【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 葬式



300 名前:本当にあった怖い名無し :2005/04/11(月) 03:30:20 ID:u29UOPq30
5歳くらいの頃かな
親戚の爺ちゃんの葬式に行ったんだけどね
ちょうど昼時だったんで棺桶のある大部屋で昼食を食べることになった

人数は30人くらい

その大部屋に入るといきなり物凄い臭気!!
鼻が曲がるというか、とにかく重くて嫌な臭いでたまらない
よくみんな耐えられるなあと思いつつ席について棺桶のある祭壇の方を観て仰天!!
棺桶の上に死装束っていっていいのかな?
白い着物着ておでこに三角の布を付けた肌の茶色い爺さんが会場を見下ろして座っているじゃないですか

さすがに5歳の俺
それ観てもーわんわん泣き
あとは式が終わるまでその部屋には絶対に近づかなかった

普通、死んだ人にそんなことさせるか?
臭いは腐敗臭かな?
遺言とか土地の風習とか宗教的なことでやっているにしても酷いなあ

なんて思いつつ早25年
・・・・・・やっぱりおかしいと思い始めてきた

で、先日実家に帰ったときに母にその時のことを話してみた

「はあ? あんた何言ってんの? そんなばかげたこと葬式でやる訳ないじゃんけ」
・・・
そんなわけで、俺があの時見た爺ちゃんはいったい何だったのか
それと臭い

とまあこんな感じ
長文スマソ




オカルトランキング



191 :本当にあった怖い名無し:2011/05/07(土) 03:48:18.69 ID:7QlTRPRG0
来年定年を迎える親父から聞いた話。

うちの実家は代々男たるもの・・・みたいな気風があったらしく、
男児は皆何かしらの武術を嗜むのが暗黙の了解だったそうだ。
親父の親父(父方の祖父)はその中でも傑出してて、空手・柔道・合気道・刀剣術・銃剣術なんでもあり。
戦地も経験済で、いかつい大男だったそうな。 
親父も子供の頃、祖父から空手を習ったがまるでモノにならず、
よく鬼のような顔した祖父に木刀で頭や尻をひったたかれたらしい。 

で、大人になった親父は家を出て働こうとしたんだけど、
英才教育(?)が祟ったのか、威勢が良すぎてどこの同僚とも上手く行かずにクビ続き。 
酒と女に溺れ、今で言うDQNニートになっていた。女のとこ行ってたから引きこもりではなかったらしいけど。


192 :本当にあった怖い名無し:2011/05/07(土) 03:49:04.13 ID:7QlTRPRG0
そんなある日、悪い仲間と酒を飲み、女を抱き、泥酔して部屋に戻って眠った親父。 
すると部屋にいきなり、日本刀を抜いた祖父が怒鳴りこんできた。 
「今までは若さゆえそういうこともあろうと見逃していたがもう我慢ならん。我が家の男児として恥ずかしくないのか」 
親父は仰天したものの、酒に酔い、血気盛んであったので、
「抜き身で現れるとは、親父こそどういう了見だ。耄碌したか、ヒヒ爺め!」と殴りかかった。 
二人はしばらく争いあったが、もともと威勢だけの親父は祖父に散々にぶちのめされ、泣いて土下座した。 
祖父は親父に数時間(体感時間だそうだ)説教した後、
「心を入れ替えなければ何度でも来るぞ。いいな、いいな」と何度も念を押して帰っていった。 


193 :本当にあった怖い名無し:2011/05/07(土) 03:50:16.83 ID:7QlTRPRG0
そこで親父ははたと目を覚ました。
散々暴れたはずの部屋の中も特に乱れた様子はない。しこたま殴られ蹴られたはずの体、アザも痛みもない。 
夢だったのかと首を傾げるも、あの生々しさは心に残った。 

そして次の日。
祖父が業病に倒れたという知らせが入り、葬式をするので戻ってこいという連絡。 
祖父の顔には大きな青タン、頬は真っ赤に腫れて、まるでどこかでケンカでもしてきたかのようだったそうだ。 
親父は仰天し、祖母に聞いてみると、
昨日、親父が寝ているはずの部屋から人が暴れるような音が聞こえ、様子を見に行ってみるとそうなっていたとのこと。
親父は感極まって、昨日の夢の話をし、親族全員で号泣したそうだ。

それから親父は心を入れ替え、会社に勤め、母と出会い、俺たちを育て、今こうして話している。 
親父は、
「出来の悪い息子を殺すつもりで来たのだろうが、結局それが出来ず、自分だけ怪我して帰るとはまったくあの人らしいよ」
と笑っていた。 

長文失礼。あんまり笑えない事に気づいたが、親父は笑っていたので書き込みしました。


☜1日1クリックの応援お願いします


715 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/09/19(金) 19:14:04.31 ID:W9OXfGpK0.net
なんつーかこう、ヒドい車酔いした時みたいな気分になった話だけどいいかな。 
モヤモヤして気持ち悪いから聞いて欲しい。 

ほっとんど会った覚えのないばあちゃんが亡くなったから葬式に出る事になった。 
母親のほうのばあちゃんで、記憶にあるのは猫を抱っこしてニコニコしてたことくらい。 

で、葬式会場に行こうとしたら、会場じゃなくてばあちゃんの実家に行く事になった。 
やっぱり田舎だからか古いけど立派な家で、庭に鯉がいる池あるのを初めてみた。 
玄関開けてご挨拶、と思ったらもうね、すぐに「うわぁ」ってなったんだわ。 
母親はハンカチ取り出して、俺は我慢しながら家の人を呼んであがらせてもらった。 
ぶっちゃけすぐに出て行きたかったけど、失礼な気がして外の空気もすえなかった。 
とにかく臭い。いや臭いとかいうレベルじゃない。あんな臭い嗅いだ事なかった。 
このときに「まさか・・・」とは思ったけど、まさにそのとおりだった。 

ざっくり聞いた話だと、ばあちゃんは長女で分家扱いなんだけど、ばあちゃんの両親は本家の人。 
でも葬式するのは本家の家。この辺はわけわからないけど、なんかあったんだと思う。 

親族に軽く会釈しながら、母親と一緒に最後の別れを言いに行こうと遺体を拝みいった。 
けどね、やっぱり臭いんだわ。さすがに誤魔化せなくて、何度か嗚咽した。 
母親も泣くフリでハンカチ使ってたけど、何度かやばそうだった。 
で、遺体がある部屋に通してもらったら案の定、原因がソレだった。 
ばあちゃんの遺体がとにかく臭い。けど、入ってすぐに思ったのはそこじゃなかった。 
顔にかける布が真っ黒だったこと。 
よくみると布の端に金色の糸で刺繍があって、それが刺繍の裏面だってのがわかった。 
母親が吐き気か悲しいのかわからないけど、涙ぐみながら布団のそばに座った。 
俺もその隣に座ってしばらく黙ってたけど、我慢できなくて聞いてみた。 
「この布はなんで白じゃないの?」 
母親は「知らない」ってそっけなく返したけど、やっぱり悲しいみたいで声が震えてた。 
臭いもキッツイし、二人きりにしてあげようと思って部屋を出た。 
というかタバコ吸いたかった。ほんと臭いも布もキツかった。 


716 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/09/19(金) 19:42:08.00 ID:W9OXfGpK0.net
のんびりタバコ吸ってたら、いつの間にか来てた叔父さんも一服しにきてた。 
世間話をしつつも、どうしてもあの布の事が気になって聞いてみた。 
「叔父さん、ばあちゃんに会いました?」 
「おーおー会ったでな。えらい小さなってたな」 
「なんで顔にかける布が黒いんですか?」
そしたら叔父さんは気まずそうにしながら、まぁいいかって教えてくれた。 
「母さん、えらいくさかったやろ?あれな、わざとや」
そういって叔父さんがアゴで蔵のほうを見てるように促した。 
蔵のほう見ると何の用か知らないけど、明かりがついてて誰かいるみたいだった。 
「母さんは分家扱いやろ。だから黒い布なんや。それが家の習わしだそうでな」 
分家の人には黒い布、本家の人には白い布をかける。元々は見分けるためとか。 
「布に刺繍があったのは?」
「あれはな、母さんの名前と、何代目のどの親の子かっていうのが書いてある」 
「なんで・・・そんなことを?」 
「化けて出たらわかるようにと、出たら対処できるようにって俺は聞いたなぁ」 

ごめん気持ち悪くなってきたから端折ると、黒い布に顔のシミができるまで遺体を放置するらしい。 
だからヒドい臭いだったらしく、その布は蔵の中に保存されるそうだ。ちなみにやるのは分家だけ。 
どういう経緯かは知らないけど、そういう呪いみたいな習わしを今でも続けてるだと。 
叔父さんが歴代のあるし見てみるかっていうから興味本位で見たんだけど、 
それがもうエグくてな。古いものほど肉染みが濃いんだわ。 
モノによっては顔の皮とか毛みたいなのもあって、どれも人の顔ってわかる。 

葬式なのに遺体が棺桶に入ってないのでおかしいと思った。てか死体そんな放置していいのかよって。 
変な風習とは無縁だった分、ウチが変な習わしの家系ってのがまた気持ち悪い。 
俺も母さんもあの肉染みにされるのかなって思うとキツイ。 
話まとまってなくてごめん。


☜1日1クリックの応援お願いします



952 :本当にあった怖い名無し:2010/07/14(水) 16:42:31 ID:Q3nIZiyT0
霊感持ちの同僚から聞いた話。 

元々昔から度々『見る』ことがあったという彼女だが、よく見るようになったのは、 
前職の、葬祭場の事務をやっていたときからだということ。 
その時の彼女の体験談のひとつ。

その日の葬儀は、夜寝ている間に心臓発作を起こして亡くなった男性のものだった。 
朝起きたら隣で寝ていたはずの伴侶が帰らぬ人になっていた、ということで、
当然奥さんの嘆きも尋常ではなかったようだ。 
葬儀に駆け付けた人たちも、急な訃報に雰囲気は重く、
幼すぎて状況はよく理解できていない娘さんが、泣き崩れる母親の横できょとんとして座っていたり、
式の手伝いとして会場内に駆り出されていた同僚にとっても、その雰囲気は居た堪れないものだったらしい。

けれど、同僚が一番居た堪れないと思ったのが、
亡くなった本人が、自分のお葬式を見ていたということ。
同僚いわく、実はそういうのは珍しいことではなく、
彼女の仕事中の経験からいうと、亡くなった方の4人に1人は、自分の葬式の会場に居合わせているんだとか。

で、件の男性なのだが、司会者の横でぼうっと立ち、
おれ何でこんなところにいるの?みたいなきょとんとした顔から、 
祭壇上の自分の写真、泣き崩れる奥さん、会場に詰め掛けた親戚、友人の鎮痛な雰囲気を見回し、 
自分の身に何が起きたかをゆるゆると理解して、だんだんと絶望の表情になっていったのが、
同僚的に見ていられなかったそうだ。

親しい人に突然心構えもなく先立たれるのは、生きている人間として本当に洒落にならないと思う。 
けれど、死んだ後にさえ、
死んで終わりの安らぎではなく、生きているときと同じような絶望を味わってしまう瞬間があることが、 
死んだら無でありたいと思う自分には、心底洒落にならなかった。 


955 :本当にあった怖い名無し:2010/07/14(水) 17:27:27 ID:Q3nIZiyT0
あと、同僚いわく、亡くなった方は、
葬祭場にご遺体が運び込まれるよりも先に、ご自分で来られていることもあるそうです。 

玄関の自動ドア前に立ってる女の人がいるのに、自動ドアが反応してない…故障かな? 
で、「すみません、どうぞお入りください」で行ってみると、外には誰もいない… 
で、数時間後に親族の方とご遺体が会場に到着→さっきの女性だ~といった感じだそうです。


☜1日1クリックの応援お願いします



遠い親戚のじいさんが死んだとき、遺体が公開されなかった。
会ったことも無いし、良い死相じゃないんだろうな程度で気にしてなかったけど、親戚の子供達が、なんとかして見てやろうと頑張ってた。

俺は、最後なんだから見たい人は見りゃいいと思ってた。
見張り役の女子中学生が必死に子供達を止めてるのをみつけ、俺が近寄って行く頃には、一人の子供が顔にかけられてる布をめくって覗き込んでた。

一瞬ひいてたが、
「なんだ、お面つけてんじゃん」と一言。

中学生も見ていなかったらしく、「そうなの?」と言って他の子供達と一緒に覗き込んだ。
すると、子供達は顔面蒼白、中学生はものすごい悲鳴をあげ、みんなで逃げ出した。
子供の一人は泣き喚きながら放尿し、ものすごいダッシュを見せてくれた。

俺も遺体を見た。
黒い鬼のリアルなお面つけてる。
変な風習だなと思いながら、何がそんなに怖いのか観察した。
真っ黒で歯を食いしばり、目はカッと見開いて、額のところに2つツノがあるお面。
今にもこっちにとびかかってきそうな表情だ。

……いえ、お面じゃありませんでした。

苦しんだ表情のまま固まってしまい、次第に色が黒くなり、眉毛の上あたりがなぜか盛り上がってきてコブができ、ツノのようになってしまったらしい。
親族のおっさんが、「ばかやろう!」と言って布をかぶせなおしていたが、

「くそー、こんなんなっちゃって……こんなんなっちゃって……」
と、おいおい泣いてたな。
もう子供達は収集がつかないので、亡くなったじいさんと一番縁がなかった俺が相手することに。
喪服で子供をひきつれて、駅前のゲーセンにつれていって時間をつぶした。



481 :あなたのうしろに名無しさんが……:2004/05/30 16:21:00 ID:6BTg7iwa

この書き込みを読んで、前に似たような話がオカ板で出てたのを思い出した。
その話も亡くなった方はお爺様だったんだけど、祈祷師か何かで相当強い力のある方だったらしい。
亡くなったことで今まで押さえていた悪いもの達(自分に封印させていたとか)が出てきてしまい、それこそ人間のものではない様な凄い形相になっていた、というものだったと思う。

お爺様の死因が書かれていないので、もしかしたらそういう系統のお仕事をされていたのかも?と、勝手に予想して書いてしまいました……

483 :472:2004/06/01 17:48:00 ID:041u6t+m
>>481
じーちゃんと言っても、俺とは血がつながっていない遠い親戚です。
死因も元の職業も知らないのですが、生前はあまり評判がよくなかったようです。

意地悪で凶暴で貪欲で……
遠い親戚連中は「だからそんな死に様なんだ」と言ってました。
ただ、そのじーちゃんの家系は、トーシロにはあまり見せられない死相が多いとは言ってた。

なんかあるんだろうね。

☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ