【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

タグ:怨念




4 :本当にあった怖い名無し :2010/03/17(水) 16:38:07 ID:DyWZ9odN0
ちょうど1年ほど前、4月採用予定の新卒者が、見習い兼ねてアルバイトとして事務所に来た。
その内の一人(女性)が挨拶をしたあと、トイレに行きなかなか戻ってこない。
30分経っても帰ってこないので心配になり、他の女子社員に見に行ってもらうと、
個室が一つだけ鍵が掛かった状態で、「ノックしても呼んでも返事が無いけど、どうします?」。
仕方が無いので、その女子社員と俺ともう一人の男性社員とで見に行く事にした。

初めてはいる女子トイレにドキドキしたが、そんな事言ってる場合じゃない。
個室の前で呼びかけるが、やはり返事は無い。
何度も「入るぞ」と言ってドアを開けようとするが、鍵が掛かっていてはどうしようもない。
仕方なくバケツをひっくり返し乗りドアの上から覗き込むと、その子が端の方でうずくまっていた。
何かを握り締め震えているようだった。
声をかけてもこちらを見る事も無い。
無理やり腰を曲げ手を伸ばしトイレの鍵を開け、女子社員に入ってもらうと、
「私もう無理です。かばん持ってきてください。今日は帰ります」と言うので帰ってもらった。

翌日、電話で採用辞退を伝えてきたので了解し、書類関係があるのでもう一度来社するように言ったが、
会社ではなくファミレスがいいとの事。
その翌日、ファミレスに行くと、先日とは違い落ち着いた彼女が居た。
書類を一通り書いてもらい、最後に訳を聞くと、言い難そうに話し始めた。


5 :本当にあった怖い名無し :2010/03/17(水) 16:39:42 ID:DyWZ9odN0
あの日、初めて事務所に入った瞬間、嫌な感じがした。
挨拶をしてから席を案内され座ると、この席が嫌な感じの元だと思った瞬間、机の下に気配を感じ、
足元を見ると、女の人が体育座りでうずくまってこちらを睨みつけて、両足をがっちりとつかまれた。
見渡すと、男性社員全員の机の下から、同じ顔が社員を見上げていた。
そして女子社員の机の下には、大量の髪の毛が動いていた。
そこで逃げ出し、トイレでこのお守りを握り締めていた、と言ってお守り見せられた。
くっきり手の型付いたお守りだった。

「そう言うの見えるほうなの?」と聞くと、
「まぁ見えるほうだけど、こんなに強烈なのは初めて。
 前にあの席に居たのはどんな人ですか?かなり恨みがあるみたいな顔でした」
そこで思い出したが、前にそこに居たのはA子。
ごく普通の女子社員で、何か問題があった訳でもなく、希望退社を募った時に手を挙げ辞めていった人だった。
最後に彼女が言った。
「戻ったら事務所の床を調べて、盛塩とこの御札を貼ってください」


6 :本当にあった怖い名無し :2010/03/17(水) 16:40:45 ID:DyWZ9odN0
社に戻っても、こんな話どう説明して良いか判らなかった。
上司には一身上の都合らしいとお茶を濁し、同僚の男性数人に夜残ってもらうように頼んだ。

まず、その子が座った席の下を恐る恐る覗き込むが、何もない。
な~んだと思いながら、他の人の机の下を見ても何もない。
同僚からは「何を探してるんだっけ?w」と笑われた。
その内一人が、何気なくその子が座った席のカーペットをめくった。
「なんかあるぞ」と言うのと同時に、お線香の匂いがした。
事務所は今時らしくOAフロアになっていて、すのこの上にカーペットが敷いてある。
そのOAフロアの下に社員旅行の全員写真あり、その上にお線香が乗っていた。
皆あわてて自分の席のカーペットをめくると、
今度は女子社員だけの集合写真に、A子以外全員の顔に短い線香が突き刺さった写真。
女子社員の席の下からは、髪の毛の巻かれた線香と、赤く小さな文字で大量に恨みと書かれた紙。
部長の席の下からは、『死ねばいいのに』と乱雑に幾つも書かれた紙が出てきた。

困った事に触るのも怖い。どうするか悩んで、結局教えてくれた子に電話した。
いっぱい出てきたと言うと、
『それ直接触っちゃダメです。
 動かすなら長い箸に塩を振って、そっと袋に入れ、袋にも塩を入れて、口を硬く縛って、
 直ぐにお寺のお守りとか捨てる所に持って行ってください』

その通りにして、同僚には口止めをした。





☜1日1クリックの応援お願いします




599 :可愛い奥様:2011/09/12(月) 22:27:29.83 ID:8c11IjtoO
くじ運のいい人とそうでない人がいるよね。 
血筋も関係してるのかな? 
自分の娘はとてもくじ運がよい。 
自分の家系はくじ運は悪いが、義父と義妹はくじ運がよいらしい。 
娘はその血をひいたのか? 
一方、息子はくじ運は悪い。 
本当に不思議だ。


601 :可愛い奥様:2011/09/12(月) 22:31:46.93 ID:zGM2+Gm10
>>599 
ひき運いいひとっているよね。 
父方叔父と次女がくじ運なかなかいい。 

もう一人の父方伯父がカードの裏側見える人なんだけど、 
金かけるとマージャンも花札もポーカーもまるでだめ。(家庭内賭博ですが)


657 :可愛い奥様:2011/09/13(火) 19:16:37.26 ID:dOQ1+MEn0
>>601 
私はプライベートが人生最悪っていうどん底状態のときに、懸賞でいろいろ当たってる。 
求職ド貧乏生活中に1万円相当の洋物コフレ当選、
彼氏と泥沼グッチャリ清算のときにライヴの最前列チケが来たり、
鬱状態で引きこもってるときに(当時)5万円相当のデジカメ当選とか。 

たいていは応募したこと自体忘れていて、「今もらっても・・・」というほど酷い状況なのだけど、 
神様がくれたプレゼントだと思って、とりあえず有難く頂いている。 
でも宝くじの類は当たらなくて、金銭的にはいっつもギリギリな人生。これも修行か・・・orz 


660 :可愛い奥様:2011/09/13(火) 20:37:49.46 ID:6ivmCOSY0
>>657 
あなたのレスを読んで、納得しました! 
私も懸賞当たりまくりの時期があったんだけど今思えばどん底の時期だった。 
失業中で付き合ってる人ともうまくいってなかった。 
最近は懸賞にも全然当たらない。 
くじ運無くなったと思ってたが、そういうことだったのか!


661 :可愛い奥様:2011/09/13(火) 20:52:12.82 ID:WpogscAt0
私もそうだ。 
両親と姉を一度に亡くし、婚約者とも破談。 
職場でも唯一頼れる先輩がガンで余命◯ヶ月で、心許せる友人にも裏切られ…って人生で最悪の時期に、
懸賞やらクジやらがバンバン当たりまくってた。
お金も、それこそ宝くじではないにしろじゃんじゃん入ってきて、生活にはまったく困るどころか、かなり裕福な生活。 

とある人に、
「お金って、人の怨念もこもっているから、運が落ちてる時にもなだれ込んでくる事があるんだよ~」
と言われて、妙に納得した事がある。


679 :可愛い奥様:2011/09/14(水) 01:17:46.59 ID:jdUIryMD0
友人の姉は懸賞やくじなどよく当たるらしいが、車にもよくぶつかるって言ってた 
そういう悪い事もひっくるめて当たる様だ


680 :可愛い奥様:2011/09/14(水) 01:58:19.96 ID:cVEaXm/40
ポーカーが弱くて、まったく勝てなかったサッカー選手が、
所属チームの飛行機事故から生き残って、大怪我から復帰。 
その後チームの黄金期を築き、国の代表選手としても大活躍した。 
英のボビー・チャールトンって人なんだけど、後にその功績をたたえて英王室からサーの称号ももらった。 
たぶんポーカーなんかで大事な運を無駄遣いしなかったのが、強運の人生の秘訣なんだろうなと、
彼のドキュメンタリーを見てて思った。


681 :可愛い奥様:2011/09/14(水) 02:08:45.18 ID:cVEaXm/40
今確認したら、飛行機事故では奇跡的に大けがを負わなかったみたい。 
精神的なダメージ受けてしばらくサッカーできなかったみたいだけど。 
乗ってた人が半分くらい死んだ事故なのに、やっぱり強運だね。

 


☜1日1クリックの応援お願いします




490 :本当にあった名無し:2009/05/11(月) 15:42:18 ID:5NQ9JxBy0
小さい頃、栃木のド田の祖父の家に住んでた。 
じいちゃんと一緒に散歩してる時に、うちの家系に伝わっている祟りの話をきいた。 
それから猫が飼えなくなった。
ごめんよ本当にごめんよ‥ぬこ。


494 :本当にあった怖い名無し:2009/05/11(月) 19:07:20 ID:gD06vgna0
>>490 
詳しく


498 :本当にあった怖い名無し:2009/05/12(火) 10:07:24 ID:TmALmDU80
>>490 ちょ、ネコの祟りって何があったの? 
話題だけふっておいて逃げんな~ 


499 :本当にあった名無し:2009/05/12(火) 15:19:17 ID:MoB/dE7z0
>>490だけど話振り逃げごめんね>>494>>498 

ぬこ大好き人は読まないほうがいいかも。
これが、俺が聞いたうちの家系の猫の祟りの話。 

むかし男の子が、正月で使う餅つきの臼が出したままになっていたので、その臼ときぬで遊んでいた。 
なにか他に楽しいことは無いかなと考えた時、たまたま家の前によく太ったぬこが寝そべってた。 
子どもは嫌がるぬこを無理やり臼に入れて、興味本意で‥臼を使ってねこをきぬで潰したと‥。 
その猫は埋められもしないで、ただ山に捨てられた。 
親はその事をまったく知るはずも無く。

それからしばらくして、男の子の容態が急に悪くなり、人が変わったようになり夜中にうめきちらす。 
あまりにも不審に感じた親は、拝み屋を呼んで話を聞くと、猫の霊が降りてきたらしいんだ。
それは母猫で、
「もうすぐ生まれそうだったのに‥産みたかった、産みたかった、許さない、許さない口惜しい。
 呪ってやるおまえたちを7代先まで必ず呪ってやる」

それから子供が不自然死をしたり、幼い子がバタバタなくなったり‥ 
もっとあるんですが割愛。


500 :本当にあった怖い名無し:2009/05/12(火) 18:26:19 ID:eIfkEc9RO
今何代目? 
猫は飼いたくてもそもそも縁がないかもな 
しかし猫をつくか…orz


510 :本当にあった怖い名無し:2009/05/13(水) 12:29:39 ID:5QYA0boNO
>>499 
そのぬこを潰した臼&杵のその後が気になる。 


511 :本当にあった怖い名無し:2009/05/13(水) 13:16:46 ID:6tsgtcwo0
>>499 そりゃウツな事だったろう。お話あんがとね。 
そういう場合今後、動物や昆虫に対し殺生せずに優しくすると運が上向くから、
じいちゃんの話も教訓のお触れだったのかもね。 
2chソースの話で信憑性無くてスマナイが


514 :本当にあった名無し:2009/05/13(水) 15:28:42 ID:ro/Pw+/a0
>>500>>510>>511 
その後臼がどうなったかは聞けなかった。 
一応供養はしたのだろうか‥

猫や蛇は、動物のなかでも特に嫉妬深く覚えてて、
後々まで祟るから絶対に酷いことはするなって、じいちゃんがいつも言ってたな。

いま7代目。本当に7代で途絶えるよ。 
じいちゃんが6代目なんどけど、
じいちゃんの息子(叔父さん)がやっとできた男の子だったから、それはもう可愛がってたらしい。 
でも、あとあと段々おかしくなって。
なんでも、小さい時に受けたワクチンが源因で心臓が十五分も止まって、その後遺症で脳に障害がの残って、
成長するにたがって、いきなり倒れる、癲癇で、普通の生活ができなくなって、暴力も振るいだしたみたい。 
ばあちゃんは本当は悪くないのに、「何でこんなふうにしたんだ」って散々責めて責めて暴力ふるって。
おばあちゃんも全国の病院必死で歩きまわって、なんとか治してあげたかったみたいで。
だけど、じいちゃんもばあちゃんを責めて‥ 
散々責められ、全部自分の責任だと思いつめてたおばあちゃんは自殺。しかも、農薬で散々苦しみながら‥。
今、叔父さんは閉鎖病棟にいるよ。 

実話だけど暗い話でごめんね。 

本当に7代目で家系が終わる、やっぱり因果かなって思っちゃうよ。
ほかにも家にはまじないとか色々伝わっていて、じいちゃんが教えてくれたな‥





☜1日1クリックの応援お願いします




585 :2007/01/29(月) 15:33:24 ID:7gN5RjH60

その時相部屋だったバアさんが、洒落にならんぐらい怖かった。

俺が入院していた二週間、バアさんには誰一人面会が来なかった。

病室に来たのは息子夫婦だけ、それも入院初日の一度だけだったらしい。

バアさんはそれをすごく怒っていて、俺によく愚痴をもらした。

しかし、俺のところには、友人だの親戚だのが心配してぞろぞろと来てくれる。

バアさんにはそれがおもしろくなかったのか、それともやっかんだのか、

「うちの子は薄情だねぇ」

ぐらいだったバアさんの愚痴は、たった二週間で、予想を超えてどんどんエスカレートしてしまった。

「あたしが死んだら怨霊になって、もうみん~っな、殺すわ、殺すんじゃ」

「テツコも、サダオも、ヘイゾウも、ソウスケも、みん~な殺すんじゃ」

(おそらく、嫁や息子や親族の名前だと思う)

「子供もみんな殺しちゃる、見たやつみん~っな、殺すっ、あかんぼもじゃ」

「どうやって殺しちゃろか、ヒヒッ、ヒッヒッ」

特に印象が強かったのだけ挙げるとこれぐらい。

これには看護婦も手を焼いていた。

優しく諭すのだが、とたんにバアさんは

「てめーも呪うからな!さっさと行けッ!」と逆ギレ。

看護婦も、主任やら担当やらが数名がかりでも全然ダメだった。

バアさんはここには書けないぐらい酷い言葉を終始怒鳴り散らしていた。

そして、多分病院側が呼んだんだろう、息子夫婦とおぼしき中年カップルが来た。

「母さん、あんまり人に迷惑かけちゃだめだよ」などと言っている。

きっと息子だろう。

カーテンで仕切ってしまって見えなかったが、バアさんはとても静かだった。

しかし、バアさんの『発作』は、その日の夜が一番ひどかった。

夜何時か分からないが、真夜中であったのは確かだと思う。



隣のベッドからの声で俺は目が覚めた。

「うぅ~~~~うぅ~~~~、に~~く~~い~」

「こ~ろ~し~て~や~る~」

などと、うなされる様につぶやくバアさんの声。

俺は暗い病室に響く呪いの言葉に恐ろしい思いをしながら、『忘れろ、早く寝ちまえ』と自分に言い聞かせながら、耳をふさいで目をつぶっていた。

その時、何かふと違和感を感じたんだ。

恐る恐る薄目を開けたら、俺のベッドのカーテンを少しだけ開けて俺を覗き込む、バアさんのひんむいて丸々とした目玉が見えた。

すんっげぇ見てる。

俺を!

首をひょこひょこと動かしながら、俺の様子をうかがってる。

冗談じゃない、怖すぎる。

「サダオぉ~」

俺の名前じゃなく、おそらく息子の名前を呼ぶ。

違います、俺はサダオじゃないですよ!

飛び起きてそう言いたかったけど、怖くて出来ない。

「サダオぉ~、にくいいい」

バアさんがしくしくと泣く。

頼むから俺を見ながら泣かないでくれ。怖い。

「サダオぉ~、おめさん、死ぬぞぉ~」

怒っているのだろうか、声が震えている。

その後バアさんは、息子への悪口を俺に向かってしこたま吐き出すと、自分のベッドに戻り、ゴニョゴニョ言ったあとに、何か小さいモノを数個カーテンに向かって、『ぽすっ、ぽすっ』と投げつけ、静かになってグーグー寝ちまった。

ちょうどこの明くる日が俺の退院日だった。

入院生活の最後の最後に、もっとも恐ろしい目に遭った。

とりあえず、俺はこれを最後にバアさんの呪縛から助かったのだが、俺が居なくなったので、きっと別の患者が何らかの被害にあってるだろうと思う。

そして最後に、バアさんが俺のベッドのカーテンに投げつけたものが、歯であることが退院する時に分かった。

バアさんの口元は血だらけ、カーテンの下には黄ばんだ細い歯が数個……

もう絶対に入院なんかゴメンだと思った。





☜1日1クリックの応援お願いします






人生において、家を購入するというのは最大級のイベントの一つだろう。中古とは言え、念願のマイホームを購入したその家族も、これから始まる新しい生活に心を躍らせたに違いない。しかし、その家族の日常が、徐々にではあるが崩れ始めたのは、引越して僅か数週間後のことであった。まず最初は、夫の事故。幸い大事には至らなかった。続いて、子供の病気。2人の子供達が次々と体調を崩す。しかも原因不明。そして妻の怪我。その怪我で、しばらくの間、仕事を休職せざるを得なかった。

あまりに立て続けに起こる不幸な出来事に、家族全員が得体の知れない何者かの存在をじわじわと感じ始めていた。今後の事を考えると、何か手を打たなくてはならない。そう思った家族は、ある霊能者にお祓いを依頼することにした。その霊能者も、家を見た途端、その異常さに気付いたという。何か澱んだ空気がその家を取り巻いているのが感じられる。怨念と言う言葉が一番当てはまる。今までの出来事を考えると、将来、死者が出てもおかしくない。それほどの念の強さを感じたらしい。

幸い、霊能者に力があったことと、その力の限りを尽くしたお祓いの甲斐もあって、その後は家族に不幸らしい不幸は訪れなかった。妻も以前と同様、看護士の職に復帰して忙しい日々を送っていた。そんなある日の事、その看護士(妻)が働く病院に、一人の急患が運ばれてきた。どうやら交通事故の患者らしい。たまたま、その患者を手術室に運ぶことになった看護士(妻)は、患者の顔を見て声をあげた。

ストレッチャーに乗せられているのは、紛れも無く自分たちがお祓いを依頼した霊能者であった。状態は決して良くないみたいだ。そしてそれは、ストレッチャーを押して手術室に行く途中に起こった。今まで瀕死の状態だった患者の霊能者が、いきなり上半身を起す。そして、看護士(妻)の両腕を掴み、うつろだがその奥に狂気を宿した様な目で睨むと、こう叫んだ。

「よ く も 追 い 出 し て く れ た な あ ぁ !」

そしてまた、意識が断ち切れたかのようにストレッチャーに倒れこんだ。その後、霊能者は治療の甲斐も無く、二度と目を覚まさなかった。こうして復讐は完了された。

これは、同じアパートに住む奥さんの同僚の人の話です。多少脚色有りだが、話の展開に改変等は一切無し。多分、祓われた霊が祓った霊能者に憑いてしまったんだろう。





☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ