【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 餓鬼



05: 餓鬼と即身仏の話 1/4 2006/10/29(日) 04:01:55 ID:uUnEHXO40
北関東の田舎の、あるお寺のお坊様から聞いたお話。
「即身仏はなぜ尊いとされたのでしょうか」と、その寺のお坊様は私に尋ねました。

「それは『餓え』という生命全てが持つ生存欲を意志の力で越えていく行為ゆえです。
大乗仏教では個人的な苦行は否定されていますが、即身仏のみ、自らの餓えを以って
他者の餓え、大きな飢饉を贖おうとする、キリスト教的な価値観が見て取れるのです」


人間の3大欲求である性欲、睡眠欲そして食欲。
餓えとは、その最大の欲求である食欲 が満たされない時に発生する、生命体の最大の試練なわけです。

最近、育児放棄による乳・幼児の餓死が多数報道されるようになっていますが、実は
こうした事例は昔から多くありました。そうして亡くなった方はあまりの食への妄執
の強さ故、餓鬼道に堕ちてしまうそうです。

それは徳を積んだ高僧が目的を持っての 餓死であれば回避できるそうですが、幼く、餓死する必要もない子供であったりする 場合、「餓えて死ぬ」と、魂が磨耗してしまうそうです。

前世の悪行故に今生で幼く して餓えて死ぬ運命を背負って生まれてきたのだ、という人もいますが、そのお坊様 によると、そういう魂はバングラデッシュやアフリカなどの皆が餓えているところに 出る、この日本の今の時代に餓えて死ぬというのは、今生で生じた悪縁によるところ が大きいそうです。



606: 餓鬼と即身仏の話 2/4 2006/10/29(日) 04:02:27 ID:uUnEHXO40
その話は、祖父の何回忌かで、施餓鬼というものをやった時に聞きました。餓鬼道に
堕ちた餓鬼に施しを与え、現世に悪さをしないようにする祟り避けの儀式だそうです。
その時は、お団子をたくさん作って、お仏壇の前に小さなテーブルを祭壇にして供え
ました。そのお坊様が来てお経を上げて、
「何かを食べる時にはいつも『頂きます』食べ終わったら『ご馳走様』と口に出して
 言ってください。その感謝の念が餓鬼に届きます」「そう言わない食生活、ただ口
 に食べ物を運ぶだけの生活をしていると、物を食べていても餓鬼道に近づきます。
 餓鬼道は私達のすぐそばにあるんですよ」とお話して帰りました。その夜のこと。

ふすま1枚隔てて祖父の仏壇の隣の部屋で、母と姉と女3人で寝ていた(父は仕事が
あるので夕食後に一人で帰りました)のですが、夜中におしっこがしたくなり起きて
しまいました。祖母の家は当時まだ汲み取り式で、深い穴がちょっと怖かったのです
が、別に3色の手が出てきてお尻をなぜるということもなく、無事におしっこをし終
えて部屋に戻ったのです。私は当時確か小学校5年生でした。

部屋に戻ると、母と姉を起こさないようにそおっと布団の周りを回って、真ん中に敷
いてあった自分の布団に潜り込もうとしましたが、祖母の家で飼っているキジトラの
猫が布団の上に寝ていて布団に入れません。その子を抱っこして一緒に布団に入ろう
とするとその子はフゥッ!とうなって、隣の仏間に走りこんでしまいました。ああっ
そっちはお団子が飾ってあるから入っちゃダメだよ!と思って私も隣の部屋に四つん
ばいになったまま入りました。思えばなぜふすまが開いていたのか。



607: 餓鬼と即身仏の話 3/4 2006/10/29(日) 04:02:49 ID:uUnEHXO40
暗い仏間の中心にそのキジトラが座っていて、毛を逆立て、尻尾を太くして、フーウ
フーと喧嘩をするようにうなっていました。後ろの寝室の常夜灯の茶色い光がふすま
の開いた隙間から微かに差し込んでいて、仏間の様子はうっすらとわかりましたが、
お仏壇の前に供えていた白いお団子が見えません。

あーもうひっくり返しちゃったの か、と思って暗がりの中、よく目を凝らしてみると、キジトラは仏壇をにらんで唸っていました。

そしてお団子が見えないわけも判りました。真っ黒い餓鬼が何体も、そ
のお団子の山に群がっていたのです。赤ちゃんくらいの大きさですが、手足が細く長
く、頭とお腹だけが丸々と。それらがお団子を口に?運んでいましたが、食べると青
白い火みたいになって、その照り返しで顔がおぼろげに見えるのです。その時はただ
お化けだ!と思いましたが、後で調べたら、典型的な餓鬼の絵にそっくりでした。3
体以上はいました。私はびっくりしてその場で気を失ってしまいました。

翌朝早く、布団がなくて寒くて目が覚めると、私は仏間と寝室の間に寝そべっていま
した。あー寒いと思って布団に戻って、そこで昨晩見たものを思い出してゾクっとし
て、お仏壇の前に見ると、お団子は全てドロドロに溶けてしまっていました。猫がお
しっこを掛けたんだとか言っていましたがおしっこの匂いはしませんでしたので、祖
母に昨晩見た話をすると、「そりゃ昔の飢え死にしたご先祖様じゃないの。お腹を一
杯にしてもらったから悪さはしないよ」と言ってくれました。



608: 餓鬼と即身仏の話 4/4 2006/10/29(日) 04:03:02 ID:uUnEHXO40
でも私には気になることがありました。照り返しでおぼろに見えた顔の中に、小2の
時に仲良しだった友達の顔が見えた気がしたのです。彼女は親がパチンコに狂って生
活保護を受けていて、幼稚園に通っていませんでした。それで小1の時からいじめら
れていて、小2で同じクラスになった時に仲良くしていたのですが、小2の年末にご
飯も食べさせてもらえずに半裸で家から締め出されて凍死してしまったのです……
あの餓鬼の頭でキラっとしたパッチンどめは、彼女のお棺に入れたものだったと思う
のです。彼女はもう極楽にいるんでしょうか。いてくれるといいなぁと思います。
長文失礼致しました。



610: 本当にあった怖い名無し 2006/10/29(日) 04:23:05 ID:iw5K9sMQO
>>605-608
乙です。
餓鬼はそういう人の魂なんですね
勉強になりました
亡くなった友達が成仏してますように(-人-)ナム



612: 本当にあった怖い名無し 2006/10/29(日) 04:28:31 ID:wcwyDlZM0
>>605-608
こういう怖くて物悲しいはなしを読むと
幽霊や妖怪って「実在」はしないかも知んないけど
「必要な存在」なんだなあと実感するわ。

人間の逃れられない運命とか、生まれもってる獣性とかに
折り合いをつけて生きていくためには
「恐れ」か「畏れ(信仰心とか)」しか無いんだよね・・・・。




オカルトランキング





545 施餓鬼1/4 京極と森博嗣が大好きだ sage 2006/06/04(日) 03:21:22 ID:vECE7QZ50
その年の瀬戸内は大変暖かくて3月にはもう桜が咲き始めていた
後輩曰く、この時期に既に桜が満開の穴場があるとか抜かすので
お花見をする事となった。
ちょっと山手に上がった所だが、見事な枝垂れ桜が満開だった。
席は大いに盛り上がり、私は下戸のくせに大いに飲み大いに食べた。
酔っ払ってて覚えてないが、いろいろ変な事口走ったらしい。
挙句、上半身裸で寝てしまったらしい、覚えてないが。
例年より暖かいとはいえ3月、案の定風邪を引いてしまった。
滅多に風邪引かない分、いざ引くと往々にしてロクな事が無い。
そんな感じの話。
熱で頭がボーッとする。
食欲なんて無いハズなのに無性に米の飯を食べたくなった。
始めはお粥など炊いたりしていたが、面倒になって
炊いたご飯を炊飯器から直接食べ始め..
終いに「もう炊くのも面倒だ」と、私は生の米をそのままバリバリ食いだした。
自分のやってる事が理解できなかった。
いくら食べても胃が空っぽな気がした。
この辺から意識が飛び始め自分の行動が曖昧になるのだが――
たしか、レトルトカレーのルーを袋ごと啜ったり
乾麺を生で齧ったりしてたようだ。
まったく自分のやってる事が理解できない。
普段から2週間分の食料は置いてあるが、それをおよそ4日で食い尽くしてしまった。
自慢じゃないが私の体重は56kg、普通はこんなに食えるハズはない。
食っても食ってもお腹は減り続ける。

「ひもじい」
空腹と倦怠感が全身を襲う

空っぽの冷蔵庫の前で茫然自失となる。買出しに行こうにも体力の限界だった。
ふと脳裏に「死」の1文字が浮ぶ。 
こんなんで死んだら恥だな―― と考えてた矢先、電話が鳴った。
「悪質な風邪なので3日くらい休む」と研究室には言っておいたが
例の友人からだった。『もしもしー♪』1オクターブ高い声。
『治った?大丈夫?お見舞い行こうか?』ありきたりな事を聞いてくる。
私はもはや「あー」だの「うー」だのしか返事できなかった。
ただ事ではないと思ったのだろう『あー 待ってち、今から行くけぇ』と言って切れる。
(助かった..かな。)
今考えると死にそうになるもっと前に初めから電話で助け呼べば良かったのだが、
脳に栄養が回ってなかったのだ。仕方がない。

数分後、外で友人のバイクの爆音が聞こえる。
それまでは水を飲んで仰向けになって凌いでいた。
ドアは―― は3日前から開けっ放しだった。
台所まで入ってきた友人は私を一瞥して噴き出した。『ブッ』って
二言目には『うわぁ 初めて見た』と嬉しげに言い放った。

彼女曰く『餓鬼の類』だという。私の身体にまとわり憑いて腹部をガジガジ齧ってたそうだ。
電話の向こうで私の声じゃない「ひもじい ひもじい」って声が聞こえて、
ヤバいなと思ってあわてて来たらしい。

すぐに友人は誰かに電話をし始めた。 『あ、もしもし―― 木村の婆っちゃー?』
『んー 元気。あー この間はありがと――』
死にかけの人間放置して世間話か?
『んー でね、たぶん スイゴやと思う。あ、ウチやなくて友達。』
『いや、わからん、後で聞く――』『――あ、炭?分かった ありがとうー』
電話を切った友人はガスコンロに向かって何かし始めた。
料理でも作ってくれるのだろうか、凄くコゲ臭い。
『コレでいいかな』
友人がグラスに注いで持ってきたのは 
  
煮え湯だった。

しかも何か灰色い粉末がプカプカ浮いている。
コレを『目ぇ閉じて鼻摘んで飲み干せ』と言う。
一口飲むと熱さで舌が焼かれる、炭の苦さと塩辛さが口内に広がる。
「何コレ?」『塩水。』「は?」
『良いけぇ飲みぃ。ヘソから出るけん』
こんなモン飲んでたまるかと抵抗したが、鼻を摘まれ大口開けさせられ流し込まれた。

暫くして身体から倦怠感が抜け楽になる。友人が『立てる?』と聞いてきた。
どうやらもう大丈夫のようだ。立つと同時に
「ぐ~~~」 と盛大に腹の音が鳴る。 友人は苦笑しながら
『何か作るわ』と米びつの底に僅かに残った米でお粥を作ってくれたが、
結局 なんにも味はしなかった。煮え湯で舌が焼けていたから。

大事を取って病院に行ったところ、栄養失調との事だった。あれだけ食ったのにだ
点滴受けながら
友人に聞かれた『何か思い当たるフシない?』 「~~~で花見した。」『3月に?』
『○○寺の下やろ、あそこは7月に施餓鬼する所や』
(「施餓鬼」= 地獄の餓鬼の為に施しをしてやる鎮魂際みたいなモノ)
『飲み食いした?』「たらふく食って裸で寝た。」 『バカか』
『知らん?【施餓鬼の前にお祭りすっと餓鬼が憑く】って』「知らん、初めて聞いた。」
『あー、 ウチの地元だけなんかな? まぁ、お前を供物だと思ったんだろうサね。腹に食い物の詰まった』

...。

「ねぇ、さっき俺に何飲ましたん?」
『塩水に注連縄(しめなわ)焼いた灰ぶち込んだモノ』
何だそりゃ。
『ウチの地元では割とポピュラーなんだけど..』「知らん、初めて飲んだ。」
まぁいいや.. 
私が「今度ばかりは本当に死を覚悟したよ」と言うと
友人はうなずいて『とっておきの良い名言がある』と言った。

『【死を恐れるな 死はいつもそばに居る 
  恐れを見せた時 それは光よりも速く飛びかかって来るだろう
  恐れなければ、それはただ 優しく見守っているだけだ】って。』

「..それ、聞いたことあるぞ。アニメのセリフじゃねぇか」




オカルトランキング



817:名無しのオカルト 2017/01/10(火)11:44:12.82 ID: wTHUcq3W0.net

そもそも
餓鬼と幽霊って何がどう違うんだろう?


818:名無しのオカルト 2017/01/10(火)11:50:01.22 ID: zlvkOK8h0.net

>>817
餓鬼 地獄にいる霊
幽霊 成仏できない霊

じゃないか?




819:名無しのオカルト 2017/01/10(火)15:14:29.80 ID: XEqnZaG80.net

餓鬼は未成仏の霊のことらしいぞ。

人間の精神状態を指しているという人もいるけどね。
自らに不満を抱え、何かを渇望し続け
生きてる他の人間の監視をして、他人に自己投影してちょっかい出してくるのが霊だが
われわれもそういう精神状態に陥ることはあるからね




821:名無しのオカルト 2017/01/10(火)15:28:56.07 ID: APhWynvn0.net

仏教経典に従うとすれば、餓鬼衆は六道の中の餓鬼道というところにいる人たちのことで、
その餓鬼たちにもまた色んな種類があるらしいんだけど、基本こんな感じ






見たらわかるけど、飢饉の時なんかの様相そっくりで腹が腹水で腫大してる
空腹だけど喉が細すぎて通らず、食べることができない(施餓鬼の法要でお坊さんが
餓鬼たちのノドを開いて食べられるようにしてあげる所作がある)

生前ケチで他人と分け合うことをせず、自分の利益だけむさぼってばかりで
徳を積まなかった人が行くところらしい
あるいは、>>819が言うように買っても取っても蓄えても満足感が得られず、延々と欲しい欲しい、
自分にはまだ足りない、という焦燥感や飢餓感に苛まれてる人が現世での餓鬼道に
堕ちてる状態ともいえる(六道のそれぞれの世界の中にまた六道がある、という考え方)

幽霊は、人間の一生としてはもう終わってるのに、49日経ってもまだ執着から離れられなくて
次の六道の段階に行けない、行かない人たち
死後の世界があると思ってないとか突然の事故なんかのせいで、自分が死んだのが
わかってない人もいるらしい
だから自分が一番執着してる生前の服装や姿かたちで出てくる
事故のショックが大きすぎてそれが大きい執着になってるら、事故当時の姿

地獄は餓鬼道のさらに下で、延々とただものすごい苦しみを味わい続ける場所
一回堕ちるともうなかなか上には上がってこれないんで、
現世でこの境涯の人が見れるのは、まさに「地獄のふたが開く」と言われるお盆とか
はたまた西洋のハロウィンとかしかないかも?




822:名無しのオカルト 2017/01/10(火)17:16:56.02 ID: iMNWDzkK0.net

似たような流れで...
自分は神使と眷属がごっちゃになる時がある
神使は神様専属のお使い、眷属は神仏どちらにもいる認識で合ってます?




825:名無しのオカルト 2017/01/10(火)18:48:32.61 ID: APhWynvn0.net




>>822
神使って聞いたことないけど、それでいいんじゃないかな



835:名無しのオカルト 2017/01/11(水)03:11:03.22 ID: Ry9HUVLg0.net

餓鬼と幽霊について質問した者ですが、勉強になりました。
お答え頂いた皆さんありがとうございます。




オカルトランキング



30 :本当にあった怖い名無し:2013/02/03(日) 02:02:13.10 ID:OTxK/MB30
俺は編集の仕事をしてるんだけど、月に何回かものすごく忙しい時期がある。
そういう疲れがたまってるときに、毎度ではないけど右上の奥歯のあたりの歯ぐきが腫れてくることがある。
歯科医に行っても、歯槽膿漏などではなく雑菌が入ったんでしょうと言われるだけ。
それで、この歯ぐきが腫れている時期には変な物が見えることがある。
一番多いのが、一般的に餓鬼と言われてるものだと思う。
色は黒くて、それも黒人のような黒さではなく、魚の干物のような感じでボロボロに肌荒れしている。
大きさは小学校1年生くらい、髪はあったりハゲてたりする。着物は着ていない。
ただ、日中の太陽が出ている時間帯には見えない。照明の下でも。
夕方から夜にかけて、暗がりの中で不自然に動くものがあれば大概は餓鬼だ。
例えばある日、終電を待ってるホームで、ベンチで頭を抱えてたサラリーマンが急に吐いた、
するとベンチの下からぞろぞろと餓鬼が這い出してきて、その吐瀉物を食ったりするんだ。
下水口の中にいくつも重なっていたり、民家の屋根の上を走っているのもいる。
何度か写真に撮ってみたけど、一度も写ったことはなかった。


31 :本当にあった怖い名無し:2013/02/03(日) 02:03:32.49 ID:OTxK/MB30
お盆に田舎の菩提寺に墓参りに行ったときに、思い切って住職に話してみたら、
何でも仏教的には餓鬼には3種類あって、
一つ目は、何も食べることができない一番下等?な餓鬼。
二つ目は、死肉や糞便などの不浄なものしか食べることのできない種類で、
吐瀉物なんかを食べてるのはこれかもしれない。
三つ目は、ほとんど何でも食べることができるけど、食べてもまったく満足感や満腹感のない餓鬼。
住職は「どれが一番苦しいんでしょうね」と言って、「私にはまったく見えません」とつけ加えた。
さらに、
「餓鬼が出ているときには、あなたが見えていることを、それらに気づかれないようにしたほうがいいかもしれません。
 そういった類いのものは、常に救済を求めているので、
 自分らが見える人は力になってくれる人と思って、寄りついてくることがあるかもしれませんから。
 お気をつけて」
と忠告してくれた。
ちなみに、どの餓鬼も施餓鬼会のときにお供えされたものは食べられることになっているので、
「当寺でもそういうことの回数を増やしましょう」とのことだった。


32 :本当にあった怖い名無し:2013/02/03(日) 02:05:20.72 ID:OTxK/MB30
また商売柄、霊能者と呼ばれる人に会うことがあるが、
テレビにも出ている有名な人にこの話をしたら、その人は日常的にいつでも見えるんだそうだ。
まず生きた人間に害をおよぼすようなことはないが、
それでも何かのきっかけで数が増えているところに出くわすことがある。
そういうときは供養したアメ玉を投げることにしている。
するとアメ玉に群がって道が空くので、その隙に通り抜けることにしているという。
霊能者の話では、
餓鬼は霊性のものの中でも生きた人間に近い性質があるので、見ることができる人はそれなりにいるのだそうだ。
ただ、餓鬼よりもレベルが高いというか、もっともっと怖いものもいて、
そういうのは修行を積んでいない人が見ると、発狂してしまうこともあると言っていた。
「あなたの場合は疲れているときだけだから、それほど大事にはならないでしょう。
 ただし、そういうものは不浄なところにしか潜めないから、
 会社の中や自分の部屋の中で見るようになったら、これは大変なことです」
とも言っていた。

それ以来、歯ぐきが腫れているときには、部屋に帰ってきて電気をつける前に気配をうかがう癖がついた。
今のところは自分の部屋で見かけたことはないな。
餓鬼以外に見えたことがあるものについては、機会があれば書いてみます。




オカルトランキング

↑このページのトップヘ