【閲覧注意】怪談の森【怖い話】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 動物系



わたしが子どもの頃のお話をします

五月に入ったばかりの日暮れ時のことでした。
村の田んぼ中の一本道を「おほほほほォ~」と絶叫をあげて走ってくるものがいます。
下の瀬の茂平です。
肩に鍬をしょったままものすごい勢いです。
よく聞くと茂平はこんなことをがなり立てています。

「隣の仁吉さあの倅はじつはオラの子じゃああァ あんまり仁吉の嫁がかわゆいてオラ夜這いをかけたんじゃあああ~~~」

それをたまたま丘の畑で見ていた上郷のヲスエ婆さんが上からコロリコロリと前転をして下りてくると、

「嫁を殺したのはオラじゃあ~ 立ち居振るまいの一つ一つが憎くての~ 毎日少しずつ飯に農薬を入れとったのよォ~」

絶叫しながら茂平の後について走ります。

そうして田んぼの堰で泥遊びをしていた八歳の竹公の脇を走り抜けていきます。
すると竹公は手網を放りだし、

「ごめんよお~ 寝小便して弟と布団を取り替えたのはオラじゃ~ ゆるしてけろォ~」

そう言って後に続いて走ります。

一人また一人とその走る列に村人が加わります。

そして口々に自分の秘めた悪事をがなり立てます。
一本松を過ぎる頃には総勢三〇人ほどにもなっていました。
中には村の駐在や村長の姿も見えます。

「殺したのはオラじゃ~」
「憎くての~どうしようもなかったんじゃ~」
「みんなに瘡かきをうつしたのはオラじゃ~」
「吾作の田んぼに糞尿を入れたのはオラじゃ~」

全員のがなり声がまぜこぜになり、皆が皆大きな口を開けて天を向き、村の一本道をよだれを流し息せききって走ります。

もう走る人は五〇人を越え、村の一本道は行き止まりの旦那寺珍宝寺へと近づいています。
珍宝寺の前では、和尚のどんたく上人が一張羅の袈裟を着て待っていました。
そうして土煙をたてて走ってくる五〇数人の前に立つと、錫杖を振り上げ、「喝!!」という大音声とともに地面に突き立てました。

するとそれまで疾駆していた人たちは皆憑きものが落ちたようにその場に立ち止まりました。
中には疲労のあまりくたくたと崩れ落ちる人もいます。
和尚は皆を見渡すと一言、「狸じゃよ、また化かされおってからに。」そうつぶやいて寺に戻って行きます。

その場の人たちは皆照れくさそうに笑い、ゆっくりと歩いて自分の家へと帰っていきました。
そうして次の日からは村は何事もなかったように日常へと戻ったのです。

これはわたしが子どもの頃にあった本当の話です。






オカルトランキング



644 :本当にあった怖い名無し:2013/12/05(木) 16:33:49.68 ID:IwMybvghi
子供の頃の記憶で未だに不思議なんだけど、
いとこの家がメチャメチャ山の中で、敷地がかなり広いのね。
んで、その一角に納屋みたいのがあって、そこに猫がいたんだ。(飼ってるっていうか住み着いてた)
俺はいとこの家に行くたびに、その猫と遊ぶのが楽しみだった。

ある日、普通に遊んでると納屋の奥の方に逃げて行ったんで、いとこと追いかけた。
すると猫の逃げた先の壁に、猫が入れるくらいの小さな穴が空いていた。
猫が見当たらないんで、多分その穴に入ったんだろうと覗き込んで見たんだ。
すると中に小さなテーブルと椅子っぽいものが置いてあるんだ。
おもちゃ?って思って手を伸ばしてみたんだけど、微妙に届かない。
おっちゃん呼んでこようぜ!って戻った時には、もう穴すらなかった。
それ以来猫も見かけなくなった。




オカルトランキング



745 :1:03/03/29 14:32
従姉妹の家で起きた話です。

従姉妹(仮に桂子さんとします)の家では、タビーという名前の犬を飼っていました。
わたしも何度か撫でてやった事があります。秋田犬っぽい雑種で、人懐こく愛想のいい可愛い犬でした。
全身薄茶色なのですが、なぜか後ろ足2本だけ靴下を履いたように足先だけが白かったのも、可愛く思えました。

桂子さんが5歳の時にお母さんが、(わたしから見て伯母)
産まれてようやく目が開いたばかりの仔犬を、近所からもらってきたのですが、
一番人懐こくて寄って来る仔犬の足が白いのを見て、「この犬、靴下履いてるみたいねえ」と抱き上げると、
なぜか飼い主は申し訳なさげに、「そうなの。白足袋履いて産まれてきちゃって・・・」と言いました。
なんでも、足先の白い犬や猫は不吉らしいのです。
「でもイギリスでは確か、ホワイトソックスって呼んでて、幸福をもたらすって言われてんだけどね」
それを聞いた伯母は、占いや縁起物は良い事を言っているものしか信じない人だったので、その犬をもらったそうです。
そして、最初は立派な名前を付けていたのですが、(スバルとかシリウスとかそんなのだった)
伯母はいつも「シロタビちゃん」と呼んでしまい、結果、ご飯をくれる伯母の呼び名に反応するので、
『シロタビ』から変化して『タビー』になったそうです。
タビーはいつもはにかんだ様なニコニコした顔をして、すぐに懐くので、通りすがりの人からも可愛がられ、
郵便や宅配の人にも甘えるので、「おまえは防犯にはならんなあ」と苦笑されていました。


746 :2:03/03/29 14:35
そして、家族の一員として長年愛されていたのですが、
桂子さんが大学受験の為に京都に泊まっていた時期に、突然いなくなってしまったそうです。
伯母は受験に差し障りがないよう、桂子さんには内緒にして、
あちこち探し回り、他の区の保健所も見に行ったりしたのですが、結局見つかりませんでした。
戻った後にそれを聞かされた桂子さんも、手書きで尋ね犬のチラシを作って、電柱等に貼りましたが、
タビーは戻ってきませんでした。
一家全員が悲しみました。かなり老犬になっていたので、事故にでもあったんじゃないか・・・
いや、人懐こいから、誰かに可愛がってもらっているかも・・・
あまりにショックで、その後ペットは飼いませんでした。

それから7年経ちました。桂子さんは大学を卒業し、OLになり、めでたく結婚が決まりました。
女子大生の頃から一人暮らししていたのですが、
結婚式まであと1ヶ月になった時期には、準備などの為にアパートを引き払い、実家へ戻って親と同居していました。


747 :3:03/03/29 14:36
桂子さんはその日、結婚相手と挙式予定のホテルに行き、打ち合わせをして帰りました。
門を開けた途端、突然凄まじい勢いで犬に吠えられました。
驚いて立ちすくんでいると、伯母が玄関から飛び出してきて、
「桂子、ほら!タビー戻ってきたよ!」と、嬉しそうに叫びました。
よだれを垂らしながら怒り狂って吠え立てる犬。それは確かにタビーでした。
姿かたち。ボロボロに擦り切れているけれど、タビーがしていた緑の首輪。そしてなにより、白足袋。
タビーそのものなのですが、吠える姿は別の犬としか思えません。
「タビー?」
恐る恐る桂子さんが呼びかけると、『タビー』は吠えるのをやめ、
桂子さんの顔を見つめると、ゆっくり尻尾を振りました。


748 :4:03/03/29 14:37
伯母は大喜びで、
「買い物から帰ってきたら、庭の真ん中に座ってたのよ!
 最初は吠えたんだけど、タビーって呼んだら寄ってきて、手を舐めたの!タビーよく帰ってきたねえ」
と、『タビー』の背中を撫でました。
桂子さんも一緒に撫でてやりましたが、この犬は違うと感じていました。
物理的にもしタビーだとすると20歳。残念だけどもう死んでいるはずです。
それに、今は落ち着いて撫でられているけど、さっきの吠え方・・・
「似てるよねーほんとびっくりした。ほんとタビーそっくり」
桂子さんが呟くと、伯母はたしなめるように「タビーよ?」と言いました。
しかし、やはりそれはタビーとは思えませんでした。
目つきが凶暴で、普通に座っていても絶えず神経を尖らせているようで、
誰かが傍を通ると、狂ったように吠え立てました。

念のため、獣医さんに狂犬病の検査や予防接種をしてもらいました。
歯の具合から見て、犬の年齢は12,3歳だろうと言われたそうです。

わたしと母も『タビー』を見ました。
桂子さんの結婚式に出席するため、前日から桂子さんの実家に泊まったのですが、
門を通った途端、激しく吠えられました。
その剥き出した歯や、こっちへ飛びかかろうと上げた前足、ビーンと引っ張った鎖がとても恐ろしかった。
母はもともと犬が苦手だったので、手の震えが止まらないほど怯えて、
「あの犬はタビーじゃないねえ」とわたしに言い、わたしもそう思いました。
むしろ、あんなに可愛かったタビーの思い出が、この凶暴な犬で汚されてしまったような、悲しい気持ちでした。


749 :5:03/03/29 14:37
桂子さんは結婚し、隣の市で暮らし始めました。
伯母はみんなから、「そっくりだけどタビーじゃない」と言われながらも、その犬をタビーとして可愛がっていました。

ところが、桂子さんの結婚式から2ヶ月ほど経った頃。
伯母が『タビー』を散歩させていると、向かい側からベビーカーを押したお祖母さんが歩いてきました。
ベビーカーの中で寝ている小さな赤ちゃん。
突然、『タビー』は凄まじく吠えながら、赤ちゃんへ跳びかかりました。
激しい勢いで伯母は綱を離してしまい、はずみで転倒しました。お祖母さんが悲鳴をあげました。
「ほのちゃん!!」
ベビーカーに飛びついた『タビー』から赤ちゃんを庇おうと、お祖母さんは赤ちゃんに覆いかぶさり、
そのお祖母さんの肩に『タビー』は乗りかかり・・・

伯母が我に返って『タビー』の綱を引き戻した時には、既に救急車のサイレンが近づき、
肩が血だらけになってうずくまるお祖母さんと、声を枯らして泣き叫ぶ赤ちゃんを、呆然と見ることしか出来なかったそうです。


750 :6:03/03/29 14:39
幸い赤ちゃんは擦り傷で済みましたが、お祖母さんは7針縫う怪我。
その上、入院中に体が弱ったのか肺炎を併発し、退院後も何度もお見舞いに行ったのですが、
体調が悪いまま半年後、まだ60歳なのに亡くなってしまいました。
その上、そのお祖母さんのお葬式に出たその日、
鎖に繋いでいたはずの『タビー』が首輪を抜け出て、逃げ出したそうです。
人を襲った犬をのうのうと飼っていた上、逃がしてどこへ行ったかわからない、と近所から非難を受け、
嫌がらせもされたそうです。
そして、お葬式から3ヶ月ほどして、今度は伯母が行方不明になりました。

桂子さんは現在妊娠中で、孫の顔を見てほしい、この子が産まれるまでに戻ってきてほしい、と心配しています。
そんな桂子さんにとっては失礼だとは思うんですが、
伯母さんが戻ってきた時、姿かたちは伯母さんのままでも、まさか・・・
わたしはそんなふうに考えてしまいます。
もしかして、桂子さん自身もそう考えてしまっているんじゃないかと、つい思ってしまうのです。






オカルトランキング



92 :本当にあった怖い名無し:2012/08/09(木) 08:17:48.82 ID:r8CkAYjA0
3年ほど前の事。

家で一人でいると、物陰やら天井裏やらがガタッとかカリカリカリとかいう。
最初はネズミかなーやだなーとか思っていたが、ネズミじゃない。歩幅・感覚・音の大きさがでかい。
ハクビシンか!?とあわてつつ家に何か被害が無いかチェックしたところ何もない。
仏壇のお供え物にも変化無し。
何なのだ、と帰ってきた家族と共に首をひねって考えていた。
(家族も、一人で家にいるときに同じ現象が起きていた)

確認した翌日の夜、ベッドでさあ寝るかと横になっていたら、
(´・ω・`)<おどろかせてごめんね いごこちよかったの
と、たどたどしく猫がしゃべった。
うちは猫は飼ってないし、家の中に入れるような侵入経路もない。
呆然としてその猫を見てると、
ごめんちゃい、とばかりに頭をぺこりと一つ下げ、
(*・ω・)<これからこのおうちにいいことがあるよ!
と一言告げて、しゅるりと透明になった。
一つ、肉球あしあとを残して (´∀`*)

翌週結果発表のジャンボで2等当たりました。

現在も物音は続いており、先日はその幽霊猫さんは祖母と一緒に眠ったらしく、
「もふもふしてぬくいのに、不思議と暑くなかった」と祖母は幸せそうに語っておりました。

座敷童ならぬ座敷猫のお話でした。






オカルトランキング

180 :本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 09:43:05.54 ID:OA4VMlV8i
高校生の頃の話。今から五年くらい前かな?
友達とよくつるんで心霊スポット巡りをしてた。結局心霊スポットで幽霊をみることはなかったんだけどさ。

ある日、地元では有名な潰れたパチンコ屋が心霊スポットとなってて、探索してたんだ。
でも特になにもなく、帰ろうかってなって外に出たら、来る時は気づかなかったんだけど脇に小道があったんだ。
「こんなとこに道があるぜ。何処に続いてんのかね?行ってみようぜ」ってなった。
舗装されてないその道を行くと、海に出た。
海に近い街だったから至極当然なわけだじけど、少しガッカリした。
「なんだ・・・ただの海に続く道かよ」って。
ただ折角海に来たし、そのまま帰ってもつまらんってことで、暫くそこにいたんだ。
そしたらヒョコッと一匹のネコが現れた。


181 :本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 09:53:58.12 ID:OA4VMlV8i
海の近くだから野良猫を見るのは珍しくない。でもそのネコがちょっと変わってた。
両目で色がそれぞれ違う。青と黄だったかな?
へぇこんな猫もいるんだなーと思いながら、なついてる風だったのでもふもふしてた。
んで気づいたら、そいつ以外にも五匹くらいネコがいるのね。しかも全員青黄の眼。
兄弟かな?と思ったけど、全員毛の色が違う。眼だけが同じ。
不思議なこともあるもんだなーと思いながら相手してたんだけど、飽きたのか猫たちはどっか行った。
俺等ももう帰ろうかってことで、来た道を引き返してた。そこで老人とすれ違ったんだよね。
こんなとこ通る人いるんだーって思ってチラッとその老人みたら、猫と同んなじ眼。
その瞬間汗が一気に冷えたのを覚えてる。


184 :本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 09:59:23.77 ID:OA4VMlV8i
それでもなんとか道を抜けて、パチンコ屋の横を通って、国道に出た時、みんなが揃って口を開いた。
「さっきのじいさん、猫と同んなじ眼してたよな・・・」

なんか薄気味悪くてそれ以来その場所には近づかなかった。
今でもたまに思い出すけど、その度にじいさんの眼がフラッシュバックする。
猫たちは可愛かったんだけどなーと。



オカルトランキング

↑このページのトップヘ