【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ: 人間コワ話



349 :焼いてくれ:2007/03/16(金) 20:12:29 ID:/kFs1Ack0

オレが昔火葬場でバイトしてた時の話。
ある日の朝に斎場(火葬場)の玄関を掃除してたら、黒いSUV車が入ってきて成金な感じで
時計もフランクミューラーなんかしてるおっさんが車から出てきて死体を焼いてくれって
言うんだよね。通常は死体なんか直接運んでくる前に業者とか親族から連絡があって、
こっちも届出人の保険証とか死亡届書を持ってくるようにとか時間も指定してお願い
するんだけど、そのおやじは斎場長にもう話が通ってるからすぐ焼いてくれって
かなり高圧的言ってくるんだよ。なんでとりあえずそのおっさんに待ってもらって
斎場長に話しに言ったら変事一つで焼いてやれっていうもんだから、しょうがなく
すぐ準備してオーブン(火葬炉)開けたんだよ。

死体は30才くらいの男でなんかまだ死んだばっかというか普通の死体よりも顔も
ピンク色してたんだけどね。死体は普通焼く前にもう一回確認するんだけど外傷とか
は別になくてきれいなもんだった。で棺桶しめて炉に入れて焼き始めて大体20分く
らいしてからなんだけど、オーブンの中からもの凄い音がすんだよねドカンドカンって。
その時もうオレは目の前真っ暗になった。もしかして生きてたんじゃねーの?って…。
でももう20分もしたら桶なんか全部焼けてるくらいだし例え生きてたとしても今さら
開けて助けるのは無理だって思ってしかとしちまった。ていうか手足がガクブルってどう
することもできなかった。

通常1時間くらいもあれば死体なんて全部灰になっちまう
んだけどめちゃめちゃ怖くて30分くらいずっとオーブン開けられなかった。例の成金
おやじみたいのはもういなくなってた。オレはどうしても怖いから斎場長呼びに行っ
てオーブン開けるの立ち会ってくれってお願いした。焼いてる途中で中で音がした
ことも全部説明した。で、結局斎場長が開けたんだけど、炉を開けるときになんか
焼肉みたいな匂いがぷ~んと漂って来た。で斎場長がトレイを引っ張り出したら
その男はなぜか半生に焼けただれていて体もうつぶせになっているように見えた。
その瞬間オレは訳がわからなくなって気が遠くなって倒れたんだけどね。でも今
冷静に考えてみるときっとその男まだ生きていたんだな…。そんで焼かれる熱さで
オーブン中で棺桶をめちゃくちゃにぶっ壊しながら暴れていたんだと思う。
恐らくそれで中のバーナーが壊れて体が完全に焼けず半生だったんだな。オレは
倒れてから一度もその火葬場には行ってないから正確な事情は良くわからない。
でもその後斎場長がオレのとこに合いに来てなぜか1000万くれた。他言無用だとか
そいうことは一切口にせず。ただ1000万くれたんだよね…。今はその金で暮らして
いるわけだが。トラウマになって今でも夢にでてくる。しんどいわ。






オカルトランキング



777 :本当にあった怖い名無し:2021/09/04(土) 00:29:24.91 ID:zE+nEMKK0.net
これは自分の知人で、輸入雑貨の卸をしているSさんから聞いた話で、ほぼ実話というか、聞いたとおりの内容です。

触れないほうがいいかとも思ったんですが、Sさんのひととなりを説明すると、
若いころは、あるところの正式な組員になってまして、懲役、刑務所暮らしも経験しています。
今はカタギなんですけど、日本ではカラシ色のスーツに雪駄、金縁眼鏡で、金のブレスをつけてます。
ところが仕事で東南アジアに行ったときには、地味な、どっから見ても現地の貧乏人という格好で、
髪も脂ぎった黒に染めなおして、すっかりまぎれ込んでしまってるんです。
学歴とかはわかりませんが、東南アジアの現地語を数か国語、日常会話程度できます。
自分とはインドネシアで知り合ったんです。

某国でのことです。
午後からSさんは屋台に出かけ、イスでココナッツミルクをアルコールで割ったものを飲んでいると、
通りでドガーンという音がして、ふり向いて見ると、通行人が宙に舞っていました。
せまい通りを無茶なスピードで飛ばしてきた車に轢かれたんですね。
その人は布のアーケドの上で一回バウンドし、さらに地面に落ちて激しく転がり、やっと回転が止まってうつ伏せのままになりました。
血は流れていなかったんですが、ピクリとも動きません。30代くらいの男でした。
轢き逃げではなく、車は停まって(トヨタだったそうです)小金持ちそうなやつが降りてきましたが、
被害者を介抱するなどのそぶりはまったく見せず、壁にもたれて携帯で話し始めました。
で、動き出したのは屋台村のSさんのそばで飲んでいたやつらです。


778 :本当にあった怖い名無し:2021/09/04(土) 00:30:26.34 ID:zE+nEMKK0.net
倒れている人のところに数人が駆け寄ると、うつぶせのものを仰向けにし、なおかつ一人が上半身を抱き起こし、揺さぶり始めました。
Sさんは、「あちゃー、あんだけ頭打ってるのに動かすなよ」と思いましたが、
そういうときはかかわらないことが最善の選択なので、だまって見ていました。
そしたら、白目を剥いている被害者に平手打ちをするわ、無理やり口をこじ開けて水か酒!を飲ませようとするわで、
「こりゃ、黙ってれば助かるかもしれないものを、こいつらが殺してるよな」と思ったそうです。
ま、現地人は善意でやってたんでしょうけども。

そのうちに派手なマークの入った救急車が来ました。
が、救急隊員が降りてくる前に加害者の男が駆け寄って、運転席に向かって何やら言い、救急車は引き返しちゃったんです。
これは、その救急車はおそらく目撃してた通行人が呼んだもので、私設のというか、大病院に付属してて、契約者しか助けにこないやつ。
つまり有料だし、車体に入ったマークの高級病院に搬送されることになります。
加害者の男はそれを嫌って返したんでしょう。
それから10分ほど見ていても、警察も公営の救急車も到着せず、
その間、被害者はまったく動かず、加害者は見下ろしながら煙草を吸い出しました。
「これはアカンだろうな」さすがに胸が悪くなってきて、Sさんはそこの屋台を離れて、もう一つ奥の通りに入って飲み直しました。

10時頃まで飲んで、そのとき根城にしてたビジネスホテルに戻りました。
安ホテルですが、これは有名な大ホテルであっても、従業員が悪いやつと結託している場合もあるので、危険の度合いはそう変わりません。


779 :本当にあった怖い名無し:2021/09/04(土) 00:31:27.36 ID:zE+nEMKK0.net
Sさんは貧乏旅行者を装って、あらゆることを値切ったりして、悪いやつにマークされないようにしてたんです。
それと、2日か3日かでホテルも変えていました。
さらにベッドの下には知人宅に預けてあった、その国では非常に珍しい(野球をやる人は超希少)ケース入りの金属バットを転がしておきまして。
何かあったらそれでぶん殴ろうというわけです。

鍵をかけた上に、ドアの前に旅行バックを置いて、12時過ぎに寝たんですが、
夜中に目が覚めて、そしたら体が動かなかったそうです。
最初に考えたのは、縛りあげられたとか、クスリを飲まされたってことですが、そのわりには体は痛くない。
薄目が開いて、電気はつけっぱなしにしてたので自分の体が見えましたが、おかしな様子はない。
それで、「これは金縛りというやつか?」と初めて考えがいきました。
それまで経験したことはなかったそうです。
とにかく指先に少しずつ力を入れて、なんとか脱出しようとしていると、足元のほうのクローゼットの中がカタカタいい始めました。
それでも、「幽霊だったら怖くはない。何にもできねえからな」と言ってました。
むしろ、隣の部屋とかから穴を開けて侵入されることを怖れてたそうです。
ま、そのくらいでないと東南アジアを渡り歩くのはできませんが。

やがて、両開きのクローゼットがバーンと開いて、中にはSさんの上着しかかかっていないのが見えました。
扉はバタンバタン、バタンバタン、何度も何度も強く開閉して、Sさんのほうに風が漂ってきたそうです。
生臭い血のニオイがしました。


780 :本当にあった怖い名無し:2021/09/04(土) 00:33:04.00 ID:zE+nEMKK0.net
「あ、もしかしてさっきの事故のやつか。血は出てなかったけどな」と思いましたが、
Sさんには恨まれる心あたりはまったくなかったので、心の中で、
「俺は何の関係もねえだろ、車のやつと介抱した野次馬を恨めよ。俺、関係ナシ」こう何度も唱えました。

体はやっと指が動き始め、右手の肘も曲げることができたそうです。
Sさんは「これはもしや、昔の組時代の俺を恨んでるやつかもしれない」
そうも考えたので「ありゃしかたねえことだった。お互い様で恨むのは筋違い」
そのうち、体が動く感じがしたので、「俺を舐めるな、クソ野郎!!」と絶叫してベッドの上に跳ね起きました。
そのとたん、クローゼットの扉がバターンと閉まりました。
Sさんはベッドの下から金属バットを引っ張りだすと、持ったままクローゼットを開けて中を確かめ、
そのときは何もおかしな物は見つからなかったので、
クローゼットの前で、「舐めるんじゃねえ、コノヤロウ!」と叫びながら、何度も何度もバットを振り回したそうです。
そのうちに他の部屋から苦情がいったのか従業員が来まして、
Sさんは着替えてホテルのロビーに行き、そこで朝まで過ごしたということでした。

で、8時ころにチェックアウトしたんですが、そのときクローゼットをしっかり調べると、
一番下の引き出しに、ホコリにくるまった小さな頭蓋骨、たぶんネズミの仔のものがあったそうです。
結局、クローゼットが夜中に開閉した原因はわからずじまいでした。

こういう話を聞かされまして、Sさんは、
「ずっとヤバイ橋を渡って、海外も何度も行って、不可思議なことはこれだけ。
 やっぱホテルの客か従業員が、何かたくらんでた可能性が一番高いよな」
と言ってました。




オカルトランキング



1: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:00:28 ID:NQGTGSmeC
蒸し暑いしこの間体験した恐怖話を書いていく
まあ聞いてくれ



2: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:01:24 ID:Nt2NrtblK
聞こう

3: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:03:01 ID:QhINi2eME
日本の話?

5: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:03:44 ID:NQGTGSmeC
この間就活で山間の村に行ってきたんだがそこは基地外村だったんだ。

まず、なぜわざわざそんな田舎に行ったかというと
条件の割に応募者が0で余裕そうだったから。
事務 高卒の条件なんだが 給与25万 土日祝日休み 賞与6か月分 寮費光熱費無料 
かなり良い条件だと思った俺は電車に乗って面接に行った。

6: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:04:24 ID:RPnT0412V
期待


7: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:06:17 ID:NQGTGSmeC
朝市で出発し半日後、その村についた。
電車で3時間、そのあとバスを2時間待ってバスでさらに1時間の距離
形態の電波が3Gすら途切れ途切れの受信だった

正直不便だなぁと思いつつ面接の時間までまだ2時間あったので村を徘徊することにした。

9: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:08:29 ID:wX3CI3aLz
入社して賞与6ヶ月分って150かよ…おれなら絶対辞めないな

10: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:09:05 ID:NQGTGSmeC
歩いているだけで村人が声をかけてくるんだ。
最初は気さくな人が多いんだなぁと微笑ましかった。
しかしすぐにそれが間違いということに気が付く。
何人かの村人が後をつけてきているんだ。
振り向くと数人が白々しく立ち話や草むしりをしている。

11: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:11:43 ID:NQGTGSmeC
しばらく村を歩いていると個人商店があったから、そこにに入ってやり過ごそうとしていたら ババアが店に入ってきた。
店主が 来てるよ と囁いていたので怖くなって店から飛び出した。

15: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:14:57 ID:NQGTGSmeC
そのあと高校生くらいの男数人がチャリで捜索しているのを見かけ身震いした。

いたか?あっちで見たってよ! と大声で会話をしている。
高確率で自分を探しているんだろう。

なぜか今日自分がそこの村に行くことが村中に知れ渡っているみたいだった。
俺は怖くなって、少し時間は早いけど面接の場所に行くことにした。



16: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:17:55 ID:NQGTGSmeC
施設についた俺は、受付の人にあいさつを済ませ少し早くついてしまったことを告げた。
すると、予定を早めて面接してくれることになった。
融通が利いていいなぁなどとのんきに考えていたがこの後もひどかった。
村がおかしけりゃこの施設も相当おかしかった。

18: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:21:21 ID:IYlFknJFJ
ほう

20: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:24:30 ID:jzlCFyQiO
続きが早く聞きたい…

21: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:24:33 ID:NQGTGSmeC
面接の内容はこんな感じ。

志望動機や同じ業種の中からどうしてうちを選んだのか?
この村のことは聞いたことがあるのか?
永住するのか?

最初はある程度まともな事を質問してきたから用意しておいた回答を述べた。

すると、受けが良かったのか採用を前提にした話に切り替わった。
ここからが本当にひどい。

まず、村のジジババの介護を村人と協力してやること
両親も村に引っ越させること
財産はどれくらいあるのか?
彼女はいるのか?いるなら別れろ(当然いませんがw)
都会の友達とは縁を切れ
村人で共有できるものは進んで差し出せ
親戚や知り合いに医者はいるか?
などなど

一番ドン引きしたのが 
○○さんって家の娘がいるからそいつと結婚しろ、後で会せてやる
子供はたくさん作れ。みんなで面倒見るから安心しろ

っての
もう頭おかしいとしか言いようがない。

22: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:25:56 ID:IYlFknJFJ
何県?
それだけ教えて

25: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:26:25 ID:NQGTGSmeC
>>22トウホグのどこかとだけ

23: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:25:57 ID:jzlCFyQiO
それマジ?

24: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:26:06 ID:NQGTGSmeC
ちなみに娘さんの写真を見せられたんだが
イモトの眉毛を細くしたような女だった。
もちろんノーセンキュー

26: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:29:47 ID:NQGTGSmeC
女のことは適当に保留して
とりあえず良い顔だけして面接を終えた。
帰りに襲撃されたら困るからな。

バスを待っているときにババアとかが話しかけてきたんだが、もう面接の話を知っていて寒気がした。
村の話を色々してくれて根はいい人なんだろうがその時は恐怖でしかなかった。

家に帰ったのが11時過ぎ。
疲れて昼過ぎまで寝てから辞退の電話を掛けたんだ。
やっぱりというか、断ったら発狂してね

27: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:30:19 ID:CKuUXKWTb
>>26
ひえぇ

28: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:30:41 ID:Nt2NrtblK
やべぇよ・・・やべぇよ・・・

29: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:31:18 ID:NQGTGSmeC
こんないい村は他にない!
都会だからって馬鹿にしているのか!
結婚するって話の娘に失礼だ!
村に来てみんなに謝罪しろ!
安心して外を歩けると思うな!

など一方的にののしられた。
他に仕事決まったのでって断り方がまずかったのかな?

30: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:32:01 ID:CKuUXKWTb
>>29
断り方はふつうだと思う
履歴書に書いた住所で突撃されないように気をつけろ

34: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:33:49 ID:NQGTGSmeC
>>30
やっぱ普通だよね。
他に受けてるか?って聞かれたから受けてません!って嘘ついたけどさw

団体職員って安定してそうで応募したけどあんな村住めないよ。

37: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:36:36 ID:CKuUXKWTb
>>34
面接なら誰だってそう答えるよ
彼女と別れろとか結婚しろとか干渉してくる時点で普通じゃない

家は自分がいても戸と窓の戸締りに気をつけろ、チャイムが鳴ったらチェーンは必須
外出るときは人通りの多いところを歩け
夜は決して出歩くな

40: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:38:55 ID:NQGTGSmeC
>>37
そうする。
郊外にある家だからかなり怖いわ。



あと面接で 一発芸とか特技はないのか?って聞かれたから
ディアボロやヨーヨーが得意ですって言ったら

もっと練習して村人を楽しませなさい。 だもん。

もう仕事関係ないじゃんってねwww
全てはジジババの為にみたいな思想が蔓延してるんだろうな。

41: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:41:10 ID:CKuUXKWTb
>>40
一人暮らしなの?
だとしたら本気で気をつけろ、田舎の基地外はなんでもする
斧持ってドアこじ開けようとする可能性もあるから、夜はもうチェーン越しでも対応しないことを進める
部屋の明かりを消して、居留守に限る
ソースは俺

46: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:43:58 ID:NQGTGSmeC
>>40
実家住まいだから居留守は無理だな。
親はそんなもの相手にするなって言ってるし。
いきなり奇襲かけられたら全滅するわ。
犬も危ないから玄関フードの中に入れた。


31: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:32:26 ID:NQGTGSmeC
履歴書提出しているから今も怖くてたまらんわ。
まだ3日しかたってないし、奴らの精鋭部隊が襲撃してきたらどうしようとか思ってる。

33: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:33:48 ID:PeIUJmWYZ
電話もかかりまくる可能性もあるな

36: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:35:50 ID:NQGTGSmeC
>>33
非通知で何度か来てるのが怖い。
無医村だから頭おかしいんだろうか?
診療所があった頃ジジババが大挙して押し寄せて医者の疲弊が酷くて逃げたらしいけど


38: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:37:48 ID:x3eEiGEfC
怖いな・・・いくら条件よくても裏があると考えたら流石に断るな

43: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:41:45 ID:NQGTGSmeC
>>38
しかも給料25万じゃなくて18万だったしなw
寮もなくてアパート経営してるなんとかさんとかいうのと相談しろとか意味不明だし。
かなり条件違ったよ。求人詐欺とはまさにこのこと。

48: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:44:44 ID:x3eEiGEfC
>>43
条件云々は田舎でも鯖読むのざらだからね で、いつぞやに医者があまりにあれだから逃げ出したとかいう村あったけどあれと似たようなとことか色々逃げるの大変やね・・・;

42: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:41:41 ID:jzlCFyQiO
そこ独自の習慣とかはなかったッぽい?

46: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:43:58 ID:NQGTGSmeC
>>42
共有意識が半端ない。

45: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:43:36 ID:CKuUXKWTb
こういうことがあって、電話いっぱい来て怖いって警察に相談しとけ
布石を置いとくのが大事
「安心して外を歩けると思うな!」っていう脅し文句もいただいてるしな
最初相手されなくても実績作るのが大切だ

51: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:46:27 ID:NQGTGSmeC
>>45
明日朝行ってみるわ。
曇り空で薄暗いし藪から精鋭が襲ってきそうだw

53: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:47:08 ID:CKuUXKWTb
>>51
朝じゃなくて昼のがいい
朝はあいつらの活動時間だ

56: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:50:48 ID:NQGTGSmeC
>>53
天気のいい晴れた日の昼に行くことにする。
あいつら忘れたころに襲ってきそうだな。


わかってる範囲の村人の役割分担

ババアは情報収集役
ジジイは監視、尾行
男子高校生 猟犬
娘    子を産む
青年団  精鋭部隊

57: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:51:49 ID:x3eEiGEfC
>>56
もはや軍隊・・・

49: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:45:44 ID:SPJ9bDpBy
基地外だらけで面白そうじゃん!

50: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:46:14 ID:jzlCFyQiO
>>49い、いってこいよ…

54: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:47:36 ID:YlTIZv8Kf
とりあえずいつでも警察に通報できるようにケータイは大事に装備しておけ。
間違っても着歴でおかんに電話かけるなんれへまするなよ。

55: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:50:31 ID:Q80w7xpBi
久々にマジに怖い話
昭和40年代から変わらない因習の村

59: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:52:01 ID:7Kid6EdKj
俺のようなクソザコデブは平気かな?

61: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:55:36 ID:NQGTGSmeC
>>59
若くて子供作れるなら大歓迎だろう。
仕事以外にも介護と農作業の手伝いが君を待っているぞ。
今なら昭和からやってきたような奥さんまでついているww

62: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:55:44 ID:6e0kwDi1Y
田舎出身だけど、知らない奴が来たら監視するのはデフォ

63: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:57:27 ID:YlTIZv8Kf
たぶんそこで働いてもきっちり給料払われるわけないし土日とか関係なく働かされるぞ。
「若いくせに文句言うんじゃない」「若い頃はお前よりもっと働いたんだから働くべき」
ってな感じで。

65: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:59:16 ID:NQGTGSmeC
>>63
だと思う。
お金とか休みとか個人のことじゃなくて村に貢献するのが大事とか理事長さんが言ってたからね。
その癖ロレックスなんぞつけてる老害だった。

66: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)15:01:00 ID:YlTIZv8Kf
>>65
働く代わりに貴方の腕に付けているそのロレックスをくださいって言ったらどんなもんかねwww

67: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)15:01:46 ID:CKuUXKWTb
>>66
これだから若いもんは!贅沢ばっかりしやがって!わしの若いころは以下略
になると思う

69: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)15:05:49 ID:SxZtq6vLp
秋田かな?
あそこはおかしい奴ら多いから

72: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)15:09:48 ID:NQGTGSmeC
>>69
お察しの通りw
そりゃ自殺もしますわ。

70: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)15:06:03 ID:YlTIZv8Kf
まあ、とりあえず、催涙スプレー買っておいて損はないと思うぞ。

71: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)15:06:54 ID:CKuUXKWTb
万全を尽くすなら録音も必要
あいつら言ってることが発言するたびに代わる
唯一変わらないのは田舎にかしずけってことだけ

73: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)15:12:18 ID:YlTIZv8Kf
そもそも募集要項と違うわけだから労働基準局と脅迫で警察に通報しておいて念のために防犯グッズは買っておけばいいと思う。

74: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)15:16:49 ID:jzlCFyQiO
詳しくないからわからんけど、
直接被害が来るまで警察は動かないっぽいといおうとしたら>>73がプロの人だった

75: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)15:23:32 ID:NQGTGSmeC
>>73
監督署じゃなくてハロワに言わなきゃならんっぽい
前に求人と違うから相談しに行ったらハロワの管轄だぢょって

77: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)15:34:43 ID:YlTIZv8Kf
>>75
勘違いだったのか。
まあ、相談できるところにはしておいた方がいいと思う。
あと、くどいかもしれんが防犯グッズは買うのを忘れずに。

76: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)15:25:30 ID:kR6zBCLEQ
いなかこわい

82: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)21:21:33 ID:4e1a3Ks5T
怖過ぎワロタ

90: 名無しさん@おーぷん 2014/06/16(月)12:53:42 ID:tw@VocaloFundament
秋田市に住んでるけど一回確かめに行ってみたい

35: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:35:31 ID:jzlCFyQiO
もしかしたらあなたの屋根裏部屋で笑って...




オカルトランキング




372 :じつ8①:2009/11/29(日) 20:52:58 ID:7p3nKMO3O
では私が体験した実話を投稿します。これは紛れもない事実であります。

私の出身地は、古くからの部落差別の残る地域でした。
当時わたしは小学生でした。
部落差別があるといっても、それは大人の世界での話で、幼い私には差別などわかりませんでした。
子供同士は、どこの地区出身かなど関わりなく仲良くなりますし、
大人達は罪悪感があるのか、子供達の前では部落の話を避けているふしがありましたので、
普段の生活で意識することはあまりありませんでした。
ただ、「○○地区のヤツは気が荒い。あまり仲良くなるな」ということは言われた事があります。
○○地区とは、海沿いにある2つの町を差す地域で、確かに不良が多かったのです。

当時僕は○○地区の友達Y君と仲が良くて、放課後はいつもY君と遊んでいました。
当時僕たちは釣りに夢中になっていました。
Y君の家の近くには海があり、よくY君のお父さんの釣竿を借りては、
穴場を探して海の周りを探索し、釣りをしていました。
このY君のお父さんは、とても怖い人でした。
いつも家にいて、がっしりとした体に短く駆った坊主頭と、
いつもなにかを睨み付けてるような目をしていました。
その怖い外見の通りに気も短く、Y君の家でうるさく騒ごうものなら、
大声で「黙れ、ぶち殺すど!」と、過激な言葉を使い怒鳴りつけてきました。
幼い僕には苦手な大人でした。
ですので、Y君お父さんから借りた釣竿を使うときには、絶対に傷つけないよう注意して扱っていました。


373 :じつ8②:2009/11/29(日) 21:10:23 ID:7p3nKMO3O
ある日、Y君と二人で海のそばの林に入り、釣りのためのスポットを探していると、
古いトンネルを見つけました。
とても小さなトンネルで、長さは5メートルぐらいだったと思います。
中にはゴミが散乱していました。
薄暗いトンネルを抜けた先には、釣りのできそうな入江がみえます。
僕たちはトンネルを秘密基地にしようと喜び、トンネル内に荷物を置いて先の入江で釣りをはじめました。

暫く時間が経ちましたが、魚は全く釣れず退屈していました。
すると突然背後から、「釣れるか?」という声が聞こえました。
驚き振り返ると、破れた服を着た老人が立っていました。
僕は、老人から漂う悪臭に思わず顔をしかめました。
白髪混じりの老人の髪は油っぽくふけだらけで、しわだらけの皮膚の色は黒ずんでいました。
老人は、だるそうに黙って僕たちを見ていました。
その右手には僕たちの荷物があります。
体がすくんで固まる僕の隣で、怯えた声でY君がいいました。
「それ俺たちのです」
「やっぱりか、わしの家にあった」
老人の声はとてもしゃがれていました。
無表情だった顔を動かし、目を細めて、
「あんなとこに置くと誰かに盗まれるぞ」
と笑い、荷物を置いてトンネルの中に入っていきました。


375 :じつ8③:2009/11/29(日) 21:28:29 ID:7p3nKMO3O
残された僕たちは荷物に駆け寄ると、顔見合わせて動揺しました。
老人のような人間をみるのは初めてだったのです。一体何者なんだろうと二人で話しました。
なんにせよ、帰るには再び老人のいるトンネルを抜けなくてはなりません。
僕たちは迷いつつ、おそるおそるトンネルに入りました。
薄暗いトンネル内で、ござの上で横になっている老人の背が見えます。
その横を、音をたてないようそろそろと二人で歩きました。
老人はその間ぴくりとも動きませんでしたが、出口にさしかかった時唐突に言いました。
「遅いから気をつけて帰れよ」
僕は急に老人に興味がわき尋ねました。
「おじいさんはこのトンネルに住んでるの?」
「ああ」
「いつから?」
「お前が産まれる前からじゃ」
「なんで?」
「昔わるさして、罰があたったんじゃ」
「罰でトンネルにいるの?」
「そう。みんなに追い出されたんじゃ」
おじいさんの声は寂しそうでした。
「もう帰れ、おとうとおかあが心配しよるぞ。それと危ないから、ここらにはもう近よるな」
「うん」

しかし、僕たちは翌日も老人のところに行きました。
幼いながらに、老人が悪い人だとは思えなかったのです。
最初は迷惑そうだった老人も、次第に僕たちを可愛がってくれました。
一緒に遊んでくれたり、影送りや、折り紙など、いろんな遊びを教えてくれました。
僕たちは老人のことを『トンじい』と呼び、放課後毎日遊んでいました。

そんな関係が2ヶ月ほど経った頃、事件が起こりました。


376 :じつ8④:2009/11/29(日) 21:51:53 ID:7p3nKMO3O
トンじいはファンタが好きで、僕たちがあげると大事そうに両手で飲んでいました。
「今度は違う味のファンタ持ってくるよ」というと、「ありがとうな」と凄く嬉しそうに笑いました。
その日、トンじいのもとから帰る途中、Y君がふざけて背の釣竿を刀に見たて振り回しはじめました。
勢いよくふった先でつまずきよろけ、とっさに支えにした釣竿がしなって中程が折れました。
Y君は青ざめ泣き出し、「お父さんに殺される」としきりに言いました。

僕は泣きじゃくるYに頼まれ、一緒にYのお父さんのところに謝りにいきました。
折れた釣竿を見るなり、Yのお父さんの顔つきが強ばり目が赤くなりました。
限界まで膨らんだ風船が破裂するのを抑えるように、ぶるぶると震えながら、
「どっちがやったんか?これ」と、平坦な声で言いました。
Yはうつむいて涙を地面に落とし、僕は怖くて黙っていました。
「答えんか!お前がやったんか!!?」
Yの父親は怒鳴りながら、Yの髪を乱暴につかんで無理矢理顔を引き上げると、血走った目で睨み付けました。
「答えんか!!」
「トンじいがした」
Yはしゃくりあげながら、か細い声で呟きました。
「ああ!!?トンじいって誰か!?」
「海のトンネルにいるおじいちゃんがやったんだ」
Yのお父さんは、Yを離すと憎らしげにいいました。
「大山のジジイが、あのやろう」
Yのお父さんは家に入り誰かに電話をかけると、スコップを持って走り去っていきました。
Yは声を上げて泣いていました。

翌日、僕たちは、トンじいのところに怖くて行けませんでした。
Yの話だと、Yの父親は翌日の朝に帰ってきて、「二度とトンネルに近寄るな」といったそうです。


379 :じつ8⑤ ラスト:2009/11/29(日) 22:14:15 ID:7p3nKMO3O
一週間ほどたって、よくやく僕らはトンネルに行きました。
お詫びにとファンタを沢山持って。
しかし、トンじいはいませんでした。
がらんとしたトンネルは静まりかえって、トンじいが使っていたござがそのままにひかれてました。
暫く待ちましたが、仕方ないのでファンタを置いて僕たちは帰りました。

その翌日、再びトンネルにいくと、トンじいはやはりおらず。
昨日置いたファンタは、そのままの状態で置いてありました。
僕は急に不安になってきました。トンネル内の赤黒い汚れが、トンじいの血に見えたのです。
Yは膝をついて号泣し、「ごめんな、ごめんな、トンじい」と繰り返していました。

それから次第にYとも疎遠になり、トンじいと会うことも二度とありませんでした。
大人になって、母に昔トンネルに住んでいる人がいたというと教えてくれました。
「昔、○○地区に大山さんって人がおってね。一家心中なさったんよ。
 自宅に火をつけて、娘さんも奥さんも亡くなったんやけど、大山さんは助かってしまって。
 ただ隣の家にも延焼してしまってね。結局○○地区の人から追い出されてね。
 本当か嘘かトンネルに住んでるって聞いたけど。その人かもしれんね。
 ○○地区の奴らは本当に酷いことするよ」

これで終わりです。
トンじいがどうなったのか僕にはわかりません。
もしかしたら別の場所に移動して、今も元気にしているのかもしれません。
ただ曖昧な記憶で思い返すのです。
あの日以来、Yの父親が持っていったスコップは、Yの家で見なくなったこと。
Yの「ごめんな」の意味を。



オカルトランキング



1: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:01:38 ID:DJ9qQQei7
勝手に書いてくよ

2: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:01:47 ID:agIBjaFPH
はーい

4: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:02:47 ID:DJ9qQQei7
俺のスペック(当時)

175cm 62kg
顔は普通だと思う
趣味 将棋、アクアリウム
彼女いない歴=年齢 友達も少ない


じゃあ書かせてもらう。

当時俺は大学生で一人暮らししてたから金がかかったんだ。(仕送りも少なかった)

んで、バイトをファミレスとかコンビニとかやったけど家庭教師って結構金いいのに気付いたのよ。

でも家庭教師ってサイトに登録とか色々面倒じゃん?

だから俺は近所に許可もらってビラを貼らせてもらった。

確か中高生に英語と国語教えます 一時間3000円 連絡先○○ってな感じだったと思う。

それで、数日たったある日に電話がかかってきたのよ。

中年のオバチャンぐらいの声質だった。

ビラを見たんですが~来ていただけますか?とか言ってたな。

話を聞くと息子に勉強を教える人を探してたらしい。

毎日来て欲しい、一日4時間お願いするとのことだった。

俺はまじかよ、12000円だやったぜとか思ってた。馬鹿だったと思う。

一日4時間毎日頼む時点でおかしいと思うべきだった。



6: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:04:09 ID:agIBjaFPH
わかった、当日誘拐されてころされて、身代金要求されたんだな
昨日みたわ

9: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:06:01 ID:DJ9qQQei7
>>6
俺もそれ見てスレ立てしようと思ったんだよ!
4年前の話だからな…

11: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:07:30 ID:agIBjaFPH
>>9
マジか
家庭教師ってある意味怖いバイトだよな…

8: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:04:52 ID:DJ9qQQei7
次の日からさっそく来て欲しいとのことだったので次の日から行った。

夕方(五時ぐらいだったかな?)から四時間やるので飯を早めに食って家を出た。

言われた住所の所に付くと古くて小さな家がポツンと佇んでいた。

時間帯も時間帯だったのでなかなか怖い雰囲気を醸し出していた。

まぁ仕事だから…と恐る恐るチャイムを鳴らした。

すると、電話と同じ中年のオバチャンの声がして何故か安心。

ドアを開けたオバチャンを見て俺は言葉を失った。

フケだらけ頭。

どす黒く目元にある隈。

ニタァーっと気色の悪い笑顔。

一瞬で帰りたくなったがまだお金の方が勝った。

オバチャン「どうぞ 上がってください」ニヤァ

お邪魔します、と言って上がった。声が震えてたと思う。

お子さんはどちらに?と聞いたらこっち、と奥の部屋に通された。

ぶっちゃけめちゃくちゃ怖かった。なんて言うか家の雰囲気がすごく怖かった。

嫌々奥に進むと、部屋はまさに子供部屋って感じの部屋だった。

タンス、テレビ、ベッド、ぬいぐるみ、ロボットのおもちゃ、勉強机……

奥の勉強机に子供らしい人影があったのでそれに向かって近付く。

12: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:07:41 ID:DJ9qQQei7
訂正:付く× 着く○

こんにちわーなんて言いながら近づき、よく見るとさ……人形…だったんだよね……。

人形つっても手作りのような感じで子供ぐらいのサイズはあって洋服を着ていた。

ヤバかったのは顔。無機質な布に●が三つあるだけだった。

マリオにヘイホーっていう敵キャラいるじゃん?あれを想像して頂きたい。

オバチャン「家の息子です」ニタァ

マジに血の気が引いた。この家マジにヤバイ。本当にヤバイ。

えっ……?人形……ですよね?って言ってしまった。

これが不味かった。

オバチャン「はぁ!?!?!?何言ってるの!!!!家の息子よ!!!ケン君!!!」

突然の大声とオバチャンの豹変ぶりに涙が出た。

本当にヤバイ。殺されるかもしれない。死にたくない。

なんとか穏便に済まして帰ろうと思った。

分かりました!分かりましたから!って言って、

ケン君!!お兄さんと勉強をしようか!!って言ったらまたオバチャンがニタァってして元に戻った。

当然ケン君は返事をしない。当たり前である。人形なのだから。

勉強と言っても相手は人形なのでひたすら俺が人形に向かって喋るだけである。

ここからの四時間は本当に地獄だった。10分の休憩を入れても苦痛だった。

ここはbe動詞だから○○になるんだよ~とかこれは連用形だからウだね~とか四時間ひたすら一人でやる。

オバチャンはその様子を後ろでニタニタと眺めていた。本当に気持ちが悪かった。

15: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:09:38 ID:2q03lblwb
怖すぎる

16: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:09:48 ID:DJ9qQQei7
なんだかんだでやっと四時間が過ぎた。

じゃあ終わりにしよっか~とケン君に言った。

返事はない。当然である。人形なのry

オバチャン「お疲れ様~ ありがとうございました~」ニタニタ

本当に気持ち悪い笑顔だと思いながら帰る支度をする。

オバチャン「もう遅いしご飯食べて行きなさい」ニタァ

いえ、来る前に食べたので大丈夫ですと言った。

それにこんな気持ち悪い家で出てくるご飯なんてたまったもんじゃない。

オバチャン「食べていきなさいよ!!!!!」

また怒鳴られた。本当に怖い。基地外だ。でも殺されるかもしれないので、

じゃあ…頂きます……と渋々了承した。

その後、ダイニングみたいな場所に通されてイスに座った。

包丁を取り出し何か調理を始めた。

包丁を取り出した時は本当にドキッとした。冷や汗ダラダラだった。

汚い鍋も取り出しそれで何かを煮込みだした。するとカレーの匂いがしだした。

カレーか…普通の飯で良かった。と心底そう思った。

オバチャン「はい。どうぞ」ニマァ

汚い皿にカレーが盛り付けられていた。スプーンはコンビニで貰えるスプーンを再利用したものだった。

頂きます、と恐る恐る食べる。普通のカレーだった。不味くもなく、旨くもなく……

オバチャン「お口に合うかしら?」ニタニタ

はい!おいしいです!と怒鳴られるのは怖いので多少オーバーに答えた。

オバチャン「そうよかったわ。今日は泊まって行きなさい。」ニヤァ

意味が分からなかった。

17: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:10:43 ID:VfIQkBZza
何故ご飯を断れなかったのか

20: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:11:44 ID:DJ9qQQei7
>>17
だって怖かったんだもん


いえ、そんな、悪いですし大丈夫です。と答えた。

オバチャン「ケン君も喜ぶわ~是非止まっていって」ニヤァ

大丈夫です。とまた答えた。

オバチャン「泊まっていきなさいよ!!!!ケン君が可哀想でしょ!!!!」

怖かった。でもこんな家に泊まるのはもっと怖い。殺される方がもっともっと怖い。

選択の余地なんてなかった。泊まることにした。

泊まる振りしてどこか隙を見つけて逃げることを計画した。

俺はケン君の部屋でケン君と一緒に寝ることになった。

こんな気持ち悪い人形と一緒に寝るなんて嫌すぎた。

ケン君の部屋に布団を敷いて貰った。

オバチャン「良かったわね~先生と一緒に寝れて~」ニタニタ

とか言っていた。本当に怖い。

18: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:11:13 ID:2q03lblwb
いみわからない

21: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:13:27 ID:agIBjaFPH
監禁じゃないですか……

23: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:13:50 ID:DJ9qQQei7
オバチャン「トイレはダイニングの隣だから、後二階には行かないでね」ニマニマ

とのことだった。先ずはオバチャンが寝静まるのを待ち、ケン君の部屋で待機していた。

携帯電話を忘れたことを非常に悔やんだ。携帯があれば助けを呼べたのに。

深夜になれば寝るだろうと深夜まで待つことにした。

その時は10時半過ぎだった。

特にやることもないので布団の中でうずくまった。

26: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:17:08 ID:DJ9qQQei7
気が付くと深夜一時。いつの間にか寝てしまっていたようだった。

もうオバチャンも寝ただろうと脱出を決行。

鞄を持ち、玄関に忍び足で向かう。

一歩…また一歩……。心臓の鼓動だけが響いた。

「なにをやっているの?」

ビクゥッ!!もうね……死んだと思ったね…

27: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:17:27 ID:DJ9qQQei7
横を見るとダイニング扉の隙間からオバチャンがニタニタと正座してこちらを見ていた。

まさか……ずっとここで監視していたのか……。

体から血の気がサッーーと引いていく。

オバチャン「まさか帰るなんて言わないわよね?」ニタニタ

ここで俺はパニックになった。

うわぁあああああ!!!なんて叫びながら奥へ走り出す。

ケン君の部屋には人が出られる大きさの窓なんかない。

家の階段を思いっきり駆け上がる。

ドタドタドタドタ!!扉が目の前に見えた。開ける。真っ暗。

電気を探し明かりを付ける。パッと周りが明るくなると、

その部屋にはぬいぐるみ、人形がぎっしり。超絶怖い!!

そこで立ち往生していると、

「キャキャキャキャキャ!!!」みたいな叫び声部屋の奥から聞こえた。

そこに目をやるとそこには頭がすごくデカく、目玉が飛び出しそうな人間?のような物がいた。

俺と目が合う。

「ヒャッヒャッヒャッヒャッ!!!!」

怖すぎた。漏らした。気持ち悪かった。

パニックになり、窓を開けて二階から飛び降りた。

痛みは感じなかった。恐怖がそれに勝りすぎていた。

そのままダッシュで家に帰宅。その日は寝れなかったし、足がめちゃくちゃ痛くなってきて、翌日病院に行ったら左足が折れていた。

その後そこから引っ越してもうそこには二度といっていない。行きたくない。

最後に見たあれはなんだったんだろう。

終わりです。

28: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:18:40 ID:jey5ysCe1
障害者を閉じ込めてたんだろ

32: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:20:30 ID:DJ9qQQei7
>>28
俺的にはアイツがケン君で、障害児だったから人形で現実逃避してたと思うんだ…

29: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:18:47 ID:RcNiQtX6w
怖すぎワロロン

30: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:18:55 ID:agIBjaFPH
怖過ぎるわ

33: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:21:47 ID:DJ9qQQei7
そこから引っ越したってのはその町からってことね


質問があれば受け付けるよ。

34: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:22:15 ID:jey5ysCe1
その家の場所覚えてる?

37: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:23:24 ID:DJ9qQQei7
>>34
一応
正確な住所は忘れたけど

35: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:22:37 ID:VfIQkBZza
結局金は貰えた?

38: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:23:57 ID:DJ9qQQei7
>>35
貰えなかった。
無事に帰れた代償ということにしてる。

36: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:22:44 ID:dHk9aLaVg
水頭症?


41: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:25:08 ID:DJ9qQQei7
>>36
そうかもしれないけどめちゃくちゃでかかった。
爆発しそうなぐらい。

39: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:24:56 ID:jey5ysCe1
怖かっただろうけど多分ケン君は二階に閉じ込められてた子で間違いなさそうだな

真っ暗なとこにマジでずーっといたのかな?
久しぶりに人間を見て喜んでただけかもね

42: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:26:04 ID:DJ9qQQei7
>>39
考えれば考えるほど怖ひ……

44: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:26:53 ID:lfysAOZOU
>>42
冗談。
久しぶりにゾッとした
ありがとう

40: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:25:05 ID:lfysAOZOU
みーつけた

42: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:26:04 ID:DJ9qQQei7
>>40
やめて……

43: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:26:46 ID:wnJtOEtzv
それって何県?

45: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:27:04 ID:DJ9qQQei7
>>43
関東とだけ

47: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:31:25 ID:wnJtOEtzv
もしかして千葉?

48: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:32:48 ID:DJ9qQQei7
>>47
千葉住みかな?
安心して!千葉じゃないよ!

51: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:37:21 ID:JrNj686dD
おっそろしい話だな
とりあえず、>>1乙
電話番号は変更した?

52: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:40:34 ID:DJ9qQQei7
>>51
着信拒否して、
すぐ変えに行った!

55: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:53:02 ID:MXh05JNfs
夜道で読むもんやなかった

歩きスマホはもうしないと決めたわ

56: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:53:27 ID:DJ9qQQei7
もうないかな

じゃあ俺は寝るから家庭教師のバイトはくれぐれも気をつけるんだぞ

じゃあな

58: 名無しさん@おーぷん 2014/07/06(日)03:29:31 ID:jJGIHsjDD
久しぶりに怖い話で鳥肌たったわ

22: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)22:13:44 ID:JrNj686dD
マジで怖い
今、こうしてスレ立ててるってことは、
>>1は生きてるんだな
ホッとしたわ




オカルトランキング

↑このページのトップヘ