【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 霊媒師



243 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2019/01/10(木) 19:57:49.09 ID:eTvyl5aX0.net [2/3回]
知り合いの霊能師の話です。

私の知り合いに、霊能師のユウさんという人が居る。
私と直接の知り合いであるし、よくお茶にも行くので怖い話を聞かされる事が多い。
ユウさんは視えるし、聞こえる。そして透視ができる。
でも、いわゆる”お祓い”という行為については、端的に言えば”祓えない”そうだ。
ユウさんは「若干祓える時もあるのかも?あ、でも祓ったつもりで後で襲われるときもあるから!あはは~!」と愉快に言っていた。
笑い話では無い気もするが。

私自身には霊感は無いので、正直なところ、”幽霊や霊能力は本当に存在するのか?”
とずっと疑うような気持ちを思っていたけれど
ユウさんの話には裏付けが取れてしまうような事実と重なる話があまりにも多かったので、最近では信じざるを得なくなった。

「相談者さんに見えたことを正直には言えないの。霊能師って役に立たない。」
そんな風に前置きをして、ユウさんが話しはじめた事があるので今回はその話を。

知り合いの霊能師ユウさんから、心霊写真について聞いた話。
松浦〇弥似のかわいらしい女性が、
若い男性と共にウェディングドレスの衣装合わせの時の写真を持ってユウさんのもとに相談に来た。
「入籍を済ませたばかりで、もうすぐ結婚式です。大丈夫でしょうか?
式を止めた方がいいのでしょうか?」

その写真を見てみると、女性の顔の部分だけがぐちゃぐちゃになっていた。

ユウさんが霊視したところ、その女性のおじいさんが何かを警告しているように
顔に重なって映っていた。
結婚に反対しているかのように、視えたそうである。
結局そのことは言えず
「貴女のおじいさんに関連しているそうです」としか言えなかったそうだ。

面と向かって「その人と結婚するのはやめなさい」とは言えず。
霊能者はお金を取っていなくても、とっていればなおのこと
まったく役に立てない事がある。

「視えたまま、視えた事をそのまま口に出しちゃうとヤバいもの。」
ユウさんは物憂いげにそう言って、午後の紅茶をすすっていた。



オカルトランキング






196 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/04/20 12:54
かなり前、化粧屋・エステの店の店に働いていた。
事情があり、店長の家に住み込みするはめになってしまった。
いつも店長は遅く出勤してきた。「頭が痛い」「体が重い」と言う。
病院に行っても、どこも悪くないと言われたらしい。
一応、知っていた霊媒師をさりげなく勧めてみた。
よっぽど辛かったのだろうか?行ったらしい。
・・・でも、追いかえされたとのこと。
玄関に入ると、その霊媒師は声がほとんど出なくなり、
「強い霊がついている、私の力では祓えない」と帰されたらしい。

私達友達三人は、ひやかしではなく霊媒師めぐりをしていた。
そこは金銭では無く、するめ・お酒を持っていけば祓ってくれた。
「色情魔の霊がついている」
三人共同じことを言われ、一人ずつ祓ってもらった。
おいおい、色情魔はないだろ。失礼だなと思っていると、友達二人は号泣している。
「何故、涙がでてくるか分からない」と言いながら号泣している。
「いいのよ。それが自然なの」と霊媒師が言った。
私は涙が出てこない。何故?色情魔が強いの?
号泣している友達が羨ましかった・・・。

店長にはそこを勧めた。
でも断られ、自分で霊媒師を捜してきた。

お祓いの日は、だんご?を作ったり、お菓子を用意したり、陰陽師の人が使うものを用意したりと、色々用意して大変だった。
他にもあったはず・・・。

霊媒師が来た。手には太鼓みたいのを持っている。
店長の他界した父親の写真を真ん中に置いて、
霊が話すことを他界した父親が聞いて、それを霊媒師に伝える・・・というやり方。
ドンドンドン・・・
太鼓みたいなのをたたき、除霊が始まった。
みんなが手を合わせている。
私はしばらくして居眠りをしてしまった・・・。
何日も前からラップ現象でほとんど寝てないからか?
となりの子に起こされた。


212 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/04/22 23:13
友達はうたた寝してた私を親切に起こしてくれた・・・と思っていたが違っていた。
「○○ちゃん、あれ見て」
指さしたのは、店長の父親の写真。
霊媒師が何か言うのと同じタイミングで、写真の口が動いている。
その子も私も除霊が終わるまで、耳では霊媒師の言う事を聞き写真を見ていた。
最後まで口は動いていた。
除霊が終わる頃には、笑顔?笑ってる?口元だった。
「これを、すべての部屋の入り口に貼るように」と御札みたいなのを置いて、霊媒師は帰って行った。
セロハンテープですべての部屋に貼って、5分もしないうちに・・・。
セロハンテープが悪かったということにして、画鋲で貼ることにした。

店長に憑いてた霊は、そこの土地に前に住んでいた人だったらしい。
お婆さんと孫。
憑いてはいないが、家の周りにはその頃の近所の人の霊もかなり居たらしい。
そのお婆さんは蛇を奉って?いたらしく、近所の人もお婆さんと一緒に蛇を奉っていたらしい。お婆さんの応援?
お婆さんは『蛇を奉ってほしい』がために、店長に憑いたらしい。
私は商売人じゃないから分からないが、狐や蛇を奉る人がいるらしい。
最悪な事に社長は狐を奉っていたがために、お婆さんの願いは叶える事が出来なかった。
蛇は水が好きだから庭に池を作れば良い、ということも出来なかった。
仕方なく毎朝水をまき、供えることにした。

除霊も終わった。お父さんの写真も笑顔?だった。すべてが終わった・・・。
でも終わってなかったのかも知れない・・・。


214 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/04/22 23:45
店長が不思議な行動をした。
風呂場に行って水を浴び(まだ、水が冷たいのに)、玄関の方向に這っていくのだ。
不気味だった・・・。
本人は何をしたのか覚えてない。

こんな所に居たくない。
私は「母親の具合が悪いので、自宅に帰ります」と言い帰してもらい、
ついでに写真を見た子と一緒に仕事も辞めた。



オカルトランキング



930 :可愛い奥様 :2013/09/12(木) 07:33:38.81 ID:a9+V8/WR0
沖縄といえばユタ。
凄い人は生年月日と干支だけで色々言い当てるよ。
二人目不妊で悩んでいる時期に、別件でユタさんの所に行った。
別件の相談しかしていないのに、帰り際に『あなた○○に行っておいで。そこで手を合わせて。
お供えはいらないよ。それと。悩む必要はないよ。タイミングの問題さぁ。』と言われ、
ドライブついでに寄った後に二人目を授かった。
面識ないのに『仏壇の右側の引き出しにお菓子の箱があってその中に袋があって
そこに補聴器があるから仏前に供えて。あと、お酒のコーラ割りかな?
この色はコーラだと思うけど。お舅さん好きだったでしょ?』
と言われビックリしたよ。


937 :可愛い奥様 :2013/09/12(木) 10:41:09.13 ID:RYasl20t0
>>930
そのユタと共通の知り合いとかいないの?


951 :可愛い奥様 :2013/09/12(木) 16:16:58.70 ID:BoisLGoI0
>>937
930です。
もちろん共通の知り合いはいませんよ。
だから不思議に感じたんです。

住んでいる地域も全く違うし、初対面でした。
こちらは名前すら名乗っていません。
家族分の生年月日と干支だけです。
この方曰く、波長が合えば色々わかるけど波長が合わない人の物は何も感じない、
見えないのにこれでお金を貰う訳にはいかないからね。
だからウガン(祈り?)しか受けていない。と言ってました。


952 :可愛い奥様 :2013/09/12(木) 16:20:11.93 ID:4IyTOET70
霊能者のひとは、視る人の守護霊さん達やらの伝えたいことを聞いて、
それを伝えているんだと思うよ。
色々映像見せてもらったりと。

超能力だと、霊を介さなくても視えるけどね。


953 :可愛い奥様 :2013/09/12(木) 16:36:47.56 ID:P0e2EQWS0
私を視てくれたユタの方も、守護霊が色々と見せてくれるのを伝えるって言っていたわ。
掌を差し出して、脈を押さえると映像が浮かび上がるんだって。



オカルトランキング



527 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/05/17(日) 23:11:57.22 ID:m231S8wy0.net
10年くらい前の話。
叔母に聞いたのを思い出したので書いてみます。

従姉(叔母の娘)が小4のとき、急に何も食べられなくなった。
食欲が無い、というわけではなく、食べ物を前にして口が開かないようだった。
元々食欲旺盛な子でもなかったけど、好き嫌いはしないし、出されたものは残さず食べる子だった。
叔母が口を無理矢理開けて食べさせようとしたらしいが、口の中に溜めるだけで飲み込めなかったそうだ。

育ち盛りの娘が弱るさまをどうにかしたくて、叔母は沖縄?青森?の占い師?、テレビで出てた有名な人に相談しに行った。
そしたらその占い師は、
「その子の家族のどなたかが、石か何かを持ってきませんでしたか?
 その石の口が塞がっているみたいです。解放してあげてください」
急いで家族に聞いてみるが、何のことやら。
すると、従姉の弟(5歳)が「大きな石なら庭にあるよ」と言い出した。
庭に行くと、膝下の高さくらいのダルマのような形の石が転がっていた。
大人たちで石を起こしてみると、
顔のようなものが彫ってあり、顔の口に当たる部分が丁度地面に面して横たわっていたようだった。
千と千尋のトンネルの前にある石の顔部分がもっと小さいのを想像したらよいと思う。

石を起こしてから、従姉は何事もなかったように食べられるようになった。
石が何故庭にあったのかというと、5歳の弟曰く、叔父がある日転がしながら持って帰ってきたとのこと。
叔父は、
「あまり覚えていないが、仕事場からの帰り道に転がしたような気がする。
 だが何故それを持って帰ろうと思ったのか、わからない」

それから、石は神社の近くの川べりに、従姉と叔父は神社でお祓いしてもらったらしい。



☜1日1クリックの応援お願いします





138 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/05/27(火) 21:46:46 ID:0VNDcs3dO
知り合いの霊能者さんの話。
ある相談者から、『自宅の寝室に幽霊が出る。寝ていると
必ず寝苦しくて目が覚め上に女が正座している』と言われ
その人の家に行き、相談者のベッドで寝たそうです。
真夜中、やはり寝苦しくて目が覚め、上を見ると女性が。
ところがその日、霊能者さんはとても疲れていました。
起こされた事に苛立った霊能者さんは、幽霊?相手に
『てめぇ、死んでるくせに重てーんだよ。何食ってんだデブ!』と
毒づいてしまいました。
幽霊はまるでショックを受けたかの様に呻き声を上げ突然消失。
それ以来現れなくなったそうです。
  



☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ