【閲覧注意】怪談の森【怖い話】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: シリーズ系



※残酷な表現&描写があります、心配な方は読まないことをお勧めします
※自己責任にてお読みください


165 :神父の子 ◆/TT.ge0EVs :2007/11/06(火) 15:45:34 ID:cX30Hz2o0
ある日のこと
「拾った子猫を飼ってもらえないか?」と小学生くらいの女の子とその母親が来た。
商売柄?と言っていいのかわからないが教会にはこの手の相談がよく来る。
残念ながら拾ってくる小動物全てを飼っていたら見事なワンニャンランドが出来上がってしまうので
貰い手を一緒に探すのを手伝うという形で一時的に預かる感じにしていた。
命を大切にするのはとても大切なことだから親父も母も嫌な顔1つせずに里親探しを手伝った。
俺はもっぱらインターネット部隊として里親探しを頑張った。
猫は去勢や予防接種なども里親がみつかる重要な部分でもあるので
親父は貧乏だったが自腹を切って払う時もあった。

166 :神父の子 ◆/TT.ge0EVs :2007/11/06(火) 15:46:19 ID:cX30Hz2o0
俺は早速、インターネットの里親募集に写真を載せた。
親父と母親はいつものペットショップとパン屋さんに写真を張ってもらえるように頼みにいった。
猫を拾った女の子は学校の帰りにいつも猫に会いに来ていた。
子猫を中心としたあたたかい人情の輪のようなものを感じていた。

2週間ほどでインターネットで里親が見つかり、むこうから車で引き取りに着てくれることになった。
おまけに予防接種や去勢はこちらで致します。と言ってくれてとても大助かりだった。
正直、我が家はみなさんのお裾分けで食いつないでいるような貧乏な家だからだ。

167 :神父の子 ◆/TT.ge0EVs :2007/11/06(火) 15:47:26 ID:cX30Hz2o0
子猫の受け渡しの日、親父はたまたま別の教会に出張に行ってしまっていた。
俺と母と女の子で里親になってくれる山田さん(仮名)にあまった餌や匂いのついた毛布などを渡した。

子猫がいなくなってほっとしたようなさみしいような夕食時に親父は帰ってきた。
親父も子猫がいなくなったことを少し寂しいと感じているようだ。
その時、親父がケモノの匂いがするといって鼻をくんくんしながら部屋を徘徊した。

その夜、親父が猫がいると言って家の中と外を探しはじめたがもちろんいなかった。

次の朝、親父が山田さん(仮名)に連絡を取ろうとしたが、
置いていった連絡先はまったく関係のない電話番号だった。
俺はインターネットで残っている情報から山田さん(仮名)に連絡が取れないか?と聞かれて
あわてて連絡をくれるようにメールをしてみた。

次の日、メールの返事が来ていないことを親父に伝えると親父は肩を落としながらこう言った。
「あの子猫、ミキサーに入れられて死んだかもしれん。申し訳ないことをした。かわいそうなことをした。」と




オカルトランキング



941 :本当にあった怖い名無し:2007/11/05(月) 22:26:21 ID:hsrpxV6l0
親父が死んでからちょうど今日で一年たった。
キリシタンだから一周忌とかないんだけど
親父はキリスト教の神父だったけど幽霊の存在も認めていた。
同じ体質の俺もキリスト教に入るかどうか未だ迷っている
ほかの神父や教会の人たちからは異端というか悪魔憑き扱いされていた親父だったが
不可解な存在に悩む人たちを無償で助け続けた人生だった。
我が家と親父を襲ったさまざまな悲劇をここに書いてもいいだろか?
誰にも言うなと言われたが親父の生き様を自慢させていただいてもいいだろうか?
みなの返答を待つ

955 :941:2007/11/05(月) 22:47:19 ID:hsrpxV6l0
賛否両論って感じですね。
黙っとけと言われたのはこの世に幽霊や霊魂が存在しているということなので
このスレで黙っとく意味はないのだけれど
どうせ書くなら、思い出せる話を全部書いてみたいくらいの感情があるんだよね
>>960 に判断任せた

960 :本当にあった怖い名無し:2007/11/05(月) 22:54:26 ID:r9DsLiKy0
書いちゃえ

962 :941:2007/11/05(月) 22:54:58 ID:hsrpxV6l0
>>960
わかった。

964 :本当にあった怖い名無し:2007/11/05(月) 22:55:50 ID:EkSHCMsq0
ハナから書く気満々の件

966 :941神父の子:2007/11/05(月) 22:56:56 ID:hsrpxV6l0
はじめに
キリスト教にもたくさんの種類があるのでよそのことはよくは知らないが
キリスト教の考え方は基本的に死んだ人間がこの世に化けてでることはないとされている。
つまり幽霊というものはいない。という考え方だ。
幽霊が見えたならそれは悪魔が幻覚を見せていると考える。
親父は小さな頃から幽霊というものがよく見えたらしい。
気が狂いそうになる中で救いを求めたのがキリスト教だったと聞いている。
だがそれでも幽霊は見え続けいつしかそれ(霊)を救えるようになったのだという。
それは神様のお力添えがあったからで自分は幸せなのだと常に言っていた。

教会には2週間に一度はこの手の悩みを持った人が現れていた。
親父は一人一人の話を親身に聞いて悩みが解決するように頑張っていた。
でもやっぱり狂ってしまって1年前に首を吊って死んだ。
神でも救えないほどいろんな出来事があった。
自慢話に聞こえるかも知れないが自慢の父の話を書かせて欲しい。
とりあえずメモ帳にまとめる。 次スレになると思う
>>964 誰かに背中押して欲しかったんだよ 12 :神父の子:2007/11/05(月) 23:45:06 ID:hsrpxV6l0
ある日のこと
学校から帰ってくるとウチの小さい貧乏教会にパトカーが止まっていて中に警官が2人いた。
何事かと母に聞くとなんでも「秋山さん(仮名)が暴れて倒れた」との事。
近所の人が大声にびっくりして勝手に気を回して警察を呼んだらしい。
(そのくらいいろいろあることで有名だった。)
そのまま秋山さんは警察に抑えられるようにパトカーに乗せられた。
親父もあとで警察に来るように言われていた。

15 :神父の子:2007/11/05(月) 23:46:29 ID:hsrpxV6l0
秋山さんは45才くらいの独身のおばさんで最近、教会に通うようになった人だ。
こんなことを書くと語弊があるのだが
日本で宗教に入る方は心に病気を持っていたり社交性が低いことが多い。
無宗教の人から見るとみんなでわいわいやっているように見えるが
決してそんなことはない。
人知を超えた神という存在があるからこそまとまれる人たちであって
通常のルールやマナーでは浮いてしまうような人が集まってしまうこともある。
決してその人達が変人な訳ではなく、
ウチの教会で言えば見えてしまう人や憑かれてしまっている人だと言っても過言ではない
もちろん基本的にはいい人達なのは言うまでもないが・・・

17 :神父の子:2007/11/05(月) 23:47:48 ID:hsrpxV6l0
秋山さんは「自分の親に呪われている」と言って教会に来た。
親父は「子を呪うような親はいない」と言って慰めたが秋山さんは呪われていると自己暗示にかかっていた。
「なぜ呪われていると思うのか」という親父の問いに「長い間、顔を見に行っていないから」と答えた。
驚いたことに秋山さんの親は生きているのだ!
呪われているなどと言うからてっきり亡くなっているのだと思っていた。
そうとなれば話は早いので秋山さんと親父と母で親御さんに会いに行くことにした。
無論、学生で信者ではない俺はお留守番だ。

20 :神父の子:2007/11/05(月) 23:49:14 ID:hsrpxV6l0
数時間後、母から車で迎えに来るように言われて電話で聞いた住所をカーナビに入力してむかった。
ついた先はゴミ屋敷と呼ぶに相応しいオンボロの家でなんとも言えない匂いを放っていた。
すでにパトカーと救急車が数台来ていて夜のゴミ屋敷を赤く照らしていた
家のそとでオロオロした母を見つけ「いったいどうしたんだ?」と聞いている最中
家の中からこの世のものと思えない異臭とともに
頭蓋骨を抱いた秋山さんが警察に両肩を支えられて出て来た。
その匂いと異様さに俺と母は胃の中のものを道端に戻した。
野次馬たちも数人戻していた。
その後を追うように親父が出てきた。
真っ青になりながら「残念ながら亡くなっていたよ」と言った。
服は泥?だらけになっておりものチーズのようななんとも言えない匂いが染み付いていた。
俺は服を捨てるように頼んで、パンツ一枚の親父を警察まで送っていった。

22 :神父の子:2007/11/05(月) 23:50:58 ID:hsrpxV6l0
後日。

母親を孤独死させてしまった秋山さんを教会のみんなでなぐさめた。
ただあのゴミ屋敷を見た俺としてはたとえ親とはいえ見捨ててしまうだけの事情があったのだろうと察した。
それでも秋山さんの中で罪悪感があったのだろう。だから呪われたなんて思ってしまったのだと思っていた。
落胆する秋山さんは毎日のようにお祈りに参加した。
俺の目から見ても少しづつ元気を取り戻しているように見えた。

元気になった秋山さんは逆に亡くなった母親の悪口を言うようになった。
はじめは教会のみんなも黙って聞いていたのだが
だんだん耳に耐えられなくなって秋山さんを避けた。
それでも親父は黙ってうなずいて秋山さんの暴言を聞いていた。

25 :神父の子:2007/11/05(月) 23:52:03 ID:hsrpxV6l0
ここからは母に聞いた話。
問題の冒頭の秋山さんが暴れて倒れて教会に警察が来た日の話だ。
いつものように暴言を吐き続ける秋山さんについに親父が言った。
「あなたのお母さんは首を絞められてもあなたを恨んだりはしていませんよ」
その言葉を聞いた秋山さんは泣き暴れながら「殺してヤルー」と何度も叫んで気を失ったという。
母は「お父さんはじめから知っていたんだよ」と言っていた。

秋山さんが自首をしたという話は聞いていない。
親父にこれでよかったのか?と尋ねると「誰にも言うなよ・・・」とだけ言った。




オカルトランキング



216:本当にあった怖い名無し:2006/05/04(木) 14:30:53 ID:8r/F/JVf0

信じるか信じないかは別として知り合いに変わったやつがいる
小学校時代からの友人で、現役の住職をやってるやつがいる
私自身は霊感なんてこれっぽちも持ち合わせていないのだが
こいつのせいで 何回かありえない現象にあっている

大学生時代、みんな免許取り始めてうきうきしてた時分の話です
季節的には、夏 夜遊びしてて、ふとある話題から怪談話に移っていった

私自身は1ミリも信じていないんだが、女の子もいたこともあり
大いに参加 よくいう都市伝説の話とかしてました
むろん住職(学生時代は髪があり出家はしてなかった)も
がんがん話しをしてもりあがりました。

やはり行き着くところ、ミステリーツアーということになり
5人で夜中に車で出発 関西地方で有名な幽霊トンネルに行くことに
なりました。
山中を目的地にむけて車を走らせること数十分 
街から離れ、街灯もろくになく、対向車すらなくなって
ようやく目的地近くまできたときに 運転手Aが突然のブレーキ

あまりの急ブレーキに頭にきたので
私「急ブレーキ かけんな このへたくそが!」
A「・・あれ・・あれ・・」
うわずった声で、前を指さしたんですよ

217:本当にあった怖い名無し:2006/05/04(木) 14:31:39 ID:8r/F/JVf0
前方を見ると、赤い光がゆっくり円を描くようにうごいている。。
私「んん・・? 工事かなんかちゃうん? 徐行でいけ びびりすぎ」
A「ん・・・あ・・うん」
声にならない返事でゆっくりと赤い光にちかずいていきました
すると後ろにすわってた住職が「あっ・・」と一言

案の定私の予想道理 警告灯を持ったガードマンらしき人がたっていた
運転しているAが車をゆっくりととめたので、なにげなく
私は窓を開けて「工事ですか?道通れます?」と声をかけた

ガードマンらしき人は何も答えずこちらをちらりとも見ないで
無表情のまま、警告灯を道路の先に向けて”行け”と
突然壊れたおもちゃの様に前後に激しく振りはじめた
感じ悪いやつだぁと思ったが気にしないで

私「いこうぜ」
A「・・・・・」
私「? 早よいかんかぁ」
A「・・・・・」

無言のまま 急発進
1分もしないうちに、私と住職以外が ワンワン泣き始めた
Aにいたっては「ぃぃぃぃぃぃぃぃ・・・・・」
と半分悲鳴みたいな声でうなっている

あまりのスピードと乱暴な運転におどろいた私はAに
私「ちょっと 止めるか スピードを落とせ あぶない」
A「ぃぃぃぃぃいいいいいいいぃぃぃいいいぃぃ・・・」
私「事故るだろうがっ!!!」
Aの頭を 力いっぱいはたきました

218:本当にあった怖い名無し:2006/05/04(木) 14:33:24 ID:8r/F/JVf0
ようやく電車の駅前のちょっとした広場みたいな所でとまりました
私「Aよお前 何をしとんねん?」
A「・・・・・・・・・・・・・」
住職「まぁまぁ あれはしゃーないよ」
私「なにが?なにがしゃーないん?」
住職「まぁ大丈夫 ちゃんとお清めするから」
私「? なんかでたん?」
全員「・・・・・・」
私「なぁ なんか見えたん? なぁ なぁて・・」
住職以外は私と目もあわせようとしない・・・
ちょっとムッときたので Aと運転を代わるから
今すぐ戻るぞ!!といったところ
3人に全力で 泣きつかれて頼むから朝までここにいようと
お願いをされた わけをきいてみると こうゆう感じだった
私が話しかけた相手というのが、
手首から先が無く、下半身もなく宙に浮いていた
私が話しかけた途端、大声で ゲラゲラ笑い始めて
激しく手招きし始めた
駅前に到着するまで、ずーと笑い声がしていたそうです

あまりのぶっとんだ話しにあきれ返って
私「あほくさ 朝なって確かめたらわかるやろ 帰り運転するからな」
住職「なぁなぁ お前さ どっち向いてた?」
私「どっちて・・助手席座ってたから左や」
住職「左走ってて左に話しかけたてどこ工事するん?」
私「どこでも工事くらいするわな」
住職「左てガケやで、お前のそういう鈍いとこすごいな」

翌朝 来た道を運転して帰りましたが、みんなにこう聞きました
「あっれ? きのうの工事どこでやってたけ? わからんわ」
車内再度パニックでした
終わり

222:本当にあった怖い名無し:2006/05/04(木) 16:15:41 ID:U7Bo2LM50
朝になったら工事してる所はなかった・・・ってことでしょ?

住職いいねえ!!
もっとよろしく(・∀・)




オカルトランキング




187 :本当にあった怖い名無し:2006/05/04(木) 03:49:43 ID:8r/F/JVf0
信じるか信じないかは別として、知り合いに変わったやつがいる。
小学校時代からの友人で、現役の住職をやってるやつがいる。
私自身は霊感なんてこれっぽちも持ち合わせていないのだが、
こいつのせいで何回かありえない現象にあっている。
私は職業システムエンジニアで、そういったものはまったく信じてないし、ありえないし、
いるはずがないと日頃から公言している。
そういうのもあって、住職がやたら私にそういうものや話しをしてくる。

社会人になって間もない夏のある夜、住職から電話があった。
『よぉ俗世間の生活はどうだ?楽しいか?今から時間あるか?』
ちょっと酔っ払ったような軽く興奮したような、そんな早口の口調だった。
日頃は、年の割には達観したというか、落ち着いた口調の奴なんだが、めずらしい事もあるもんだと思って、
「まぁ明日休みだし、久しぶりに飲むか?」と答えたら、
『今からいく』
十分もしないうちに住職がやってきた。

「いやぁひさしぶり。何年ぶりだ?ん?」
そういいながら家にやってきた。
「あほか、こないだおうたとことこやろ。それよりなんか用か?」
「友達にあうのに用がいるのか?あははは」

188 :本当にあった怖い名無し:2006/05/04(木) 03:50:27 ID:8r/F/JVf0
酒をちびちび飲みながら、くだらない話をしてたんだが、なんか様子がおかしい。妙にうれしそうだ。
「お前、なんかあるやろ。そんなにうれしそうなんおかしいぞ」
「やっぱわかる?今日はちょっとおもしろいものもってきた」
「なんや?ビデオか?ゲームか?つまらんもんは嫌やで」
「ふふ、ジャーーん。いわくつきの御人形!」

そういって鞄の中から木箱だして、蓋をあけて見せた。

「うわ・・・いやがらせか?第一そんなもんどっからひろてきたん?」
「まぁきけ」

話しはこうだった。
住職の知り合いAさんから妙な相談を持ちかけられ、私の家に来る前にいってたそうだ。
妙な相談というのは、Aさんが東北で買った古い人形を見てくれ、というものだった。
Aさんいわく、
「人形を手に入れてから、家で子供の話し声や誰かがいる気配が常にするので、住職のお寺でお払いしてほしい」
そんな相談だったらしぃ。

「・・・で、この人形になんかあるん?」
「まぁそれは内緒。言ったら面白くないやん。
 これ見てみ。御人形さん、悲しいというか怒ってるというか、そういう顔してはるやろ」
「・・・確かに古臭いが、そんなんありへんよ。あほらしい」
「お前ならそういう思てね、もってきた。んで、今日はここに置いていく」
「・・・まじで?預かりもの置いていくなよ。何考えてるの?」
「まぁお前、日頃から全否定してるやん。それにこれ、昼間でないと・・・」
「はぁ?意味わからん。ふざけんな。もって帰れよ」
「それにこれは、Aさんとこ返されへんからな。ほなな、かえるわ」

189 :本当にあった怖い名無し:2006/05/04(木) 03:53:07 ID:8r/F/JVf0
本当に置いていった・・・
見たところ、ちょっと薄汚れてたが普通の日本人形だった。
少し酔ってたせいもあって気にも止めないで、人形を箱にほりこんで、箱をTVの上に置いて、
その日はぐーすか寝たんです。

しばらくして、喉が無性に渇いて目が覚めた。時計をぱっとみると03:30。
人形のことなんかすっかり忘れて、台所で水をごくごく飲んでたんです。
そしたら、服をちょいちょいと引っ張られて、ん?と思ってみたら、子供が私のよこっちょにいて、
「うちらもお水・・・」
「あぁ・・・はい」って、コップに水をいれてる最中に我に返りました。
びっくりして振り向くと、部屋中に何十人も子供がいてこっち見てたんです。

情けないことにそっから記憶がなく、朝、住職のインターホン連打で目が覚めました。
「もぉ休みの朝早くから、ちょっとは迷惑かんがえろよ」
「ん?なにいうてるん?もぉ昼過ぎてるぞ」
時計をみると、12時を過ぎてました。
住職が私の顔を見てニヤニヤしながら、
「昨日なんかあった?」
「なーんもあらせんよ。酔ってたしぐっすり寝てたわ」
「んーー・・・そうかぁ・・・まぁ人形どこ?」
「そこTVの上」

住職がTVの上においてある人形をひょいて持って、なんかブツブツ言い始めた後、数珠を人形にかけたんです。

「ほんまになんもなかった?」
内心、人形が箱から出てたのと、昨夜の子供の件でかなりびびりまくってましたが、
弱みをみせるのもしゃくなので、何もないと言いはねました。

190 :本当にあった怖い名無し:2006/05/04(木) 03:56:16 ID:8r/F/JVf0
「これね、たぶん、コケシなんよ。ようさん子供が憑いてる」
「・・・」
「こんだけ憑いてたら、ご供養してもあかんしな。これは焼かなあかん」
「・・・適当なこというなよ・・・」
「ほんまやで、ほれ」
住職が人形の着物はぎとったら、人形の腹から、何やら名前を書いた小さな紙がばらばらとでてきた。
それを見てその場で泣きそうになったけど、
その日のうちに住職の知らないお寺にいって、お払いしてきてもらいました。

192 :本当にあった怖い名無し:2006/05/04(木) 04:11:38 ID:lQhvxJXcO
乙!
その紙は一体何だったんだ…(゜д°)

194 :本当にあった怖い名無し:2006/05/04(木) 04:23:24 ID:8r/F/JVf0
当方関西なので、会話が関西弁で申し訳ないです。

細かいことはわかりませまんが、
「災害か飢饉の間引きかなんかじゃないか」と。
「数十人以上憑いてて、憑きすぎてどんどん呼び寄せるくらいの物だ」と。
「普通のしろものじゃない」とは言ってました。

まぁ私は今でも信じてませんけどね。

195 :本当にあった怖い名無し:2006/05/04(木) 04:42:53 ID:Q2ae8jTQ0
>192
コケシ(こけし)は”子消し”だから、
間引いた子供の名前を書いた紙を、人形の腹の中に入れていたんだろうな。
(-人-)合掌






オカルトランキング



201 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/12/06(日) 17:02:41.04 ID:6NY93r5I0.net
昔、友人が地層剥き出しの層から球状の石を見つけた
家に持ち帰ってその石を割ったら、石の中心が黒かったらしい 
大福でいう餅とあんこ的な感じで、ハッキリと層のできた石 
割った理由は、化石が入っているかもと期待したから 
その石を家に保管していたら、だんだん体調が悪くなって来た 
何週間も原因不明の風邪のような症状 
体調を崩し始めた時期が石を拾ってきた時期とほぼ同じと気付いた友人は、怖くなってその石を捨てた


226 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/12/07(月) 20:38:23.01 ID:n/cmZ7+V0.net
石じじいの話です。 

じじいは、「持って帰ると調子わるうなるん石はあるんよ」と言ってましたね。偶然の一致かもしれませんが。
そのような石は、川や池に捨てるのが手っ取り早いそうです。他の人の手に渡りにくいですからね。
拾った人にとっては迷惑な話ですが。 
一度、畑の隅に放って置いたら、その周りの作物がすべて枯れたとか。殺生石だったのでしょうか? 

偶然の一致と言えば、「占いは当たる」現象の可能性を除かねばなりませんね。 
(1)石を持って帰って、体調が悪くなる 
(2)石を持って帰っても、体調が悪くならない 
(3)石を持って帰らなくて、体調が悪くならない 
(4)石を持って帰らなくても、体調が悪くなる 
この四つの場合がほぼ同じような確率で経験するのですが、
(1)の場合のみ記憶に強く残って、両者の因果関係をあやまって確信してしまうという。 

ある化石は、高い放射能を持っていて、それを大事に持っていた人が病気になった、という話を聞いたことがあります。
地層の中には、そのような放射性物質が濃集する場合があるとのこと。 
泥炭などに多く含まれる(濃集する)のは有名ですね。


☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ