【閲覧注意】怪談の森【怖い話】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 雷鳥一号




636 名前: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 04/01/07 22:21

知り合いの話。

彼の先祖に、羽振りの良い男衆がいたのだという。
猟師でもないのに、どうやってか大きな猪を獲って帰る。
ろくに植物の名前も知らぬくせに、山菜を好きなだけ手に入れてくる。
沢に入れば手の中に鮎が飛び込んでき、火の番もできぬのに上質の炭を持ち帰る。
田の手入れをせずとも雀も蝗も寄りつかず、秋には一番の収穫高だ。

彼の一人娘が町の名士に嫁入りする時も、彼はどこからか立派な嫁入り道具一式を
手に入れてきた。
手ぶらで山に入ったのに、下りてくる時には豪華な土産を手にしていたそうだ。

さすがに不思議に思った娘が尋ねると「山の主さまにもらったのだ」と答えた。
その昔、彼は山の主と契約を交わしたのだという。
主は彼に望む物を与え、その代わり彼は死後、主に仕えることにしたのだと。

何十年か後、娘は父に呼び戻された。
彼は既に老齢で床に伏せていたが、裏山の岩を割るよう、主に命じられたという。
娘は自分の息子たちを連れ、裏山に登った。
彼の言っていた岩はすぐに見つかり、息子が棍棒で叩いてみた。
岩は軽く崩れ割れ、その中から墓石と、白木の棺桶の入った大穴が現れた。
誰がやったのか、彼女の父の名がすでに刻まれていた。
話を聞いた彼は無表情に呟いたそうだ。

埋められる所まで用意してくれるとは思わなんだわ。

それからすぐに彼は亡くなり、まさにその墓に埋葬されたのだという。


637 名前: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 04/01/07 22:23

この話には後日談がある。

数年後、娘の夢枕に父親が立ったのだという。
老いた姿ではなく、若々しい男衆のままの姿形であった。
彼はなぜかまったく余裕のない表情をしていた。
彼女が懐かしさのあまり声をかけようとすると、彼は怖い顔でそれを止めた。
そして一言だけ発して、消えたのだという。

お前たちは、絶対に主と契っちゃならねえ。

翌朝目を覚ましてからも、彼女はその夢を強く憶えていた。
一体父は死んだ後、主の元でどんな仕事手伝いをしているのだろう?
その時、隣で寝ていた夫が起き上がり彼女に話しかけた。
夫の夢にも、養父が現れ何かを告げたのだそうだ。

しばらくして彼女の夫はその山を買い取り、全面入山禁止にした。
しかし、その理由は妻を含め、誰にも教えなかったという。



オカルトランキング



398 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :05/01/20 01:54:47 ID:iyZtv8nz0
友人の話。

秋口に一人で山籠りしていた時のこと。
真夜中、誰かが身体を触ってくる感触で目が覚めた。
まるで背中や肩を、按摩してくれているようだったという。
最初は驚いて飛び起きようとしたが、揉み具合がどうやら絶妙だったようで、
そのままマッサージに任せて眠ってしまった。

翌日、起きてみると身体中が痛い。
動く度に鈍い痛みに襲われ、必死の思いで山を降りたのだという。
我慢できず、近場の親戚の家に転がり込む。
服を脱いだ彼を見て、親戚の家族は絶句した。
彼の全身は、青黒い痣で覆われていたのだ。
ひどい所は、皮膚がグズグズに崩れかけていたほどだった。

彼から事情を聞くと、親戚は介抱してくれながらも説教してきた。
曰く、あの山へ一人で留まる奴があるか!
あそこの奥には『石の女』がいて、身体が潰れるまで揉み解されるのだと。

身体の痣は半年も消えず、健康が戻るのにも同じくらいかかったという。




オカルトランキング



103 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :03/12/19 20:59
知り合いの話。

一人で山に登った帰り道でのこと。
いつの間にか、ブツブツと呟く声が、後ろの繁みから聞こえてきた。
身を硬くして振り返ると、繁みの切れ目から一匹、猿に似たものが姿を現した。
大きさや姿形は猿そのものだが、その顔は壮年の男のものだった。
まるで人間のように、背中を伸ばして歩いていたという。
驚愕している彼の耳に、それの呟きが聞こえてきた。
「・・・だいすけ まさる まさゆき けんじ あきら・・・」
猿は、男性の名前を次々に呟いていた。
うち一つが、彼の父親の名前だった。
ピクリと反応すると、猿は呟くのを止め、嫌な笑いを浮かべて近寄ろうとした。
「違う。それは父の名前だ」
思わず力いっぱいに否定した彼を、猿は凄い目つきで睨みつけた。
しばし睨みあった後、猿はぷいと繁みの中へ戻っていった。
彼は、麓まで後ろも振り返らずに駆け下りたのだそうだ。

もしもその時、彼の名前が当てられていたら、何が起こっていたのだろうか。。




オカルトランキング



359 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/10/02 23:38:42 ID:UXyuxyzL
友人の話。

彼の実家の山村では、時々おかしな存在が出たという。
それは、村の衆から『出来損ない』と呼ばれていた。

炭焼きをしていた彼の祖父も、『出来損ない』を見たことがあるという。
薪の山のすぐ横を、灰色の兎のようなものが駆け抜けたのだと。
それは確かに兎の耳と胴体を持っていたが、決して兎ではなかった。
その頭部には目も口もなく、その身体を動かしていたのは黒い蟋蟀の脚だった。

その後も小屋の近くで何度か見かけたそうだが、その度に段々と本物の兎らしくなっていったのだそうだ。
『出来損ない』の正体は誰も知らなかったが、
「おそらく山の動物を真似しているのだろう」と村では言われていた。

まれに、人間を真似しようとした出来損ないが出たらしい。
そうなると、しばらくは誰も山に入れなかったそうだ。
過去に人間に化けた何かが出たことがあるのだろうか。

今は炭焼きや猟をする人もおらず、『出来損ない』がまだいるのかはわからない。


オカルトランキング



102 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ:2009/06/15(月) 20:57:48 ID:CtfapK6h0
知り合いの話。

彼の祖父はかつて猟師をしていたという。
遊びに行った折に、色々と興味深い話を聞かせてくれた。

「山の奥でよ、でっかい屋敷に行き着いたって奴が居たんだと。
 そんな深い奥にそんな物がある訳は無いんだが、実際に見付けたんだから仕方ねえ。
 でも何故か悪い感じはしなかったらしくてよ。
 そいつは中にずんずんと進んで入ったって言うんだ」

「客間みたいな部屋に入り込むと、部屋の中央に小さな物が置いてあった。
 掌に隠れるほどの笛だったそうだよ。
 吹くと小鳥の声がして獲物を呼び寄せる、そんな代物だ。
 何故か理由はわからんが、自分への贈り物だと理解出来たんだと。
 喜んで持って帰ったらしい。
 十二様(山の神)の授かり物だってな」

「これを吹くと、必ず立派な獲物が取れたって話だ。
 雉は勿論のこと、鳥に限らずヨツ(獣)まで簡単に手に入ったんだと。
 話を聞いた連れが羨ましがってよ、貸してくれってねだったんだが、するとこいつが奇妙なことを話しやがった」

「こいつ曰く、
 『この笛は俺が十二様から頂いた物だ。
  ほいほいと他の人に貸しちまったら、俺に罰が当たるかもしれん。
  それに、これを使えるのは日に一度だけなんだ。
  理由はわからねえ。
  でも、それ以上使っちゃなんねえって、それだけはわかるんだ』
 だから貸したくねえって言うんだな」


103 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ:2009/06/15(月) 20:59:27 ID:CtfapK6h0
「しかし、この連れは性質が悪い奴だったみたいでな。
 何だかんだ煽てて強請って、無理矢理取り上げるような形で持って行っちまった。
 その夕方に、山ほど獲物を持ち帰ってよ。
 『こりゃぁ具合がええ。しばらく借りとくわ』ってニヤニヤ笑ってた」

「貸した奴は青い顔してよ。
 『お前、絶対に罰当たるぞ。もう俺は関係ねえ。笛はお前が責任取って持ってろ』
 って泣きそうになりながら吐き捨てた。
 連れの奴は嫌な笑いを浮かべてよ。
 『おう、そんなら貰うわい』って嬉しそうに家に帰ったんだ」

「そうしたらよ、その日の夜、その連れの家で騒ぎがあったっていうんだ。
 皆が寝静まった夜中に、バタバタと大きな音がしてよ。
 人の叫び声も聞こえたって話だ。
 事情を知ってる村の連中は、誰も近よらなかったって。
 翌朝恐る恐る覗いてみると、そいつの姿はおろか、そいつのおっ母もいなくなっていたらしい。
 不思議なことに、昨夜あれだけ音がしたっていうのに、家の中は綺麗に片付いていたってよ。まるで何もなかったかのように。
 あぁ、結局そのまんまで、二度と帰ってはこなんだとさ」

「笛を取られた方も恐れちまって、それ以降山に入ることはなかったって話だ。
 まぁ、分をわきまえない輩は、それなりの目に遭うってことだな。
 人ってやつは取って食らうだけじゃない。
 取って食われることもあるんだってことは、忘れちゃならねえよ」

祖父さんはしみじみとそう言った。




オカルトランキング

↑このページのトップヘ