【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 雷鳥一号



294 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2006/01/03(火) 15:49:33 ID:hwQVSGoq0

知り合いの話。

 

彼が氏子をしている神社では、
毎年大晦日から元旦にかけて「再誕の儀」と呼ばれる行事が執りおこなわれる。
氏神の再生を祝う神事だということだ。
氏子以外の者は入れずに進行し、
儀式が終わると社は開放されて、一般客の初詣が始まる流れであるらしい。

 

 

294 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2006/01/03(火) 15:49:33 ID:hwQVSGoq0

儀式自体はそのようなものだと思うのだが、
彼にはどうにも一つ、腑に落ちない決まりがあった。
再誕の儀の間、決してその場にいる者の頭数を数えてはいけないというのだ。
なぜかという理由は誰も教えてくれない。

 

それである年、こっそりと数えてみたという。
何の問題もなく数え終えたが、どこかおかしい。
そこにいるのは見知った顔ばかりの筈なのに、名前が出てこない者がいる。
何度か数え直した彼は更に混乱した。数え直す度に人数が異なっているのだ。
妙に疲れてしまった彼は、数えることを止めてしまった。

 

 

294 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2006/01/03(火) 15:49:33 ID:hwQVSGoq0

今では彼も古参の顔となり、新しい氏子から色々聞かれる立場になっている。
しかし、例の掟について聞かれた時は、笑って誤魔化すという。
「新人君も、そのうち何も聞かなくなるから。
 こっそり自分で数えてるんだろうな、やっぱり」
そう言って彼はこの話を締めくくった。

 




オカルトランキング



296 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2006/01/03(火) 15:53:34 ID:hwQVSGoq0

知り合いの話。

 

造り酒屋をしている彼は、毎年の初めに、地元の神社に新酒を寄贈している。
新年の儀が終わると舞台に青い養生シートが引かれ、
その上で彼が持ってきた樽酒を木槌で開き、詣で客にお神酒として振る舞うのだという。

 

 

296 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2006/01/03(火) 15:53:34 ID:hwQVSGoq0

ある年、木槌の勢いが強すぎたか、酒が大量にこぼれたことがあった。
慌てて拭き取ろうとした彼の目の前で、酒はスーっと独りでに流れ始めた。
真横に一直線。そのまま舞台横まで、素早く流れて落ちる。

 

驚いている彼に氏子のお爺さんが言った。
なに、山へのお裾分けだ。気にするな。

 

 

296 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2006/01/03(火) 15:53:34 ID:hwQVSGoq0

酒がこぼれた筈のシートの上は濡れておらず、舞台横の地面も同様だった。
山から何か下りて来ていたのかな。そう彼は不思議そうに口にした。

 





オカルトランキング



367 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2013/04/05(金) 17:47:53.24 ID:LXc+rWY50
山仲間の話。

彼が友人であるN君と二人で、夜の山を登っていた時のこと。
月明かりでボンヤリと照らされた山道を辿っていると、前を進んでいたN君がいきなり足を止めた。
「どうした?」と呼び掛けたが、返事がない。
「おいどうしたんだよ、Nってば!?」肩に手をかけ、強引に振り向かせる。
その顔はまったく見覚えのないものだった。
硬直した彼に向かい、そいつはニヘラと薄く嗤って答えた。
「Nって誰だ?」
悲鳴を上げると、後も見ずに逃げ出した。
背後から不気味な嗤い声が届いたが、幸いにも後は追って来ないようだ。
嗤い声は段々と小さくなっていく。
足下も確かでない山道を転びながら走っていると、唐突に誰かに抱き止められた。
「おい、何やってんだ!?」
彼を抱き締めて大声を上げる男性、その顔は間違いなくN君のものだった。
我に返ると、腰が抜けたようになってしまい、その場に崩れ落ちたという。

その直後、N君に聞かされた話。
「ふと目が覚めたら、隣の寝袋が空になっていてさ。
 雉でも撃ちに行ったのかと思ったが、いつまで経っても帰ってこない。
 気になって捜しに出たら、上の方からお前が叫びながら走って下りてきたんだ」


368 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2013/04/05(金) 17:48:29.26 ID:LXc+rWY50
そう聞かされて落ち着くと、ようやくまともに物事が考えられるようになった。
そうだった。
二人はこの少し下場にテントを張り、夕食と酒を楽しんでから就寝したのだった。
しかしそこまで思い出したものの、何故眠っていた筈の自分が寝袋を抜け出して、
得体の知れない誰かと一緒に夜の山を登り始めたのか、まったく記憶にない。
……気が付いたら、二人で夜の山道を歩いていた。
先導する何者かをN君だと思い込んで……思い込まされて?
二人して顔を見合わせたが、どちらの顔も白くなっていたという。
テントまで駆け戻ると、消していた焚き火を再び起こし、杖をしっかりと持って寝ずの番をすることにする。
とても意識を手放す気にはなれなかった。

幸いその後は何も変わったことは起きず、無事に朝を迎えた。
慌ただしく荷物を片付けると、予定を切り上げて一目散に下山したそうだ。




オカルトランキング



576 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ:2012/07/27(金) 19:53:33.92 ID:alRUP7m90
知り合いの話。

アメリカでインディアンの居留地にステイしていた時、腹痛に襲われたという。
とんでもない激痛で、身体を動かすことも適わなくなり、危篤状態にまでなったのだが、
現地の呪医が処方してくれた薬が劇的に効き、無事一命を取り留めたそうだ。

薬が効いている間は体中の感覚がなくなり、同時に痛みも感じなくなったという。
しかし奇妙な事に、寝ている自分を真上から見下ろしたり、建物の屋根をすり抜けてから空を飛んだりした記憶がある。
いやにくっきり、はっきりと。
呪医が言うには、この薬は体と心を切り離してから、患部を強烈に治す働きがあるのだと。
要するに、副作用として幽体離脱してしまう薬だったらしい。

回復後に、お礼の日本酒を持参して呪医を訪ね、薬の話をもっと詳しく聞いてみた。
それによると、とある森に棲まう、角の生えた大蛇から採取した薬だという。
「夢の蛇」と呼ばれるこの蛇は、呪医自身が魔法の歌を唄って森から呼ぶというのだが、
大層音楽の好みにうるさいようで、歌が気に入らないと姿を現さないのそうだ。
因みに上手く呼べる確率は、これまでの経験では十回に一回程度らしい。
歌が気に入ると森の中から出てきて、角を大人しく削らせてくれるのだと。
しかし歌が途切れると、蛇はこちらに興味をなくしたような様子になり、すぐさま姿を隠してしまうので、
削る間は必死で歌い続けなければならないそうだ。

「お前に処方した薬は、その角の粉末を使っているのだ」と言われた。
「今はもう滅多に入手できないから、ありがたく蛇と私に感謝しなさい」とも。
彼も負けずに、「この酒も滅多に入手できない、高価なものなんですよ」と言い包め、
皆で仲良く酒盛りを楽しんだのだという。





オカルトランキング



838 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ:2009/04/23(木) 20:55:25 ID:kfiJIM1p0
同級生の話。

私たちが通っていた大学は、結構深い山中にあった。
当時はまだ設備も整っておらず、学内の彼方此方に野良犬が居着いていた。
今思えば結構な数がいたようだ。
いつの頃からか、夜のキャンパスに人面犬が出るという噂が立った。

そんなある夜、実験ですっかり遅くなった彼が、帰宅しようとエレベーターを待っていた時のことだ。
一階から彼のいる七階までゆっくりとエレベーターが上がってくる。
チンと音がして扉が開くと、その中に何か異様なモノがいた。
身体は確かに犬だった。
犬に詳しい彼が言うには、丁度秋田犬くらいの大きさだったらしい。
赤茶色の毛並みで、所々汚れている。
しかし、顔が人間のそれだった。
随分とアクの濃い白人の顔をしていた。
身体の毛色と合わせたかのような、少し暗目の金髪。
鉤のように尖った高鼻に、青い目。
ニヤリと笑う口元から覗く太い歯が、真っ白く健康そうだったという。
想像していた姿とちょっと方向性が懸け離れていたせいで、
彼はしばらくの間、自分の見ているモノが人面犬だと認識できなかったらしい。
何の反応も出来ずにいる彼に向かって、
人面犬は「HAHAHAHAHAHA!」と、まるでアメリカ人のような(?)達者な発音で笑いかける。
そうしてから、そのまま横をすり抜けて廊下の向こうに消えた。


839 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ:2009/04/23(木) 20:56:11 ID:kfiJIM1p0
気が付くと、誰かに呼ばれたのか、エレベーターは再び一階まで降りていた。
もうエレベーターを利用する気がせずに、仕方なく外部の非常階段を一階まで駆け下りたのだという。

「俺が思うに、うちのキャンパスに出る人面犬ってさ、
 ○○学部で秘密裏に作ってた実験動物が逃げ出したヤツなんじゃねぇかな?
 どう見てもありゃキメラだったぜ」
大真面目でそう口にする彼に向かい、誰かが言った。
「○○学部にそんな御大層な研究している研究室は無えよ」
ある意味大変失礼な発言だが、なぜか皆揃って頷いていた。

今はもうキャンパスも綺麗に整備され、野良犬一匹いないと聞く。
人面犬ももう姿を見せなくなっただろうか。




オカルトランキング

↑このページのトップヘ