【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 占い師系




626 :本当にあった怖い名無し:2014/03/17(月) 22:32:08.38 ID:JF3JlW0H0
戦前の話だけど、大きな農家の家長が家の運勢を占い屋に占って貰ったそうな。 
そうしたら、その占い師は「この家は代々子供の運が悪い、家を継げる子がいない」と言ったものの、
当時、その家には上に4男3女の子供たちがすくすく育っていて、家長は「何を馬鹿なことを!」と本気にしなかった。

ところが、男の子たちが大きくなった頃に第二次世界大戦が激化して、長男以外の男児が戦争に取られて相次いで戦死。
それでも長男が残って終戦を迎えられたので、ヤレヤレと思っていたのに、
その肝心の長男が、農業の作業中に事故で亡くなってしまうという不運に。
今更ながら占い師の言葉に怯えた家長は、
残った3人の娘さんを必要以上に外に出さない様にして大事に大事に育てたので、
3人の娘さん達は事故にも病気にもかかわらず成長して、この中から誰か婿取りをすれば安心というところまできた。

しかし、ある日その農家が火の不始末から火事になって、2階の奥まった部屋にいた娘さん達は誰も助からなかった。
火事の時、周りの人達は娘さん達に「飛び降りて逃げろ!」と叫んだけど、
娘さん達はひたすら気弱に育てられてので、2階から飛び降りる勇気が出なかったらしい。
もし、普通程度の活発さがあれば娘さん達も、窓から飛び降りるなりして逃げ切れたかも知れないのに、
大事に育てたのが仇になったみたい。 

結局、その家は占い師の言葉通り家長の代で途絶えてしまった。 
会ったとこ無いけど、遠縁であった本当の話。

 
☜1日1クリックの応援お願いします




825 :本当にあった怖い名無し:2013/09/26(木) 00:43:03.41 ID:xpRzH3ev0
建替えた持家と、一時住んだ借家の話。

子供の頃、あちこちガタのきた古くて狭い木造家屋に住んでいた。 
隣に土地を買えたので、そのボロ家を潰してちょっと広い家を新築することになった。 
さぁこれからって時に祖母が病気になり、半年後に亡くなった。 
家の建替え費用から数百万が治療費や葬儀に消えた。 
当時のうちの家計では、消えた費用をもう一度貯めるには何年かかるかわからない。 
建替えをあきらめるか悩んだ母は、伯母の紹介でとある占い師に相談した。 

占い師いわく、
「無理してでも建てなさい。急がないと家族に不幸が出るかもしれない」 
それで両親はかなり覚悟のいる借金をして、家を新築することにした。
住家を壊すので、新居が完成するまでは借家住まいになる。
運良く、家から徒歩で15分ほどの所に、二階建て一軒家の賃貸物件が見つかった。 
家賃も安く、小鳥を飼っていたし姉は受験を控えていたしで、 
両親は喜んでろくに下見もせずに、その一軒家を借りてしまった。 

借家は住宅密集地の真ん中で、2階の南窓にわずかに陽が当たるだけの薄暗い家。 
1階が玄関・台所・洋間・風呂・洗面・トイレで、2階が洋間と和室。玄関は鬼門になってる。
この家がとにかくジメジメしてて暗くて臭い!
家中どこにいても下水管から上ってくるような生臭いニオイがする。 
おまけに蝿やゴキブリ、蟻、蜘蛛、団子虫、百足、ダニや蚤… 
毎日狂ったように掃除しても、いたる所から涌き出る虫虫虫! 
さらに南側隣家との隙間、猫の額ほどの庭にはしょっちゅう猫の死骸が落ちてる! 
10日に一度くらいの凄い頻度。ただでさえ臭い家に台所の小窓から死臭が入る。 
家の周辺が野良猫のたまり場になってて、夜は鳴き声がうるさくて眠れない。 
飼ってた小鳥は鳴かなくなり、専業主婦の母は一ヶ月でノイローゼ気味になった。


826 :本当にあった怖い名無し:2013/09/26(木) 00:43:35.97 ID:xpRzH3ev0
1階の台所は一応ダイニングキッチンだったが、誰もそこで食事する気にならず、
2階の床にちゃぶ台置いて、小鳥も含め家族全員なるべく2階ですごした。
多少なりとも陽の差す2階の方が、不浄な空気が少ない気がしてた。 

この家には、何か悪いモノでも憑いているんじゃないか?とみんな思っていた。 
仏壇も2階に置いて、中の祖父母やご先祖に毎日手を合わせた。 
「家族に災難が起きませんように」「早く新しい家が建ちますように」 
宗教に特別熱心な家じゃなく、普段は盆と命日と法事くらいしか拝まなかったけど、
あの借家にいる間は、家族全員が内でも外でも「神様仏様」と拝み倒した。とにかく怖かった。 

家の仏壇、近所の神社やお寺やお地蔵さんまで、拝めるものは拝み倒したおかげか、
新しい家は予定より3ヶ月早く完成した。
11月の爽やかな秋晴れの日、気味の悪い借家から無事引っ越すことができた。 

年が明けて平成7年1月17日、阪神淡路大震災。震度7の激震地だった。 
近所はみなぺちゃんこに倒壊し、うちを含め比較的新しい家が数軒残っただけ。 
何人も亡くなった。もし新築していなければ、我が家でも犠牲が出てたかもしれない。 
あの借家は全壊し、新しく入ってた家族のうち2人が亡くなったと聞いた。
あくまで天災だし、ご不幸に遭われた方々はお気の毒に思う。
自分たちの幸運を、やおろずの神様や仏様に感謝いたします。(合掌)


☜1日1クリックの応援お願いします




853 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/30 17:36

51 :名無しさん@占い修業中:03/07/30 13:57 ID:???
知人にどうしても頼まれて、今年70になるおばあさんを占ったときです。
内容は、いつまでたっても一人立ちできず、借金を繰り返す長男の事でした。
初めから乗り気ではなく、理由をつけて断っていたのですが、
夢に見知らぬ男性が出てきたり、部屋に一人で居ると「会いたい・・・」という声がしたりと、
さすがに自分が異常なのか霊現象なのかと判断がつかず、
仕方なくそのおばあさんと会ってみる事にしました。

そして、いざ当日と言う日。
おばあさんとお会いしたときから嫌な感じはあったのですが、
推命で見ていく内に嫌な気配や不安感がドンドン広がってきて、耐え切れずに運命鑑定を一時中断させていただき、
易を立てた所、何とも不吉な予感に適合する卦が。
知人に頼み車に乗せてもらって、おばあさんの息子さんの所へ行くと、
いくらチャイムを鳴らしても出ず、合鍵で扉を開き中に入りました。
異様な気配、静まり返った部屋で何かに呼ばれるようにしてバスルームへ行くと、
ゴムホースで首をくくった死体が見つかりました。
死後一週間前後でしたが、寒い日が続いておりそうひどい状況ではありませんでした。

警察から帰ってきた死体は、何度やってもまぶたを閉じる事はなく、
お葬式の後、おばあさんはお亡くなりになってしまいました。

忘れられない思い出です。
 
☜1日1クリックの応援お願いします



896 :本当にあった怖い名無し :2007/12/17(月) 18:16:23 ID:sI5PtNFK0

19歳の時、私の兄と兄の友人が、海で波にさらわれて行方不明になったんですが…
その時、ニュースで実名で報道され、ニュースを見た私の友人も何人か心配して連絡をくれました。 
その中に占いができる友人がいて、
私は藁にも縋る思いで、「兄は戻ってくるのかどうか占って欲しい」と頼んだところ、
彼女は『ごめん。占えない。ホントゴメン』と言って切られてしまった。 

翌日、彼女は家にやってきて私に夕べの非礼を詫び、
「実は私は占いなんてまったくできない。
 ただ、少し不思議な力があるらしく、人に見えないものが見える時がある。 
 貴方のお兄さんは既に亡くなっているのが見えた。 
 現在はここらへん(地図を指差す)にいるはず。 
 でも、見つかるのは明日の昼少し過ぎで、ここら辺で見つかるはず」
と教えてくれた。
そして実際、兄は翌日の12時半過ぎ、船で兄を探していた親族が発見された。 
ちょうど彼女が指差した位置だった。 

そして一昨年、近所でひき逃げ事故があった。 
小学二年生の子供が殺されたのだが、犯人は逃走してその位置に看板だけが立っていた。 
ある日、その友人が遊びに来た時、
隣の家の車を見て一瞬驚いた顔をし、そのまま私を引っ張って「家にはいろ。急いで」と家に引きずり込んだ。 
「どうしたの?」と聞くと、
「あの隣の人の車のタイヤに、小学生の低学年くらいの子供が血まみれでしがみついてる」と言った。 
数日後、その隣の家の息子さんがひき逃げで逮捕された。 

余談ですが、(あんまり怖くないかもですが) 
兄が海の事故で死ぬ前の年、兄と私は親戚の船に乗せてもらい釣りにでかけた。
しばらく釣りを楽しんでいたら、突然兄が「海の中に人がいる」と言い出した。
私が覗き込んでも何も見えない。 
「どんなのが見えたの?」と聞くと、「骸骨みたいな手が俺を引っ張ろうとしていた」と言った。 
ビビった親戚は、そのまま船を動かし逃げて帰った。 
それが8月某日。
偶然かもしれないけど、兄が亡くなったのも翌年の8月某日。 
その時一緒だった親戚は、「あの時の手が○○(兄)を捕まえたんだ」と葬式で言っていた。
 
☜1日1クリックの応援お願いします



前回の続き→


757 :本当にあった怖い名無し:2011/09/21(水) 18:27:03.05 ID:G3iiQeUH0
721 基 692 です。 

需要があるようなので、父方編を投稿しようと思います。 
またもや長文で申し訳ない… 

祖父の名字は、祖父実家の土地ではよくある名字。どうやら昔は足軽だった模様。 
祖父は八人兄弟の末っ子でしたが、長兄・次兄が戦死した為長兄一家を養う為、大変苦労をした位で、
あまりオカルト的な部分はないので割愛します。 

もうひとつの父方と言いますか、 
母方の編で『母は再婚』と書きましたが、私には兄と姉がいますが、所謂種ちがい。 
兄姉の父方があるわけですが… 
今私が住んでいる地方都市(結構大きい都市です)の地の方だそうです。
農村部に仕出し屋を初めて財をなしたようですが、どうも『憑きやすい』家柄らしいです。 
(あまり評判のよくない家なので、云われがあるんでしょうが、私には関係ないので母は詳細を教えてくれない) 
呼ばれるというのか、葬儀の『友引』ではないですが、やたらと『憑く』らしいです。 
兄が顕著にその性質を受け継いでいるようです。
兄の友人で『見える人』曰く、
兄はよく『浮遊霊』や『雑魚霊』を憑けている事が多く、またそういった物を呼びやすい性質だそうです。 
(恐らくB関連だと思います…Bをひどく嫌っている地域の方なので、恨まれてるんじゃないかと……) 
現に兄の父も『呼ばれて』亡くなってます。 
亡くなった当時、兄父は仕事の関係上、隣府に4人(兄父・母・姉・兄)で暮らしてました。 
老夫婦・大家息子一家・兄父一家の3戸続きの長屋住まいでしたが、
住んで2年ぐらいして老夫婦のお爺さんがなくなり、一週間後に大家息子が海で変死、
その二日後のお盆の入りに兄父が勤務中事故死… 
どう考えても、『憑いた』か『呼んだ』、若しくは『呼ばれた』としか考えられません。 
兄は転勤族。就職するにあたって、隣府に勤務することはないと言われたはずが、去年から隣府勤務に。 
しかも昔住んでいた長屋の近所……心配です。

あと、縁とは何処までもあるもので、
何も知らない母の同僚が節分の日になると、元嫁ぎ先の店から毎年太巻きを買って届けてくれるという…
兄の父はまだ母に未練があるのでしょうか…… 


758 :本当にあった怖い名無し:2011/09/21(水) 18:28:13.32 ID:G3iiQeUH0

父の祖父母は沖縄の出。母の出身地にはあまりいい感情を持ってないとか。 
父母が結婚する時、一部の親戚から猛反対を食らったそうです。
お陰で法事などの席では、母の肩身が狭いこと…話が逸れました。 
祖母は沖縄ではよくある名字ですが、一応貴族の末裔らしいです。
父が祖母からまた聞きした話ですので、眉つばものだと思っています。 
曾祖母は沖縄で占い師?易者?みたいな巫女さんをする家系で、貴族の部類に入ってたそうな。 
当然『見える人』で、後継ぎかなんかだったようです。 
しかし、一般庶民の曾祖父(大工さん)と恋仲になり、本土へ駆け落ち…は表向き。
やっぱり曾祖母が後継ぎを嫌がったようです。 
『見えざるものが見える』能力と引き換えに、視力が劇的に悪いのがこの家の特徴。 
(私は、歴史とか沖縄の風習などよくわからないのですが、占いする人が貴族ってあり得るのでしょか? 
…普通に考えて、それはまずありえないと思うのですが……) 
祖母・父が受け継いでます。父には弟がいますが、祖父の気質が強いためかあまり影響がないとか。 
父親は祖母みたく『見える』訳ではなく、『なんとなく嫌だな』的な直観が働くタイプですが。 

こうして見ると、駆け落ち率高いですね。 
愛の逃避行というよりかは、家のしがらみから逃れたいが為という感じでしょうか。 

オカルトになるのか分かりませんが、 
母方父方の祖父、母方父方の祖母の年齢と兄弟数が一緒だったりします。 
また、両祖父は男家系で戦死者が多く、両祖母は女家系も一緒だったり。 
…少し気持ちが悪いです。 


759 :本当にあった怖い名無し:2011/09/21(水) 18:28:56.21 ID:G3iiQeUH0
さてさて一番先に結論だけ書いてしまってるので、面白味も何もないのですが、 
散々云われや体質のある家のと書いてきましたが、当の私自身は何も受け継いでおりません。 
正しくは、受け継いでいましたが、通過儀礼の区切りごとに亡くなって行きました… 
3歳で先天性の病気(心疾患)と病弱さを、
7歳で頭脳明晰さを、(一族で一番賢かったらしいです←何を基準にして賢いと判断したのか疑問ですが) 
13歳で直観力を…
3歳で病気が治ったのはいいですが、7歳と13歳は罰ゲームとしか言いようがないです。 
20歳で何をなくしたのか…神のみぞしるですね。 

駄文に、お付き合いありがとうございました。 
長文な上に、文章力がなく、大変読みにくかったかと思います。
また、母方編に比べるとあまりオカルト色は少なくて、申し訳なかったです。 

また機会があれば、別のスレで霊感もちの父や母方祖父の体験談でも投稿しようと思います。 
結構突っ込みどころ満載な人生を送っているので(笑) 

ではROMに戻ります。 
質問などは、回答できる範囲でしたいと思います… 


760 :本当にあった怖い名無し:2011/09/21(水) 18:38:38.87 ID:evvBjKJR0
沖縄のノロ


763 :本当にあった怖い名無し:2011/09/21(水) 20:41:10.07 ID:DN/mv4pD0
>>759 
乙!!! 

>曾祖母は沖縄で占い師?易者?みたいな巫女さんをする家系 
もしかして・・カミダーリ?


765 :本当にあった怖い名無し:2011/09/21(水) 22:05:46.25 ID:G3iiQeUH0
759です 

>>760 沖縄のノロ 
そんなのがあるんですね(今ググった) 
そんなエライ地位についている末裔なら、私も少しぐらい『見えても』いいのに… 
祖母から判断すると、ユタぐらいが適当じゃ?
(今即席でググって、斜め読みしただけなんでなんとも言えませんが) 

>>763 もしかして・・カミダーリ? 
今ググったんですが…うわあぁあ!統合失調症じゃないですか(涙) 
受け継がなくてよかった…本当に。(統失なら、当方まだ20代なので油断できないけど) 
祖母がそんな風になってるのは見たことないです。 
只、非常に穏やかで、どんなことに対しても動じない人でした。 
達観してると言うのか、なんというのか。大らかの一言に尽きる人。

東南アジアや赤道直下にあるポリネシアなどは、アニマニズムっていうのかな?言霊・精霊信仰の関連からして、 
統合失調症の出現率が高いとか。(平均的には統失の出現率は0.9~1.3。日本は0.9だったはず) 
また、そういった人にも寛容と聞きますし…


767 :本当にあった怖い名無し:2011/09/22(木) 05:43:15.24 ID:bS1fbUKmO
>>765さん 
沖縄出身者です。 

ノロは祀る御獄(うたき)などを代々継ぎ、ユタは個人の悩み担当するのかな?と思います。
(大体先祖の話で、依頼者によって拝む場所が違う) 

ユタの素質はサーダカー(性高)といわれ、比較的過酷な人生を歩みます。 
亡母がそうで、大病した時に父方祖母がユタに相談したところ、
「母は出身地の海龍?にサーダカーだから、自分ところ(海龍)のユタになれ」
といわれたんだそうな。ならなかったけど。 
盆の入りに手を引っ張られたり、色々不思議体験もあったみたい。
 
☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ