【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

タグ:住職



128 :本当にあった怖い名無し:2018/01/15(月) 11:34:08.63 ID:rZfZOc+M0.net[1/2]
死んだ爺さんの最期の悪戯

30年ほど前の元旦、豪雪地帯のド田舎に暮らしている父方の婆さんから「爺さんが死んだ」と電話があった
婆さんがちょっと目を離したスキにモチを詰まらせ、気が付いたらポックリ逝ってたとのことだ
すぐに全国から親族が集まり、総勢40人ほどが一堂に会した
みんな突然の爺さんの逝去に取るものもとりあえず駆けつけたという慌てっぷりだった
なので足りないものは現地で買うことになる

加えてド田舎であるがゆえに火葬場やお寺はまだしも、葬儀屋や仕出し弁当等が手配できなかった
しかしボケて引退したとはいえ爺さんはかつてこの集落をメインに坊さんをやっていた
その影響でどれほど徳があるのか知らんが、婆さんもお経をフルコーラスで読破できるようになっていた
よって婆さんの指示で通夜から火葬まで、全てを執り行うこととなった

食事一つとっても40人分となるとそこは戦場
「あれがない!」「大至急これ買ってきて!」と簡単なお使いに何度も行かされた
気が付けば野戦病院のような、台本無し&ぶっつけ本番&ぬるぽな葬儀はどうにか終わった
大往生だったこともあり、悲しさよりも「やっと終わった」「皆さんお疲れさま~」という安堵感が漂い始めた

ここで大人が我々子供の存在に改めて気づく
「正月だというのにお年玉もなくてごめんなさいね」と
いやいや、いくら子供とはいえそれぐらいの分別はついている
とはいえ貰えるものは素直にほしいと思うのもまた子供だw

ふと一人の叔母さんが俺に「まずこれで福引を引いてきてほしいの」と頼んできた
見ればコンビニ袋にどっさりと福引券が
総額は不明だが、葬儀に際して商店街に80万ぐらいは落したのではないかとのこと
チリも積もればとはいうものの、それにしてもよくこんだけ福引券が貯まったものだ

買い物をしたのは婆さんのいるA村字B商店街だが、抽選会はA村メイン商店街で行われていた
「字Bの○○爺さんのお孫さんでしょ?せめて遅い福が当たるといいね」と言われたことを覚えている
巨大な抽選箱に手をつっこむとすぐに異変があることに気付く
俺が自分の意志で券を引く前に、箱の中に手があって「これを掴め」と別の券を押し当てるように薦めてくる
なぜか不思議と怖い感じはしなかった
むしろそうするのが当たり前であるかの如く、「あ、これ爺さんの悪戯だなw」と自然に受け入れた

最初の一枚がいきなり\5,000の商品券だった
その後も手に誘導されるままに引いたらほとんどハズレなし、さらに\30,000、\50,000と高額当選が連発
そしてついに一本ずつしかない一等の\100,000(商品券)と特等の大型テレビを射止めてしまった
最初の内は「おめでとうございま~す」とカランカラン鳴らしていた商工会の人も、後の方は(゚д゚)ポカーン だった

当初の福引券並に嵩張った商品券をドッサリ持ち帰ったらみんな大喜び
字B商店街に費やした分はほとんどプラマイゼロ、大型テレビ含めたら思いっきり黒字だったそうだ
商品券はA村でしか使えないので婆さんにプレゼントし、代わりに婆さんからたくさんお年玉をもらった
文字通り盆と正月と葬式が一度にやってきたお祭り騒ぎとなった

さて、故人の爺さんだが
生前は「素晴らしいお坊さん」「あんななまぐさ坊主」と人によって評価はバラバラだった
どうも好き嫌いで仕事を選んでいたらしく、嫌いな檀家の所は平気でスッポかすわ二日酔いで行くわ
逆に気に入った檀家からはほとんどお布施を受け取らず、またもらったとしても檀家と一緒に飲み明かしたり
だから僧侶とは名ばかりで、いつも貧乏して婆さんは苦労していたらしい
あの福引は「婆さんには特に迷惑かけたからなw」と最期の懺悔のメッセージだったのだろうと思ってる




オカルトランキング




981 :本当にあった怖い名無し:2012/09/15(土) 00:33:04.45 ID:c6QxC2hC0
大学の頃、祖父が変な霊能力者のババアにはまったことがあって、 
俺も「一回見てもらえ」とか言われて連れて行かれたことがあるのね。
高級マンションに住んでて、金の仏像とか並べてる胡散臭いババアだったんだけど、
そのババアは死んだ人間の声が聞こえるとかいうやつで、俺が「水子に祟られてる」とか言ったの。 
で、確かに俺長男なんだけど、俺生む前に母親が流産してて、本当は生まれる筈だった兄貴がいるのね。 
その兄貴が俺を恨んでると。
で、その言葉を聞くとか言い出した瞬間、部屋に置いてあった仏像の首がボキッて取れた。
微妙な空気になって、結局水子がどうとかいうのもうやむやになって終了。


982 :本当にあった怖い名無し:2012/09/15(土) 00:37:28.62 ID:c6QxC2hC0
んで、俺はダイビングやってて、次の日伊豆に友達と潜りに行く予定だったんだけど、夜中に電話があったの。
夢かもしれないけど、確かに電話を取った記憶がある。 
そしたら、男の人から電話で、その時は「ああ、こいつかー」って思ったけど、 
一緒に行く予定だった友達じゃないし、後から思い起こすと誰だか全く分からないのね。 
ともかく、電話に出たら『俺明日予定が出来たから行かないわ。お前も行くなよ』って言われて、
何だかじゃあ俺も行くのやめようって思って、本当に行かなかったの。 
そしたら、後からそのダイビング出た船が転覆して、友達も危うく沈みかけるって事故が起きて、本当にビビった。


983 :本当にあった怖い名無し:2012/09/15(土) 00:42:27.17 ID:c6QxC2hC0
考えてみると、俺幼稚園の時にトラックにはねられたけど無傷で、
小学生の時はビルの二階から落ちたけどランドセルがクッションになって無傷で、 
高校の時は海で流されかけたけど、ボートに拾われて助かって、
なんか今までに凄い命拾いしてるのよ。
それって、本当は生まれる筈だった兄貴が俺を助けてくれてて、
きっと夜に電話してくれたのも兄貴で、 
霊能力者のババアが祟ってるとか適当なこと言ったから、怒ったんじゃないかなと思ってる。 

その話を地元の寺でしたら、
「水子ってのは俗世に出てないから、生まれた瞬間仏様みたいなもんで、間違っても自分の兄弟を祟るなんて事はない」
って住職に言われて、何だかいつも兄貴が守ってくれているみたいで凄い落ち着く。
 
☜1日1クリックの応援お願いします




176 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/09/22(木) 02:37:31.42 ID:9Aks+Iff0.net

おばあちゃんの葬儀を父の知り合いの葬儀社でお願いしたんだけど、
葬儀から二週間くらいたったくらいに葬儀社から電話がきて、おばあちゃんが葬儀社に居ついてしまい困っていると言われた。
会館の人が作業していると後ろに立っていたり、ドアの隙間からこちらを見ていたり、祭壇の裏や地下駐車場に隠れていたり。
ばあちゃんの葬儀の後に親族控え室(泊まれる)を使った人からも、
何かがいる気がして落ち着かないと、クレーム的なものが数件あったらしい。 
費用はこちらで負担するから、もう一度ご住職を読んでお経をあげようと提案されて、 
もう一度家族で会館に出向き、ご住職に読経をあげてもらった。 
それからしばらくは何もなかったみたいなんだけど、 
今度はうちの母親が、おばあちゃんが夜中に部屋を覗くと言ってノイローゼみたいになってしまった。 
夜中に寝ていると、静かにドアが開いて、隙間からおばあちゃんが部屋を覗くらしい。 
同じ部屋に寝ている父も、おばあちゃんの姿は見えないけれど、ドアが開くのは何度も見ていた。 
またご住職を呼んだけれど、おばあちゃんは部屋を覗くのをやめなくて、父と母は家を人に貸してアパートにうつった。 
人に貸してる家の管理会社に弟が勤めているけど、今のところクレーム的なものはないみたい。


177 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/09/22(木) 06:26:28.71 ID:HizMOAXp0.net
俺葬式の時に家が神道な関係で爺ちゃんの棺桶と同じ部屋で一晩過ごしたけど何も無かった


178 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/09/22(木) 07:55:22.58 ID:9Aks+Iff0.net
>>177 
うちは浄土宗なんだけど、葬式の時はなんてことなかったんだよ。 
なのになぜ葬儀屋に出ちゃったのか不思議でならないよ。 

母親のは思い込みのような気もするけど、
ドアが開いたのを見てからは父もげっそりするし。 
今まで寝ていた母が、ドアが開いた瞬間起きて、来たでしょ?って聞くのがたまらなかったみたい。 
父も、ドアが開く時は自然と目が覚めてしまうんだって。 
一階にある和室の一つを祖母の部屋、襖続きのもう一つを弟が使っていたけど、そちらはなんともなかったみたい。


☜1日1クリックの応援お願いします




835 :sage:2013/12/15(日) 12:53:53.06 ID:GwLaR/zD0

七歳の時、五歳の弟と一緒に、親に七五三参りのために神仏習合?のとこへ連れていかれた。
参道を歩いてたら、金ピカ衣装のお坊さん?(あの恰好は神職ではないと思う)に、
「この子たちはあまり知恵をつけないほうがいいですよ」と話しかけられた。
坊さんはわたしと弟の頭の少し上あたりをやぶニラミみたいにしてて、
不意に頭をなでてきたかと思うと、北斗の拳の秘孔をつくみたいな感じで頭頂を指で叩き、何かをはらう仕草をした。


836 :本当にあった怖い名無し:2013/12/15(日) 13:00:03.58 ID:GwLaR/zD0

坊さんはまた「勉強させないで伸び伸び育てて下さい」と言い、
親は「どういうことですか?」とか本気にしちゃって、
わたしは不信感もって坊さんをにらんでたら、
「聞こえないところで話しましょう」とどっか行ってしまった。

わたしと弟はその日から能力が弱くなって、その坊さん?をうらんでいる。



837 :本当にあった怖い名無し:2013/12/15(日) 13:03:42.97 ID:GwLaR/zD0

実はわたしも弟も局地的に雨ふらせたり、動物の言いたいことがわかったり、
夜寝る前にお気に入りの絵本を枕元において、夢の中で本の世界で一緒に遊んだりとか、
普通にできていた。坊さんが余計なことをするまでは。


838 :本当にあった怖い名無し:2013/12/15(日) 13:08:36.90 ID:GwLaR/zD0

坊さんの言葉のせいか、一度も「勉強しなさい」と言われたことがない。
それどころか、高校受験が近づいた年の夏休みとか冬休みに、
「お母さんの知り合いのところでバイトできるから」と中学なのに働きにいかされ、受験勉強の邪魔までされた。


839 :本当にあった怖い名無し:2013/12/15(日) 13:13:43.09 ID:GwLaR/zD0

貧しかったわけではないのに、「大学なんかいくな」と進学には絶対反対された。
大人になって一人暮らしするようになり、元凶の坊さんに文句を言おうかと思って調べたら、
「その人はついこの前亡くなりました」と知らされた。

それから徐々に能力が戻りつつある。
でも、わたしたちは本当はどういう人生をおくるはずだったのか、なぜあんなことを言ってきたのか、
永久に謎のままで釈然としない。


844 :本当にあった怖い名無し:2013/12/16(月) 02:21:32.91 ID:EMSTYj0O0

>>839
戻ってきた能力で坊さんか何かに聞くのは無理なんですか?


845 :本当にあった怖い名無し:2013/12/16(月) 07:54:26.68 ID:gFAlnxIk0

雨を降らすって地味なようでわりと壮大な能力だよな
雨雲を呼ばなければいけないし、天気図とか衛星雲画像見て雲がなかったら、絶望的な気分になりそう


847 :本当にあった怖い名無し:2013/12/16(月) 16:39:12.57 ID:xDx/GnTD0

>>844
霊媒みたいな系統の能力はないので・・・

>>845
きっかけは、田畑をもってた祖父母が日照りに困って、お地蔵さんに「雨がふりますように」って祈ってたのをまねしてたら、
「雨ほしいの?あまりたくさんじゃなければいいよ」って、見たこともない子供に話しかけられて、
その子に頼むと局地的なら雨くれたんですよね。
自力で雨雲よんでみたら、台風きちゃって祖父母が悲しんだことがあって、
二度とやりませんでした。(作物がだいぶダメになった)


848 :本当にあった怖い名無し:2013/12/16(月) 16:50:22.07 ID:xDx/GnTD0

子供の頃って程度の差こそあれ、大人にはない力がありますよね。
人間として長く生きると、前の世界を忘れてしまうからかな。



☜1日1クリックの応援お願いします




512: 本当にあった怖い名無し 2012/03/11(日) 23:31:26.82 ID:U0mGaHqO0
高校生の頃、道端で金を拾った。
それも10円とか100円ではなく、500円玉を4~50枚ほど。

バッグに入っていたわけではない。
自宅近くの交差点から川沿いの道を通り、
公園に行き着くまで直線にして大体2kmぐらいの範囲の道に、
ところどころ散らばっていたのだ。

貧乏学生だった俺にとって臨時収入といえるこの金は、
まさに渡りに船。今なら何らかの事件性も考えて、
警察に連絡するのかも知れないが、
当時の俺はそんなに生真面目な学生でもなかったので、ゲームを買ったり、
友達との交友資金に使ったりと、大切に使わせてもらったわけだ。



513: 本当にあった怖い名無し 2012/03/11(日) 23:32:13.44 ID:U0mGaHqO0
拾った金を使い切った次の日。
朝目覚めると、体が異常にだるく感じた。
全身の関節が痛み、喉が痛くて呼吸するのも億劫だった。
しばらくすると、登校時間になってもおきてこない息子を叩き起こそうと
鬼の形相をしたかーちゃんが、部屋の扉を乱暴に開けた。

「いつまで寝てるの!!早く学校行きなさい!!!」

そう怒鳴ったかーちゃんだったが、
俺の様子を見るとキョトンとした顔をしてベッドに近づいてきた。

「なに、あんた。熱でもあるの?」
「…………(うん)」
「早く言いなさいよ!悪くなったらどうするの!?」
「…………(大声出さないで、頭痛いの)」
「まったく、ちょっと待ってなさい。薬もってくるから」
「…………(ありがとう)」

何でかーちゃんってのは、子どもが風邪引くとあんなに優しくなるのかね?
普段からもう少しその優しさを出してくれれば良いのに。

514: 本当にあった怖い名無し 2012/03/11(日) 23:33:50.07 ID:U0mGaHqO0
閑話休題

それから三日間はひどいものだった。
40.0℃近い高熱が続き、水でさえも口に入れたらすぐに戻してしまう。
病院に行っても原因は不明。
とりあえず一日入院したら、嘘のように熱が引いた。
医者も首をかしげていたが、翌日には退院の運びとなった。
迎えに来てくれたのはかーちゃん。
「お昼ごはん何を食べたい?」ときいてくるかーちゃんに、
「別に何でも良いよ」と答えようとしていると、対向車線から
トラックが突っ込んできた。

かーちゃんは肋骨3本。
俺は右腕を解放骨折、右膝の前十字靱帯断裂と半月版損傷、
右脛骨粉砕骨折で病院に逆戻り。



入院中にもかーちゃんに癌が見つかったり、元気だった祖父が倒れたり、
家が火事になったり、彼女に振られたり。
つくづく不幸に見舞われた。

祖母が、「呪いじゃ!呪いじゃ!!」とテンパってた姿を今思い返すと少し笑えるw

515: 本当にあった怖い名無し 2012/03/11(日) 23:35:22.23 ID:U0mGaHqO0
でも当時は俺も連続する不幸が怖くなっていて、
一族の墓を任せていて、
昔から懇意にさせてもらっているお寺の住職さんに、
お祓いをしてもらうことになった。
住職さんは俺には別に何を言うでもなく、淡々とお祓いを終わらせた。
ただ、帰り際に「○○君、何を拾ったの?」と、ぼそっとつぶやいた。

「えっ!?」

驚いて振り返ると、住職さんはにやっとして続けた。

「落し物を簡単に拾ってはいけないよ。昔から憑き物(厄)を落とすには
わざと何かを落とすんだ。それはお金だったり宝石だったり様々だがね。
それらと一緒に憑き物(厄)を落とし、拾った者を身代わりにする。
まぁ、変なのは憑いてないみたいだけど、厄を背負ってるみたいだから
あと一年は注意しておきなさい」

住職さんはそういって寺の奥に引っ込んでいった。
正直それまでは幽霊とか信じていなかっのだが、
ちょっとだけ信じても良いのかなと思った体験だった。

そういえば、昨日職場の近くにダイヤの指輪が落ちていた。
誰でも分かりやすいところに置いておいたから、
落とし主が気づいていると良いけど。



521: 本当にあった怖い名無し 2012/03/12(月) 03:08:27.96 ID:TCok3BAz0
>>515
>落とし主が気づいていると良いけど。

持ち主に戻ることを願うなら交番に届けろよw





☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ