【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 動物系




345 :本当にあった怖い名無し:2010/03/09(火) 21:53:48 ID:WI+/xF7t0
一昨日箱根に出張させられたんだけど、鶴の恩返しみたいな出来事があった。

仕事終わって、ホテルに帰る為に山道を車で走ってたけど、霧で視界悪くて、
飛び出してきた子供のタヌキを轢いちゃった。
死んじゃったか!?と思って車から出て見たら、生きてるけどぐったりしてた。
そんで慌てて動物病院をナビで探して連れてったけど、タヌキは頭に掠り傷してるだけで他は何ともなかった。
でも凄くやせ細ってたから、なんか可哀想だと思って、
いけないと解りつつも、餌あげたりナデナデしたりして、タヌキが元気になるまで看病(?)した。
(獣医さんに怒られると思ったけど大目に見てもらった。イイ人だった)
その後、轢いちゃった所まで車で戻って、タヌキを山に帰した。 

そんでホテルに帰って、テレビ見てたら部屋の呼び鈴がなって、従業員さんか?と思ってドア開けたら、
オッサンが立ってた。
なんか凄いニコニコ顔のオッサンで、正直きもいと思った。
そしたらオッサンが、「つまらない物ですが」とか言って、葉っぱに包まった丸い何かを二つくれた。
俺が戸惑ってると、「助けて貰ったお礼ですので」て言って、オッサンはどっかに帰って行った。
葉っぱの包みを開けたら、まん丸の白い饅頭が入ってて、皮がモチモチしてて餡子が甘くて凄い美味しかった。
こし餡だった。

あのオッサン頭に、テープで留めたガーゼが貼ってあったし、やっぱりあのタヌキだったのかな。
でも、子供のタヌキだと思ったら、オッサンタヌキだったのな。
あと、帰りに土産屋行って、タヌキから貰った饅頭探し回ったけど、何処にも売ってなかった。
饅頭美味かったなぁ…



☜1日1クリックの応援お願いします



556 本当にあった怖い名無し 2012/12/02(日) 14:38:56.26 ID:j4865X+1O

俺の田舎では、家の仏壇や神棚を粗末に扱う人に対して、『不動さんのリスを見習え』と言う決まり文句がある。この決まり文句の由来はそう古くなく、昭和30年頃だと言う。
山の麓には川が流れて橋が架かっており、橋を渡って山に向かうと、大きな岩壁が見えて来る。
その岩壁には自然に出来た穴があり、穴の中には『不動さん』と呼ばれる石像が祀ってある。
その穴を中心に雨避けの屋根が取付けられ、賽銭箱やお供え物を置くための祭壇が設けられている。
ある日、地元のお爺さんが不動さんに参ると、祭壇に一枚の榊の葉が供えてあった。

不思議に思いつつも、その日はそのまま家に帰った。そんな事が3週間続いた。
「一体誰だ?」と思ったお爺さんは、朝早くから草陰に隠れ不動さんを見張った。
暫く見張ると、榊の葉を口に喰わえた小動物が不動さんに近付く。そして、榊の葉を祭壇に置いた。
それはリスだった。リスはお爺さんに気付くと、山に逃げて行った。
この出来事はすぐに知られ、信心深いリスが不動さんに榊の葉を毎日供えていたと、町中の評判となった。
『不動さんのリスを見習え』の由来である。
しかし、その日以来、リスが榊の葉を供えに来る事は無かった。
現在、リスの榊の葉は大切に額縁に納められ、不動さんの屋根の柱に飾られている。
俺の家のお婆ちゃんは、不動さんの境内の掃除の際、額縁の榊の葉を眺めて、

「あのリスさんは元気でいるのかねぇ……。流石に、もう死んでしまったかねぇ……」と、何処か寂しげな顔で呟いていた。




☜1日1クリックの応援お願いします



311 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 19:13:40 ID:7kdQxuSU0
そろそろ犬の命日なんで思い出した。
私が10歳頃から家にいたパグ(♂)。
家族みんなで大事にして、我が家の可愛い末っ子状態。
数年たって片目を摘出したりしたけれど、13年生きた。

最後は原因不明で腹水がたまって
明日をも知れないときに
どうしても仕事が抜けられない母に代わり私が病院に連れて行った。
医師に入院と翌日の緊急手術をを勧められて、
このまま預けようか、と思ったら診察台の上の犬が振り向いた。

その真ん丸い片目が
「家に帰る!お母さんのところに帰りたいの!お願いお姉ちゃん!」
って言った気がして
「この犬は母の犬で、母の許可無く預けられないので今日は帰ります」
と止める医師を振り切るような感じで連れ帰ってきた。
今思うと本当にあの時預けなくて良かったと思う。

その夜、パグは大好きなお母さんの膝の上で幸せそうに息を引き取った。
それから49日ごろまで不思議なことが続いた。

まず、母が台所にいると入り口で「ふがふが」とパグの鼻息が聞こえる。
そこはいつもパグが座って台所仕事をする母の後姿を見ていた場所。
廊下を歩くと、チャッチャッチャッ、と言う足音と
お骨と一緒に入れてあるお香の匂いがついて来る。
(お香はコツ入れの袋を開けないと匂わないほど小さいもの。
普段は居間の隅に置いてあったので廊下で匂うわけが無い)
何も無いのに足元に何かがまとわりついて来る、
犬の話をしているとお香の匂いがする、など。

ちょっと長いんで一旦切ります。


312 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 19:16:43 ID:7kdQxuSU0
続き。

ある日私は元彼と遠出することになった。
高校生のときに付き合っていた人で、パグはその人が大好きだった。
私が彼の隣に座ると怒って彼の膝に座り込むくらい。
お互い社会人になって連絡が殆ど無かったんだけど、なぜかある催し物に一緒に行こうと誘われた。
 
犬が死んで落ち込んでいるのを知っていて元気付けたかったのもあるけれど、
本当は一人で行くつもりが
どうしても私と一緒に行かなくては、と思ったらしい。
私もそれには前から興味はあったので
落ち込んでいても犬は喜ばないし、 と一緒に出かけた。

それなりにその日は楽しく過ごし、帰って翌日の明け方だったと思う。
目を覚ましたら薄明かりの中、私の足元にパグが座ってた。
若い一番元気良かった頃のきゅっと締まった体で
片目は無いけど、こっちを見てニッコリ笑ってた。
(映画メンインブラックのパグみたいに笑うんじゃなくて、
無表情なんだけど雰囲気がそんな感じだった)

名前を呼んだら
「お姉ちゃんは○○(元彼の名前)がいるからもう大丈夫だね」
と言って笑って消えた。

夢だったのかなあ…と思ってまた寝ちゃったんだけど
翌日から元彼からのメールと電話が凄かった。

付き合っていた頃からは考えられないほど毎日メールと電話。
結局よりを戻した。
生前からおせっかいでお人よしな犬だったけれど、
まさか死んだ犬にお膳立てされてよりを戻すことになるとは思わなかった。

それから7年経ち、
元彼とはその後結婚して子供ももうすぐ3歳。
彼のことが大好きで
遊びに来てる間中そばにくっ付いているくらいだったから今頃思惑通りになって喜んでるんじゃないかな。
ついでに下がってるんで上げていきます。


313 :本当にあった怖い名無し:2009/05/08(金) 21:14:11 ID:ODIWPael0
いい話だ
犬だって家族、話せなくても理解してくれている


☜1日1クリックの応援お願いします




526:10/07/20 17:29 ID:IT5UVI.k
 

チラ裏。

若干怖い話。




高校の頃、近所の野良猫(♂)に惚れられたことがある。
真っ白な猫。
私を見付けると一目散に近付いて来て、ゴロゴロ言いながら尻尾くっ付けて来たり。謎の肉の塊を持って来てくれたり。
庭先に座ってたら膝に乗って来て、小一時間ゴロゴロゴロゴロ。
最初はうちの猫(♀)二匹が目当てなんだろうと思ってたんだが、うちの猫が近付いて来たらひたすら警戒。
本当に信じられない話だが、発情期には私を呼びに来るんだよ。
うちの猫(避妊手術済み)が二匹して出て行ってもフーフー言って警戒するだけだし、
私が出て行くと近付いて来てあの発情期独特の声で鳴かれる。


家族は可愛い可愛いと和んでいたが、祖母だけはこのオス猫のことを気味悪がってて、あまり近付くなと言われた。
その猫の私を見る目が人間のようだったと言ってた。
少し怖かったが、私は気にせず近付いて来たら可愛がってた。

527:10/07/20 17:31 ID:IT5UVI.k
 
ある日、その猫がうちの前の道路で車に轢かれて死んだ。
可愛がっていたので普通にショックだった。
そのままにはしておけないので、家の裏に埋めてやり、線香を上げてやった。
それから時は過ぎて、昨日の夜、
私は現在家を出て都内で働いているんだが、その帰り道に変なホームレスっぽいおばさんに呼び止められ、
「肩に猫がいる。真っ白い猫」と言われた。
おばさんは更に「アンタのこと好きなんだ。ずっと頬にすりついて」と。
それだけ言ってニヤニヤしながらどっか行ってしまった。
全然知らない人にこんなこと言われたもんだから、怖くて怖くて仕方がなかった。
明日にでも神社かお寺に行ってみようと思うけど、一体どんなところに行けば良いかわからない…orz


551:10/07/20 19:28 ID:io6Msaq6
 

>>526

私の姉が昔、カラスの神様だか何だかに魅入られたことがあった。
毎日毎日、姉の部屋のベランダに片目が潰れたカラスが来てて、果物や小動物の死骸やらを置いて行く。
当時、私は幼稚園くらいの年齢だったのであまり覚えていないけど、
両親と祖父母が神社の人と近所の霊媒師の爺さんと、姉の部屋で何か話していたのは覚えている。
今現在、その話を両親に詳しく聞こうとすると何故か怒られる。
関係ないかもしれんが、姉はもうすぐ40になるけど、まだ喪女だ。

552:10/07/20 19:42 ID:MyPjAWJw
 

片目というのが少し怖いね。山神か鍛冶神を連想する。

>>526-527

>一体どんなところに行けば良いかわからない…orz
一応神社のお祓いは効いたよ
自分の場合は間違って祓ってしまったので後悔してるけど


↓以下眉唾もんの経験談。長文注意。
自分も同じように可愛いがっていた愛猫がいたんだけど、数年前に死んでしまった。
それ以来ふんわりした脚の感触に撫でられたり、起き抜けに声がしたり、
時々猫らしきものがそばにいる気配がするようになった。
当時既に自分は独り暮らしで、実家にいた猫の死に目に会えず悔やんでいたから、
わざわざ遠くの京都まで来て見守ってくれてるようで、怖いというより嬉しかった。
そんなある日、世界遺産登録されてる某神社に散歩がてら観光に行って、
物見遊山気分で何となくお祓いを受けてみたんだ。

553:10/07/20 19:44 ID:MyPjAWJw
 

他のお祓いの観光客と一緒に社の中に案内され、宮司さんが祝詞を唱え始め、
声優さんばりの美声テラウフフなんて考えながら、ぼけーっと聞いていたら、
途中でふいに耳上あたりでシュンッと風を切るような音がして、
瞬間、妙に自分の周りがクリアになったのがわかった。
と同時に猫の気配も一切消えて、完全に“何も無くなって”しまったのを感じた。
お祓い終了後、まさか今ので猫を祓ってしまった?と泣きたい気分で必死で気配を探ったけど、
空虚さを感じるばかりでやっぱり何も無い。


それ以来猫らしき気配はぱたりと消えてしまった。
自分は別に霊感があるわけでもないので、このへんの感覚はうまく言えないのだけど、
色々雑多なものであふれていた自分の周りが(多分普通の状態?)、
お祓いで気持ち悪いほど何もない、人工的な清浄空間にされてしまった感じ。
お祓いは効くかもしれないけど、良いのも悪いのも区別なく一切がっさい祓ってしまうんだなと思った。
軽い気持ちでお祓いを受けたのをめちゃくちゃ後悔したよ。
あのいきなり何も無くなってしまったときの空虚感は忘れられない。

596:10/07/21 07:14 ID:rYl7tIDQ
 

526です。

レスくれた方々ありがとうございます。

昨日、とりあえず祖母に電話しました。
祖母のあの時の態度も気になったし、身内の声を聞いて安心したかった。
んで、知らないおばさんに言われたことを話したら、3時間くらい散々怒られた。
祖母には猫がうちの前で死んでたのも、裏に埋めてあげたのも怒られると思って話してなかった。
「あの猫は猫じゃない、人間に近い何かだった」とか、
「そのままにしておくと、もし結婚して子供が出来たら、猫そっくりの奇形が生まれる」だの脅されて、
結婚なんて全くする予定も何もないが、怖くて泣いてしまった。
祖母の兄の幼なじみに霊感が強く、祓い屋?みたいな仕事をしている人がいるらしくて、連絡してくれるとのこと。
祖母に話したら少し安心した。

でも、結局寝れなかった。

パソコンの規制が解けたので、今まで書いたものと、後日談はオカ板のほんのり怖い話スレにでも書きたいと思います。

354 :彼氏いない歴774年:2011/07/28(木) 21:40:54.05 ID:h1q7BGvw
 

かなり前の大規模携帯規制中、避難所に白いオス猫の話書いた者だけど、覚えてる方いるかな…。
長い間空いちゃったけど、動物系の話が出てたから思い出して、今更後日談。


あれから祖母の知り合いの霊媒師のところに行って見て貰ったんだが、
あの猫は悪霊とかではなくて、逆に悪霊や災いから守ってくれているらしい。
しかし、猫がかなり私を気に入っているらしく、恋愛運だけどん底にまで下げているらしい。
「猫はあなたの側にいたいようだけど、あなたが嫌なら祓うよ?どうする?」と言われたが、
別に結婚願望とかないし、男に好かれるよか猫に好かれた方が良いやと思い、何もせずに帰って来た。
なんかちょっと嬉しかった。
祖母に話したら、少し嫌そうな顔したけど「アンタの好きにしたら良い」って言ってた。

猫は可愛がっても、いじめても憑く動物だと聞いた。
人間のような恋愛感情や独占欲を持つ動物も珍しくはないんだと。

これ脱喪?
相手は猫で死んでるけど。

私にとって唯一の心霊体験で、唯一の恋愛体験だ。




オカルトランキング

↑このページのトップヘ