【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 雷鳥一号



594:名無しのオカルト 2009/03/09(月) 23:46:36 ID: ID:cJhOepSq0

知り合いの話。

彼はかつて漢方薬の買い付けの為、中国の奥地に入り込んでいたことがあるという。
その時に何度か不思議なことを見聞きしたらしい。

山村に逗留していると、そこの男が奇妙な乾物を幾つか持ち込んできた。
薄紫がかった灰白色の植物のものだ。掌からはみ出すほどの大きさがある。
訛りの酷い男の話を聞くうち、これがある種の冬虫夏草らしいとわかった。
最も中国で冬虫夏草と呼べるのは、特定種類の蛾の幼虫に寄生する物だけらしいので、
ここでは単に虫草と記しておく。

『ただの虫草じゃないよ』自慢気に男は続けた。

『これは人の死体にだけ憑いて生える、特別なヤツなんだ』

不意に幻覚に襲われた。
倒れ伏した腐乱死体から、今手にしている草が幾つも幾つも生え伸びている風景。
非常におぞましい感じを覚えたのだという。

「えらく高いこと吹っ掛けられたんで、結局買わなかったのですけどね」
少しだけ笑いながら彼はそう言っていた。

595:名無しのオカルト 2009/03/09(月) 23:48:46 ID: ID:cJhOepSq0

(続き)
逗留していた山から下りて、街で馴染みの薬屋と一杯飲んでいた夜のこと。
話がてら「そういえば、変な虫草を売りに来た男がいました」と何気なく漏らす。
話を聞いた薬屋は顔を顰めた。
『買ってないだろうな。買ってたら直ぐに焼け。身に近づけるな』
そして何か汚らしい、そして恐ろしい物を見るような目付きで彼を見た。
「まさかアレは危ない代物だったのですか?」
どうにも気になって尋ねたという。

薬屋がいうには、彼が籠もっていた山の更に上の方に、ある少数民族が住んでおり、
そこに小さな村を構えているのだと。
そこの住人には自分の死期を悟る能力があって、寿命が来ると山の高みに登って
姿を消す。
住人がいなくなって後しばらくしてから、その家族が遺体を探しに山を登る。
程なく見つかる遺体には、彼が見たあの虫草がビッシリと生えているのだと。
遺体はそのまま山に還るに任せ、草だけを刈ってから山を下りる。
そしてその草を村民皆で煮て食べるのが、その村流の葬儀であるらしい。

『村はとんでもなく高い所にあるってんだが、住んでる奴ら皆が皆、異常に健康体
 なんだと。あの草と何らかの共生関係にあるのかもしれん。
 お前さんな、もうこれからは高い山に登らん方がいい。
 あの虫草はどうも、ある一定の高度になると、宿主の体内で発芽してるみたい
 なんだ。だから死期を悟った住人は、そこまで登ってから死を待つという話だ』




596:名無しのオカルト 2009/03/09(月) 23:50:07 ID: ID:cJhOepSq0

(続き)
薬屋はこうも続けた。

『彼らは本当に寿命がわかったから、そんな行動を取っているのかねぇ?
 実はすべてが思い込みに過ぎなくて、体内の虫草が繁殖したくなったから、
 高い所に 登らされてるんじゃないか、操られてるんじゃないか・・・ってのは
 考え過ぎかねぇ?』

そして、芝居気たっぷりにこう付け加えた。
『あくまでも、私が考えるだけだけど・・・ね』

「信じた訳じゃないですけど。以来、高い山にはほとんど登ってないですねえ」
苦笑しながらこう続けた。
「富士山、もう一回くらい登っときたいのですけど。どうしましょうかねえ」




600:名無しのオカルト 2009/03/10(火) 00:04:06 ID: ID:W76J/+za0

その怪しげな草を食うから寄生されるんじゃ・・




601:名無しのオカルト 2009/03/10(火) 00:23:52 ID: ID:n2paBjJf0

怖っ。雷鳥サン乙です。








人気ブログランキング



880 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ:2009/08/06(木) 18:43:38 ID:iMPQqwys0
知り合いの話。

彼はかつて漢方薬の買い付けの為、中国の奥地に入り込んでいたことがあるという。
その時に何度か不思議なことを見聞きしたらしい。

「石も生薬の材料に使います。
 竜の骨とか呼んでいて、まぁそのほとんどが化石なんですけどね。
 こんなことがありました。
 ある時、知り合いの薬屋に御邪魔していると、一人の男性が買ってくれと言って大きな灰褐色の物体を持ち込んできたのです。
 長さは男の背ほどもあって、古い柳の幹ほども太さがありました。
 男曰く、これは間違いなく竜の骨だと」

薬屋はしばらくそれを調べていたが、やがて顔を上げて言った。
『うちじゃこれは扱えない。
 ○○へ行ってみな。あそこなら捌けるだろう』
ちょっと不思議に思ったという。
そこの薬屋は、確か竜骨も扱っていた筈なので。
男が去った後で「何か問題があったのですか?」と聞いてみた。
薬屋は肩を竦めてこう答えた。
『問題というより、私にはあれを扱う知識がないんだ。
 あれはまだ骨の部分が多くて、完全には石と変じていなかったから。
 どういう動物のどこの骨かわからないと、とても狙い通りの薬効は出せない』


881 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ:2009/08/06(木) 18:45:07 ID:iMPQqwys0
「化石になっていない? それにしては随分と大きな代物でしたが・・・」
『どんな動物の骨なのかはわからんね。
 時偶、決まって××の出身者が持ち込んでくるんだ。
 今の男も恐らくそこの者だよ。
 手首に変わった装飾を巻いてたから、まず間違いない。
 あそこの奥は信じられないほど山が深いらしいからね。
 得体の知れない神代の生き物が、今でも隠れ棲んでいるんだろうよ』
ふと思い出して確認してみる。
「○○って確か、この近くの裏通りにある故買屋でしたよね?」
『だから薬じゃなく、そういう類の物として捌くということさ』

最後に首を傾げながら彼は話をこう締めくくった。
「あれは、一体何という生き物の骨だったのでしょうかね?
 形状からすると、脚の部位のように思えたのですが」





オカルトランキング



321 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/02/01 20:56
先輩の話。

彼のお父さんの実家は山奥の小村で、すでに廃村となっている。
そこの村人の多くは、狩猟で生計を立てていたそうだ。
狩人たちは獲物を正式な名前で呼ばず、村独自の呼び名を付けていた。
鹿や兎などはヨツ、猿はフタツ。猪だけは別格で、クジラと呼ばれていたらしい。
鳥には特別な呼び名はなかったそうだ。

ある早朝、お父さんの家に村中の狩人が集まったのだという。
何やら深刻そうな顔で打ち合わせをし、皆で山に入っていった。
お父さんはまだ幼かったが、唯一つ憶えていることがあるそうだ。
「ミツが出た」
この台詞がくり返し述べられていた。

夕方、山に入った狩人が帰ってきた。
猟は成功したらしいが、なぜか獲物を誰も下げていなかった。
皆返ってくるなり、塩をまいてお清めをした。

それから間もなく、村人は村を離れ始めたという。
村が廃れるまで長い時間はかからなかった。

あの日、狩人たちが何を狩ったのか。
お父さんはずっと気になっているのだそうだ。


329 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/01 22:37
>>321
名前の由来は
鹿・兎→四本足→ヨツ
猿→二本足→フタツ
猪→おかくじら→クジラ
鳥→足をつかず飛ぶ→名前なし
ですかね?

これにのっとれば、ミツは三本足の何かなんでしょうが、一体なにやら・・・。
三本足といえば、日本神話の八咫烏や、中国神話の三本足の亀なんかが思い浮かびますが、
ミツは何か獣系の感じがしますね。


『山道の整備』
322 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/02/01 20:57
友人の話。

地元で登山大会がおこなわれることになり、彼も山道の整備を手伝っていた。
道を塞いでいる倒木を片しているうちに、彼は誰かに背中を叩かれた。
次の瞬間、ひどく突き飛ばされて前のめりに倒れてしまう。

誰だ!と起き上がると、黒く大きな手が握りこぶしを作っているのが見えた。
手は背後の木の幹から生えていた。
慌てて逃げ出したが、他のメンバーにはそのことを話せなかったという。

大会直前、ルートが急に変更され、その木のあった道は使われないことが決まった。
「やっぱり何かあったんだ」そう思ったが、何があったのかは聞けなかったそうだ。




オカルトランキング



56 :KMT ◆nqnJikEPbM.8 :2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:1Ytbuggr0
 

親戚の話。

彼女が勤めている幼稚園では、時々子供たちが妙なことを言い始めるらしい。
着席するように号令すると、「この子の椅子がありませーん」と皆が訴えてくる。
「えっ、どの子の椅子が無いの?」と聞き返すと、
「この子の椅子が無いでーす」と言って、子供らは揃って教室の一角を指し示す。
しかし、彼女を含め先生方には、そこに誰の姿も確認できないのだそうだ。
大人と子供が「見える」「見えない」で押し問答をしている内に、その見えない子は教室から出て行くのだという。
「あ、出て行っちゃった」と子供が口に出すと、それからやっと普通に授業が始まるのだとか。

最初は悪戯かとも思っていたのだが、これが頻繁に起こるようになると流石に先生方も気に掛かり、
近くのお寺さんに頼んで御祓いをすることにした。
御祓いが終わると、お寺さんは帰る前にこう述べた。
「子供とお爺さんが一人ずついましたよ。
 まぁ、これで静かになるでしょう。
 でももし次にこんなことが起こったら、そうですな、その時はミルクと炒り子(鰯煮干し)をお供えしてあげてください」


57 :KMT ◆nqnJikEPbM.8 :2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:1Ytbuggr0
お坊さんの言う通り、その日以降、見えない子は現れなくなった。
そして一年が過ぎた頃、また子供らが「この子の椅子がありませーん」と口にするようになったという。
お坊さんの言葉を思い出し、ミルクと炒り子をお供えしてみた。
すると、見えない子はぱったり現れなくなったそうだ。

「それからも、大体一年周期でこんなことを繰り返していますよ。
 でも、なんでミルクと炒り子なんでしょうかね。
 ミルクが子供の分で、炒り子はお爺さんの分なんですかね」
そう笑いながら彼女はこの話を教えてくれた。
『いやそれって本当は、子供やお爺さんとは違うのじゃないかな』
そんなことを私は考えたが、口に出しては言わなかった。


☜1日1クリックの応援お願いします



10: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2006/08/07(月) 00:44:54 ID:hUd7sg6j0
友人の話。
彼の実家がある山村には、一寸変わった物の怪が出たという。
「舌盗み」とか「舌盗り」と呼ばれるそれに取り憑かれると、食べ物の味が全然
わからなくなってしまうそうだ。
山の主が他人の舌を借り、様々な味覚を楽しんでいるのだろうと言われていた。

姿形がない存在なので、力ずくでは追い払えない。
これに憑かれると、とにかく好き嫌いをせずに、何でも食べなければいけないと
伝えられていた。
色々な食べ物の味を堪能すると、舌盗みは満足して山に戻るからだとか。
なぜか胡麻の味は嫌いらしく、胡麻を沢山摂れば早く開放されるとも伝わる。

何とかして舌盗みを山に帰すと、元通りの味覚が戻ってくる。
生命に別状はないということだが、秋の収穫期にはとにかく怖れられ、そして
嫌がられた存在だったそうだ。

偏食はいけないっていう教訓が、化け物になったのかもしれない。
彼自身はそう考えているのだとか。




☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ