【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

タグ:中国





20 :本当にあった怖い名無し:2007/11/15(木) 19:27:20 ID:Tsf8ioss0
うちは田舎のある村で、ほんの数年前まで商店をやっていた。
何代か続いたお店だったが、スーパーの影響で閉店に追い込まれ、父が最後の店主だった。
父の先代はAさんという。
Aさんは若くして店を継ぎ、嫁さんをもらった。その嫁さんが俺の祖母だ。
でもAさんは祖父ではない。Aさんは祖母と結婚後、まもなくして亡くなってしまった。
祖母は店の跡取りを作るため、婿を取ったのである。この婿どのが俺の祖父だ。
つまり、うちはAさんの姓こそ名乗っているものの、Aさんの血を引く人間は誰もいないのである。

祖父は一家そろって満州にいたらしい。
で、戦争に負けて祖父だけが帰ってきた。
身寄りのない祖父は喜んで婿に来たという。
(うちの地方では、婿に行くのは男としてとても恥ずかしいことだと言われている。なので婿は名前で呼んでもらえず「○○んちの婿」とバカにした感じで呼ばれる)

俺が中学生の時のこと。
満州で離れ離れになり、生死も分からなかった祖父の弟が見つかった。
いわゆる中国残留日本人というやつだ。
ただ、残念ながらすでに亡くなっていて、遺品などから身元が判明したそうだ。
弟さんには息子がいて、その息子さんが来日することになったのである。

来日直前、息子さんからの手紙で我が家は大騒動となった。
なんでも祖父の弟さんは遺言で「兄の行方がわかり、もし日本にいるか日本で埋葬されているなら、自分の骨を持っていって日本に埋めてほしい」と言っていたらしい。
そのため、息子さんは来日の時に骨を持ってくるという。


21 :本当にあった怖い名無し:2007/11/15(木) 19:28:05 ID:Tsf8ioss0
婿に来る前の祖父の家の墓はすでにどこにあるかもわからない。となると、うちの墓に入れることになるわけだが、墓に入っているのはAさんとAさんのご先祖様だ。
果たしてそこに血のつながりもなければ、Aさんたちが会ったこともない人の骨を入れてもいいものだろうか?
両親や祖母、叔父や叔母たちは一様に困り、答えを出しかねていた。
「反対というわけではないが、どうなのだろうか…。まして姓も違うわけだし…」

うちの墓の近くに新しいお墓を買って、そこに入ってもらおうということで決まりかけた。
だが、祖父が猛反対した。
「ワシは婿に来たから、うちの墓に入る。となると、死んでからも弟とは離れ離れじゃないか!弟を未来永劫ひとりぽっちにするのか!頼むから弟もうちの墓に入れてやってくれ」
この一言で、うちの墓に入れることが決まった。
お寺さん(うちでは寺のお坊さんのことをこう呼ぶ)に相談したら「それほど問題はないんじゃないか」という答えだったのも決定を後押しした。

弟さんの息子が来日し、村を挙げての歓迎式典、納骨が無事に終わった。
息子さんはその後、1週間以上日本に滞在し、俺も行ったことがなかったディズニーランドにも行ったそうだ。

22 :本当にあった怖い名無し:2007/11/15(木) 19:28:36 ID:Tsf8ioss0
息子さんが帰国して数日経ったころ、祖父が「写真を送ってやりたい」と言い出した。
式典や納骨の時に役所の人がいいカメラで写真を撮っていてくれたのだが、なかなかその写真を持ってこない。
役所の人と父は釣り仲間なので、父が写真がどうなっているのか問いただした。
「よく撮れなかった」とか「いい写真がない」などとはぐらかして、なかなか写真を見せようとしない。
「じいさんが楽しみにしてるんだから、いいから見せろ!」と父が怒って、やっと見せてくれることになった。

その場所はなぜかお寺。お寺さんが、たいそうな箱に入れた写真を見せてくれたそうだ。
何十枚とある写真のうちのひとつ、お墓の前で全員集合した写真を見て、父は気を失いそうになったという。
喪服を着た親族が並んでいるのだが、なぜか顔だけがぐにゃぐにゃになっている。
服や背景は普通に写っているのに、なぜか顔だけがぐにゃぐにゃ。しかも全員。

「だから見せたくなかったんだよ」と役場の人はため息まじりに言ったそうだ。
お寺さんが「この写真はおじいさんに見せないほうがいいでしょう。こちらで丁重に扱いますから」とのことだったので、その写真はお寺さんに預け、残りの写真はもらってきた。
俺も見たかったがお寺さんは「もう焼いた」と言って絶対に見せてくれなかった。

祖母にこれを伝えたら「このままだと絶対に良くない事が起こる!」と言い出したので、祖父には内緒で弟さんの骨を墓から出し、新たに墓を購入して移した。
去年、祖父が亡くなったので、親族一同さんざん悩んだ末、祖父の骨はうちの墓ではなく弟さんと一緒の墓に入れた。
祖母はまだ健在だ。
祖母に「Aさんが眠る墓と祖父が眠る墓、死んだらどっちに入れて欲しい?」と聞いたら、自分のことはすっかり忘れていたようで、本気で悩んでいた。
俺もいずれどっちかに墓に入るわけだが、どっちに入ったらいいのだろう。
みんなで新しい墓に入ったら、やがてうちの子孫はAさんの墓のことを忘れてしまうような気がして不安だ。



☜1日1クリックの応援お願いします




430: 本当にあった怖い名無し:2011/11/06(日) 16:46:42.41 ID:/7JjcaT80

中国で体験した怖い話
今仕事で中国に住んでいます。
ここで観た事や体験したことを書きます。

・近所の天使像
住んでいるアパートから歩いて5分のボロ住居の前に、
高さ60cmくらいの石膏製の天使像が置いてあった。
まあそこそこ見栄えのする像だったが、なんとそこの住人は汚いモップ干しとして使用w
上品な天使とその頭に掛けて干されている汚いモップが、
なんともいえないコントラストをかもし出していた。

ところが、2,3年前から天使像に異変が発生。
両目から血の涙のような跡がつくようになった。
天使の膝元に子供がいるデザインなのだが、子供の両目からも血の涙
を流した痕跡がある。そして日増しにその量は増え続け、
天使と子供の顔はもはや血まみれといった有様だった。

日本人なら目を覆いたくなるような状態の像だったが、そこは中国人w
何も気にしていないようだったが、モップ干しの
張本人と思われる掃除のばあさんが突然発狂急死してから事態は急展開。
ボロ住居の主人が誰かに、こんな不吉な像は捨ててしまいなさいと忠告されたらしく、
即日天使は首をたたき折られて近くの畑に廃棄された。
今でもその像は畑に捨てられたままだが、以前にも増して嫌な雰囲気を漂わせている。

・自室のテレビ
ある日、自室に置いてあったテレビがバチッと音を立てて画面が映らなくなった。
中国のテレビ番組は言葉がまったく判らないため、エロDVD鑑賞専用に使っていたものだw
ところが、映らなくなった画面を改めて見てみると、ひとつの大きな手形がついていた。
しかも形が不自然と思ってよく見てみると、指の数が全部で八本あった。
そのときは驚き2chに投稿するも、自分でやったんだろwと誰にも信用されず。
手形を写真に撮影した後、雑巾でふき取ったが、
何か油のようなものが凝り固まった後のような手形で、力を入れて苦労してふき取った。

自分の部屋にこんな妖怪みたいなのがいたなんて、自分でも信じたくないし。

まだあるけど、需要があれば書きます。


434: 430:2011/11/06(日) 17:28:06.51 ID:/7JjcaT80
・嫌な色のマンション
同じ中国在住の日本人同僚の知人がマンションを買ったと聞いた。
同僚曰く「安かったけど、でも何かすごく変な色のマンションなんだよね」
同僚は知らなかったが、実はそのマンションのことを俺は知っていた。

そのマンションは、昔中国の文革時代の処刑跡地に建てられた物件らしい。
当初はまともな色合いの物件だったが、
その後マンション内のあちらこちらで幽霊騒動など怪事が相次ぎ
挙句の果て、変死者や自殺が多発するようになって、風水師に相談したらしい。

その苦肉の策が、何とも言えない強烈かつ嫌な色でマンションを塗りつぶし、色の呪力で
怨霊を抑えるというものだったらしい。

その事実を同僚に教えてあげたのは言うまでもないw


442: 430:2011/11/06(日) 18:38:14.10 ID:/7JjcaT80
・天使像の理由
>>430のボロ住居の天使の話だが、その家の住人たちは時に犬を常食していたらしい。
近所で野良犬の姿が見えなくなると、ああまたあの家か、てな感じだった。
ところが、そのボロ住居の住人は毎年春になると凶暴になる病気?にかかることが多く
医者も原因がわからず、お手上げ状態だったようだ。

その住人の言うことによると、その住居には夜になると犬が入ってくるらしい。
しかもその犬はこの世のものではなく、右半身と左半身にきれいに切り分けられた
半身の状態で入ってきてその住居の住人をじぃっと見ているそうだ。

そんなこんなで魔よけのつもりで置かれたのが、くだんの天使像だと聞いた。





☜1日1クリックの応援お願いします




430: 本当にあった怖い名無し:2011/11/06(日) 16:46:42.41 ID:/7JjcaT80

中国で体験した怖い話
今仕事で中国に住んでいます。
ここで観た事や体験したことを書きます。

・近所の天使像
住んでいるアパートから歩いて5分のボロ住居の前に、
高さ60cmくらいの石膏製の天使像が置いてあった。
まあそこそこ見栄えのする像だったが、なんとそこの住人は汚いモップ干しとして使用w
上品な天使とその頭に掛けて干されている汚いモップが、
なんともいえないコントラストをかもし出していた。

ところが、2,3年前から天使像に異変が発生。
両目から血の涙のような跡がつくようになった。
天使の膝元に子供がいるデザインなのだが、子供の両目からも血の涙
を流した痕跡がある。そして日増しにその量は増え続け、
天使と子供の顔はもはや血まみれといった有様だった。

日本人なら目を覆いたくなるような状態の像だったが、そこは中国人w
何も気にしていないようだったが、モップ干しの
張本人と思われる掃除のばあさんが突然発狂急死してから事態は急展開。
ボロ住居の主人が誰かに、こんな不吉な像は捨ててしまいなさいと忠告されたらしく、
即日天使は首をたたき折られて近くの畑に廃棄された。
今でもその像は畑に捨てられたままだが、以前にも増して嫌な雰囲気を漂わせている。

・自室のテレビ
ある日、自室に置いてあったテレビがバチッと音を立てて画面が映らなくなった。
中国のテレビ番組は言葉がまったく判らないため、エロDVD鑑賞専用に使っていたものだw
ところが、映らなくなった画面を改めて見てみると、ひとつの大きな手形がついていた。
しかも形が不自然と思ってよく見てみると、指の数が全部で八本あった。
そのときは驚き2chに投稿するも、自分でやったんだろwと誰にも信用されず。
手形を写真に撮影した後、雑巾でふき取ったが、
何か油のようなものが凝り固まった後のような手形で、力を入れて苦労してふき取った。

自分の部屋にこんな妖怪みたいなのがいたなんて、自分でも信じたくないし。

まだあるけど、需要があれば書きます。


434: 430:2011/11/06(日) 17:28:06.51 ID:/7JjcaT80
・嫌な色のマンション
同じ中国在住の日本人同僚の知人がマンションを買ったと聞いた。
同僚曰く「安かったけど、でも何かすごく変な色のマンションなんだよね」
同僚は知らなかったが、実はそのマンションのことを俺は知っていた。

そのマンションは、昔中国の文革時代の処刑跡地に建てられた物件らしい。
当初はまともな色合いの物件だったが、
その後マンション内のあちらこちらで幽霊騒動など怪事が相次ぎ
挙句の果て、変死者や自殺が多発するようになって、風水師に相談したらしい。

その苦肉の策が、何とも言えない強烈かつ嫌な色でマンションを塗りつぶし、色の呪力で
怨霊を抑えるというものだったらしい。

その事実を同僚に教えてあげたのは言うまでもないw


442: 430:2011/11/06(日) 18:38:14.10 ID:/7JjcaT80
・天使像の理由
>>430のボロ住居の天使の話だが、その家の住人たちは時に犬を常食していたらしい。
近所で野良犬の姿が見えなくなると、ああまたあの家か、てな感じだった。
ところが、そのボロ住居の住人は毎年春になると凶暴になる病気?にかかることが多く
医者も原因がわからず、お手上げ状態だったようだ。

その住人の言うことによると、その住居には夜になると犬が入ってくるらしい。
しかもその犬はこの世のものではなく、右半身と左半身にきれいに切り分けられた
半身の状態で入ってきてその住居の住人をじぃっと見ているそうだ。

そんなこんなで魔よけのつもりで置かれたのが、くだんの天使像だと聞いた。




☜1日1クリックの応援お願いします





305:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/05/09(土)19:11:02.36ID:Fk5mkV6fO.net
私の初海外は中国の杭州。
ツアーで行ったんだけど、ある寺院に行った時、幾つか建つお堂の1つに置かれた仏像から変なものが出てきたのを見た。
手足の異常に長い僧侶。

それは私の方へゆらゆら揺れながら来ると何か話しかけてくる。
中国語を勉強していたので聞き取れた。
しかしなぜか私はその時、
「見えない振りをすれば危害は加えられない」
と思い、近くにいた仲間に
「あの景色きれいですねぇ」
とか話しかけた。

その僧侶(?)は私に向かいもちろん中国語で色々話すが、私は見えない振り聞こえない振りをしていた。
すると僧侶(?)は
「見えていれば帰らせなかった」
と言い、またゆらゆら揺れながら仏像の中に入っていった。

すると鐘の音が鳴り、僧侶たちがお堂へ入っていく。ガイドさんが
「そろそろ読経の時間のようです。邪魔にならないよう帰りましょう」
と言い、みんなそこを後にした。
僧侶たちは一体何に祈っているんだろう。あれは絶対に仏ではない。

ちなみに後少しで死ぬかもしれないアクシデントはあったが、無事に回避でき帰国できた。
その3日後、テレビには中国各地の抗日デモの様子が映った。
もしあの時、
「あれは何?」
とかその僧侶のことを誰かに言っていたら、私は今ごろ生きていただろうか?



313:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/05/09(土)21:10:27.57ID:F9cDgN6s0.net
>>305
見えない振りをしている間、中国語で何を言われたかは覚えてないのかな?



315:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/05/09(土)21:22:48.71ID:Fk5mkV6fO.net
>>305です
全部聞き取れた訳ではないけど、「名前は?」「どこから来た」「ここで何をしてる?」など。
ぼそぼそとした声なので聞き取れたのはこれくらい。

でもびくびくしたりは不思議となく、「返事はしちゃダメ。聞こえないふり、見えない振り」と近くにいた仲間捕まえて、僧侶を指差しながら、その後ろの山々の景色を「きれいね」と言い合ったりしていた。
僧侶(?)は顔をキス寸前まで近づけてきたが、知らないふりしてさりげなくよけたりしていた。
山寺だったからなぁ、何かいたのかな。

しかし僧侶(?)が入り込んだ仏像に向かい礼拝する修行僧たちを見た時、
「この人たちには見えているのか。あれは仏じゃない」
とぞっとした


☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ