで欲しい」と電話ガチャ切り終了。
・先輩は月曜に打合せ約束(今週末から某国へ出張予定・担当は俺と先輩のみ)だったが
出社せず。連絡も不通で上司から様子見指示でマンションに行っても不在。夜になって
会社に先輩家族(姉)から連絡あり、日曜夜中に体調不良連絡あり行くと倒れてる⇒入院
原因は心筋梗塞も、若いのと対処早くて大丈夫(多分過労・1ヶ月は入院必要)との事。結果
出張は俺と担当部署上司で行くとなり、明日朝6時~に変更。

 

とりあえず今週は対してオカルトな事も無し(色々ありましたが)。ただ、不安なことがあります。
Fについて・何が何やら判らないのもありますが、やっぱりおかしかったのか?だけでは
収まらない気がします。でも、現状どこに入院したのか不明(県は知ってる)だし・・・
それと、俺の通勤用バイクへのいたずらが発生したのと、玄関やゴミが荒らされたり。
何なんでしょうね。とりあえず今週中盤には帰国しますんで、又何かあれば。
あと、先輩に戻り次第話があると伺ってます(もちろん仕事の報告も兼ねて)。

 

 

135 :24です:2012/09/15(土) 20:10:02.69 ID:1u5etR4T0

すいません、勝手に報告です。ちょっと多くの事が起き過ぎて。
この後、又先輩遠山に行ってお祓いしてきます。泊りなんで怖い・・・
取り急ぎ報告します。
・出張について/某国人が暴徒化する前だったんで何とか昨日無事に帰ってますが、凄く
不穏な雰囲気でした。現地法人の上司から夜間外出禁止通達があり、緊迫していました。
・Fについて/3日前にK国にいると本人から会社メールへ連絡あり。何が何やら・・・とりあえず
現状これ以上は書き込みを伏せます。マジやばいのか?・・・
・私自身について/帰国後先輩から再度呼び出し=今日から連休中山籠もりの指示有り。で、
このあとお迎えに行き、一緒に行ってきます。
とりあえず今書き込めるのはここまでです。ちょっと様子見ながら又報告します。あと、帰国後
気付いたんですが、俺のマンション、誰か入ってる・・・ちょっと思い当たる節があったんで、軽い
トラップ(セロハンテープ・トラップ)してたんですよ。何が何やら・とりあ

 

 

316 :24:2012/10/13(土) 01:59:00.22 ID:y87PRGc80

確か以前こちらに書き込んでいました。全てが解決したのでご報告まで。
すっきりしました。友人はここの別スレに身の回りで起きた事を書き込んでいたようです。
けれど姿かたちは私の良く知ってる友人でしたが、本人曰く「入れ替わった」とか(笑)
体良くはぐらかされました。まあ、いい奴なんで。今も一緒ですよ。
くれぐれも言われました。誤解を与える様な書き込みはするなよ、と。
ダサい・文章は勘弁!なんて。一緒に笑ってます。
関係無いけど、一応話は聞かせてもらいました。けれどあまり詳しく聞くのは
禁止(笑)とかって。大した話では無いのに(笑)
さては俺を笑いものにして酒を飲んだな、とかって。
連絡は早めについたんですよ。何も心配は無かった。
体裁が悪い漢字にはなりましたが。
益々今度のことで友人と仲良くなりました。
先輩に伝えなくちゃ。心配ないですって。




オカルトランキング



766 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/08/10(月) 17:16:47.38 ID:+QVRjvjK0.net
事故物件の流れでちょっと昔の話

ある家で家人が自殺。
ただ、まだ買って数年でローンも満載のため、家を売ってからしか引っ越せない状態だったので、
『居住中』のまま中古物件として販売した。
うち専任ではなかったんだけど、新しい・立地が良いこともあって問い合わせが多く、
何度も人を案内したけど、なかなか仮審査すら申請がない。
家もリフォームしてきれいにしてるし、
自殺後に家人が住んでいる、というのはプラスポイントだし、
(家人がいない自殺説明だと、一家心中等を想像する人が多いため)
決まらないのはおかしいなあ、と思っていた。

ただ、案内した時に、二階の和室(自殺があった部屋)に案内すると、
日当たりの良い和室のはずなのに、何故か皆口をそろえて「この部屋は暗い」とか「かび臭い」と言うので、
案外みんな何か感じ取るもんなのか?とちょっと不思議な気持ちになっていた。(ちなみに俺は前々わからなかった)


767 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/08/10(月) 17:17:28.08 ID:+QVRjvjK0.net
ある日、何軒か一緒に中古住宅見て回ってるお客さんから突然、
「あの、一番最初に見に行った家ありますよね。築浅の・・。あそこ、お払いとかしないんですか?」と聞かれたので、
「多分お祓いなんかはしてるんじゃないですかね(適当)」と答えたら、
「でも、二階の和室の入ってすぐのところに、
 50代くらいの男性がずっとぶら下がってるってことは、お祓いとかしてない証拠じゃないですかねぇ?」
と言われてびっくりした。
言われてみると、その人、その和室に案内した時、中に入るのを固辞したのを思い出した。
俺、普通にそこ何度も通ってましたやん!!と思ってかなり焦った。
会社に帰ってそれを先輩に伝えたら、
「ああ。そういうのは『買いに来た人』にしか見えないらしいから、問題ない」といわれた。

『買いに来た人しか見えない霊』というのは、不思議なことに不動産関係では結構よく聞く話なんだよな。





オカルトランキング



77: 本当にあった怖い名無し 2008/09/18(木) 18:14:10 ID:2+WcHNhY0
あまり怖くないかもだけど、数年前に亡くなった漏れの婆ちゃんの話。

漏れの婆ちゃんは自称「霊感が強い」人だった。
一緒に住んでたのは9歳までで、当時は婆ちゃんの霊体験?の話を恐々聞いていた記憶がある。
漏れの母親は、漏れが7歳の時に他界したんだけど母親の霊ともよく会うって言ってて、子供ながらに母親の霊に会いたいような会いたくないような複雑な心境にさせられてたw

そんな婆ちゃんの得意技が疳の虫祓い。
漏れも何度かやってもらった事あるけど、今思い出してもあれほど不思議な事はなかった。
9歳くらいまでの子供にしか効果がないらしいけども、婆ちゃんが何やら呪文を唱えながら墨で子供の手のひらに文字を書くんだ。
数分後に指先から何匹?も、見えるか見えないかわからないくらいの白くて細長いミミズみたいなのがのたくりながら出てくる。
これが疳の虫、だそうで、指先から出す事で子供の疳の虫が治まるんだそうだ。

当時は指先からこれが出てくるとキャッキャ言いながら叩き落としてたんだけど、今思えば体内から一体何が出てきてたんだろうかとちょっと怖くなるw

ちなみに婆ちゃんの係累には高野山の高僧もいたそうだけど、この辺も何か関係あるのかもしれないな。

78: 本当にあった怖い名無し 2008/09/18(木) 20:26:52 ID:jOBDS3rt0
>>77
蟲師って映画がそんな感じだったよ。実在するのか。

79: 本当にあった怖い名無し 2008/09/18(木) 20:53:37 ID:yitedQ380
>>77
ぬーべー乙

126: 本当にあった怖い名無し 2008/09/19(金) 20:03:32 ID:z++6kdwD0
>>77それ、私、某お寺でやってもらったことあります。
本当に白い物が出てきた。。
あんまり疳の強い子だと赤い虫がでるって聞いて怖かったです。

753: 本当にあった怖い名無し 2008/09/29(月) 04:40:45 ID:TzxnDdDx0
>>77
その手の話を父から聞いたことがある。

それは父の姉が体験したもので、父がまだ生まれる前の話みたいだが
当時3、4歳だった伯母は、なにかと落ち着きがなく、ことあるごとにヒステリーになって暴れ出し、大人たちの世話を焼いていたんだそう。

それに困り果てた祖父母、つまり伯母の両親が、お払いを依頼。
昔は、暴れる子どもに虫がついているという考え方は普通だったみたい。

家族全員が見守る中お払いをしてもらうと、伯母が暴れ出し、大人しくなったかと思ったら、手の指と指との間から虫がたくさん出てくる出てくる。
一緒にいた伯母の兄弟がいうには、納豆のような糸をひいて、たくさんの虫が繋がって出てきたらしい。
まだ幼かった伯母には、黒い煙のようなものがもわんもわんと指からでていったと記憶されているよう。

それ以後は、暴れることもなく普通に生活していたそうだ。
自分も受験期にヒステリックになる度、よく親からお払いしてもらえと言われたっけなw


自分は実際に見たことも体験したこともないが、この体から虫が出る話は結構耳にするね。
そんな頻繁に虫が体に潜むものなんだろうか…

755: 本当にあった怖い名無し 2008/09/29(月) 05:46:03 ID:TrGZHd+WO
>>753癇癪蟲(かんしゃくむし)と呼ばれる奴じゃない?全国区かは知らんけどウチの田舎ではそぉ呼んでた

81: 本当にあった怖い名無し 2008/09/18(木) 21:49:36 ID:alKM4cOE0
小さい頃「歯が痛い」と言ったら近所のお寺に連れていかれて祈祷された。
もちろん虫歯が治るわけもなく、子供心にもうんざりしてた覚えがある。
で、不気味だったのがそこの住職・・幼女だった私を見ていつも
「可愛いねえ、今度買いに行くからねーー」と笑いながら言ってた。
「買う」って言葉の響きが嫌だったな。

82: 本当にあった怖い名無し 2008/09/18(木) 21:57:48 ID:AiCHpj5e0
お前の親も腐れ坊主も糞キモ過ぎ
そんな糞親とは早いとこ縁切った方がいいな

83: 本当にあった怖い名無し 2008/09/18(木) 22:31:30 ID:alKM4cOE0
>>82
親も自分も今はもう違う土地に住んでる。
まあ、寺に連れて行ったのは、ばあちゃんだったんだけど・・
その寺は町内で「金毘羅さん」と呼ばれて親しまれてた。
その後は親に普通に歯医者行かされたし、付き合い程度だったみたい。

93: 本当にあった怖い名無し 2008/09/19(金) 02:05:11 ID:f8vFs0pk0
>>83
そりゃすまん。早とちりして両親に難癖つけて申し訳ないです
しかし坊主はキモいな







オカルトランキング



211 :本当にあった怖い名無し:2020/02/11(火) 01:44:48.73 ID:D4GhsAnjO
どちらも十代の頃に駅のホームであった不思議な話。

1.
柄の悪そうな若い二人組の男の片方にぶつかった。
ぶつかった方の男がいちゃもんをつけてきたが、
混んでいたのにボケっとしてたから謝った。
男は謝れば済むと思ってるのかというような事を言ってきて、
あまり絡まれるようならどうしようかなと思っていたら
突然もう一人の男がペコペコと謝ってきた。
私もぶつかった方の男も「?」という感じだったが、
もう一人の男は「?」状態の仲間を引っ張って
ペコペコし続けながら急いで去って行った。
私は小柄で地味で気弱な感じに見えると言われる事が多いし、
ペコペコされる心当たりもないので非常に不思議に思った。

2.
電車を降りて階段に向かっていたら
突然後ろから背中をパシパシとはたかれた。
驚いて後ろを振り返ったら中年の品の良さそうな女性が
「驚かせてごめんなさい。色々ついていたから」と言った。
身だしなみをしっかりしてる方ではないので糸くずでも付いてたかなと思い
お礼を言って立ち去ろうとしたら、またはたかれた。
「まだ残っていたから。多分もう平気よ」と言われた。
わりと強めに念入りにはたかれたけど、
そこまでだらしないわけじゃないのにと不思議に思った。


214 :本当にあった怖い名無し:2020/02/11(火) 14:31:22.43 ID:6Z5x2fxGw
1のペコペコ男は見える人
2の中年女性は祓える人
>>211は悪霊憑き
駅は霊が多い
背中叩くは除霊の基本




オカルトランキング



713 本当にあった怖い名無し sage 2012/04/27(金) 22:32:05.98 ID:Saq3qPJc0
俺は小さい頃から霊感があり、ちょくちょく変なモノを見かける。
こないだも友達とアンクルハウスって地元で呼ばれてる心霊スポットに行ってきた。その時起きた一件を書くよ。
アンクルハウスっつーのは、そこそこ立派な洋館もどきだ。俺らが子供の頃には既にあった。たぶん築50年は経っている白い家だ。
子供の頃から、ここは幽霊屋敷だとまことしやかに噂されていた。もちろん人は住んでいない。
夜中に電気がついていたり、女の喘ぎ声が聞こえてきたり、中に入ると階段に髪の毛がぼうぼうに伸び切った日本人形が数えきれないくらい立っていたとか、いくつもの話が伝わっていた。
今回そのアンクルハウスに潜入するのは俺を含めて3人。みなそれぞれ、異能力の持ち主だ。俺はさっきも言ったように、普通の人には見えないモノが見える。幽霊とか妖精とか、カモノハシとか、河童とかだ。

太郎(仮名)は、めっちゃ足が速い。国体にも出たくらいだ。あと、そのせいか、体臭がかなり臭いのが玉に瑕だ。
孔子(仮名)は、ちょっとした予知能力がある。AKB総選挙の結果を当てたり、近所のクソババアの死ぬ日を当てたり、大雨の降る前の日に当てたりする。

三人とも物好きなので、アンクルハウス潜入計画はすぐにまとまった。俺たちは最初、玄関から入ろうとしたが、鍵がかかっていたので、裏口から入ることにした。裏口の鍵はかかっていなかった。
中に入ると、意外にも綺麗に整っていた。俺はまず、階段の日本人形が見たくて、部屋をぐるりとまわり、玄関の方面へと進んだ。

玄関はすぐに見つかり、その正面に階段があった。俺たちは階段を登ると、左に折れたところに、果たして日本人形が階段を塞ぐくらい、何十体と置かれていた。髪の毛は、それほどぼうぼうに伸びているわけでもなく、ちょっとがっかりした。
日本人形を踏みしめながら、俺たちは階段を登りきり、二階を探索することにした。二階には扉が3つあり、先ずは一番手前の部屋に入ることにした。部屋に入る前に、孔子が「なにかおかしな事が起こるぞ」と呟いた。俺はワクワクしながらドアを開けた。
その瞬間、おれは見てはいけないモノを見てしまった。アレをどう描写していいものか、大いに迷う。かなり抽象的な表現になってしまうことを許して欲しい。そういう風にしか表現の出来ないモノだからだ。
色は黒っぽい。が、灰色や赤が入り混じっている。大きさは大人の人くらい。形は、複雑な機械というか、回路というか、とにかくそんなような感じだった。
見た瞬間、俺はやばいモノを見てしまったと直感した。今まで色々変なモノを見てきたが、これはダントツでヤバイ。俺は逃げろっ!と怒鳴ると一目散に走り出した。
すぐに太郎が俺を追い抜いて階段を降り始めた。孔子も俺の後に続く。
日本人形を踏み、滑り落ちるようにして階段を降り切ると、正面の玄関ドアの鍵を開け、アンクルハウスから飛び出した。

太郎と孔子はいったん、一番近い俺のうちに集まった。さっきなにを見たんだ?と聞いてきたのは孔子だ。おれはできる限りうまく説明しようとしたが、見ていないヤツにアレを伝えるのには手を焼いた。ともかく、そうとうやばいモノだということだけは、分かってもらえた。

気がつくと、太郎の様子がおかしい。ニヤニヤと気持ち悪い笑みを浮かべ、身体がブルブル震えている。頭に手をやるとすごい熱だ。
おれは布団を敷いて太郎を休ませた。孔子はしばらく太郎の様子を見ていたが、明け方に帰っていった。帰り際に、「俺たちもう手遅れかもしれない」と言い残して。
翌朝になっても太郎の熱はひいていなかったので、朝イチで病院に連れて行った。病院では風邪だと診断され、解熱剤等をもらった。
太郎はずっとニヤニヤしたままだった。昨夜あの時から一言も口を聞いていない。おれは太郎を家まで送り、孔子にiPhoneで電話をかけた。
孔子はうちに帰っていなかった。逆にどこにいるのか孔子の母親から問い詰められた。
俺は昨夜あった事を話すと、孔子の母親は明らかにうろたえ出した。すぐに太郎を連れてうちに来なさい!と怒鳴られた。仕方なく俺は太郎の親に無理を言って太郎を連れ出し、孔子の家へと向かった。
孔子の家へ着くと、すぐに仏間に通された。孔子の母親は今から人が来るから、ここでじっとしてなさいと厳しい口調で俺たちに告げた。

しばらくすると、行者のような格好をしたおばさんが仏間に入ってきた。おばさんは俺たちを見るなり、露骨にがっかりした表情を浮かべ、「もう遅いわ」と言った。そして電話(iPhone)を取り出し、なにやら丁寧な口調で誰かをここに呼んでいるようだった。

「今から隣の県から私の師匠が来る。それまであんたたちをできる限り守るから、あんたたちも必死で私のいう事を聞きなさい」
そういうとおばさんは着物の前を少しはだけ、首にかかった数珠のようなものを握りしめ、一心にお経のようなものを唱えはじめた。
はだけた着物から、もう少しで乳首が見えそうだったので、おばさんが目をつぶっていることをいいことに、俺は顔を近づけ覗き込んだが、乳首はギリギリのところで見えなかった。

おばさんは、ひとしきりお経を唱えた後、「これから絶対に声を出してはいけない」とだけ言い残し、俺たちを木簡で頭と言わず体と言わず、めっためたに叩き始めた。

薄い木板なので、あまり痛くはないのだが、見ず知らずの人に叩かれまくって、腹の中は煮えくりかえっていた。乳首が見えなかったことも怒りの一因だったのかも知れない。
二時間くらい経っただろうか、突如おっさんが
あらわれた。おっさんもまた、行者のような格好をしていた。おっさんは俺たちを見て、顔を顰め、座った。
相変わらず俺たちを叩いていたおばさんに「もういい」と言うと、今回の件について話し始めた。
どうやら俺が見たのは、豊丸(ほうがん)という、鬼神の類で、この地方に時々あらわれるのだそうだ。
もともと農作物の豊穣を司る神様だったらしいが、零落するうちに人々から忘れられ、しばしの時を経て鬼神となってあらわれたのだという。
この豊丸に魅入られた人間は無惨な死を遂げるという。確実な祓い方はまだ分かっていないのだそうだ。
「一か八かだが、」とおっさんは前置きして、これから俺たちに行うお祓いについて話し始めた。
お祓いと言っても、おっさんが正式な祓い方の分かっていない豊丸な対抗するために独自に考え出したものらしかった。

俺たちは、浴槽に入れられ、浴槽いっぱいに粗塩を満たす。浴槽に入ってからは一言も口を聞いてはならない。この状態で丸一日。
丸一日経ってももし命があれば、多分、豊丸の餌食になるのは免れたということになるだろう、とのことだった。
逆に言えば、丸一日以内に命を取られる可能性が高いということだった。
俺と太郎は服を着たまま浴槽に入り、大量に買い集められた粗塩を浴槽いっぱいに入れられた。服から露出した部分がヒリヒリと痛んだが、声を発することはできなかった。

太郎はこの期に及んでなお、ニヤニヤしていた。が、おっさんの言ったことは理解しているようだった。

ふと、孔子はどうなったんだ!と頭の中に浮かんだが、声を出してはいけないので、身振り手振りでおっさんに伝えようとした。
おっさんは「あいついいおっぱいしてるだろう」とにやけながら言ったので、身振り手振りを完全に誤解されている。
俺はかぶりを振り、もう一度身振り手振りで孔子のことを問った。
するとおっさんは神妙な顔になり、あいつはもうダメだな、と言った。
その言葉と表情だけで、おれは涙が溢れるのを止められなかった。
丸一日が過ぎた。
おっさんが、もう出ていいぞと言った。俺たちは粗塩をかき分け、浴槽から這い出した。
後のことはボンヤリとしか覚えていない。再度仏間に連れていかれ、お経らしきものを唱えられた後に俺たちは開放された。
孔子はまだ見つかっていない。
ただ、孔子の机には書き置きが残されていたとのことだった。一度やはりうちに帰っていたんだな。書き置きの内容は教えてもらえなかった。
太郎のニヤニヤは一週間くらい続いたが、そのうちだんだんもとの表情に戻りつつある。
俺はというと、今回のことに懲りて、出来るだけ変なモノを見ないよう、危なそうなことには顔を突っ込まないように自重している。

ちなみにお祓い料は、○○○万円だった(>_<)



☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ