【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 守護




1 :名無しさん@おーぷん:2014/05/27(火)13:58:06 ID:cDIwTsdnV
お守りについてなんだけど・・・

3 :名無しさん@おーぷん:2014/05/27(火)13:59:46 ID:cDIwTsdnV
おお、嬉しいわ。見てくれてる人いるみたいだから続けるね!


4 :名無しさん@おーぷん:2014/05/27(火)14:01:16 ID:cDIwTsdnV
私の部屋はマンションの一階で、大きな窓が二つある。
そのうちの一つはバルコニーに面した窓なんだ。
ちなみにバルコニーのすぐ前に木があってその下にマンション特有の木をかっこよく()照らす照明がある。

雨が降ってる夜だった。
普通に部屋で寝てたら、そのバルコニーに面してる窓のカーテン越しに
女の人がゆっくり、左右に移動するのが見えた。
横顔だったんだけど、髪の長さとかで女の人っていうのが分かった
(これはさっき言った照明があったからだと思う)。
女性が移動しながら徐々に移動しながら窓のほうに近づいてくるのが分かった。
これはやばい、と思った瞬間に目が覚めた。

夢だったのか、と安心したが、
あまりにもリアルすぎてとてもそこでまた寝る という考えは頭になかった。


 
5 :名無しさん@おーぷん:2014/05/27(火)14:06:42 ID:cDIwTsdnV
それからすぐ横の部屋の姉の部屋に行って一緒に寝た。

すると、あろうことかそこの窓に
同じ女性がまたさっきと同じように不自然に移動しながら近づいてくるのが見えた。
怖すぎて私は動くことができなかった。
やばい、と思った瞬間に、目覚ましの音で目が覚めた。


それから起きていた父に「変な夢みた」とその夜の出来事を話した。
父はただの悪夢と取り合ってくれなかったが、
私もよくある悪夢の一つだろうと無理やり自分を納得させたんだ。

それから登校のために家を出て、家の前の公園の階段を登るとき
何か黄色く光るものを見つけた。
ゴミだろうと思い、とおり過ぎようとしたが、何か見覚えのあるもので、近づいてみた。
それは雨でビショビショになった私がふだん大切に持っているお守りだった。

その後はそれを拾い上げて急いで駅に走って行った。
とにかく早く人のいるところに行きたかった。

とくにオチはないが、この後怪奇現象はなくなった。

その怪奇現象と私が雨の中にお守りを放置してしまったということの関わり等は分からないが、
今でもたまに家族とそれについて話したりしてる。
こういうことに詳しい人いるかな?なんか思いついたとかでも構わない!

ちなみに関係ないかもしれないが、
父は神社やお寺に行くのが趣味で、私の部屋はもちろん、各寝室にはお札(魔除け)が貼ってある。


 
7 :名無しさん@おーぷん:2014/05/27(火)14:33:39 ID:cDIwTsdnV
読んでくれてありがとう!初心者なので日本語がおかしかったりしたらごめん

質問があれば答えるよ!


 
8 :名無しさん@おーぷん:2014/05/27(火)14:34:30 ID:cDIwTsdnV
お守りは捨てたりする気にもなれないし持っておくよ、ありがとう!


 
9 :名無しさん@おーぷん:2014/05/27(火)14:36:15 ID:cDIwTsdnV
お守りとその女関係あるのかな


 
10 :名無しさん@おーぷん:2014/05/27(火)14:49:15 ID:hD26sMOlx
御守りはいつ頃から持ってた?



11 :名無しさん@おーぷん:2014/05/27(火)14:54:10 ID:FEhBlzNtk
女性とお守りの関係は、解らないが
取りあえず、お守りは、神社に持って行ったらちゃんと奉納してもらえる所があるから、
持って行って、大事なお守りなら、又同じの買えば良い、

 
 
12 :名無しさん@おーぷん:2014/05/27(火)14:58:52 ID:cDIwTsdnV
3年前です
鞄の中にずっとあって、ほとんど存在忘れてました
中から何か取り出したときに御守りを落としたと思います


 
13 :名無しさん@おーぷん:2014/05/27(火)15:01:51 ID:cDIwTsdnV
やっぱり落としてしまったりしたら、奉納するべきなんですかね?


 
14 :名無しさん@おーぷん :2014/05/27(火)15:17:56 ID:FEhBlzNtk
ですね、お守りって事で、守って貰う訳だからそれなりに、扱った方が良いと思うよ、
これは、俺の考えだけど、
もしかしたら女の人ってのもお守りが存在アピールしてたのかも神様からの使い人みたいな、
考え過ぎかな、


 
15 :名無しさん@おーぷん:2014/05/27(火)15:44:53 ID:cDIwTsdnV
あ、それお姉ちゃんも言ってました
やばい 逃げ回っちゃったよ
今は怖くて部屋に置いてるけど...


 
17 :名無しさん@おーぷん:2014/05/28(水)17:52:06 ID:RProK3uVD
おいおい>>1よ
言っとくけどお守りは一年周期で新しく頂くのがベター
あと扱いが雑過ぎ
神社にお返しするのは良いこと

 
 
18 :名無しさん@おーぷん:2014/05/28(水)17:54:41 ID:RProK3uVD
で、神社に行くなら最低限のマナーは身に付けろよ?
人様の家に行くのにずかずかと汚ならしい格好で行って無茶苦茶して帰るなんて事の無いように
ましてや、神様の家だからな
で、返すのは良いけど返す時に御礼言えよ?ありがとうございましたって
あと、すいませんでしたとも。



☜1日1クリックの応援お願いします



580 :本当にあった怖い名無し:2011/06/14(火) 01:10:23.03 ID:I6rDb6OAO

私の母の実家には武士が着る甲冑がある。
第二次大戦で資料が焼失したので年代等は不明。
修復はしているがボロい。
この甲冑が母親実家の女を守ると言われている。女だけで男は関係ない。 

以下箇条書き↓

・祖母 
戦時中女学校が空襲に遭い、被害者多数出るが無傷で助かる。
死者が出たバス事故に遭うが、軽い切り傷で済む。
DV気質だった弟が死ぬ。

・叔母 
セクハラ上司が死ぬ。
パワハラ上司が死ぬ。
元から体が弱く難産で母子共に死にそうになったが、何事もなく退院(産まれたのは娘)。

・母(出戻り)
父と離婚後、893絡みの事件で父死ぬ。
ストーキング男死ぬ。
交通事故に何度も遭うが無傷。

・私(娘)
過去二回自殺を失敗。
傷害事件を起こすが、何故か相手が被害届を取り下げた。
超未熟児で産まれたが、障害もなく驚異的なスピードで退院した。
バイク事故を起こし愛車は廃車になったが、血だらけで歩いて帰ってきた。
いじめっこが死んだ。

私と母の話以外は本人に聞いた。
他にも、先祖が伝染病にかからなかったとか、災害を免れたとか、細かく色々あると聞いた。 
資料や文献が焼失したので口伝に過ぎないが、
先祖に毛利家に仕えた侍がいて合戦で大活躍したが、愛する妻と娘を亡くして鬱で死んだらしい。
しかし近年、蔵から石田三成関連の文献が発見されて学者先生が押し寄せたが、
住んでるのは東日本なので、最早訳が解らなくなっているのが現状である。

以上、我が家の出生不明のフェミ侍の話でした。


582 :本当にあった怖い名無し:2011/06/14(火) 01:51:22.27 ID:gd+91EBe0
>>580 
むしろ災厄が多すぎないかそれ


588 :580:2011/06/14(火) 11:59:48.27 ID:I6rDb6OAO
582と同じ事を思った時期があって、以前ちょっと見える占い師に見てもらった事はある。
占い師によると、特に悪い気はなく、やはり母方に強く守られてるそう。

次のお盆に帰郷したら、仏壇と甲冑に手合わせるわ。
後、できれば男も少しは守護してくれるよう頼んでみる。


137 :本当にあった怖い名無し:2011/08/04(木) 03:01:11.40 ID:0czFH/kOO
前スレで一族の女だけ守るフェミ侍の話を書いた者だが、新しい事が判ったので報告に来た。
親戚方々に聞いて調べて回ったり、蔵の調査に来た学者先生に聞いたりした甲冑に関する資料はごく一部だが、
学者先生の研究室に保存されていた。
以下長いので箇条書きにする

・本家は大きい川に挟まれた土地にあり、室町~安土?ぐらいの時期に治水工事が行われ豊かになったが、
工事中の事故で作業員の男性が大勢亡くなる事があった。
・↑の事故で集落単位で成人男性が全滅した時期があった。
・その時期に所謂落武者が集落近辺に現れたそうで、
集落の女達が怪我の治療をしたり、食べ物を分け与えたりしたそう。
・その女達の一部が落武者を家に迎え入れたりしてた(家族にするという意味で)。

ここまでが郷土史と学者先生の知識。
ここからが甲冑の資料。

・フェミ侍も落武者で、大怪我して死にかけてるところを本家の娘に助けられ女達に介抱されて命拾いし、
本家に迎えられた。
・↑婿入りではなく、男を中心に大勢の女というハーレムみたいなコミュニティを作っていた。
他の集落でも男1~2人に対し女大勢というコミュニティが複数あった。(フリーな性交渉があったかは知らん)
・フェミ侍は、大勢の女達を治めて農業したり平穏に暮らしたそう。
・フェミ侍の手記とおぼしきものには、女達への感謝や色々な想いが書いてあった。

以上調べて判った事。
口伝と史実と学者の推測が混じってるので矛盾があったらすまん。
毛利家云々については学者先生曰く、元が毛利家の武士か西日本の人なんじゃないか?との事。
何だか一歩間違えていたらとんでもない祟り神になっていたであろうフェミ侍に改めて感謝。
そこそこ身分が高いはずなのに、わざわざ集落に残ってくれるとは義理固い男だ。

最後に、情報があれば教えて欲しい件。
スレの最初の方に、敵対家と縁のある神社に参拝できない、という流れで思い当たった。
私は九州の人と悪い縁があり、とにかく嫌われたり嫌ったり酷い目に遭わされたり遭わせたりしたんだが、
九州の武家と敵対していた武家なんか分かる人いない?
偶然かもしれないが、関係あったら避けられる悪縁かもしれないので。

 
☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ