【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 事故物件




205 : 本当にあった怖い名無し:2015/10/10(土) 22:40:34.50 ID:Iol1prjb0.net
俺、老人福祉の仕事してて月に数人は亡くなるんだよね
エンジェルケアの手伝いもするし
その部屋で夜勤の仮眠とかもする
けどオカルトな事件に遭遇した事がない

実家も事故物件で20年くらい住んでたけどオカルト的な事は何もない
どうすればオカルトな事に出会える?
一度でいいから霊的なものを見てみたい





208 :  本当にあった怖い名無し:2015/10/11(日) 02:54:02.92 ID:dNG5uIP80.net
感じたりもしないの?
自分もめったに見えないけどやばいところは温度か空気の質感が変わる

事故物件で思い出したけど、あれ事故物件だったのかなぁってのがある。
当時、彼女と同棲するために部屋探ししてたんだよね。
お互い働いてたから勤務地から30分以内の駅チカ条件で
おいおい結婚もする予定で家も買うだろうからなるべく安いの探してた。

色んな不動産屋回ったけど、近場の某不動産だけやたら安くて変な物件持ってたんだよね。
相場12万で7万とか。8万くらいするだろってところが4万とか。
こんだけ安いの事故物件とかじゃないですよねー?と軽く聞いても
違いますよーって笑いながらきさくに答えてくれる若い兄さんが担当だった。

ただぱっと見ニコニコしてて清潔感あってきさくなお兄さんだけど
自分も彼女もいまいち信用してなくて。
目が笑ってないし話盛ってるようなところもあり。

でもまぁいい物件だったらそれでいいんで紹介してもらった物件に連れて行ってもらった。
その中の一つのマンションなんだけど、4階建のコンクリ造りでまず外壁が真黄色。
イタリア風のパステル入ったようなイエローじゃなくて真黄色。
趣味悪いマンションだなーと思って玄関入ると中の壁は普通。
ただロビーに階段もエレベーターもなくて、
ロビー突き当りを左直角に曲がった先に階段があるちょっと不便な造り。

その曲がり角の部分に50cm四方くらいのスペースがあって
ミニチュアの枯山水みたいな庭があって小さな社が置いてある。
都会のビルの隙間に立ってるようなのじゃなくて、かなりのミニ。
でもちゃんと木で作ってる感じ。

とりあえず曲がり角にあるのでめちゃくちゃ邪魔。で階段上ると折り返していきなり3階。
2階は?と聞くと1階をずっと行った先の突き当りから
2階専用の階段があって、テナントが入ってたけど今は使っていないと。


209 :  本当にあった怖い名無し:2015/10/11(日) 02:55:27.65 ID:dNG5uIP80.net
目当ての部屋は3階にあって、日曜の昼間行ったのにめちゃくちゃ静か。
聞いたら1階と4階は全部埋ってるけど3階は全部空いてますとのこと。
中に入ると小綺麗で、壁紙も新しい感じ。
入口そばのトイレ普通、バス普通、玄関から廊下をまっすぐ行くとそのままリビング。
でリビング入った瞬間、空気が変わったんだよね。

リビングと他の部屋は襖で仕切られてるんだけど、襖全部開いてるし
廊下からは何も仕切られるものがない。
なのにリビングを境に空気の厚みが違うというかねっとりした膜を張っているような感じがする。
通り抜けて違う部屋に行ったら空気普通。
リビングだけ違う。

で奥の部屋の右手に厚めの刷りガラスがあってそれ1枚隔てて何故か隣と部屋がつながってる。
音丸聞こえだし、ありえないだろこの造り、と思って見たら
刷りガラスの向こうに誰かいる。
小学校高学年くらいの背丈のたぶん女の子。ぼんやり肌色っぽいのが透けて見える。
ああ隣の人かって思った瞬間、3階誰も住んでませんって言葉思い出して
ええ!?と思ったら次の瞬間に消えてる。
で、営業が隣住んでないから音の心配ありませんよとか言ってる。


210 :  本当にあった怖い名無し:2015/10/11(日) 02:58:00.40 ID:dNG5uIP80.net
まぁその時点で住む気は全くなくなったんだけど面白いから
営業が彼女について行ってる隙を見てリビングとの境界線から手を出したり引込めたりしてた。
やっぱりリビング側の空間に入った部分だけ空気がねっとりしてる。
不思議だなと思ってたら
後ろから「やっぱり分かりますー?」って営業の声がしたんだよね。

やっぱりって何だよと思って振り向くと
常にニコニコしてた営業がその時だけめちゃくちゃ無表情なんだよ。
分かります?の後何も言わずにじっーとこっち見てる。
一瞬ぎょっとしたけど
「何がですか?」って聞いたら
「え、何かおっしゃいました?」って。
「いや、分かります?って聞きませんでした?」
言っても営業???状態。
あれ、何も言ってませんよな空気になって。

で結局その部屋に入ることはなくセンチュリーで見つけたところに決めたんだけど
すいません、そちらに決めましたって某不動産の営業に電話したら、やたら食い下がる。

その食い下がり方が異常で
自分らが決めた物件をこちらで調べますとか言ってきて、
調べたら同じ階の住人にちょっと問題ある人がいるからやめた方がいいとか言ってきて。
なんでお前にそこまで分かるんだよってことでその話自体嘘だったんだが
(隣人は普通のいい人だった)
やたら黄色マンションを勧めてきたんだよね。
すいません決めたんで、ってそこで終わり。

事故物件なのか何なのかよく分からないけど変なところだったと思うよ。





オカルトランキング



379 :本当にあった怖い名無し:2010/01/01(金) 15:57:14 ID:Y/MLGaSUO
もうかれこれ10年前の話。まだ自分は9歳だった。
諸事情で祖母と二人暮らしをしていたが、小学生半ば、母親とも一緒に暮らすことになった。
祖母とは小さな漁師町に住んでいたけれど、転校するのは嫌だったが、母親が住んでいる町に引っ越す事にした。
母親は団地に住んでいたので三人で暮らすには手狭、ということで一軒家を借りることになった。

少しして、町の不動産さんに紹介され、家族三人で内見に行った。
小学校からも遠くない、道路にも面しているし小さいながらも物置がある。駐車場もあった。築20年位に感じた。
まだその家には人が住んでいて、契約が決まり次第退去、引っ越しの手筈だった。

380 :本当にあった怖い名無し:2010/01/01(金) 15:58:37 ID:Y/MLGaSUO
玄関に入ると、不気味な仏像が100体以上並べられていた。
「どうぞ自由に見てくださいね…」
中から出てきたおばさんの目は、明らかにおかしく淀んでいた。
仏像からして自分は怯えてしまい、内見どころではなかった。
早くこの家から出なきゃいけない。何故かそう感じていました。

母は2階を見ると言い、自分もついて行きましたが、後悔をしました。
2階は不思議な作りで、大きな部屋についたてでかろうじて仕切って、部屋らしき物を形造っていました。
そして何より、窓が沢山あり南向きなのに寒い。そして暗い。
黒いもやが部屋中に綿ぼこりの様にいて、母にもやは何なのか聞こうとした瞬間、
「家からでるまで喋ってはいけない。悪い物だから。お前について来たがってる」


381 :本当にあった怖い名無し:2010/01/01(金) 15:59:45 ID:Y/MLGaSUO
そう小声で言われ、自分はもうパニックでした。
黒いもやは、ゆらゆらふわふわ浮いたりし、何となく私達に近づいている気がしました。
それに気づいたのか、母は陽気に喋りまくる不動産屋にもう内見は辞めて帰る旨を伝え、一階に向かいました。
玄関で靴を履きながら、ちらりと居間を見ると、夥しい数の仏像がところせましと居て…もう駄目だと思いました。

玄関を出て、不動産屋さんはしきりに母に契約を迫っていました。しかし母は断り続けていました。
ちなみに、ついて来た祖母は、私達の車の中から出ては来ませんでした。
そして母は不動産屋さんに行ったのです。
「あんた知らないって思ってるでしょ?
 ここで首つった爺さん二人もいるじゃない。なんて物件紹介してくれてんのよ」
全く意味が分からない私は、「何が?!何が?!」と母に詰め寄ると、母は駐車場を指さし、
「ここで吊ってる。元はここ物置でしょ?自殺があったから壊してとなりに物置を建てた。そういうこと。
 契約はなかったことにして。こんな家にいたら、住んでる人みたいにおかしくなっちゃうわ」


382 :本当にあった怖い名無し:2010/01/01(金) 16:02:03 ID:Y/MLGaSUO
そう吐き捨てる様に言い、母に手を引かれ車に乗り、不動産屋さんを尻目に車を走らせました。

祖母は、
「なんて家だろうね…土地がよくない。
 首吊り自殺した爺さん、ぶら下がってあんたたち見下ろしてて、不気味ったらあらしゃないわよ」
その言葉に母も返しました。
「爺さん二人だけじゃないよ。家の中でも、少なく見積もっても二人は死んでるよ。
 2階なんて最悪。***(難しい言葉で聞き取れませんでした)がいっぱいいるのよ?
 不動産屋なんて普通にしてるの。見えないって得だね。
 この子は引き寄せ易いから、家帰ったらあれしなきゃね」


383 :本当にあった怖い名無し:2010/01/01(金) 16:03:01 ID:Y/MLGaSUO
そんな会話をしながら母の団地に着き、すぐさま私は日本酒が入ったお風呂に入るように命ぜられました。
あれとはお清めだったようでした。
その後、祖母により何かお祓いのようなものをされた記憶があります。

私の家系は視えるようです。払い方なども一通り習いました。
その一件後、知り合いのつてで一軒家を借り、無事引っ越しせました。
その家にも何体かいたのですが、
母は「歩き回るばあさんと子供だけだから可愛いもんだよ」と言っていました。
その家の話はまた今度しようかなと思います。

ちなみに、その爺さんが首吊ってる家は、本当に爺さんが首を吊ってました。
新しく引っ越した家のお隣りさんから詳しく聞きましたから…
有名な家を紹介されたみたいです。




オカルトランキング



80 :名無しさん@おーぷん :2018/07/23(月)15:35:42 ID:eJ1
大学時代、いわゆる事故物件に住んでた。
最初知らなくて、お金がないから安かったので飛びついた。
当時私は大学でボッチだったのに、
どこからか私が事故物件に住んでると聞いたオカルト研究会の面々が
次々と泊めてくれと言いに来て、以来気がつけば私もメンバーになってて
しょっちゅうウチで飲み会をするようになり、
なんか知らんがその中から彼氏まで出来てすごい楽しい大学生活になった。
もともとオカルト嫌いじゃなかったのが良かったのかも。
人生ってわからんもんだなあ。
ちなみに私には霊感が全くないらしく、普通のアパートとして平和に暮らしていた。
泊まりにきたメンバーたちは、音を聞いたり室内なのに頬に風を感じたりしたそうだが
古いアパートなので、音もするだろうし隙間風もあったろうなと正直思っているw


83 :名無しさん@おーぷん :2018/07/23(月)18:32:08 ID:a6X
>>80
物件が運んできた珍しい縁だな






オカルトランキング



172 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/26 02:52

そーいえばさーオフレコのスペシャルで訳あり物件を調査してて、 
そのアパートってのがどうも神社跡地に建ってたとしか思えないんだよね・・・ 
住んでた女の人は結局自殺してたって落ちだった・・。


174 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/26 05:29
>>172 
オフレコってテレビ番組名ですか? 
詳細教えてください


175 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/26 07:56
>>172 
ボロアパートで、玄関の鏡の裏からヘンな手紙(?)がゴッソリ出てきたやつ? 
しかもその手紙、ビリビリに破られてて、
固有名詞が出てる部分はボカシ入っててよく見えなかったんだけど、グチャグチャな字で、
デムパのにほいがプンプンする手紙だった・・・。
違ってたらゴメソ

>174 
たしか、和田アキコとかが司会してなかったっけ? 
スネークハンターのやつ?


176 :こんな内容:03/06/26 09:50
数年前、未だに印象に残ってる番組があるんだけど、情報ありますか? 
あまり記憶は定かじゃないのですが・・・ 

それはいわゆる事故物件を探しだし、泊り込みで検証すると言うものだった。 
そこは不動産屋から情報を提供してもらった、都内?の古いアパート。
モザイクがかかっているのだが、うっそうとした樹に囲まれた石段を上りきった先で、一階正面の部屋だった。
そう、まるで神社跡に建てられたようなたたずまいで、俺が見てもかなりあやしかった。
六畳2間の和室、キッチン、風呂トイレ、大きめのバルコニー付き。 
風呂場の壁は、何かを隠すようになぜか青くペンキで塗られていた。 
玄関入って左側、出かける前の身だしなみ用だろうか?鏡が掛けてある。 


177 :こんな内容:03/06/26 09:51
スタッフが泊り込み、夜中に部屋を探索。
手前の部屋、押入れに女性の長い髪を発見。
さらに念入りに捜索すると、一人が玄関脇の鏡の裏にメモの切れ端を発見。一瞬、緊迫した状況になる。 
大家さんの許可を得て鏡をはずすと、そこにはびりびりになったメモが多数みつかる。
メモを繋げてみると、破損した部分もあったが概ね内容はこういう感じ。 
『お母さん助けて』『苦しい』
かなり切迫した状況で隠したものと思われた。 

隣の住人に聞くと、誰も居ないのに物音がするのは日常のことなので慣れたとのこと。
真上には若いカップルが住んでいて、押入れをベットがわりに使っているが、 
真下からつめで引っかくような音をよく聞くという。
どうやらある女性が昔住んでいたようで、男から暴力を受けていたという。 
押入れで死んだ?(覚えていないが)押入れの中で恐怖に震えていた模様。さらに引っかき傷を発見。 

番組に霊能者が来ていた。その人が言うには、風呂場に男に引きづられる女性が見えたという。 
不動産屋の話だと、
ここを紹介、もしくは携わると、必ずといっていいほどなんらかのアクシデントに見舞われるという。 
取材中に入院(別人?)している人物にインタビューに行くが、もう係わり合いになりたくないとのこと。 


178 :こんな内容:03/06/26 09:52
最後に入居した人物は、女性の学生?だということ。彼女の足跡をたどる事になった。 
ついに実家をつきとめる。
インターホンを鳴らすと母親らしき人が出る。
それは、およそこんな会話だったように思う。
スタッフ(以下ス)「スイマセン○○テレビのものですが」 
母親「なんでしょう?」 
ス「実は○○さんを探してるんですが・・・」 
母親「どういったことでしょうか?話す事はありません」 

一度断られるが再度試みる。 
インターホンを鳴らす。
母親「はい」 
ス「先ほどのものですが・・・」
ここでこれまでの経過を説明。
すると、 
母親「○○はなくなりました。」 
ス「え?亡くなられた・・・」
うすうす解かってたことだが、言葉を失うスタッフ。 
母親「もうそのことは忘れたいんです。引きとってください」  

ここで話は終る。
彼女が手紙の女性かどうかは不明。


180 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/26 12:01
>>177 
補足しとくわ。 

まずTBSの取材スタッフは、不動産屋にて住所、電話番号などの個人情報を入手。 
取材したい旨を電話で伝える。が、取材拒否。 
にもかかわらず強引に契約者の家に赴き、再び取材を試みる。 

正直マズイだろう。


183 :175:03/06/26 21:06
>>176 
自分が見たのソレだ~(((((((;´д`)))))))ガタガタ 
しっかり見てなかったから、最後がどうなったのか記憶があいまいだったんだ。サンクス! 
でも、母親が「(娘は)亡くなりました」って言った時思ったんだけど、 
うちの親も怪しいキャッチセールスやなんかには、
メンドクサイから「氏にました」って言って、何回も殺されてるんだよね・・・自分・・・。 
親も「ヘンなのが来たな~(;´д`)」と思って、亡くなった・・・って言った可能性も。 
でもって、よくよく話を聞いてみたら、
元気でピンピンしてるorメンヘル系とかで、オンエア的にはあたかも亡くなったかのようにそのまま使ったとか・・・。
なんて事まで一人で妄想しちゃった(w
 
☜1日1クリックの応援お願いします




67 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/11/25(水) 13:37:12.30 ID:XEevjEfT0.net

ある場所に行ったりすると途端に吐き気や頭痛に見舞われ、しんどくてしばらく動けなくなったりする事があるのね。 
基本的にオカルト好きな人間なので、
「これは土地に原因があるな?!w」と半分冗談半分本気な感じで調べてみたら(by 大島てる(事故物件公示サイト))、
自分の体調が悪くなった場所は大体事故があった場所だと判明。 
もしかして俺には霊感的なのがあるのか?と妙にワクテカしてたある日。
家の近所を歩いてたら例の吐き気に見舞われて、かなりしんどい思いをした。 
体調が落ち着いたその日の晩に件の場所を調べたら…何もない。 
少なくとも調べた範囲では、過去に異常事態が起こった事のある場所じゃなかった。 
なんだぁ…俺の霊感もどきも大した事ねぇなぁwって思い、その場はそれで終わったんだけど、
それから数日後、俺が吐き気を覚えた例の場所にある家で火事が起こり、
その家の家族3人が死亡した(後日ニュースで見てゾッとした)。

ただの偶然だとは思うんだけど、これから起こる災厄が事前に『吐き気や頭痛』として現れるようになった…って考えると……
自分の家にいて急に吐き気や頭痛がきたらどうしよう。


☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ