761 :本当にあった怖い名無し:2011/08/05(金) 21:59:04.28 ID:mmmHjKnR0 
そこは横浜の有名な繁華街に程近く、
朝に手配師に拾われなかったアブレや、追われて行き場を失った人達がひっそり生活している街。 
タバコのばら売り、靴の片売り、中古の足袋や軍手、
ワンカップを買うと沢庵の尻尾が付いてきたり、煮込みには何が入ってるか分からない。 
毎年冬場には無念の想いで亡くなる人も多く、地元の人は避けて通るような所だ。 
自分は当時勤めていた会社や人間関係に嫌気がさし、いつしかこの街に通うようになってしまった。 

そんな人達に混じりテレビを観ながら街頭賭博をしてた頃、背後に見慣れない姿の人が立っていた。 
僧侶である。 
衣はボロボロで垢だらけ、素足に長い錫杖、首には大きな木製の数珠が掛けられていた。 
この街で托鉢など見たことは無かったが、素足がやけに気になった。 
どんなに酔いつぶれていても、サンダルや靴ぐらいは皆履いている。


762 :本当にあった怖い名無し:2011/08/05(金) 22:03:06.45 ID:mmmHjKnR0 
そしてこの僧侶、人懐っこく周囲の者に何かを話し掛けているのだが、
皆無視をしているのか、通り過ぎるばかりで足を止めようとしない。 

そんな光景をぼんやり見ていると、自分に気付いたらしく近寄って来た。 
背丈は小さく160センチ位で60歳ほど、顔は皺だらけで真っ黒、異臭を放っていた。 
博打をしている連中を指し、
「これは何をしてるのか?」と聞いてきた。 
自分はKの囮走査かと直感し口を噤んだ。 
この街の掟みたいなもので、
分からなければ見て覚えろ、聞いちゃいけない、と言われた通りにするしかなかった。 

相棒を肘でこづき、変なのが居る事を伝えようとして振り返ると、
砂が風にさらわれるように足元から消えて無くなった。 
一瞬の出来事だったが、まだ異臭は残っていた。 

それを告げると、誰一人見たものは無く、
後から聞いた話には、この街には僧侶の姿の貧乏神が住んでいるらしい。 
人の運をさらって行き、最後には絶命に追い込む悪い神らしいが、
偶然その姿を見た者には、幸運が訪れるらしい。 

で、現在の自分だが、
それから5年、紆余曲折あったが、数人の人を雇えるほどの飲食店を経営している。



☜1日1クリックの応援お願いします