【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 憑依




1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 21:30:35.306 ID:hqhCppzl0
何年か前に俺が体験した怖かった出来事について語ってく。

俺は霊感ゼロだし幽霊とかも信じてなかったけど、この一件で信じるようになった。

ありえんような話だから、まあ創作だと思って気軽に見て行ってくれ。

            
2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 21:30:50.311 ID:faOMNuAXa
怖すぎ

3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 21:32:06.773 ID:2zDltX8+d
怖くて見れない

4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 21:32:17.742 ID:13nV+Dr/0
漏らした

5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 21:33:05.044 ID:hqhCppzl0
お前らって奴は・・・

7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 21:33:54.489 ID:hqhCppzl0
もう流れ無視して語ってくぞ!

13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 21:38:39.732 ID:hqhCppzl0
注意事項な
・見たら呪われる系の話じゃないんでご安心を
・内容的に人によっては反日、在日だと誤解される内容があるかもだけど俺は純粋な日本人
・書き溜めてないからゆっくりです

14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 21:39:19.403 ID:fvHpUX4J0
かまわん続けろ

16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 21:43:16.987 ID:hqhCppzl0
とりあえず当事者のスペックな

俺 田舎の高校二年生
  霊感ゼロ
  身長低いフツメン
  趣味はゲーム
  
兄 大学2年生
  本人曰く若干霊感あり(よく金縛りに合うらしい)
  身長低いフツメン
  趣味はPCいじり

母 専業主婦
  霊感ゼロ
  しっかりしている

父 公務員
  霊感ゼロだが、本人曰く若いころは霊感あったらしい
  結構抜けているところがある

近所のおじいさん 詳しくは後程

それじゃ語ってくわ

20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 21:46:10.121 ID:2BxS+Lqgp
波打ち際で倒れてる人影を見たけど怖いからシカトした

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 21:46:46.185 ID:hqhCppzl0
事の発端はさっき紹介した近所のおじいさんが亡くなったところから始まる。

その近所のおじいさんってのは家の近所に住んでいた普通のおじいさん。そのまんまだな。

人当たりがすごく良くて、俺たち兄弟がガキの頃はよく一緒に遊んでくれていた。

たまに家に上げてもらってスイカとかごちそうになってた。

近所との付き合いも広い人で、うちはもちろんのこと、他の近所の人たちとも仲が良かった。

ただ身寄りがなく、俺が高校に入学するころには体調を崩してあまり外には出てこなくなっていた。

そのころはヘルパーのおばさんがおじいさんの家をよく出入りしているのを見かけた。

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 21:52:09.861 ID:oCt991nY0
続きはよ

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 21:52:13.294 ID:hqhCppzl0
続きな

そんなある休日のことだったんだが、そのヘルパーさんがうちに訪ねてきた。

何だろうと思うと、おじいさんが亡くなったから葬式に参加してほしいとの知らせだった。

死因はよく覚えてないんだけど、なんかの病気だったと思う。

ヘルパーさんの話だと、おじいさんは亡くなる前に遺書をしっかり書いていたそうで、
死んだ後の遺産のことや、家屋の処理についてヘルパーさんに頼んでいたとのことだった。

その遺書の中に、家の家具や食器などは近所のほしい人にあげてもいいと書いていたそうで、
欲しいものがあれば家屋を解体する前に持っていってくれとのことだった。

26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 21:56:59.054 ID:hqhCppzl0
うちの両親は別に行かなくてもいいと言っていたので、俺と兄で家を見に行くことになった。

俺はおじいさんとの思い出の品でもあればいいなと思っていたが、兄は売れそうなものを見つけて
お金にしようとしていたらしい。

実際におじいさんの家に行ってみると先客が結構いて、めぼしいものはほとんど残ってなかった。

俺は庭に置いてあったおじいさんが大切に育てたであろう盆栽を1つ頂いて帰ったんだが、兄はもう少し探索してから帰ると言っていた。

27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 22:00:38.778 ID:hqhCppzl0
俺が家に帰って盆栽の管理方法について調べていると兄が意気揚々と帰ってきた。
なんでもおじいさんの家で面白いものを見つけたと言っていた。

兄は布に包んだ棒状の物を俺に渡してきた。

布を取ってみると中にはなんと立派な刀が入っていた。


かっこええ!と思うと同時に、これ銃刀法違反とかで違法なんじゃね?と心配になった思い出。

鞘から刀を抜いてみると刀身は結構さびてて、銀色の部分のほうが少なかったと思う。

兄「めっちゃカッコいいだろ?オークションで高く売れそうじゃん?」

俺「売れるかもしれないけど、法律上いろいろまずいんじゃない?」

兄「すぐ売れば大丈夫でしょ!」

うろ覚えだけどこんな感じの会話をしたと思う。

この日の夜からうちで不可解な現象が起きるようになる。

28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 22:01:42.464 ID:Uzn/gkcnM
ほー続けたまえ

29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 22:02:37.193 ID:hqhCppzl0
その日の夜のことだった。

家族みんなで晩飯を食べていると誰もいないはずの玄関のライトがぱっとついた。

家の玄関のライトはセンサー式で人が通ったりしたら明かりが点くんだが、家族は全員居間にいるから玄関に誰もいないのは明確だった。

その時は家族みんなで「不思議だねえ」「虫にでも反応したんだろ」みたいな話をしたと思う。

そのあとは普通にテレビ見て、風呂に入って寝た。

30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 22:03:38.308 ID:oCt991nY0
ふむふむ

31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 22:05:38.265 ID:rAcMrp2c0
保守

32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 22:07:37.839 ID:hqhCppzl0
俺はその日寝てから人生の中で1番最悪な夢を見た。今でもはっきり思い出せるくらい。


俺は知らない部屋の中でぶっ倒れてた。

脇腹が痛くて痛くて動くことができなかった。頑張って脇腹を見てみると服が血で真っ赤になってた。

頭の上のほうから謎の言語で叫んでいる声が聞こえたんだが、知らない言語なのに「たすけて!」
「いやだ!」と言っているのが分かった。

声のする方を見ると、俺の妹が軍人らしき人たちに暴行されていた。ちなみに現実の俺に妹なんていない。でもそこにいるのは間違いなく俺の妹だった。もう訳わからんな。

妹は俺に必死に助けを求めて抵抗していたが、軍人数名に押さえつけられ、殴られ、本当に無力な抵抗だったと思う。

34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 22:11:35.102 ID:oCt991nY0
見てるよ~

35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 22:12:08.552 ID:hqhCppzl0
俺はもうね、マジで怒りに震えてた。その軍人どもが憎くて憎くて仕方なかった。

さっきまで幸せな家庭だったのに、こんなの酷すぎるって。

たとえこの命が尽きても、絶対にこいつらをぶっころす。

まだ年端もいかない妹をこんな目に合わせている奴らを許しはしない。

俺はもう怒りと憎しみだけで立ち上がってた。

脇腹は死ぬほど痛かったけど、口の中は血だらけで声も出なかったけど、そんなことはどうでもよかった。

37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 22:15:42.401 ID:hqhCppzl0
そうして妹に群がる軍人どもに飛びかかろうとしたとき、背中に激痛が走ってまた倒れた。

もう訳が分からなかったがとにかく憎かった。

背中の方からははっきりと日本語で
「下衆ながらあっぱれなものだな。誇って氏ぬがいい。」と聞こえた。

でもその時の俺にはこれがなんて言っているのか分からなかった。

視界が暗くなっていく中、ただただ憎くて憎くて悔しくて情けなくて。


俺は汗だくで飛び起きた。

もう訳が分からな過ぎて、憎い感情も収まってなくて、今のが夢だと気付くのに3分くらいかかった。

38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 22:21:15.244 ID:Uzn/gkcnM
ふむふむ

39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 22:22:29.151 ID:hqhCppzl0
高校生のくせに怖くなってしまった俺は一人で暗い部屋にいることができずに、とりあえずお茶でも飲もうと思って居間に行った。

居間に行くと深夜にもかかわらず母親が起きていた。母親はなぜか洗面器にゲロ吐いてた。

俺「どうしたん?体調でも悪い?」

母「いやね、そういうわけじゃないけど嫌な夢を見てね・・・」ゲロゲロ

話しながらゲロを吐き続ける母親。なぜか俺ももらいゲロをしてしまった。

俺は床にしてしまったゲロを処理しながら俺も嫌な夢を見たことを話した。

お互い見た夢の内容が内容だっただけに詳しい内容までは話さなかった。

41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 22:27:05.882 ID:hqhCppzl0
母親に後日聞いた話だと、夢の中では母親は妊婦で、何かから逃げるように川の中を歩いていたらしい。

ようやく岸にたどり着いて、助かったと思った途端に何者かに刀でざっくりと切られたそうだ。

その後その何者かは母親の腹を裂いて赤子を取り出し、母親の前で斬殺したとのことだ。

その赤子ってのが結構大きかったみたいで産声をあげていて、その産声が頭から離れないって言った。


まあ、この母親の話は全部事が終わってから聞いた話で、このときは嫌な夢とだけ言ってたと思う。

そんなこんなでゲロの処理が終わるころ、兄の部屋から奇声が聞こえてきた。

何事かと思って兄の部屋に直行したら、そこにはとんでもない光景が広がっていた。

42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 22:31:46.342 ID:iFCHb8TOa
おもすろい

43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 22:33:10.896 ID:hqhCppzl0
兄の部屋を見ると、全裸で鬼気迫る表情の兄が奇声を発しながら自分のケツをパシパシ叩いてた。

俺はこれはヤバいと思って全力で兄を押さえつけた。

兄は思いのほか全然抵抗とかしないであっさりと取り押さえられた。

俺は兄が何かに取り憑かれたか、気が狂ってしまったのかと思っていたんだが、信じられないことに兄は正気だった。

何でも兄も怖い夢を見たらしく、全裸でケツを叩いていたのは除霊のおまじないだと言っていた。

後で調べて分かったんだけど「ビックリするほどユートピア」っていう割と有名なおまじないだった。

こんな話だけどギャグとかじゃなくてマジな話だからな

びっくりするほどユートピア!

「びっくりするほどユートピア!」 とは、気分がふさぎ込んでいる時、落ち込んでいる時に、自分のお尻を両手でバンバン叩きながら白目をむき、ベッドを昇降しながら大声で唱えると気分が晴れやかになり、部屋にたまっている女の悪霊も退散して幸せになれるという、ありがたいおまじない (と、その一連のやり方) のことです。
http://www.paradisearmy.com/doujin/pasok_3bikkuri_utopia.htm

46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 22:35:27.472 ID:oCt991nY0
Σ(゚Д゚;マジデ!?

47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 22:36:36.765 ID:Uzn/gkcnM
ユートピア懐かしいわwww


48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 22:39:41.106 ID:hqhCppzl0
次の日、兄と昨日見た夢の内容について語った。

兄は何でも処刑される夢を見たとか。
処刑された理由は「目つきが鋭いから」

むちゃくちゃ訳わからんけど兄は夢の中で目つきが鋭いゆえに処刑されたらしい。

お互いの夢を語っていくうちに共通点がいくつかあった。

お互いに殺される夢であること。
夢の中で自分たちの言語が未知の言語であること。
死ぬ直前に日本語を聞いているが、夢の中では日本語を理解できていないこと。

こういった共通点が見つかった。

49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 22:43:17.457 ID:xP3utHMN0
続きはよ

51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 22:47:20.218 ID:hqhCppzl0
兄はこれは心霊的なものじゃないかって言ってた。

俺は幽霊とか信じてなかったけど、実際怖かったしそーゆーのもあり得るんじゃないかって思い始めてた。

ではこのような怪奇現状?が起きている原因と言えば思い当たる節は1つしかない。

おじいさんの家から持ってきた刀だ。

あの刀絶対呪われてんだろって結論が出た。

54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 22:53:22.524 ID:hqhCppzl0
問題は刀をどうするか。

俺はおじいさんの家に返して来ればいいと思ったんだけど、兄はどうしても売りたいと言っていて、その日のうちにオークションに出すことになった。

でも刀は落札されることなくまた夜を迎えた。

この日は玄関のセンサーが大暴れだった。

昨日は1回だったのが今日は数分おきにライトが光る光る。

父親以外はもうガクブルでした。

父親はセンサーがぶっ壊れたんだなって言ってライトの電源を落としてた。

そのあとは家じゅうラップ音がバッシバシ。

兄は刀を家に置いたまま友達の家に泊まりに行った。まじ兄ふぁっく。

55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 22:55:29.973 ID:Uzn/gkcnM
ほほう

57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 22:57:11.933 ID:FyiGTtRg0
兄おもしれぇw

56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 22:56:45.297 ID:xP3utHMN0
そういえば登録書がないと模造刀でもないかぎりオークションだせなくね?

58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 23:00:58.953 ID:hqhCppzl0
>>56
なんかそれっぽいのはあったよ。
ただ後で調べたら警察に持っていくのが正解だった。

59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 23:01:35.284 ID:hqhCppzl0
その日も仕方なしに寝ることになって絶対寝れないわって思ったけど普通に寝てしまった。

そして案の定また最悪な夢を見てしまう。

今度の夢は前回の夢とはまた違った夢だった。

61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 23:07:06.096 ID:hqhCppzl0
俺は河川敷にいて、手と足を手錠みたいなので固定されて正座してた。

それでなぜか体はビショビショ。

水ではなく、灯油?みたいなのでビチョビチョ。

で、俺の周りにも同じように手錠されてビチョビチョの人が何人かいた。

それで数人の軍人らしき人たちに銃を向けられた状態で無言でみんなで正座してた。

これはもう火を点けられる以外の選択肢はない状況だろうと思った。

だったらせめて軍人を一人でも道ずれにしてやろうと考えていた。

65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 23:12:39.443 ID:hqhCppzl0
そのうち案の定、数名の軍人が火のついた松明みたいなのを持ってきて俺達のほうに投げてきた。

もちろん俺たちは大炎上した。

最初はヒリヒリするだけで割と大丈夫だったんだけど、すぐに全身が痛くて死にそうになった。

やるなら今だと思って近くにいた軍人に向かってジャンプ。

でも、足にも手錠されてるから当然上手く移動できずに転倒。

それでも一矢報いようともがいてみるも、もう痛すぎて一矢報いろうって考えを忘れた。

痛すぎてのたうち回っているうちに段々目が見えなくなってきた。

眼球っていうか、顔の内側が焼けてるような感じがして死ぬかと思った。

もう死ぬ思いで薄れていく視界の中で軍人っぽいシルエットに向かって全力で転がった。

もう少しで届くかもしれないと思ったときに、何か冷たいものが俺の胸を貫いていた。

ああ、ここまでかって思ったところで目が覚めた。

66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 23:13:01.604 ID:xP3utHMN0
じらしやがって続きまだか

68: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 23:18:15.712 ID:hqhCppzl0
もう夢だってすぐに分かったんだけど全身ヒリヒリするし、胸の所が冷たい感覚も残ってて気分は最悪だった。

また居間に行ってみたら母親も起きてて録画したドラマを見てた。

母親はそもそも寝る気がなく、オールするつもりだった。


母「また怖い夢見たんでしょ?」

俺「うん」

母「兄はそれが嫌で逃げ出したのかもね」

俺「それ以外ありえないでしょ」

この日は母親とドラマを見て夜を明かしました。

70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 23:19:13.342 ID:8cEgynMyp
父親つええな

71: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 23:19:57.989 ID:oCt991nY0
今のところ夢の話だな

72: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 23:20:24.992 ID:fR+NNTrUr
ネタバレ:黒幕は親父

74: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 23:22:24.530 ID:fvHpUX4J0
>>72
ワロタw大どんでん返しだなw



75: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 23:22:31.451 ID:hqhCppzl0
ドラマを見ながら俺はいろいろと考えた。

俺達の見た夢は、おそらく日本軍に殺された、それもあの刀で殺されたどっかの国の人たちの怨念が
俺達に死んだときの夢を見せてるんじゃないかって。

そう考えれば辻褄が合うような気がしてた。


ではなぜそんな刀がおじいさんの家にあったのか。

おじいさんは怖い夢を毎晩見ていたのか?

そんな疑問が出てきた。

次の日はおじいさんの葬式だったので、俺はそこでヘルパーさんに話を聞きてみようと思った。

77: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 23:27:17.707 ID:hqhCppzl0
今日は眠くなったからここまでにするわ

明日また続き書いてく。

78: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 23:27:55.861 ID:xP3utHMN0
ここまで来てそれはないだろ

79: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 23:28:00.198 ID:h+6qTgf4x
気になるんだが

81: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 23:28:23.328 ID:Lfju9TWH0
ふざけんな!こっちは待っとるんだ!!

84: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 23:29:07.386 ID:FyiGTtRg0
おいおいこっちは遅刻覚悟してんだよ!

85: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/20(火) 23:29:21.580 ID:h+6qTgf4x
早くしてズボン下ろしたままだと風邪ひいちゃう!

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 20:49:58.096 ID:NSGtSELC0
昨日立てたスレが格納庫行きになったんでその続き


これまでのあらすじ

近所のおじいさんが亡くなり、その遺物を持って行っていいと言われる。

兄が遺物の中から謎の刀を持ってくる。それ以来父親以外の家族がその刀で殺される夢を見るようになった。

おじいさんの葬式で刀の正体についておじいさんの元ヘルパーさんに訪ねてみようと考えた。

葬式当日←今

5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 20:52:09.722 ID:t8JR1j3c0
乙!
前スレ途中で寝ちゃったから今夜は起きてるよー

6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 20:53:28.253 ID:NSGtSELC0
そして葬式当日。

おじいさんの葬式に行く前に俺は父親に変な夢を見てないか聞いてみた。

父「夢?ああ、そういえば二日連続で似たような夢を見たな。」

俺「どんな夢?」

父「知らない国でな、立派な刀を持ってな、悪いやつらをズバッと切ってく夢だよ。
  妙にリアルな夢でな、夢の中では父さんはヒーローなんだよ。」

俺「マジか」

信じられないことに父親は斬る側の視点から夢を見ているようだった。

変な話だけど俺は父親に対して物凄い殺意を感じたよ。

夢の中では俺は斬られる側の視点にいるわけだからね。

と言うことはだよ、この刀には切られた人の怨念だけじゃなくて斬った人の魂も籠ってるの?
ってことになってしまう。

まあヘルパーさんに聞いてみれば分かるかって思って、このときは考えるのをやめた。

8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 20:57:13.324 ID:t8JR1j3c0
見てるよ~

9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 20:59:55.547 ID:NSGtSELC0
そして始まったおじいさんの葬式。

参列者は少なくて半分くらいは近所の人たちだったと思う。

ちなみに兄は来なかった。マジふぁっく。

葬式は何事もなく淡々と行われた。

葬式が終わってすぐにヘルパーさんを捕まえて刀について聞いてみたが、
ヘルパーさんはなんと刀の存在自体知らなかった。

マジかよって思ってたら近くで話を聞いていた知らないおじさんに
「そういうのは神社さもっていげ」って言われた。

俺はおじいさんに言われたとおりに神社に持っていくことにした。

一旦家に戻ってから刀を持って、俺は自転車で近所の神社へ向かった。

オークションの出品を取り下げようと思ったけどパスワードが分からずログインできなかったので
そのままオークションは放置した。

11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 21:08:37.812 ID:NSGtSELC0
兄はまだ帰ってこない。


近所の神社に行くと30歳くらいの神主さんが快く迎えてくれた。

事情を話している間は神主さんはうんうんと話を聞いてくれた。

神主「これはもしかしたらそういう曰くつきの刀かもしれないけどさ、そのおじいさんの家から勝手に持ってきちゃったんだよね?
それならここじゃなくて、まずはケーサツに届け出を出したらいいんじゃないかな。」

俺「なるほど。」



神主様のありがたいお言葉をいただいた俺は警察に連絡をした。


ケーサツ「あー今日はもう担当の窓口終わってるので明日また連絡もらえますか?」

俺「はい。」

こうして俺はもう一日この刀と夜を明かすことになった。

俺は苦肉の策で刀を家の小屋に置いた。

同じ敷地でも建物が違えばひょっとすると・・・って思って。

15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 21:17:17.947 ID:NSGtSELC0
昨日オールしただけあって俺と母親はめちゃくちゃ眠かった。

小屋に置いておけば大丈夫だろっていう思考停止作戦で俺たちは寝ることにした。


ちなみに寝る前に兄から電話があった。

兄「刀どうなった?」

俺「明日警察に持っていくことになった。」

兄「ふーん。それじゃ俺はもう一晩友達んちに泊まってくわ!」ブチッ


まじ兄ふぁっく。

17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 21:25:33.830 ID:NSGtSELC0
俺はこの日は悪夢を見ることはなかった。

正確に言えば悪夢を見る前に母親にたたき起こされた。

突然起こされて何事かと思ったら居間の方から変な声が聞こえてくる。

「私の刀はどこだ!?」と。

母「ヤバいよ!ヤバいよ!父がおかしくなっちゃったよ!」

俺「うん?」

母「突然起きてきたと思ったら、刀はどこだーって言って暴れてんの!ヤバいよ!」

完全にパニックの母親に寝ぼけ頭の俺。

状況はさっぱり分からなかった。

とりあえず居間に行ってみるとめちゃくちゃに荒らされててビックリしたよ。

それで息の荒い父親に「俺の刀をどこにやった?」って胸倉を掴まれた。

俺はもうビビりまくりで「そ、外の小屋に置いてあります!」って。

父親は俺を突き飛ばすとズカズカと玄関から出て行った。

母親が慌てて玄関のカギを閉めてた。

18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 21:27:09.195 ID:t8JR1j3c0
おやおや…

19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 21:35:33.858 ID:NSGtSELC0
俺は訳が分からないってのもあったけど、胸倉を掴まれて突き飛ばされたことに非常に腹が立った。

母親が「どうしよう、通報した方がいいのかな!?」とか言ってたけどどうでもよくなってしまった。

外からは暗い中小屋を物色する音が聞こえる。

そもそもおかしな話なんだよな、誰も被害を受けてない父親には刀のことなんて何も話してない。

父親は刀の存在自体知らないはずなのに、俺の刀とか言っちゃってるし。

ここまで考えてやっと父親がなんかに取り憑かれてるんじゃないかって発想に思い当たった。

20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 21:37:54.611 ID:vF1z+1Aad
そんなのブン殴っちゃえばいいんだよ

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 21:38:39.716 ID:NSGtSELC0
では父親がどうやったら正気に戻るか。

除霊の方法なんて俺は兄のやっていたビックリするほどユートピアしか知らないし、
やってみようって気はビックリするほどなかった。

外では刀を見つけたであろう父が「あけろ!」と暴言を吐きながらドアをガンガン叩いてた。

悩んだ挙句、俺は物理的に父親を気絶させることにした。

冷静な判断ができれば通報するなりしたと思うんだけど、このときは非常に腹が立っていて父親をぶん殴ってやりたかった。

俺は松島へ旅行に行ったときに買った木刀を装備して勢いよく玄関のドアを開けた。

22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 21:43:43.403 ID:NSGtSELC0
ドアを開けると、勢いよく開いたドアにぶつかった父親が尻餅をついていた。

父親は手にしっかりと刀を持っていた。鞘から抜いた状態で。

錆びているとはいえマジもんの刀。突然怖くなってしまい「うひっ!」とか変な声が出た。

父「何をするか!!」

俺「ひいい!!」

父親は刀を振り上げて思いっきり切りかかってきた。死ぬかと思った。

俺は目をつぶってビビりながら木刀で必死のガード。

ゴキッって変な音がした。

恐る恐る目を開けると刀が見事にポッキリ折れていた。

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 21:50:15.532 ID:NSGtSELC0
俺は刀で切られそうになったっていう恐怖のあまりその場でゲロをした。

父親はポカーンとしてた。

「俺は?へ?夢?」みたいな感じで父親も寝ぼけたようにパニック状態になっていた。

母親が出てきて俺達を落ち着かせてくれた。

父親はなんだか寝ぼけたようにフラフラと布団に戻っていった。一応正気ではあったようだった。

俺は恐怖のあまり寝ることをあきらめた。

母親も結局寝なかった。

24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 21:52:46.896 ID:NSGtSELC0
俺は次の日朝一番で警察に連絡をした。

刀を見つけた経緯を話すと、とりあえず鑑定をするから日程が決まるまで持っていてくれって言われた。

冗談じゃない。もうこの刀と夜を共にしたくなさ過ぎて電話しながら号泣。

俺「この刀マジ呪われてんですよぉ・・・」

みたいな感じで。

今思うと恥ずかしすぎる。警察の人もドン引きだったんじゃないかな。

話していくうちに、とりあえず事情を詳しく聞きたいということだったので俺は刀を持って警察署へ行くことになった。

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 21:53:54.604 ID:t8JR1j3c0
見てるよ~

26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 21:55:16.042 ID:mcx+f+m00
木になります

27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 22:02:55.554 ID:NSGtSELC0
警察署に行くとすぐに担当の人が来て話を聞いてくれた。

折れているのを見ると、「これはもう処分だろうなあ」って言ってました。

急を要する用がない場合は処分の手続きが済むまで家で預かってもらわなければならないとも言われた。

マジで本当にそれだけは勘弁してほしかったので、泣く泣くこれまでの経緯を説明。

悪夢の内容から父親の変貌まで。

警察の人は「それが本当なら殺人未遂だなぁ(笑)」みたいな反応。

子供だからって全然取り合ってくれなかった。

早く預かれるように善処してくれること、急を要する理由としては前例がないことから上の人に聞いてみること

この二つを約束して結局は刀を持ち帰ることになってしまった。

28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 22:10:11.611 ID:t8JR1j3c0
銃刀法違反にならないのか?

30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 22:12:55.440 ID:NSGtSELC0
>>28
善意をもって警察に届け出たものとして違反にはならないーみたいなことを言われたと思います。

31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 22:13:54.508 ID:t8JR1j3c0
>>30
そうなんだー

29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 22:11:17.587 ID:NSGtSELC0
俺は絶望のうちに家に帰った。

家に帰ってからは刀を置いて図書館に行った。

勉強をする為でなく、本を読むためでもない。寝るためだ。

机に突っ伏しての昼寝だったけど、何時間も熟睡することができた。

夕方になるころに図書館の人に起こされた。ついでにここは寝るところじゃないって怒られた。


ケータイを見ていると謎の不在着信が入っていた。

恐る恐る折り返してみると警察だった。

33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 22:25:52.546 ID:NSGtSELC0
警察「俺君のケータイで間違いありませんか?警察の物ですが」

俺「はい」

警察「先ほどの刀の件ですが、こちらですぐに預かることになりましたが問題ありませんか?」

俺「え!?は、はい」

警察「では今から回収に伺いますので家で待っていてください。」

俺「へ!?は、はい」

こんな感じの会話をした。

あまりの対応の早さに正直驚いてた。

34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 22:31:27.525 ID:NSGtSELC0
慌てて家に帰ると家の前にパトカーがすでに止まっていた。

いつの間にか帰ってきていた兄が玄関でオロオロしてた。

ついでに言うと数名の野次馬もいて気分はあまりよろしくなかった。

警察「俺さんで間違いありませんね?」

俺「はい」

警察「この刀はこちらですぐにでも処分させていただきますが構いませんね?」

俺「は、はい」

警察「では処分が済みましたらまた連絡しますね。」

物凄い手短に話をして警察は刀を持ってとっとと帰って行った。

あまりの対応の早さに唖然とするばかりだった。

35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 22:35:17.445 ID:NSGtSELC0
そのあと兄にこれまでの経緯を説明。

話している途中でイライラしてきたので兄の顔面にストレートを入れる。

そこから兄弟初の取っ組み合いのけんかになった。

兄が思い出したようにオークションを見ると結局落札されていなかった。

開始価格から結構な高値だったのが原因だと思う。

36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 22:36:07.021 ID:t8JR1j3c0
兄貴何もしてねーよなwww

38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 22:39:05.653 ID:NSGtSELC0
>>36
刀を持ってきた張本人+刀が回収されるまで友達の家に逃げてた

40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 22:45:20.496 ID:NSGtSELC0
その日の夜、家族が集まってから家族会議をした。

これまでの経緯を整理した。

みんなの見た夢の発表が主な感じだった。

父親は暴れた件について父親は
なんとなく覚えているけど、刀が折れるまで夢を見ているような感じだったそうだ。

そんな話をしている中



玄関のライトが付いた。

もちろん玄関には誰もいない。

41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 22:46:11.412 ID:t8JR1j3c0
うおー

42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 22:50:02.905 ID:8BzgZeEGr
昨日から楽しみに見てるぞ

43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 22:56:58.052 ID:NSGtSELC0
もう家族全員ガクブル。

刀はもうないのになぜ?

思い当たる節はあった。だって玄関で呪いの刀折っちゃったじゃん。

俺の考えでは刀に籠っていた怨念とかが折った拍子に刀から解放されちゃったんだと思った。

父親が塩持ってこいって言って、家族全員で家じゅうに塩をばらまいた。食塩だけどね。



そこからはうちは幽霊屋敷と化した。

ラップ音が鳴りやむことなく、鏡には変な影が映りこみ、誰もいないのに足音がしたり

焦げ臭いにおいがしたり、カーテンが揺れたり、兄がユートピアしたり・・・

44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 22:59:07.951 ID:QAX1Hpsq0
>>43
兄がユートピアkwsk

47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 23:06:01.988 ID:NSGtSELC0
>>44
兄が入浴中に風呂のドアのすりガラスの向こう側に人影を発見。

大声を出して助けを求めるも誰にも声は届かなかったらしい。

意を決して扉を開けるが、案の定誰もいない。

その場で全力でユートピア。

ユートピアの奇声は家じゅうに響き渡ってた。

48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 23:07:59.755 ID:t8JR1j3c0
>>47
相変わらずユートピアwww

45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 23:01:58.373 ID:52fzEwszK
悪化しとるやんw

46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 23:02:03.344 ID:NSGtSELC0
怪奇現象らしい怪奇現象はほぼ網羅してたと思う。

俺達はたまらず家を飛び出した。

その日は車で15分くらいのビジネスホテルに泊まった。

ホテルでは何事もなく朝を迎えることができたんだけど、
車に戻ると車の窓の内側に赤い手形がついてた。

赤い手形とかテンプレすぎるでしょwwとか兄と話してたけど、内心死ぬほど怖かった。

49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 23:13:14.511 ID:P8IO9lvda
ふぇぇ…

50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 23:13:48.369 ID:NSGtSELC0
ホテルを出た俺たちはすぐさま近所の神社へ直行した。

朝早い時間だったのにもかかわらず、神主さんが快く迎えてくれた。

事情を話すと

神主「いやー、そこまでいくと私の手に負えるかどうか・・・・」

俺「お願いです!助けてください!」

母「思い出の詰まった家なんです!」

父「まだローンが半分も残ってるんです!」

神主「とりあえず車の手形を見に行きましょうか」

俺達は駐車場に止めてある車へ向かった。

52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 23:21:50.630 ID:NSGtSELC0
車が見えた時点で神主が立ち止まった。

神主「いや、すごく嫌な感じがしますね。
一旦戻って応援を呼びましょう。」

俺達は神社に引き返してお茶とおかしを頂いた。

その間神主はあちこちに電話をしていた。

すると続々と他の神社の神主らしき人たちがやってきた。

中には「あの車は何だ!」と怒鳴りながら入ってくる人もいた。

総勢9名の神主とそのお手伝いの人たち。

中々の壮観だった。

53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 23:23:09.990 ID:t8JR1j3c0
ほほう

54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 23:30:38.280 ID:NSGtSELC0
その中の一人が俺と父親に悪いものが憑いてしまっていると言ってきた。

そりゃあんだけいろいろ起きていれば憑いていないほうがおかしい。

俺と父親は本堂?に通されて神主二人掛でお祓いを受けた。

20分くらい何事もなく過ぎたけど、心なしか気分が晴れた気はした。


俺たち二人がお祓いを受けている間に車のお祓いも他の神主たちの手によって行われていた。

神主3人が木の棒に紙が付いたやつとか、葉っぱとかを一生懸命振っていた。

こちらも20分くらいで終わったが終わるころには神主たちはめっちゃ息切れして疲れてた。

55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 23:37:01.221 ID:NSGtSELC0
車のお祓いが終わった時点で一旦作戦会議が行われた。

まず俺には中年男の霊が、父親にはおじいさんの霊がついていたらしい。

いずれも外国人だろうとのことだった。

車には2人の子供の霊がいたらしい。こっちは日本人だそうだ。

なんで日本人が?って思ったけど、強い霊が集まっていると他の関係ない霊も惹かれてしまうとかなんとか。

そしてこの後にはいよいよ家に向かうことになった。

56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 23:40:30.417 ID:t8JR1j3c0
いよいよか

57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 23:46:10.234 ID:NSGtSELC0
家に着くと神主の一人が吐いた。

他の神主も気分が悪そうだった。

神主A「これは想像以上ですね。これをほおっておくわけには行きませんが・・・」

神主B「いったん戻ってしっかりと準備をしてからまた後日出直しましょう。」

神主C「ご家族の皆さんもそれで構いませんか?」

父親「わかりました。」

家の状態は想像以上に悪いらしく、明日また出直すことになった。

ちなみに次の日は学校の予定だったが、父親に休んでいいと言われた。

俺達は除霊済みの車でまたビジネスホテルに泊まった。

58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 23:52:31.962 ID:WTEdFl1q0
神主ってみんな霊感があるんですか

61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 23:53:51.093 ID:NIkL/UQa0
>>58
ある人もいるし、無い人もおるだろ
ある人は、そういう繋がりがあるんだろ
坊さんは、そういう繋がりが多いのは知ってるけど

62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 23:55:01.947 ID:NSGtSELC0
>>58
俺と父親に霊が憑いてるって言い当てたのは一人だけですし、みんなってわけじゃないんだと思います。

60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 23:53:32.619 ID:NSGtSELC0
次の日の朝、いよいよ家の除霊がはじまった。

家の周りを白い紙で囲って、即席の神棚みたいなのを玄関の前に用意して、
それはもう大きな儀式だった。

車の除霊の時に使った木の棒や葉っぱを神主さんたちが必死に振り回す。

家の外壁のあちらこちらにお札をペタペタと張っていく。


ここでいったん休憩を挟む。

何でもこれでやっと準備ができたとのことだった。

67: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/21(水) 23:59:26.399 ID:t8JR1j3c0
とりあえず最後までよろぴく

73: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/22(木) 00:08:37.693 ID:3XX8Ad7o0
その後神主が二人家の中に入っていった。

中で何をしてたのかは分からないけど1時間くらいして出てきた。

説明だと無事済んだとのことだった。

後は家の中のお札さえはがさなければ大丈夫と。

ちなみに経費はもちろん高くつき、父親は頭を抱えてた。


俺達は神主たちに散々お礼をして家に入った。

家の中では基本的に一部屋に1枚、廊下とかトイレには数枚って感じでお札が貼ってあった。

結局あの刀が何だったのか、おじいさんがなんで持っていたのか、謎は残るばかりだった。


後でその話をしたときに兄が

「もし本当に外国人を大量に斬った刀だったとしたらさ、DNAとか出ちゃうと
 外交的にもいろいろまずいんじゃね?
 そう考えると警察の素早い対応にも頷けるよな」

って言ってて怖くなった。

74: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/22(木) 00:11:40.388 ID:3XX8Ad7o0
その後定期的に神主さんがお札を張り替えに来るけど、目立った怪奇現象は無くなりました。


なんだか微妙なオチだけどこれでおしまいです。

76: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/22(木) 00:13:01.801 ID:W4R3uh93a
じいさんが張本人かな

77: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/22(木) 00:13:33.522 ID:dhl8pYun0
じいさん無双だったのか

80: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/22(木) 04:33:03.929 ID:3tVU326l0
乙!
最後まで読めてよかった!





オカルトランキング




937 :本当にあった怖い名無し:2021/09/12(日) 22:47:42.20 ID:xK1t+pL00.net
初めて投稿します。少し長くて読みづらかったら申し訳ありませんが、ご容赦ください。実話です。

先月から家族(仮にA太とします)にコロナ陽性が出てしまい、9月頭から入院となりました。
これは入院する日、日付変わる少し前の夜のこと。
コロナは38℃以上の高熱が下がることなく続きます。A太は連日の高熱と息苦しさで弱っていました。
この日まですぐには病院へ行かない理由は、彼自身もいつか熱が下がることを信じたのと、
最近の病院の病床数が足りない等のニュースもあったため、不安から逆に救急車を呼べず自宅で療養するしかないと二人とも考えていたからです。
A太は生まれつき身体が弱く自律神経も機能しないのか、汗もかけずになかなか熱が下がらず体力も衰え、熱や痛み、息苦しさに悩まされていました。
「大丈夫?氷枕に氷足してくるね」
「ああ、お願い…」
「困ったね、熱が下がらないね」
「身体が熱いよ」
声は弱くはありましたが会話は続いていました。
「解熱剤効かないね…どうしよう…A太…」
「A太?」
「………」
辛さのせいか、段々と口数は減るもののそれまではちゃんと返事をしていたA太でしたが、突然何も言わずゆっくり目を閉じてしまいました。
「………」
「A太?大丈夫?」
「辛いの?どうしたの?」
いくら話しかけても無言でした。


940 :本当にあった怖い名無し:2021/09/12(日) 22:56:20.06 ID:xK1t+pL00.net
「……は、……こ…すか…?」
「ここは……どこですか?」
ゆっくり目を開けたA太はおかしなことを呟きました。
「ここは…天国なの…か?」
「私は…誰で…すか?どう…して、ここに…」
「いるの…ですか?」
最初はゆっくりと、そして段々と困惑したような話し方になり、口調も全く普段のA太とは異なっていました。
家族の私に対して「~ですか?」なんて絶対に言いません。
「私は何で…ここにいる…のですか?」
「私は誰…ですか?わからない…」
「私は…苦し…くて…、…私は…死んだ、のに…」
「死んだら…ここ?に…来るのですか?どこ、ですか?ここは…どうして……なんだ?なんだ?なんだここは…!」
横にいた私に気が付くと、今度は私に向かって話しかけてきました。
「貴方は…誰ですか?」
「天使ですか?」
天使と言われて一瞬だけ思わず呆気にとられましたが、すぐに異常な事態だということを理解し、
言葉からすると私達の家は死後の世界で、自分が死んで天国にでも来たのかと混乱しているようでした。
私は彼に恐る恐る尋ねてみました。
「貴方こそ誰ですか?!」
ゆっくりではありますが少し興奮したようにA太は返事をしました。
「私は家族です。この…身体の持ち主の…家族です」
「貴方は誰ですか?この身体から…出てって下さい」
私はそれだけしか言えず、会話するのが怖くて様子を見ていました。


941 :本当にあった怖い名無し:2021/09/12(日) 23:03:33.52 ID:xK1t+pL00.net
A太の身体は他人の死んだ魂に入られた!!
どうしよう!
十数年ぶりかの恐怖でした。実は過去にもA太には経験がありました。
死者は魂と言う身体のない存在になります。
そして身体は例えるなら器であり、持ち主の魂が抜けてしまうと空になった器、
すなわち持ち主の身体には死者の魂が他人の生きてる身体を使って、何とかもう一度生きたいと願う魂や、悪事を働こうとする(復讐による殺人など)魂が入り込んでしまうのです。
時には身体を使いしゃべり、勝手に行動をすることも。
抜けるのは誰でもそうなるわけではないみたいですが、A太のように元々、身体が弱い者は魂が弱く普通の人より抜けやすく、
前述のような死者の魂に入られやすいらしいのです。
「何で…ここにいるんですか、……私…は、死んだのに…い、生きてる!生きてるのか?…なんだ?身体が熱…い、頭が…痛い…」
A太の中の別の魂は、自分が呼吸ができることや痛みを感じているのが不思議なようでした。
「返して下さい!」
状況を理解した私は、知らない口調で話す知らない人になってしまった彼に何度か言いました。

「…………」

しばらくして彼はゆっくりと目を閉じて、突然ピタリと静かになりました。
「A太?A太?」
私は名前を呼び身体を揺すりました。
「……戻ったよ」
息を大きく吸って彼がゆっくりと口を開きました。
身体も少し動かして息を吹き返したようになったA太を見て、本来の彼が戻って来たのを確信しました。
「良かった!知らない人がね、入ってたよ!それで…」
私はさっきの出来事を教えようと思い、話をしようとしましたが、突然小さな唸り声と共にA太が涙を流しながらこう答えました。
「…か、可哀想に…!さっきのなんか覚えてる。死んだ人…」
「70代位の…おじいさんで…多分コロナで…苦しんで、苦しんで…」
「自宅で一人で…亡くなった人だ…」
A太によると、私達が住む同じ市内のどこかで、数日前に亡くなったばかりの高齢男性だそうです。
私が入られていた時の会話で理解していたのは、彼が苦しんで死んだこと、
何故自分が見知らぬ家にいるのか、見知らぬ人が目の前にいるのか、
死んだはずの自分が何故生きてるか(A太の身体なので)、という恐怖で混乱していたということでした。


942 :本当にあった怖い名無し:2021/09/12(日) 23:04:06.33 ID:xK1t+pL00.net
そして元のA太に戻ってくれて安心したと同時に、
もしかしたら同じ市内だった見知らぬ人の死をA太を通じて体験してしまった、なんとも言えない悲しみと恐怖が私を包みました。
コロナで亡くなった後、魂だけの存在となった彼は市内のどこかを何日も静かにさ迷い、
偶然、本当にたまたま偶然に弱っていたA太と魂が入れ替わってしまったという深夜の出来事。

気づけば、日付も変わっていました。
A太はその後すぐに体調が悪化し、呼吸も苦しくなってしまったので、先ほどの彼のことを思うと私は迷うことなく救急車を呼びました。
幸いにもかかりつけの病院で、病床が一つ空きがあり(それでも問い合わせで空きを探すため、30分以上自宅前に停まったまま救急車の中で待機しましたが)そしてようやく入院となったのです。
A太の中にいた、コロナで苦しみながら亡くなった彼の言葉を忘れることが出来ません。
彼の苦しさ、悲しみ。
そして家族が他人に乗っ取られた瞬間の恐怖。

A太もまだ体調回復の兆しは見えません。元気で退院する事を祈るばかりです。
未だにあの夜を思うと複雑な心境ですが、これが私にとっては洒落にならない恐怖の体験だったのでした。

これで終わりです。読んで頂いてありがとうございました。






オカルトランキング




1: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/11(木) 10:55:20.03 ID:jTPbbl+00.net
俺もその一人

なんか神経を乗っ取られたって感じ


2: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/11(木) 10:58:36.41 ID:aFkNginT0.net
分かるわ
自分が自分でない感覚
怒りがこみ上げてくるよくなるわ
抑えるのに必死になる

3: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/11(木) 10:59:05.50 ID:BSPdrZpPO.net
俺は手足が重くなって脊椎を冷たい手で握られるというかなんというか
それで意識はあるんだけど乗っ取られている感じ

4: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/11(木) 11:08:15.12 ID:jTPbbl+00.net
なんか人形のが体に入って
それ以降腕とか勝手に動く様な感じ

突き動かされてる様な
声も聴こえるし

10: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/11(木) 13:29:47.40 ID:AYRKCBfC0.net
思い込みじゃ無いの???

11: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/11(木) 13:34:40.12 ID:onMJ5WjX0.net
重いコンダラ、地獄の道を・・・

13: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/11(木) 16:54:53.23 ID:7056pFwH0.net
一度霊媒体質になると大変ですよね
自分は克服しましたが

簡単な方法としては
粗塩と日本酒入れたお風呂に頭からかぶったあと
熟睡してから昆布茶を飲むことです
これでダメなら大きい神社で厄祓いしてもらってください

難しい方法はここでは書けないですね
浄霊とかですが

15: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/11(木) 17:12:36.11 ID:jTPbbl+00.net
なんか幻聴みたいなあれやれ
これやれ、スケベったらしい声まで
聞こえてくるし

16: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/11(木) 23:09:28.55 ID:4V/2GuMM0.net
水道水ながしてアースにしれば憑依霊とれるだろ。霊は水脈でくるからな。
水脈が地球の神経で、そこから人間の神経にはいってきて神経操る。
ただ霊がそのひとを指導している場合がほとんどだから撃退すると自信の向上にならないかもしれない。
上手くいけばその人が霊能者や占い師・千里眼・ヒーラーになって高給取りになる道もあるからね。
まあオカルト板にいるから、霊よぶようなもの手出したんだろ。

今日はこのへんにしといたる。霊にたいして書いてやった。

17: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 18:13:33.90 ID:tWz/w+7x0.net
おひょいさんがひょーい(憑依)

18: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/13(土) 14:32:12.13 ID:bz2xqtMD0.net
憑依させてやった。

19: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/13(土) 16:02:08.18 ID:2UB0Xv9p0.net
おれは一年狐憑きやっているよ。まだまだ耐えれる。
基本、霊症は体がこるから、ツボのマッサージするといい。
顔の小鼻をもむとか耳をもむのも効く。

霊症じゃなくなにかの病気が原因で自律神経からくる不定愁訴かもしれんので注意が必用と思う。
その場合、医者にいって内臓機能低下の進行性の病気が見つかるかもしれん。
あとは体の歪みからくる額間接症かもね。
普段は世間性があるので霊のことなんて人にいわない。
一度、霊症初期のときに悩んで家族に遠まわしにいったら、神社のお払いいきかけたなぁ。
自分はもう修行がてらと、霊はなにかを研究しているよ。
おれは男だけど霊と交流するのは女性が多いけど、女ってのは恐いものしらずなだな。
霊能者みたいなアドバイスはできないから、自分は霊判定するサニワとかのがあっているなと思った。


21: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/13(土) 16:44:56.31 ID:IWMF8WjW0.net

>>19
1年も狐が憑いてるの?
よく元気でいられるじゃん!
どうして?霊でも見たかったの?

22: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/13(土) 18:02:50.63 ID:2UB0Xv9p0.net
>>21
あたなみたいに狐憑き霊症の恐さわかっていそうな人がレスくれてうれしい。
おれはチャネリングがやりたくてはじめたんだが、それで欲からミスしてへんな霊に狐憑きされてしまった。
ただ霊というのはこっちが妥協して理解すればどんどん指導霊みたいなのが助けに来る世界でした。
これが非常に耐えれる原因になったね。

今はある占い師が占いの答えには階層があると言ってたの思い出して、
これは指導霊の質がかわるから占いがあたるんだなと考えている。
だから霊の質がどこまでかわるか、また霊の効能はなにか調べてる。
霊は人をだましたり、ノイローゼにしたりするが、人の心を読む、競馬などの勝敗の予知、病気まで治す力があるのではと疑っている。

23: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/13(土) 23:07:53.29 ID:aBpns8Fw0.net
>>22
自分の身体をある意味犠牲にしてまで
霊界を探求する姿勢は本当すごいと思う。
でもたまにヤバい霊もいるから
その辺は気をつけてネ

25: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 15:47:43.44 ID:kALAmHTp0.net
寝てる最中、誰か女がまたがってる淫夢と共に下半身がくすぐったくなることはよくあった。
サキュバスってのはそういう体験から考え出されたのだろうか。

27: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 16:20:26.32 ID:s2pR06fp0.net
霊にお経唱えられるとはどういう
意味?

虫の報せかね?

28: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 20:08:25.63 ID:YPr1MG0c0.net
>>27
なにがあったの?

29: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 22:49:21.84 ID:s2pR06fp0.net
>>28
間違えた、霊がお悔やみを唱えてるっぽい
分からないけど○ねって意味かな

30: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 23:10:58.68 ID:YPr1MG0c0.net
>>29
うわ、怖っ
いつから聞こえてる?姿は視える?

31: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/14(日) 23:45:03.59 ID:s2pR06fp0.net
>>30
だいぶ前からですね。姿は見えません
取り憑かれてるので

32: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 14:59:16.15 ID:7x3pmWM/0.net
>>31
身体に変化とかある?
もし何かしら身の回りで変化あれば
お祓い受けたほうがよいかもよ

33: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/16(火) 16:18:36.21 ID:nfnQ/ybC0.net
>>32
色んな声が聞こえます
訴えかけてきます

身の回りは変化はありません

14: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/11(木) 17:03:14.06 ID:hTS7qfTF0.net
憑依されたって自覚はあるんだね
体質もあるみたいだし大変だな…






オカルトランキング



817:本当にあった怖い名無し:2013/08/07(水) 08:42:08.35 ID:oH2t4wiW0

もう10年以上前の、大学時代のこと。
実家の近所にある小さい運送会社で荷分けやトラック助手のバイトをしていた。
現場を仕切っていたのは、社長の息子で2つ年上の若旦那。
んでバイト仲間に同じく大学生のAくんがいた。
Aくんは自他共に認めるアホキャラだったが、
明るくて元気で同僚としてはすごくイイ奴だった。

会社は町外れの国道沿いにあったけど、隣町の商店街の近くにも倉庫があった。
倉庫といっても普通の二階建ての民家。一階が広い土間になってて、何年か前まで
そこで商売をしていたらしいが、借金とかで店を畳んで住人はいなくなり、
その運送会社が借金の片?として手に入れたんだって。
ただすぐに使う当てもなかったので、とりあえず空き家のままになっていた。

んであるとき、若旦那が嬉しそうに俺に写真を見せてきた。
「見てみ?あの倉庫で写真撮ったらコレよ!」
見ると薄暗い民家の中を撮った写真なんだが、どの写真にも白っぽい丸い光
みたいなのとか、白い煙みたいなのがバンバン写っていた。
「うわっこれ心霊写真ですか?」「凄いやろー。あの家は出るんだよ」
人がバーンと写ってるわけじゃないので俺は(レンズのゴミだったりして)と半信半疑
だったけど、しばらくして若旦那がその家に荷物を入れて倉庫として使うことにした。

若旦那と俺とAくんが移動する荷物をトラックに積んでいると、
普段あまり現場に来ない社長が俺たちを呼んで言った。
「中崎(タカサキ?だったかもしれん)の家に行くんやろ。二階には上がんなよ」
何のこっちゃと思ったけど、倉庫として使うのは一階の土間だけと聞いていたし、
若旦那もあーはいはいと聞き流していたから気にしなかった。
三人でトラックに乗ってバカ話をしながらその家に到着。正面のシャッターを開ける。
あまり空気の入れ替えもしないみたいで、中はかび臭かった。

シャッターを開けると4畳半ぐらいの土間があり、その奥は茶の間と台所。その奥に
風呂と便所(らしい)。向かって左側に二階へ上がる細い木の階段があった。
奥行きのある家だったから二階に二間ぐらいあるんだろうなーとか考えていた。

土間を片付けて荷物を積み込み終わると、若旦那がニヤニヤしながら言った。
「・・・なあ、二階行ってみようや」
俺はその日、バイトが終わったら友人と呑む約束があったので早く帰りたかったが、
Aくんは「行っちゃいますかぁ?」とノリノリ。俺もイヤとはいえず付き合うことになった。

靴を脱いで、若旦那、俺、Aくんの順で階段を上がっていく。
やたらにきしむ木の階段を上がり切ると薄暗い廊下になっていて、右側に部屋が三つ。
入り口はフスマだった。
一番手前の部屋から開けていった。一番手前(土間の真上)は三畳ぐらいの物置。
真ん中と一番奥の部屋は6畳間で、焼けた畳があるだけでカラッポだった。
白状すれば俺も「社長がああ言ってたし、何かあるかも」とちょっとだけスリルを楽しんで
いたが、ぶっちゃけ何も起きなかった。
Aくんは「何もないすねー」とか言いながら携帯で写真撮りまくってた。
「まーこんなもんだ。帰るべ」と若旦那を先頭に俺、Aくんの順番で階段を降りた。

トントントンと俺は土間まで降りて、Aくんを振り返った。
俺に続いて階段の一番下まで降りてきたAくんの様子がおかしい。
いつもニヤニヤしてるような顔なのに、こわばった真顔で、
なんでか歯だけゾロっと剥き出して、じっと立っている。
そして、ビデオの逆再生みたいに、今降りてきた階段を
こっちを向いたままで後ろ向きに登りはじめた。

俺も若旦那も冗談か?と思ったが、Aくんはそのまま階段をトン、トン、トン、トンと後ろ向きに
登っていく。進行方向を確認したりもせず、顔はずーっとこっちを向いたまま。真顔で歯を
剥きだした顔のまんまだ。
Aくんは後ろ向きのまま階段を上がり切ると、後ろ向きのまま廊下の奥に後ずさって行って、
見えなくなった。

なんか只事ではないと感じて、俺と若旦那は階段を駆け上がった。
Aくんは廊下の、一番奥の部屋の襖の前で正座していた。上半身がふらーりふらーり揺れていて、
顔は泣き笑いというか、ホロ酔いで気持ちよくなった人みたいに目をつぶってへらへら笑っていた。

「おいA!」と何度呼びかけても反応なし。
そして、Aくんの前のフスマがゆっくり開いた。
Aくんが正座したままフスマの方へ少しずつ動き始めた。
Aくんの体はそのまま部屋の中に入っていって、フスマがまたゆっくり閉まった。

血相を変えた若旦那が俺を押しのけて廊下を走り、
フスマをバーンと開けた。俺も追いかけた。
Aくんはからっぽの部屋の真ん中で、
身体を伸ばした気をつけの状態でうつ伏せに横たわっていた。
二人でAくんを引きずり起こした。そのとき、Aくんがずっと何かを呟いているのに気づいた。
俺にはこう聞こえた。
「さしあげますから。さしあげますから。さしあげますから。さしあげますから。さしあげますから」

そのままAくんを外に引きずっていったが、いくら呼びかけても正気に戻らない。
若旦那が携帯で救急車を呼んだ。

尻つぼみで申し訳ないけど、その後のことは断片的にしか知らない。

その後、若旦那は社長にムチャクチャに怒られてた。
事務所の衝立の向こうで話の内容はよく聞こえなかったけど、他の社員さんがポロッと
漏らしたのは、借金で店を畳む時にあの家で人死にがあったらしい。もちろん社長は
知っていて、何かの手続き(お祓い?)を済ませて「きれいになったら取り壊すつもりだった」
とか何とか。それ以上の詳しいことは、若旦那の口からも聞かせてもらえなかった。

Aくんは精神的な発作だろうということで入院した。
何度か見舞いに行くうちにお母さんから話を聞いた。
Aくんは夜になると毎晩ベッドから出て、床でうつ伏せに横になっているとのことだった。

あのときAくんが写真を撮っていた携帯の画像を見せてもらえないかとお願いしてみたが、
「もうお寺さんに預けてありますので」とのことで、写っていたものは見せてはもらえなかった。

しばらくして俺は大学が忙しくなってバイトを辞め、
やがてAくんの見舞いにも行かなくなってしまった。
最後に行った時はもうAくんはガリガリに痩せていたが、
それでも毎晩床にうつ伏せに寝ていたそうだ。
軽はずみにあんなことをするんじゃなかった、俺にもなにか起きるかも…とビビっていた時期も
あったが、結局、俺の身の上には何も起きなかった。今のところはね。

バイトしていた運送会社はまだあるが、こないだ帰省した時に前を通りかかったら、あの倉庫は
なくなって駐車場になっていた。

A君は引っ張られてしまったんだろうね……
正座したまま移動していったってのは、つま先だけでずっずっ、と進む感じ?
それとも、ほんとに正座の姿勢のまま身体が移動していったのだろうか?
後者だったとしたら相当怖いんだが


824:本当にあった怖い名無し:2013/08/07(水) 09:11:41.91 ID:oH2t4wiW0
>>821
正座のまんまだったよ。
なんで動いてるのかわからなくて気が動転して「…ガンタンクみたい」
ってバカなことを考えた考えたのを覚えてる。

825:本当にあった怖い名無し:2013/08/07(水) 09:19:02.88 ID:I+itKyGe0
オーソドックスだけど久々に読める話を見た気がするな
Aは何を「さしあげる」つもりだったんだろうな




オカルトランキング



276 コピペ sage 2006/05/21(日) 19:56:58 ID:qsZD6tCz0
そんでは遠慮なく書きます。

まぁ俺はトラブルが発生した為、大船にある某電機メーカー工場へ向かって
打ち合わせなりなんらり済ませて自宅へ直帰(青葉区まで。この時点でPM10:00頃だった記憶が)
する予定だった。普通なら横横乗って東名で青葉インターってパターンなんだが、その日に限って
なんか寄り道したい気分になった。それでも次の日に差し支えると思って帰ろうと横横に乗った。

あれは確か日野のインターだったと思うが(某メーカーには殆ど行かない為記憶が曖昧)乗って暫くしたら
営業車(SUNNY)が遅くなった。登りだから遅くなったんだなぁと思っていたのだが
どう考えてもパワーが出ていない感じになった。それでも普通に走るから無視していた。

そんで料金所に着き、保土ヶ谷バイパスへ向かえばいいのだが俺は何をとち狂ったか首都高・湾岸線方面に向かって
しまった。(この時点で自分がムショウに怖くなった。死ぬかもしれない!って動物的勘で思った。)         

しかも意識はあるのに気分が高揚してしまい(ROCK MUSICを聞く感じなのかな~)
SPEEDも出したくなり120㌔くらいで走っていたと思う。(会社勤めの人ならわかると思うが速度超過違反を犯すと後々面倒な為、普段は絶対
に速度には気をつける)

そのまま横羽線に突入し川崎辺りで目の前が真っ赤になった。
一瞬なんの事かと思い我に返る。そこで自分が今無謀な運転している事や川崎にいる事を知り、汗だくになりながら
家に帰ろうと思った。(この時点でオービスの事はまったく考えていなかった)

怖くなって嫁に電話をしたのだが、嫁は酔っているの?とかまったく意に介していない様子。
俺自身が何故意味も無く川崎にいるか?が一番自分で知りたい事なのだが・・・

それから1週間位何故なんだ?と考えながら精神科に行く事に決めた。
特段体調の変化なども無い為、診断はもちろん異常無し。
(精神科に行ったのが保険使用明細でバレる事を承知で行った)

それから3週間経過し、会社宛てに警察から手紙。内容は横浜500○○が違反したから運転してた奴来いとの事。
もちろん俺が違反犯したのだから行くわけだが・・・

東神奈川の交通機動隊かなんかの建物に行き、違反の手続きをしてもらうのだが相手の警察官が写真を出して不思議そうにしている
「当日運転してたの○○さんだよね?ちょっとこれ別人じゃないの?」と言われ俺も写真確認。

うん。ビックリしたね。俺の顔がまるで般若みたいになってました。しかも口元笑ってるし、目元なんてヤバかった。
普段の俺の顔では無かった。でも自分には間違いない為、警察官に説明。たまたま同じ柄のネクタイもしていた為、渋々違反について
説明される。自分もあの時の原因が霊的現象と関係あるの?みたいな気持ちになり、色々と警察官に質問。
聞き出した内容としては
①オービスに変なのが写る事はある。一応カメラ反応したら確認しなきゃいけないらしく
 そういった写真は誤作動という名の霊現象かも・・と含みを持たせて話してくれた。
②事故現場などは悲惨な状況な時もあり、気持ち悪いらしい。死体処理みたいなのはあんまり
 しないが、後処理は結構手伝う模様。どんなにグチョグチョでも医師の死亡確認があるまでは
 生きてるかもしれないという事を前提に業務を行っている為、救急隊員がシンドイかもと言ってた。

とまぁ免停になり罰金も10万くらい払ったのだが、未だに般若の顔については原因は分からない。
こうやって休日前日にオカルトみたいな所で似たような人が居ないか探している。
川崎辺りでそういう事が多いならなんとなくは納得できるのだが、自分自身に何か問題があれば
対処方法を知りたい。

こんななったお陰で毎日般若心経を唱える日々。無駄?に仏教とかにも詳しくなった。

オチというか怖くはない話だと思うがこういう経験した人いたらレスして下さい。

長文スマソ




オカルトランキング

↑このページのトップヘ