280 :本当にあった怖い名無し:05/02/16 07:52:28 ID:PNzphnIt0

部活の合宿で、他の学校の奴も相部屋で寝てたときの事。

ある奴が急にうなされ始め、布団の上でのた打ち回り始めた。
で、起こそうと思っても全然起きない。でもうなされ続ける。
その時起きてる奴等でどうするかと話し合ってると、今まで寝てた変な奴が起きた。
そいつが布団の上をモソモソと四つんばいで移動し、うなされてる奴の近くまで行くと、
人差し指と中指を立て、寝てる奴の上をチョイと何かを切るように一回払った。
次いで指をチョキの形にして、またも体の上を数回チョキチョキと切るような仕草をした。
すると奇妙なことに、それまでうなされていた奴の眠りが急に穏やかになった。

その変な奴は眠そうにもそもそと自分の布団に戻ると、また寝てしまった。
俺たちは不安になって、うなされていた奴を起こしてみた。
で、話を聞いてみると、
「あかんねん…何か海の中に居てナ、白い物が一杯絡み付いてくるんよ。
 俺、泳げたはずなのに、どんどん絡まるんよ。
 息も出来ないし、必死で足掻いてたんだけど、
 急に懐からナイフと鋏が出てきて、白いものが切れて助かったんよ…」

で、あくる朝、変な奴に話を聞いてみると、
「あー…ばあちゃんから習ったまじない」とだけ言った。

結局、合宿はつつがなく終わったが、何とも微妙な出来事だった。


283 :本当にあった怖い名無し:05/02/16 23:10:56 ID:2gvpkBC00
>>280
一部地方に伝えられている、「縁切り」の儀式だ。
「切る」仕草をとることで、良くないものとのつながりを解消する、古いおまじないである。

しかしオカ板って、民俗学情報の宝庫だな!

 
☜1日1クリックの応援お願いします