【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 因縁



60: 本当にあった怖い名無し 2006/08/22(火) 17:36:18 ID:qHZwkAFoO
拙い文章の上長くなりますが失礼します。
この話をヒトに話た事は無いのですが…

ある日私は霊能力を持つという方(以下M)とひょんな事から友達になりました。
私自身もそういったものが多少視えるので(ムラがありはっきりした力ではありませんが)最近たまに身のまわりで真っ黒いものうようよしているのだけど何だろう?と相談を持ちかけました。
するとそれは当時付き合っていた彼の生き霊だと言われました。
そして私の守護霊と話をさせてもらった所(Mは霊媒体質です)゙別れなさい゙の一点張りでした。
しかし当時は真剣に彼に好意を持っていたので嫌だとはね退けました。
そしてMにも不信感を持つ様に…。
私があまりに別れる事に反感を持ったのでMはその黒いものを浄化しようと試みてくれました。
そしてこの時にMの能力が本物だったと知る事になります。

63: 本当にあった怖い名無し 2006/08/22(火) 18:14:18 ID:qHZwkAFoO
Mが言うには、私とその彼の家系に因縁がある。私の先祖と彼の先祖に争いがあり、私の先祖は関わり合いになりたくなくて逃げ、彼の先祖はそれを楽しんで傷付け苦しめたがっている。
正直これを聞いた時点で彼にサディスティックな面があったので内心ハッとはしました。まだかんぜんに信じてませんでしたが。

しかし霊能力をもつMと関わりを持った(黒いものにとったら邪魔された)事で日増しに黒いものはやる事もレベルアップしていきました。
Mの身体に入り自身を殴ったり壁に頭を打ち付けて痛めつけたり、私も階段から日に何度も突き落とされました。

またこちらからはMが除霊を試みたり…
私は半信半擬ながらも彼を刺激しない様に努めました。

しかし半擬半擬だったので彼とちょっとした喧嘩をした事がありました。
そしたらその夜Mから電話が。
゙どうなってるんだ!こいつら(黒いもの)白眼を剥き出したぞ!゙
あまりのタイミングに正直驚きました。
そしてやっぱりそうなんだ…と認めざるおえなくなりました。
それでも何故か別れる気にならずMに別れなくてもいい様に解決をお願いしました。
Mからは4ヶ月後位なら彼の所に行ってもいいと言ってくれました。
その間にMとは仲違いして音信をとらなくなり、Mの言う4ヶ月後位に彼ともなんとなく連絡をとらなくなりました。
私としてはこれで終わったのかな?と勝手に思ってますが。

あと、今年になって祖父が亡くなった時に祖母から本家のご先祖の話を聞きました。
元々は京都の方で内乱があり、戦嫌いのご先祖様は関わりたく無くて遠い地に移り農家の大地主になってつつましく生活を送ってきたそうです。
またそれを聞いたので彼の名字を元に血筋をあたってみました。
珍しい名字だったのですぐ分かりました。
まぁ、はっきりとは分かりませんがうちは藤原家の血筋、彼は源二軍の武士。
確かに何かはあったかも…って感じでした。
全く持ってこんな事ってあるんですね。
今はもうその因縁とやらが途切れた事を祈るばかりです。


402: 本当にあった怖い話 2006/11/08(水) 16:12:30 ID:dyByLplj0
最初からずっと見てきたんですが>>63さんのが気になった
もしかして黒いものがMさんとあなたを別れさせたかもしれませんよ
そしてふとした拍子に彼から連絡が来てしまうかもしれません。
何が原因で喧嘩したのかはともかく、仲直りをしたほうがいいと思うのですが....
おせっかいなことですが気になったもので

72: 本当にあった怖い名無し 2006/08/23(水) 23:58:33 ID:gi1+S3BKO
何であれ、関わりを持つのは縁を結ぶ事。断ち切った筈の縁が再び繋がってしまいますよ?
形見分けすらも拒否すべき。



73: 本当にあった怖い名無し 2006/08/24(木) 00:20:28 ID:Nxgp2Caq0
うちの姉が相手の家のドロドロ具合+夫の借金で離婚したけど、
もう一切関わりあいたくないと言って、親がもらっておけと言っても慰謝料を取らなかった。
夫の家族の、家や土地への執着の凄さとか、葬式でのゴタつきっぷりとか見て
恐ろしくなってただただ逃げたかったと言ってた。
それで無一文からやり直しになったけど、全て断ち切ったのが良かったのか、
再就職先で知り合った男性と結婚して、前の夫とは5年一緒にいて出来なかった子供にもすぐに恵まれて、
今は幸せに暮らしてる。
>>72の書いてるようなことはあるんだろうなと思った。




オカルトランキング



517: 本当にあった怖い名無し:2009/07/10(金) 21:30:07 ID:WVJYkZ1d0

A県の山奥に住んでいた、ある一家に起きた話
もうだいぶ前の話で、当時はまだ薪拾いなんかが普通に行われてたんだな
その家の主も山に入って色々作業してる人だった
ある日いつもと同じように山に入ろうと川縁を上ってたら
道端に大きな白い蛇がいたんだと

そのおじさんは毎日ここで仕事してるわけで
次に遭ったときに草むらで突然噛まれたりしたら嫌だなあと思った
これから山に入るところだから手元には熊手や鉈やら・・・道具は揃ってる・・・いっそ殺してしまえ!と襲い掛かった
大きな蛇だし毒を持ってるかも分からない、噛まれるのは怖い
もうひたすらに頭を狙って叩いた、おじさんも必死だった

蛇も突然襲われてびっくりしたんだろう、逃げ時を失った
やり返す事も出来ず頭から血を流して、体いっぱい砂に塗れながら全身でのたうってる
可哀想だけどもう殺すしかないんだ、早く死んでくれ死んでくれ、叩き続けた

そうこうしてる内に叩いても反応しなくなった、蛇が大人しくなった
あー、ようやく死んだんだなと・・・嘆息した
蛇とはいえ殺生したんで、やっぱり気分は良くない
なんかこのまま蛇の死骸を道に置いていくのは後ろめたいっていうか・・・
丁度横には川が流れてる、そこに死骸を蹴り出して捨てる事にした

ゴム長の横でズズズと擦るようにして川に落としてやった
すると、もう死んだと思ってた蛇が水面をサーッと滑るようにして逃げていったんだと
おじさんは一瞬ゾーッとしたが、これで二度とこの辺には近づかないだろうし
無益な殺生も避けられたんで、まあ良かったんじゃないかと思うことにした
それから暫く何事も無く過ごしてたんだ

おじさんが住んでるところは前述したとおりの山奥で温泉が湧き出る
近くに結構有名な湯治場があるんだ
まあ田舎の事だし楽しみも少ない、毎日の山仕事で体も疲れる
そうすると自然に、温泉でちょっとリラックスしようかってなる
その日も湯に浸かりにいった

湯に入ると先客が一人いた
湯気の向こうに、頭に手拭乗せて浸かってる男の姿が見える
近所では見かけない風体で、きっと湯治客なんだろうと思った
せいぜい10畳程度の大きさの湯船で、押し黙ってるのも不自然だし、何より暇だ
特にする事もないんで話かけた

その男、やっぱり湯治客だった

話を聞くと山で災難にあって打ち身・擦り傷が出来たんだという
頭にも傷を負ってこの有様だと指差した
さっきは手拭を乗せてるものとばかり思ってたんだが
よく見ると頭にまるで包帯のように、白い布を巻いて結わいてたんだな
禿げ上がってるのか髪がまったく見えない、頭のてっぺんまで生白い
その姿がまるで・・・なんか肌が粟立つような、嫌な予感がした

うわーと思ったけど、もう気になってどうしようもなくて思い切って
一体どんな災難に?と聞いたら「人に叩かれた」という
そこで思い至った・・・男の話、あの時の蛇の件にそっくりなんだ
おじさん薄気味悪くなったけども、偶然だろうと必死で自分に言い聞かせた
で湯を出て一目散に家に帰った

で結局何も無かったんだよな、そのおじさんの身には・・・

それから暫くたって、その家の不幸が始まった
おじさんには娘が一人いた
その娘さんの髪がどんどん抜けて代わりに鱗が生えてきたっていうんだな
学校にも頭に手拭巻いて通ってたという話だ
おじさんが「娘。がああなったのは俺のせいだ」と、その因縁めいた話を方々でしてた
蛇の生殺しは禁忌だと
絶対最後まで手を抜いちゃいけないんだと
怪談?と教訓がごっちゃになってこの話は近所に広まっていった

なんでこんな話をしたかというと
ニュース番組で体に鱗が出来る病気の特集があったんだけど
それ見てるときに母が「そうそう、ちょうどこんな感じだったのよ、あの娘さん」って。
それで思い出したんだ、この話




オカルトランキング



14 :名無しさん :2014/03/10(月)11:58:40 ID:LrctIpCyW

俺の小学生の頃の話。

 

母ちゃんはよく謝る人だった。
ふざけて遊んで転んだだけなのに「私が見てなかったから…ごめんね」とか、
遅刻しそうなのは俺が目覚ましかけ忘れたのが原因なのに「起こさなくてごめんね」とか、
自分が悪くないことでもとにかくよく謝ってた。

 

 

14 :名無しさん :2014/03/10(月)11:58:40 ID:LrctIpCyW

そんで小5の夏休み、父方のじいちゃんの家に帰省したとき、俺は夏風邪をこじらせたらしく高熱を出してしまった。
真夏なのに布団をかぶって寒い寒いってブルブル震えていた。
じいちゃんちでの二泊三日は寝て過ごし、家に帰ってから医者へ行けど熱は下がらず一週間以上経った。
母ちゃんはあいかわらず毎日のように「せっかくの夏休みなのに…ごめんね、ごめんね」と謝っていた。

 

そんな中、じいちゃんばあちゃんが家に遊びに来てくれた。
そろそろ熱も下がったろうと思ったんだろうけど、まだ具合の悪い俺を見て驚いていた。
俺にもじいちゃんばあちゃんにも執拗に謝る母ちゃんを見たばあちゃんは、
「あんた、いつもそうやって自分が悪くないことで謝って、いらぬ罪を作ってないかい?
 罪作りも罪。親の因果が子に報いだよ」
と母ちゃんに言った。
それから母ちゃんはしばらく泣いていたようだった。
ばあちゃんたちはそれから長居せず、「早く元気になれ、またおいで」って言って帰って行った。

 

 

14 :名無しさん :2014/03/10(月)11:58:40 ID:LrctIpCyW

次の日、嘘みたいに風邪は全快した。
母ちゃんもそれからは自分が悪いこと以外は謝らなくなった。
まあ風邪なんてそのうち治るものだし大して不思議って言えないんだけど、心に残っているので書いてみた。

 




オカルトランキング



189 :可愛い奥様:2009/06/15(月) 21:39:14 ID:7JamPIvTO
私は、ギャンブル狂いだった。
恥を忍んで書くと、嘘までついて身内からお金を無心していたんだけど、
何と、ついた嘘が全て実際に降りかかってしまうという最悪な結果を招いてしまった。
無心する為についた嘘は、仕事を辞めなきゃいけなくなったとか、
そういう小さなものならまだ良かったのだけれど、
取り返しのつかない嘘が現実になってしまい、
さすがに私も改心し、真面目に生きなきゃいけないというキッカケになったのが、
癌になってしまったという嘘だった。
それが私に降りかかってれば、まだ自業自得だったのだが、
何と妹が、その病気になってしまい、転移をし、今、必死で妹は癌と闘っている。
偶然と言うにはあまりにも当てはまり過ぎていて、
今、自分のして来た報いを身を持って思い知らされてる状態で、
本当に悔やんでも悔やみ切れないでいる。
どうして自分に降りかかって来なかったのか妹に申し訳なく、
誰にも言えない事を懺悔の気持ちで、ここに書かせて貰いました。
私のせい、本当にごめんね…


193 :可愛い奥様:2009/06/15(月) 22:48:17 ID:chFahkla0
>>189
嘘のひとつもついた事の無い人や
人をあざ笑った事の一度も無い人なんて
たぶん、いないと思う…私だってそうだし

妹さんの癌は治るよ!
言霊の力が本当にあるのなら、状況が良くなることもきっとあるはず。
だから、きっと治るよ!元気出して。


194 :可愛い奥様:2009/06/15(月) 23:01:06 ID:lo0AewyT0
>>189
私も>>193さんに同意です。
気付いた今なら、今度は良い言霊を使おう。
今のあなたなら出来るよ。
妹さんの全快をお祈りします。


195 :可愛い奥様:2009/06/16(火) 00:24:50 ID:hhQ3DJAh0
妹さんとは仲が良かったのですか?

親の因縁みたいな縦つながりはよく聞くけど、
姉妹とかの横つながりか・・。


259 :可愛い奥様:2009/06/18(木) 09:49:21 ID:H3X9iOqoO
>>189です。
>>193-194さんありがとうございます。そう信じています。
>>195
親も私と同様、ろくでもない人間だったので、
小さな頃から一家離散の様な感じで、妹とも仲がいいというよりは疎遠でした。
私が自分自身で感じるのは、私の守護についてる人か知らないけれど、
私に憑いてる何者かがギャンブルへの執着が凄いのかも知れないと感じています。
私の兄もギャンブル狂いだし、やはり一家の因縁の様なものがあるのかも知れません。





オカルトランキング



772 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/12/02(金) 09:45:42.76 ID:rfXv/hHd0.net
嫁の友達と俺の友達の話だけど

旦那のDVが原因で離婚したA(嫁の友達)に新しい彼氏ができた。
その彼氏が「最近怖い夢をみる」と言うので詳細を聞いてみたら
ある男性に毎日のようにクビをしめられたり階段から突き落とされたり
刺されたりする夢で、その男性の容姿がAの前の旦那(俺の友達)とそっくりだった。
男と旦那は当然面識は無い。
怖くなったAと彼氏は、知り合いにすすめられて有名な縁切り寺にお参りにいった。
そこで二人が偶然目にした絵馬に
「Aと○○(彼氏の苗字)が別れますように」と書いてあって背筋が凍った。

ちなみにこれは二人の事ではなく(多分)
Aも彼氏も割りとよくある苗字のため、たまたま一番前列に出ていた絵馬の苗字と一致してしまった、という
不幸なめぐり合わせではあるんだけど、見た瞬間ついさっきまで元旦那がここにいたんじゃないかと本気でビビったらしい。
その後、元旦那の夢も見なくなり、Aと彼氏は結婚して子供にも恵まれた。
夢に関しては説明がつかないけど、元嫁に対する執着が凄く
ストーカー化して警察介入したりしていたので、もしかしたらその執念が起こした不思議な現象なのかも。

余談ではあるんだが、この旦那の方はその後久々にあったら激痩せしていて
話を聞くと胃がんが見つかり胃のほとんどを切除したらしい。
それまでプロレスラーに間違えられるくらいの図体だったのに、ガリガリで貧相な見た目になっていた。
偶然なんだろうけど、その胃がんの手術をした時期というのがAと彼氏が縁切り寺にいってしばらく経ってからくらいで
二人が本気で結婚を視野に入れ始めた頃。
ストーカーされていた方が幸せになろうとする頃に、ストーカーをしていた方は不幸のどん底にいたというのは
ちょっと因縁めいたものを感じる。




オカルトランキング

↑このページのトップヘ