【閲覧注意】怪談の森【怖い話】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

カテゴリ:




1: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 16:18:58.39 ID:8HYY/Bnn0
それでうちの一族の守り神をやってるっぽい



2: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 16:23:00.80 ID:pn4eMya5O
俺が神だ

3: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 16:23:41.90 ID:8HYY/Bnn0
元々、うちの一家は武家だったらしい
奥の座敷なんかは家長とか長男しか上がっちゃいけないだとか
そんなしきたりがあるような家だった

集落の中でも、中心的というか
なんかあった時はみんな家に集まって話し合いや相談をしていたそうだ

で、集落には祀ってる?神様がいて
それを守るのが家の役割だったらしい

4: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 16:24:38.03 ID:jG9IVQER0
俺も神だ

5: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 16:25:32.38 ID:8HYY/Bnn0
ただ、その神様ってのが
要は祟り神とかそんな感じのやつで
祠の付近は空気も重いし、誰も近寄らないし
大人たちもむやみに近寄るなよって子供たちに言っていたらしい


じいちゃんが子供の頃の話な

6: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 16:26:44.96 ID:pn4eMya5O
いやいやここは私が



7: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 16:29:34.60 ID:8HYY/Bnn0
じいちゃんは3人兄妹の真ん中
長男は、かなり頭が切れて運動神経も良かったんだけど
いかんせん性格が適当で、何するにしてもめんどくせーって感じだったらしい
次男のじいちゃんは、長男ほどではないけどまぁまぁ優秀だったらしい
妹はあんまり関係ないからスルーしとく



8: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 16:31:56.83 ID:8HYY/Bnn0
じいちゃんが10歳くらいの時
周り近所の友達と、その祠の周りを探検しようって話になったらしい
色々話しあった結果、結構は早朝
夜明けと同時に行って、見終わったらそのまま帰宅して登校
っていう計画になった
理由は、夜だと怖いかららしい



9: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 16:32:33.72 ID:PfU18nN40
興味あるわ続きはよ



10: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 16:35:31.26 ID:8HYY/Bnn0
夜明けでも、夏だったからそこそこ暑い中ほこらの周辺をひと通り散策して
結局何もなく祠に到着した
周りはすっかり明るくなっているのに
その祠の周りだけ異様なくらいに暗かった
さっきまで聞こえていた小鳥や虫の鳴き声もなくなって
とにかく今までの空気とかがらっと違う感じだったよう



11: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 16:36:56.28 ID:8HYY/Bnn0
子供でもそれはわかったらしく
誰がいくんだ、お前がいけ
っていうやりとりがちょっとあったらしい

祠の扉を開けて、中を確認
扉を閉めて戻ってくる

っていう肝試しみたいな感じ



12: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 16:40:25.07 ID:8HYY/Bnn0
結局、誰も行くと言い出さず
じいさんは、自分の家が守ってるところだから俺が行く
と行って足を進めた
本当にちびって泣き出しそうなくらいこわかったらしい
俺は○○家の人間だ-!
みたいなことを叫びながら祠の扉をがばっとあけると中は真っ暗だった



14: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 16:44:51.48 ID:8HYY/Bnn0
内心、ほっとして扉を閉めようとすると
中から扉を抑えるように真っ青な手が伸びてきた
じいさんがびっくりしてしりもちをつくと
祠の中の闇には無数の目があって、じいさんを見ていた

じいさんはあまりの恐怖にそのまま気絶したっぽい



15: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 16:57:52.20 ID:8HYY/Bnn0
じいさんが目が覚めると
じいさんのじいさん、父、近所の寺の住職、他数名の男がいた
目が覚めて最初に、父に「なんてことしたんだお前は!」と怒鳴られたらしい
じいさんや父から怒鳴れていると、母もやってきて
じいさんの顔を見るなり泣き崩れたらしい

すると住職が、みんなを部屋から出した
部屋には、じいさん、住職、知らない男の三人になった

16: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 17:02:12.95 ID:8HYY/Bnn0
住職は険しい顔のまま喋り始めた
話の中身は、
祠を開けたことによって、祟神様を怒らせた
このままでは数日中に確実に命を持っていかれる
本当ならもうあの場で死んでいてもおかしくないのだけど
たまたま、じいさんが失神した後、お寺の関係者が通りがかって
どうにかひとまず、祠の扉を閉じてじいさんを連れてきたらしい

その関係者ってのが一緒に部屋にいる知らない男



17: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 17:04:38.93 ID:8HYY/Bnn0
住職が話をしている間、その男は
部屋の隅に塩を置いたりなんやかんやしてたよう

正直、もう住職の手に追える状況じゃないから
こういうことを生業にしてる人を呼ぶ
その人が来るまで、じいさんがもつかわからないし
来たからといって解決するかもわからない

っていう話だったらしい



18: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 17:09:25.72 ID:8tfI3fbi0
おもしろいな

19: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 17:16:46.39 ID:8HYY/Bnn0
その夜、じいさんはその部屋からは出してもらえず
住職が結界を張ったらしく、ひとまずここにいれば大丈夫だと
外から声をかけられても絶対に返事をするな、反応するな
っていうことをかなりきつく言われたらしい

実際、夜になると廊下をぎし、ぎし、と歩く音が聞こえたかと思うと
母の声がじいさんを呼ぶ声がしたらしい
お腹減ってるでしょ?とかそんなことを言っていたらしいが
明らかに雰囲気が異常、ふすまに写った影もまるで人間の形をしてなかったらしい


20: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 17:19:34.96 ID:8HYY/Bnn0
翌日、昼前に住職が呼んでくれた人が到着した
事情は住職が説明してあるみたいで
部屋に入って、じいさんを見るなり
準備があるからと言って出て行ったらしい

その人はまだ20代くらいの若い人だったらしい



22: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 17:28:10.69 ID:X0jY5Luj0
気になる



23: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 17:34:50.86 ID:8HYY/Bnn0
結局、その日、その人は部屋には戻ってこなかった
夜、また結界張った部屋の中で恐怖に震えていると
兄の笑い声が聞こえてきた
廊下をバタバタと走る音と近寄ってくる兄の笑い声
あまりの勢いで近寄ってくるからじいさんは震えが止まらなかったらしい

布団に潜って耳をふさぐと同時に
ふすまのすぐそこまで来ていた兄の笑い声が止まり
良和(じいさんの仮名)!!!!!
と叫びながらふすまが開かれた



24: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 17:47:09.18 ID:3JSKgmGt0
気になるう

25: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 17:50:45.24 ID:8HYY/Bnn0
そのまま布団も剥がされ、まだ兄の声がじいさんを呼んでた
じいさんが薄めで見ると
「良和!見ろ!これでもう大丈夫だwwwwww」
と、人の頭くらいの鏡とかなづちを持った兄が笑顔で立ってた
じいさんは頭が混乱し、何がなんだかわからないでいると
兄はその鏡を床に叩きつけ、かなづちでひたすら叩いた



26: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 17:55:54.89 ID:8HYY/Bnn0
ほどなく、兄は立ち上がってじいさんの頭をなでて
今までにないような優しい声でじいさんを寝るように促したらしい
じいさんはなぜかそれで安心して眠ったらしい

翌朝、祖父母両親に起こされたじいさんは
もう自分の身に危険がないことを知らされたらしい



27: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 18:04:37.38 ID:8HYY/Bnn0
それ以降、じいさんの兄が
それまでいた祟り神的存在の代わりに
神様になってうちの一族とこの集落を守ってるらしい

やっぱり、祟り神とは言え、腐っても神だから
いなくなってしまうと霊的なもの含め均衡が崩れてしまうらしい



28: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 18:07:50.96 ID:PfU18nN40
お兄さんが身代わりに亡くなったということ?



29: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 18:10:56.58 ID:8HYY/Bnn0
>>28
そんな感じだね

で、じいさんの兄が最初からそのつもりだったかと言うとそうじゃなかったらしい
住職が呼んだ霊能者?の入れ知恵というか手助けというか

その霊能者を仮にAさんとすると
最初にじいさんを見た時、かなり強いたたりだと感じたようで
これだけのものは、誰も死なずに綺麗に解決はあきらめろ
っていう話を家族全員に話したらしい
じいさん以外の家族ね



30: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 18:12:50.39 ID:8HYY/Bnn0
Aさんの話では、
おとなしくじいさんを神さんにくれてやればひとまず収まる
それか身代わりを立てる

これが一番簡単だけど、神さん今回かなりご立腹なもんで
定期的にお供えが必要になるかもしれない



31: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 18:16:33.92 ID:8HYY/Bnn0
もうひとつは、いっそ神さんを殺してしまう
おそらく、この神さんは動物の霊魂の集合体みたいなもので
殺すこと自体そこまで難しくはないと思われる

そのかわり、神に手を出した者はまず死ぬ
そして、バランスも崩れて、それを放置すれば
10年くらいのうちに集落ごと滅びる
(山崩れとかそういう天変地異的な)

それが嫌なら代わりの神さんをたてる
おそらく人間は無理、信仰とかみんなが知ってるものとか
そういうのから生み出すしかない

32: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 18:19:42.84 ID:8HYY/Bnn0
つまり
じいさん見殺しにして、定期的に生贄をやるか
身代わりをたてて、定期的に生贄をやるか
違う神を祀り上げるか
どれがいいかねぇっていう話だったらしい

おそらく、じいさんの両親的には
内心、一番を選んでたんじゃないかと思う
性格はさておき、優秀な長男がいるわけだし



35: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 18:42:18.46 ID:8HYY/Bnn0
みんななかなか結論を出せずに
というより言い出せなくて話が進まないところで
じいさんの兄が、弟を守るのが兄の役目だ
とか言い出したらしい

それで、Aさんと兄は二人で話をして
神さんを殺す方法、他のものを神さんにする方法を聞いたらしい



36: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 18:44:20.11 ID:8HYY/Bnn0
それで、家族には兄が身代わりになるような話になっていて
Aさんとじいさん兄は代わりの神をっていうことになった

で、兄はまた企みがあって自分が神になればいいのではって
Aさんには黙って自分が神になろうとしたらしい

結局は、そのとおりになったわけだけど



37: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 18:55:29.54 ID:8HYY/Bnn0
手順は色々あったらしいけど、
そのへんはよくわからない

信仰ってのはやっぱりそれなりに必要みたいで
じいさんの子の代からは、男児の名前の字はじいさんの兄の名前の文字を一文字
必ずつかうようにっていう決まりになってて
俺にも、俺の父にもそれがつかわれてる
俺の子供ができたら、同じ文字をつかわなきゃいけない

でも俺たぶん結婚できないけど

というわけで昔の話はこれで終わり



38: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 19:00:25.49 ID:PfU18nN40
乙、おもしろかった
お兄さんかっこいいわ
>>1も家系絶やさないようがんばれよー

39: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 19:01:32.45 ID:BHUqKelmP
>>37
じいさんの兄さんのためにも子をつくる努力しろよ~

40: 名も無き被検体774号+ 2014/01/06(月) 19:08:05.49 ID:8HYY/Bnn0
>>39
喪男だからなぁ
なんかぶっちゃけ今俺の守護霊やってるんだよ
心配になったとか言ってるけど

41: 名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 00:50:35.45 ID:R7jqsfnG0
>>40
話せるの?

42: 名も無き被検体774号+ 2014/01/07(火) 10:49:53.49 ID:hLaMpzSZ0
え、え、なんか消化不良
もっと話してよ

44: 名も無き被検体774号+ 2014/01/08(水) 13:59:31.51 ID:ptVqjLUwP
で、今の話はいつ聞かせてくれるんだ?




オカルトランキング



137 :本当にあった怖い名無し:2009/04/13(月) 00:32:24 ID:qbe4To350
母方の実家は、女には悪いモンがつく筋といわれていて、
7歳と13歳の時に、実家近くにある神社の池のところにある小さな祠に、
水と黒い石をお供えをして、その悪いモンから守ってもらう、という習慣がある。 
そこの神様は呼び方が「サノアさん」(サというよりシャかな?)、
もしくは「サンノアさん」「サーノアさん」(シャンノアさん・シャーノアさん?)という感じで、
私も二度サノアさんにお参りにいった。

20歳の時まで悪いモンにつかれなかった時は、 
今度は白い石を持っていき、それをお礼としてお供えして、
黒い石は池に放り投げて、サノアさんに清めてもらう。 

母もお参りをしたが、母のすぐ下の妹は13歳の時に何かの事情があって、(母は詳細を言うのを嫌がった)
お参りをしなかった。 
その人は精神を病んで、現在は精神病院へ入院している。 
そしてさらに一番したの妹も、体が弱く入院していて、お参りを一度しなかった。 
その人は19歳の時、ある駅のトイレで自殺をした。 

母と三番目の妹は、二度ちゃんとお参りをしたから大丈夫だった、と母は言う。 
本当かどうかわからないけど、ちょっと怖いので、
もし自分に女の子が生まれたら、念のためお参りに連れて行こうと思う。 

ちなみにちょっとズレるけど、母は末の妹が自殺する前の日、
偶然かもしれないけど、家の中で大量の蛇をみかけた。 
その蛇たちはタンスの裏側にするすると入っていき、いそいでタンスの裏を覗いたが何もいなくなっていた。 
自殺と関係あるかどうかはわからないけど、もしかしたら蛇が関連する神様なのかも、と思ったりします。




オカルトランキング



63 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 02:46:45.24 ID:5D+37R890
七年ほど前の話時期は忘れたが、呼び出されて子供と一緒に実家に向かってる最中。
突然、目の前にばあちゃんの家にある、小さい土地神様(?)の社が浮かんできた。
ゆっくりと扉の所がアップになっていく感じで近づいてきた。そして内側から扉が開いて、吸い込まれた。
お堂の中は、↓に向かって深い穴が開いていて、そこにふんわりと吸い込まれた。

時々曲がったりしながら、結構なスピードで落ちていた。
どこに行くのかなー とか、思っていたら、突然広い所に出た。
一拍して、自分が落ちて(?)いた所の筒から外に出たってことに気付いた。
そこは、木漏れ日のさす大樹の外側の一部というのが、自分の中で一番近い例えだと思う。

65 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 02:55:42.35 ID:5D+37R890
 
たくさんある光っている所。その一つから自分が来たと、そしてそんな場所がたくさんあるんだと、理解できた。

光るところから延びる管は、近くにある管とくっついて少し太くなり、またその先で近くにある管とくっついて少し太くなっていく。
無数にあるそれは、徐々に折り重なっていき深くなっていた。
見ている間もどんどん落ちていってるんだが、ここはまだ枝先だとわかった。

66 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 02:59:44.01 ID:5D+37R890
とても綺麗で、まだまだ見ていたかった。
が。
車の運転中なのだ。


旦那の実家から電話で呼び出されて、山道運転真っ最チュゥ。後部座席には、風景見飽きて熟睡中の子供。

向こうに意識を引っ張られるのを感じつつも、無理やりこちらに戻った。
山道の中よく事故らずに走れたと、いまでも思う。そんな不思議体験でした。

67 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 09:11:13.05 ID:gLEs7I3r0
>>63-66
ひとつの世界モデルの提示になっててなかなか興味深い話だ。
要するに管が樹状に枝分かれした構造があって、それぞれの枝先がこの世との出入口になっていると。
で、その出入口のひとつが義理の実家にあるお社の幻影として迫って来てそこに落ちてしまったと。
しばらく筒に沿って落ちていったけどそのうちに筒の外へ飛び出してしまったということだね?
質問。
・落ちている間も車に乗っていた? その時お子さんは?
・それを体験した時間帯は? 昼? 夜?
・枝先が光っていたということはその辺りはやっぱり暗かった?
・だとするとそこは感覚的に地下だったのか宇宙だったのかどっち?
・義理家にある実際のお社に何か変わったことは? そもそも何のお社?
・義理家から呼び出された理由と今回の体験に何か関連はありそう?
・この体験を義理家の人に話したか? 話していたらその反応は?

71 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 14:45:21.90 ID:5D+37R890
>>67
体験したのは昼間。そのときすでに子供は寝てたし、運転中にした体験だった。
暗いとは感じなかったかな。
ゲームでいう、地面の裏側な感じだとおもう。地面の中にあんなに広い空間があるとは、思えないので。
社があるのは自分の親で、後日手を合わせに行ったが、なにもなし。



72 :本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月) 15:07:43.60 ID:5D+37R890
あと、社の事なのだが。
親に誰か知ってそうな人がいないか聞いた所、ほぼ亡くなっている事がわかっただけだった。
この社については「土地神様が祭られている」以上の事はなにも知らないようだった。
旦那の実家にも、自分の親にも、この体験は話したことはない。




オカルトランキング




375 :元登山者:2009/12/27(日) 15:03:27 ID:Q10/IuIo0
田舎の知り合いから聞いた話です。

彼のうちは山を持っており、毎年、年末には祠の大掃除と御鏡をお供えに行くそうです。
この時期はだいたい雪が積っており、山の頂上近くにある祠からの眺めも綺麗なので、
彼はコッヘルとコンロを持って行き、大掃除後に景色を眺めながら一服いれようと考えました。

大掃除を終え、古い御鏡も取り替えて、
さて一息と湯を沸かし紅茶を作って眼下の景色を楽しんでいると、「ゴトゴト、ガタガタ」と音がします。
「ん・・・何の音だ?」とあたりを見回しても、そこは開けた山の頂上なので何もありません。
よくよく耳を澄ますと、祠の中から音がするようです。
「ああ、いけね。おすそ分け忘れてた」と気がつくと、もう一杯作ると祠にお供えしました。
しばらくはゴトゴトと音がしていましたが、そのうち静かになったそうです。
帰るときにカップを回収しようとしましたが、湯気の立つカップの中身があきらかに減っていたそうです。
一杯まで入れていた紅茶が半分くらいに減っていました。
「ああ、まだ飲んでるのか?」と思った彼は、カップをそのままにして下山しました。

「猫舌の神様ってのもいるんかの?」と暢気な彼は笑っていました。



オカルトランキング



121 :本当にあった怖い名無し:2008/05/05(月) 10:28:45 ID:E6GAalzI0

ずいぶん前に他スレに書かれていた話があった。
話の趣旨は、『ほこらから出てきた何か気持ち悪いモノに追いかけられた』とかいう話。
近所の私はその書き込みで、「ああ、あそこだ」とすぐに解るような書き込みだった。
で、その書き込みがあった翌日、通り道なので見てみた。

121 :本当にあった怖い名無し:2008/05/05(月) 10:28:45 ID:E6GAalzI0

その祠。知る限りはいつも鍵がかかっていて、開いてるはずがないもの。
正直、作り話しちゃってーと思って行ってみた。
したら、その祠にかかっていた南京錠が壊れて地面に落ちていて、扉が開いていた。
うわここまで手の込んだこと・・・!と思って突っ立ってたら、
近所のじいさんが近づいてきて、「壊したのはあんたか?」と聞く。
で、「素手で無理ッスよw」というと、「だろうなあ・・・まずいなあ・・」と。
「ここ、何なんですか?」と聞いたら、
「昔、物の怪を封じて、その後開けたことがない」と、中を見せてくれた。
南京錠がかかった観音開きの中に、もう一つ観音開きの扉があって、そこにはお札が貼られている。
いや、正確には、貼られていた、と書いた方がいいかも。
無惨に破れ、開いていたからだ。
「まったく、悪戯にしても酷いなあ。・・・まあでも、もうここには戻ってこないだろう」と。
「どうしてですか?」と聞くと、さも当然のように、
「封印されていた場所に帰るか?わざわざ。まあ、開けたヤツについていったんだろうなあ。
 ・・・もう無意味だな、これ」と。

今でもその祠はあるが、開けっ放し。万一帰ってきたときの為に開けてあるらしい。
その土地の所有者すら今は不明なので、これ以上の詳細は解らずだが、なんとも気持ち悪い。



124 :本当にあった怖い名無し:2008/05/05(月) 11:43:23 ID:HTSJrRS0O

俺も祠ネタで1つ

2週間程前に千葉県の某地域で、
農作業帰りの婆さんが、乗っていた田植え機の脱輪で横倒しになり、 そのまま下敷きになって死亡した。
近所の人がドーンと大きな音を聞きつけ、見に行った時には手遅れだったらしい。

この家は、所有地の祠を潰して、NTTにアンテナ用地として貸していたらしい。
近所では「30万円ばかりのためにそんな事をしたら、いつか祟られる」と噂になっていた家だった。
実際数年前には、娘の婿が通勤中交通事故で植物状態になっていた。

祟りは此で終わりなのか…それともまだ続いているのか…


135 :121:2008/05/05(月) 14:02:06 ID:E6GAalzI0

私の話も千葉県じゃ・・・

この祠の妖怪?については、郷土史等を調べても何も出てきませんでしたが、
このご近所で古い家が、持ち回りで封印のお札を7年ごとに神主に頼んで張り替えていたそうで、
実はこの件の前に、お札を張り替える年数を間違ったとか聞きました。
何百年と続いてるとの話ですが、正確な事は誰ももう知らないそうです。





オカルトランキング

↑このページのトップヘ