【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 憑依



276 コピペ sage 2006/05/21(日) 19:56:58 ID:qsZD6tCz0
そんでは遠慮なく書きます。

まぁ俺はトラブルが発生した為、大船にある某電機メーカー工場へ向かって
打ち合わせなりなんらり済ませて自宅へ直帰(青葉区まで。この時点でPM10:00頃だった記憶が)
する予定だった。普通なら横横乗って東名で青葉インターってパターンなんだが、その日に限って
なんか寄り道したい気分になった。それでも次の日に差し支えると思って帰ろうと横横に乗った。

あれは確か日野のインターだったと思うが(某メーカーには殆ど行かない為記憶が曖昧)乗って暫くしたら
営業車(SUNNY)が遅くなった。登りだから遅くなったんだなぁと思っていたのだが
どう考えてもパワーが出ていない感じになった。それでも普通に走るから無視していた。

そんで料金所に着き、保土ヶ谷バイパスへ向かえばいいのだが俺は何をとち狂ったか首都高・湾岸線方面に向かって
しまった。(この時点で自分がムショウに怖くなった。死ぬかもしれない!って動物的勘で思った。)         

しかも意識はあるのに気分が高揚してしまい(ROCK MUSICを聞く感じなのかな~)
SPEEDも出したくなり120㌔くらいで走っていたと思う。(会社勤めの人ならわかると思うが速度超過違反を犯すと後々面倒な為、普段は絶対
に速度には気をつける)

そのまま横羽線に突入し川崎辺りで目の前が真っ赤になった。
一瞬なんの事かと思い我に返る。そこで自分が今無謀な運転している事や川崎にいる事を知り、汗だくになりながら
家に帰ろうと思った。(この時点でオービスの事はまったく考えていなかった)

怖くなって嫁に電話をしたのだが、嫁は酔っているの?とかまったく意に介していない様子。
俺自身が何故意味も無く川崎にいるか?が一番自分で知りたい事なのだが・・・

それから1週間位何故なんだ?と考えながら精神科に行く事に決めた。
特段体調の変化なども無い為、診断はもちろん異常無し。
(精神科に行ったのが保険使用明細でバレる事を承知で行った)

それから3週間経過し、会社宛てに警察から手紙。内容は横浜500○○が違反したから運転してた奴来いとの事。
もちろん俺が違反犯したのだから行くわけだが・・・

東神奈川の交通機動隊かなんかの建物に行き、違反の手続きをしてもらうのだが相手の警察官が写真を出して不思議そうにしている
「当日運転してたの○○さんだよね?ちょっとこれ別人じゃないの?」と言われ俺も写真確認。

うん。ビックリしたね。俺の顔がまるで般若みたいになってました。しかも口元笑ってるし、目元なんてヤバかった。
普段の俺の顔では無かった。でも自分には間違いない為、警察官に説明。たまたま同じ柄のネクタイもしていた為、渋々違反について
説明される。自分もあの時の原因が霊的現象と関係あるの?みたいな気持ちになり、色々と警察官に質問。
聞き出した内容としては
①オービスに変なのが写る事はある。一応カメラ反応したら確認しなきゃいけないらしく
 そういった写真は誤作動という名の霊現象かも・・と含みを持たせて話してくれた。
②事故現場などは悲惨な状況な時もあり、気持ち悪いらしい。死体処理みたいなのはあんまり
 しないが、後処理は結構手伝う模様。どんなにグチョグチョでも医師の死亡確認があるまでは
 生きてるかもしれないという事を前提に業務を行っている為、救急隊員がシンドイかもと言ってた。

とまぁ免停になり罰金も10万くらい払ったのだが、未だに般若の顔については原因は分からない。
こうやって休日前日にオカルトみたいな所で似たような人が居ないか探している。
川崎辺りでそういう事が多いならなんとなくは納得できるのだが、自分自身に何か問題があれば
対処方法を知りたい。

こんななったお陰で毎日般若心経を唱える日々。無駄?に仏教とかにも詳しくなった。

オチというか怖くはない話だと思うがこういう経験した人いたらレスして下さい。

長文スマソ




オカルトランキング



462 :1/6:2011/06/09(木) 00:25:34.99 ID:FJfBn89uO
私が中3の頃の話。
その時学年全体から無視されたり罵詈雑言を浴びせられたりして、
ドラマでありがちな悪戯はされなかったけど、それはそれで結構キツかったのね。
何も食べられなくなって、(神経性胃炎?かなんか言われた)
ブドウ糖が足りないとかどうとかで、毎週病院に通ってた。
両親が「調子が良くなったらでいいから」って学校を休ませてくれてたからまだマシだったけれど、
夜な夜な居間で、私の進路等についてケンカしてた両親の声が聞こえてきて、
「あぁ、自分は親不孝者だな」
なんて自分が嫌になって泣いてた。
自殺した方がいいかな?位は考えてたかも。

んで、その頃位から、私の部屋に私以外の誰かが居る様な気配があった。
ホント何となくなんだけど、居る。
不思議ではあったけど、姿も形も見えなかったから、怖いとかは思わなかった。よく分かんないけどwww
同じ時期に母親から、「アンタの部屋には入りたくない。気持ち悪い」ってしょっちゅう言われてた。
ただ単に汚かったからっていうのもあるだろうけど、家族も決して私の部屋に入ろうとはしなかった。



463 :2/6:2011/06/09(木) 00:26:45.62 ID:FJfBn89uO
それから少しして、ただの気配でしかなかったのが、
日が経つにつれて段々と見えるように、聞こえるようになってきた。
炊事場で作業していると、後ろに黒いペンキで塗り潰されたように真っ黒い小さな女の子が立っていたり、
風呂場で歌を歌ってたら「うるさい!」って、聞き覚えのないおじさんの声で怒鳴られた事もあった。
1回マジでビビったのは、ふと自室で独り言呟いたら返事が返ってきた時。勿論家族じゃない。
部屋を見渡しても誰が居るはずもなく、その時は素直に部屋を出たww

あーこれはヤバいかもなー、と思いつつ、部屋でドラクエ8をプレイする日々。
主人公が人間と竜のハーフだと知った時は邪気眼が疼いた。

そんなある日。
久々に体調が良くて登校した直後、同級生から大分酷い事を言われた。
何か存在を否定する様な言葉だったと思う。
その時は本当に悲しくて、机に置いた鞄持ち直して逃げるように家に帰った。

家に帰って部屋に戻ってから、もう無茶苦茶に部屋を荒らした。
ジャンプをビリビリに破ったり、壁を殴ったり。感情のままに暴れに暴れた。
今まで泣くだけだったから、何となく清々しい気持ちになったのを覚えてる。

その時だった。


464 :3/6:2011/06/09(木) 00:27:58.49 ID:FJfBn89uO
ちぎっていたジャンプを投げようと振りかぶった瞬間、ヒヤッとした物を掴んだ。
細くてプニプニしてて感触は、自分と同じ指みたいなのに嫌に冷たい物。
最初は電気の紐(電源をON/OFF出来る奴)かな?と思ったけど、
よくよく考えたら、自分が今居る場所からは離れてたし、高さがある為届くはずがなかった。
それに、私が掴んだんじゃなくて、“伸びてきた指をたまたま掴んだ”みたいな感じだった。
これは何なんだ?
私に何をするつもりなんだ?
今までの現象とかが一瞬でフラッシュバックして、慌てて掴んでた指を離した。
一時心臓を落ち着かせ、意を決して“何か”が居たはずの後ろを振り返ったけど、誰も居なかった。
安堵で馬鹿みたいに汗が吹き出したよ。


466 :4/6:2011/06/09(木) 00:29:15.36 ID:FJfBn89uO
暫くして、近所で有名だった霊媒師のAさんの家を尋ねた。
私の話を聞いてただ事ではないと思った父親が、Aさんにお祓いを頼んでくれたらしかった。
幽霊らしき物・現象を体感していながら、私はそんなオカルトチックな物を信じてなかったから、
('A`)みたいな感じだった。

んで、いざAさん宅に入ろうとした瞬間、体が動かなくなった。いや、離れようとしてたが正しいかも。
気持ちが悪くて、何が何でもこの家には入りたくない、みたいな。
私の意志とは裏腹に体は後退りしていって、前(Aさん)が見れなかった。
その時「あぁやっぱりね」、ってAさんが言ったのを今でも強烈に覚えてる。
Aさん曰く、
「電話を貰った時から、貴方が取り憑かれているのが分かった。
 今気分が悪いのも、貴方の中の霊達が私を怖がっているから」
だって。

もう色々と訳が分かんなかった。
何で電話越しに分かったのかとか、何故私に霊が取り憑かれてると言うのかとか。
それに何で、Aさんの声を聞くと涙が止まらないのか、とか。
泣きたくもないのに涙がダーダー流れてきて、私も、同伴してくれてた母と妹も顔を合わせて笑った。
本当に訳が分からなかったなぁ。涙は10分位止まらなかった。


467 :5/6:2011/06/09(木) 00:32:18.41 ID:FJfBn89uO
まぁ話をまとめると、
・体質的に霊を集めやすく入りやすいみたいで、
落ち込んでいたり病んでいたりすると、その気に吸い寄せられてきちゃう。
・家の周りに霊が溜まりやすい。
・特に私の部屋は霊の通り道で、あの“指”らしき物は、
これ以上道を通りにくくしてほしくなかったから、私を止めようとしていたらしい。
…だってさ。

その間間に、Aさんは教えてもいない私の現状とか心情とか、部屋の汚さをペラペラ喋ってた。
怖かった。本当怖かった。押し入れに入ってる物とかピタリと当てられた。
どうもウチの家系というか、霊を見たり呼び寄せたり出来るみたい。
そういえば母親の方の叔母は、人間のオーラが見えたり、念じれば怪我をさせたり出来るとか言ってたwww


469 :6/6:2011/06/09(木) 00:33:56.85 ID:FJfBn89uO
それから私はAさんの言う通り、部屋を綺麗にして、なるべく明るく、前向きに生きていく事にした。
イジメはなくならなかったけど、幽霊とか、そういう物には遭遇しなかっただけでもマシかな。

今は嘘みたいに平和に暮らしてるよ。
あれからAさんとは音信不通になってしまったけれど、きっと元気に過ごされていると願ってる。
Aさん有難う。

後日、また部屋を散らかして、今度は妹が酷い目に遭ったのは内緒だwww


471 :本当にあった怖い名無し:2011/06/09(木) 01:17:37.55 ID:cg87jkyD0
>>469

後日談が気になるw


481 :本当にあった怖い名無し:2011/06/09(木) 18:56:24.01 ID:8lRBg3zL0
>>469
>あの“指”らしき物は、これ以上道を通りにくくしてほしくなかったから、私を止めようとしていたらしい。

貴重な実体験をthx!
一つ分からないのが、どの行為が道を通りにくくしてたの?
散らかってても、物につまずくわけでもないし


491 :本当にあった怖い名無し:2011/06/09(木) 22:48:37.09 ID:FJfBn89uO
流れぶった切ってゴメン。>>462から一連の文を書いたものです。
遅くなったけどレスします。

>>471
簡単に書くと、
・また部屋を散らかす
 ↓
・妹が急に下半身不随になり救急車で運ばれる(この時私は知らなかった)
 ↓
・怪しいと思った父親がAさんを連れて来て、妹が取り憑かれていることが判明
 ↓
・Aさんから「まーた部屋散らかして!これは女の部屋じゃないヽ(`Д´)ノ!!」、と怒られる
 ↓(´・ω・`)ショボン
・慌てて部屋を片付け、お祓いをしてもらう
 ↓1ヶ月後
・妹元通りになりハッピーエンド

です。妹には申し訳ない事をした…

>>481
元々部屋の片付けが苦手で、足の踏み場もない位散らかしてたのよ。
ペットボトルとか壊れた時計とか漫画の単行本とか。
そこにまた雑誌が積まれたら溜まったもんじゃない!って事じゃないかな?
分かりにくかったらゴメン




オカルトランキング




483 :恐い:2010/11/03(水) 16:39:06 ID:1iZN2D140

厄落としがてら、今日あった恐い話。

 

ランチがてら、家族と近所の神社へ行った。
観光化された神社で、今日は催しもあってとても人が多かった。
お天気もよくて活気もあって、とてもいい気分だった。

 

 

483 :恐い:2010/11/03(水) 16:39:06 ID:1iZN2D140

本殿でおまいりするとき二拍して頭を下げたら、急に思い浮かんだお願い事が、
『今すぐ楽に死ねますように』だった。
すごいあせって、ちょっと待て、あの漫画の新刊今月出るし、冬コミも受かってるのに何考えてんだ私。
大体、仕事は希望の職で待遇に不満ないし、家族仲もいいし、みんな健康。
死ぬ理由なんか何にもないじゃないか!って思うんだけど、頭の奥から、
死にたい死にたい今すぐできるだけ早く苦しいのは嫌だ自殺は恐いとにかく殺してください自分じゃできないから!
早く早く死にたい死にたい死死死って思いが浮かんできて、苦しくて泣き出してしまった。

 

 

483 :恐い:2010/11/03(水) 16:39:06 ID:1iZN2D140

家族が気付いてびっくりしたから、急に体調が悪くなったって言って帰ってきたけど、今はなんともない。

 

なんだったんだろうあれ。
死にたくないから神様、あの願いはなかったことにしてください。





オカルトランキング



516 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:01/12/06 03:42

怖い話では無いんですが、不思議な体験。
無性に普段食べないモノを食べたくなる時ってありますよね?

 

学生の頃、深夜のコンビニでアルバイトをしていました。
仕事も一通り終わり休憩していると、なぜーか無性に“おはぎ”が食べたくなりました。
「うちの店に、おはぎって置いてたっけ~?」とお店中を探してみたんですが、残念ながらありませんでした。
普通はそれで諦めるんですが、その日に限って“食べたい心”がおさまりません。

 

 

516 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:01/12/06 03:42

どーしてもおはぎが食べたかった僕は、お店にあった大福からアンコを取りだし、
弁当コーナーにあったライスの上に乗っけて食べました。(そこまでして食べたかったんです!)
しかし、あくまでも応急処置なこの方法、僕の“おはぎ食べたい心”を抑えるまでには至らず、
「おはぎ食いてー」と、イライラしながら仕事をしていました。

 

 

516 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:01/12/06 03:42

そして、そんな気分のまま朝になり、交代のパートのおばさんがやって来ました。
おばさんは開口1番、
「旅行のお土産で買ってきたから、食べてね」と、お土産の包みを渡してくれました。
その包みを開けてみると、なんと中から“おはぎ”が!
ナゼかわかりませんが、その時ポロポロと涙が出て来てしまいました。

 

20歳にもなって、おはぎで泣くとは思いませんでしたが(笑)
ちょっぴり不思議な体験でした。




オカルトランキング



606 :1/2:2013/11/05(火) 16:01:03.80 ID:WHva83LE0
お見合いパーティみたいな合コンみたいな、何ともつかない微妙なイベントに参加した時のこと。

男女それぞれ十数人と言う合コンにしては大きな規模のイベントで、最初はとりあえず全員と話をして自己紹介もしたんだけど、
その時一人どもりって言うのかな?言葉がつまって上手に話せない娘が居た。
正直見た目も冴えないし、服装もなんか近所の店で店員にセット購入させられましたみたいな感じで全然好みではなかったん
だけど「ここで優しい俺アピールしておけば他の娘の好感度も上がるだろう」と言う打算から水持って行ってあげたり、その水で
むせた時にハンカチで拭いてあげたりした。
まぁ最初だけだけど。

その後は俺の計算通り「優しい俺」は結構女の子たちに声をかけられ、楽しく飲み食い。
中でも結構胸の大きい娘に気に入られ、さりげないボディータッチされまくりで「俺ロックオンされたんじゃね!?」とその気に
なってた。

途中トイレに行くと、男子トイレの前にどもり娘が立っている。
どもり娘は「お…俺さん、あの…あの…さっささっきから話ししてる…おん…女はやめた方がい…いいいいいで…いいです。」と、
相変わらず。
話の内容も「あの胸娘は色情霊に取り憑かれている女だから関わると不幸になる。俺さんは優しいから目をつけられてしまったから逃げた方がいい。私ならあなたを救える。」と言うメンヘラなもので、俺は内心「あぁ変なのに目をつけられたw」と思いつつ
「大丈夫、すぐに付き合うとかそう言うのは無いから。忠告ありがとう。キミも優しいね。」なんて感じで戻ってきた。

そのままイベントも終了。俺はやはり胸娘といい雰囲気。
この後飲み直そうかと言う話になり、胸娘と店を出るて知ってる店へ。
軽く飲みなおして会話も弾み、もしかしてこのままお持ち帰りコースなのか!?と、期待しながら支払い。
この時点で最初のイベント終了から2時間ほど。
突然店の外から先に出ていた胸娘の悲鳴が聞こえた。


607 :2/2:2013/11/05(火) 16:01:56.72 ID:WHva83LE0
急いで行ってみると、そこには茶色と言うか黄色というか、変な色の水を頭からかぶってガクブルしてる胸娘と、その前で空の
ペットボトルを逆手に持ち、どもりのかけらもない流暢な話し方で「パーネムノストーム!スペルプスタンティアーム!」とか何とか、
すごく長い魔法の呪文wを唱えるどもり娘が居た。
思わず「何この呪文ちょっとカッコイイw」と思ってしまった。

店員か通行人か、誰かが警察呼んだらしくどもり娘は御用。
胸娘は何かさっきまでと人が変わったような目つきでキョロキョロしながら「気持ち悪い…」と言うので救急車まで出動して病院へ。
結局かけられた液体はただの水だったようで胸娘も一日様子見で入院したもののすぐ退院。
どもり娘も「二度とこんな事はしない」と約束をして、厳重注意だけで釈放。
俺にこっそり「わわ悪い霊はきえ…消えたから」とにっこりしやがった。

胸娘とはその後何度か会ったが、出会った夜のあの積極的な性格はどこへやら、普通に距離とっていいお友達からみたいに
付き合ってもう3年くらい。
本当にいいお友達になってしまった。
胸娘はかなり人見知りで、あのイベントも友達にムリに参加させられた状態だったらしい。
普段は全然行かない繁華街の角でその友達と一緒に土産物みたいなチャチな恋愛成就のお守り(ストラップ)を買ってからの
記憶が曖昧になっているそうだ。
いつの間にかお守りも無くなってたし「どもり娘ちゃんに助けられたのかも」と今でも時々言う。

どもり娘とはその後会ってない。





オカルトランキング

↑このページのトップヘ