【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ:



868 礫ヶ沢の鬼礫 1 sage 2005/12/12(月) 01:43:41 ID:/kR0P5H+0
礫ヶ沢のつぶておにの話をしようと思う。

うちからそう離れてない山の中の小さな川なんだけど、そう言う名前のところがあるんだ。
その名前の由来というのが昔話からなんだけど、
その昔話に出てくる鬼の礫というのが変わった石で、
大きさはまちまちなんだけど鬼が握った後のような模様がついている。
で、確かにそれは石なんだけど、ぶつけられても痛くない。
多分粘土かなんかじゃなかろうかと思うんだけど、握ってみると普通の石くらい硬いのよ。
その鬼の礫が礫ヶ沢を探すとたまーに見つかったりするんだ。
でも、それをうちに持ち帰ってはいけない、と言う決まりになっていて、
「鬼の礫は向こう岸」、といって川に投げ込まなければならないんだ。
その理由をばあちゃんに聞くと、
「昔話みたいに鬼がやってくるから」
そう言うんだよな。
当然ほんとにー?とか言う訳なんだけど、その度にばあちゃんの子供の頃の話を聞かされる訳よ。

ばあちゃんの子供の頃の話というのが「つぶておに」という、鬼ごっこみたいな遊びをしたときの話でさ。
簡単に言えば、鬼が石を持って鬼じゃないヤツにぶつける、
ぶつけられたらそいつが鬼になって石を持って追いかけるというもの。
ちょっと変わってるのは、鬼が使う石は鬼の礫で、その石の交換は出来ない。
だからぶつけそかなうと、それを探している間かくれんぼの様を呈してくる。
そしてここからが大事なんだけど、遊び終わって帰るときはその石を川に投げ込み、
「鬼の礫は向こう岸」
と叫ばなければならないと言うこと。
これは終わりの合図にもなっていたと思うんだけど、実はそれだけじゃないらしい。

869 礫ヶ沢の鬼礫 2 sage 2005/12/12(月) 01:45:06 ID:/kR0P5H+0
前置きが長くなったけどばあちゃんの子供の頃の話。

つぶておにで遊んでいたばあちゃんと近所の子供達。
その日、ばあちゃんは家の都合で先に帰ったんだけど、その残りの子供達が遅くまで遊んでいたのね。
日が暮れた後で、そいつ等は帰ってきたんだけど、その晩、凄いことが起こったらしいんだ。
村のある家で、一家惨殺事件が起こったのよ。
爺、婆、お袋と包丁で滅多刺しにされた姿で翌朝発見されてさ。 (親父は出稼ぎ中でいなかった)
イヤなことに、その死体は肝が食い荒らされていた。
そんで、そこの子供の姿はなかったモンだから大騒ぎだったらしい。
せめて子供だけでも、と言うことだったんだろうね。

ところがさ、それを聞いて青ざめたのが一緒に遊んでいた子供達で、
「じつは大変なことをした」
とばあちゃんにこっそり話した訳よ。

870 礫ヶ沢の鬼礫 3 sage 2005/12/12(月) 01:45:35 ID:/kR0P5H+0
それは最後に鬼になったのが例の家の子供で、礫を探している間に、みんな帰っちゃったらしいのよ。
で、ここからはばあちゃんの推測なんだけど、
「暗くなって誰もいない河原で石を見つけたヤツは、そのまま石を持って泣き帰ったんじゃないか」
そう思ったわけ。
ところが「鬼の礫は~」をしていないから鬼がついてきたんじゃ無かろうか、と。
子供心に心配になったばあちゃんは村のお寺のお坊さんに相談に行ったんだって。
そしたら婆ちゃん、坊さんに怒られる怒られる。
なんか一生分怒られたかと思うくらい怒られたんだって。
「今思えば、やったのは自分じゃないから理不尽この上ない」
そう笑って話してくれたけど、とにかく凄い剣幕だったんだって。
で、坊さんは村の駐在さんと村長さんを呼んで何やら話し込んでたんだけど、婆ちゃんは子供だから蚊帳の外。
その後、大人達がいろいろしている間に、子供が見つかったそうな。
婆ちゃんは心配になって会いに行ったら、縄でぐるぐる巻きにされて駐在さんに引きずられている。
ヤツの表情は凄い面変わりしていてまるで獣のような表情だったんだって。
そして、そのとき婆ちゃんはしっかり見たんだそうだ。
子供の手に鬼の礫があるのを。子供の影に角が生えていたことを。
それ以来その事件は村の忌み事となって話題にはあがらないし、つぶておにもしてはいけない遊びになってしまったと言うこと。
まあ、婆ちゃん達自体が怖くてもうする気はなかったみたいだから、あえて禁止するまでもなかったといってるけど。

871 礫ヶ沢の鬼礫 4 sage 2005/12/12(月) 01:46:19 ID:/kR0P5H+0
実はここまでが前ふりだったりする。

今年の夏、うちの実家に大学の友達3人が遊びに来たんだ。
まあ、キャンプをするのに手頃な河原はないか、ってことで礫ヶ沢を推薦したんだけどね。
それで、河原で2泊ほどして帰ったんだけど、そのときつぶておにの話をした訳よ。
そのとき一緒にいた友人をA,B,Cとすると、オカルト好きAが早速やってみないか、そう言うんだ。
けど、婆ちゃんの真剣な表情を見ている俺は断固拒否。
BとCはそう言った方面には全く興味がないから、
「いやがる奴がいるならあえてするまでもない」
と言うことでその場は終わりになったんだ。

で、夏休みも終わり大学が始まって秋口になると、気が付くとAを学校で見なくなったんだ。
おかしいなー、と思ってBやCとも話していたんだけど 、そのときBが思いだしたように行ったんだ。
「そう言えば、やつ(A)先々週あたりお前の実家行くって言ってたぞ」
「?、なんで」
「なんでもオカルト研の連中に例の礫の話をしたら盛り上がったんだって」
それを聞いた俺はイヤな予感に包まれたんだ。
オカルト研の連中に話を聞いてみようと思ったんだが奴らの活動場所が分からない。
すると、Cもイヤなことを言い出すんだ。
「そう言えば、俺の知り合いにオカ研がいるんだけどそいつも最近見ないな」
益々、イヤな予感が強くなる俺。
正直関わり合いになりたくなかったんだけど、このままってのも気分が悪いので、とにかくAの家に行ってみよう。
そう言うことになったんだ。

Aのアパートに行く途中、近くのコンビニに寄ったら偶然Aとバッタリあった。
始め、何かやたら挙動不審な奴がいるなと思ったら、それは酷くおびえたAだったんだ。
俺たちがAに声をかけると、Aは凄いおびえた表情で逃げようとした。
が、俺の顔を見たとたん、Aは凄い勢いでまくし立てたんだ。
いや、正直もう何を言っているかも分からなかったんだけど。
とにかく、凄い怯えようで、俺たちはAのアパートに連れ込まれた。

872 礫ヶ沢の鬼礫 5 sage 2005/12/12(月) 01:47:08 ID:/kR0P5H+0
Aの話を要約するとこんな感じ。

あの後、礫ヶ沢でつぶておにをオカルト研でやりに行った。
実際鬼の礫を見つけてつぶておにをやってみると、不思議なことに確かに石なのにいたくない。
その後、「鬼の礫~」をやらずに石を持って帰って調べてみよう、そう言うことになって、石を持ち帰った。
ところがその帰り、夜の国道を走っているときに異変が始まった。

礫ヶ沢に行ったオカルト研はA、D(Cの知人)、E(教育学部の地学研究室)の3人。
石を持ち帰ったのはE。
普段はやたらおしゃべりなのに、帰りの道中では殆ど口をきかない。
「まあ、疲れているんだろうな」、位に思っていた。
3人が帰りにコンビニに寄り、飲み物なんかを補充していると、Eが飲み物の他にカッターなんかを買っている。
そのときは「おかしなヤツだな」、程度しか思わなかったんだ。
コンビニを出るとき、Eの影に角が生えているようにAには見えた。
ギョッとして見直すと、コンビニのガラスの影の具合でそう見えただけのようだ。
「つぶておにの話を聞いた後で、神経質になっているんだ」
そう思い直して車に向かったとき、車からDの悲鳴が聞こえた。
それはEがカッターでDに斬りつけたところだった。
Aは後ろからEを羽交い締めにして
「どうしたんだ!」と叫ぶと
Eの首がぐるっと回り(そう見えたらしい)獣のような目でイヤな笑いをしたそうだ。
次の瞬間Aは太ももをEのカッターで斬りつけられて、その痛みでEを放してしまったそうだ。
Dはその間に車に乗り込み、ドアも閉めずにそのまま車で逃走。
Eは開きかけのドアに捕まり、車に引きずられていってしまったそうだ。
一人残されたAは恐怖に震えながらタクシーで家に帰ったそうだ。

後日、Aは大学で連中のことを聞く。
その日、Dの車は近くの陸橋で自爆事故、Dはそのときの怪我で入院中、Eはその日以来姿を見せていないとのこと。
Aはその話を聞いて、
「次にEが来るのは自分のところじゃないか」
そう思ってアパートに閉じこもっていた。

873 礫ヶ沢の鬼礫 6 sage 2005/12/12(月) 01:47:46 ID:/kR0P5H+0
ことの顛末を聞いた俺は、実家に電話をかけて村の寺の名前を聞き、寺の住職に電話をかけようとした。
その間、Aはベッドの上で毛布にくるまってふるえていたのだが、突然悲鳴を上げた。
窓の外をみると、むちゃくちゃ汚れた男がベランダから部屋の中を覗いていたんだ。
目つきが尋常でなく、いやな笑い顔でぶつぶつ言っている。
その常軌を逸した姿を見たとき、俺の背筋は冷たくなった。
男は手にした石でガラスを割ると、ゆっくりと部屋の中に入ってきた。
俺たちはしばし呆然としていたが、そこは男3人、カッターを振り回す男相手に、椅子、ナベなどで立ち回り。
何とかその男を取り押さえた時に、ドアの外から警官の声がしたんだ。
「こんな怪しい風体の男がベランダをよじ登ったりしてていれば通報もされるわな」
なぜか冷静に考えていた俺の脇では、Aが失神してしまっていた。

俺たちが捕まえた男は案の定Eで、心神喪失状態でどうなるかは分からないとのこと。
Aは実家に帰って、その後のことは知らない。
寺の住職に電話をしたら、俺がこっぴどく叱られる羽目になった。
後は任せてもう関わるな、と釘をさされた俺は、正直あんな大立ち回りを演じるのはいやなので
住職の言葉通り、事件に関してはもう触れないようにしている。
たまにBとCで飲むときに少し話すくらいだ。

874 礫ヶ沢の鬼礫 7(終) sage 2005/12/12(月) 01:49:05 ID:/kR0P5H+0
ただ、ひとつだけ気になっていることがあって・・・

鬼の礫、その行方がどうなったか。

あのとき、Eを取り押さえたとき、部屋に鬼の礫が転がったはずだが、警官がやってきたときには石の姿は見えなかった。
いや、警察が押収していれば、住職が何とかしているだろうけど。
もし誰かが持っているのなら、今でもそう考えると背筋が寒くなる。
礫ヶ沢の鬼の礫には気をつけるように。





オカルトランキング



429 :本当にあった怖い名無し:2012/05/15(火) 12:48:08.20 ID:Aj7eLX92O
とうとう俺も目撃しちまった!!!!
見ちゃったよ!
今日の出来事!
子供を三人引き連れたなんだがさえない感じの父親を、通勤時に見たんだ
一人は赤ちゃんで背中におぶってて、ぐずってる二人の女の子を困りながらあやしてたの!
なんか父親が「ここにはおれないから(居れないから)、帰るの!ほら、ほら行くよ」的な感じ

んで子供持つって辛そうだな、とか思って父親を見たら頭に鬼みたい角生えてんのよ!15cmくらいの!
ハァァァーッ?!と思い子供達みたら子供達にも白に黄のラインが入った角が!
ありゃ鬼の家族だ間違いない!
じろって見てたら父親鬼と目があったからいそいそと立ち去ってきた!

やべぇ――――――――!!!!

430 :本当にあった怖い名無し:2012/05/15(火) 13:10:54.14 ID:5mku3kAF0
>>429
おまいのテンションにわろたw
ところで俺「も」と言うのは、おまいさんの周りでは他にも目撃談があるのかい?


431 :本当にあった怖い名無し:2012/05/15(火) 13:56:24.30 ID:cprmmBiW0
>>429
目が合ってしまったか、、
お前の家に来るよ
「あのー、よろしければ…しばらく…家に…置いてくれませんか…」


437 :本当にあった怖い名無し:2012/05/15(火) 17:49:08.91 ID:Aj7eLX92O
>>430-431
レスサンクス!
俺もってのは、このスレの存在知ってたからさ、いつか俺も~と思ってたから、ついに!って意味さ!

会社の同僚誰も信じてくんねェ――――!!!!
いい体験したわ!




オカルトランキング



126 :117[sage] :04/10/17 23:31:30 ID:CC++ARdW
その姉さんの友達である霊感一家の話なんですが。他スレに書いた奴のコピペですが。
で、そのご友人一家の兄妹、兄貴(弟?)さんが精神集中すると簡単に幽体離脱するそうで。
すると、何処か知らんが鬼が集まって 「今日は何処其処の何某を事故らせよう」 とか悪巧みの相談をしているのを見るそうな。

実際に、その通りにご近所さんが事故ったとか、怪我したとか。
それを聞いた親戚のお友達が、和尚さんに相談したら 「それは魂が地獄に近いから、鬼の寄り合いへ行ってるんだ。今の内に悔い改めないと、極楽には行けんぞ」 と言われたとか何とか。

この話を聞いてから件の親戚姉さんとは会ってないんで判らないんだけども。
何とも無いんだべか、その人。





オカルトランキング



781 :本当にあった怖い名無し:2019/12/10(火) 11:09:36.29 ID:WaTsVneHa
背中の窪み

この前に部下達と関西に出張した時にあるキャバクラに行った時の話なんだけれど、背中に特徴的な四角い窪みが二つある女の子が居た。
中国人だかインド人みたいな特徴的な名字の子だったが酒の入っていたせいか今は何と言う名字だったのかよく思い出せない。
ショートヘアの髪型と小麦色の肌に少し堀が深い感じの笑顔の素敵な子だった。
窪みについては何かの怪我の痕か手術痕だろうと思って触れない様にしていたんだが、酔った部下の一人が不躾にもそこにいきなり手で触りながら
「ここ窪んでるけど、これ背骨は大丈夫なんですか?よく折れませんね?」
と聞きやがったんだから困る。
殺意を抱きその部下を注意しようとしたらその子は
「ああ、これ?ウチ実は人造人間なんよ、これコンセント用なんやがデカ過ぎて合うんが少ないんよ!」
と言い場を笑いの渦にしながらこっちをフォローしてくれた。
部下が酔い潰れた頃にさりげなく詫びを入れたが
「ああ、気にせんでええよ?人造人間ゆーんもあながち嘘でも無いし」
と言われた。

は?


782 :本当にあった怖い名無し:2019/12/10(火) 11:10:00.82 ID:WaTsVneHa
と一瞬、疑問符が頭に浮かんだが、その後に説明された漠然と覚えている彼女の話を要約するとこうだ。
一般人に詳しい素性は明かせないが自分は元々「鬼」等と呼ばれていた日本古来の存在であり、ある寺の邪鬼像の中に封印されていた。
それが廃仏毀釈によって封印が解かれてしまい今はこうして人間に化身して生活しているのだと。
「ほんまに菩薩様は優しい御方やったんよ?300年もずーっと村人を見守っとったのに恩知らずにも火付けられても『これで悟りが開ける』ちゅーてだーれも恨まんし。
あまつさえ邪鬼であるウチが一緒に燃えん様自分から台座から落ちて火からも空気のバリアーみたいな良く分からんもんで守ってくれたんよ?漫画みたいやろ。信じられる?たかが台座の邪鬼一匹の為によ?」
話を聞き終える頃には酔いも冷めており人間では無い存在、しかも邪悪な悪鬼と今自分は対峙している、そう思うと・・・いや、彼女の何かを感じた身体が勝手に震えていた。
最後にこちらの異変を気遣ってか
「きゃっはーwこないな嘘松にマジになってて、おかわいーお人やねーw」
とフォローされたが明らかにこれは彼女は嘘をついている。
場は更に笑い声に包まれ話題はありふれた世間話に戻っていたが汗は何故か引かなかった。
嬢が唐突にこんな話する必要があるのだろうか?
こんな話大して怖くも無いだろうが俺は仕事柄人の感情の機微や嘘や誇張を見抜くのは得意なのだがこの話はどうにも作り話とも思えなかった。




オカルトランキング




 37 :oink:2006/09/26(火) 17:36:15 ID:IdYBwNKp0
時代は戦国。未だに天下はその行く末を定めていない。

神奈川の山中には、炭焼き職人が集まる小さな集落があった。
普段は使われていないのだが、冬になると一時的に何人か集まる事で知られていた。
麓の村に下りない変わり者ばかり、と言う噂だった。

ある日、その小さな集落に一人の娘が逃げてきた。
その娘は山を三つ越えた場所にある小さな村の出で、何者かに襲われて一人だけ漸く逃げて来たと言う。
真っ白い着物に素足、髪はザンバラで、初めは幽霊かと思ったほどだった。
手足が氷のように冷たく目が虚ろな為に、慌てて小屋の中に導いた。
「他の村人は?」
炭焼き達は色々聞くが、がたがたと震えるだけで要領を得ない。
漸く娘が話し始めた内容は、とても信じられないものだった。

38 :oink:2006/09/26(火) 17:36:49 ID:IdYBwNKp0
『領主を呪う為に生贄狩りをしている』と言う噂が娘の村に流れたのは、今月に入ってからだった。
何でも、幾つかの村は襲われて全滅したらしい。
疑わしい話なので誰も信用しなかったが、それでも不穏な空気を感じざるを得ない。

娘の村に奇妙な仮面を被った一団がやっていたのは、五日前の事だった。
村の真ん中で厄払いの儀式を行う事になったのは、領主の意向らしい。
領主の手紙を村長に渡した集団の”長”らしき者は、村長の警戒を解くかのように何かを渡した。
娘はその何かを見てはいないが、村長の態度が変わったので、「金でも貰ったんじゃないか?」と噂しあった。

その夜、村人は得体の知れぬ夢を見て、次々に飛び起き、村全体が騒がしくなった。
形容しがたいドロドロの何かが、村を飲み込む夢だ。
そうして、一人も残らず食べられてしまうと言う夢。
それを見たのは一人二人ではない。村人の殆ど全てがその夢を見た。

これは奇妙な儀式と関係があるとして、村長が村はずれに滞在中の”長”の所へ抗議に行く。
だが、その時既に異変は起こっていた。
歩き出した村長と数人の若者が、突然村人の目の前で消えた。
真っ黒い霧の様なものが、何かを音を立てて”食べている”。
次いで、松明の火に照らされたのは、転がって来た村長の首だった。
呆気にとられていた村人が、恐慌状態に陥るのは簡単だった。

それからの事は思い出したくもないという。
山の中に逃げ込んだ娘は、背後に沸き起こる悲鳴や怒号に耳を塞ぎながら、山中を駆け回ったという。
そして雪を食べ、沢の水を飲んで、漸くここまで辿り着いたと言う。

この話が本当なら、大変な事だった。
娘が嘘を言っているようには見えない。
山道が雪に閉ざされる前に、麓の村に知らせに行かねばならない。
炭焼き職人達は娘を背負うと、一路山を下った。

39 :oink:2006/09/26(火) 17:37:30 ID:IdYBwNKp0
村長は、変わり者だがまじめな炭焼き達の言葉を信じる。
「変な集団が来たら村に入れてはいけない」
「領主様に報告しておくべきだ」
そう言って娘を預けると、職人達は集落に戻っていった。
少なくとも、変な儀式をさせなければ村は大丈夫だと信じて・・・・

その翌々日、漸く集落に帰ってきた職人達は恐怖した。
仮面を被った怪しげな集団が立っているではないか。
逃げようにも、疲れた彼らにはその力が無かった。あっさりと捕まり観念した。

「村は救った。お前らには騙されないぞ!」
職人の中でも年長の男は、そう言って笑ってやった。
その途端、顔色を変える変な集団の長らしき人物。
「お前ら・・・誰か村に入れたか!?」
その雰囲気に呑まれた年長の男は、それでも虚勢を張って答える。
「お前らが襲った娘を救っただ・・・」
「バカが!!!!」
男の言葉を遮って怒鳴りつける長。

40 :oink:2006/09/26(火) 17:38:36 ID:IdYBwNKp0
「お主等が”導いた”のは、人の姿をした鬼じゃ!」
訳が判らない。あの可愛らしい娘が鬼などということは考えられなかった。
「嘘じゃ!お前らのいう事が信じられんわ」
「・・・お前ら。この冬山で只の娘が、どれ位彷徨うて生きていられると思うか?」
「・・・・・・」
「その娘、当に死んでおるわ。目は?体は?生気はあったか?」
男の言葉ががんがんと響く。
言われてみれば思い当たる節はある。
長は続けて言う。
「皆殺しにした村の中から都合の良い人間を見つけると、中に入り込んで、次の村を襲う。
 村々には悪霊避けの護符がある所が多く、人の姿を借りると共に、”導いてくれる”人間が必要」
それを聞いた職人達は、とんでもない事をしてしまったと言う恐怖に染まった。言葉もない。
慌てて戻ろうとする男を長が止める。
「・・・もう遅い。二日も経っているのだろう・・・今回も間に合わなかったか・・・!」
無念そうに呟く。
職人達にこの土地から離れるように告げると、彼らは無言のまま村ヘと向かった。
鬼を追うために・・・
職人達はただ呆然と立ち尽くすだけだった。

41 :oink:2006/09/26(火) 17:39:38 ID:IdYBwNKp0
この村の資料としては、郷土資料館の地下書庫に眠る『仏黒山村 記』にのみ記されている。
『村の住人は誰も居なかった。忽然と一人も残らず消えていた。犬もネコも牛も馬も、何も居なかった。
 ただ、彼方此方にこびり付いた血の痕が、ここで何かがあったことを告げていた。
 村の住人が戦った様子は無い。
 しかし、固まっている血溜まりから見ても、明らかに殺された形跡はある。
 死体も無く、ただ何もかも消え去っている。』

当時、この地方を治めていた領主に当てられた報告としては、これ以上の事は書かれていない。
恐らくは盗賊の類に殺され、生き残った者も死体ごと連れ去られたのだと考えられた。
戦国の世の中で、山奥の小さな村が消えてなくなる事自体は、さほど珍しい事ではなかった。
しかし、それらの真相が明らかになる事もまた無かった。
炭焼き職人達のその後は、杳として知れない。




オカルトランキング

↑このページのトップヘ