【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 知識


237:名無しのオカルト 2020/04/04(土)02:07:54 ID: SjryNNLQ0.net

自称霊感待ちが言ってたのだが、宗派の違うお札を近くに貼るとお札同士が喧嘩を始めて効果が無いと聞いたのだが…
説得力のある話とかあるかな?

238:名無しのオカルト 2020/04/04(土)03:00:03.37 ID: jpC4Of6U0.net

>>237
お守りとかではよく聞くけど宗派もそうなのかな




239:名無しのオカルト 2020/04/04(土)06:40:08.59 ID: XVmdYuXY0.net

>>237
お守りやお札は、神格の低い(弱い)神さまが強い神様に遠慮するので効果が薄れる。
というのはよくある。
仲の悪い神様だと、喧嘩売られた!と勘違いして攻撃を仕掛けられるされる

仏教でも、長く不仲だった宗派同士のお札は避けた方が良いと言われる。
まあ、その場の主や守り神が徳を積んでいたり神格があると、調停できるので喧嘩にならない
(弟子同士が仲悪くても、師匠の家では喧嘩しないのと同じ理由)




240:名無しのオカルト 2020/04/04(土)13:30:55 ID: 5KX4q6vO0.net

仏様と神様は喧嘩すんの?




241:名無しのオカルト 2020/04/04(土)13:34:44 ID: jpC4Of6U0.net

>>240
神様と仏様が本地垂迹の関係だったら大丈夫なのでは?




266:名無しのオカルト 2020/04/05(日)05:58:21.27 ID: euplQqJP0.net

>>240
基本的に棲み分けしてるから大丈夫。

土地には土地神様(産土神や鎮守)がいて、その人が土地を管理して護っている。そこで生まれた人も守護して護ってる。
仏教は現世のことは基本スルーなので、土地の管理や護りはしない。
なので、仏教寺院のある土地を護っているのは鎮守。僧侶を護っているのは、それぞれが生まれた場所の産土神や、住んでる村落の道祖神(みちの神、塞の神)なので喧嘩になりようがない。

鎮守・・・一定の区画を守護する神様
産土神・・・その土地で生まれた人を一生守護する神様。引っ越しても面倒見てくれる。得度しても面倒見てくれる。
氏神・・・元は同じ氏の一族を守護する神様。氏神の周辺に住み、祭礼に参加する者(氏子)も守護するようになった
     (源氏の八幡様、宇佐氏の八幡様(宇佐八幡)、諏訪氏の建御名方様、とか) 
道祖神・・・村落を護り、住んでる人を護る神様。病や禍が入ってくるのも阻止している。みちの神等が習合した神様。
みちの神・・・岐(くなと)の神、巷の神、塞の神とも。峠や分岐点、村落の入り口にいる神様で、病や悪霊を遮って進入を阻止している。
       道祖神の原型の一つ。 




267:名無しのオカルト 2020/04/05(日)06:48:28.65 ID: kaO4RYXK0.net

>>266
仮にどちらも実在するとして
顔合わせたらどうなるんだろうか




242:名無しのオカルト 2020/04/04(土)13:49:38 ID: 5KX4q6vO0.net

廃仏毀釈の時も本人同士は平気やったんかな




243:名無しのオカルト 2020/04/04(土)15:58:15 ID: jpC4Of6U0.net

>>242
神様の方を廃毀してたら祟られそうだけど仏様だからセーフかも




244:名無しのオカルト 2020/04/04(土)15:59:37 ID: h7mJpYOc0.net

近所のお寺も稲荷神祀ってたし割りかしその辺はアバウトなのかも




245:名無しのオカルト 2020/04/04(土)19:02:57 ID: k+k89hdg0.net

大きな寺だと小さな神社が境内にあるのは珍しくないよ
浅草寺もそうだし




268:名無しのオカルト 2020/04/05(日)07:02:22.69 ID: GB1HL/fYO.net

例えば家庭内にも仏壇と神棚は共存しているし
台所を見れば、コンロ近くに火伏せの御札、北の壁には恵比寿大黒絵札
トイレには烏枢沙摩明王、敷地の北西には土地神様の祠、鬼門と井戸に御幣
古い屋敷にありがちな、こういった雑多な神仏集合が実におおらかな日本的文化




268:名無しのオカルト 2020/04/05(日)07:02:22.69 ID: GB1HL/fYO.net

例えば家庭内にも仏壇と神棚は共存しているし
台所を見れば、コンロ近くに火伏せの御札、北の壁には恵比寿大黒絵札
トイレには烏枢沙摩明王、敷地の北西には土地神様の祠、鬼門と井戸に御幣
古い屋敷にありがちな、こういった雑多な神仏集合が実におおらかな日本的文化




276:名無しのオカルト 2020/04/05(日)11:29:44.58 ID: RxCNvRiY0.net

蘇我物部の時には喧嘩してたみたいやけど
結局日本では新参の仏様を日本の神様が受け入れたって事なんやろな
日本にゃ昔からあっちこっちの外国の神様も来てはるし
ヤハウェイさんもアッラーさんも日本じゃ喧嘩せんと仲良くして欲しいな
日本の神様も後1柱2柱神様が増えても目くじら立てん様にして欲しい




296:名無しのオカルト 2020/04/06(月)08:55:23 ID: k9v+nAlA0.net

>>276
あれは喧嘩と言うより、人間同士の権力争いの道具に
宗教を持ち出しただけと言うのが正しい。

そもそも外来の宗教。と言う話しをするなら、当時既に拝火教(ゾロアスター教)が伝わっていた。
学寮にいた教授陣の中にペルシャ人がいて、その人が信仰してた
拝火教はOKで仏教がNGというのは、理屈に合わないのよ




283:名無しのオカルト 2020/04/05(日)16:54:57 ID: 55D49MGr0.net

関東大震災の時に焼けずに無事だった寺があって「由来のあるお寺にはご利益がある」という美談が震災後に広まったが、20年後の東京大空襲の時にこの話を思い出してお寺に逃げ込んだ人が大勢いたが寺ごと全員焼け死んでしまった




284:名無しのオカルト 2020/04/05(日)18:13:00 ID: St8uAGkT0.net

>>283
秀吉が怒って大仏鋳潰したのみんな忘れてたんだなあって





オカルトランキング




268 : 本当にあった怖い名無し:2015/04/16(木) 10:44:27.84 ID:gUVMYpCu0.net
あるチャンネルに波長を合わせて見ると、鉛筆じゃないけど
黒い霧のようなモヤモヤが見えて、その中に多数の顔(不安定で変化する)が見えるよ
精神に病を抱えた人が描いた絵にそういうのがあるけど
実際そういう風に見える
人の霊というよりは悪意そのもの

色んな悪意が入り混じった情念の塊、別に精神病んでなくてもそういうものから
干渉を受けることがある、落ち込んだときとかね、
心ここにあらずのときとか
つい、出来心で、魔が差して、とんでもないことをやってしまうことすらある




269 : 本当にあった怖い名無し:2015/04/16(木) 10:51:42.99 ID:gUVMYpCu0.net
世の中の波動の7~8割はネガティブな波動なんだよね
そのうち半分以上が「悪意」
この悪意が半分になれば世の中もっと良くなるよ、まだ日本はいい方だけどね(世界に比べれば)
悪意が湧くこともある、人間だからね
それに操られなきゃいいんだけど、悪意や情念が行動を歪ませるとそれがどんどん波及する

上司に罵倒された夫は妻をなじり、ムカついた妻は子を叱り飛ばす、
イラついた子は犬を蹴り、犬は他の人に噛みつく
(子は他の子を苛める、でもいいけどw)
まぁ現実はもっと複雑なんだけどさww

悪意を連鎖させないためには、自分のところで留めることが必要
それには自覚的に生きないと、自分の中の悪意や歪んだ衝動を意識して
行動をコントロールする、聖者なら思いを汚い波動を浄化して広げることが可能だけど
わたしにゃそこまでは無理だw、ただ自分のところで取り消すことはできる
それは誰にでもできること


272 : 本当にあった怖い名無し:2015/04/16(木) 12:12:49.60 ID:+6D+dk+T0.net
>自分のところで取り消す
ちょっと意味合いは違うけど、自分の中にイヤな感情が湧いたとき
胸のチャクラをクルクルっと回すと、驚くほど簡単にそれが消えるよ
それで気づいたことがひとつ
普段の生活でさまざまな悪感情が現れると思うけど、本当に自分由来のモノは
少ないんじゃないかってこと
周囲の見えない存在(愉快霊、邪鬼、魔)の影響かもしれない




オカルトランキング


1 :名無しの1:2015/05/29(金) 13:37:19.50 ID:PRWuPCcQL
初カキコです

幽霊ってなんだと思いますか?
自分は残留思念だと思ってるんですけど、意見をもらいたいのでスレ立てます


2 :名無しの1:2015/05/29(金) 13:45:10.99 ID:PRWuPCcQL
自分なりの解釈

拳で人や物を殴ると、壊れますよね?
この時、拳には位置エネルギーや速さ、硬さ、重さ等様々な原因があって
「破壊力」になるじゃないですか

それと同じで、幽霊というのは「記憶の残り」であり、
「感情の塊」みたいなもんだと思うんです

感情の塊に、恨みや妬み、怒り、殺意・・・そう言った感情のエネルギーが合わさったものが、
幽霊なんじゃないかと

で、拳が肉体に物理的に作用するように
幽霊も人の精神に干渉するんじゃないかなーっていうのが、個人的な解釈です

なので、自論としては「幽霊に物理的な干渉はできない」というのがあるんです




3 :名無しの1:2015/05/29(金) 13:50:41.31 ID:PRWuPCcQL
んじゃ、どうして幽霊が人を殺せえるのかというのか考えたんですけど

幽霊に限らず、呪いとかもそうなんですけど
「精神はエネルギーとなって他者の感覚に作用できるのではないか」というのが
今のところ、自分の解釈です

ちなみに自分は生まれてこのかた一回も幽霊とかそう言ったオカルト経験はないので、
本当に他人の話を聞きかじって考えて書いてるだけです


4 :名無しの1:2015/05/29(金) 13:59:03.90 ID:PRWuPCcQL
幽霊の話って、たまに「窓がガタガタとなった」とか、
「物が勝手に動いた」っていうのがあるじゃないですか

そこから幽霊=精神だと、これは矛盾するって思ったので考えたんですけど・・・

これは自分は催眠術と同じで「認識を上書きされた」と解釈してます
つまり「窓は実際には動いてはいないけれどなったように思い込まされた」
「自分自身で動かして、その記憶に干渉して上書きされなかったことにされた」
そう考えてます
もし「いや、おれはあの時窓に触ったけど、実際動いていたぞ!」という方がいるとしたら、
「窓に触れた手を動かされた」のではないかなって思います


5 :名無しの1:2015/05/29(金) 14:05:10.00 ID:PRWuPCcQL
この持論から「幽霊に殺されるには、とりつかれた人が幽霊より精神が衰弱すること」が
必須条件になります
逆に言えば・・・極論「根性でどうにかなる」というのも
あながち言いすぎなんじゃないかと思います

・・・まぁ、もちろん熊にあったら銃もないのに人間が勝てないように
強力な悪霊、怨霊に呪われれば
そりゃどうあがいても根性でどうにもならないでしょうけど・・・


6 :名無しの1:2015/05/29(金) 14:44:14.68 ID:PRWuPCcQL
幽霊肯定派とか否定派ってあるけど、空想や想像、思いや考えもエネルギーとするならば
いると考える方が道理な気がする


7 :名無しの1:2015/05/29(金) 14:48:35.25 ID:PRWuPCcQL
それとは別で、ふと思うこと
「人を呪わば穴二つ」というけど、
あれは人を呪ったら自分も不幸にすることから墓穴を自分と相手、二つ分掘っている
なら、「自分自身を呪ったら」穴はいくつ出来るんでしょうね

幽霊=精神エネルギーとするなら呪いもあるんでしょうけど・・・
もしかしたら人を呪うよりも自分自身を呪った時の方が
実は墓穴も多くて厄介なんじゃないのだろうか


8 :名無しの1:2015/05/29(金) 16:33:21.21 ID:PRWuPCcQL
電子機器やカメラに写るのが、精神をエネルギーとして仮定するならば
そう言ったものに干渉しうるほど強力なものなのか・・・

もしくは唯の誤作動か印刷ミスではないかと思う


9 :本当にあった怖い名無し:2015/05/29(金) 17:00:40.64 ID:8KVKir8Om
幽霊に人は殺せないよ
幽霊はただたんにそこに居るだけ

幽霊の姿を見た人間が、勝手に心当たりを感じて精神的に破綻し狂うか自殺するか、
ストレスで病気に罹り死ぬだけ


10 :名無しの1:2015/05/29(金) 17:10:32.90 ID:PRWuPCcQL
まぁ、概ね同意ですね
残留思念であるとするならば、そうでしょう

ただ、呪術的な存在になってくると話は違ってくるでしょうけど


11 :名無しの1:2015/05/29(金) 17:14:16.46 ID:PRWuPCcQL
・強力な恨みつらみを伴い
・死骸なりなんなりの寄り代(肉体となるもの)があった上で
・精神エネルギーをためこめる状況だったとするならば

悪霊というか怨霊的なものになって衰弱死なり病死くらいはさせてくるでしょう

逆説そこまで条件揃わない限りそんなことになるとは思ってませんが


12 :名無しの1:2015/05/29(金) 17:19:30.27 ID:PRWuPCcQL
なので、霊障云々っていうのは・・・

極論催眠術にかかってるものとして処理、対処するか
それでどうにもならないほどのすごいものなら寄り代使って
精神エネルギーのベクトルを変えるために奉るか・・・

もしくは一番考えられるのがただの勘違いで、普通に治療するかのどれかですね



14 :本当にあった怖い名無し:2015/05/29(金) 17:47:30.39 ID:8prgv3Ee4
長文めんどいので幽霊思念で転送してくれ


15 :名無しの1:2015/05/29(金) 18:45:33.59 ID:PRWuPCcQL
とりあえず、除霊ならようは「相手より精神で勝てばいい」ということなので
図太くいるといいですよ


16 :本当にあった怖い名無し:2015/05/30(土) 21:23:54.50 ID:19BsKuRkw
このスレ面白いな

幽霊が残留思念だとして、ソレはどの程度留まり続けるんだろう?


17 :名無しの1:2015/05/31(日) 11:40:26.12 ID:HiVvz6uKF
そうですね
その思いの強さと、思いを残すものの有無によるのでは無いかと

通常の場合、それ程強い思いを残す事はなく、
また対象となる肉体、または遺品も処理され供養する事で
精神エネルギーが蓄積し無いようにするのでおそらく数日で消えると思います


18 :名無しの1:2015/05/31(日) 11:47:06.53 ID:HiVvz6uKF
ただ、例えば事故等で亡骸が弔えなければ骸を核として精神エネルギーをため続けるかと

ちなみに、この思いと物というのは呪術から発想を得ています
物を媒介にして精神エネルギーを蓄積、なんらかの制限なり法則を与える事で
精神エネルギーを強くし、結果をもたらす

自分はそう解釈してます


19 :名無しの1:2015/05/31(日) 12:05:18.26 ID:HiVvz6uKF
金縛りについて、よく肉体の疲労云々と言われているけど、自分はある程度賛成します

幽霊は感覚に干渉出来る
ならば、疲労や精神的に落ち込んでいたり怖がっていれば
霊からの干渉を受けやすくなるので金縛りになるのでは無いかと推測します


20 :名無しの1:2015/05/31(日) 23:36:03.76 ID:HiVvz6uKF
否定的な意見ってあまりないのかな?


21 :本当にあった怖い名無し:2015/06/01(月) 12:18:06.49 ID:fTGX77CLL
心霊現象の大半は精神干渉による。幻術に近いことが多いですね。
中には、物理的に干渉してくるのもいるのをお忘れなく


22 :名無しの1:2015/06/01(月) 16:38:42.06 ID:bpgPUDPeq
その物理干渉系なんですが、個人的には眉唾です

ない事もないんでしょうが・・・それ程の強い干渉は極々稀なんじゃ無いかと


23 :名無しの1:2015/06/01(月) 18:15:05.53 ID:bpgPUDPeq
怪談にも本当と嘘があるのですから、
物理干渉があるものはだいたいが嘘か後付けでは無いかと思います

もし仮に本当だとすれば、かなり危険なものだと思います


24 :本当にあった怖い名無し:2015/06/01(月) 23:22:24.07 ID:fTGX77CLL
霊的な存在が、他次元の存在として、
一定以上の条件とエネルギー量(念の強さなど)があれば不可能ではないです。
突然、荒縄が切れるなどあるそうですし


25 :名無しの1:2015/06/02(火) 00:54:52.41 ID:eBh1ipR//
同意しますが、その為には
・まずこの次元における存在基盤(例えば亡骸や人形、形見など)があること
・そのエネルギーを他者に気づかれずに溜め続けられること(お払いされたりなど)
・また、他者からおそらくですがなんらかの方法で存在を認識され続けること(噂なりなんなりで)
など、色々難しい条件はあるかと


そして、そこまでの存在階級になったとしたら
もはや例えるなら人食いグマや竜巻などの天災などかなりの危険性になってると思います

対処法はほぼないでしょうが、希望があるとすれば
・まずその霊を認識すること
・次に基盤となるものを特定すること
・最後に基盤を崇め奉り、その精神エネルギーを時間をかけて分散させること
じゃないかと


見つける鍵となるのは、
「どこでその霊をつけ、その場所周辺に残る噂話などがないかを調べる」
くらいじゃないかなって思います


26 :本当にあった怖い名無し:2015/06/02(火) 10:41:20.81 ID:fi+i37Yjv
忘れられる=ちからを失うって方式が多いみたいですね。
神であり、霊であっても
もちろん例外もありますが


27 :名無しの1:2015/06/02(火) 12:53:55.29 ID:eBh1ipR//
幽霊や神=精神エネルギーだと言う前提とするならば
忘れられる=エネルギーの供給を絶たれるのと同義

即ち飢餓に近しいのだと思います


28 :本当にあった怖い名無し:2015/06/02(火) 13:43:12.99 ID:9SdeKGGb4
あとは、イメージというかこういうものだっていう、固定概念?で姿が見えたりしますね。
それにつられて能力とかも影響する可能性はありますね。


29 :名無しの1:2015/06/02(火) 13:59:15.84 ID:eBh1ipR//
かれらは精神エネルギーなので、最も干渉しやすいのがイメージかと
視えるとかいうのも、実際に視認するというより
対象のエネルギーから脳がイメージを翻訳したって感じなんじゃないかと


30 :名無しの1:2015/06/02(火) 14:06:48.14 ID:eBh1ipR//
能力についてですが、その存在階級に寄って出来ることが違うかと

まずは感情(寒気やネガティヴにするなど)
次に認識(謎の視線や気配)
ついで感覚(アザや湿疹)
そして疾病(原因不明の病気)
最高で物理干渉の順になっていくと思います

もちろん被害者の影響の受けやすさ(体質や性質)で
影響の程度は変わるでしょうけれど


31 :本当にあった怖い名無し:2015/06/02(火) 14:57:38.65 ID:9SdeKGGb4
その手のが居る場所は妙な圧力や寒気などありますし
領域とかで精神干渉されやすくなるのかも?


32 :名無しの1:2015/06/02(火) 15:18:38.24 ID:eBh1ipR//
他者からの認識も精神エネルギーに分類されるかと
例えば廃病院だと「怖い」という精神エネルギーを強く溜めやすいですよね
また、トンネルでも妙に暗く、事故もあれば恐怖という認識をえやすい

そうしたエネルギーを取り込むことで、強くなるのではないかと
故に恐怖が集まりやすい場所では干渉されやすいので、
魂の底から霊を拒絶、否定する事をオススメします

幽霊の本質を理解した上での
拒絶としていない状態での拒絶では、
相手からの単純な脅しで混乱するかしないかの大きな差が出ます
拒絶と否定は精神干渉の防御をあげうるので、参考にするといいかと


33 :本当にあった怖い名無し:2015/06/02(火) 15:57:44.36 ID:9SdeKGGb4
手っ取り早いのが力強く一回拍手するのもいいらしいですね。
場を清める効果があるとか


34 :名無しの1:2015/06/02(火) 16:19:53.35 ID:eBh1ipR//
そうですね
おそらく霊障=催眠術の延長と考えれば催眠状態から衝撃で戻る事もあるかと

とりあえず相手は最初に驚かせ、こちら側の精神力を落としにきます
どんな方法であれ、まずはそれを念頭に置くのが一番です


35 :本当にあった怖い名無し:2015/06/02(火) 23:15:25.08 ID:9SdeKGGb4
ですね。
手口のほとんどが、存在をほのめかせて意識させ、恐怖心をあおって
精神的に優位な位置になってから大きな干渉がほとんどです。


36 :名無しの1:2015/06/03(水) 02:00:23.44 ID:42KDQBSWW
逆に言えば、優位に立てないと何も出来ない事を示唆します

怪談の真偽があやふやなときは、
これらを基準に考えてみるといいと思います


37 :本当にあった怖い名無し:2015/06/03(水) 02:16:21.17 ID:aX5MEhb5y
例えばさ、洒落怖のまとめサイトや、幽霊スレなどを読んだ人が
「このスレ読んだら頭痛くなってきた」とか書いたりするじゃない
それも一人じゃなくて数人

そういうのを、思い込みが激しい人が読んだらさらに感染していくんだろうなぁと
つまり霊障の犯人は結局生きている人間だってことかな


38 :名無しの1:2015/06/03(水) 07:30:40.84 ID:42KDQBSWW
頭が痛くなる経験は自分もありますね
あれが思い込みなのか干渉からなのかは分からないですが、
特になにかとあるわけでは無いのでほおって置くのが吉かと

怯えたり弱気になる方が一番危ないんだと思います


39 :名無しの1:2015/06/03(水) 07:58:32.03 ID:42KDQBSWW
おそらく怖い話を読んでいる最中の防衛のせいでしょう
精神の疲労が原因の頭痛がほとんどかと

なので、頭痛がしたら読むのを止めて気分転換する事をオススメします


40 :本当にあった怖い名無し:2015/06/03(水) 09:28:59.24 ID:a9D6TijK3
その手の話をする=集まってくるって認識が霊に対して敏感になるってのは考えられますね。
それこそ、本物?の霊にあったことある人だと、大体は探知できそうですが


41 :名無しの1:2015/06/03(水) 10:42:35.82 ID:UJnFns8xS
どうなんでしょうね
一回だけ経験したとか、年を取るごとに鈍くなったとかよくある話なので
一概に経験した=敏感というわけでもないんでしょう毛ど


42 :本当にあった怖い名無し:2015/06/03(水) 11:30:37.69 ID:a9D6TijK3
まぁ、厄介なのに絡まれるならない方が楽なきがします


43 :名無しの1:2015/06/03(水) 15:42:56.97 ID:42KDQBSWW
激しく同意


44 :名無しの1:2015/06/03(水) 22:35:29.52 ID:42KDQBSWW
幽霊にとりつかれた時の個人的ですが対処法

精神を集中して物理で殴る
もちろん幽霊に実体はないのですが、対象はイメージ体
すなわちイメージを持って行動すれば殴れないことはない
ただ、武器での攻撃はオススメしません
武器の達人が如く精神を集中すればできなくもないでしょうが、
実際にそこに何かあるわけではないので

要は精神エネルギーを込めてイメージで勝つ!!これが簡単なんじゃないかと思います


45 :本当にあった怖い名無し:2015/06/03(水) 23:06:40.38 ID:a9D6TijK3
あーうん・・・逆に怒らせるときありますよ?
高町式でしっかりお話ししないと


46 :名無しの1:2015/06/04(木) 02:13:23.99 ID:JxZVdgbH0
やはりケースバイケースか

言われてみれば当たり前か


47 :本当にあった怖い名無し:2015/06/04(木) 10:04:00.76 ID:LUd8WuhFQ
なるほど、>>39の考えはなかった。目からウロコ

怖い話を読んだストレスから、身体が精神を防衛しようとしている→疲れて頭痛くなる
ってことかな

ところで>>1さん、トリップつけてくれると嬉しいな
出来ればで良いんだけど


48 :本当にあった怖い名無し:2015/06/04(木) 10:42:42.43 ID:2e5oD3nA8
結局、霊が見えるのは、霊を探知して脳が映像として出力してるってだけなのかも?
霊感ある方でも見える。見えないとか感じないけど見えるとか
人によっては、危険信号以外感覚を閉じてるとかありそうですね


49 :名無しの1:2015/06/04(木) 11:06:41.09
トリップはこれでいいのかな?

視え方、感じ方の違いは脳の翻訳方法の違いかと
幽霊=精神エネルギー
即ち物理的な視認出来るわけでは無いので
視力が良い人がいるように、嗅覚が敏感な人がいるようにただの個性なんだと思います


50 :本当にあった怖い名無し:2015/06/04(木) 22:34:31.20 ID:2e5oD3nA8
霊感があって、意志が強く、イメージ能力が高い人なら
それこそ霊に対して、魔法じみた攻撃ができそうですね


51 :名無しの1:2015/06/05(金) 00:49:28.37 ID:USE+nr53e
その分見たくないもの、知りたくないものを知ることになるので
むしろ誰よりも苦しんでいそうですけどね

例えて言うならクトゥルフに出てくる探索者でアイデアが高いようなものですから


52 :本当にあった怖い名無し:2015/06/05(金) 10:06:09.01 ID:xjcjZCYtG
精神的に病むのも当たり前ですね。


53 :名無しの1:2015/06/05(金) 12:15:44.37
怖いのは、これが呪いの説明にもなる事かもしれ無いという事

呪いも同じ精神エネルギーによる現象だと思うので


54 :本当にあった怖い名無し:2015/06/05(金) 23:17:57.96 ID:xjcjZCYtG
問題が認識できない相手からの呪いがどうやって相手に伝えるかですね。
やはり、複雑な手順及びリスクでその分の暗示を強めてるのですかね?


55 :名無しの1:2015/06/06(土) 01:14:46.15 ID:sfa399Q03
対象を想う心が何かしら影響を及ぼすということは複数前例があるかと

「手術中に遠くのだれだれからの声を聞いた」
「何かしらの嫌な視線を感じる」

極論だとテレパシーでも構いません

精神のエネルギーは思った相手に対して誘導される性質をもつのかもしれません
それには対象を認識する必要はないかと

呪いにおいて対象の肉体の一部を必要とするのは、対象とのつながりを強め
精神エネルギーの伝導率を高めるため
手順を複雑にするのは自身の精神エネルギーを高め、
威力を高める作用を持っているんじゃないかと思います


56 :本当にあった怖い名無し:2015/06/06(土) 10:18:27.81 ID:5bR7IX2cV
精神世界は高次元または0.5くらいの空間?に存在しているって考えちゃいますね


57 :名無しの1:2015/06/06(土) 10:37:50.07
少なくとも3次元(立体)や4次元(時間軸)ではないでしょうから、
確かに表現するなら0次元、もしくは0,5次元なんでしょうね


58 :本当にあった怖い名無し:2015/06/06(土) 11:01:37.68 ID:5bR7IX2cV
あるけどない、ないけどある
成仏は案外高次元昇華とか?


59 :名無しの1:2015/06/06(土) 23:33:54.64
どうなんでしょうね
自分は死んだら生まれる前にいた場所に行くだけとしか考えて無いので
そこがどんな場所なのかまでは分から無いですねぇ

案外胡蝶の夢では無いですが、精神世界と物理世界が入れ替わった
そんな場所かもしれないですね

まぁ、死んだら分かると思いますよ





オカルトランキング



244:名無しのオカルト 2008/02/20(水) 13:06:24 ID: ID:AUtJZJZ50
ちょっと聞きたいんですけど
よく道祖神やお地蔵様の前に小石が置かれてますよね。
あれってどんな意味があるのですか?

245:名無しのオカルト 2008/02/20(水) 14:04:00 ID: ID:oFhY5JlFO
ね!?>>242日頃人は神様にも人にもいかに無様で滑稽な事をしているか解るだろ?
>>244なにか念が詰まってしまっている石でないかい?
それか普通に参道を歩く→大きめの石が足下にある→周りを見渡す→迷い悩む→
猿田彦さまの前につい置いてしまう。。
そんな石が集まり今では石があればそこから落ちたと思い元の位置に戻す感覚で新たに石を設置wwwかな?


246:名無しのオカルト 2008/02/20(水) 15:30:16 ID: ID:t7yzD/e50
>>244
「小石=難」を預け、これを拾って取り払って下さいという気持ちの表れだよ。

247:名無しのオカルト 2008/02/20(水) 15:31:16 ID: ID:AUtJZJZ50
そうなんだ、ありがとう。


248:名無しのオカルト 2008/02/20(水) 17:56:21 ID: ID:oFhY5JlFO
灘→海岸→石=難
という考え方?
勉強になりました。
石と難は、例えた過程に意味なしですか?


249:名無しのオカルト 2008/02/20(水) 19:21:33 ID: ID:AUtJZJZ50
ついでにもう一つ聞いていいですか。
オレの住んでる町の外れに小さな神社があります。
長い石段の序盤あたりに何も塗られていない木の鳥居があって
上りきると社があります。
そういう事に疎い自分には、その小さな社はむしろ祠に見えます。
名前や由来を示す額も何もありません。
祠の横に子供の背丈くらいの小屋掛けがあってその中に石に浮き彫りにされた
何かの神様のようなものが彫られています。
今は町ですが明治の中ごろまでその辺り一帯は村と呼ばれ
祠はその村の北東の外れにやはり北東を向いて建てられています。
石段の前は鎌倉時代に使われた街道でその向こう側は
丘陵でその頃は隣の村です。

ほとんど訪れる人のない静かなその場所を自分とても気に入っているのですが
フト思ったんですよね。
一体誰が何の為に建てたのかと。
街道沿いですから旅の安全祈願もあるでしょうが
その少し手前に古くからある立派な神社もあります。
神社というのは塞の石や依代のように境界線、結界の役目もするんでしょうか。


251:名無しのオカルト 2008/02/20(水) 19:35:59 ID: ID:8UBaWGco0
>>249
市役所や図書館で調べればいいじゃん

254:名無しのオカルト 2008/02/20(水) 20:20:05 ID: ID:L6dmq7X9O
>>251
調べてはみたんですよね、ネットや本で。
でもその神社のことは出てないんです、自分が探した限りでは。
地図にもそれより小さな神社や稲荷は載っているのにその神社だけないんです。

ただ幾つか判ったのは、その神社の裏手にもう一つ神社があること。
さらによく見ていくと、自分の住む市は改めて神社が多いと思いました。
しかも恐らくは昔の村の境界線と思われる上に
同じ様な比較的小さな、しかし地元の名前が付けられた神社が並ぶようにあること。

歴史の方はまだ江戸後記くらいまでしか追えてません。
ただ相当昔から集落があったようです。
自分の住む町には縄文後記の縦穴式住居後が
隣の町からは小さな古墳が幾つか見つかってますから。

それとネットから、これは噂ですけど隣の町で山を切り崩して
大規模な宅地造成をした時に沢山の人骨が出てきたとか。
その土地は昔墓地だったとか、古戦場だったとかの噂がありました。
ただ、山を切り崩して造成したんだからあまり当てにはなりませんけど。
いろいろありがとうございました、も少し調べてみます。


257:名無しのオカルト 2008/02/21(木) 13:15:22 ID: ID:TLvYAd810
>>249
それは道祖神か庚申堂じゃあないかいね?

君の村やなくて隣の村がこしらえた
どっかの有志がやしろをこさえた

後者なら同じような形式というか似たようなつくりのが
ほかにもあると思うよ

って254でもう書かれとるんかw
街道沿いやから道祖神やと思うけど、地元の名前がついてる神社があるなら
式内社か式外社に記載がないか調べてみるよろし


250:名無しのオカルト 2008/02/20(水) 19:26:49 ID: ID:+MDMCPPC0
北東は鬼門だから
村を護るためのものでしょう。


252:名無しのオカルト 2008/02/20(水) 19:37:30 ID: ID:AUtJZJZ50
であればこそ、もう少し立派で名前もあって良いような気もするんです。
目の前が街道って言っても当時は馬一頭通るのがせいぜいだったようだし
石段も社の回りも木が茂ってて何かワザと人目から隠すような感じです。
供え物も何時来てもないし忘れられた場所って幹事です。
唯一、一月も終わりになってから注連縄が替えられたくらいでしょうか。


253:名無しのオカルト 2008/02/20(水) 20:11:41 ID: ID:IKryvj2v0
ごく小さい祠のような神社となると、氏神さまだとかそういう可能性もあるかも。
なんにせよここで聞くよりは図書館かその界隈に住む人、
とにかく土着のもので探したほうがここより有益な情報が見つかると思う。
そして出来たらここに報告してくれると個人的に嬉しい。


255:名無しのオカルト 2008/02/20(水) 21:22:41 ID: ID:lOq+agBaO
古くからの聖地が現在では寺社として祀られている場合もしばしばある。
神社の名前でもある地名そのものにヒントが隠れているかもね。

…縄文の神が形を変えつつも今そこにおわす。何と素晴らしい事だろう。


256:名無しのオカルト 2008/02/20(水) 23:52:40 ID: ID:t7yzD/e50
>>248
概ね、君の示したもので良いと思う。
宗教的構造物の殆どは呪術的性質があるからね。

>>249
>神社というのは塞の石や依代のように境界線、結界の役目もするんでしょうか。

そこまで関係がはっきりとしているのならそうといえるでしょうね。
また続く神社を鑑みるに、それらの大本から御分霊を頂いて祀った可能性もあるかも。

由来や逸話に関しては郷土史の範囲になるから何とも云えないけど、調べてみる価値はありそうだね。
>>255の云うように、「…縄文の神が形を変えつつも今そこにおわす」可能性も十分に考えられるし。

あと余談だけど、案外、本気で追ってゆくと君の家の出自に辿り着くかも。


266:名無しのオカルト 2008/02/23(土) 05:22:54 ID: ID:PudRF96wO
>>255~257
アドバイスありがとうございます。

とりあえず今日図書館に行ってきます。
時間があれば市の民族資料館にも。


268:名無しのオカルト 2008/02/23(土) 05:37:49 ID: ID:PudRF96wO
連投すいません>>266です。
実はあの祠の中に何が奉られているのか知りたかったので格子の隙間から覗いてみたのです。
でもそこは昼間でも上から木が被さっていて暗くて何も見えませんでした。

そこに行くときはいつも自転車なので着脱式のマグライトがあります。
それを突っ込んで中を照らしてもいいものでしょうか。
なんとなく無礼な気がして…。




271:名無しのオカルト 2008/02/23(土) 11:17:32 ID: ID:uxCfgsby0
>>266、>>268
>まずあの神社に興味をもったのは主に父の郷里での話からなのです。
>婆捨て山

思ったのは、捨て神をお守りする家の話なのではと云う事。
まあどちらにしても、ネットで君の郷里の謎を解くのは難しいと思う。
逆に、君が地元で聞き調べたものを紹介してくれたら嬉しいかな。

>カマのまわりでオッカサンがよんでもオトサンがよんでもダレもこないよ。

それ自体は話題の神社に関わるものであるとは言い得ないけど、少なくともインスピレーションといった意味ではよく理解できる。
ちなみにうちの地元では、「おっとさんが呼んでもおっかさんが呼んでも行きっこな~あ~い~よ」。


274:名無しのオカルト 2008/02/23(土) 19:07:22 ID: ID:q4fOt+3V0
>>268
壊さなければおk

むしろ不審者と思われるのもひとつの手だ
近くの人に目撃されれば管理者に話が行く
つまり、詳しい人の方から接触してくれる可能性ありだ
お勧めはノート持参で相手にどっかの学生と思わせることだな

でんでら野
遠野物語に載ってるね







オカルトランキング




39 :VIPより転載 :2014/03/13(木)06:25:47 ID:KqIuIAVHV
俺のおふくろは戦前満州から北朝鮮のあたりに開拓移民でいたんだが、
夕暮れ時、街角の十字路で1m超えるような人魂を見たことがあると言っていたな。
ぽっかりと浮かんだ人魂は、逢魔が時の薄暮の中をふらふら漂っていたらしい。
恐怖はなく、何か不思議な物を見ている感覚だったとか。

家に帰ったら、危篤だった祖母が亡くなっていたとか。
(祖母の墓は北朝鮮にあって、たびたびの洪水でおそらく流れてしまったろうから、
 今となっては場所も分からないらしい)


『地蔵前』
俺自身にはそういう経験はないが、
実家が江戸時代の刑場跡近くにあって、そこは何かと噂の絶えない場所だった。
最寄りバス停が『地蔵前』というだが、地元民だけが知っている本当の名前は『首切り地蔵前』。
そのバス停から直接見えない交差点の裏に首の無い地蔵があって、
それは江戸時代刑場で処刑される罪人の供養のためのものだった。
そのせいとも言えないが、そこの交差点は県下でも事故の多い交差点で、
特に地蔵の前にあたる角はヤバいと言われていた。
そこに最初に建物作った時は、古い人骨がワラワラ出てきたそうだ。
俺の知ってる限りでも、そこに出店した弁当屋がガス爆発事故を起こして廃業したり、とにかく店がいつかない。

今では郊外の住宅地として新参が増え、そういうことを教えてくれる古老もいなくなったけど、
古くからの住民は皆知っている。
皆も『ヶ原』とかつく住所は要注意だ。
たいてい江戸時代まで遡れば町はずれの刑場だからな。

地蔵はまだある。



48 :名無しさん :2014/03/14(金)07:55:06 ID:JMwJUHJpe
『地蔵前』書いたものだけど、祖母の死って奴でひとつ思い出した。

前述したように本当の祖母は北朝鮮で亡くなってるんだけど、引揚者の悲しい混乱でうちはなかなか複雑な家庭で、
同じ引揚者で身寄りのない婆さんを死ぬ前の数年間だけ引き取っていた。
むろん血のつながりはないし、20年以上前だったがその時点で既に90を越える歳で、
枯れ木みたいな寝たきりになってたんで、あまり人間らしくないというかあんまり思い入れもなく淡々と世話してた。

んである晩ついに亡くなったんだが、通夜の準備なんかで家族がバタバタしてるなか、俺が一人で見ている事になった。
身近の葬式初めてなんで知らなかったが、遺体の上に包丁を一本置いた形で一晩中番をする。
生きていた時から枯れ木みたいだったし、「あー」とか「うー」とかほとんど意思疎通もできない感じだったんで、
さほど怖いと思う事もなく本なんぞ読んでいた。

ちょうど周りが静かになった十時ごろ、不意に婆さんがはっきりと「あああ」と声をあげると上半身を起こしかけた。
愕然としていると、遺体はまたゆっくりともとに戻った。
おそるおそる反応を確認してみたが、瞳孔は開いているし、脈もない。
何より、人が死ぬとのどに痰が上がってくる(生きているうちは自然と飲み込まれていく)のだが、
口を開けたら痰が口元まで上がっていた。

何となく、魔除けの包丁はこういうときのためのものなのかと納得した次第。
昔の話では、猫とかもののけが夜遺体に取り付いて悪さをするという話もあったみたいだな。




オカルトランキング

↑このページのトップヘ