【閲覧注意】怪談の森【怖い話】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

タグ:オカルト




486 :本当にあった怖い名無し:2008/11/08(土) 02:33:33 ID:IGP4OCugO
結婚したばかりの頃(15年前)、
新居に引っ越ししてから、毎夜金縛りにあったり、体調を崩して一年のうちに2回も入院… 
もしや家に何か憑いてるのか…そう考えて、親父の薦めでお祓いをしてもらうことにした。
親父曰く、「何も持って行かなくていいし、気に入らなかったら金はいらないらしいぞ」。 
まぁ半信半疑で、松本市民会館の近くにある祈祷所に行くことにした。

祈祷所で初老の女性に聞かれたのは、生年月日と氏名のみ。 
すると図書館ほどもある書庫から、一冊の本を持ってきてながめている。
「あなた昨年結婚しましたね?」
「??はい」
「奥さん、一つ年下の方?」
「はい」何でわかるんだろう…
すると、書庫からもう一冊本を持って来てながめている… 
「痩せて背の高い方ね、眼鏡かけてます?」
「はいー」もう何が何やら。

驚いたと言うか、怖かったのはその次の言葉でした。 
「奥さん、付いてきてるわよ、今も」
「え!?」
「あなたを苦しめているのは奥さんの生霊ね。
 浮気してると疑って、あなたを殺してやるって」

そうゆうの、結構あるらしいです。自分でも気付かない深層心理。
浮気をしてないかしら→浮気をしているかも→浮気をしたら殺してやる…と、なるらしいです。 

「生霊となって祟っている奥さんが一番危険。早く2人で話し合いなさい」

翌日、あったままを話したところ、金縛りにあうこともなくなりました。






☜1日1クリックの応援お願いします




790 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 22:55:22 ID:SPan0GCy0
これは小学校4年の時の話です。 
当時欲しい物があり、新聞配達のバイトをしてました。

ある日、新聞を配り終えて軽快に自転車をこいでいたのですが、
突然脇道から、ロウソクを持った老婆がスッっと出てきたのです。
ぶつかるっ!と思いブレーキをかけたのですが、間に合わずガシャー・・・あれ? 
今明らかに通り抜けた・・・
振り返ってみると誰もいない・・と思った直後のことでした。
すぐ後ろでガシャーーン!!!
見た先には、軽トラが壁にめり込んでました。
恐らくあのまま進んでいたら、軽トラと壁の間に俺が・・・
ちなみに、運転手は飲酒運転で即死だったようです。

これは老婆の霊?に助けられたのでしょうか。


791 :本当にあった怖い名無し:2006/10/21(土) 00:02:47 ID:sHF69HqJO
死神では? 


792 :本当にあった怖い名無し:2006/10/21(土) 00:27:10 ID:FNKMaFlE0
小学生の頃、ふと上を見ると、黒いボロ服着た男が降って来た。
声も出ないくらいの恐怖は、後にも先にもこの時だけ。
見晴らしの良い土手で、上から飛び降りる建物なんてどこにもない。
男は俺を捕まえようとする様に手を伸ばしてたが、
その横から白い着物を着た黒髪の女の人が3~4人、風が吹く様に男をさらって消えた。
腰を抜かした俺を、近所の親父が見つけて家まで運んでくれた。


793 :本当にあった怖い名無し:2006/10/21(土) 00:44:55 ID:sHF69HqJO
やっぱり死神では? 


794 :本当にあった怖い名無し:2006/10/21(土) 01:07:30 ID:FNKMaFlE0
>>793 
的確なレスにワラタ

死神とか天使とか悪魔って、メジャー過ぎて作り話っぽいけど、実在してるみたいだな。
かなり身近に昔から存在してる感じだ。
森久美子が悪魔に遭った話はかなり怖かった。


795 :本当にあった怖い名無し:2006/10/21(土) 01:14:46 ID:u9Xd6lcMO
>>794 
kwsk 


796 :本当にあった怖い名無し:2006/10/21(土) 01:22:56 ID:FNKMaFlE0
森久美子がNYにいた頃、街中で悪魔に会った。
気付いた瞬間に悪魔だと直感すると、そいつは森を見てニヤリと笑った。

その夜、森が自室に戻るとレコードが突然鳴り出す。
「OH、GOD」の歌詞だけがリピートされ、昼間に会った悪魔が現れた。
森は窓から外に引っ張られたが、体が突っ掛かって助かった。

 


☜1日1クリックの応援お願いします



282 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/03/01(水) 01:29:39.16 ID:TGQYQudI0.net
私が初めて幽霊と、それを見える人を信じた話。

私の地元では人が亡くなると、葬式とかに霊媒師みたいな人間が来るっていう決まり?伝統?のようなものがあった。
亡くなった人が身内に何を伝えたいか聞いてそれを伝えるっていう、よくテレビとかで見かける感じのやつ。
私自身そういうのは、怖い話やお化け屋敷とかの楽しめる範囲は信じてるけど、
いるかいないかで聞かれたら、いるわけないとかいう人間。
だから葬式の時にこういう霊媒師を見たら、適当なことでよく金が貰えるよって内心馬鹿にしてたし、軽蔑してた。
人の弱みを漬け込む悪徳商法と同じだと思ってからだ。


283 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/03/01(水) 01:37:29.15 ID:TGQYQudI0.net
だけど数年前、私を可愛いがってくれていた大好きな祖父が亡くなってから考えは変わった。

病院に寝泊まりしてたので一番最初に看取れた私は、母や叔父や叔母、いとこそっちのけで号泣。
祖父のベッドの傍に置いてある1つの椅子を占領して、ずっと泣きすがっていた。
母子家庭の私は、仕事でいつも相手してくれない母より相手をしてくれる祖父になついていたし、
祖父も他の孫に比べてしょっちゅう遊びに来る私を本当に可愛いがってくれた。
私はいい歳して、看護士に離れて欲しいと言われるまで離れなかった。
ロビーに出ても叔母から貰ったお茶を握って泣き続けた。


284 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/03/01(水) 01:41:13.45 ID:TGQYQudI0.net
それから大人たちが色々と進めていき、祖父は家まで運ばれて、スーツを着せられ、布団の上に寝かされた。
この時は祖父の大勢の知り合いたちが祖父に会いに来たので、また泣き続けることもできる。
私はずっと棺桶に入れる手紙を書いてた。
何度も何度も書き直して、書く度に涙が出てきて、紙はぐしゃぐしゃなのに結構な枚数になった。
この時の私はただただ、
夢枕でも幽霊でも何でもいいから祖父と話したい、今までのこと全てお礼が言いたいという気持ちでいっぱいだった。


285 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/03/01(水) 01:49:22.33 ID:TGQYQudI0.net
そして次の日、祖父の葬式が行われた。
昨夜よりも多くの人間が来て、当たり前なのに驚いて何故か笑った。
じいちゃんってこんな知り合いいるのかぁって、ツボでもないのに声も出さずに笑う。
その後、また地元の儀式みたいなもので火葬する前に色々燃やしたりするのをやり、
それが終われば普通の葬式みたいにお別れしたりして物をいれてくやつ。
数日前から散々泣いてたからその時は泣かなかったけど、
火葬場移動する車に乗ったときにまた出てきそうになって、着いた時にはまた号泣した。


286 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/03/01(水) 01:53:34.69 ID:TGQYQudI0.net
泣いてばっかだな、嫌だな、でも最後の最後は泣かずに見送れてよかった。
そんなことを考えてたけど、火葬場の火葬する小部屋のようなもの?の前まで身内はついてこれるらしいので、
私は結果的に泣き笑いを見せることになった。
この時点でもう私は幽霊でも何でもいいから祖父に会いたいと思ったし、
とにかくまた生きてる姿の祖父を一目見たかった。
そんな時に来たのだ、霊媒師が。


287 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/03/01(水) 02:00:57.42 ID:TGQYQudI0.net
その人はどこにでもいるスーツを着ていた人なので、てっきり火葬場の職員かと思ってたのだがそれは間違いで、
母がそっと霊媒師の人で叔父の同級生だと紹介した。
私は失礼ながら同級生って単語で一気に白けた。どうせ安くなるから頼んだだけで、なんちゃってのやつだろ。
霊媒師の人間に色々祖父ののとを聞こうと思ってた分、私はその人に対して一方的な怒りを向けていた。
そうとも知らずそいつは叔父とまぁ話し込む。
それだけのことなのに私は、偉そうに凡人は消えろとか思った。


288 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/03/01(水) 02:07:51.00 ID:TGQYQudI0.net
それからその霊媒師は、先に叔父叔母に色々と祖父の伝言を伝えているようだった。
私からすればそれは、ありきたりで誰でも言えるものに聞こえた。
例えば叔父に対しては、
「○○さんの娘さんいるでしょ?△△の子供が生まれる前に死んだのが…」
これも、娘さんがフェイス○ックとかに近況を載せてるので他人でも知れる。
ましてや同級生、そういうことはすぐ知れるだろう。
そんなことが続いて私はイライラしていた。
孫の私にはどうせ卒業式見れなくて残念とかか?ウェディングドレス姿見たかったとかか?ひねくれて考えてた。


289 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/03/01(水) 02:17:10.44 ID:TGQYQudI0.net
霊媒師が今度は私と母の所に来たので、さっさとくだないことを終わらせろって思いながら頭を下げてお願いした。
霊媒師はすると急に「ちょっとまって」といって、真剣な顔をして私の名前を聞いてきた。
「ごめんね。あなたは私ちゃんだよね?」
「はいそうです」
「ごめんね、祖父さん私ちゃんの名前いっぱい出してるけど伝えたいことが多過ぎて…もうちょっと待ってて」
この時内心、一人に対して違うパターン作って信憑性を上げる気かと思いながら、大丈夫ですよと愛想笑いした。
恐らく親戚の人皆が知ってる部活のことと予想を立ててた。


290 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/03/01(水) 02:30:45.80 ID:TGQYQudI0.net
だけどこの霊媒師は次の瞬間、私と祖父しか知らないことを話した。
それは私が今度の誕生日プレゼントにってお願いした約束から、私が悩んでる部活の人間関係のことだ。
祖父は普段から寡黙なのでこういうことを他人に話したりしない。私もSNSをしないし他人にはわからない。
気付いたらまた泣きそうになった。
そして霊媒師の人は最後に私が信じざるえない一言を付け足した。
「さっき棺桶に入れてくれた手紙の二枚目の約束のこと、守れないでごめんなさい、と」
手紙は誰にも見せずにすぐ封筒に入れたのりをつけて閉じた。それからずっと自分で持ってて誰も見ることはできない。
私は全く信じてない霊媒師に向けて「そんなことないよ今まで本当にありがとうって伝えてください」って早口で伝えた。


291 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/03/01(水) 02:38:31.93 ID:TGQYQudI0.net
霊媒師は「あなたたちの声は祖父さんに聞こえますから、私がいなくても大丈夫ですよ」と言った。
それに安心したら、霊媒師は「だから」と話を続けた。
「祖父さんさっきからずっと、私ちゃんが泣いてることと会いたがってることを気にしてるよ。
 私ちゃん、ずっと悲しんでると祖父さんずっとここにいちゃうよ。未練があったらね、祖父苦しんでここにいるよ」
数日前から泣いてる自分を思い出した。
一人きりになっても泣いて、人がいても泣いて、何で優しい祖父が心配してると考えなかったのかと反省した。
こんなに心配かけたら未練になるだろう。私は時間差できた恥ずかしそうに涙を引っ込めようと奮闘した。
霊媒師は伝えるだけ伝えると他の人の所に向かった。

これが私の幽霊を信じるきっかけの話で、霊媒師は次の出来事で決定的になりました。


292 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/03/01(水) 02:55:09.30 ID:TGQYQudI0.net
祖父が死んでから時が経ち、最近母が一家で昔からお世話になってる老人の霊媒師の元へ行きました。
母曰く、かなり信用できる人らしく、地図を持ってどこの方角に引っ越した方がいいか聞きにいったとか。
祖父の一件があってから地元の霊媒師に信用があった私は、母が霊媒師の所に行くのを止めずに見送りました。

それからは母が帰宅してきたので、早速霊媒師がどうだったか聞きました。すると母は色々話す。
「方角は○○はよくて、△△は危ないって。あと他のことも聞いてきた」
「他のことって?」
「…実は娘さんが、悪い友達のせいで悪い方に行くんだって」
当たり前のことじゃねえか何だそれ。そういうと母は反論する。
「でもあんた前に、旧友ちゃんも話してたでしょさっき?あの子ちゃんとしてはないでしょ…」
「一ヶ月以上前だしその子今県外でなかなか会えないよ。その霊媒師はいつされるとか言った?」
「言ってないけど…でもほら!今年の正月にご先祖様が果物お供えしてくれてありがとうって言ってたって!」
「何で果物あげたんだって怒る先祖はいないでしょ」
霊媒師は怪しい。会ったことないけど、その後も出てくる報告が適当な助言や先祖シリーズばかり。
こういうインチキな人もいれば、本物もいるんだなと思った。

これか私が霊媒師を信じるきっかけ話。
母も叔父叔母もは相変わらずそのインチキ霊媒師を信じてるってのが、私にとっての怖い話です。




オカルトランキング




18 :(1/2):2010/06/01(火) 01:38:04 ID:QpILxyH5
我が家には私所有のマグカップが大量にある。 
ブランド物だとかコレクションだとかそういうのではなくて、 
ただ好きで最初にいくつか持っていたのを見た友人が、集めているのだと勘違いして、
余ったのやいらないのをくれたりしたのが原因。 
なので大量にあるけど、別にすごく大事だったりする訳ではない。 
むしろ置き場所に困るので、少しくらい誰かにあげたりしたいくらいだ。 

…という話をした翌日、マグカップがごそっと盗まれた。 
窓をこじ開けた形跡があったし、
何よりもマグカップの中に、一つだけ友人の形見というすごく大事な物があったので、慌ててKに通報した。 
すぐKは駆けつけてくれたけど、有力な手掛かりは得られず、何か分かり次第連絡するということになった。 


20 :(2/2):2010/06/01(火) 01:40:09 ID:QpILxyH5
三日後、ご近所の奥さんAが、旦那さんと泣きながら謝りに来た。 
「ほんの出来心で大変申し訳ない事をした、謝っても謝り足りない。 
 どんな償いもそちらの言う通りにするから、頼むからあの祟りを止めてほしい」
祟り!?一体どういうことだ、もしや友人が陰から私を守って…
などとパニックになりながら色々脳裏をよぎるが、どうやら違う模様。 

Aが言うには、マグカップが置いてあった棚に飾ってあった人形も一緒に持ち帰った。
その日から毎日夢に人形が出てきて、『おうちに帰して~』と泣くらしい。 
最初はただの夢だと思ったが、A夫も同じ夢を見るわ、A子は急にオカルトじみた事を言い出すわで、
怖くなって盗品を全て返しに来たそうだ。 

そういえばそんな人形もいたよ…すっかり忘れていた…
この人形、うちの祖父が亡き祖母の形見としてずっと可愛がっていたもの。 
祖父の死に際して貰うなら女孫がいんじゃね?と親族が適当に私に押し付けた。 
以来ずっとうちの棚の端っこに鎮座している、オカルトの欠片もなかったフツーの人形。 
まさかじーちゃんの人形がここで来るとは…と謎のインパクトに襲われた。
マグカップも全て綺麗なままで返ってきたし、心底反省してるようだし…と、
窓の修理費用と念書とちょっとの慰謝料で済ませた。

全て解決したのはいいのだが、じーちゃん、孫は急にこの人形が怖いです…




オカルトランキング



244 :可愛い奥様:2009/12/17(木) 09:57:25 ID:UqaPx9Mi0
うちの近所では、左回りにグルグルと螺旋を書くように順繰りに死人が出た。
昭和50年代に開墾された住宅街で、同世代ばかりなのだけれども、
31歳の長男を亡くした家もあれば、16歳の娘さんを亡くした家もあり、世代的な問題ではなさそうだった。
祟りを危惧して引っ越した家もあったが、そこのうちの主人も引っ越し先でまだ54歳なのに急な脳梗塞で亡くなった。

とうとううちの番になった。父が大腸ガンになった。
みんな覚悟を決めた。しかしうちの父は助かった。
リンパへの転移も一切なく完全に回復した。
左回りの死に神は、父をすっとばして隣家へ行ってしまった。

実はその時には、
『従兄弟同士に3人同い年の子供がいると、3人とも50代までに全滅する』
といううちの家系のジンクスがあって、
父と同い年の『父の従兄弟』が2人が次々と死んだ。
しかし父は助かった。

母方の実家では道路工事のために、動かしてはいけないと言われた先祖代々が祭る祠を動かした。
地元の霊媒師に、祟りで身内が3人死ぬと言われた。
たしかに母方の伯父2人が次々と死んだ。白血病と胃ガンだった。
しかし父は助かった。

父の所で祟りの三つ巴が起ったのか?
実はあの世の戸籍では、父はもう鬼籍に入っている事になっているのかもしれない




オカルトランキング

↑このページのトップヘ