【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 海系




925 :本当にあった怖い名無し:2018/08/17(金) 04:24:32.99 ID:DslhM8zl0.net
変な伝承で困り果ててる。

小さい頃に魚が嫌いだったことがきっかけで俺は祀られてる。
こう書くとほんとおかしな話だ。

祖父の代まで俺の一族は、今はもう廃村となった村に住んでいた。
ちなみに今は俺の一家含め都会人。
その村では、水神信仰があった。俺にはその水神がついてきたってことにされてる。
なんでも、水神はかなり老齢なのに大変やんちゃな迷惑者と思われてたらしい。
ただ一つ弱みがあって、それが大の鱗嫌い。
村の近くを流れる川の縁には昔から不思議と鱗が散乱していたんだとさ。

ある年村の祭祀で、もしやこれはと試しに鱗を全てとった魚を供え、
村の大事な山道の土砂崩れがおきやすいあたりは、鱗を挟んだ石垣を供えた。
すると、これが効果てきめんで、それまでは祟り神のように扱われていた水神はそれ以来守り神となったそうだ。

ま、こんな迷信、普通は土地を離れたら消えるよな。
ところが、廃村になって村人が去った後に村の近くに通された国道が、
もっと頑丈なコンクリートとかを使っていても、不思議と土砂崩れの被害が多かった。
都会に移り住んだ元村人達がそれを伝え聞いて、益々迷信を深めてしまったらしい。
はた迷惑なのは、俺もやたらと魚を供えられる。それも川魚。
とくにえらっそうに髭はやしてる鯰とか見るとむしゃくしゃする。
そのちょびひげみたいなのはひっこぬいてやりたいし、見せつけるようにきらきら輝く鱗をとって丸裸にしてやりたい。
海の魚なら我慢もするのに、やれ快晴祈願だ雨乞い祈願だと何かにつけて鮎やら鯉やら届くものだから本当にたまらん。


926 :本当にあった怖い名無し:2018/08/17(金) 04:57:42.44 ID:D776UZrX0.net
>>925
快晴祈願はまだしも雨乞い祈願はなぜ必要?


927 :本当にあった怖い名無し:2018/08/17(金) 05:22:06.35 ID:DslhM8zl0.net
>>926
村を出た後農家になったっていう人からだったと思う。
この手のお供えと手紙はもううんざりで目を通してないからうろ覚えだけど。


928 :本当にあった怖い名無し:2018/08/17(金) 05:47:00.03 ID:ZiB1/y/JO.net
お供えも手紙も要らないなら受け取り拒否しろ
手紙は赤ペンで受け取り拒否って書いて郵便ポストに入れるだけだ
郵便局員が差出人に返送してくれる
お前が受けとるからお供えや手紙が後を断たない事に気づけよ


929 :本当にあった怖い名無し:2018/08/17(金) 06:58:50.86 ID:DslhM8zl0.net
>>928
家業を一家でやってるから親と同居でな。親か妹がいそいそ受け取っちまうんだ。
俺が大の川魚嫌いなのわかってるから、三人で優雅な晩酌の肴にしてる。
しばらくはどうせ効かなくてそのうち来なくなるだろと高をくくってたんだが、
長い人はもう十数年にも渡って送ってよこすからほんと不気味でな。

愚痴めいてきたのも申し訳ないんでここまでにしとく。
有難うな。





オカルトランキング


  
353:本当にあった怖い名無し:2010/05/29(土) 20:04:04 ID:O8m/cki50
自分自身の話じゃないけど、釣り仲間であり、尊敬する人生の先輩であるKさんから聞いた話。

Kさんは若い頃、漁業関係の会社を経営してたんだけど、
漁にいかせてたトロール船の船長から、突然連絡があったんだって。
聞いてみると、『乗組員であるYが死んだ、異常な死に方だ』との事。
Kさんは何があったかのか聞き、
「とにかく、仲間が死んで混乱する気持ちはわかるが、船長のお前が慌てるな!落ち着いて冷静に!」
と、近くの港に行くように指示し、自身もその港に向かった。

港につくと、そこには安らかに眠るYの遺体があり、
船の上の死なので、警察の事情聴取や死亡解剖などが行われた。
その間Kさんは、船長や船医に何があったのかを聞いた。
船長や仲間の証言はこうだ・・・

Yが死ぬ前の日の昼、見たこともない魚が釣れたんだ。
まっ黒くてテラテラした姿で、綺麗で大きい魚。
こんな魚みた事ない・・・気持ち悪いな・・・と思ったそうだ。
その時、Yが「食べてみよう!」と言って、その黒い魚をさばこうとした。
船員みんなが「気持ち悪い、やめておけ」と静止したが、聞かずその黒い魚に包丁を入れた。
その時、その魚から気味悪い音、声?「キィィィィーーー・・・・」と聞こえた。
ますます気持ち悪くなって、みんなが「なげろ!(捨てろの意)」と言ったが、Yは聞かなかった。

その黒い魚の身は真っ白で、船長曰く「さばいた姿はヒラメの身のようだった」らしい。
半身になった黒い魚の身は美味しそうだったが、妙な悲鳴を聞いてるせいで、
船員のなかでその魚を食べる人はYだけだった。
Yはその身を頬張りながら「うまいうまい」と言っていたが、他の船員は気味悪がって誰も手をつけようとしないので、
その残りの身と半身の黒い魚を、海に投げ捨てた。


355:本当にあった怖い名無し:2010/05/29(土) 20:06:05 ID:O8m/cki50
その次の日の朝・・・
ある船員が叫んだ。
「おーい!あそこ見てみろ!船の後ろ!」
船長が船のスクリューの部分をみると、あの半身になった黒い魚がついてきているのが見えた。
まさか・・・スクリューにひっかかってるのか!?と思ったが、
そんな事はなく、半身になったあの黒い魚が、自力で泳いで船についてきていた。
内臓もなんも取っ払って、半分になった魚がなぜ・・・
そう思いゾっとした時、今度は違う船員が血相変えて叫んだ。
「おいっ!Yが・・・Yが死んでる!」

船長は慌ててYが寝ていた船室に行くと、そこには眠ったままの姿勢で干からびたYの死体があった。
ミイラのようになって死んでるY・・・船医が見たところ死因は老衰。
Yは40代後半だが、死んだその姿は100過ぎた老人のようだったそうだ。
遺体写真をカメラで撮って、船員大混乱の中、社長のKに連絡・・・との事。

警察が船医に「Yのその写真を見せてくれ」と言ってきて見せた。
その時Kさんも一緒に見たそうだが、
一同「こりゃエジプトのミイラでねが!」と叫ぶほど、その遺体は干からびていたらしい。
だが、港に戻ってきたYの死体は、眠るように綺麗な遺体。
結局、司法解剖の結果、心不全として扱われ、死因が老衰の写真はKの元に返されたそうだ。

Yの親御さんや親族には、この写真を見せる事が出来るわけもなく、
気味悪いし縁起も良くないからと、K、船長、船医で、その写真を焼却処分した。

俺はその話を聞きながらも半信半疑で、「そんなことあるのぉ~?」と聞いたが、Kは、
「本当の話だ。
 写真だって、そのときの船長(今現在の水産加工会社の社長)、船医(冷凍冷蔵会社の社長)、
 警察(新潟の警察らしい)が見たし、証言できる」と言った。

海には人間の力の及ばない何かがある。





オカルトランキング



283: 本当にあった怖い名無し 2012/06/20(水) 22:56:56.02 ID:ia3q+SXY0

亡くなった祖父が寺方だった、おいらTさんの話?
怖くないけど釣りで良型釣った次の週、再び釣りに行ったら
超大荒れ、釣り場に出る時これは死ぬなって思って
心の中で「お前死ぬぞ、死ぬぞ」って叫んでるのに身体は勝手に
仕掛け作って海へ、そこで中波かぶって目が覚めて逃げたから助かった
初めて欲に取り付かれて死ぬとこだったが、後で釣りの事故の話で
大物釣った後に自信過剰で亡くなることが多いって書いてあったよ
因みに良型を釣った日が祖父の命日で家族親戚和尚様からは叱られたが
娘の母は一言おじいちゃんがくれたのだからと何も云わず
和尚様はこれが最後の一匹だと、で確かにこれ以降大物は釣れなかった
と、まぁ亡き祖父が僧侶で今はお寺ではないTだから話がビミョーなんよ、ゴメン



オカルトランキング



358: 本当にあった怖い名無し 2012/07/03(火) 08:53:14.46 ID:F/wlChV00

既出だと思うけど、海に出た漁師さんは仏さんは必ず連れて帰る。縁起物だそうだ。
行きがけに会った時は「帰りに拾うからここで待ってろ」って言ってそのまま漁に行ってしまう。
帰りに同じ場所へ来ると潮の流れが有るにもかかわらず必ずそこで待っているので連れて帰るそうだ。
そして次の漁は豊漁になると聞いた。358: 本当にあった怖い名無し 2012/07/03(火) 08:53:14.46 ID:F/wlChV00

既出だと思うけど、海に出た漁師さんは仏さんは必ず連れて帰る。縁起物だそうだ。
行きがけに会った時は「帰りに拾うからここで待ってろ」って言ってそのまま漁に行ってしまう。
帰りに同じ場所へ来ると潮の流れが有るにもかかわらず必ずそこで待っているので連れて帰るそうだ。
そして次の漁は豊漁になると聞いた。




オカルトランキング



743 :本当にあった怖い名無し:2013/06/15(土) 15:29:07.62 ID:h1VinctD0
自分的にはトラウマな話。

毎年、夏になると父方の田舎に帰っていた。
田舎はいわゆる島で、ほとんどの人が漁師や海苔作りで生計を賄っている漁師町だった。
父の実家は山にも近くて、よく従兄弟たちと山に登ったり、海で泳いだり、
山の手前部分に川が流れていて、ちょうど川と海の混じる河口(?)みたいなところになっていて、そこに蟹がいて、
よく捕りにいったりしていた。

その日はお盆で、『お盆に泳ぐと鱶が出るから絶対泳ぐな』という言い伝えから海へ行くのを禁止されたので、
仕方なく従弟と二人で蟹取りにいった。
蟹とりに行く途中、川を渡るんだが、その橋の途中で従弟が下を覗き込み、
「にーちゃん(俺のこと)、あっこに人がおる」と呼び止められた。
橋の下(蟹がたくさん取れる場所)に先に人がいるのか?と思って覗き込んだが誰もいない。 
「誰もいないだろ」と言うと、「違う。川んなか。みてみ。女の人」と言うので、
川の中を見ると、確かに髪の長い女の人が横向いたままゆっくりうねるように“川上のほうに”流れているのがみえた。
え?何で?逆流してる?と思った途端、その女の人が川の中でぐるんっとひっくり返り、こっちを見た。 
目が合った!と思った瞬間、ヒッと声をあげた(と思う)。俺はしりもちついて怖くて目を閉じた。 
しばらくして目を開けると、従弟はじーっと川の方を覗き込んでいた。 
従弟はまったく怖がる様子も無く、俺がズボンのすそを引っ張ると 
「なあ、にーちゃん。あれ、キレイな人やったなあ。人魚かなあ?それとも川の女神さまかなあ?」と暢気に言った。 
でも、俺には凄く禍々しいものにしか思えなかった。 
女の人の服はまったく覚えておらず、うねる長い髪と、細い体と(イメージ?)、
こっちを睨みつけたときの物凄い凶悪な顔しか覚えていない。 
でも、従弟にはそれが、神々しく見えたらしい。 
同じものが見えたのか、違うものが見えたのか、受け止め方が違うだけなのかよくわからない。 

余談だけど、この従弟、この2年後に海の事故で死んだ。 
これもあの女性と関係あるかどうかは不明。 
でも、俺はそれ以後一度も泳いでない。


☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ