【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 霊能力




54 :1:2009/08/11(火) 20:03:58 ID:dUht4fp90
幽霊を見た事があると言う知人の話。 

彼が電車に乗っていた時の事。 
途中の駅から若い女性が乗り込んで来た。 
凄い美人で、ミニスカートから綺麗な足が伸びている。 
女性は開いている席を探している様な、知人を探している様な様子で車両を歩いていたらしい。 

彼が鼻の下を伸ばしながら女性を見ていると、隣の席に座る老女がいきなり話しかけて来た。 
「あんたにも見えるんだね…」 
「?」
彼が、何を言うんだこの婆さん、と言う顔で見返すと、
「周りを見てごらん…あんた以外にアレを見てる者はいるかい?」 
彼はハッとしてしまった。老女の言う通りである。 
あれだけの美女があんな短いスカートをはいているのに、誰も女性を見ていないのだ。 
頭の悪そうな男子高校生さえも一瞥もしない。

老女は独り言の様に話を続けた。
「あたしはプロだから見えるんだけどね、でもあんた見たいな素人にも見えるとは珍しいね。 
 アレはかなりタチの悪いモノだよ。 
 この近くで電車に飛び込んで、成仏できずに彷徨っているんだろうけど…」
「飛び込みですか?でも…」
彼は思わず聞いてしまったと言う。 
老婆は女性が電車に飛び込み自殺をしたと言うが、女性は生きているかのように綺麗だったからだそうだ。 


55 :2:2009/08/11(火) 20:04:51 ID:dUht4fp90
「あんた、映画の見すぎだよ。
 アンなモノでも昔は女だったんだよ。 
 女ってのはね、死んでも尚、綺麗でいたいものなんだよ。 
 あたしがこれまで手がけた女モノは皆、生きてた時、一番綺麗な姿で出て来たよ。 
 そんな事よりホラホラ、アレが来るよ。あんた絶対にアレと目を合わせちゃ駄目だよ」
女性は彼と老女に気付いたのか、歩調を速めやってくると、彼の前に立ちはだかった。 
彼は本当に生きた心地がしなかったそうだ。
目をギュッと瞑り、ジッと下を向いたままであったと言う。 

電車が次の駅に着いた時、やっと隣の老婆が声を掛けくれたらしい。 
「もういいよ。ほら、アレは獲物を見つけて出て行くところだよ」
彼がゆっくりと目を開けて顔を上げると、女性は二十歳そこらの、見た目の良い男と電車を降りるところだった。 
「女の性なんだろうね…取り憑く男も、カッコ良いいのがいいのかね…」
(彼は、ハゲ、デブ、オヤジの、スリーカードを持っている)
と言うと、老女はニヤリと笑い言葉を続けた。 
「今日はサービスしといてあげるよ。依頼なら一本は貰っているところだけどね」 

彼は、それ以前もそれ以後も幽霊を見ていない。 
なぜ、あの時だけ彼にアレが見えたのか? 
一本とは十万円なのか?百万円なのか?
未だ彼には分からないと言う。



☜1日1クリックの応援お願いします




585 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/31 16:14 ID:ICA9Zse2
今までの書き込みを読んでて、ちょっと思い出した話がある。
霊媒体質の人には、意識が入れ替わることがあるけど、
これは意識がタイムスリップして入れ替わったとしか思えない話。

数年前、ある人に連れられて飲みに行ったら、そこのホステスさんが霊媒体質だということだった。
お決まりの幽霊話かなと思っていたが、ちょっと違っていた。
きっかけは忘れたが、店の中で突然憑依されたらしい。
その女性がまるで男のような話し方に変わり、言葉遣いも変になった。まるで昔の武士みたいな話し方。
たまたま客も居ないし、また例のやつが始まったかと、他のホステスも放ったらかしにしていたが、
次第に様子がおかしくなっていく。
店の中をノシノシと歩き回り、もの珍しそうに見て回っては、「これはなんだ?」と強い訛りのある言葉で尋ねたそうだ。
(なんとか意味は伝わったらしい)
ウイスキーのボトルを見ては、「これはなんだ?」。
ウイスキーと答えると、「ういすきー?それはなんだ?」という具合。
例しに飲ませてみると、始めて飲んだように思わず顔をしかめる。
特に天井のシャンデリアを物珍しそうに眺めていたそうだ。
電気を知らないらしい。しかも、天井から吊す照明器具は見たことがないみたい。(昔は行燈だったからね)
そのうち、「ここはどこだ?」と尋ねる始末。
ようやく自分が別世界に来たことに気づいたらしい。
「わしは帰る」と行って店を出ようとするし、
店から出たら出たで今度は、外の様子が近代的な建物ばかりだから、茫然自失となる。
半分パニックになりかけていたのを、他の人がなだめすかすのに苦労したそうだ。 


586 :585:04/05/31 16:16 ID:ICA9Zse2
一方、ホステスさんの意識は、
突然めまいに襲われたかと思うと、辺りが白い霧に包まれている。
怖くなって走り回っていると突然、視界の一部に霧が薄くなっている所が見えた。
そこへ行くと、今まで居た店とは違う外の景色。
それも遠くに川が流れ、馬小屋みたいな建物、地面は雑草が生い茂っている。
そのうち、誰かがそばを通り過ぎようとしていることに気づいた。
助けを求めて追いすがると、それは馬に乗った武士だったそうだ。(武士というのは、ホステスの証言に基ずく)
彼女は正面に走り込み、必死に助けてくださいと懇願したが、
その武士は彼女の存在に全く気づかず、馬の歩みを進めていく。
どうやら彼女は、意識体だけで存在しているようだ。
孤独と恐怖に襲われた彼女は、その場にうずくまり、ただ泣き叫ぶだけだった。

再び現代の店の中。
落ち着きを取り戻した『男』は、ようやく自分の素性を話し出したそうだ。
彼は馬子、つまり馬の世話係で、突然意識を失い、気が付くとここにいたという話である。
その様子を見て、最初はホステスのイタズラだと思っていた同僚達も、
次第にそれが、本当に別人の意識が入り込んでしまったのだ、と考え始めたそうだ。
これはヤバイことになった。そうは思っても同僚達にはどうしようもない。
とりあえず『男』に酒(日本酒)を与え、眠らせることに成功した。


587 :585:04/05/31 16:17 ID:ICA9Zse2
その時点では同僚達も気が動転して、その『男』が過去の人物だとは考え及ばなかったそうだ。
「どうする?救急車呼ぼうか?」
「いや。もう少し様子を見てからにしようか」
そんな会話をしてから一時間ほどして、今度は『彼女』が目覚めた。
彼女は自分が元の世界に戻ったことで安堵し、そしてまた泣きじゃくる。
同僚達もホッとしたが、一体なにが起こったのか混乱するばかり。
ああでもない、こうでもない。結論のでないまま、時を過ごすことになったそうだ。

・・・と、ここまでは私が当事者達から聞いた話。
(実際は、こんなに理路整然と話した訳じゃない。話があちこち錯綜して、とりまとめるのが大変だったけどねw)
そこで、私は彼女たちを前にこう結論づけた。
「もしかしたら、あなたは過去にタイムスリップしたんじゃないのかい?
 原因は分からないけど、過去の馬子と、あなたの意識が入れ替わった。
 馬子の意識は、あなたの肉体に入ったけど、あなたの意識は馬子には入らなかった。
 でも、それで良かったかもしれない。
 もし入ってたら、こうして元に戻れたかどうか分からない。

 時を超えて霊媒現象が起きるなんて始めて聞くけど、可能性はある。
 現在と過去で生じた出来事を付き合わせてみると、馬子が電気も知らない昔の人であることは確かだし。
 あなた達が作り話をしているとは思えない。現実に起こった出来事だろうね。
 問題は、馬子がどの時代の人か?
 現代人と一応の会話が出来るというんだから、そんな昔の人ではないだろう。
 精々幕末から明治初期って所じゃないかな?」
私はこれ以上、納得のいく説明する言葉を持たなかった。

別に『ラストサムライ』に引っかけた作り話じゃないよw


588 :585:04/05/31 17:15 ID:XiU/5CLb
ちなみに、現代を訪れた『その男』が、再び過去の肉体に戻れたかどうかは一切不明。
ホステスは、もうあんな体験は嫌だとブルっていた。
幽霊を見るより恐ろしい体験だったようだ。


590 :585:04/05/31 20:49 ID:7YhaiaKk
今自分の文章を読み返してみると、状況が掴みにくい書き方をしてしまった。スマン。
当時の支離滅裂な証言が後遺症になって、私の文章にまで反映されたようだ。

要は、現代の人間と、150年?隔てた過去の人間の意識が、交代してしまったらしいというお話。
過去に行ったホステスの意識は、相手の男の肉体に行く前に自意識が目覚め、
途中で立ち止まったんじゃないかと推測する。
それが、霧に包まれた通路だったり、武士にも見えない霊体となっていたんだろう。
現代に帰る過程はついに聞き出せなかった。分からないと言うのだから仕方がない。
見知らぬ異空間でパニクってる時に、そんないちいち状況把握など出来ないからね。
しかし、支離滅裂な証言ながら、時を隔てた他人との意識交代だというのは、当時の私にも直観的に分かった。

では。私は元の名無しに戻る。


☜1日1クリックの応援お願いします




177 :長文だがすまん:2007/07/17(火) 16:34:05 ID:83rI3COy0

小学生の時に、陽三ってやつがいた。
俺がおぼえてる限りのことを話すと、
陽三は同級生の由紀夫って奴に、「水に気をつけて」と言った。
すると由紀夫はそれから四年後、友達と海水浴に行った時に、深みにはまって死んだ。

また陽三は、当時担任だった女の先生に、「先生、子供には気をつけてね」。
先生はそれから三年後くらいに、結婚して妊娠したのだが、
出産の際に出血がひどかったらしく、子供を残して亡くなったらしい。

陽三は他にも、クラスのいろんな奴に予言?をしていた。
しかも、言ったことをすべて的中させていた。
陽三は小学校を卒業と同時に、九州に転校していった。
陽三は俺の地元じゃ、今も伝説的に語り継がれている。


178 :長文だがすまん:2007/07/17(火) 16:34:51 ID:83rI3COy0
話は変わるが、俺は最近久しぶりに地元に帰り街をぶらぶら歩いていると、偶然に小学校の同級生だった浩之に会った。
懐かしさに二人で公園に行き語り合った。

そして話の話題は陽三になった。
ふと浩之は、「俺も実は陽三に予言されたんだよ」。
唐突に浩之は話を始めた。
「陽三に『集団には絶対気をつけるんだよ』って言われたんだ」
「そんな曖昧なこと言われても困るなw」と俺は言った。
「いや、そうでもないんだ。俺実は、今やばい仕事やってんだよ。
 なんつうか、人から恨まれるようなことをよ・・・」
俺はその時、何の仕事なのかを浩之に聞けなかった。
「集団だろ、たぶんリンチかなんかに遭って殺されるんじゃねぇかwハハハ」
俺は笑えなかった。
「不安か?」と俺は聞いた。
「大丈夫!策は練ってるんだ。返り討ちにしてやるよハハハハハw」

浩之は強気だ。


☜1日1クリックの応援お願いします




691 :可愛い奥様@\(^o^)/:2015/06/08(月) 11:00:54.39 ID:eOP1doLY0.net

私の夫は霊感とか超能力?みたいなのがあるっぽい家系みたい。 
本人もつい最近まで気にしたことがなかったそう。

そんな中、私の2人目妊娠が発覚。
7週にして出血し、慌てて病院へ行くと「流産の可能性が高い」と医者から言われ、
その後どうなるかとか処置の話を聞き、1週間後に再度受診する予約をして帰宅。
すぐに夫にもその話をして、仕事から戻って来てからはすごく気遣ってくれました。 
そんな時に、よくある超能力者が手を当てたら体の悪い部分が良くなるとかの番組みたいなのがテレビで流れていて、
夫が何か思うところがあったらしく「試してみよう!」と、私のお腹に手を当ててみたんです。 
私は特に何か感じたわけじゃないけど、夫がいきなり手を離してそそくさとトイレに。思っ切りえづいてました。 
後に聞いたら、今まで経験した事の無いような吐き気と黒い物体が口から出てきたらしい。 

それのおかげかは定かではないですが出血が止まり、不安なまま妊婦健診。 
無事出血が止まり、元気に動く胎児の姿がエコーで見えて一安心して、夫に号泣しながら連絡しました。 

夫は「多分、あれが無かったら流れたかもね。良かった」と喜んでくれました。 
ただ単に医者が慎重に大げさに話したのか、本当に危なかったのかは素人なのでわかりませんが、
私には夫の『手当て』を信じています。 

余談ですが、そのお腹に手を当てた3日後くらいに、
1人目が同じようにお腹に手を当ててから耳をお腹にくっ付けて、
ニコニコして「赤ちゃんただいまって言ったよ?」と言ったので、
もしかして遺伝した?とか思ってます。 

出産はもう少し先ですが、元気に生まれてきてくれる事を願ってカキコ。
 

↑このページのトップヘ