【閲覧注意】怪談の森【怖い話】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 葬式



652 :本当にあった怖い名無し:2020/07/02(木) 01:39:54.78 ID:y0ECfhqN0.net
だいすきだった飼い猫が死にました。13歳、心臓発作での急死。
心の準備もできないままに、お葬式に出しました。
昔からのいわれで、行きと同じ道を通って葬儀場から帰ってはいけない、と言うものがあります。
死者がついて来てしまうから、だそうですが、
あの子がついて来てくれるなら本望だと、わざわざ同じ道で帰りました。

帰宅したのは夕方を少しすぎたくらいの時間でしたが、何も手につかないしお腹も減りません。
しばらくひとりにして。と家族に告げて、部屋のキャットタワーに残るあの子の毛をかき集めていました。


653 :本当にあった怖い名無し:2020/07/02(木) 01:40:17.01 ID:y0ECfhqN0.net
いつの間にか床で寝てしまっていて、起きたのは深夜を少し回った時間でした。
お腹、空いたな。とのそのそ起き上がり階段を下りると、玄関のドアから風が吹いてくるような気がしました。
さすがにきちんと閉まっていますので、そんなはずはないのに。
私はなんとなしに、あの子が帰って来たがっているんじゃないかと思いました。
台所からお菓子をあさって、玄関前に戻りドアを開け、その場で待ちました。
帰って来てくれるはず、あの子は賢いから、きっと迷ったりしない。
1時間はそうしていたと思います。
12月の半ばなのでまあまあ寒かったのですが、そんなこと気にならないくらいに、必死でしたが。。。

あたし何やってんだろ。
自分自身に苦笑して諦めて部屋にもどろうと、ドアを閉めるため立ち上がったのとほぼ同時。大きな風が吹き込みました。
たべちらかしたお菓子の袋が廊下の端まで飛んでいって、急いでドアを閉めようとした私の視界の隅っこに、白い何かが横切りました。


654 :本当にあった怖い名無し:2020/07/02(木) 01:40:45.96 ID:y0ECfhqN0.net
あの子だ、と思いました。
あの子はペルシャという品種で、白くて長いふわふわの毛がご自慢でした。
そんなにブラッシングをしなくとも、いつも自分で綺麗に毛繕いしていました。
涙がブワッと溢れ出て、私はただ嬉しくて。
「待ってたよ」
ドアをしめて二階の自室に駆け上がり、ドアを開け放しました。
入り口を見つめますが、なかなか来てくれません。
さっきのことを思い出して、少し目線をずらすと、やはり視界の隅っこに白いあの子が入ってくるのが見えました。
また一緒に暮らせることがとても嬉しかった。
直接は見れないけど、視界の端で動き回るあの子が見える。
私は満足して、いつも通り深夜のb級映画を少し見て、心地よい眠気とともにベッドに潜りました。
あの子は猫らしさ全開のいわゆるツンデレで、もともと気が向いた時にしかあまえてきてくれないんです。


655 :本当にあった怖い名無し:2020/07/02(木) 01:41:10.57 ID:y0ECfhqN0.net
でも、部屋を暗くして私がベッドに潜ると、そう、こんなふうに、足元から私の布団に潜ってーーーーー
潜って。。。。
あの子の自慢の毛はいつもふわふわでした。
最近はやり出した、ミルク風味のすぐ溶けてしまうかき氷みたいな、優しい触り心地。
だったはずなのに。
私の足に触れたのは、少し固くて、ゴワゴワしていて
それはまるで、まるで
人間の髪の毛のようなーーーー。
その瞬間とび起きました。
私は失敗した。
何か違うものを招き入れてしまった。
理解した瞬間恐ろしくなって、布団をめくる気にもなれませんでした。

部屋を飛び出して、22歳にもなって初めて親の隣で寝ました。
親はあの子をなくしたショックが大きかったんだろうと解釈したらしく頭を撫でてくれましたが、私は恐怖に震えていました。
しかしいろいろあった1日ですので、親になだめられるままにそのまま寝てしまいました。


656 :本当にあった怖い名無し:2020/07/02(木) 01:41:51.58 ID:y0ECfhqN0.net
起きると、真っ暗な場所にいました。
右も左も、上も下もわからない。
今考えれば夢なのに、夢の中の私はそれを夢だと認識できずにいました。
暗闇の中で、私は耳を塞いで震えていました。
何か小さな声が聞こえます。

ーーーの?
なのーーー?

徐々にその声は大きくはっきりと聞こえます。

だめなのーーー?
どうしてわたしじゃだめなのーーー?

夢の中の私はひたすら謝っていました。ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい。


657 :本当にあった怖い名無し:2020/07/02(木) 01:42:12.04 ID:y0ECfhqN0.net
もう一度目を覚ますと、親の寝室でした。親はもう起きたようで、私はひとりでした。
親に昨日あった出来事を話すかどうか迷いましたが、自室におそるおそる戻ると開けた覚えのない窓が開いていて、
なんとなく、何処かに帰ったんだなと思いました。
それからは少し家なりがするたびに過剰に驚いていましたが、
何も起こっていないところを考えると、取り憑かれるようなことは起きていないのかな?と思います。

今回、私が呼んでしまった何かがどこから来たものなのか、
どういう経緯で天に召された人なのかを私は知りませんが、
その時お願いしたペット葬儀場の近くには土地柄か、たくさんのお墓や火葬場があったので、
やはり同じルートで帰ってくることはお勧めしません。






オカルトランキング



807 :本当にあった怖い名無し:2006/05/18(木) 22:10:13 ID:kTsn/9rB0

ちょっと前に、友人の兄が亡くなった。
俺は友人(仮にgとしておく)の家に行って焼香を上げた。
gと俺は昔から、それこそ一番古い記憶にも顔をだしている位の付き合いだった。
gの兄は俺達よりも6つ離れていたが、“世話係”といった感じで、渋々ながらも俺達の面倒を見てくれていた。
だから結局、gと同じ位に古い記憶に残っている。

 

gの兄さんは凝り性というか学者タイプで、
大学もダブって院までいって、研助手になってひたすら研究していたらしい。
愛想は良くないし、教授の事も良く無視して自分の事ばかりやっていたので、『生真面目な変わり者』と思われていたらしい。
良くは知らないが、キノコとか粘菌の研究だったらしい。
彼は都合4年かけて、集大成の論文を上げたばかりだった。
それは彼の最後で最高の、まさに人生を賭けた結晶だったのだと思う。
彼自身「これ終るんだったら、ピリオド打っても良いくらい」と良く言っていたそうだ。
gも「そういう意味の言葉は始終聞いていたな」と、眉を八の字にして泣き笑いしていた。
「でも、まさか本当に逝っちゃうなんてなぁ……」
「あんちゃん、加減知らないから」などと言ってまた泣き笑い。
「俺、今日はここにいてもいいかなぁ」
「いいよ。あんちゃんもその方が喜ぶよ。なんだったら寝ちゃってもいいし」
それで俺は、通夜を彼の家で過ごした。

 

 

810 :807:2006/05/18(木) 22:11:20 ID:kTsn/9rB0

「でも、あんちゃんはあれで良かったんだよなぁ」とgが言った。
何故かと問うと、「あんちゃんは、もうこの世でやる事は全部やり終えたから、天に帰ったんだよ」
gはそうやって納得しようとしていた。俺もそう思えた。
否、思いたかっただけかも知れないが、その時は否も応もなく、その場にいた人達は全員頷いていた。
確かにそうだった。誰もが彼の死に、天命に近いものを感じていた。
「すべき事を終えて、彼は満足に死ねたよね」と誰ともなく囁いて、泣いていた。
棺の中の顔は安らかで、少し微笑んでいる様だった。
それで気が弛んだのか、俺は横になった拍子に寝てしまった。

 

夢を見た。
公衆便所の様な、タイル張りの廊下にいた。
廊下の先が何処まで続いているかは見当が付かない。果てがない廊下だった。
僧侶がいた。
袈裟を纏って、静々と果てに向けて歩いている。その背は綺羅の如く輝いている。
そして、丑に乗った彼がいた。
丑は白く大きかった。僧侶は丑を引いて歩いている。彼はそれの背に乗って、果てに向って歩んでいた。
俺は思わず手を合わせた。涙が出た。
ああ、やっぱり彼は、天国だか浄土だかにいけるんだな。と思った。

 

ふと横に気配を感じた。gがいた。彼も手を合わせて、頬に涙を伝えていた。
その他にもいつの間に集まったのか、10人あまりの人々がいた。
見知った顔もあれば知らぬ顔もある。皆一様に首を垂れて合掌していた。
みんな心から感動していた。これが生ききった人間の昇天なのだ、と思っていた。
みんなで彼を見送っていると、彼がくるりと振り向いた。
くしゃくしゃの泣き顔だった。

 

 

811 :807:2006/05/18(木) 22:11:59 ID:kTsn/9rB0

「みんなぁ……」と彼が言った、と思う。
みんなは微笑んで頷いて、手を振ったりした。
彼は更に顔をぐしゃぐしゃにさせて、駄々をこねる子供みたいな顔になった。
「やだぁ!やだよぉ!怖いよぉ!死にたくない死にたくない死にたくないよぉ!!誰か、だれか!!」
彼はこちらに身体を向けるやいなや、すごい勢いで追いかけて来た。
丑は頭が無い。速い。俺達は逃げた。
追いかけてくる彼の顔はひどいものだった。
「なんで俺だけなんだよぉ、やだぁいやだぁ!これからだって言うのに!!やだよぉ、何処にいくの!こわいよぉ!だれか来て、誰か一緒に来てよぉ!怖いよぉ怖いよぉ」

廊下は真直ぐだ、俺達はひたすら走った。
「あ」という声が聞こえて、俺は目が覚めた。

 

傍らには、gがびっしょり汗を掻いて俺を眺めていた。
「今、変な夢見た」
「俺もだ」
同じ夢を見ていた。gの兄に追われる夢だった。
あんな子供の狂った様な彼の顔は始めてみた。すごい厭な顔だった。
俺達は急いで彼の御棺に向った。
もしかしたら彼の顔は今、あの酷い顔に……と、途中でgの父に呼び止められた。
「おい、Sさんが病院に運ばれた」
「Sさん?あんちゃんの同僚の?」
「通夜に来てくれるつもりだったらしい。八王子のあたりで事故ったんだと。
 居眠り運転だとからしいが、なぁ、こういう時どうしたらいいんだ?」
それは俺達には答えられなかった。
gなどは、「Sさんの不健康で良く肥えた身体なら、死にやしないだろう」と軽口まで叩いて、先へ急いだ。
俺は、夢の中でSさんがいたのを知っていた。彼は足が極端に遅い。

 

gが手振りをするので棺に近寄った。
棺の扉が開いて、彼の顔が覗いた。
棺の中の顔は安らかで、少し微笑んでいる様だった。





オカルトランキング




 465 :本当にあった怖い名無し:2007/09/15(土) 01:00:50 ID:9owJ9EbZ0

父の葬儀の時の思い出。
ただ、私は通夜の間親戚と呑みまくり、お線香の見張り番をしながら家族全員で10時間近く呑みまくり、とベロンベロン状態だったので、霊体験じゃなくて幻覚だったかもしれません。

 

465 :本当にあった怖い名無し:2007/09/15(土) 01:00:50 ID:9owJ9EbZ0

葬儀の日、仏前の不祝儀袋が溜まってくると山が崩れたりして見苦しいので、
ある程度溜まってくると、私はサッと取っては座布団の下に入れていた。
で、さらに数時間おきに会計のために席を立って、お金を金庫に入れて、「誰々さんが○○○円」とか帳面につけていた。

 

465 :本当にあった怖い名無し:2007/09/15(土) 01:00:50 ID:9owJ9EbZ0

それを何度か繰り返し、また席を立って戻ってみると、ちょっと変な人がいた。
参列者に家族が挨拶してる後ろで、糞真面目な顔で落ち武者コスプレの人が座っている…。
???と思って普通に無視してたんだけど、なんかすごく悲しそうな顔で座ってるので、思わずチラチラと見てしまった。
冷静に考えればおかしいんだけど、周りの人も静かにしてるし、
父は割とそういうおふざけが好きだったから、父の友人かな?と思っていた。
で、ぼーっとしてたら、その人はいつの間にかいなくなってた。

 

 

465 :本当にあった怖い名無し:2007/09/15(土) 01:00:50 ID:9owJ9EbZ0

葬儀が終わって、みんなにその人のことを訊いてみたら、誰も見てないと言う。
ただひとり親戚の伯父さんだけが、「それはきっと先祖の霊だ!」と興奮しまくり。
伯父さんは趣味で郷土史を研究してて、
「うちの先祖は、戦国時代に合戦から逃げてきて、農民になった元武士だ」と主張している。
「うちの先祖は落人だったんだから、■■(私)ちゃんの見たのはご先祖の霊だ!」
と言うんだけど、それもおかしな話だと思うんだよね。
子孫の葬式に、悲しそうな顔で出てくる落ち武者って一体…。
よくよく思い返せば、あの落ち武者ちゃんと正座してたし…。未だに意味が分かりません。



オカルトランキング



98 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 05:19:07.74 ID:4Qd77cew0
叔母さんが久々に俺の家に遊びに来て、つい先日見たテレビの恐怖特集の話になって、
「そんな幽霊とかいるわけねーじゃん!」みたいな会話をしてた時だった。
その叔母さんが、昔お客さんから聞いた話を教えてくれたんだ。
俺の叔母さんはちっちゃい小料理屋・居酒屋をやってた。
その居酒屋ってのは、郊外の辺鄙な場所にあるもんで、常連さんが多いのは当然なんだ。
新しいお客さんが飲みに来るのは珍しい。
その中に、月に2,3度来るようになったオバサンがいるんだけど、このオバサンが酒を飲みながら叔母さんに語った話。


オバサンは結婚して20年くらいになる亭主がいたんだけど、この亭主がえらくダメなヤツだったそうで。
もう子供達は大きくなって、家を出ていたんだけど、
亭主はオバサンに毎日のように金をせびって、フラフラ遊んでばかり。
おかげでオバサンは少なくはない借金を抱えていたそうだよ。


99 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 05:22:20.16 ID:4Qd77cew0
さらに亭主は精神病の気もあって、たまに昂ぶって暴れたりすることもしばしば。
亭主は、借金の話になるともう手がつけられなかったそうだ。
でもそんなことがあったかと思えば、死人のように暗い顔をして、部屋にこもっていたりもする。
このオバサンは毎日、パートから疲れて帰ってきては亭主と口論、そんな毎日を送っていた。

さて、そんなある日、いつにも増して激しい口論の末、
亭主はオバサンをしたたかに殴りつけた後、ヒステリーを起こして暗い戸外へ出て行ってしまった。
家の外から、オバサンを罵倒するような大声が遠ざかっていくのが聞こえていた。
またこれだ。
いつになったらこんな生活から開放されるんだろう?
いっそのこと死んでくれれば・・・いや、殺してやろうか・・・?
そんなことを考えながら、オバサンは仏間に行って布団を敷き、もう寝ることにしたんだそう。
仏間には扉のしまった仏壇と、布団が一枚敷いてあるだけ。
明かりが消され、豆電球の弱々しい光が部屋の中をぼんやりと照らしていた。


100 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 05:24:32.82 ID:4Qd77cew0
どれくらい経っただろうか。
急に「ドン ドン ドン ドン」。大きな音でオバサンは目を覚ました。
こんな時間に誰かが訪ねて来たのか?それとも亭主が帰ってきたのか?
そんなことを思いながら上半身を布団の上に起こすと、おかしなことに気付いた。
音は扉の閉まった仏壇からしている。
「ドン ドン ドンドンドンドンドン」
どんどん音は大きくなってくる。
何かが仏壇の中から観音開きの扉を叩いている。
オバサンはあまりのことに動けなくなって、じっと仏壇の扉を見つめている。
「ドンドンドンドンドンドンドン!」
もう仏壇全体が揺れるくらいの凄い力だ。


101 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 05:26:39.85 ID:4Qd77cew0
するとその振動と音がピタッと止んだ。
静寂の中で、仏壇を見つめているオバサンはあることに気付いた。
閉まっていた仏壇の扉が3,4センチ程、僅かに開いている。
そしてその隙間の暗闇から、目玉が二つ縦に並んで、こっちを睨んでいるのがうっすらと見えた。
オバサンが「ウワッ!!」と叫ぶと、その目玉はふっと消えた。
明かりをつけると、仏壇はズレたままだし、扉も開いたままだ。
怖くてしょうがないオバサンは、家中の電灯をつけて、居間で朝が来るのを待ったんだって。

翌日の正午近く、オバサンの家に近所の人と警察が訪ねてきた。
なんと亭主が、家から数分の雑木林で首を吊っているのが見つかったらしい。
どうやら死んだのは昨日の深夜。オバサンが仏壇の異変を目の当たりにしたその時刻だ。


103 :本当にあった怖い名無し:2013/03/22(金) 05:38:16.34 ID:4Qd77cew0
借金を苦にしての自殺とされ、その後は事後処理にもう大騒ぎだったんだけど、
オバサンは昨夜の体験を誰にも話さなかった。
亭主が死んで数年たって、ようやくこの奇妙な体験を人に話すようになったそうだ。
「人が死んで喜んではいけないとは思うけど、死んでくれて、本当によかったよ」
オバサンは、ママである叔母さんにこう語った。


あの日、仏壇から覗いていた目は亭主のものだったんだろうか?
この話を聞いた自分はそう思ったんだけど・・・そんなことよりもだ。
そんなことよりも、「そんなこともあるんだねぇ」で簡単に済ませちゃう叔母さんに、
どんな怪談よりも、そういう霊的なサムシングの存在を信じさせる説得力を感じた。




オカルトランキング




506 :本当にあった怖い名無し:2021/03/03(水) 07:22:27.59 ID:SaS6tTb+0.net
祖母が亡くなって通夜の時。
親戚とか沢山の方々が最後のお別れに来てくれてた。
祖母は死に装束を着て布団に横たわってた。
その時からずっと気になってたんだけど、布団が呼吸してるみたいに上下にゆっくり動いてるように見えてたんだよね。
でも多分見間違いだと思ってなんも言わなかった。
そしたら親戚のおばさんが、
「〇〇さん(祖母の名前)もっとここに居たかっんかねぇ。まるで息してるみたいだわ」
なんて言うから、ちょっとびっくりしておばさんを見た。というか周りがざわついた。
どうやら母親や父親どころか周り来てた人がそう見えていたらしい。
すぐに遺体と布団を確認。
でも祖母はやっぱり亡くなっていて、布団を動かずような物も無かった。
その後は布団も動く事なくお葬式は終わりました。





オカルトランキング

↑このページのトップヘ