【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 宗教





489:名無しのオカルト 2009/09/29(火) 10:24:40 ID: ID:a/NhyZJdO
いろいろあって
20代で坊さんにならなきゃ変わらないと漠然と思いながらさ迷い
般若心経を30代に知った
以来般若心経を1000枚写経したり1万回以上読誦した
効果はあるが因縁が深いんだなぁ…つくづく思う

491:名無しのオカルト 2009/09/29(火) 16:19:14 ID: ID:hvuKM0xW0
>>489
効果kwsk




492:名無しのオカルト 2009/09/29(火) 16:32:34 ID: ID:a/NhyZJdO
>>491
奇行が減った
へんな物からの影響少なくなった
耳鳴り減った
囁く声も減った




493:名無しのオカルト 2009/09/29(火) 17:05:15 ID: ID:hl1DIUSw0
>>492
>奇行が減った
>へんな物からの影響少なくなった

さらにkwsk




494:名無しのオカルト 2009/09/29(火) 17:28:26 ID: ID:a/NhyZJdO
>>493
('∀')どんな答えなら納得するん?




497:名無しのオカルト 2009/09/29(火) 18:38:17 ID: ID:hvuKM0xW0
写経スレってのが趣味板だか神社仏閣板だかにあって、数年前よくのぞいてたんだが、
>>493みたいなことや、おおむね精神的なよい変化→生活習慣の改善、
みたいな効果があったと報告する人がいたよ




496:名無しのオカルト 2009/09/29(火) 18:21:52 ID: ID:H7McizHM0
>>489 効果あるらすぃね




495:名無しのオカルト 2009/09/29(火) 17:30:06 ID: ID:hl1DIUSw0
霊による?
悪影響がどういうものなのかを知りたい




498:名無しのオカルト 2009/09/29(火) 20:47:44 ID: ID:swFpJj400
そういや死刑囚もやってたりするよな。
心と体が同時に落ち着くのかな?
しかし俺は凝り性なので、写経してる文字の生み出す教えや
そのすべての意味が理解できないとなるとそれを理解するために
脳がフル活動を開始するので疲れて、中断して、中途半端になって
それ故に飽き足りつんのめったりしそうで、それでものすごいストレス溜めてしまう
どうにかしてください。
どうしようもなくなった時は、俺は伏見稲荷大社に1人で行きます。
そうすると、いっぱい泣いて泣き止んだ後の子供の心のような感覚にとらわれ
まるでこんなバカな俺を愛して見守ってくれる自分の親がいるような気がするのれす




499:名無しのオカルト 2009/09/29(火) 20:50:29 ID: ID:hl1DIUSw0
>>498
周りに人がいても泣けるのかい?




500:名無しのオカルト 2009/09/29(火) 21:25:06 ID: ID:swFpJj400
>>499
子供が目いっぱい泣いて泣き止んだ後のような感覚にとらわれるだけで
実際には涙を流して大泣きするわけではなく、他人から見ても
あからさまに平静に見えますし、平静を装っているわけでもないのです。




501:名無しのオカルト 2009/09/29(火) 21:26:24 ID: ID:hl1DIUSw0
>>500
興味深いな




508:名無しのオカルト 2009/09/30(水) 01:34:53 ID: ID:bJN7yMaZ0
法華経唱えろよ
ランクが一番上だから




509:名無しのオカルト 2009/09/30(水) 07:56:38 ID: ID:jlB0IvOo0
ホーホケキョ!
これで俺のランクは最上位か!




510:名無しのオカルト 2009/09/30(水) 09:36:18 ID: ID:NPJVw/0T0
お前みたいなのが友達に一人いたら毎日楽しいだろうな






オカルトランキング



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 02:41:31.61 ID:2PsGgY0w0
日本の宗教でもいいから面白い話聞きたい
何かない?



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 02:42:10.79 ID:qv0aHpOM0
聖おにいさん

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4063726622/

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 02:43:03.36 ID:2PsGgY0w0
>>3
4巻くらいまでなら読んだよー
面白いし好き

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 02:46:08.81 ID:fmzbrcgn0
千手観音や馬頭観音は、みんな観音菩薩だから
まったく偉くないとか、そんな話?

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 02:47:46.71 ID:2PsGgY0w0
>>5
え、偉くないってどゆこと
同じ階級ってことじゃないの

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:00:10.82 ID:fmzbrcgn0
>>7
千手観音や馬頭観音は、変化観音って言って、観音菩薩の変化した姿
観音ってのは位(くらい)の名前じゃなく、観音菩薩の観音

菩薩って位(くらい)は、悟りを開いてない人の位で
悟りを開いた人は、如来って位で呼ばれる
菩薩は如来の弟子と言うか付き人、脇侍として扱われている
例えるなら、水戸黄門が如来、助さん角さんが菩薩

菩薩は悟りを開いてない俗物

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:04:50.01 ID:2PsGgY0w0
>>18
なるほど…
そうだよね、お釈迦様以外は悟り開いてないんだから
でも俗物って言われると違和感

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:16:41.34 ID:fmzbrcgn0
>>23
釈迦如来以外にも大日如来、薬師如来、阿弥陀如来とか
で、次に悟りを開いて如来になると言われてるのが、弥勒菩薩

脇侍もだいたい決まっていて

釈迦如来→文殊菩薩、普賢菩薩
大日如来→虚空蔵菩薩
薬師如来→日光菩薩、月光菩薩
阿弥陀如来→観音菩薩、勢至菩薩

文殊菩薩、普賢菩薩は、原子炉の名前にも使われてるよね

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:21:50.43 ID:2PsGgY0w0
>>37
へえ…勉強になる
菩薩は分身?みたいなものだと思ってたけど違うのかな?

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:34:09.60 ID:fmzbrcgn0
>>44
菩薩は、悟りを開こうと修行してる人
悪く言えば、こだわりを捨てきれなくて悟りを開けない人
この場合「人々を救う」もこだわりで、それが悟りを開けない原因だったりする

キリスト教で言えば、菩薩は
神にパシられる天の使い(天使)みたいなものだと思えばOK

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:43:37.75 ID:2PsGgY0w0
>>61
なるほど…
じゃあ各地に散らばってる菩薩様は派遣社員みたいなものか


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 02:47:22.96 ID:gxNjCOjn0
空海と最澄は本を貸す貸さないで揉めて絶交した

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 02:49:00.03 ID:2PsGgY0w0
>>6
なんか微笑ましいな
なんの本だったんだろうか

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:35:55.07 ID:CWCvP9mx0
>>6
最澄が空海のとこに弟子を派遣したら、そのまま帰ってこなかったから、とかじゃなかったっけ?

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:39:12.36 ID:hHhww3vSO
>>6
そのお経は理趣教
今ではお経どころか解説本まででている
いい時代になったな

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 02:49:06.60 ID:ppY4ZepQ0
・釈迦の毒矢のたとえ
毒矢を撃たれ負傷する仲間を見て
「この矢はどこから飛んできたのか?誰が射ったのか?毒の成分は何か?」
このようにあれこれ考えるのも良いが、まず刺さってる矢を抜いてやれよって話。

コレは釈迦が理屈っぽい弟子に「死後の世界はある?輪廻転生はある?」とあれこれ聞かれた時に説いた例え話。

要するに「死後の世界とか色々先のこと気にするのもいいけど、まず今やらなきゃいけないこと沢山あるだろお前」ってこと。

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 02:54:27.75 ID:2PsGgY0w0
>>9
死後の世界が気になるのはその頃からだったのか
なんか分かり易そうで難しい例えだ

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 02:52:40.22 ID:nd1Y0KWZ0
仏教の用語で
「乱暴な言葉を吐かないこと」を
「不悪口(ふあっく)」と言う

単なるトリビアだな、すまん

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 02:53:26.38 ID:gYElNQHW0

9199ef5d-s


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:04:13.01 ID:9bt1xwL3i
>>14
すごくよくできてて感心してしまった

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:00:29.87 ID:x4vZC0YMO
大乗仏教ではどこまでも慈悲深い仏様が現世の行いに関わらずみんな救ってくれる
戒律云々は直せる病気だからってわざわざ病気になろうとすることはないってレベルの話

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:07:01.34 ID:2PsGgY0w0
>>19
なんでこんな考えが今の仏教として浸透しちゃったのかまるでわからん

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:03:57.43 ID:gYElNQHW0
たしか三蔵法師って破戒僧だったんだろ?

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:12:09.01 ID:au8jhoSiP
>>21
三蔵法師って一杯いるからなー
鳩摩羅什は確かに破戒して還俗した

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:16:49.25 ID:gxNjCOjn0
>>30
一般に三蔵法師のモデルとされてる玄奘は同時期に鳩摩羅什が長安にいたのに
あいつは俗っぽいからヤダとかいってわざわざインドに出かけたんだよな

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:13:59.22 ID:6UPnZuue0
地蔵ってそこら辺にあるけど実は結構位が高いすごいやつ

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:15:36.36 ID:2PsGgY0w0
>>31
菩薩より上だったけ
そこらへんわからん

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:28:09.78 ID:6UPnZuue0
>>35
地蔵は菩薩だけど人間を全て救わないと俺菩薩やめるわって感じで菩薩の地位を捨てて救われない民を救う旅に出かけた

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:33:11.25 ID:2PsGgY0w0
>>54
慈悲深いすぎ泣いた
お地蔵さんって事故現場とかにポンポン作られるからなんか軽く見がちなんだよな

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:35:07.30 ID:6UPnZuue0
>>60
例えばビル・ゲイツが金に困ってる奴いたら金やるよって言ったらめちゃくちゃ崇めるだろ
記念碑建てちゃったりして
地蔵菩薩が助けてくれるってなったら感謝しまくってポンポン作るわけよ

128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:28:25.45 ID:pTTlZR2H0
>>31
地蔵って
地蔵菩薩としての地蔵と
道祖神としての地蔵があるらしい
昔覚えた記憶だからあやふやだけど

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:15:38.78 ID:hHhww3vSO
空海は虚空増菩薩とであって、仏教に目覚めた

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:21:50.43 ID:2PsGgY0w0
>>36
菩薩本体に出会った…だと?


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:18:52.81 ID:Fos/suMI0
ブッダは断食して悟りを開こうとしたけど途中で『あ、これ意味無いわ』と悟った。

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:22:05.38 ID:ppY4ZepQ0
>>40
あのあと菩提樹の下で再び修行を始めたのは何なん?
無意味だと悟ったのに

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:24:49.76 ID:hHhww3vSO
>>45
それが座禅とかじゃね
悟りは苦行ではなく瞑想により導き出されるとか

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:26:39.47 ID:OHwrmYHv0
輪廻転生って本来は苦しいものなんでしょ?
その輪から外れるのが悟りなの?

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:31:12.55 ID:2PsGgY0w0
>>53
六道から抜けて仏になる方法を知ることが悟りじゃないかな

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:21:50.36 ID:NQetSkVy0
葬儀屋だけど
よく浄土宗の遺族の方から「戒名っていくらくらい出せばいいんですか」って聞かれるけど
「戒律のある宗派じゃないので戒名ではなく法名ですよ、なのでいりません」っていつも答えるんだが

家に置いてる仏壇の位牌とかみんな見ないもんなんだな



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:22:36.71 ID:hHhww3vSO
大乗仏教は龍樹が開いた
だから、釈迦の仏教とはいまいち違う

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:31:48.38 ID:IJdTSs+y0
修験道は元々一般人のもの
よって山伏は頭を剃る必要が無い

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:37:43.63 ID:2PsGgY0w0
>>58
山伏って髪の毛剃らないイメージ


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:35:06.78 ID:hHhww3vSO
お地蔵さんの正体は
地天という神様とも
閻魔様とも言われている

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:43:37.75 ID:2PsGgY0w0
>>62
閻魔様ってどうしてそうなった

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:50:16.96 ID:hHhww3vSO
>>70
すまん、閻魔様の由来は忘れた
閻魔様のインド名ヤマは最初の人間で、やはり最初に死んだであの世で裁判官を始めた
まあ、ひとり裁判だから、検察のような厳しさと弁護士みたいな優しさとを持ってたんじゃね

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:56:36.72 ID:2PsGgY0w0
>>80
ただの怖い人じゃないってことかあ
というか最初に死んだ人だったとか初めて知りました

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:40:35.21 ID:neQBLwbN0
まんが日本昔ばなしに出てくる仏が結構酷いことしてる気がする
とうせん坊とか

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:43:57.54 ID:fmzbrcgn0
>>68
仏の行いは全てが善だから…

人間にとって不都合でも、神の試練とかそんな感じで…

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:42:43.48 ID:hHhww3vSO
神道の諏訪大明神は思い悩んで仏教に帰依した、伝説がある

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:48:29.15 ID:2PsGgY0w0
>>69
人間くさくてなんかいいねえ
神様でも縋りたくなるんだ


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:45:17.04 ID:CWCvP9mx0
天岩戸に籠った天照大御神を呼び出すためにアメノウズメが踊ったのは裸踊り

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:48:59.51 ID:KZubhPL10
中国の清朝末期には弥勒思想というのが流行った
つまり救世主である弥勒菩薩が現世に現れて悪を討伐してくれるってこと
そこにキリスト教やらイスラム教やら果ては拝火教やらがごった煮に混ざって当時の宗教反乱はかなりカオスになっていた

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:53:57.66 ID:2PsGgY0w0
>>77
やっぱ仏教以外の宗教が混ざるとロクなことない


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:49:02.87 ID:PtDVsVfWP
寺とか神社行ってその歴史とか縁起とか調べるの楽しいよな。

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:53:57.66 ID:2PsGgY0w0
>>78
楽しい!
ある神社と神社の意外な繋がりとかそういうの知るとワクワクする

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:49:42.43 ID:IJdTSs+y0
少林寺の座禅は仙道や道教の技法でインドとは違うが日本の禅はもっと違う

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:51:01.56 ID:PtDVsVfWP
>>79
少林寺拳法はさらにまた別物だっけ?

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:54:07.59 ID:IJdTSs+y0
>>81
それは日本の武術
少林寺のは少林拳だけどそれも寺やその周辺でやってる武術の総称だから
七星拳とか紅拳、秘宗拳など数えきれない程ある

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:51:37.81 ID:euT8kAEV0
釈迦が開祖した当時の仏教と、日本のいわゆる大乗仏教って何か別モンに思えるんだが…?
何がどうなってこうなったんだ?

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:57:31.24 ID:qJmKsh/N0
>>83
221 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2008/09/07(日) 01:11:17 ID:Oy8wBgQj
浄土真宗系のできかたって、いかにも日本的だと思うんだよなー。
仏教開祖のお釈迦様が、当時の日本の思想的エリートが導き出したこの結論を見たら
モニタに茶を噴くのは間違いないと思う。w

比叡山で修行した法然。→浄土宗
「ぶっちゃけ悟って仏になるの、俺ごときでは無理(←このへんが日本人的謙遜)
働いてる一般人なんかもっと無理。今の仏教は金と暇のある金持ちにしか役立つ可能性がない。
でも安心しる。阿弥陀様って偉いお方が、自分が十分にレベルうpしたら
おまいらも引っ張り上げてやんよ、ていってる。これはそこに張るしかないっしょ。
はらたいらさんどころじゃないよ。「あみださまに、全部」 さあ何度でもいいつづけよう」

親鸞→浄土真宗
「法然さまはおおむね正しいけど、阿弥陀様なめすぎ。
念仏言った回数で差別するような方じゃねえはずだよ(←このへんが日本人的舶来びいき)
心に思うだけで、修行とか、戒律とか自分をどうにかする必要もないよ。
だから俺なんか結婚だってしちゃうもんね。ただ阿弥陀様に乗ればいいのさ」

おまけ 一遍→時宗
「おまーも阿弥陀様なめすぎ。あの方は信者だろうと何だろうと、一切区別しないの。
つまり俺たちは阿弥陀様のおかげで勝ち組。もう決まってんの。(←日本人的暴走)
だから感謝の踊りを踊ろうぜ、let's dance!」

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:00:39.36 ID:PtDVsVfWP
>>89
これ好き

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 03:59:16.58 ID:2PsGgY0w0
>>83
大乗仏教が大乗仏教たる所以のあった時代のせいだと思
溢れかえった犯罪者をできるだけ善人にする政策みたいなもの

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:02:05.33 ID:ISZSkxc40
>>83
インドから中国に輸入された際大幅に改編された

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:08:14.68 ID:euT8kAEV0
>>94
それならば、中国の仏教と日本のそれは、結構類似性は多いの?
まあ何にせよ、シルクロードを経由して入ってきたものにいろいろアレンジが入るのは必然ではあるだろうね
そういや、奈良の東大寺のお水取りの儀式にゾロアスター教の影響を見る人もいるぐらいだしね

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:11:49.55 ID:ISZSkxc40
>>99
類似性と言うかほとんどの仏典は漢訳だしね
日本での独自進化を除けばほぼ中国の影響下

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:08:31.25 ID:m6qf4J+o0
キリスト教の聖人にジョサファという人が居るが
この人の正体はブッダその人

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:11:53.55 ID:2PsGgY0w0
>>100
リアル聖おにいさんか…


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:10:06.70 ID:CWCvP9mx0
秀吉がある寺で休息したが、一杯のお茶も出してもらえなかった
その寺は秀吉の命令で「茶くれん寺」と改名させられた

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:15:58.28 ID:2PsGgY0w0
>>104
秀吉かわいい


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:11:36.12 ID:J/i/qwiw0
ダルマはサンタだったwww

とか

カッパは宣教師がモデルwww

とか

天狗のモデルは山篭りしてた宣教師www

とか

どこそこの盆踊りはキリスト教由来で歌詞もあっちの言葉だwwww

とかしょうもない話、たくさんあるね

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:16:06.65 ID:PtDVsVfWP
うろ覚えやけど川崎大師の近くに夜光って不思議な地名があるねんけど、これはその地が夜にも関わらず光続けていたため、ためしに網を投げ込むと、そこに弘法大師の像が沈んでいたらしい
それを安置したのが今の川崎大師やな

夜光
地名の由来

夜にもかかわらず、海中に光が煌々と灯っていたことから、付近一帯に「夜光」の名がついた。この光り輝く海に、「川崎大師」の名で有名な平間寺の開基である平間兼乗が網を投げ入れたところ、そこから弘法大師像が現れた。それを安置したものが現在の平間寺である。

wiki-夜光-より引用


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:21:53.50 ID:2PsGgY0w0
>>112
やっぱり空海ってすごい坊さんだったんだな…


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:17:08.63 ID:IJdTSs+y0
修行はインド→中国→日本の順に単純になっていく
インドでは人体にある七つのパワーの中枢を下から鍛え上げ力を操作し
中国では腹、胸、頭の三つに集中させ気を制御するが
日本は腹が一番大事なんだからそこだけ徹底的に練り上げりゃ良いだろ、気?知るかそんなもん

って思考

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:19:31.25 ID:tqQuC+KW0
誰か明治に行われた神仏分離の流れ教えて

119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:23:57.01 ID:2PsGgY0w0
>>116
日本には神様が多すぎる→もうちょっと崇める対象減らした方がいいんでね?→よし、寺社減らすか

違うな多分

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:25:31.58 ID:CWCvP9mx0
ザビエルは日本布教の当初、デウスを「大日」と訳してしまい、僧侶に同門だと勘違いされた

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:28:16.59 ID:2PsGgY0w0
>>121
へえ面白い
偶然ってすごい

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:35:50.71 ID:euT8kAEV0
>>127
ん?それは偶然じゃなくね?
ジャップ「お前の言うデウスって何者よ?」 ザビエル「うーん…まあここでいう大日みたいなもんだな!デウス=大日のことだよ!」
っていう話だったような
一神教的な神の概念を多神教世界で伝えるのはえらい困難だった、ということだと思う

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:39:16.50 ID:2PsGgY0w0
>>134
そういうことかあ
それでも一部ちゃっかりキリシタンができちゃったのは日本の国民性のおかげなんだろうなあ

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:31:09.97 ID:z0SsD5l40
般若心経はロック

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:35:01.09 ID:2PsGgY0w0
>>131
お釈迦が説いた難しい経を一般民にもわかるように訳したものらしい

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:36:01.47 ID:z0SsD5l40
>>133
自分で言っといてなんだけど、超スゲェ楽になれる方法を知りたいか?って言い回しは好きじゃない

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:40:56.41 ID:2PsGgY0w0
>>135
そんな言い回しなの?w
てか何故ロック

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:42:28.16 ID:WpAgHTasO
>>133
ヨーロッパの神権裁判ってのは簡単にいったら裁判の結果を神にまかすかんじ
なんとも判定のつかない被疑者に毒のませたり縛って水に落としたりして「生きてたら神様が味方したってことだから無罪な」っていう乱暴なやりかた
日本でも水源あらそいなんかで村の代表者通しが熱した鉄なんかを神様のお札はった腕なんかにのっけて「無事だったほうが神様のご加護があったから勝ちな」とかやってた

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:43:35.17 ID:pTTlZR2H0
>>142
タイムスクープハンターで
アツアツに焼けた石を持たせるとかしてたなあ

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:32:47.69 ID:IJdTSs+y0
四股踏み(しこふみ)は邪気を祓い天地の気と共鳴する為のものだった
その為気功的観点から見ても非常に優秀な修行法

http://kotobank.jp/word/しこ【四股】

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:36:16.93 ID:m6qf4J+o0
キリスト教のロザリオの起源は数珠という説がある
数珠を花の輪と誤訳して薔薇を輪になってロザリオ
ちょっと胡散臭い話だが

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:48:10.79 ID:euT8kAEV0
国家神道とかいうカルトが蔓延ってからの修法とか作法ってのはなあ…
とはいえ明治以前の形を留めたままの神社って今あんのかな

149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:49:32.51 ID:IJdTSs+y0
>>148
それが問題なんだよなぁ

152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:51:24.77 ID:2PsGgY0w0
>>148
伊勢神宮や出雲大社くらいになればそのまま残っているんじゃなかろうか

161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:55:05.47 ID:iY/2040m0
>>152
空海が誰でもわかるようにと残した、唱えるだけで悟りが開ける真言をわざわざわけわからんルールつけて無駄に厳しくした本末転倒な話
聞いた話じゃ半分死ぬって

171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 05:01:23.82 ID:2PsGgY0w0
>>161
まず唱えるだけで悟れるってとこがもう…

174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 05:03:56.93 ID:iY/2040m0
>>171
そう言われればそうだな

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:49:50.12 ID:m6qf4J+o0
仏教の三宝である仏法僧
これと同じ名前のブッポウソウという鳥が居るがこの鳥はブッポウソウとなかない

http://ja.wikipedia.org/wiki/ブッポウソウ

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:53:13.51 ID:pTTlZR2H0
>>150
別の鳥がブッポウソウって鳴くんだっけ

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:55:35.68 ID:m6qf4J+o0
>>155
夜中にブッポウソウと聞こえるから多分この鳥だろwww
と思って名前をつけたら全然そんな鳴き声じゃなかった
昭和になってラジオ番組でこの謎の鳥の鳴き声を流した所この鳥がコノハズクであることがわかったそうな


163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:58:10.86 ID:pTTlZR2H0
>>162
このはずくだっけありがとう

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:50:15.18 ID:WpAgHTasO
位牌は儒教の風習

157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:53:52.33 ID:WpAgHTasO
参道が左側通行なのは刀の鞘当て防止

164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:58:24.08 ID:2PsGgY0w0
>>157
まず参道が左側通行なのか知らなんだ


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:54:33.20 ID:IJdTSs+y0
仏教の七宝は宗派や御経で違うから持つなら瑠璃だけで充分

167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:59:48.92 ID:BiMnGJOh0
地元に土地神(イソタケル?)を祀ってる神社があるんだが
天井にスサノオとオロチが戦ってる様子の絵があるんだが良いのかこれは・・・

169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 05:00:29.86 ID:WpAgHTasO
狛犬をよくみるとたまに足元に赤ちゃん狛犬がじゃれてたりして可愛い

172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 05:02:14.79 ID:K2hvFl560
何か救われる言葉を俺に頼む
仕事に限界を感じて何もせず今は家出ごろごろしてる俺に

176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 05:04:31.04 ID:iY/2040m0
>>172
怠けると地獄に落ちる

181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 05:09:02.81 ID:K2hvFl560
>>176
うわぁ・・・

175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 05:03:58.01 ID:WpAgHTasO
日本でもヨーロッパでも邪視除けって籠目なんだっけ?
やっぱりなにかしらあるのかな

180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 05:07:45.56 ID:2PsGgY0w0
>>175
不思議だよねえ
イスラエルの国旗もこれだしね

187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 05:13:27.72 ID:WpAgHTasO
>>180
紋様自体は単純だからそりゃ世界中にあるんだろうけどね
迷信のなかでの使われ方まで同じってのはロマン感じるよ

193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 05:16:41.73 ID:2PsGgY0w0
>>187
そうだとしてもなにか繋がりがあるんじゃってワクワクする
そういや地元の神社の祠にも掘られてたなあ

188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 05:13:41.73 ID:J/i/qwiw0
相撲は古代イスラエルの神事だったああ!!!!
豆まきは古代ローマの風習だったあああ!!!!
青森にキリストの墓がああ!!!
日本のルーツは古代イスラエルだったあああ!!!

こういう話題ってなんか楽しくなってくる

198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 05:19:56.23 ID:WpAgHTasO
>>188
日ユ同祖論とかシュメールの16菊花紋とかバカバカしいとは思いつつもロマンを感じてしまうわ
司馬遼太郎でさえ日ユ同祖をネタに小説書いちゃうくらいだし

205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 05:24:39.59 ID:J/i/qwiw0
>>198
そういうのにワクワクする感性みたいなものは大事にしたいね
ウソに決まってんだろw何言ってんのばーかwwみたいに冷めた態度とる人にはなりたくない

192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 05:16:33.81 ID:K2hvFl560
日ユ同祖論はガチで研究してる奴がいるからな
あながち嘘でもないかもしれん、偶然なのかもしれんけど

212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 05:32:05.38 ID:CWCvP9mx0
記紀には「仏教尊い、神道卑しい」という仏教age神道sageな記述がある
しかも天皇とか偉い人が言ったことになってる

213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 05:32:15.38 ID:gQ1nuTcP0
天から何やら得体の知れないやつが降りてくる…
村人はその様子を見ている
「なんだ、あれは?」「バケ物か?」「恐い、不気味だ…」
やがてそいつの姿がはっきり見えてきた
しかしそいつの衣装からはチ○コがはみ出てた
恐怖のムードに包まれてた村人たちの表情はその光景を見て一転
ドッと村人たちに笑いが起き和やかなムードになった
そして村人たちは天から降りてきた者を歓迎し、ご馳走でもてなし、仲良くなる


大雑把にしか覚えてないけどこんな日本の神話なかったっけ?
誰か名前知ってたら教えてくれんか

222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 05:41:29.34 ID:2PsGgY0w0
>>213
もうちょっとヒントがほしいw


217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 05:35:33.30 ID:87xnt8YI0
一休さんの置き手紙

ちょっと出かけてくる。
俺はたぶん賭場か女郎部屋かそこらにいるから用事があったらそこらへん探してくれ。

224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 05:44:23.66 ID:2PsGgY0w0
>>217
一休さんやさぐれすぎワロタ
どうしてそうなったんだろう

245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 06:00:41.67 ID:87xnt8YI0
>>224
一休さん 破戒僧
でぐぐるとたくさん出てくるぞ

251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 06:04:10.05 ID:pTTlZR2H0
>>245
ちゅうか一休宗純は
ウィキペディアだけでも楽しめる
傍から見てたら破天荒っぷりに笑うけど
近親者とか関係者からしたら
胃痛の種だったろうと心中察するレベル

http://ja.wikipedia.org/wiki/一休宗純

Portrait_of_Ikkyū_by_Bokusai

228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 05:48:50.55 ID:aJCydFnvO
朝鮮人を祭った神社が日本中にたくさんあるけど大半は名前を変えられてる
埼玉の高麗神社みたいに残ってるのも一部あるけど

既に出てたらすまん

233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 05:51:53.11 ID:2PsGgY0w0
>>228
そうなのか知らんだ
名前を変えるっていうのは朝鮮人名から日本風の名前にってこと?

237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 05:54:11.57 ID:pTTlZR2H0
>>233
それっぽくない名前なんだけど
ある特定の人から見たら
もうドンピシャビンゴみたいな名前があるらしい
俺も詳しくは知らん

239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 05:55:05.19 ID:y9usNF9H0
海幸彦 山幸彦

291c1e18

247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 06:02:32.71 ID:2PsGgY0w0
>>239
カオス

159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:54:19.52 ID:Y11EFhHu0
このスレ実に為になるし面白いなぁ
仏教に興味あるからこんな時間に見入ってしまった

164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25(水) 04:58:24.08 ID:2PsGgY0w0
>>159
俺も知らないことばかりで面白い
立てといてだが寝れないww





オカルトランキング



714 :本当にあった怖い名無し:2009/03/12(木) 23:00:19 ID:Rxwynwh80
昔勤めてた会社であった話を投下する。

中か小かってサイズの会社で、社長はワンマンで上司はイエスマンが多く、
おまけに社内イジメが横行してて人間関係は良くなかったが、個人的に友人はいた。

友人は俺より少し上の30代で、ちょっと陰のある渋い男前だった。
飲みに行く仲になって聞いたんだが、社会人に成り立ての頃に、長い付き合いの彼女を亡くしたそうだった。
事故で死んだ彼女とは婚約してたそうで、まだ結婚してなかったから、葬儀や墓の手配は彼女の実家がした。
「遠方で墓参りにもあまり行ってない」と言う友人は、彼女のくれたお守りを持ち歩いていた。
神社とかでくれるような、和風の布の小袋にヒモのついた奴で、
友人いわく、「しんどい論文書きの最中に彼女に貰った」と。

「これあげるね。真面目に一生懸命努力してる人は、神様が守ってくれるんだよ。
 私にも役に立ったから、効くよ」
「何の役に立ったの?」って聞いたら、
「○○君(友人)と付き合えた♪」と笑顔で言われたと。

切ない話かもしれんが、そんな殊勝な女に縁の全くない俺は、正直に蹴っ飛ばして、
「のろけてんじゃねーぞヴォケ」と言って友人に爆笑された。

で、俺らが当時に居た会社の雰囲気が悪かったのは先に書いた通り。
友人は特に、直属の上司との仲が最悪だったせいで、周り中から日々イビられていた。
少し人見知りで理論派の友人は、年中「根暗の癖に気取ってる」「屁理屈ばっかり言いやがって」と上司に怒鳴られ、
同僚に陰口を叩かれ、嫌味を言われながら、
「職場は金を稼ぐ場所だ」と努めて、真面目に相手をしないで暮らしていた。


715 :本当にあった怖い名無し:2009/03/12(木) 23:03:24 ID:Rxwynwh80
ある日、俺が帰ろうとしたら喫煙所で、友人と特に仲の悪かった連中に呼び止められた。
「ほら。これ」
見せられたのは友人のお守りだった。
「マジ暗いよな。死んだ彼女のお守りとかって、女いないからカッコつけてるだけだろ」
「おまけにさあ、大爆笑だぜ。中、何が入ってたと思う?」
笑いながらそいつらは、袋を逆さにして振った。そいつらは既に一度見たらしい。
お守りの中身は、紙に包んだ小さな錆びた十字架のペンダントだった。
露店とかシルバーアクセのショップで見るような、人間型が磔ポーズで付いてる奴。
お守り袋は寺か神社で売ってたっぽい奴だから、俺も意外で、思わず動きが止まった。
「超ありがたみ無いよな。案外、その彼女にも馬鹿にされてたんじゃね?あいつ」
その頃になって、俺はようやくムカムカしてきたんで、
「お前らに関係ないだろ。つーか泥棒じゃねえか。返せよ」と手を出したが、
そいつらは無視して、お守りと十字架を持ったまま行ってしまった。

友人は数日凹んでいて、俺も何度か「いつまで鞄にあったか、覚えてないか?」と聞かれたが、
結局取り返せなかった後ろめたさで、俺は結局、友人にその話をしなかった。
上司も他の同僚も、そんなことを聞ける仲じゃなかったから、友人はやがて諦めてしまったようだった。

それから少しして、そのお守り泥棒したグループの1人が入院した。
精神の方の病院だとか噂が流れてたが、詳細は知らない。
さらに別の1人が、ヤクザ関係のトラブルにあった話が社内に流れ、直後に会社を辞めた。
総務の奴は、
「事務処理が残ってるのに、電話してもメールしても繋がらない。
 実家にかけたら、親も連絡できないと泣きつかれた」
と零していた。

それどころか、会社自体に妙な情報が社内で流れ始め、社員が浮き足立ってきた。
乱れ飛ぶ噂は、取締役がメンヘルでやばいとか、
取引先が血相を変えて「お宅とは縁を切らせてくれ」と言って来たとか、洒落にならないものばかり。
他社の出入りの営業(こっちが顧客)を社に呼んだら現れず、半泣きで電話してきて、
『頼むから外でお願いします。クビが飛ぶって言われても、怖くて入れません』と言われた、
なんてものまであったとか。
少しずつ、誰かが辞めてく頻度が上がってた。


716 :本当にあった怖い名無し:2009/03/12(木) 23:05:00 ID:Rxwynwh80
そんな時に、友人に誘われて飲みながら話をした。
友人は既に転職先を決めていた。
守り袋をなくして数日後に、死んだ彼女が夢に出てきたそうだ。
彼女は怒ってなくて、ただ「ごめんね、ごめんね」としきりに謝っていたそうだ。
「私には止められない。凄く怒ってる。あなたが出るまで待ってくれないかもしれないの。
 あの会社から早く出て。お願いだから。それまでは私が絶対に守るから」
泣きそうな顔で言った彼女の真剣な表情が、目覚めてからもハッキリ意識に残っていて、
友人は転職を考えたのだと言う。
「信じてくれないかもしれないけど、俺はお前も辞めた方がいいと思う。
 あいつがあんな青い顔したのは、昔も見たことない。会社、本当にやばいんだと思う」
真顔で言われて、俺は半信半疑だった。

2日くらいして、今度は泥棒グループの1人に呼ばれた。
ぼそぼそした調子で俺に「助けてくれ」と言ったそいつの顔は、変にやつれていた。
「あの守り袋はやばいって解ってたのに、深く考えずに手をだして後悔してる。
 あの日から嫌な気配がしてる。それが今は会社にずっといる。
 俺は実行犯だから、多分、辞めても追っかけてくる。アイツに謝りたい」
詳しく聞いてみたら、そいつは少し霊感があって、あの日から物凄くヤバい気配を感じるのだと言う。
「一度だけまともに見た。黒人の中年の女だった。ただの霊じゃないと思った。本当に怖かった。
 頼むから助けてくれ」

頭を下げられて、「とりあえず話してみてやる」と言ったが、良く考えてみると変だと思った。
友人の彼女の実家は、遠いが日本国内だったから。
既に転職してた友人に連絡を取って、それとなく聞いてみたが、彼女もその両親も日本人だったとのこと。
しかも考えたら、20代で亡くなった彼女が、中年の幽霊になるのも変だ。
同級生だった友人が、まだ中年になってないのに。

あの野郎いやがらせの上乗せか、とアホらしくなって放置してたら、
一週間ほどして、そいつが本気で追い詰められた目で蒼白になって、土下座で泣きついてきた。
「頼む。俺は本当に殺される!その上に死んだら地獄に落ちる!!!」
あたりも憚らずにそう言われて、ドン引きしつつも友人に連絡して、事情を話した。


717 :本当にあった怖い名無し:2009/03/12(木) 23:06:21 ID:Rxwynwh80
友人からの折り返し連絡を待っていた数日間に、
泥棒グループの別のもう一人が、色々とありえないような危険な目にあったこと、
大怪我を押して神社やら寺やら霊能者やらを訪ねた挙句に、
「外人の中年の女が見えるね」「黒人の女性です。これは私には祓えません」などと言われたことを、
相談野郎からマジ泣きで聞かされた。

その後、友人が連絡をくれ、俺と友人と相談男は3人揃って、死んだ友人の彼女の父親に面会して話を聞いた。
「娘があなたに渡したお守りですが、中身は、おそらくキリスト教に縁のものではないでしょうか?
 あれは、娘が幼い頃に、とても仲の良かった近所のおばさんに貰ったものなんです。

 アフリカから来た黒人の女性で、ご主人は日本人でした。
 ウチは妻が少しフランス語を話せるので、彼女はときどきウチに来ていました。
 彼女は、日本で仏教系の宗教に入っていました。
 ご主人の一家がその宗教の信者で、『入信しなければ結婚を許さない』と言われたらしいです。

 その彼女が病気になり、亡くなる前に娘にお守り袋をくれました。
 娘は私に、
 『おばちゃんがね、これを大事にもってテンのお父さんにおいのりして、
  マジメにいっしょけんめーにがんばって暮らしなさいって。
  そーしたら、テンにいらっさるたったひとりのほんとーの神様が守ってくださいますよ、って言ってたよ。
  パパ、テンのお父さんって誰?パパとは別?』
 と言いました。

 …ご夫婦の宗教の教義とは合わない言葉なので、私はその時、
 彼女はクリスチャンだったのではないのか、と気がついたんです。
 娘にくれたお守りは仏教系の宗教のものでしたが、中に重いものが入っているように膨らんでいましたし、
 ひょっとしたら……と言う気がしました。
 私は宗教は特にないんです。
 ただ彼女が娘を本当にとても可愛がってくれて、娘も彼女を大好きなおばちゃんだと言っていましたので、持たせておきました」


718 :本当にあった怖い名無し:2009/03/12(木) 23:08:54 ID:Rxwynwh80
帰り道で泥棒グループの相談男が、
「結婚するために、邪教(キリスト教から見て)に改宗したんだな。
 それでもロザリオが捨てられないくらいのクリスチャンだったなら、随分苦しんだんだろうな」
と言った。
友人は後ろめたそうな暗い顔で、
「……悪いけど、俺にはどうしようもない」と言った。
「あいつ(友人彼女)のこと、あれから何回か夢で見たよ。
 いつも『凄く怒ってて止められない。ごめんなさい。あなただけしか私は守れない』って言うんだ」
俺は何も言うことがなくて黙ってた。

相談男は、その次の日に死体で見つかった。
何かの薬の飲みすぎで眠ったまま死んだらしい、と聞いて、
俺は内心、わりと安らかで良かったなとか思ってしまった。

その後すぐに俺も会社を辞めて、何とか次の勤め先を見つけた。
元いた会社は、見事に借金漬けになって潰れた。
最後のほうには、辞めたりノイローゼで入院したりがゾロゾロ出て、凄い有様だったらしい。
事故死(自殺かもしれない)や自殺者も複数出てたそうだ。

俺の完全な想像だが、少しでも霊感のある奴は、
お守り事件の後、全力で再就職先を探してたんじゃないかって気がする。
全く見えない奴ばっかりが被害を受けたのかと思うと、何だか理不尽な気もしてる。


719 :本当にあった怖い名無し:2009/03/12(木) 23:10:32 ID:Rxwynwh80
友人はその後でクリスチャンになって、教会に行くようになった。
「思い出すと、聖書読んだり、結婚式をカトリック式でやれないかって言ってたり、
 彼女、何か拘りがあったみたいだから。
 洗礼を受けるとこまでは気が進まないって迷ってたけど、ちゃんと式が挙げれてたらこうしてたと思う。
 だから……そのアフリカの人の分も、静かに眠れるように祈っとくよ」

俺には、キリスト教も何も宗教のことは解らない。
そのアフリカ人の女性が祟ったんだとして、正直、何がそんなに気に障ったのかも解らん。
ただ、宗教に関係することというか、どんな宗教でも怖いのは、
『そこまで神様に執着する本物の信者の執念』なんじゃないかと、何となく思った。



511 :208-714:2009/03/30(月) 22:21:07 ID:DYwK49KS0
前のスレッドで、昔いた会社が潰れた時の話を書いた(十字架の入ったお守りの話だ)んだが、
その後日談と言うかオマケが幾つかあるので、書かせてくれ。

あの話の後しばらくして友人に会ったら、 服の下にロザリオつけてて見せてくれた。
……泥棒グループが友人の守り袋から出して俺に見せたのと、そっくりな大きさでそっくりな色艶のやつを。

「それ、買ったのか?」と聞くと、
「同じ教会に行ってる信者の人が譲ってくれた」と言う。
「……黒人の女じゃねえよな?」と聞くと、
呆れ顔で「そんなわけないだろ」。

……そうだよな。
十字架に張り付いてる人型が同じ形に見えるのも、くすみ具合まで見覚えあるのも気のせいだよな。
泥棒グループの奴が、俺の目の前に突きつけて見せた時に見たのと同じとこに、
傷だかサビだかあるように見えるのも気のせいなんだろう。
と思うことにした。

偶然に回りまわって友人の手に、なんて可能性もあってもいいかもしれないが、
思い返すと、前の話で書いた泥棒グループの相談男が本気で怯えてたのに、現物返却しなくて探しもしなかったのは、
どうも失くしたとかじゃなくて、泥棒グループで壊したんじゃないのかって雰囲気だったんで、正直びびった。

……んで、ある意味もっと怖かったのは、
ちらりと視線を下げたら、友人の鞄に見慣れたお守り袋がさりげなく下がってたこと。
何度も見たのと同じ袋で、結構長いこと下げてそうな年季の入った奴が。
これは突っ込まないでスルーした。つか、突っ込めなかった。
「あ、目が覚めたらついてたんだよ。ハハハ」とか言われたら嫌だと本気で思ったんで。




オカルトランキング




12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 16:40:18.25 ID:iTyaXRAM0

では勝手に

まずは天界
天界は、六道の最上位であり、天人になることができる。
天人は長寿で、空を飛ぶなどの神通力が使える。また、快楽に満ち、苦しみはない。
ただし、天道はあくまで輪廻の舞台である六道の1つであり、天人は不死ではない。
死ぬ直前は体が汚れて臭くなったり汗かきになるといった天人五衰という状態になる。

    


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 16:41:20.88 ID:iTyaXRAM0

人間界

仏教における人間界とは、六道の中の1つの世界にして、地獄から数えて第5番目に位置する。
四苦八苦に悩まされる苦しみの大きい世界であるが、苦しみが続くばかりではなく楽しみも
あるとされる。また、仏になりうるという救いもある。


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 16:42:17.25 ID:iTyaXRAM0

修羅界

修羅界は地獄から数えて4番目に位置する、阿修羅の住まう世界である。
修羅は終始戦い、争うとされる。苦しみや怒りが絶えないが地獄のような場所
ではなく、苦しみは自らに帰結するところが大きい世界である。また、戦いに
勝つことによって満たされることもある。



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 16:43:35.09 ID:iTyaXRAM0

畜生界

地獄から3番目。前世で十悪業という、殺生やオナニー、マスターベーションなど淫らなことに耽る、いやらしいことばかり考える
という悪い行いをした者の中でも罪が軽いものが畜生に落ちる。
名称だけ読むと、まるで動物に生まれ変わるかのようですが、実際にはそうではなく、動物の中にも
人を癒す、盲導犬といった役に立つものもいる。
そういうことではなく、感謝や人のことを考えることをせず、自己中心的で欲望を貪り食う
存在として生まれる。常に空腹感、飢餓感に襲われている。


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 16:44:29.44 ID:iTyaXRAM0

餓鬼界

地獄から2番目。先ほどの十悪業を行った者のなかでも中間のものが落ちる。
餓鬼という、有名なあのお腹が出てあばらが浮き出たような姿になり、常に激しい
飢餓感、空腹感に襲われている。ほぼ一切の飲食ができない、飲食しようとすると食べ物が炎に変わる。
糞尿は食べられるらしい


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 16:45:25.92 ID:iTyaXRAM0

ここからは地獄


地獄界1

等活地獄
殺生をした者が落ちる。人間だけでなく、虫でも殺したことを懺悔しないものはみんな落ちるらしい
罪人すべてが剣をもち殺し合いをさせられ、参加しないものは獄卒(地獄の鬼さん)によって真っ二つに
され、更に粉々にされ殺される。しかし涼風が吹く、あるいは獄卒の復活の呪文によって体を復活させられ
同じ責め苦が幾度となく繰り返される。ちなみにこの世界での寿命は1兆6653億年。



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 16:47:14.46 ID:kKKyydpm0

nageeeee


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 16:46:13.19 ID:iTyaXRAM0

地獄界2

黒縄地獄
殺生かつ盗みをすると落ちる。
上空に忽然と激しく燃え盛る大きな黒い縄が出現する。黒縄は罪人の上に堕ちる。身の
上に堕ちた時、すぐにその罪人を焼く。皮を焼かれる。皮を焼かれた後、次に肉を焼かれる。
肉を焼かれた後、次は筋を焼かれる。筋を焼かれた後、次は骨を焼かれる。骨を焼かれたら、最後は髄まで至り、髄
が流れ出て火に燃やされる。骨髄が燃える時は大きく猛々しい炎が上がる。 極めて重い苦通を受ける。
でも死なない。苦しみは等活地獄の苦しみの十倍。
ちなみに寿命も約9倍の13兆年。


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 16:46:54.42 ID:iTyaXRAM0

地獄界3

衆合地獄
殺生かつ盗みかつオナニーなど淫らな行いを繰り返すと落ちる。
黒縄地獄の下に位置し、その10倍の苦を受ける。
白羊口、鷲遍という燃え盛る2つの山があり、罪人はそこへ上らされ、上った瞬間獄卒によって2つの山が
合わせられ圧迫死する。
また、剣の葉を持つ林の木の上に美人が誘惑して招き、罪人が登ると今度は木の下に美人が現れ、その昇り降りの
たびに罪人の体から血が吹き出す。鉄の巨象に踏まれて押し潰される。寿命は106兆年。



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 16:47:59.04 ID:iTyaXRAM0

地獄界4

叫喚地獄
殺生、盗み、淫らな行いに加え、酒ばっか飲んでると落ちる。
罪人が苦痛によって常に叫んでいるので叫喚と名づけられた。
鉄のかなばさみで無理やり口をあけさせられ焼けた鉄の汁を飲まされる。熱せられた鉄でできた城に監禁させられる。
清らかな池だと思い、救いを求めて飛び込むと高熱の鉛の池だったりする。やはり前の地獄の10倍の苦痛
寿命は852兆年



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 16:48:53.10 ID:iTyaXRAM0

地獄界5

大叫喚地獄
殺生、盗み、淫らな行い、飲酒に加えて人を騙してばかりだと落ちる。
地獄と聞くと連想する釜や鍋に落とされて煮られるのはここ。上の10倍のk(ry
寿命は6821兆


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 16:49:28.99 ID:vBrJ3z9b0

寿命が長すぎて訳分からん



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 16:49:36.98 ID:iTyaXRAM0

地獄界6

焦熱地獄
殺生、盗み、オナニー、飲酒、ウソに加えて仏の教えと違うことを説くと落ちる。
常に極熱の炎で焼かれ、体を分解されながら焼かれ続ける。ここの炎は今までの地獄の炎が
雪のように冷たく感じられるほど熱いらしい。苦痛は(ry
寿命は5京4568兆9600億年。



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 16:50:27.01 ID:iTyaXRAM0

地獄界7

大焦熱地獄
殺生、盗み、オ◆ニー、飲酒、ウソ、邪説に加え、僧、尼を犯したり、幼女をレ◆プするロ◆コン野郎が落ちる。
あまりの苦痛に地獄の外まで悲鳴が聞こえる。ここに落ちた罪人はクリームのように柔らかくなってしまうので
声、におい、色によって殺されてしまうほどデリケートらしい。苦(ry
寿命は半中劫(半ば永遠)


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 16:51:29.98 ID:iTyaXRAM0

いよいよ最後


地獄界8

無間(阿鼻)地獄
殺生、盗み、オ◆ニー、飲酒、ウソ、邪説、聖者幼女レ◆プに加え、父母殺害、聖者殺害を行った者が落ちる。
最強最悪の地獄。落とされた罪人が無間地獄にたどり着くまで2000年落下しなくてはならないらしい。
ここまでの地獄のすべての責め苦をもって一分として、その1000倍の苦痛を蒙るそうな。剣山、鉄飲みなどの
責め苦を刹那の隙もなく受けつつ、64の目を持ち火を吐く奇怪な鬼によって下に釘を100本打たれる。前までの
地獄の責め苦が天国の心地に思えるらしい。

寿命は1中劫(ほぼ永遠)

終わりどす


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 16:52:21.64 ID:zrbQ4duB0

やべえええええええオナニーやめるううううううう


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 16:48:37.75 ID:cM4bghR00

オナニーしたら地獄行きとかふざけんなよ


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 16:57:02.76 ID:4mzu9TPJ0

コレ考えたやつは焦熱地獄に落ちてそうだな


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 17:19:04.12 ID:4islgcUb0

お前らは畜生だな


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/09/22(木) 17:10:07.24 ID:JyTyIKnD0

下に行くほど詳しいしなwww



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 16:56:28.45 ID:VRe+uHil0

鬼も大変だな


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 16:56:58.99 ID:G2C+bVIe0

地獄で仕事してる鬼さん達お疲れっす


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 16:57:34.92 ID:nTGh7U9f0

獄卒の復活の呪文ってなんだよ



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/09/22(木) 16:59:14.98 ID:iTyaXRAM0

>>49
よく覚えてないけど「生きろー、生きろー」っていうと
復活するらしい



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 17:01:55.72 ID:DbYI8Uv50

なんかの絵本で読んだけど
針の山は足の皮あつけりゃ大丈夫で
血の湯は熱いお湯になれたおっさんなら良い湯レベルのぬるま湯だったような


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 17:13:38.34 ID:J9WC1TnG0

殺生窃盗はわかるがオナニーしたら地獄って酷いな
仏教に入信したらオナニーもできないのか



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/09/22(木) 17:19:21.09 ID:JyTyIKnD0

>>76
昔の坊さんは淫欲にふけりまくりだったのにな
どの宗教にしても聖職者はエ●大杉


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 17:17:18.97 ID:iTyaXRAM0

淫らな行いに耽るとって書いてあったから
オナニーを毎日やるとOUTなんじゃないかと思ってる
正直俺も1日2回してるからアウトくさいんだが


86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/09/22(木) 17:19:08.27 ID:e8UUMUDh0

>>81
規定回数があったら嫌だな
1回多いから地獄行きとか言われたら萎えるわ


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 17:26:04.98 ID:WifAiKhU0

それに比べてキリスト教は罪を貰ってくれるんだよな


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 17:36:24.41 ID:g0DxJIuK0

>>95

キリスト教はリアル拷問や処刑するし

他の信者悪魔扱いでぬっ殺して問題なしな
最狂宗教だけどな


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 17:17:48.98 ID:J9WC1TnG0

宗教ってめちゃくちゃだよな塩の柱になったりや海が割れたり誰がどんな風に考えたのか知りたいわ
地獄なんていい歳したおっさんが「ちょうすごくつらくていたいくるしみべすとてん」とか考えてんのかな


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 17:20:22.03 ID:QwVBkKeO0

むしろ俺たちは生前に罪を犯したからこんな世界にいるんだよ
地獄とは現世のこと



オカルトランキング



般若心経

hannnya

『般若心経』は一般には600巻に及ぶ『大般若波羅蜜多経』の心髄を収むといわれているが、『大般若波羅蜜多経』(『大般若経』)及び『摩訶般若波羅蜜経』(『大品般若経』)からの抜粋に『陀羅尼集経』(7世紀頃)に収録されている陀羅尼(Skt:dhāranī)を末尾に付加したものである。般若経典群のテーマを「空」の1字に集約して、その重要性を説いて悟りの成就を讃える体裁をとりながら、末尾に付加した陀羅尼によって呪術的な側面が特に強調されている。

現在までに漢訳、サンスクリットともに大本、小本の二系統のテキストが残存している。大本は小本の前後に序と結びの部分を加筆したものともいわれている。現在最も流布しているのは玄奘三蔵訳とされる小本系の漢訳であり、『般若心経』といえばこれを指すことが多い

現代語訳

超スゲェ楽になれる方法を知りたいか?
誰でも幸せに生きる方法のヒントだ

もっと力を抜いて楽になるんだ
苦しみも辛さも全てはいい加減な幻さ、安心しろよ。
この世は空しいモンだ 痛みも悲しみも最初から空っぽなのさ

この世は変わり行くモンだ 苦を楽に変える事だって出来る
汚れることもありゃ背負い込む事だってある
だから抱え込んだモンを捨てちまう事も出来るはずだ

この世がどれだけいい加減か分ったか?
苦しみとか病とか、そんなモンにこだわるなよ

見えてるものにこだわるな 聞こえるものにしがみつくな
味や香りなんて人それぞれだろ?何のアテにもなりゃしない
揺らぐ心にこだわっちゃダメさ それが『無』ってやつさ。

生きてりゃ色々あるさ 辛いモノを見ないようにするのは難しい
でも、そんなもんその場に置いていけよ

先の事は誰にも見えねぇ
無理して照らそうとしなくていいのさ

見えない事を愉しめばいいだろ
それが生きてる実感ってヤツなんだよ

正しく生きるのは確かに難しいかもな
でも、明るく生きるのは誰にだって出来るんだよ

菩薩として生きるコツがあるんだ、苦しんで生きる必要なんてねえよ
愉しんで生きる菩薩になれよ
全く恐れを知らなくなったらロクな事にならねえけどな
適度な恐怖だって生きていくのに役立つモンさ

勘違いするなよ 非情になれって言ってるんじゃねえ
夢や空想や慈悲の心を忘れるな それができりゃ涅槃はどこにだってある

生き方は何も変わらねえ、ただ受け止め方が変わるのさ
心の余裕を持てば誰でもブッダになれるんだぜ

この般若を覚えとけ。短い言葉だ

意味なんて知らなくていい、細けぇことはいいんだよ
苦しみが小さくなったらそれで上等だろ

嘘もデタラメも全て認めちまえば苦しみは無くなる、そういうモンなのさ
今までの前置きは全部忘れても良いぜ

でも、これだけは覚えとけ
気が向いたら呟いてみろ 心の中で唱えるだけでもいいんだぜ

いいか、耳かっぽじってよく聞けよ?

『唱えよ、心は消え、魂は静まり、全ては此処にあり、全てを越えたものなり。』
『悟りはその時叶うだろう。全てはこの真言に成就する。』

心配すんな。大丈夫だ。




オカルトランキング

↑このページのトップヘ