【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

タグ:オカルト




372 :英一郎:2007/11/10(土) 17:11:32 ID:uCnpRUZZO
妖精を見た・・・気がする。
大学行くときに電車を待っていて、ホームの椅子に座っていたら、
exerciseみたいな動きをする子供(小学生位)が突然俺の前に現れた。
何時視界に入ったかわからないが、チョコマカと手やら足やら一生懸命動かしてる。
電車と人が接触しないようにするための黄色い線があって、その子供は明らかに線を越えて、
ホームの端ギリギリのラインでテンヤワンヤしていた。

駅員さんも近くにいたけど注意する様子も無く、とうとう電車が来てしまった。
子供は夢中で踊って(?)いた。子供の手が電車に接触した。ボーっと見る事しか出来なかった。
そして、飲んでいたCoffeeを吹いた。 
電車の外装から手が抜け出してきたり、めり込んだりしてたからだ。
所謂、人間が立体映像に指で触れようとする、これの逆バージョン。 
ここで初めて、その子供は人間では無い、という考えが生まれた。これが妖精さんなんだろうか? 

その次の電車は俺が乗らないといけない電車なので、ちょっと興味本位で子供の近くに近づいてみた。 
頭の中で「どんな子だろう」と思いながらその子を見ると、
頭の中に子供の声で、『どんな子だろう』って響いてきた。 
「えっ?」と思った次の瞬間、また頭の中で『えっ!』と響いた。
「エコー?」そう思ったが、今度は何も返ってこない。

驚きはしたが取り乱す程でもなかったので、もう少し詳しく見てることにした。 
「たまたま返ってこなかったのか?」思う。
『たまたま返ってこなかったのか!』
しっかり響いた。 
また「エコー?」思う。・・・返ってこない。 
「返せない”音”が在るんだな」と思った。
『返せない”音”が在るんだな』
少し悲しそうな声が響いた。
どこかの国のお伽話(?)に登場する、エコーの事を思い出した。

「俺のイメージではもっと小さいんだけどな」
『俺のイメージではもっと小さいんだけどな!』
「少し怒った?」
『少し怒った!』 
ちょっと楽しくなってきた。けど電車がもう見えている。 
俺は少し淋しい気がしたが、子供に別れを告げる。言葉で。
後ろに中年のおばちゃんが数人並んでいたが、そんなの無視だ。 
「もう行かないといけないんだ。今度こそ幸せになれるといいね。それじゃgood-bye」 

電車が来た。子供がどんな顔をしているかはわからない。電車に乗った。
少し恥ずかしそうな声で、『ありがとう』と言われた気がする。
電車がホームを出る。子供は改札口の方へと消えていった。


☜1日1クリックの応援お願いします



家族で旅行に行った時に、旅館の周りをブラブラ観光していたら、荒れ果てたお地蔵様があった。
別に俺達が掃除する義理もないので、そのままスルーしようとしたら、
四歳の息子が急にゴミ拾いを始めたので、「偉いぞ!」と誉めて、少しして旅館に戻った。

夜、息子が寝た後に嫁さんと二人でビールを飲んでいたら、
息子が寝言で「僕イラナイからパパにあげる」と言っていた。
昔だれかに『子供の寝言には話かけたらいけない』と言われたのを思い出して、声はかけずに無視してそのまま寝た。

朝起きて飯を食べているときに息子が、
「昨日夜にお地蔵様がきて目をくれると言っけど、僕はいらないからパパにあげるって言っといた!」と言っていた。
あの寝言はそれかとなっとくした。

チェックアウトをして、帰りの駅に向かうバスを待っていた。
そのうち遠くの方にバスが見えたが、そのバスに黒い霧みたいなのが絡み付いていた。
次のバスまで時間はあったけど、なんか気味悪かったので次に乗ることにした。

そして駅までのバスの中からみたのが、
最初にに乗るはずだったバスが事故にあい、パトカーとかがいっぱい来ている所だった。

そんなもん見たからかなり気分が悪くなり、家についた後も早めに寝たんだけど、
途中目が覚めテレビをみていたら、息子が寝言で「その目は大切にしなさい」と言っていた。
今でもたまに車に黒い霧を見ることがあるのがかなりこわい。



☜1日1クリックの応援お願いします




もう時効だと思うので書きます。

話の中に実在する固有名詞が出てきますが、

それを誹謗、中傷するものではありません。

小学四年生の二学期に、誰が持ってきたのか、
クラスで『うしろの百太郎』という心霊コミックが回し読みされ、
ちょっとたブームになった事がありました。

こ存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、その作中に、
妖精の存在を実証する方法が出てくるエピソードがあります。

具体的には、
寺社等の清浄な場所に生えている大木の根元に砂山を作り、
その頂上を平らに均して鏡を置き、
更にその上に薄く砂を被せておきます。

そして砂山の斜面に上り階段を作って一晩おくと、
翌日には階段と鏡に被せた砂の上に小さな足跡がついている、
というものです。

劇中でこれを行った主人公は、
悪戯な妖精に異世界(妖精界?)に引きずり込まれてしまいます。

十月の終わり頃だったろうと思うのですが、
クラスでも一二を争うヤンチャ坊主だったT君が、
果敢にもこれを試してみたと言い出しました。

T君曰く、
試した場所は彼の家の庭の一番大きな木の下という事で、
友人達は口々に

「それじゃあダメなんじゃないか?」

と言いましたが、
とにもかくにも結果を見るため、
放課後、六~七人くらい連れ立って
彼の家に行く事になりました。
(私を含め何人かは、
「学校に来る前に自分で足跡をつけてきていて、
皆を驚かそうとしているんだろう」と思っていました)

T君の家に着くと、
早速その庭の木の下に確認に行ったのですが、
当のT君が最も驚いた事に、
足跡どころか砂山自体がありませんでした。

予想外の展開に皆少なからず興奮し、

「これは妖精が消してしまったのだろうか?」

などと話し合っていた時、
T君のお母さんが現れ、
砂山は庭掃除で片付けられた事が判明しました。

また、砂山に埋める鏡を、
お母さんのコンパクトを壊して調達していたらしく、

T君はお母さんに怒られ、
私達は逃げるようにT君の家を後にしました。

翌日、翌々日と、
T君は学校を休みました。

そして次の日、
先生からT君が死んだと知らされました。

子供でしたので詳しい話は聞かされませんでしたが、
少し遠く(隣の学区)に大きなイチョウの樹がある神社がありまして、
T君はその樹の太い枝の上で死んでいたそうです。

洩れ聞こえてきた話を纏めると、
コンパクトの件で怒られた日の晩に、
その鏡を持って家を抜け出したようで、
抗議の意味で隠れていたのか、
登ったはいいが降りられなくなったのか、
とにかくパジャマ姿という薄着だったために
夜半の気温低下で衰弱死した
という事らしかったです。

大人には言いませんでしたが
(言っても取り合って貰えなかったでしょう)、
私達の間では、T君は今度こそ本格的に儀式を行い、
妖精の悪戯で死んだのだと囁かれていました。

なぜなら、
その神社は私達の普段の行動範囲の外にあり、
家出したからと言って、
そこに行く理由がありませんし、
行ったとしても、
そのイチョウの樹は幹が太くて枝も高く、
梯子でもなければ登れないからです。

既に真相は知る由もありませんが、
今となってはとにかくT君のお母さんが気の毒だったなと
思うばかりです。


☜1日1クリックの応援お願いします


429 :本当にあった怖い名無し:2007/02/19(月) 06:36:37 ID:IVYyX7pu0
年末年始あった驚きの体験。

その日、私は締め切り迫った原稿を前に、ネタが出てこなくて困ってたんだけど、
ふと気付いたら、作業用の小テーブルの端に、男の子が立ってこっちを見てた。
真夜中に一人暮らしの女の部屋にいる、という以外は別に変わったところもない子。

ぽかんとしてる私に、「手伝ってあげようか」って言ってきた。返事をしなかったから二、三回。
そのうち寝不足も手伝ってか、これがきっと修羅場の妖精さんなんだって思って、
「手伝っちゃだめ?」って質問に、「ぜひ!」って返事した。

だけど、体育座りしてるだけで何もしてくれない。
まあいいや、ほっとこう、と思って原稿に向かった瞬間、
それこそ溢れるようにネタが湧いてきて、これはいい!と全部メモした。

それでもまだまだ出てくる。
ついには原稿の裏まで使って書きとめて、ほっと顔を上げたら、
その子がじーっとこっちを見てて、「本できそう?」って聞いてきた。
余ってたページどころか、あと五、六冊ほどできそうで、
嬉しさのあまりハイになって「うんうんできる。いっぱい!」って言ったら、
「よかった」ってにっこり笑って、すうっと消えた。

これは事件だーって、同じように修羅場だった友達に電話したら、
ものすごく冷静な声で『いいから寝ろ』と言われて、電話を置いた後記憶がない。

気がついたら午前十時だった。
夢かと思ってテーブル見てびっくり。メモが全部あった。

二度目のびっくりは新年明けて、彼氏の実家に遊びに行った時。
アルバム見てたら妖精さんがいた。彼氏の子供の頃とそっくりなんだ。顔も髪型も。
私がじっくり見てたら、「俺、かわいいだろー」って上機嫌なってたけど、さすがに言えなかった。

ただ、年末原稿かかりっきりでデートのお誘い何回も断ってたから、
寂しくって早く上がるよう手伝いにきてくれたのかな、と今は思ってる。
ちなみに私、そのアルバム見るまで、彼氏の子供の頃なんて見たことなかった。





475 :名も無き被検体774号+:2012/03/24(土) 16:45:13.31 ID:PrGDDlYP0
>>1です
pcも携帯もなぜか書き込めなかった・・・

さて、去年の初め頃に従姉妹(17)が子供を下ろした時の話
仮にその子をAちゃんって呼ぶね

このAちゃんがちょっとクセ者で、簡単に言うとDQNなんだ
まぁ、母親(俺からすれば叔母)も子供に関心なかったっぽいしで余計そうなったんだと思う
一応高校には行ってたみたいだけどもうほぼ留年が決まってたらしい

そんなこんなで、荒れてたんだろうね
ちょくちょく暴力事件とか万引きとかでしょっ引かれてたんだ
周りの親戚も見てみぬふりというか、Aちゃん一家を見放してた

ただ、たま~に俺と連絡してて、俺にお金がある時はご飯なんか連れてってた
俺と居る時は全然普通の子だししっかりしてる
俺にとっちゃ妹みたいなもんだった

しばらくして事件は起こる

Aちゃんが妊娠した、と
しかも父親はわからず、いつできたかも定かではないそう
俺始め>>1家はめっちゃ心配してたんだが、叔母さんは我関せず、って感じだった
Aちゃんもずっと暗い顔で「どうしよう・・・はぁ・・・」って言ってたし



476 :名も無き被検体774号+:2012/03/24(土) 16:58:59.21 ID:PrGDDlYP0
上手い打開策も講じられぬまま時間だけが過ぎていった

まぁ、生むか下ろすかの2択なんだけどね
それからちょっと経ったある日
Aちゃんから電話があったんだ
いつも俺とはメールで連絡して、そっから電話ってのが暗黙のルールというか常識になってたから、
何事かと思ってすぐ出た
そしたら
A「下ろすことにしました。迷惑かけてすみませんでした」と

いやに機械的だったのを覚えてる

そしてここからが本編というかオカルト的なんだけど、
その日からAちゃんの様子が激変していった
緑とかに染めてた髪が真っ黒になってたり、高校にもちゃんと行ってたみたい
学校終わったら真っ直ぐ帰ってきては家事とかしたりして
俺も最初は(今回のことで変われたのかwよかったw)とか思ってたんだけど
どうもおかしいんだ

人は確かに変われるけど、いきなり根底から変えるのは難しいでしょ?
なんていうか「別人」がAちゃんになりすましてるっていうか・・・
昨日までプロレスラーだった人が今日は弁護士してますみたいな
説明が難しいwww
とにかく「誰あんた?」ってかんじだったの




477 :名も無き被検体774号+:2012/03/24(土) 17:09:22.98 ID:PrGDDlYP0
若干の気味悪さと、でも更正できててよかった、っていう気持ちが入り混じって
なんとも複雑な心境だった


ある日Aちゃんからまた電話が会った
父親が見つかった、とのこと
そんなことあるの?って半信半疑だったけどとりあえず話を聞いてみることに
詳しくは明日会って話したいってことだったから夜Aちゃん家の側のファミレス
で合流することにした

もうAちゃんは座って待ってて、父親(仮)もその横にいた
ぶっちゃけすごい気まずかったwww


479 :名も無き被検体774号+:2012/03/24(土) 17:35:29.84 ID:PrGDDlYP0
とにかく話を聞いてみる

男の方はなんかすっごいやつれてて、全然売れないホストみたいな感じだった
そいつが言うには
「毎日Aを殺す夢を見るんです。毎回違う方法で・・・しかもAのお腹は大きくて、
何かが蠢いてる感じなんです。それを俺が殴ったり潰したり・・・怖くなって
Aに連絡したら子供が出来たって言うし・・・毎日怖くて碌に寝れないんです」
そこでAちゃんがポツリと言った

「よ か っ た」


寒気がした
能面みたいな顔だったってのもあるけど何より声がオッサンそのものだった
男もびっくりしてて、泣きながら謝ってた

その後Aちゃんはゆっくりだけど確かに
「お前のせいで生まれてこれない。下ろすんじゃなくて"殺す"んだ。許さない。ざまぁみろ」
ってつぶやいた

俺はなんとなくわかった
この子はAちゃんじゃない
きっとお腹の子だ、と
なんでそう思ったのかはわからないけど、直感的にそう思った
男もそう思ったのか顔面蒼白でひたすら謝ってたけど、
「絶対にゆるさない。死んでもゆるさない」って、まさに腹の底から響いてくる声でそう言った

その後男はどうなったか知らないけど、Aちゃんは子供を下ろし、留年はしたものの
卒業はちゃんとするらしい
以前のDQNだった頃とは比べ物にならないくらい大人しくなった
ただ、たまに「空から赤ちゃんが落ちてくる」夢を見るらしい
本人は戒めとして取っているらしいから別に怖くはない、と語っていた

書いてて思ったけどあんまりオカルトチックじゃないねw
ま、以上でございますです


480 :名も無き被検体774号+:2012/03/24(土) 17:39:02.71 ID:AbIwsumr0
充分、怖いですよw


481 :名も無き被検体774号+:2012/03/24(土) 17:40:44.32 ID:o1eJYv8+0
十分オカルトですがな(´・ω・`)


482 :名も無き被検体774号+:2012/03/24(土) 18:03:13.81 ID:AiHQBIp00
何だか悲しくなった


483 :名も無き被検体774号+:2012/03/24(土) 18:19:25.36 ID:A1reIef0O
こわ…



☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ