【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 宗教



般若心経

hannnya

『般若心経』は一般には600巻に及ぶ『大般若波羅蜜多経』の心髄を収むといわれているが、『大般若波羅蜜多経』(『大般若経』)及び『摩訶般若波羅蜜経』(『大品般若経』)からの抜粋に『陀羅尼集経』(7世紀頃)に収録されている陀羅尼(Skt:dhāranī)を末尾に付加したものである。般若経典群のテーマを「空」の1字に集約して、その重要性を説いて悟りの成就を讃える体裁をとりながら、末尾に付加した陀羅尼によって呪術的な側面が特に強調されている。

現在までに漢訳、サンスクリットともに大本、小本の二系統のテキストが残存している。大本は小本の前後に序と結びの部分を加筆したものともいわれている。現在最も流布しているのは玄奘三蔵訳とされる小本系の漢訳であり、『般若心経』といえばこれを指すことが多い

現代語訳

超スゲェ楽になれる方法を知りたいか?
誰でも幸せに生きる方法のヒントだ

もっと力を抜いて楽になるんだ
苦しみも辛さも全てはいい加減な幻さ、安心しろよ。
この世は空しいモンだ 痛みも悲しみも最初から空っぽなのさ

この世は変わり行くモンだ 苦を楽に変える事だって出来る
汚れることもありゃ背負い込む事だってある
だから抱え込んだモンを捨てちまう事も出来るはずだ

この世がどれだけいい加減か分ったか?
苦しみとか病とか、そんなモンにこだわるなよ

見えてるものにこだわるな 聞こえるものにしがみつくな
味や香りなんて人それぞれだろ?何のアテにもなりゃしない
揺らぐ心にこだわっちゃダメさ それが『無』ってやつさ。

生きてりゃ色々あるさ 辛いモノを見ないようにするのは難しい
でも、そんなもんその場に置いていけよ

先の事は誰にも見えねぇ
無理して照らそうとしなくていいのさ

見えない事を愉しめばいいだろ
それが生きてる実感ってヤツなんだよ

正しく生きるのは確かに難しいかもな
でも、明るく生きるのは誰にだって出来るんだよ

菩薩として生きるコツがあるんだ、苦しんで生きる必要なんてねえよ
愉しんで生きる菩薩になれよ
全く恐れを知らなくなったらロクな事にならねえけどな
適度な恐怖だって生きていくのに役立つモンさ

勘違いするなよ 非情になれって言ってるんじゃねえ
夢や空想や慈悲の心を忘れるな それができりゃ涅槃はどこにだってある

生き方は何も変わらねえ、ただ受け止め方が変わるのさ
心の余裕を持てば誰でもブッダになれるんだぜ

この般若を覚えとけ。短い言葉だ

意味なんて知らなくていい、細けぇことはいいんだよ
苦しみが小さくなったらそれで上等だろ

嘘もデタラメも全て認めちまえば苦しみは無くなる、そういうモンなのさ
今までの前置きは全部忘れても良いぜ

でも、これだけは覚えとけ
気が向いたら呟いてみろ 心の中で唱えるだけでもいいんだぜ

いいか、耳かっぽじってよく聞けよ?

『唱えよ、心は消え、魂は静まり、全ては此処にあり、全てを越えたものなり。』
『悟りはその時叶うだろう。全てはこの真言に成就する。』

心配すんな。大丈夫だ。




オカルトランキング




1: 名無しさん@おーぷん 19/10/25(金)23:28:03 ID:TnA
現代のすごい人たちが最後にたどり着いたとき言ってることはだいたい仏教と同じだし

2: 名無しさん@おーぷん 19/10/25(金)23:28:45 ID:TnA
原始仏教の方ね
小乗は100がいあって一理なし
大乗はお手軽だから許す



4: 杖刀人◆BAkicL0LoA 19/10/25(金)23:34:03 ID:idN
あれは哲学だから
大乗仏教は違うけど



5: 杖刀人◆BAkicL0LoA 19/10/25(金)23:34:57 ID:idN
日本の仏教はココイチのカレーみたいなもんだしほんとの仏教とは別物



6: 名無しさん@おーぷん 19/10/25(金)23:35:32 ID:YNx
>>5
じゃ、クリームコロッケの3辛で



7: 名無しさん@おーぷん 19/10/25(金)23:36:36 ID:SNR
でもカレーは本場より日本のがうまい



8: 杖刀人◆BAkicL0LoA 19/10/25(金)23:37:20 ID:idN
>>7
と一緒でホントの原始仏教は日本人には合わない



10: 名無しさん@おーぷん 19/10/25(金)23:38:09 ID:YNx
>>8
やっぱり、エビカツの3辛で



9: 名無しさん@おーぷん 19/10/25(金)23:38:04 ID:v7N
最近仏教オタク多くね?



11: 杖刀人◆BAkicL0LoA 19/10/25(金)23:39:27 ID:idN
>>9
仏教オタクじゃないけど中高仏教系私学だったんで
浄土宗なんか典型的な日本のカレーだと思った



12: 名無しさん@おーぷん 19/10/25(金)23:47:06 ID:hJJ
>>11
浄土系も一応インド発祥なんだけどね



13: 名無しさん@おーぷん 19/10/25(金)23:52:28 ID:TnA
諸法無我
諸行無常
一切皆苦
涅槃静寂

結局つきつめりゃこれで
もっと突き詰めりゃ

諸法無我

こんだけだよね
この正解にたどり着くか、否定したいがために生きてるだけ



15: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)00:08:15 ID:7w3
>>13
諸法無我と涅槃寂静が逆じゃないか?

「結局は自我さえもねーのかよ」と悟って
すべての執着を諦めたら
もうじたばたしない精神が静かな状態になる

て感じだろ



17: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)00:12:23 ID:Avn
>>15
自我がないんだから、そうなるのはそうなるようになってたから
諸法無我を認められたら自動的に涅槃静寂に至る

そしてそれは決して精神が静かな状態ではない
それはあくまで肉体の状態で、自我そのものだから

悩んでも苦しんでも楽しんでも怒っても、涅槃静寂
それが諸法無我ってことだよ



20: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)00:16:51 ID:7w3
>>17
ちょっと違う

自我というのは肉体の事じゃないよ
古代インド哲学のマヌ法典から来る
「梵我一如」てあるでしょ

梵(宇宙)我(自我)は一如(同一)である

宇宙と自我は同一の存在であって、宇宙と共に永続し
そこにアラヤシキとマナヤシキというデータベースがあって、カルマが蓄積していき
そして次のカーストが決まるんだよ、ていう思想なんだけど

肉体は滅んでも自我は宇宙と共に永続するって思想な



23: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)00:18:40 ID:Avn
>>20
当時は科学が発達してなかったからそういう表現になっただけで
実際には現代の自我と置換して差し支えないでしょ



14: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)00:04:04 ID:Uqc
精進料理という日本だけの高級御膳文化



16: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)00:11:08 ID:SqV
おなじセリフでもさ、苦労した人がしみじみ言うのと、何の苦労もしてない奴が言うのじゃ重みが違うよな



19: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)00:13:32 ID:7w3
>>16
釈迦なんか30歳くらいまで散々遊んで遊んで
それで「俺はもう遊びは秋田!」つって自分から苦労しに行ったんだぞ

苦労すりゃ良いってもんじゃないんだなと悟って
苦行をやめて中道の道へ行ったんだよ



18: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)00:13:15 ID:IX2
そも漢字てインドにアレへんのに
仏教用語が漢字なんはちょっとどうかと思うで



21: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)00:16:57 ID:jaJ
>>18
漢字が重要なわけじゃないからな
その言葉の意味が重要



26: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)00:22:38 ID:7w3
>>18の指摘は正しくて

釈迦がチュンダのご飯食って死にかけてる時
「やべえよ、釈迦死んだらもう説法聞けないじゃん」つって
弟子たちが「じゃあ教えてもらった説法を書物で残して良いですか」と聞いて

それが最初の経典になるんだけど

この時に、釈迦の弟子たちは釈迦を偉いと思ってるから
最上級のカースト、バラモン専用の司祭言葉であるサンスクリット語で残そうとした
釈迦は偉いから、その辺の文字じゃなくて、最上級の文字で残した方が良いよね、て

でもこの時釈迦は
「俺は相手が理解できないとしょうがないと思ってたから、相手によって説法を変え、
分かり易さを追求して対機説法してたのに、なんでバラモンしか読めねえ文字で残そうとすんだ?」

てサンスクリット語でお経を残す事を拒否している。

当時はマガダ語とかパーリ語とか使われてたようなんだけど
そういう一般的な文字で残す事になった
「相手が理解できないと意味ないよな」て

なので、インドから伝来して中国で漢語に訳されたんだけど
現在でも日本で漢語のお経を唱えるってのは釈迦の教えに反するよな
「相手が理解できねえと意味ねえぞ」て



28: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)00:25:02 ID:jaJ
>>26
なるほどな
つまり修行での読経とは別に
それを布教する説法も重要になってくる訳だ



22: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)00:17:23 ID:Uqc
京セラの稲森会長は趣味から坊主になるし
そのくらい仏門は金次第で極楽になれるということ



25: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)00:20:18 ID:Avn
>>24
正解の一種



27: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)00:23:03 ID:jaJ
仏教は日本では
苦しい世界でいかに安心(あんじん)を得るかって思想になってるんだよな



29: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)00:26:03 ID:Avn
いっちだけど

おれの思想では、釈迦が悟ったのはそういう状態にたまたまなっただけで
それ自体に特に意味があるけでも価値があるわけでもなく
ただ正解だったっていうだけっていう思想

たとえ釈迦であろうとも脳内の化学バランスが崩れりゃふつうにいろいろだめになっただろうしね



32: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)00:28:46 ID:7w3
>>29
釈迦は悟ってすべてに執着してないはずなんだけど
死ぬ直前くらいで、弟子のアーナンダに

「水くれよ!俺は飲みてえんだよ!水くれよおおおおお!!!」
て執着してたよ



36: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)00:31:48 ID:Avn
>>32
まちがってない
間違ってるのはみんなの執着への概念
執着しないこと自体は自己啓発の一種で、そうなれば楽でいいねっていうだけで
執着を捨てられるかどうかは自分では制御できない
それは釈迦でも同じこと



43: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)00:59:05 ID:Jbl
>>32
喉の渇きは肉体的な苦痛で
自我でコントロールできる部分ではないし
べつにいいのでは?



31: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)00:27:42 ID:5Q1
物事の客観的な認識の仕方って面では見るべきものがある

が、結局のところ、「世の中の理不尽を受け入れて、反抗しないで死ね」という
暴君にとって都合のいい奴隷操縦法である点は、キリスト教と同じだと思う



35: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)00:30:31 ID:Avn
>>31
まったく違う

諸法無我なんだから自分が結局なにを選択しようと、そこに自分はないっていうだけ
レジスタンス組織してもいいし、暴君になってもいいし、死刑犯罪おかしてもいい
あなたはそうなるように生きてきて、そうなるようになっただけ
そこにあなたのこうなりたいっていう根本的ななにかや運命みたいなものは存在しない
すべては生まれた時あるいはその前からの連鎖反応、自然の一種

反抗したければすればいい、でもそれはあなたの自我ではないっていうだけ



38: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)00:37:59 ID:5Q1
>>35
でもブッダが弟子に求めた戒律としては
執着するな、議論するな、贅沢するな、でしょ

何にも執着しないから、欲望も苦しみも起こらない
暴君や犯罪者といった、加害者に対する認識をルサンチマンすることによって
被害者を宥めようとしてるだけで
信者に対して「何やっても許されます」なんて言ってないと思うぞ



39: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)00:41:12 ID:Avn
>>38
そら結局大多数のやつが諸法無我に到達しないし理解もできないからな
自分がスイッチになって先導する役割はごめんこうむりたいだろう
執着しない生き方は楽は楽だしね、制御できるわけではないっていうだけで



33: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)00:28:52 ID:jaJ
まあその正解に皆が辿り着こうとしたから人が集まった訳だけどな
だから価値がでた



37: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)00:32:31 ID:Avn
>>33
根本的に言えば、みんな正解してるんだけどね
結局、世の中にこれ以外の正解がないし



40: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)00:54:33 ID:5Q1
その執着しないってのが曲者で
本当に何にも執着しなかったら、生きることにも
苦痛を避けることにも執着しないから、人殺しが現れても反撃も逃走もせず
飢えても食物を求めないわけで

それって要するに「何もしないで死ぬ」ことが仏教における最高の価値観であり、徳なんだから
加害者と支配者にとって都合のいい思想だな、と



44: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)01:00:26 ID:Avn
>>40
それはちがう
だいたいその時点で何もしないで死ぬことに執着している
執着しないっていう生き方を徹底するのは自己矛盾がかならず発生する
んだからこの自己矛盾を解決する手段が悟りであり、諸法無我であるわけだが



48: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)01:03:50 ID:Avn
いっぽう、世の中の大多数の人はその当たり前よりも
執着や感情や自我に振り回されてて、それが当たり前だとおもってる
コントロールできるものすらもコントロールできないって思ってる



49: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)01:05:08 ID:7w3
釈迦とアーナンダのやり取りで面白かったのが

仏教って欲望を否定してるから
一体どうやってそれを克服するの?超修行?劇修行?とか思うでしょ


アーナンダ
「女が居たらどのようにしたらいいでしょう」

釈迦
「見るな」


「見てしまったらどうしたら良いでしょう」

釈迦
「話すな」


「話しかけられてしまったらどうしたら良いでしょう」

釈迦
「謹んでおれ」


てこれで終わりだからね
かなり現実的な事しか言ってないんだよね



50: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)01:07:00 ID:Avn
>>49
単純だけど、これ有効なんよねwww

んで仏教ってそういう自我とか真理とか言った正解とは別に
釈迦がそこまでに感じた自己啓発みたいな思想も入ってるから

この世はなんであるか
っていう正解と
この世でどうあるべきか
っていう個人的な正解がミックスされていて、混乱を生んでいる部分はある



52: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)01:12:24 ID:Jbl
>>50
そうかなぁ
見るなと言われると見たくなるのが人の常だし
根本的な解決になってないと思う

欲望を抑えつけるなら滝に打たれるとかのがいいよ
寒すぎて余計なこと考えられなくなるし

近くに滝がないなら息を止めるとか
プチ苦行のがいいと



55: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)01:13:37 ID:7w3
>>52
そう
見たくなるから人の多い場所で修行なんかしない

おっさん仲間で修行だけしかやる事が無いような場所へ行く



56: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)01:15:25 ID:Avn
>>52
えっとくわしい実験とかの流れは覚えてないけどさ
認知行動療法とかでもそうだけど、精神論だけ(我慢するすべ)だけでは解決しないんすよ
みない、きかない、さわらない
っていうのはその存在から物理的に距離を置くっていうおはなしで
これ自体はどの療法でも基本的対策になってる



51: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)01:10:11 ID:5Q1
修行で執着を捨て去った後なら、実際に執着しない
修行に至るまでには苦痛から逃れたい、って欲望があるだろうけどな
そして現実的に仏教が信者に求める戒律ってのはそれなんだから
奴隷に都合のいい人間を養成する思想なのは間違いないだろ

予定説や自我の有無についての議論みたいだな



54: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)01:12:43 ID:Avn
>>51
執着しないってどうやって証明するんだ?
あくまでそう見えるだけでそ
あーこの人は悟ってらっしゃる、執着しておられぬ素晴らしい
って思うかどうかはともかく
執着してるかしてないかなんて、はた目にはわかんないよ

んでだいじなのはそう判断するのは自分だってこと
この構図は決して変わらない



60: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)01:22:49 ID:5Q1
>>54
それよ、その証明しようのない哲学的ゾンビの有無を論じる水掛け論に通ずるあたりが
自我の存在についての議論と同じだな、とw

実際に執着があろうがなかろうがどっちでもいい
現実になんやかんや自分の中で理屈をつけて、何もしないで済ませるならば
それは実際に執着がない人間と、同じ結果を生じてるんだから
加害者にとっては殴り放題できる。その点だけが「現実の」問題だろう

実際に修行の成果か覚悟の我慢かはともかく
焼身自殺する僧侶や即身仏なんてものもあるんだから



61: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)01:27:41 ID:Avn
>>60
問題は
現実になんやかんや自分の中で理屈をつけて、何もしないで済ませる

という安易な答えにすがる個人の問題です
この世に仏教があろうがなかろうがこの世はこの世です
それをどうとらえるかはあなた次第です、それに私も仏教も関与できません
だれかが作ろうとおもってできたのではなく、あくまでできるからできただけなのです



57: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)01:18:15 ID:7w3
そもそも仏教は金や物に執着しないように
最初から物なんか持たない、袈裟の原型になる糞掃衣が3枚とつまようじだけ

物や金なんか持ってると執着しちゃうからダメなんだよ

その辺はキリスト教と同じで
キリストについていきたいといった金持ちに
「じゃあ財産全部ぶん投げて来い」つったら諦めちゃったのと同じ



58: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)01:21:00 ID:Avn
キリスト教的に、面倒なことは全部神様にお任せ理論はそれはそれで優れているが、
押し付けちゃいけないものまでキリスト教徒はおしつけるきらいがある
まあ中途半端にかじっちゃうせいっていう部分もあるんだろうけど
神社でお願い事するときに、だいたいは自分でやりますんで、どうしてもあかんところはお願いしますね
ってお願いするのとは対照的だなって



59: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)01:22:46 ID:Avn
世のなかがよくなりますように
とか
家族中がうまくいきますように
とか
商売繁盛しますように
って願うときに
神様に全権委任するか、アドバイザーとして雇用するかでだいぶ意味合い変わる
全権委任すると、気持ちは楽だが



63: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)01:43:20 ID:Uqc
座禅は執着のない無心でするからこそ意味がある
執着があるなら寝ながら考え事しても同じ



64: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)01:47:47 ID:7w3
>>63
心を無にする。て良く言うけど

それ伝来の過程で間違った解釈だよ
無について追及しているのは道教

「無から有が発生し、発生した有はまた無に戻る、この法則を道(タオ)と呼び、万物は例外なくこの法則によって存在している」
という老子と荘子の道教

伝来の過程でいろんなもんがぐちゃぐちゃになったでしょ
だからもう7世紀にはわけわかんなくなっていて
「こんなんじゃ仏教さっぱりわかんねえ」つって三蔵法師は天竺行くわけよ

そのころに伝来したのが日本仏教でね
仏壇や位牌を並べて先祖崇拝してみたり、この先祖崇拝というのは後漢時代の漢王朝の影響でさ
仏教は先祖崇拝なんかなんも関係ないから、ごちゃまぜになって伝来しちゃってんだよ




65: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)01:51:37 ID:7w3
仏教で仏壇位牌で先祖崇拝ってのが当たり前になり過ぎていて気が付かない人多いけど

出家というのは読んで字のごとく、家を出るわけだよね
釈迦も妻子を捨てて、王だった親も捨てて出家してるわけで

家を捨てるのが出家なのに
先祖を崇拝してたら出家って言わねえだろ、て
出家は当然、先祖も捨てるんだよ



66: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)01:55:36 ID:Avn
当たり前つーか、日本で仏教を宗教的要素以外で思考するガチ勢は
ごく少数だからそれでいい
キリスト教徒じゃねーのにクリスマス祝うんじゃねーよっていうぐらい無粋ってもんだ



67: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)07:21:22 ID:F41
喜捨って言葉は仏教からきたのかな
面白い熟語だよね喜んで捨てると書いて寺社や困ってる人に進んで金品を寄付すること
現代でいうところのボランテア精神かしら





オカルトランキング




1: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)10:12:00 ID:o3A
善行を為したかどうかは関係ないお布施の多寡も関係ない
たまたまそばにいる人を先に救う

2: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)10:13:14 ID:p6i
つまり結局運がいいやつが救われるだけだね

4: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)10:14:38 ID:o3A
仏さまに手を合わせるときは願いごとをするんじゃなくて感謝を捧げる

6: オキニ大好きマン 19/09/19(木)10:15:16 ID:fVT
そもそも仏教に救済なんてないやろ

8: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)10:16:13 ID:o3A
仏教に限らずキリスト教でもイスラム教でもこれに近い考えがある

10: オキニ大好きマン 19/09/19(木)10:18:21 ID:fVT
>>8
一神教と仏教一緒くたはさすがに雑

9: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)10:17:17 ID:o3A
神は人の理解を超えた存在なので人を法でしばることはできない、なので独裁者は宗教を恐れるのだ

13: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)10:27:47 ID:3ah
浄土真宗って曹洞宗から見ればお経が面白いよな

14: オキニ大好きマン 19/09/19(木)11:03:07 ID:fVT
>>13
そうなんや?お経はしらん

15: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)11:15:28 ID:NFX
釈迦なら分かるけどな
来た人、道中に出会った人とかに説教してたようだし

16: オキニ大好きマン 19/09/19(木)11:47:27 ID:fVT
>>15
釈迦はそもそも他人を救う意識ないやろ
悟りも人に教えるもんちゃうみたいな意識やで

18: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)12:35:18 ID:NFX
>>16
悟りの手助け的な事はやってたし
生き方をただしてた
それが救済に繋がるのではないかな

17: 杖刀人◆BAkicL0LoA 19/09/19(木)12:22:40 ID:2tq
56億年後金星のようになり誰もいなくなった地球に弥勒がひっそりと降臨

20: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)13:16:53 ID:Ra5
弥勒は仏じゃない

19: ■忍【LV23,ゾンビマスター,PT】 19/09/19(木)13:16:18 ID:URn
仏は救わんやろ

31: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)15:19:44 ID:NFX
一神教と多神教はカトリック、プロテスタント、エホバ
日本だと神道とかの分野で
仏教は別だぞ

32: オキニ大好きマン 19/09/19(木)15:22:20 ID:fVT
>>31
仏教もともと宗教ちゃうけどさ
仏様が民を救う云々言い始めたらそれはもう宗教の枠として捉えるべきやし
そうであれば多神教の範疇やろ
実際ヒンドゥの神とか飲み込んでるしな

34: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)15:28:09 ID:NFX
>>32
宗教のくくりではあるけど
多神教かどうかは研究者の中でも見解は分かれてるのが現状だから
こうだと言い切るってのはできない

35: オキニ大好きマン 19/09/19(木)15:29:31 ID:fVT
>>34
まあそれにしても契約宗教と一緒くたが雑なのは変わりないと思うわ

36: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)15:33:35 ID:NFX
>>35
仏教の場合は1度インドで失くなったのち
ヒンドゥー教と合流し中国で儒教と合流し日本で神道と合流し
と乱雑になったからね
そこら辺で判断が難しくなってるんじゃないかなと

33: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)15:22:34 ID:NFX
仏教を多神教とする見解はなくはないが
そもそも仏教が神を否定してる所があるし
日本は多神教的といっても汎神論てきな要素が強いからな
ここは見解がかなり分かれてるところだ

37: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)15:36:28 ID:NFX
例えになるが
中国や日本の仏教は多神教だとしても
本元のインドの仏教はまた違うし
だから仏教だからこれってのは判断がしにくい

39: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)15:40:29 ID:3tF
そもそも坊主は神はいないと断言してたな

40: オキニ大好きマン 19/09/19(木)15:46:00 ID:fVT
原始仏教って哲学の類やろ
日本の葬式仏教とはちゃうわな

41: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)15:53:46 ID:NFX
>>40
中国もまた違うからな
だから一神教だとか多神教だとかに分類できない

42: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)15:55:41 ID:NFX
まぁ日本の葬式仏教も民衆の希望にそった結果ではあるんだけどね
それを否定されつつあるからまた変わるのかもしれないけど
それもまた否定されるだろな

44: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)16:02:08 ID:NFX
スレ主の言ってた
感謝を伝えるって考えは神道とかの考え方なんだよな
仏教の南無○○○を理解できてないんじゃないかなと

45: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)16:04:07 ID:Evr
世界はオウム真理教知ってんのかな

46: オキニ大好きマン 19/09/19(木)16:12:34 ID:fVT
>>45
ロシアには支部あったやろ

49: オキニ大好きマン 19/09/19(木)16:24:23 ID:fVT
宗教団体って教祖処刑されてもダメージにならないどころか盛り上がる可能性すらあるから怖いよな

52: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)18:21:02 ID:NFX
>>49
オウム関係者死刑執行の時は
死刑制度の必要性みたいな盛り上がり方だったけどね

50: オキニ大好きマン 19/09/19(木)16:24:48 ID:fVT
キリストからしてそうやもんな

53: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)18:23:12 ID:ymP
覚者は苦しまずに済む認識法を悟った人間てだけで
万能の神でもなんでもないだろうに
仏が救える人間は、仏の話を理解できる人間

57: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)18:26:52 ID:o3A
神道には教義も何もないないから願いごとをする対象であってもよい
でも大乗仏教の仏は人間の理解できない範囲で人を救わんとするものだから願いごとなどせず感謝を捧げる
これ南無の精神だ

58: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)18:27:09 ID:ymP
まあ「仏の話を聞きに来た人間」が優先されるだろうな

仏はともかく、実際の仏教はクソやで
ヤクザや犯罪者を優先して救いおるわ
鬼子母神の話とか「悪人ほど救われる」だもんな

61: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)18:29:11 ID:NFX
南無は感謝の意味ではなく帰依を意味してる
帰依は身を任せる事
仏にこの身全てを任せますになる
感謝という考えもいいとは思うが厳密には違う

62: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)18:32:11 ID:NFX
例えば「南無阿弥陀仏」
阿弥陀仏に帰依しますという意味になる
四十八願の中の第十八願の中にある文言に救いがあるから念仏を唱える

63: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)18:33:42 ID:o3A
薬師如来はあらゆる病気をたちどころに治す力があるとされるが実際はどこにでも病人がいる
これは世界中の人がみんな健康になったら医者や薬屋が困るしあるいは人口爆発が起こるかもしれないから薬師如来は病気を治さないことによって人を救っているといえる
今この時点ですでに救わているのだからただありのままを感謝するんだろうが

66: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)18:38:20 ID:NFX
>>63
その考えと南無は=にならない
そもそも薬師如来が病気を治さない事で救うってのが違う
薬師如来の修行時代に立てた大十二願の中の第七願の中に病気で苦しむ人々を救いたい
というのがある
それをしなければ如来になれないんだから
治さない事で救うってのはあり得ない

64: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)18:35:59 ID:o3A
仏は勝手に人を救う
そこに人間の意思は介入しない
キリスト教の神も勝手に人を救う
そこに人間の意思は介入しない

一神教と多神教を分けることになんの意味があるのか

68: オキニ大好きマン 19/09/19(木)18:39:19 ID:fVT
>>64
一神教の神は契約した民しか救わないんやで...

107: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)19:50:14 ID:bvM
>>68
「信じるものは救われる」を信じなければ救われないという意味だと思っているものがいるが
実際は生まれる前から救われるものと救われないものは決まっていて救われない運命にあるものは本人がキリスト教を信じようとしても信じることができないんだよ
「信じることができる運命にあるものは救われる運命にある」といいかえるべき

65: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)18:36:00 ID:ymP
仏の代弁者である拙僧の言うことに身を任せないさい
自分で考えてはなりません。それが信仰というものです
苦しみが消えないのは布施がまだまだ足りないのです
さあ財産のすべてを仏法に帰依させるのです

ほんま宗教ってクソやわ

67: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)18:38:43 ID:o3A
ユダヤ教の神にはYHWH(読み方は不明)とイローヒムというふたつのながある名前がふたつもあることとイローヒムという言葉が複数形であることからユダヤ人は複数の神を認識しているといえる

69: オキニ大好きマン 19/09/19(木)18:40:38 ID:fVT
>>67
ユダヤ教ってか旧約聖書は他の神の存在は否定してないやろ?
他の神を信じる民は救わないってだけやん

70: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)18:41:25 ID:ymP
聖書でも「我らの姿に似せてアダムを作った」って言ってるから
神は複数居るんだろ
でも「我以外を神として崇めてはならない」だから一神教

71: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)18:42:27 ID:o3A
キリスト教ではかつて神は唯一無二の存在なのだからイエスを崇拝対象にするのは意見があったしかしそれでは何を拝めばきいのかわからないのでこのままでいいとの結論が出て千年経つ
また今でも世界各地にせいいぶつだの聖人だのが現れているがこれはキリスト教徒が多神教の精神を捨てられないことの証拠ではないか

72: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)18:43:09 ID:NFX
浄土系ですら
浄土の国に生まれんと欲して南無阿弥陀仏と唱えたものを救う
だからな
勝手に救われるってのはまた違うし

そもそも一神教、多神教の意味を理解できてないだろ

73: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)18:44:33 ID:o3A
日本人は自分たちは多神教だから外国人より偉いと思い込んでいるが
個々の神の性格の違いを知らないなんとなく天照大神が一番偉いと決めつけている
これは一神教と多神教に大きな違いがないことを表している

74: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)18:45:43 ID:NFX
あっちの一神教は
聖人は主の代弁者だったり主の代わり現世にきてるだけだからな
それが一神教の否定にはならない

75: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)18:49:01 ID:o3A
阿弥陀如来への帰依を示す言葉は「南無阿弥陀仏」だが浄土真宗の開祖親鸞は省略して「なまんだぶ」と唱えていた
阿弥陀如来は人間だったころインドに住んでいたのだからインドの言葉で唱えるべきという屁理屈も言える
しかし実際は南無阿弥陀仏でもなまんだぶでも通るのだからアーメンでも同じではないかこれが万教帰一の精神である
一神教と多神教は両立しうるのだ分けなくてよい

77: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)18:51:29 ID:NFX
>>75
通る通らないは別として
それは新しい宗教だな
そう思うなら思っとけばいいんじゃない

78: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)18:51:40 ID:ymP
世界的に見て多神教の方が一般的で、世界のどこにでも見られる
一神教は、シナイ半島でのみ発生した
ここは色々な理由の見解がつけられる点だと思うけど
やっぱり根拠がないとな

89: オキニ大好きマン 19/09/19(木)19:02:52 ID:fVT
>>78
実り少なく外敵が多い地域で同一の神を信じる集団が団結する必然性があった...っていう話はきいたことあるな

91: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)19:05:57 ID:ymP
>>89
納得行く説明だよね
バビロン捕囚によるゾロアスター教の影響とかも考慮すると
いろいろ考察が深まる

94: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)19:09:07 ID:NFX
>>89
日本の土着信仰はそれが強いみたいだね
それが統合されて多神教になったりなくなったり

88: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)19:02:14 ID:NFX
唯一神を信仰し他の神を信仰しないのが一神教
色んな神を信仰するのが多神教
そこに明確な違いがある

勝手に救ってくれるから同一にするにはそもそもそれぞれの意味をねじ曲げてる

それを同一にするのはまた違う宗教的見解だろうけど
それは宗教全体としては通らない

90: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)19:03:35 ID:ymP
親鸞てそもそも胡散臭いよね
「南無阿弥陀仏」と唱えるだけでいいですって
インスタントラーメンなみの安っぽい教え
本人も生臭だし
検索すると真っ先に親鸞会とかいうカルトが出てくるし

92: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)19:08:02 ID:NFX
>>90
そこはパーリ経典に書かれてる
善導、法然、親鸞が考えてた訳ではない

93: オキニ大好きマン 19/09/19(木)19:08:21 ID:fVT
>>90
学がない庶民救ってやるにはしゃーなかったんちゃうか

95: オキニ大好きマン 19/09/19(木)19:09:22 ID:fVT
そもそもなんで仏教で大衆救おうとしたんかがよくわからんのやが
元の教えから離れすぎてない?

96: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)19:11:27 ID:NFX
>>95
救われた人がいたら指導を仰ごうとする人も出てくるだろうし
釈迦も間違いをただそうとしたりしてたからじゃないかな
布施は釈迦時代からおるものだし

97: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)19:11:49 ID:ymP
現代ではカルトのマインドコントロールとして科学的に体系化されてるけど
当時としては同じ文句を繰り返すことによる催眠効果でもあったんだろうかね
現実的に、念仏唱えたって救われることはないわけだけど
浄土真宗はなぜか勢力拡大したわけだし

98: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)19:14:23 ID:NFX
日本で仏教が広がる以前は天皇、貴族、武家の為の宗教と化してて
多くの布施を払わないと救われないってのが主流だった
「農民や商人が救われないのはおかしい
救われる手立てはないか」
ってのが大乗仏教の始まりとされてる

106: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)19:44:56 ID:bvM
>>98
それ大乗仏教じゃなくて浄土教
すげー間違いだな

109: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)20:04:17 ID:NFX
>>106
普通に間違えたわ
飯前に書いたらダメだね
頭回ってなかった

99: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)19:16:24 ID:NFX
昔は飢饉、疫病、戦、寿命も短いから
死ぬ恐怖ってのは大きかったんじゃないかな
だから死後、簡単にお金とかもかからなく
浄土に行けるってのは魅力的だったんだろうね

101: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)19:17:38 ID:ymP
結局、バラモンの権威で大衆から金を集めると儲かる、という現実があったんだろ
托鉢の商業化というか
口八丁でなんとなく大衆にも救われる、現世利益をちらつかせると儲かっちゃった
よし、組織化、体系化しよう、って

103: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)19:19:28 ID:NFX
>>101
それは大きいだろうね

102: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)19:18:17 ID:NFX
あと密教要素がなくて
山間部とかにも親鸞門弟が出向いて布教してたのも大きいね

104: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)19:20:48 ID:ymP
江戸時代からは檀家制ができて
必ずどこかの寺の檀家にならなきゃいけないから
難しいことを要求されない浄土真宗が人気出た、とかなのかな

105: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)19:24:23 ID:NFX
>>104
それ以前から広まってるから何とも

108: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)20:02:10 ID:bvM
インドは気候が厳しくて住みにくいからもう生まれ変わりたくないという考えがあった
そして実際に生まれ変わりを止めたのは釈迦だけ
その方法はすべての欲望を捨てる(悟りを開く)こと
人間釈迦を見習って自分たちも欲望を棄てようとするのが上座部仏教
そんなことができた釈迦ははじめから人間以上のものだったのではないかとして欲望を捨てる手伝いをしてもらおうとするのが大乗仏教

110: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)20:04:48 ID:bvM
釈迦が人間以上のもので欲望を棄てる方法を教えるために人の姿をまとったとする解釈は
イエスが人間に神の意思を伝えるため人の姿になったのと共通する
仏教とキリスト教は近いのだ

112: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)20:08:12 ID:bvM
中国は暮らしやすくて生きているのがたのしいから生まれ変わりを止めたいという考えが理解されず
欲望を捨てるというかいいことをするとまた人間に生まれ変わるという全く逆の解釈が生まれた
それからまたアレンジされて日本に伝わったので日本の仏教と原始仏教はbつもの

113: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)20:11:28 ID:NFX
気候で生まれ変わりたくないってのは違うだろ
六道輪廻というのがあるからそれを抜け出すのがそもそもの始まりで
中国にその教えがないからその発想に至らないだけだろ

121: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)20:18:12 ID:NFX
釈迦以前のインドは輪廻から出る事は重要視してない方が多かったからな
シヴァ神とかの信仰の方が強くてバラモン教は割とついでに位にしか考えられてない

125: 名無しさん@おーぷん 19/09/19(木)20:23:56 ID:ymP
哲学は高踏的で庶民には理解できないからなあ
そりゃ現世利益で派手に飾った神様の方が人気になる
まあ日本では寺社仏閣がそうなんだけども

128: 名無しさん@おーぷん 19/09/20(金)07:19:18 ID:mK4
その前に生きてる人間を救う気が今の寺にはあんまりない




オカルトランキング

↑このページのトップヘ