【閲覧注意】怪談の森【怖い話】

当サイト「怪談の森」は古今東西の洒落にならない怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

タグ:怖い話




973 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/07/14(日) 13:19:36.26 ID:TeiED3h80
うちの実家にいる人は守護霊にあたるんだろうか?
それっっぽいことしてくれてるような感じはあるが・・・?
 
975 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/07/14(日) 18:14:57.62 ID:TeiED3h80
私の実家は幽霊屋敷・・・らしい。私自身は霊感があまり無いためよくわからないが
母と弟二人が強く、頻繁に霊現象に遭遇している。
一番強いのが母で曰くどうやら常時3人程度が家に常駐。ひょこひょこ浮遊霊が家を通り抜けるとのこと。
一番よくいるのが白装束の女性で若めの長い黒髪というテンプレな霊だそうな。
そんな家ゆえたまに厄介なのも来る。そしてそいつが来た時初めて私はその人を見た。
私が夜中トイレに行った時の話、家は昔ながらな農家の家らしくトイレが家の奥まったところにある。
そのトイレにに行く曲がり角にそいつはいた。
    
  :-)| 柱 |

こんな感じで白い顔がゴロンと柱から覗くように転がっていた。今まで見たことない自分はは身構えた。
ニヤニヤした感じで見つめておりなんとも嫌な感じだった。そして・・・

  :-D| 柱 |

そいつが口を開けた瞬間金縛りにあった。明らかに故意な力による金縛りは初めてだった。
嫌な汗が伝うのだけはわかる。声も出ない。ゆっくりとそいつがまた口をニヤニヤ笑いに戻すのだけが見えていた。
 
976 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/07/14(日) 18:24:24.95 ID:TeiED3h80
が次の瞬間、奴は…   踏 ま れ た。

踏み抜かれたと言っていいほど勢い良く足蹴にされた。はい前述の白装束の女性です。
その時には金縛りも解けていたがあまりの急展開に別の意味で体が固まった。
少しのあいだ、こうグリグリしてたが相手が動かないと見ると頭を両手でむんずと掴み
仏間の方へと引っ張っていった。そいつの頭の後ろには形をなしてない白い蛇のように長い体があり
それを引きずりながら彼女は去っていった。

話には聞いていたがそれが私の彼女との初遭遇。
女性って強いと思った瞬間でもあった。

こんな感じの話は結構自分の体験談も含め色々あるが、オカルト版の先輩に質問したい。
彼女は守護霊と呼称する類でいいのかな?
 
977 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/07/14(日) 19:53:46.50 ID:CP9pF5w60
守護霊か地縛霊かだな
家の誰かについてる守護霊かもしれないし、家そのものについてる地縛霊かもしれない
 
978 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/07/14(日) 19:56:35.82 ID:i8NaKBRo0
いいねイイネ!!
ぜひ他の話もplz
 
979 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/07/14(日) 19:57:36.66 ID:6Rg6D4YfI
>>976
自宅警備員じゃないか?
 
980 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/07/14(日) 20:10:06.51 ID:TeiED3h80
>>979
なるほどなー、でも遠出もするんすよねこの人。

ほかだと、一緒に墓参りしたとか、重なる3人とか、タイトル着けるならそんなん。
別個だと母親の霊体験系。
 
981 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/07/14(日) 20:21:26.35 ID:i8NaKBRo0
お、本人キター(゚∀゚)
こちらは今お盆なんだ
まずは墓参りから順番に大盤振る舞いでヨロ
 
982 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/07/14(日) 20:22:30.56 ID:i8NaKBRo0
守護霊か地縛霊か、上記のお話だけじゃ情報少な過ぎてわからないからね。
と付け加えてみるw
 
983 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/07/14(日) 20:32:48.46 ID:TeiED3h80
>>981
んじゃちと語ろうかのう。と言ってもスレ残り少ないゆえ微妙かなー?
ちなみに実家はど田舎ながら戦国近くまで家系図がある結構古い武士家系。
また付近は半径1km以内で保険金目当てのバラバラ殺人事件やら車での焼身自殺やら
色々起こってる地域。地名もなんか怖いし住所の番地が4と9のみという霊的好立地。







オカルトランキング




690 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 00:21:59.81 ID:nvq9gHy/0
拝み屋なオカンから面白い話を聞いたので投下…するけど、笑えるかどうかは謎ww

オカンがまだ若輩者の拝み屋だったとき、教育係的なお姉さん(霊)がついていたそうな。
さらに、その上位として教育係的なお兄さん(霊)もついていて、大雑把にいえば、

オカン=生徒、お姉さん(霊)=担任、お兄さん(霊)=学年主任

みたいな関係だったらしい。
で、色々と手順やら拝む場所やらを教えてくれていたらしいが、オカンは大概方向音痴な人なので、
場所を説明されてもすぐ忘れる。
何度説明されても忘れる。挙句、そこで何をどうすればいいのかも忘れる。
当然、教育係的なお姉さん(霊)も怒る。

お姉さん「何回も説明したでしょう!どうしてすぐ忘れるの!」
オカン 「だって忘れたものは仕方がないでしょう!」
お姉さん「自分で思い出しなさい!」
オカン 「え~(´・ω・` )」

そんなやりとりを数回繰り返した頃、お兄さん(霊)がひょっこりやってきた。

お兄さん「なに喧嘩してるの?」
オカン 「このヒト(お姉さん)が仕事の内容を教えてくれません」
お兄さん「あー、あれはね、かくかくしかじか、こういう理由でこんな風な手順でやるんだよー」
オカン 「あー、なるほど」
お姉さん「ちょっ、なに教えてんの(汗)?!」

そんな感じで、今度はお姉さん(霊)とお兄さん(霊)が喧嘩し始めたんだそうだ。
その間に座っていたオカンは、当時を振り返って「まるでとーちゃんとかーちゃんの喧嘩みたいだったよーww」と語る。

なんというか、幽霊って実はものすごく大らかで朗らかなんじゃなかろうかと、オカンの話を聞くたびに思ってしまう…ww
  
691 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 00:34:49.50 ID:oqV2yc+t0
>「このヒト(お姉さん)が仕事の内容を教えてくれません」
オイw
  
692 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 09:25:45.39 ID:aOkAjW/IO
独り立ちしたオカンの今担任と主任は新たな生徒を指導中か
まだオカンに憑きっきりなのか気になる
  
693 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/07/27(水) 14:07:49.15 ID:4afnvFrS0
>>691
霊に対して「怖い」とか「崇めなければ」とか思っている程度の一般人の精神では、例え霊感持ちでも
拝み屋にはなれない様な気がして来た。
・・何と言うか、霊に対しても強気でお付き合い出来るのが最低条件的な・・・・。




オカルトランキング




510 :本当にあった怖い名無し:2012/09/28(金) 20:15:49.76 ID:sWPhw5Dx0
 
関東在住で、親の実家が東北の山の中。
お盆には両親と俺と妹で帰省していた。
で、妹は小さい頃は霊媒体質だった。
関東では特に問題は無かったが、田舎に行くと酷い。
気を抜くと、どんどん山の方へ行こうとする。
好奇心とかでは無くて、明らかに様子がおかしかった。


512 :本当にあった怖い名無し:2012/09/28(金) 20:24:18.82 ID:sWPhw5Dx0
 
一番に怖かったのは川での出来事。
父と叔父と俺と妹が、家の近くの川で水着で遊んでいた。魚を捕ったり水を掛け合ったり少し深い場所で泳いだり。
ふと気付くと、妹が深い場所へ足を進めていた。
叔父が気づいて妹の傍へ行ってくれたから、溺れたりはしなかった。
妹は胸くらいの水深の場所で止まって、じっと山を見ていた。
叔父が話しかけても、あまり反応しない。


514 :本当にあった怖い名無し:2012/09/28(金) 20:32:27.94 ID:sWPhw5Dx0
 
俺は俺で妹を見ながら、『ああ、妹がお山に連れてかれる』って思っていた。
何故か妹がオカしくなると俺もオカしくなって、上記の考えが浮かぶ。
俺の傍には父がいたらしいが、俺もあまり反応しなかったらしい。
で、俺は妹がお山に連れてかれるって分かってるんだけど、それを誰かに言えない。
別に身体が動かなくなったり声が出せなくなる訳ではないが、
何故か妹を連れ戻そうとか誰かに言おうという気になれない。



515 :本当にあった怖い名無し:2012/09/28(金) 20:53:18.31 ID:sWPhw5Dx0
 
心配した叔父が妹を抱きあげて川から出ると、妹が火のいたように泣きだした。
それで俺も大丈夫だと安堵して、普通に動けるようになった。

何が怖かったって言われたら終わりだけど、
その場の空気とかも明らかに違ったし、俺は本当に怖くて未だに思いだすと鳥肌が立つ。

で、そのお山なんだけど、俺は悪いものでな無いっていう確信を持っていた。
どうしてか分からないが、凄く神聖で人間が関わっては駄目なものって感じた。
これも当時は何故か誰かに伝えようっていう気にはなれずにいた。


516 :本当にあった怖い名無し:2012/09/28(金) 20:56:51.69 ID:sWPhw5Dx0
 
ちなみに、妹が田舎でオカしくなるのはデフォだったから、必ず大人が近くにいた。
そのお陰で大事に至ったことは無いけど、
楽観する家系で、七歳の七五三をやったら治るんじゃね?ってことで様子をみることに。
それでも駄目だったらお祓いか病院って話だった。
まあ、それが的中して、年を重ねるごとに様子がオカしくなることも減って、
小学校低学年を抜けた辺りから、完全にそれが無くなった。
俺もその頃から、お山が妹をって思うことも無くなったし、それを普通に話せるようになったから書き込みしてる。


518 :本当にあった怖い名無し:2012/09/28(金) 21:57:33.85 ID:XrNS7onF0
 
Oh! ガクブル…
妹さんには何が見えていたんだろう…。


519 :本当にあった怖い名無し:2012/09/28(金) 22:10:22.85 ID:sWPhw5Dx0
 
見えてはいなかったらしい。ただ山に行こうとしてただけで。
我に返ったら記憶が曖昧になってたけど。




☜1日1クリックの応援お願いします




769 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/12/29(木) 03:42:29.05 ID:F+/2P6ZR0

俺は大学生までかなりリア充だった。 
中学から彼女いない期間なんてほとんどなくて、 
ずっとそんなんだったから高校あたりからかなり遊んでた。 

で、大学1年生のとき友人に可愛い子を紹介してもらって付き合ったんだ。 


770 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/12/29(木) 03:46:01.99 ID:F+/2P6ZR0
ちょっと不思議な子で、 
「私は人より願う力が強いから、あんまり人を憎んだりしちゃいけないんだって。 
 お寺の人に言われたんだー」 
って言ってた。 

まあ三か月くらいしたら飽きて、俺から振った。



771 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/12/29(木) 03:51:53.91 ID:F+/2P6ZR0
次誰にしようかなーなんて考えてたけど、 
全くうまくいかない。今までが信じられないくらい。 
いい感じまでいっても、ほかに彼氏ができる。 
そんであれから5年、一度も彼女が出来ないだけじゃなくて、 
事故に遭うわバイトで死にかけるわさんざんだった



772 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/12/29(木) 03:55:29.02 ID:F+/2P6ZR0
最近飲み会でたまたま彼女とあう機会があって、 
「あたしと別れてから彼女できた?」と聞かれて、5年間独り身だと答えると、 
彼女は少し悩んだ顔をして、 
「・・事故にもあった?」と聞いてきた。 
なんと彼女の元彼はいまのところ全員別れたあと彼女ができない&交通事故にあっているらしいw



773 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/12/29(木) 03:58:23.19 ID:F+/2P6ZR0
「なんか前好きだった人の幸せってちゃんと願えないんだよねww」 
って、笑って言ってたがマジ勘弁してくれと思った。 
まあ自業自得だろうけど、 
そういうのってほんとにあるんだなって思った瞬間。 
俺結婚できんのかなorz






オカルトランキング


386 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 23:48:57 ID:BIgdSq+MO
俺の妹は霊感が強い。
とゆうか、そうゆう家系らしい。
俺もわりと強い。妹強い。両親とも弱く、母方のばあさんと、ばあさんの弟のじいさん強い。

高校の時の話。
その時うちには、近所の人から預かっていた日本刀があった。
あとで年寄りから聞いた話なんだけど、その日本刀は曰く付きで、近隣の住人にはナントカ包丁と呼ばれているらしい。

夏休みのある日、俺は友達と肝試しを行った。
場所は一家失踪の家。地元で有名な場所だ。
新しく家を建てるために業者が解体中に事故が相次いだ。
だから半壊状態のまま、山の中にぽつんと取り残されている。

友達との待ち合わせ場所に向かうと、先に友達は来ていた。ちなみに昼間。
失踪の家の辺りは夜にバスが出ていないから、昼間に行くか夜明かしをするかしかない。後者は嫌。
バスに乗って問題の物件まで行くと、昼間だとゆうのにその近辺だけ暗い。
「おー雰囲気あるねー」
そんなことを言いながら家に入ると、独特の冷気が漂っていた。夏だというのに俺は鳥肌が立った。
「あー、参ったな」
家具が置きっぱなしのリビング。食器棚の中に違和感を感じた。
カーテンが閉められていて、昼間でも薄暗い。
食器棚の中の誰かと目があった気がして、俺は慌てて目をそらした。


387 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 23:49:50 ID:BIgdSq+MO
霊が出るという子供部屋をまわり、朽ちた寝室をまわり、引き返す。
特に何事もなく、またリビングへ戻る。

記念写真を撮り、「あっけなかったなー」と言いつつ玄関から外に出る。
なぜか右の掌だけが汗ばんでいた。

家に帰ると、中学生の妹がベランダで日焼けをしていた。
「ご近所さんの目を気にしろよ」と言いつつ洗濯物を取り込み、
一服しようと手すりにもたれ掛かると、妹が吸っていた煙草を指先で弾いた。
煙草は俺の顔の横をかすめ、ポスッと弾かれて足下落ちた。
「あぶねーなー何なんだお前」と言うと、妹は唇の端をつり上げて笑い、手をヒラヒラと振った。
「シッシッてか。犬じゃねーんだよ」

その日の夜、晩飯を食っていると、後ろから視線を感じた。
妹が俺の後ろの食器棚から、ガチャガチャと皿を取り出すと気配は消えた。

夜中に便所に起き、またベッドに横たわっていると、コンコン、コンコン、と窓を叩く音がする。
窓の外はベランダ。
ふとベランダを見ようと体を起こすと、ドカドカとベランダを歩く音が聞こえ、
「ウザッテーんだよ!」と妹の声がした。
びっくりして窓を見ると、妹が何もない空間に向けて蹴りを打ったところだった。
「何してんの?」
俺が言うと、妹は不機嫌そうに言った。
「お兄ちゃんガキ連れてきてるよ」


388 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 23:52:09 ID:BIgdSq+MO
言われて気づいた。昼間、妹が煙草を投げつけたことを。
俺の顔をかすめ、煙草は何かに当たって落ちた。何か?何に?
俺は手すりにもたれ掛かってたから、俺の後ろには何もない。
煙草は1階まで落ちるはずなのに、何かに当たり跳ね返って俺の足下に落ちた。
気づいてぞっとした。
その日は妹に頼んで、妹の部屋の床で寝た。

何日かして、登校日だったので学校へ行くと、友達が笑いながら寄ってきた。
「やったな!」
「なにを?」
友達は一枚の写真を俺に見せた。
あのリビングで撮った写真だった。
ぼけっと立つ俺の右で、小さな男の子が俺を見上げていた。
その子の手は、俺の手を握っている様に見えた。
「やったな!なんか体調悪いとかない?」
友達は嬉しそうにはしゃいでいた。

鬱になりながら家に帰ると、和室の戸が開いていた。
おそるおそる中を覗いてみると、暗い和室で妹が一人で立っていた。近所の人から預かっている日本刀を持って。
俺は戸を閉めた。何だあれは?何やってるんだあいつ?
俺はびびりつつ戸を開けた。
妹は俺の顔を見ると言った。
「おかえり。今日から一人で寝ても大丈夫だよ」

その日から視線も感じなくなった。
妹が何をしたのか俺は知らないし、知りたくない。


391 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 00:07:06 ID:BIgdSq+MO
ちなみに、俺は何度か妹に泣きついたことがあるが、妹がもう大丈夫と言う度に怪現象はなくなった。
妹が何をしているのか分からない。分かりたくない。
一度何をしてるのか尋ねると、妹は笑いながら首を絞めるジェスチャーをしてみせた。
その瞬間窓が叩かれて、妹が「うるせーよ殺すぞ!」と一喝すると、電気の紐が揺れて、外で何かが逃げる気配がした。
俺は妹がたまに怖くなる。

ちなみに、妹に彼氏が出来たためしはない。
付き合ってもすぐに別れる。
すぐに。数日以内に。

ある日町で、家に連れてきたとたん逃げ出した元彼と会った。
別れた理由を聞くと、夢を見たと言う。
夢の中で妹は、黒い靄にひたすら鉈を降り下ろしていた。笑いながら。
怖くなって、付き合うどころじャなくなるらしい。

ちなみに、ナントカ包丁はいまだにうちにある。
名前も覚えてるんだけど、知りたくないし忘れたいから書かない。







オカルトランキング

↑このページのトップヘ