【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 仏教



1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 01:37:49.038 ID:8r++1tTQ0
ブッダ「苦しみの原因を考えてみると、全てのものは絶えず変化するにも関わらず、ある対象の一つの状態に執着することが原因だと分かりました

でも普通の人間はどうしても自分の健康や生命や、家族や友人に執着してしまうし、にも関わらずそれらは時間とともに崩壊に向かって変化していくし、常に不確実性を伴うので苦しみは避けられません

ではどうすれば苦しみを避けられるのでしょうか?それは自分の執着を自覚して執着しないように考え方を変えていくことです

その方法として執着の原因を理解することが有効です

我々が執着するとき、ある物がそれ自体で存在していると考えがちです

でもよく考えると、他の物との関係無しで存在することなどあり得ないので、それは間違った考え方だということが分かります

また、対象が変化することを忘れてしまっていることもよくあります

このように関係と変化について常に自覚していけば執着を避け、苦しみを避けることができると思います」


10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 01:44:08.221 ID:BSzIgfMVa
本当にそういう主旨の言葉を言ったんです?

4: 奈緒 2019/10/15(火) 01:41:10.827 ID:aP/t47Qf0
よくまとまってる

6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 01:42:29.591 ID:V+3MQyqZd
ブッダ「つまり気の持ちよう」

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 01:42:42.586 ID:e1Qe5YVX0
勉強しようと思ってたから助かる

8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 01:42:49.933 ID:qHmx2IQS0
ほどほどが一番

9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 01:43:16.610 ID:55CVGq5f0
サンキューブッダ

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 01:48:21.920 ID:CDI1DGX40
でも断食の途中で乳粥むさぼり食ったじゃん

19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 01:49:31.427 ID:SZL0qlnia
>>16
それで悟り開いたから修行なんて無駄と言ってるんだが?

23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 01:50:21.118 ID:8r++1tTQ0
>>16
腹減ったから乳粥食べよう←これは別に執着してないだろ

腹減ったけど修行すれば理屈はよく分からんが悟りを開けるはずだから絶対に食べないぞ←これは執着してるだろ

37: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 01:59:17.758 ID:bwPgZDo/p
>>23
悟りを開く事に執着してる点

17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 01:48:55.869 ID:OPU24p/O0
俺も自分自身を試してる
神も今人間を試してる

意味はわかるだろう

18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 01:49:27.334 ID:LTvZ3CWE0
全てに無関心になったら餓死しそうだな

25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 01:51:12.751 ID:OPU24p/O0
苦しみは避ける必要などない
必然なのだから

27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 01:51:56.849 ID:OPU24p/O0
大いに執着せよ
涙せよ
助けあえ

28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 01:52:51.421 ID:OPU24p/O0
大乗の教えなり
しかしそれと同時に小乗の悟りもまた進む

29: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 01:53:12.507 ID:yc4Jj+/Yd
は?関係と変化の自覚が
執着を捨てることにどう結びつくんだ

31: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 01:56:37.237 ID:8r++1tTQ0
>>29
人間が執着してる時はいつも関係や変化のことを忘れてる
関係や変化のことをはっきり意識するや否や、対象が変化しないと考えることは誤ってるし、対象が変化しないことを願うのは無茶な願望だということが分かって執着を無意味に感じて執着しなくなる
苦しみの原因は対象が変化するにも関わらず執着して願望を裏切られることなので、執着しなくなれば「まぁそりゃそうだよね」と必然性を悟って苦しむことはなくなる

40: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 01:59:45.125 ID:yc4Jj+/Yd
>>31
あーなる
大人な認識を持つことでハードルを下げるのか

30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 01:54:40.561 ID:OPU24p/O0
神に助ける前に
人は人同士助け合え
そして自らの身は自ら守るを基本とせよ

33: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 01:56:48.881 ID:OPU24p/O0
お前らが俺を追い詰めたとしよう
追い出したとしよう
何の気にとめることもなし
全ては予定調和にすぎなかったこと

35: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 01:58:01.748 ID:ltorYXM80
ブッダの教えはほとんど知らないが執着しないことが心の安寧につながると自分も最近思うようになった

45: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:07:01.414 ID:8r++1tTQ0
あとブッダ的には神や霊のように、経験的に確認できないために存在するのかしないのかの議論になると無限に議論が展開し、続けざるを得ないようなものについて考えることよりも、さっさと執着を捨てていくように自分の行為や精神を見つめ直すことの方が重要

46: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:08:36.445 ID:rEleCxXD0
色即是空空即是色

47: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:12:21.749 ID:tg7SE6oc0
ようはこの世界はゲームの中の世界のようなものでそこで執着心を抱いても無益であるということ

48: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:16:15.211 ID:VZqTv3As0
お遍路行けばいいよ

49: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:18:23.841 ID:yc4Jj+/Yd
弱者の理論だな
真の強者は全てを手に入れる

65: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:38:08.719 ID:ltorYXM80
>>49
人間の欲にはきりがないというのがブッダの最も大事な教えやろ
人間には寿命があるのだから全てを手に入れるのは不可能

67: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:41:21.898 ID:yc4Jj+/Yd
>>65
欲があるなら全部手にいれるために努力すればいいじゃん
キリがなくて結構
追い続けるのが人生

52: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:21:22.596 ID:lL7EZdaA0
>>49
飽きて終わりじゃないか?
知らんけど

55: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:25:24.870 ID:8r++1tTQ0
>>49
全てを手に入れることはできないし、全てではなくても目的のものを手に入れたとしても、その状態のまま維持し続けることは出来ずに崩壊に向かって変化していく

どんなに強くても怪我したり、病気になったり、財産がなくなったりするし、家族や友人はいつか死ぬし自分もいつか死ぬ

だからどんなに強くても何かに執着する限り苦しむことになるし、その時に必死に苦しみから逃れようとするけどどうしても逃れられない

結局強さを誇っていても思い通りにはならない

一方で苦しみの原因である執着を除去すればするほど必然的な変化の中でも苦しむことは少なくなって思い通りにいかないということが少なくなっていき、強さを誇る者よりも不自由を感じずに生きられる

58: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:28:30.763 ID:yc4Jj+/Yd
>>55
現代技術の発達は人間の思考の限界をも突破しつつある
喜怒哀楽全てを内包してこそ人間らしく生きるということだ
そう思わんかね?

61: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:34:49.915 ID:8r++1tTQ0
>>58
現代技術が発達しても全てのものは絶えず崩壊に向かって変化していくため執着すれば必ず苦しむことになる

喜怒哀楽は別にしてもいいし、喜怒哀楽があった方が豊かな人生かもしれないけど、喜怒哀楽を大事にしている人でも苦しみに遭遇すると必ず必死に苦しみから逃れようとするし、逃れられずに不自由を感じるし苦しみは避けられない

どうせ苦しみの機会が必ず訪れるなら少しでも苦しみの原因である執着を除去していって、苦しみを感じないようにしておいた方が不自由を感じないし、その上で喜怒哀楽も感じられるなら尚更いいじゃないか

69: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:43:34.102 ID:yc4Jj+/Yd
>>61
俺マゾだから苦しみも楽しいよ

71: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:45:53.588 ID:8r++1tTQ0
>>69
でもお腹が空いたら空腹を楽しまずに食事するし、眠くなったら睡眠欲を楽しまずに寝るし、怪我や病気したら痛みを楽しまずに病院行くでしょ
人間は必ず苦しみから逃れようとするし苦しみから逃れられないと非常に辛くなる

54: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:23:45.203 ID:LTvZ3CWE0
全て手に入れた金持ちが行き着く先が寄付とかボランティアなんだよな

59: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:29:02.443 ID:X+hdxAWF0
悟りは広義には理解するって意味だから一般人もある意味悟り続けている

60: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:33:47.457 ID:S4v8IhYN0
俺は自分の体調が悪い時、それを治そうと執着しがちだ
痛みや不快感の感覚に対する執着を手放すのって難しい
1はどうするのがいいやり方だと思う?

62: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:36:16.644 ID:8r++1tTQ0
>>60
病院に行け

64: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:37:29.455 ID:S4v8IhYN0
>>62
いや、特に病気とかじゃないんよ
なんか体だるいとか、集中しにくいとか、そういうの

68: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:43:30.153 ID:8r++1tTQ0
>>64
仏教では何か気になったことについて考える時は、その原因や変化や他のものとの関係について考えるように勧められている

その際もしかすると根拠の無い先入観や無知や誤解があるかもしれないので、そこら辺の自分の認識について検討することが勧められている

こういう仏教のやり方は大学のレポート書く時の手続きと変わらないかもしれない

73: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:47:37.496 ID:S4v8IhYN0
>>68
はえー
なるほどなあ
そこに気づけば、執着が氷解するかもしれんな
経験上、執着に気付くだけで執着が消えることもあるし、もっと深いレベルで認識できればより効果が大きそうだな

74: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:51:52.399 ID:8r++1tTQ0
>>73
執着に気付いて執着の原因である関係と、変化の忘却を自覚すれば、執着することは無茶だし無意味だと分かって執着することに興味が無くなるかもしれない

75: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:55:44.654 ID:S4v8IhYN0
>>74
ちょっとした体の不快感って、たぶん、普段無い感覚がそこにある異物感なんだろうな
それで、いつもの状態で安定していたいからそれを取り除きたいっていう
でも体の状態は絶えず変化していて、むしろそういう感覚があるのも含めていつもの状態なんだな
すげー納得

76: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:59:18.150 ID:8r++1tTQ0
>>75
よく分からんけど例えば椅子に座る時にいつも不快感を覚えるとか、朝起きたら異常なほど喉渇いてるとか、体の不調と状況との関係を覚えておいて病院で「こんなときに~になるんですけど」と相談しろ

78: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 03:05:37.275 ID:S4v8IhYN0
>>76
親身になってくれてありがとう
ただすまん、本当に深刻なことではないんだ
よく子供が洋服のタグが肌にこすれて嫌だって言うやつあるだろ?
あんな感じで、色々敏感なんだわ
例えば風邪で体が本調子じゃないだけで、その感覚が嫌で嫌で堪らなくなったりする
もっとも、5年前くらいにまさに1が言ってることとか諸々の考え方に出会って少しずつよくなってるんだがな
より理解が深まったよ
ありがとう

63: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:36:35.567 ID:S4v8IhYN0
俺は、体調はともかく、やるべきことに専念するのがコツかと思ってる

66: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:40:46.999 ID:NShlKci40
心の安寧が絶対正義みたいに言われてもそれって趣味の世界じゃね?

70: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:45:05.111 ID:S4v8IhYN0
欲に従ってそれを追う、例えば夢を追うようなやり方と、いい結果にならないであろう執着
この二つの違いはどこにあるかというと、不可能の壁を越えようとしてるかしてないかじゃないかな
他者を変えることとか、永遠を実現させるとか、努力もせず変化を求めるとか、そういうのじゃなけりゃ、追い求めて大いに結構だと思う

32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 01:56:38.089 ID:2RqQjpCH0
要するに俺はどう行動したらいい?

34: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 01:57:08.296 ID:VZqTv3As0
>>32
早く寝て明日の仕事に備えて体調を整える

42: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 02:02:23.511 ID:2RqQjpCH0
>>34
おやすみ




オカルトランキング



1: 名無しさん 2014/03/23(日)23:27:38 ID:5ZJlZhCVA
天国なんて無理ゲーすぎだろ・・

◎八大地獄と対応した罪
等活地獄→ 殺生
黒縄地獄→ 殺生、盗み
衆合地獄→ 殺生、盗み、邪淫
叫喚地獄→ 殺生、盗み、邪淫、飲酒
大叫喚地獄→ 殺生、盗み、邪淫、飲酒、妄語

焦熱地獄・炎熱地獄→ 殺生、盗み、邪淫、飲酒、妄語、邪見(仏教の教えとは相容れない考えを説き、また実践する)

大焦熱地獄・大炎熱地獄→ 殺生、盗み、邪淫、飲酒、妄語、邪見、犯持戒人(尼僧・童女などへの強姦)

阿鼻地獄 ・無間地獄→ 殺生、盗み、邪淫、飲酒、妄語、邪見、犯持戒人、父母・阿羅漢(聖者)殺害

さらに各地獄ごとに十六小地獄が設置され、細かく罪に応じた罰則が決まっている

3: 名無しさん 2014/03/23(日)23:28:37 ID:5ZJlZhCVA
仏教の地獄を考えた奴は徐々に悪乗りしちゃったとしか思えない

4: 名無しさん 2014/03/23(日)23:28:43 ID:zSSVUU5B2
俺は地獄にもいけないのか…

7: 名無しさん 2014/03/23(日)23:29:55 ID:vIErBUdmh
地獄の沙汰も金次第

8: 名無しさん 2014/03/23(日)23:30:09 ID:ZwizLrENs
後半はもう意味わからんけど飲酒で終了

9: 名無しさん 2014/03/23(日)23:30:13 ID:AknH7bmLb
ものすごい刑期が長いのよ


11: む魚禿光禿◆BAtfNG6/NI 2014/03/23(日)23:31:13 ID:8s02E3rHY
飲酒wwwwwwwwww



12: 名無しさん 2014/03/23(日)23:31:25 ID:QXQyDZ9E0
飲酒以外は引っかからないに

13: 名無しさん 2014/03/23(日)23:32:32 ID:vIErBUdmh
坊主は俺のじいちゃん天国行ったと言ってたぞ
行ってないやん

14: 名無しさん 2014/03/23(日)23:32:35 ID:5ZJlZhCVA
ちなみに殺生には虫も含みますww

等活地獄

想地獄の別名を持つ。いたずらに生き物の命を断つものがこの地獄に堕ち、ケラ・アリ・蚊(カ)・?(アブ)の小虫を殺した者も、懺悔しなければ必ずこの地獄に堕ちると説かれている。
また、生前争いが好きだったものや、反乱で死んだものもここに落ちるといわれている。

閻浮提の地下、1千由旬にある。縦広斉等にして1万由旬ある。この中の罪人は互いに害心を抱き、自らの身に備わった鉄の爪や刀剣などで殺しあうという。
そうでない者も獄卒に身体を切り裂かれ、粉砕され、死ぬが、涼風が吹いて、また獄卒の「活きよ、活きよ」の声で元の身体に等しく生き返る、という責め苦が繰り返されるゆえに、等活という。
ただし、この「死亡しても肉体が再生して苦しみが続く」現象は他の八大地獄や小地獄でも見られる。
この衆人の寿命は500歳。ただし人間の昼夜50年を以て、第一四天王(四大王衆天)の1日1夜として、その500年が等活地獄の一日。
さらにそれが500年続くので、人間界の時間で1兆6653億年を経たないと転生できない。
というが、それを待たず中間で死ぬ者もいる。

16: 名無しさん 2014/03/23(日)23:34:14 ID:sfbrVnYox
>>14
まじかよ
ちょっと仏像に懺悔してくる

49: 名無しさん 2014/03/24(月)00:33:32 ID:YrlnamB0r
>>14
>>自らの身に備わった鉄の爪や刀剣

なにこの厨二設定

39: 名無しさん 2014/03/23(日)23:57:04 ID:5ZJlZhCVA
>>14の等活地獄の十六小地獄の一部

屎泥処(しでいしょ)
鳥や鹿を殺した者が落ちる。屎とは糞、大便のことで、ここでは沸騰した銅と糞尿が沼のようにたまっており、亡者達はその中で苦い屎を食わされ、金剛の嘴を持つ虫に体を食い破られる。

刀輪処(とうりんしょ)
刀を使って殺生をした者が落ちる。10由旬の鉄の壁に囲まれており、地上からは猛火、天井から熱鉄の雨が亡者を襲う。また、樹木から刀の生えた刀林処があり、両刃の剣が雨のように降り注ぐ。

瓮熟処(おうじゅくしょ)
動物達を殺して食べた者が落ちる。獄卒が罪人を鉄の瓮(かめ)に入れて煮る。

多苦処(たくしょ)
人を縄で縛ったり、杖で打ったり、断崖絶壁から突き落としたり、子供を恐れさせたり、拷問で人々に大きな苦痛を与えた者が落ちる。その名の通り多い苦しみ、十千億種類の苦しみが用意されており、生前の悪行に応じた形で苦しめる。

闇冥処(あんみょうしょ)
羊や亀を殺した者が落ちる。その名の通り真っ暗闇で、闇火(あんか)や熱風で罪人を苦しめる。

不喜処(ふきしょ)
法螺貝を吹くなど、大きな音を立てて驚かせたうえで、鳥獣を殺害した者が落ちる。昼夜を問わず火炎が燃え盛り、熱炎の嘴の鳥、犬、狐に肉や骨の髄まで食われる。

極苦処(ごくくしょ)
生前にちょっとした事で腹を立ててすぐに怒り、暴れ回り、物を壊し、勝手気ままに殺生をした者が落ちる。あらゆる場所で常に鉄火に焼かれ、獄卒に生き返らされて断崖絶壁に突き落とされる。

15: 名無しさん 2014/03/23(日)23:33:01 ID:1Aa6va3yA
蚊とかハエ叩いただけで殺生にあたるのかね?

17: 名無しさん 2014/03/23(日)23:34:55 ID:5ZJlZhCVA
黒縄地獄

殺生、盗み
殺生のうえに偸盗(ちゅうとう)といって盗みを重ねた者がこの地獄に堕ちると説かれている。

獄卒は罪人を捕らえて、熱く焼けた鉄の地面に伏し倒し、同じく熱く焼けた縄で身体に墨縄をうち、これまた熱く焼けた鉄の斧もしくは鋸(のこぎり)でその跡にそって切り、裂き、削る。
また左右に大きく鉄の山がある。山の上に鉄の幢(はたほこ)を立て、鉄の縄をはり、罪人に鉄の山を背負わせて縄の上を渡らせる。
すると罪人は縄から落ちて砕け、あるいは鉄の鼎(かなえ)に突き落とされて煮られる。この苦しみは、先の等活地獄の苦しみよりも10倍である。
人間界の100年は、六欲天の第二の?利天(とうりてん)の一日一夜である。その?利天の寿命は1000歳である。この天の寿命1000歳を一日一夜として、この第二の黒縄地獄の寿命は1000歳である。
人間界の時間に換算すると、約13兆年。

18: む魚禿光禿◆BAtfNG6/NI 2014/03/23(日)23:35:40 ID:8s02E3rHY
なんだ懺悔すれば許されるのか
サーセンwwwwww

20: 名無しさん 2014/03/23(日)23:37:16 ID:xv8LbswUX
踊って念仏唱えてりゃ
教義理解してなくてもえーんやろ

よゆーよゆー

21: 名無しさん 2014/03/23(日)23:37:49 ID:5ZJlZhCVA
お前ら向け、淫行ってエッチもあかんのかな

衆合地獄

殺生、盗み、邪淫
堆圧地獄の別名を持つ。先の二つに加えて淫らな行いを繰り返した者が落ちる。

黒縄地獄の下に位置し、その10倍の苦を受ける。
多くの罪人が、相対する鉄の山が両方から崩れ落ち、圧殺されるなどの苦を受ける。
剣の葉を持つ林の木の上に美人が誘惑して招き、罪人が登ると今度は木の下に美人が現れ、その昇り降りのたびに罪人の体から血が吹き出す。
鉄の巨象に踏まれて押し潰される。
人間の200歳を第三の夜摩天の一日一夜として、さらにその2000年をこの地獄の一日一夜として、寿命は2000歳という。
これは人間界の時間に換算すると106兆5800億年という。

23: 名無しさん 2014/03/23(日)23:39:08 ID:4vkB4Hgtq
>>21
要するに美人局の最凶ver.ってことか

22: 名無しさん 2014/03/23(日)23:38:50 ID:gs65Ppz6c
寧ろ現世が地獄だわ

24: 名無しさん 2014/03/23(日)23:41:04 ID:5ZJlZhCVA
刑期何兆年単位がデフォなんだなww

叫喚地獄

殺生、盗み、邪淫、飲酒
ただ酒を飲んだり売買するのみならず、酒に毒を入れて人殺しをしたり、他人に酒を飲ませて悪事を働くように仕向けたり、などということも条件になる。

衆合地獄の下に位置し、その10倍の苦を受ける。熱湯の大釜や猛火の鉄室に入れられ、号泣、叫喚する。その泣き喚き、許しを請い哀願する声を聞いた獄卒はさらに怒り狂い、罪人をますます責めさいなむ。
頭が金色、目から火を噴き、赤い服を着た巨大な獄卒が罪人を追い回して弓矢で射る。焼けた鉄の地面を走らされ、鉄の棒で打ち砕かれる。
人間の400歳を第四の兜率天の一日一夜とする。
その兜率天の4000年を一日一夜として、この地獄の寿命は4000歳という。人間界の時間で852兆6400億年である。

25: 名無しさん 2014/03/23(日)23:41:54 ID:t3pAHy5fY
この世は監獄
寿命は刑期

26: 名無しさん 2014/03/23(日)23:42:35 ID:wHXRFpXgU
獄卒に女は居るのか!?

30: 名無しさん 2014/03/23(日)23:45:51 ID:5ZJlZhCVA
>>26
悪鬼だから性別はないんじゃない?知らんけど

10: 名無しさん 2014/03/23(日)23:30:38 ID:wM3VWJ8Ej
大叫感喚地獄からカキコ

27: 名無しさん 2014/03/23(日)23:43:49 ID:5ZJlZhCVA
>>10の地元

大叫喚地獄

殺生、盗み、邪淫、飲酒、妄語(うそ)
叫喚地獄の下に位置し、その10倍の苦を受ける。叫喚地獄で使われる鍋や釜より大きな物が使われ、更に大きな苦を受け叫び喚く。

人間の800歳は、第五の化楽天の一日一夜として、寿8000歳という。
その8000歳を一日一夜として、この地獄の寿命は8000歳である。これは人間界の時間で6821兆1200億年に当たる。

28: 名無しさん 2014/03/23(日)23:45:21 ID:AknH7bmLb
獄卒 何兆年働けばいいんや・・

29: 名無しさん 2014/03/23(日)23:45:50 ID:BT1aeQAZu
鬼灯の冷徹スレ

31: 名無しさん 2014/03/23(日)23:48:00 ID:5ZJlZhCVA
他教徒排除きましたー

焦熱地獄 、炎熱地獄

殺生、盗み、邪淫、飲酒、妄語、邪見(仏教の教えとは相容れない考えを説き、また実践する)

大叫喚地獄の下に位置し、その10倍の苦を受ける。常に極熱で焼かれ焦げる。
赤く熱した鉄板の上で、また鉄串に刺されて、またある者は目・鼻・口・手足などに分解されてそれぞれが炎で焼かれる。
この焦熱地獄の炎に比べると、それまでの地獄の炎も雪のように冷たく感じられるという。
また、豆粒ほどの焦熱地獄の火を地上に持って来ただけでも地上の全てが一瞬で焼き尽くされるという。
人間の1600歳は、他化自在天の一日一夜として、その寿1万6000歳である。その1万6000歳を一日一夜として、この地獄の寿命は1万6000歳という。
人間界の時間で5京4568兆9600億年を経たないと転生できない。

42: 名無しさん 2014/03/24(月)00:01:28 ID:ipSZoyGhT
>>31焦熱地獄 、炎熱地獄の十六小地獄

大焼処(だいしょうしょ)
「殺生をすることで天に転生することができる」という邪見を述べた者が落ちる。もろもろの火の他に、文字通り「後悔の炎」が生じて内側から罪人を焼き焦がす。

分荼梨迦処(ぶんだりかしょ)
「飢えて死ぬことで天に昇ることができる」と説いた者が落ちる。体中から炎が吹き出して苦しんでいる罪人の耳に、「ここには分荼梨迦の池があり、水が飲める」という声が聞こえる。その声に従って池に飛び込むとそこは水ではなく炎の中で、さらに苦しむ羽目になる。

龍旋処(りゅうせんじょ)
「欲、怒り、愚かさを断てば涅槃に入れる、という教えは嘘だ」と説いた者、礼儀作法の意味を解さなかった者が落ちる。身体から毒を発する悪龍がたくさんおり、罪人の周囲で激しく回転する。罪人は毒と回転の摩擦でぼろぼろに砕かれる。

赤銅弥泥魚旋処(しゃくどうみでいぎょせんしょ)
「この世に存在する一切は大自在天の作ったもので、輪廻転生などはない」と説いた者が落ちる。高熱の銅汁の海に鉄の魚がおり、溺れる罪人の上半身を噛む。下半身は銅の海で焼かれ、また海中の悪虫に食いつかれる。

鉄钁処(てっかくしょ)
「たとえ殺人を犯しても、もしもその殺された人が天に生まれ変われるなら殺人は悪くない」と説いた者が落ちる。「平等受苦無力無救」「火常熱沸」「鋸葉水生」「極利刀鬘」「極熱沸水」「多饒悪蛇」という六つの巨大な釜があり、罪人を煮る。

血河漂処(けつがひょうしょ)
何度となく戒に違反しながら「苦行すれば全ての罪は許されるのだからかまわない」と考え、自らの身体を傷つけるような苦行を行った者が落ちる。文字通り血の河に漂う地獄で、河の中に群れ成して住む丸虫が罪人に取り付いて焼き焦がす。

饒骨髄虫処(にょうこつずいちゅうしょ)
今よりもよい世界ではなく、当たり前の人間界に転生することを望んで戒を破り、牛の糞に火をつけて自らの身を焼いた者が落ちる。鉄の杵で打たれて蜜蝋のようにどろどろにされ、前世の罪のために虫となって地獄に落ちた者たちと混ぜ合わされて肉の山となり、火をつけて燃やされる。

一切人熟処(いっさいにんじゅくしょ)
邪教を信じ、天界に転生するために山林や草むらなどに放火した者が落ちる。罪人の目の前で家族や友人など、かけがえのない人々が焼かれるのを見せ、精神的な責め苦を与える。

無終没入処(むしゅうぼつにゅうしょ)
「動物や人間を焼き殺したものは火を喜ばせたという理由で幸福を得られる」と考え、実行したものが落ちる。燃え盛る巨大な山に登らされ、手、足、頭、腰、眼、脳などに分解されてそれぞれが燃やされる。

大鉢特摩処(だいはちとくましょ)
僧たちに食事を供する大斎の期間中に殺人をすれば望みが叶うと考え、実行した者が落ちる。花弁の中に無数の長い棘がある紅蓮華の花の中に落とされ、全身串刺しになる。しかも傷口から炎が吹き出す。

32: 名無しさん 2014/03/23(日)23:50:12 ID:5ZJlZhCVA
大焦熱地獄・大炎熱地獄

殺生、盗み、邪淫、飲酒、妄語、邪見、犯持戒人(尼僧・童女などへの強姦)

焦熱地獄の下に位置し、前の6つの地獄の一切の諸苦に10倍して重く受ける。
また更なる極熱で焼かれて焦げる。その炎は最大で高さ500由旬、横幅200由旬あるという。
罪人の苦しみの声は地獄から3000由旬離れた場所でも聞こえる。
この地獄に落ちる罪人は、死の三日前から中有(転生待ち)の段階にも地獄と同じ苦しみを受ける。
その寿命は半中劫という。

33: 名無しさん 2014/03/23(日)23:50:13 ID:Oo77wCHIl
あかんよ

34: 名無しさん 2014/03/23(日)23:51:14 ID:EiZlgzLQV
なんでも10倍にすればいいってもんじゃねえぞ!

35: 名無しさん 2014/03/23(日)23:53:21 ID:5ZJlZhCVA
八大地獄ラスト、ここに比べたら他の7つはお遊びらしい

阿鼻地獄・無間地獄

殺生、盗み、邪淫、飲酒、妄語、邪見、犯持戒人、父母・阿羅漢(聖者)殺害。

地獄の最下層に位置する。大きさは前の七つより大きく、縦横高さそれぞれ2万由旬。最下層ゆえ、地獄に落ちるまで、まっ逆さまに(自由落下速度で)落ち続けて到着するまで2000年かかる。
前の七大地獄並びに別処の一切の諸苦を以て一分として、大阿鼻地獄の苦、1000倍もあるという。剣樹、刀山、湯などの苦しみを絶え間(寸分・刹那)なく受ける。背丈が4由旬、64の目を持ち火を吐く奇怪な鬼がいる。
舌を抜き出されて100本の釘を打たれ、毒や火を吐く虫や大蛇に責めさいなまれ、熱鉄の山を上り下りさせられる。これまでの地獄さえ、この無間地獄に比べれば夢のような幸福だという。
この無間地獄の寿命の長短は一中劫という。一中劫とは、この人寿無量歳なりしが100年に一寿を減じ、また100年に一寿を減ずるほどに、人寿10歳の時に減ずるを一減という。
また10歳より100年に一寿を増し、また100年に一寿を増する程に、8万歳に増するを一増という。この一増一減の程を小劫として、20の増減を一中劫という、人間の年月で変換すると339京7386兆2400億年になる。

また、例えの一例としては、一辺が一由旬の巨大な正方形の石を、100年に一度柔らかな綿で軽く払い、その繰り返しで石が磨耗、消滅するよりもさらに長い時間だと言われる。
この地獄に堕ちたる者は、これ程久しく無間地獄に住して大苦を受くという。

36: 名無しさん 2014/03/23(日)23:55:32 ID:VNjkqe09e
焦熱地獄行きかよ…。
つまり、南国美少女鬼娘とウハウハですね!!
わかりました!!

37: 忍法帖【Lv=8,しょうにん】 2014/03/23(日)23:56:05 ID:SOGC8OgBF
ここは地獄 地獄 素敵な地獄?♪

38: 名無しさん 2014/03/23(日)23:56:46 ID:Oo77wCHIl
黒縄地獄かー

41: 名無しさん 2014/03/23(日)23:59:56 ID:zSSVUU5B2
神は言っている地獄にいくべきではないと

43: 名無しさん 2014/03/24(月)00:01:52 ID:ipSZoyGhT
焦熱地獄の十六小地獄

悪険岸処(あくけんがんしょ)
「水死したものは那羅延天に転生し、永遠にその世界に住み続ける」と説いた者が落ちる。極卒たちが「あの大きな山を越えれば苦を受けることはなくなる」と言うのでその通りにすると、山の向こうの切り立った崖に落ち、崖下の石の刀に刺さって燃やされる。

金剛骨処(こんごうこつしょ)
「この世にある一切のものは因縁などとは関係なく生じたり滅したりするので、仏法を信じるなどばからしい」と説いた者が落ちる。獄卒に刀で肉を削られ骨だけにされるが、この骨は金剛のように硬くなっている。すると、罪人に騙されたものたちが現れてその骨を手に取り打ち合わせる。骨だけになっても罪人は苦痛を感じる。

黒鉄縄(?+剽)刀解受苦処(こくてつじょうびょうとうかいじゅくしょ)
「人間の行いの善や悪などはすべて因縁によって決まっており、変えられないのだから、あれこれ頑張ってみても無意味だ」と説いた者が落ちる。鉄の綱で縛られ、足から頭にかけて刀で細かく裂かれる。

那迦虫柱悪火受苦処(なかちゅうちゅうあくかじゅくしょ)

「宇宙にはこの世もあの世も存在しない」と説いた者が落ちる。罪人の頭を貫通させた大きな釘を、そのまま地面に打ち立てる。その後罪人の体内に虫が湧き出し、血を吸い尽くした後に肉まで食べる。

闇火風処(あんかふうしょ)
「この世の法則には無常ばかりではなく一定不変なものもある」と説いた者が落ちる。悪風に吹き飛ばされた罪人の身体が風の渦の中で回転し続ける。時折別の強風が吹くと身体が砕かれて砂のようになるが、すぐ再生して同じことのくり返しになる。

金剛嘴蜂処(こんごうしほうしょ)
「人間の世界は因縁によって生じたので、全ては因縁によって決定されている」と説いた者が落ちる。極卒がはさみで罪人の肉を少しずつちぎり取り、さらにそれを自分自身に喰わせる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/六小地獄 (焦熱地獄)

44: 名無しさん 2014/03/24(月)00:15:24 ID:VRTKyYLc6
おお!俺がいつか立てようと思ってたスレがあったw

45: 名無しさん 2014/03/24(月)00:27:48 ID:ipSZoyGhT
>>44
続きまとめてくれてもいいのよ

46: 名無しさん 2014/03/24(月)00:28:46 ID:VRTKyYLc6
>>45
いやw
俺は八大地獄だけのつもりだったからほとんど出てるww

47: 名無しさん 2014/03/24(月)00:30:38 ID:BTL4bsDFz
殺殺処はよ

50: 名無しさん 2014/03/24(月)00:34:45 ID:ipSZoyGhT
>>47
ほい!ア〇ル開発は勘弁だわぁ・・


大叫喚地獄の十六小地獄


大吼処(だいくしょ)
心身を清める斎戒を行っている人に酒を与えた者が落ちる。人に酒を飲ませたように溶けた白蝋を無理矢理飲ませられる。苦痛のあまり罪人が空まで届く咆吼の叫び声をあげると、獄卒はますますいきり立ち、罪人を苦しめる。

普声処(ふしょうしょ)
修行中に気が緩んで酒を飲んだ者、自ら飲酒を楽しむばかりか、受戒したばかりの人に酒を飲ませた者が落ちる。獄卒に鉄の杵で打たれて苦しめられ、その叫び声が地獄を通り越して鉄囲山世界全てに響き渡る。

髪火流処(はっかるしょ)
五戒を守っている人に酒を与えて戒を破らせた者が落ちる。熱鉄の犬が罪人の足に噛み付き、鉄のくちばしを持った鷲が頭蓋骨に穴を開けて脳髄を飲み、狐たちが内臓を食い尽くす。

火末虫処(かまつちゅうしょ)
水で薄めた酒を売って大儲けした者たちが落ちる。地・水・火・風の四大元素から来る四百四病の全てが存在し、しかもそれぞれが、地上の人間を死滅させる威力を持つ。また、罪人の身体から無数の虫が湧き出し肉や骨を食い破る。

熱鉄火杵処(ねつてっかしょしょ)
鳥や獣に酒を与えて、酔わせた後に捕らえて殺した者が落ちる。獄卒が振り下ろす鉄の杵で追い回され、捕まると砂のごとく細かく砕かれる。肉体が再生すると今度は刀で少しずつ削られ、細かい肉片にされる。

雨炎火石処(うえんかせきしょ)
旅人に酒を飲ませ酔わせて財産を奪った者、象に酒を飲ませて暴れさせ、多くの人々を殺した者などが落ちる。赤く焼けて炎を発する石の雨が罪人たちを撃ち殺す。また、溶けた銅とハンダと血が混ざった河が流れており、罪人たちを押し流しながら焼く。全身から炎を発して燃え盛る巨大象がいて罪人を押しつぶす。

殺殺処(せつせつしょ)
貞淑な婦人に酒を飲ませて酔わせて関係した者が落ちる。獄卒たちが熱鉄の鉤で罪人の男根を引き抜く。抜かれるたびに再生し、同じことが繰り返される。罪人が逃げ出すと、今度は烏、鷲、鳶の大群に食い尽くされる。

鉄林曠野処(てつりんこうやしょ)
酒に毒薬を混ぜて人に与えた者が落ちる。燃え盛る鉄の車輪に縛り付けられ、回転させたところを的当てのごとく弓で射られる。

普闇処(ふあんしょ)
酒を売る仕事をしながら、人の無知に付け込んで、少しの酒を高価な値段で売った者が落ちる。真っ暗闇の中で獄卒に散々に打たれ、その後炎の中で頭から二つに引き裂かれる。

閻魔羅遮曠野処(えんまらこうやしょ)
病人や妊婦に酒を与えて、彼らの財産や飲食物を奪った者が落ちる。罪人は足から順に頭まで燃えていき、その上で獄卒に鉄刀で足から順に頭まで切り刺される。

剣林処(けんりんしょ)
荒野を旅する人をだまして泥酔させ、持ち物や命を奪った者が落ちる。燃え盛る石の雨、沸騰した血と銅汁と白蝋の河がある中で、獄卒に刀や殻竿で打たれる。

大剣林処(だいけんりんしょ)
人里離れた荒野の街道で酒を売った者が落ちる。高さ1由旬の剣樹の林があり、獄卒にそこへ追い立てられる。剣樹の幹は炎に包まれ、葉は鋭い刃になっており、揺れるたびに無数に落下して下のものを切り裂く。逃げ出したくても外には常に獄卒がいる。

芭蕉烟林処(ばしょうえんりんしょ)
貞淑な婦人に密かに酒を飲ませていたずらしようとした者が落ちる。煙が充満していて前が見えず、床は熱した鉄板になっていて焼かれる。

煙火林処(えんかりんしょ)
悪人に酒を与えて、憎む相手に復讐させた者が落ちる。熱風に吹き上げられ、他の罪人と空中でぶつかり合いながら砂のように砕けてしまう。

火雲霧処(かうんむしょ)
他人に酒を飲ませて酔わせ、物笑いにした者たちが落ちる。地面から100mの高さまで吹き上がる炎の熱風で舞い上げられ、空中で回転し、縄のようにねじれ、ついには消滅してしまう。

分別苦処(ふんべつくしょ)
使用人に酒を与えて勇気付け、動物を殺生させた者が落ちる。獄卒が様々な苦しみを与えた上で、説教して反省させる。その上でまたさらに様々な苦悩を与える。

48: 名無しさん 2014/03/24(月)00:31:00 ID:LttoCITkx
痛みに快楽を感じる奴の場合は地獄っていみないんじゃないか
体痛め付ける系ばっかりじゃん

52: 名無しさん 2014/03/24(月)00:37:54 ID:ipSZoyGhT
こうしてみると罪人が男を前提とした刑が多いんだな
やっぱ男性社会だったからか

53: 名無しさん 2014/03/24(月)00:51:34 ID:VRTKyYLc6
全部あわせて272もあるんだぜw




オカルトランキング


1: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:03:40.03 ID:62w7Cw9I0
ブッダ「弟子よ、"実体"なるものは存在しない」

弟子「・・・???」

弟子「一体どういうことでしょうか」

ブッダ「弟子よ、お前は"家"というものが存在すると考えているか」

弟子「師匠、私は"家"が存在すると考えておりますし、その中で暮らしております」

ブッダ「では弟子よ、私が指を指す方を見なさい。そこには何が見える」

弟子「何の変哲もないただの木の家でしょう」

ブッダ「弟子よ、お前はこれを"家"と呼ぶのだな」

弟子「それ以外になんと呼べばよろしいでしょうか、師匠」



2: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:04:15.12 ID:62w7Cw9I0
ブッダ「ではこの家から床を取り除くことにする。弟子よ、これは"家"と呼べるだろうか」

弟子「言えます、師匠」

ブッダ「ではこの家からさらに屋根を取り除くことにする。弟子よ、これは"家"と呼べるだろうか」

弟子「不十分ではありますが家と呼ぶことも可能でしょう」

ブッダ「ではこの家からさらに壁を取り除くことにする。弟子よ、これは"家"と呼べるだろうか」

弟子「師匠、これはもはや家とは呼べません」

3: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:04:38.17 ID:62w7Cw9I0
ブッダ「お前は今まで"家"であると述べてきたものを"家"でないと言った。弟子よ、お前にとっての"家"は壁であったのか」

弟子「師匠、それは違います。壁がなくとも柱と屋根があればそれは家と呼べるでしょう」

ブッダ「では一体"家"なるものはどの時点で"家"となり、どの時点で"家"でなくなるのか」

弟子「師匠、それは我々の暮らしに安息を与えるものにできる時点でしょう」

4: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:04:50.75 ID:Z4abFuvM0
色即是空やろか

5: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:05:09.48 ID:xIga+D2C0
空即是色やな

6: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:05:10.48 ID:62w7Cw9I0
ブッダ「つまり"家"なるものは個々人の思い方によって存在する時点が異なるというのだな。草原に生きる人は布の天幕にも安息の場を見いだすが、雨風の多い我がインドの地に生きる民はそうはいかない」

弟子「そういうことになりましょう」

ブッダ「弟子よ、お前は初め「家は存在する」と言った。しかし"家"というものなど初めから存在しないのだ。その存在は我々の心が作り上げたものでしかないのだ。」

9: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:06:44.80 ID:62w7Cw9I0
ブッダ「同じことはあらゆるものに言える。存在は絶対的なものではなく、相対的に我々が生み出しているのにすぎない」

弟子「師匠、それは違うのではないでしょうか。家は存在しないかもしれませんが、それ以外のものには確実に存在しているものがあります」

12: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:07:31.41 ID:E7RuxtrC0
お経の内容ってこれよな

15: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:08:43.07 ID:t1JNghhU0
プラトン「家のイデアが存在する」

16: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:08:44.18 ID:62w7Cw9I0
弟子「家は人が作り上げるものですから、確かに人がいなければ存在しておりません。しかし、家を作るために必要な"木"は確実に存在しております」

ブッダ「なぜそう考える」

弟子「木は人間の存在に関係なく存在しているため、個々人の考えに左右されることもないからです」

18: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:09:11.08 ID:S/iprQj30
弟子食らいついてきて草

27: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:11:19.90 ID:SZwOtszS0
>>18
食らいつかなきゃ問答にならんからね

24: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:10:46.58 ID:62w7Cw9I0
ブッダ「弟子よ、そなたの考えはまことに鋭いものだな。しかしそれは違う」

弟子「なぜですか、師匠」

ブッダ「"木"も所詮人の考えで生み出された相対的な存在にすぎぬ。弟子よ、そこに生えている木をこすってみよ」

29: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:12:11.86 ID:62w7Cw9I0
弟子「こうすればよろしいのですか、師匠」

ブッダ「手のひらに何が見える」

弟子「木の表面から剥がれた小さな木屑が見えます」

ブッダ「弟子よ、それは"木"と言えぬのか?」

38: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:14:01.18 ID:62w7Cw9I0
弟子「これはただの屑であり、木と呼ぶことなどできないでしょう」

ブッダ「ではその木の屑が集まったこの大木もまた、"木"と呼ぶことはできないのか」

弟子「それは違います、師匠」

ブッダ「なぜだ」

弟子「それは…」

40: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:14:05.20 ID:8eGb9FfR0
ドーナツの穴やぞ、何もない空間なのにドーナツがあるが故にその空間は「ドーナツの穴」と呼ばれる

45: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:15:54.98 ID:lFfqz8bb0
ワイこのスレ見るまで仏教が哲学としての側面持っとるもんだって知らんかった

47: 【B:89 W:62 H:96 (B cup) 167 cm age:49】 2020/04/12(日) 02:16:17.99 ID:YkHjvscG0
続き

51: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:17:02.71 ID:orRnUsB70
弟子負けるな

52: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:17:07.84 ID:62w7Cw9I0
ブッダ「あらゆるものはこのような屑が集まってできている。すべてのものは突き詰めて分解すれば極小の屑となる」

ブッダ「なぜ、そなたは木なるものがそれそのものとして存在していると思うのか。我々が単に屑の集まりを、ある段階に達したら木と呼んでいるだけだ」

64: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:19:25.49 ID:62w7Cw9I0
弟子「それは木が我々にとって意味あるものであるから、単なる屑の集まりとは異なった見なし方をしているだけ、と?」

ブッダ「そうだ、あらゆるものは人との関わりによって存在を与えられる」

弟子「なるほど……あなたが普段おっしゃられている"縁起"なるものはそのことですね」

ブッダ「そうだ」

70: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:19:50.53 ID:62w7Cw9I0
弟子「師匠、確かにその考えは面白いものではあります。しかしそれが結局のところ、私の人生にとって何になるのでしょうか。私は空虚な言葉遊びを嗜むために家を捨ててきた訳ではありませぬ」

78: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:20:53.87 ID:62w7Cw9I0
ブッダ「弟子よ、存在に囚われぬことで初めて我々は苦の呪縛から逃れられるのだ。我々が目指す地は、正にこの縁起の理解なくして辿り着けぬ」

ブッダ「我々はなぜこの世には"悪"なるものが存在するのかと心を悩ませている。しかし弟子よ、それは無益だ。"悪"などは初めから存在しないのだから。あらゆるものは我々が生んだ言葉でしかない、そこに絶対的な存在はないのだ」

81: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:21:16.90 ID:mvC8sjaN0
はえ~縁起ってそういう意味だったんか・・・

82: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:21:20.33 ID:P7CEs2J40
ブッダが素粒子見たらなんて言うんやろなあ

84: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:21:37.00 ID:62w7Cw9I0
ブッダ「それは"悪"のみではない。"善"も"美"も"快"も存在しないのだ。」

ブッダ「我々は往々にして快楽に溺れる。その欲望は無限に尽きることはないが、我々の力は有限だ。ゆえに我々は必ず手の届かぬ快楽を前にして苦に苛まれることとなる」






ブッダ「しかし弟子よ、案ずるな。快楽とは絶対的なものではない。それは初めから存在しているのでない。ただ我々の心が生み出したものなのだ。ならばそれは必ず克服できる。そもそも我らがそれを生まなければいいのだ」

86: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:22:14.12 ID:62w7Cw9I0
弟子「師匠、我々はどうすればそれを生まぬ人となれるのでしょうか」

ブッダ「弟子よ、"美"も"快"も"名"も、そして"苦"でさえも全て『言葉』であることを知れ。それらはみな先の木の家である。我々がそれを生み出したことを知るとき、我々はそれらへの従属から解放される」

90: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:22:43.18 ID:62w7Cw9I0
ブッダ「それらは絶対的存在ではない。ただの言葉なのだから」

ブッダ「あるゆるものが存在しないことを知るとき、我々はついに"存在"に対して執着することを止めるだろう」

ブッダ「その時こそ、初めて我々は苦から解放されるだろう」

91: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:23:02.10 ID:mw3lKgJH0
つよい

94: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:23:09.20 ID:AlVRgPlY0
色即是空ってどういう意味?

104: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:24:22.03 ID:o/V3pBQc0
>>94
全てのものは実体がないよってこと

112: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:24:36.52 ID:pr29/EPu0
>>94
観測できるものすべては実体がないんや

96: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:23:22.48 ID:62w7Cw9I0
弟子「"苦"から解放されようと考えてる時点で"苦"を実体として捉えてしまっているのではないでしょうか?」

弟子「それでは永遠に"苦"から逃れることなどできないのではないでしょうか?」

ブッダ「弟子よ、それはお前が自身で考えることだ。私はただ、お前より少し先に道を歩く者にすぎない」

99: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:24:00.82 ID:GiEGEcScd
>>96
この弟子強すぎやろ

110: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:24:34.01 ID:62w7Cw9I0
弟子「師匠、そのような煙をまくような物言いをなさらないで下さい。その道の先に何があるかを教えろなどとは言いません。しかし、その道を歩く方法くらいは教えて下さい」

ブッダ「これを語ることはあまり気乗りがしないが、そこまで言うのならしょうがない、語ることにしよう」

122: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:25:47.33 ID:62w7Cw9I0
ブッダ「弟子よ、お前の言う通りだ。我々が言葉の中で苦から逃れる方法を考える限り、解脱に至ることは永遠にない」

ブッダ「弟子よ、だから私は言う。考えるのではなく、感じるのだ。言葉を超えるのに言葉を用いてはならない」

123: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:26:18.68 ID:VUbOrsru0
>>122
は?

125: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:26:38.75 ID:8CaBgKrGr
>>122
いままでのなんだったんだよ

124: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:26:27.59 ID:62w7Cw9I0
ブッダ「『苦から逃れる』過程で『苦の存在を否定』すること、これは我々の常識からすれば大いなる矛盾である。苦を意識した時点で苦の奴隷となるが、目標が苦からの解放であるのに苦を意識しないというのは根本から不可能であるように思える」

ブッダ「この矛盾を乗り越える方法を私は言葉で説明することはできない、このことは言葉の範疇の外にあるからだ」

132: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:26:58.65 ID:62w7Cw9I0
ブッダ「私が言えるのはこれだけだ。お前がその矛盾を突き詰めて見つめ、もしそこに微かな光を見いだしたなら、迷うことはない、『全力で飛べ』 悟りはその先にある」

138: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:27:30.16 ID:62w7Cw9I0
ブッダ「私の話は以上だ」

弟子「…失礼します」

145: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:28:10.65 ID:62w7Cw9I0
言葉なるものを真剣に見つめ、「言葉」を乗り越えることに人生を費やしたブッダは、生前に一冊の本も書かなかった。
今、現存する仏典は全て後世の弟子がブッダの教えをまとめあげたものである。

おわり

166: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:29:44.84 ID:t8IOKmSdd
真理は言葉で言い表せないと言う考え方、確か仏教からだったけど、面白いと思ったな
真理は言葉なんぞに押し込められないというか

だから真理を説明する際は、
真理はAではない、Bでもない、Cでもない…
と否定を続けていくことで真理の輪郭を捉えていく、という手法をとるそうな

194: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:32:01.52 ID:GiEGEcScd
>>166
まあ言葉なんて「赤」が何かすら説明できんからな
こんなもん使って色より遥かに深淵であろう真理なんて語れるわけないわな

168: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:29:45.80 ID:Z4abFuvM0
だから、吾唯足るの境地に至るのは難しいんやで

174: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:30:20.42 ID:OB77qE1n0
こういう良スレはたくさん立ってほしい

175: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:30:25.64 ID:N+td6wLIa
よくわからんが思考は言葉で表せるから苦しみから解放されるには思考の範疇の外に出ろってことか?

191: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:31:41.97 ID:N+td6wLIa
>>175
レスの続きだけど
単純に苦しみから解放されるには思考放棄して何も考えるなってことよな

199: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:32:33.99 ID:pr29/EPu0
>>191
放棄やなくて執着やないか
ようわからんが

221: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:35:11.40 ID:L7pdbxg8d
>>191
ブッダがいいたいのは「何も考えるな」ではなく「何にも執着するな」や
しょせんどんなに楽しかったり辛かったりするものも実体なんてないんやから執着する必要ないでってこと
別に喜怒哀楽の感情が全くない空っぽな人間になれってわけでなく、ただそれを楽しみつつも執着しないってだけや

249: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:37:24.89 ID:N+td6wLIa
>>221
ある意味がんばるなって言ってるようなもんか?
てかブッタはじめ仏教徒も悟り開くことに執着してたけどそれはええんか?

338: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:47:33.83 ID:L7pdbxg8d
>>249
「悟りたいいいい!!!」て考えすら超越した状態のことを悟るって言うんやろ
その前提条件として悟ろうと頑張ること自体は悟りでは決してないけど悟るためには必要なんちゃう

179: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:30:43.61 ID:QNvTQNny0
でもこれヨーロッパ哲学にも通ずるしおもしろいな

183: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:30:56.31 ID:px9T2YQ+0
苦を意識するな
苦も楽も全て人間に備わった信号にしか過ぎない
超越とはネガティブなことを超えるのではなく
全ての概念の外に行くことなのだ

ぎゃあていぎゃあていはらぎゃあていはらそうぎゃあていぼじそわか

205: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:33:01.52 ID:HOwjXYGl0
苦しみから開放されなあかん
開放されようと思うことは新たな苦しみを生む
だから何もかも捨てなあかん
でも捨てることへの執着は苦しみを生む

どうしろっていうんや

209: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:33:58.05 ID:OB77qE1n0
>>205
それを考えろとおっしゃっている

222: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:35:15.98 ID:JPZKu+BJ0
>>205
スポーツとかで集中する時って1つのことに意識が行きすぎたら逆にうまく動けなくなるから
自然体で意識しすぎないってあるやん そういうのと似てるんちゃうの?

349: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:48:40.34 ID:khxq3h2W0
>>222
実際無我の境地ってこれよな

355: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:49:17.07 ID:JPZKu+BJ0
>>349
まぁそれをできるかどうかは別の問題なんやけどな
仕事とかでもその境地に至れたらどれだけストレスないことか

261: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:38:39.33 ID:rH2Qy6kq0
この弟子は狂ったソクラテスみたいなやつやな

262: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:38:45.49 ID:Tnf/yKI50
たまにお寺さんの説法聞くとおもろいよな

192: 風吹けば名無し 2020/04/12(日) 02:31:50.20 ID:Z4abFuvM0
欲を捨てないといけない でも、欲望を捨てようとすることもまた欲望なのです
難しい







オカルトランキング



1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 00:38:01.66 ID:4Gc0E9L5.net
いろんなことにこだわらない、執着しない、ってのはいいんだけど
さすがに生きることにさえこだわらないっつーのは・・・
生存本能さえ否定してくるとはレベル高すぎるだろ。生まれてもどうせ
いつか死ぬんだから、生きることにこだわるのは無駄って・・・
そりゃそうなのかもしんねーけど、それ言っちゃ身も蓋もないがな。

2: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 00:40:43.89 ID:4Gc0E9L5.net
悟りの境地っていうのは、何にもとらわれん、ちゅうことらしい。
早い話が、人生なんてどうでもいいし、お前の存在も考えもどうでもいい
生きることも死ぬこともどうでもいいから、適当に生きたり生きなかったりしとけ
って感じw

3: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 00:44:31.24 ID:4Gc0E9L5.net
ほかの宗教は、生きることに意味がある、意味はあると言ってるけど
仏教は、生きてることに、生きることに意味なんてねーよwってバッサリ切りすてる
このニヒリズムがたまらん。

4: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 00:46:29.30 ID:aiUlEjW7.net
俺も最近目に見えるモノも、目に見えないモノも大して変わりないんだなあとか考えるようになって来た

5: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 00:47:38.97 ID:Lf6YnVcc.net
わかる

7: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 00:57:04.57 ID:4Gc0E9L5.net
だいたい東洋思想ってのは、「こだわらない」「執着しない」ってのが共通項だな。
早い話が、テキトーにしとけって感じ。
まあ俺はそういうゆるい主張がいいと思うな。西洋思想は、俺の主張が正しい!お前らも
その主張に従え!これが真理だ!生きる意味はこうだ!そう思え!これはやれ!これはやるな!
ってガチガチのごり押しだから疲れる。

8: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 01:01:10.23 ID:4Gc0E9L5.net
仏教以外にも、気功や禅の思想でも、だいたいは、こだわるな、その執着する心を捨てろ
って説いてるんだわ。まあ、なんかにこだわってストレスためると健康に良くないからな。
気功の本に書いてあったのが、私は気功歴20年だが、さらにすごい気功の先生が、
あなたは気功を捨てなさい、気功を捨てるのもまた気功なのだと、言われたので気功をやめたとかw
あと、禅問答の本では、私は何もかも捨てた、もう何も捨てるものなどないと言った僧に対して
言った一言、その何もかも捨てるという考えも捨てるのだ。だとw深いわ・・・

9: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 01:05:33.01 ID:ep/ejRw+.net
色即是空 空即是色

10: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 01:06:03.38 ID:4Gc0E9L5.net
まあでも、この完全な客観視ってのができるのは、さすがというか、すげえと思うわ。
なんつーか、自分という存在が単なる感覚器官を持った情報端末かなんかになった気分というか。
主観と客観の区別がなくなるというか、主観が完全に消えてるというか、これはメタ認知能力が
かなり高いってことなのかな。さすがブッダやわ。

12: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 01:12:32.46 ID:1oVsdzJc.net
>>1
それ仏教じゃねーよ

17: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 01:22:31.81 ID:4Gc0E9L5.net
>>12
一応、ブッダの直弟子である阿羅漢が活躍してた時期に存在してた経典スッタ・ニパータ
を読んでるんだけど。これが一番、ブッダの実際言った言葉に近いとかなんとか。

14: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 01:14:47.68 ID:OsOOs8sd.net
空観ってやつだよな
でもそれだけじゃ不十分なんでない?
中観っての

15: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 01:15:32.90 ID:OxIH1hIO.net
仏教も原始仏教と中国で発展したものとでは随分違うと思うけどな

17: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 01:22:31.81 ID:4Gc0E9L5.net
>>15
原始仏教だな、スッタ・ニパータ。だけどこれがブッダが実際言ったかどうかは知る由もねえが。

16: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 01:18:04.53 ID:4Gc0E9L5.net
あと、仏教思想では、嫌いな人と無理に付き合う必要はないって普通に言ってるw
嫌いっていうのは感情だから、言葉として使うのは避けるけど、この人と付き合うと
体調が悪くなるという客観的事実があって、相手も自分も楽ではないから、付き合うのは
必要最低限しとけってw至極真っ当w

18: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 01:29:13.01 ID:4Gc0E9L5.net
世界に70億人も人間がいて、さらにその前にも、何千億、何兆・・・って膨大な数の
人間が死んで生まれてを繰り返してんだ、自分がそんな特別な存在なわけがねえ。
いやもう宇宙レベルで見たら、別に明日地球が爆発してもたいしたことはねえだろう。

19: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 01:37:26.70 ID:4Gc0E9L5.net
徹底的に客観的で、徹底的に理性的。
主観的で、感情的な西洋の宗教とは違うな、やっぱ。
悟りに達した人間は、好き、嫌いという感情はなくなって、客観的に事実を認識
するだけだそうだ、カッケー。

129: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 20:28:01.35 ID:LiY51sgl.net
>>19
この程度なら俺できてるな

20: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 01:41:00.20 ID:OxIH1hIO.net
仏教の思想内容的にはあまり関心無いんだけど、仏陀の思想は何かの「アンチ」として出てきたはずで、
バラモン教の宗教観や倫理観がその何かのはずなんだよね。
当時のインド人にとって当たり前だった価値観や常識がどんなだったかに興味があるわ

21: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 01:44:25.09 ID:4Gc0E9L5.net
>>20
バラモン教やろ。生まれた時から身分が決まってるカースト思想に対して
そんなん違うわ、人類みな平等やでって感じ。死んだあと上の階級に生まれ変わる
とかそういう腐った思想に、いやそういうの妄想やでって言ったのがブッダ。

24: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 01:53:34.54 ID:4Gc0E9L5.net
あと、思うことに意味はない、思うだけなら何でも思える。思うてのは
客観的証拠がないからだってのも、キリスト教とかと一線を画すなw
地球が丸いと思います、とか、地球が丸いと信じてる、とかじゃなくて
地球は丸いです、でいいわけだ。地球が丸い客観的証拠は現代でいくらでもあるから。

25: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 01:56:01.24 ID:4Gc0E9L5.net
証拠が皆無なのに、思うこと、妄想、が真理だと信じて、戦争まで起きちまう。
ほんに人類はおろかやのう。。。。

26: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 02:02:07.02 ID:4Gc0E9L5.net
小説や映画や漫画は、それが偽物の世界だと100も承知で見てるけど、まあ
感動したり、なんだりできる、それはいいんだけど
宗教の場合は、その妄想世界を、現実世界とリンクさせてるから現実の世界で
変なことやっちゃう奴が出てくるんだわな。。。左脳が発達しすぎた弊害かな。

27: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 02:05:15.43 ID:OxIH1hIO.net
宗教の役割って、原始時代には「娯楽」を含んでいたと思うよ
逆に言い換えると現代人にとって娯楽作品による「感動」が、宗教的救いの役割を果たすこともあると思う

28: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 02:10:28.10 ID:4Gc0E9L5.net
あと、ブッダは唯一、天国地獄とかいった、あの世観は持ってもいないし語ってもいない。
あるともないとも言ってないんだって。証拠がないこと、あれこれ自分はこう思うとか言ったところで意味ないから。
輪廻転生は仏教(ブッダ)の教えじゃあなくてバラモン(カースト)の思想なんだわ。
六道輪廻とかあとで勝手に作った話だからな。

29: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 02:13:58.14 ID:4Gc0E9L5.net
死んだあと天国がある、死んだあと生まれ変わる、それは死んだあとわかるんじゃい
という宗教家に対し、「もし、死んでからあなたが信仰した宗教が間違ってたらどうするのかね
それは後の祭りじゃないかね?」と一笑に付したという、かっこよすぎるw

30: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 02:16:21.57 ID:9Nt51jhq.net
仏陀さんのユルい考え
ほんとすこ

31: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 02:19:28.59 ID:OxIH1hIO.net
仏陀が唯一かどうかは知らないけど、死後の世界に対する「保証」のようなものを言わなかったのはそうらしいね
一般に宗教の役割の一つは死生観の提案で、死後どうなるのかということに関して一定の回答を示すことを含むと考えている
そういう意味で仏陀の思想は「思想であって宗教ではない」という気もするわ

仏教が大宗教として発展していく中で、当時の人たちが当たり前のように持っていた思想を無視できなかったんでしょう
土俗の宗教思想を取り込まざるを得ないのは他の大宗教でもよく見られる話だし

37: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 02:34:11.63 ID:4Gc0E9L5.net
>>31
思想家、哲学者に近いな。神とか、天国地獄とか、宗教はそういうのないと宗教って感じせえへんw

62: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 03:26:37.37 ID:NiqGeVZZ.net
>>31
いや、わからないものはわからないというのも、死生観の提案だとおもうんだよね。

63: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 03:29:49.64 ID:OxIH1hIO.net
>>62
うーん。まあ、そうかな。「回答できません」という回答をしている、みたいなことか。

32: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 02:23:21.54 ID:9Nt51jhq.net
うちの本家は神道だけど
色んな神様いてもええやん?って考えも好き

33: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 02:25:57.91 ID:xp1dVFsG.net
俺も良い意味で人間臭い神道が好きかなー
アニミズム感が好き

34: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 02:28:23.27 ID:4Gc0E9L5.net
神道の八百万の神々とかも、実際にいるってわけじゃなく、お話として楽しむ分には
いいけど、神社で必死に祈ってるの見ると、これこの人、何に対して祈ってるの・・・って思っちまうわ。

イザナミのクソから生まれた神に祈ってんのかなとか・・つーか、ほとんど誰も古事記や日本書紀なんて読んでねえから神社に何の神が祀られてんのかも知らんで拝んでるんだろけどw

38: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 02:35:23.95 ID:OxIH1hIO.net
>>34
当人が信じるなら物理的に実存しなくてもそれは「ある」わけで(少なくともその人の心には)、
頭が弱かろうと神社の素性など知らなかろうと祈るという行為でその人の心が納得するなら、それはそれで良いんじゃないかと思うけど

35: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 02:31:49.16 ID:OcdVbNUV.net
仏教と仏陀の思想は別物なんだなってよく思う。
一向宗とか南無阿弥陀仏唱えたら極楽浄土いけるとか、てきとーで楽でええなっておもうけど。
わいはいのらんとあかん神様なんていらんけど。

36: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 02:33:04.09 ID:uX4OwTbf.net
仏教徒だって同じだろ
他人を見下げたい為に宗教学ぶのって階層化じゃねーの?www

40: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 02:40:05.35 ID:4Gc0E9L5.net
>>36
他人を見下げるとか、差別したりするのは、自己中心に自分という檻に閉じ込められているからだと。

自我というのは、そういう主観的なもので客観的なものではない、真理ではないということだそうだ・・・

41: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 02:41:37.37 ID:uX4OwTbf.net
>>40
早く自分を客観視できるようになれるといいね
頑張れ!

39: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 02:35:49.81 ID:9Nt51jhq.net
仏陀さんは哲学者に近いと思うわ

42: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 02:41:55.55 ID:OxIH1hIO.net
俺の家の宗派は禅宗の曹洞宗だけど、一休さんの宗派との大きな違いは「禅問答を重視しない」「とにかく座禅を組んで祈れ」らしい
若い頃から「どうせ世俗宗教だし、仏陀の思想とは乖離しているんだろうし、信仰したってしょうもないな」って小馬鹿にしてたけど
<宗教に帰依する>っていうのは、信仰するのとはまた違う話だと思うようになったわ。マナーとしての宗教心は持つようになった。
信仰心は全く無いんだけどね

47: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 02:50:01.06 ID:OaP6IYzs.net
>>42
むぅ現代日本にしては珍しく宗教意識が高いな

43: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 02:45:27.24 ID:OaP6IYzs.net
仏教の教えというよりブッダの遺言だな

46: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 02:49:29.32 ID:xp1dVFsG.net
「真理」って言葉ほど胡散臭いものはない

59: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 03:15:54.61 ID:4Gc0E9L5.net
なんかの映画でさ、宇宙飛行士が火星かどっかいくんだよ、6人くらい。
んで、なんかのトラブルで宇宙船内の空気が漏れ出して、このままじゃ6人全員
死んじゃうから、空気の補給が地球からくるまで持たない、誰を生かして誰を死なすべきか
なんて議論があったんだが、これどう考えたって、全員仲良く死ぬべきだろって思ったんだわ。
俺、悟ってね?

60: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 03:18:00.98 ID:4Gc0E9L5.net
結局、映画ではさ、なんかエンジニアと医療技術者が生かされて、ほかの学者とか
は、その時点ではいらんから死ぬべきとかされて、宇宙服着て、火星をテクテク歩いていくんだわ。
なんかちげーだろって思ったんだわ。

61: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 03:20:46.57 ID:OxIH1hIO.net
「どう考えたって」は無いと思う。価値観によって考えの立脚点は全く変わる
国家予算をかけたプロジェクトの成功を何よりも重視すべきだと考える立脚点があっても良いはず
宇宙飛行士個人の命根性とかそういう話ではなく、税金というのは国民の人生から削り取ったお金なんで
その場のメンバー間で「命の価値に上下をつけられないからみんな仲良く」っていうのは、考え方によっては許されない

64: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 03:30:40.74 ID:4Gc0E9L5.net
あ、あとさ、幽霊がどうのこうのって話は、仏教(というかブッダの話)では
一切出てこないんだわ、そういう概念はないんだわ。

死んだじいちゃんが守護霊が、あなたを見守ってるよとか、そういうのは
生きてる人間の勝手な感情が作り出した概念なんで。死んだ人間は生きてる人間の周りをうろうろしている以外にほかに仕事はないのかと。まあ、感情で生きてる人間はそこまで考えない。

66: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 03:41:30.75 ID:OxIH1hIO.net
仏陀の思想そのものを述べるときには「仏教」っていう用語を避けた方が話が分かりやすいかもね
「儒教」もそうだけど、大宗教として後に体系化・組織化されたものやその仕組みを思い浮かべるから

67: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 03:41:51.35 ID:4Gc0E9L5.net
で、その概念てもんは、人それぞれちがくて、というか生命体それぞれごとに
ちがくて、絶対的真理ってもんはない、生命体の数だけ世界(真理)はあるつーのが
ニーチェの思想でもあってさ。なんで、ニーチェは仏教(ブッダ)に一目置いてたんだわ。

70: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 07:25:30.21 ID:J+jTgLFg.net
珍しくちゃんと勉強している>>1なので応援したい

創価学会は実質仏教とはまるで別物で、むしろやってることは一神教の真似事だから論外としても
日本の仏教って神仏習合で大乗仏教と神道が混ぜ合わさっていて
釈迦オリジナルの思想は継承されてないんだよな

日本の仏教だけを見てしまうと、まるで取るに足りないものに思えるけど
本来の釈迦の思想は人類史の中でもトップクラスの叡智のかたまりだと思う

71: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 11:51:38.88 ID:4Gc0E9L5.net
ブッダからいわせりゃ生存欲さえ煩悩だもの。
あと、リーダーになりたがるのも煩悩だし、子分として落ち着く~ってのも煩悩。

72: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 12:06:44.39 ID:4Gc0E9L5.net
んで、輪廻転生って、ブッダが話をするうえで、物のたとえで言ったのが
曲解されて、人は死んだら生まれ変わるってなったんだろう。
要するにこう言ってる、無駄に煩悩にとらわれて生きてるから死ぬ間際に後悔して死ぬけど
その心の持ちようが変わってない限り、また生まれても同じように死ぬ真際に後悔するよってこと。
これが輪廻転生、終わらない苦しみだよと。だから解脱せえちゅうこと。
人は死んだら生まれ変わるとは一つも言ってない。

73: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 12:16:45.19 ID:4Gc0E9L5.net
生きることは貴い、と言うけれど、何をもって貴いと言ってるのか。
人を殺してでも生きる、他人の内臓をもらってでも生きる、見ず知らずの人々に
募金を募って数億円もらって外国の病院へ行ってでも生きる、もう恥も外聞もない。
何一つ貴いことはしていない。

74: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 12:21:16.23 ID:ws/rDMnm.net
人間は、生れ落ちてから死は約束された絶対の存在。
死を絶望と考えるか、死を希望と感じるか。
宗教とは、この矛盾に答えっぽいものを与える存在だと考えてる。

75: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 12:26:33.04 ID:4Gc0E9L5.net
生きていればきっといいことがある、なんてのは無責任な希望的観測。
つまり、どうしても生きていきたいっていう、強烈な衝動は、無知からくるもの。
誰も生きてりゃいいことあるなんて保証はしてない。

76: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 12:29:59.59 ID:4Gc0E9L5.net
真理に達した人は生きるのも結果的に生きてるけど、死ぬことになったら
それはそれでいんじゃね、別に俺どっちでもいいと思ってるし、ああ死ぬんかw
ってだけのことらしい。

81: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 12:41:37.48 ID:4Gc0E9L5.net
スッタ・ニパータ(一応、ブッダが実際言ったとされてる経典)の
教えの最後は必ずこう締められてる。
なんちゃらかんちゃら~ならば、その修行者は
蛇が脱皮するように、この世とかの世をともに、捨て去る。
この世を捨て、あの世も捨てる。要するに執着しない、こだわらない、生きることも死ぬことも。

84: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 12:56:03.87 ID:4Gc0E9L5.net
まあ、原語(パーリ語)なんてもちろん読めんし、そもそも本当に言ったことが
そのまま書かれてるのかどうかすら知らん。
極端な話、地球は丸い、ってのも、俺は実際に宇宙から地球を見てないので
地球は丸いというのも、ある意味で「信仰」なんだわ。いや、もちろん事実に基づいた
信仰だが。ただ、証拠があるから確からしい、ということ。
ほかの宗教・信仰は証拠もないのに勝手な推測、憶測、妄想を事実としている。

86: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 13:06:02.54 ID:nAX9UpKe.net
西洋哲学で言う cogito, ergo sum にも似てるね

でも一切の欲を無くすと言うことは
向上心もなくしちゃうのかな

それは必ずしも幸せなことではないと自分は思うのだけれども
その辺はどう説明されているの?

87: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 13:19:14.48 ID:4Gc0E9L5.net
>>86
無知はよくないって言ってるから、知識欲はあっていいんちゃうかな。
向上心を持つなとは書いてないよ。むしろ、怠惰に過ごすことは悪であると書いてる。

93: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 13:41:34.72 ID:nAX9UpKe.net
>>87
> 怠惰に過ごすことは悪であると書いてる。

なるほど善悪があるんだね
その基準てどうなっているのかな

でも向上心と欲って裏表の関係なんじゃないかと思うんだ

99: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 14:02:37.54 ID:4Gc0E9L5.net
ブッダは普通にリアリストだから、幽霊がどうとか、あの世がどうとか言ってない。
オーラが見えるとか、霊視ができるとかわけわかんねえこと言ってる連中をあがめてる人間は目覚ませと言いたいね。

俺にはここに1万円札が見える!つってレジで何もない空間つまんで、これで会計
頼むわって言ったら間違いなく警察呼ばれるはずなのに、幽霊が見える、オーラが見えるってのは現実世界で実害ないから警察呼ばれないし、しかもそれを事実として通せるw

108: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 19:42:49.10 ID:4Gc0E9L5.net
とりえず人が死を恐怖するから、生まれてもどうせ死ぬのに・・っていう疑問に対するなんらかの答えを用意してやるのが宗教だろう。

人間の知能が発達しすぎて、未来予測能力と自分の存在について考える能力が備わった時点で発生したバグみたいなもん。

動物から人間への進化、子供から大人への成長、の過程で必ず発生するバグだな。
実は人が死を認識することはできない。なので死を恐怖する必要はない。

眠りに落ちる瞬間、意識を失う瞬間を認識できないのと同じように、死ぬ瞬間も自分はわからないのだ。

右脳は現在を認識し続ける永遠の存在、左脳は未来を予測し、論理的に思考する。
右脳は「今俺生きてる!」だし、左脳は「でもいつか死ぬよね」てな感じで矛盾を抱えちまうわけや。

112: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 19:54:01.48 ID:j++a5rkM.net
>>108
その点ギロチンは優秀だな

114: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 19:56:59.63 ID:4Gc0E9L5.net
人間、基本的に妄想を信じることで脳を満たしてるんだわ。
これは1500万円のダイヤですよと、言われて購入してさ、あとで鑑定士が、「え、これガラス玉やんw」つったら、その瞬間に怒りがわいてくるわけでしょ。

言われるまではダイヤだと思ってた、
んで言われてガラス玉になった。
んで自分の観念、概念世界が壊されて怒る。
んでもって、実はその鑑定士が偽物で、本当は本物のダイヤだった、
てな具合でまた怒る。自分では何もわかってない。

113: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 19:55:24.03 ID:INx78Yyp.net
ちなみに、生死・輪廻の問題は
クオリアや意識のハードプロブレムのテーマと同じだと思う。

物質である脳から意識が生まれるのは何故か?
そもそも、他者の意識の存在を客観的にどうやって確認するのか?
ドラえもん並に複雑な機械に意識があるか否かは分かるのか?
意識を人工的に作成する事は可能か?

これに関して、科学の領域では分からないから扱わないスタンスが
御釈迦様の言ってた「有るとも無いとも言わない」だと思う。

117: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 20:04:26.74 ID:4Gc0E9L5.net
>>113
物質である脳から意識が生まれるのは何故か?
これは言葉にとらわれすぎてる、左脳型思考が陥る典型的な錯覚だね。
まず自分という存在が「一つの個体」と考えてる時点で間違ってるしな。
心理学的に言えば心は複数のエージェントから成り立っているし、生物学的に言えばアメーバのような単細胞生物の集合体であるわけで、それぞれ細胞が器官に特化してるだけの話だし。

119: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 20:09:29.55 ID:4Gc0E9L5.net
3か月か6か月かそこらで細胞は全部入れ替わっちまうわけだし、そしたら元の自分はどこにもいないわけだし。
自分の考えも過去、現在、未来で変わるわけだし、行動プログラムさえ同一のものでないし。
記憶喪失したり、知能障害を負ったらその時点で、自分という存在は消えるわけだし。

125: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 20:16:27.58 ID:INx78Yyp.net
>>117
その文章には錯覚の根拠が全く書いてないと思うけど?

要は、クオリア・意識と称されるモノの発生理由が分からない、って話。
別に生物だからとか物質だから謎って話ではない。
物質の運動、もしくは別の物理現象でも良いんだけど
物質・物理現象から意識が発生する理由は何か?という謎。

生命がどうとかはたいした問題ではない。
単に「心理学的に言えば」とか引用して納得できるなら、何事も簡単に納得できるし。

124: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 20:15:11.08 ID:OxIH1hIO.net
輪廻に関しては、人が死んでも肉体を構成していた分子は宇宙に還元されるわけで、それをさして
「死後、何かに生まれ変わる」っていうのは正しいんじゃないかな
自分を構成した要素がそのままセットで何かに引き継がれる「転生」となると、あやしいものだけど

130: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 20:28:10.34 ID:4Gc0E9L5.net
知識がなきゃ思考することもできんわけがだが。
材料がないと料理はつけれないのと同じ。

131: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 20:31:57.34 ID:4Gc0E9L5.net
基本的に皆、妄想を断定系として使う。
~と思う。もしくは~と感じる。が正しい。
表面的には(会話の上では)いちいち、ステーキがおいしい、と感じた。とか
この映画が面白いと、思う。とかいちいちまわりくどいから言わないが、そこは
いいんだが、心底から、それを事実だと認識してるとしたら問題だ。

132: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 20:50:47.49 ID:OxIH1hIO.net
>>131
そこは「基本的に皆、妄想を断定系(型、な)として使うものだと、俺は考えている」じゃないのか?W

下の事例は個人の主観を述べているのであって「客観的事実と断定」しているわけではないと思うけど

135: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 09:22:01.39 ID:8+1JGlv7.net
悟った状態がよしとされるのは皆が心の何処かでその状態を理想としているからじゃないだろうか

136: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 09:38:55.16 ID:cX3LNvfe.net
>>135
自分以外の人間すべてが悟ってガツガツしなくなったら自分が楽だからじゃないか。

137: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 10:49:04.01 ID:8+1JGlv7.net
>>136
確かにな
ただ自分だけ煩悩かかえて周りが全員悟ってたら話合わなくて孤独になりそうw




オカルトランキング


1: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)16:38:04 ID:pGZ
妄想乙って言われたら返す言葉もないが

結局、あーこういうことなのねっていうのはわかっても言語化しづらい

3: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)16:40:15 ID:pGZ
世の中全部の真理がわかったとかではない
いやまあ真理といえば真理といえなくもないきもするが

ようは意識の向こう側に無我があってそこに行けるようになったっていう
言葉にしたらほんとばかくさいけどこんな感じ



4: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)16:40:59 ID:sfT
若い内に悟り得ると一歩も動けなくなるぞ
死の間際の穏やかさがそれだからな

11: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)16:45:00 ID:pGZ
>>4
中年だから無問題

ずっと死恐怖症で無になるのが恐怖だったけど
わかった
俺はもともと無だった
つまり初めからいないし死ぬこともない
つかはなからしんでた

あーほんと言葉にするとこんなにうさんくせーんだよなwww

5: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)16:41:20 ID:ID1
真実は見えない
言葉で分節するしかない人間の認識では丸ごとの真実は巨大すぎて見ることが出来ない

6: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)16:42:30 ID:gaX
言葉にでけんような悟りって…(´・ω・`)

7: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)16:43:00 ID:pGZ
結局意識や肉体はオートで動いてる
乗り物といいかえてもいい

コミュ障とか要領悪いのは自分の経験や能力のせいって思う人がほとんどだろうけど
そもそも乗り物なんてなんでもいい
社会は一種の幻想だし
映画館で映画見てる感じ

12: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)16:45:31 ID:gaX
単なる現実逃避やんけ(´・ω・`)

16: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)16:49:03 ID:pGZ
>>12
なんつーかなーww
生き方は一切変わらんよww

ただこの世は向こう側の世界である自覚(こちら側があるわけではないが)
意識の底にある無の自覚

これが体感できたつーはなし
正直伝わらないとはおもってる

15: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)16:48:56 ID:8Fh
っぽいとか断言せずに半信半疑な時点で悟ってない気がする

18: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)16:51:45 ID:pGZ
>>15
死恐怖症奴の無になる恐怖は体感でしかも共通だろ?

その向こう側にもう一つ無意識の世界?みたいなのがあるんよ
それは間違いないし体感できるのも間違いないけどそれがいわゆる悟りかどうかはわかんねっていうはなし

17: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)16:50:28 ID:cBw
適切に言語化できないなら何かで例えて

19: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)16:53:53 ID:pGZ
>>17
例えつってもなー
悟ったからって頭よくなる訳でもないし

20: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)16:56:30 ID:pGZ
ただこれだけはいえるよ

悟ったあるいは悟ろうと修行してる人に悟りましたか?
なんて質問は無意味だよ

体感するものだから口で悟った悟ってない行動がすごいすごくないは関係ないから
他人が悟ってるかどうかなんて他人ではまずわからない

21: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)17:00:21 ID:pGZ
仏教そこそこかじってるけど

いまならいえるのは執着すること自体は別にええと思う
執着した結果無我を見失うのがやばい
執着は心の深層にまで影響する

あくまで意識や肉体は表層やで
本質は無我や無があるんや

22: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)17:03:13 ID:pGZ
哲学ゾンビ知ってたらそっちのが例えやすい

言うたら俺らは本質的に哲学ゾンビやったんや
言葉でわかってもしゃーないで
自意識がないということを体感せんと意味がない

23: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)17:03:55 ID:ID1
>>22
自意識あるやろbyデカルト

25: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)17:08:01 ID:pGZ
>>23
それは表層なんや
例えば上司が通ったら挨拶するやろ?
上司じゃなくて知り合いでもいいけど

そのときいちいち挨拶しようなんて考えないだろ習慣的な行動として挨拶するようになってる
自意識はこの習慣の集合体みたいな感じ
実際は何も意識してないっていうか自律神経の一種だと思う
意識していると感じる神経が動いている

24: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)17:04:24 ID:O2J
デカルト劇場はなぁ……

26: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)17:10:57 ID:pGZ
意識の向こう側に行けない限り実感するのは確実に無理だが感覚としてはこんな感じ

縄跳びしてるとき肉体は基本オートで飛ぶ、つか正確には全部オート
同じように意識も基本オート肉体と連動するから主観的という勘違いが発生している

27: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)17:15:28 ID:pGZ
右手を上げようと意識するやん
連動して肉体が”うごかしかた”を特に意識しなくても右手を適当な位置に上げるやん
結果意識の言うとおりに適当な位置に上げられたらコントロールできたと思うやん

その適当な位置は肉体が決めたわけでも意識が決めるわけでもなく
でもそれでいいんや、表層はそうなるようにそうなってる
石を投げたら物理法則にしたがうかんじ

31: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)17:25:18 ID:cBw
自分語りが
長いし重いし伝わらない

伝わらないと自覚してるといいつつ語りたがるね

32: pgz 2017/04/03(月)17:27:34 ID:QuN
ID変わったけど>>1

結局さ、言葉としては意識の向こうに無我があるよ無我は文字通り無だよとしか

と思ったが最初に思ったイメージあった
意識や肉体に紐付けされてるかんじ
クラウド的な宗教的にいえば魂があるよ
ただこれはあくまで体感だし魂っていっても俺個人の魂があるわけじゃない
やっぱ言葉にすると無があるかなあ

34: pgz 2017/04/03(月)17:37:31 ID:sNr
野に生える草が木になりやがて巨木になって大きな実をつけるとするじゃん

この木は頑張った?
違うだろ?生えてる環境がよかっただけだろ
語弊をおそれずに言えば意識はこの木だ

35: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)17:38:54 ID:zt6
人格は自分では選べないってことか
本家2chの雑魚さんみたいだな

37: pgz 2017/04/03(月)17:41:03 ID:i1X
>>35
自分を意識とするなら自分で選んでる気持ちになってるけど
それ自体が錯覚ってかんじ
意識は習慣から形作られる幻影だから

36: pgz 2017/04/03(月)17:39:12 ID:sNr
意識じゃないな意識が捉える世界の本質が木の周りの世界と変わらないってことだな

38: pgz 2017/04/03(月)17:44:28 ID:HzA
つまり自分という自我自体も幻影
実際は習慣から構築されたオート反応

ただし言葉で理解しても全く意味ない
あくまで言葉にするとっていうはなし

無我に行けばわかるよ

39: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)17:45:55 ID:zt6
何が好きかで自分を語れよ!←何が好きかは自分では選べない……

40: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)17:46:10 ID:zt6
何を好きになるかは自分では選べない

42: pgz 2017/04/03(月)17:50:03 ID:5QN
>>40
何を好きになるかは君の体感としては意識が選んでいるだろ

ただ本質的にはそうなるように生きてきたという事実が先に来るだけ

無我を体感したら後者が意味を持つが
体感してないなら俺は君にとってただの妄言者


41: pgz 2017/04/03(月)17:46:29 ID:Hvc
これを書いてるこれをスレ立ててる俺自身も本質的には幻影

悟りをえたらこう行動したくなるように生きてきたんだろう習慣的に

43: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)20:52:07 ID:4Jd
死ぬかどうか試されるぞw。

44: pgz 2017/04/03(月)23:35:10 ID:pGZ
>>43
死ぬし痛いもんは痛いよwww
それが表層だって知ってても

注射が体にいいってわかっていたって痛みがなくなるわけじゃない

45: pgz 2017/04/03(月)23:40:12 ID:pGZ
死恐怖症で無をすぐそこに感じる人は悟りのすぐそこにいるってわかった
そっから悟るのに結果的に20年近くかかったけど

結局自分が無だった

答えとしてはこうなる

46: pgz 2017/04/03(月)23:42:51 ID:pGZ
これほんと悟った人同士ならこれで一発で通じると思うんだけど
どうなんだろな

先があるのかもしれないが

29: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)17:21:33 ID:z20
× 悟りを得た
○ 厨2病をこじらせた




オカルトランキング

↑このページのトップヘ