【閲覧注意】怪談の森【怖い話まとめ】

当サイト「怪談の森」は古今東西の怖い話~ほっこりする神様系の話まで集めています。 随時更新中!!

タグ:悪因縁




305:名無しのオカルト 2009/09/11(金) 11:11:10 ID: ID:7gDH6XAi0

家系の悪因縁などを解消してくれる霊能者がいる。
知人が鬱になってある霊能者に相談に行ったら、
家のことなど何も教えていないのに、
いきなり親の家系の悪因縁などについて色々言われ、
それが全部的中していた。
実際に両方ともかなり代々問題のある家系だった。
その場で悪因縁などを解消する何か祈りみたいなものを行い
受けたら心身が楽になったようだ。
実際に家族内の雰囲気も、いきなりその日から変わったと言っていた。
知人もその一回で鬱が完治したわけではないが、大分楽になったと言っていた。
今行っている病院も変えるように言われ、実際に変えたら本当に良くなった様子。
相談料も1?2万円程度で祈祷代などは取らない。
世の中にはそういう人もいるんだと思ったよ。

309:名無しのオカルト 2009/09/11(金) 11:44:55 ID: ID:mMHyoa37O

>>305
そういう簡単なやつ(霊障害だとはっきり分かるもの)出来るのは世の中にはゴロゴロいるし
そのおかけで重症な(霊障だと解らない)人達は騙される人が多い
重症なもの程タチの悪い物ほど
地味で生かさず殺さず死ぬまでそして末代まで苦しめる
そしてわざと目立つように雑魚を除霊させトラップまで何重にもしかけておく
雑魚や操り人形を除霊させ自分自身は隠れてるんだよね




312:名無しのオカルト 2009/09/11(金) 12:07:19 ID: ID:7gDH6XAi0

>>309>>そういう簡単なやつ

お前に何が分るんだ?偉そうに知ったかして書くな!







314:名無しのオカルト 2009/09/11(金) 12:15:50 ID: ID:mMHyoa37O

>>312
俺体験者だもの(笑)
結局
どうにもならなくて自分自身がその道入った位だから
神様からの祟り
先祖からの祟り
先祖からの業や報い
祖母からの生き霊




315:名無しのオカルト 2009/09/11(金) 12:22:04 ID: ID:mMHyoa37O

>>314
祖母からの生き霊は真言宗の高僧にたのんだら
「ごめんなさい。怖くて無理(笑)」と1週間後サラッと断られた
俺の祖母は某全国規模の宗教団体の支部の祈祷師なんだよね(笑)




321:名無しのオカルト 2009/09/11(金) 12:43:08 ID: ID:uEdnjzew0

>>315
孫に生霊飛ばすようなババア酷過ぎ
あんまりだな




316:名無しのオカルト 2009/09/11(金) 12:27:53 ID: ID:7gDH6XAi0

>>314

彼も今まであちこちの霊能者を廻った。その経過は自分もよく知っている。
しかし話の人は今までとは別格だった。
受けた後に会ったら雰囲気から何もかもが違っていた。

お前は永遠にそのループを繰り返せw




365:名無しのオカルト 2009/09/14(月) 06:19:00 ID: ID:2zNiSBMs0

>309

ワールド・・・の深見何たらのご託宣をそのまま言い換えただけのような
一律的な回答ですな。
個人的には309の言うようなケースが皆無とは思わないけど、実際、市井
の良心的な霊能者に出会い、家系の業や因縁が解消するきっかけになること
だって実際あると思う。
それを除霊して出てくるのは小物ばかりで、大物は奥深くに隠れていても、
その人や家系が少しでもより良い方向に変わっていけば、あるいは変わって
いくきっかけになれば、いいだろう。簡単なものではないだろうけど。
大物が奥に隠れて、それがわざと霊障害を起こさせているという論理は、だ
から本当に力のある霊能者でないと、救霊はできないし、真の問題解決はで
きないということを暗示して、自分達の教団に誘って、食い物にしようとす
る、それこそ巧妙なトラップだぜ。




366:名無しのオカルト 2009/09/14(月) 10:25:11 ID: ID:qqQ7Kh5EO

>>365
除霊してもらうと1週間位は調子が良い
結局またもとにもどり除霊をお願いする
何回も除霊してるとすぐに大金いっちゃうね
結局追っ払うだけで戻って来てるのに気付かない




367:名無しのオカルト 2009/09/14(月) 22:11:37 ID: ID:chSdKVPW0

ぶっちゃけ家系がどうの因縁がどうのってのは
不思議なオカ話として面白がるのが正解かと
(もしくは単なる遺伝・人的な環境連鎖として一蹴するか)

真に受けて除霊とかに金積んでたら、そりゃ人生狂うよなぁ





368:名無しのオカルト 2009/09/14(月) 22:17:13 ID: ID:edQlDOEx0

>>367で決まり
それがフツーの感覚でしょ




369:名無しのオカルト 2009/09/14(月) 22:28:51 ID: ID:chSdKVPW0

おおっ 普通認定うれしー
実はうちもメチャクチャな家系なんだけどさ
(自殺他殺変死行方不明借金苦詐欺暴行精神異常池沼その他もろもろ)
けっきょくどんな因縁があるかなんて分からないままほぼ絶縁状態
でも自分の家のことをオカとは思わないなぁ
ただ単に現実的に対処するだけ  それで精一杯だ
他人の家の因縁話をきくのは何となく面白いけどね(失礼)




375:名無しのオカルト 2009/09/15(火) 14:21:13 ID: ID:JoTW9LkN0

>>369
そうそう
ここはオカルトを「面白がる」ところだよな
みんなやれ怖いだの、供養すべきだのってわいわい言ってるけど
所詮はスレを盛り上げてるだけなんだよね
リアルで新興宗教や拝み屋をハシゴしてハマってる奴なんて
ドン引きもいいところだよ




370:名無しのオカルト 2009/09/15(火) 01:05:15 ID: ID:QxwFOiRi0

> ただ単に現実的に対処するだけ  それで精一杯だ

家系にどんな呪いがあるにしてもそれが一番だと思うよ







オカルトランキング




376 :メイベル :04/06/26 12:11 ID:gGVnwgZZ

私もほとほと間抜けだったな・・・と思う、今日この頃ですが。11年前の話。 

当時勤務した会社の先輩(女)で、何となく『そりが合わないな…』と感じる女性がいました。 
新人だった私には親切にして下さるんですが、どこか裏があるような印象で。 
そんな彼女が、私の叔母夫婦がアンティークショップを経営していると知るや、私に住所を聞き出し、 
「アンティーク、すっごく興味あるから今度行かせてね」と言いました。

そして数日後に、本当に先輩は叔母の家を訪ねたそうです。(叔母から電話があった)
その時、叔母はいい顔をしていませんでした。 
「あんたの先輩だけど。うーん…何なのあの人。
 いきなりお店に入って来て…それはまあお客さんだからイイんだけど、
 あんたの先輩だと名乗り、古い手裏剣を数枚置き去りにしてったのよ。 
 『主人(夫)が鑑定するんですが、今日は不在なのでお預かりに』と言っても、
 差し上げる差し上げるの一点張りなの」
で、どうしたのかと訊ねたら、結局店頭で押し問答も変なので受けとることにした、と叔母は言いました。 

翌朝出勤し、先輩にその旨を確認すると、いつも通り愛想の良い笑顔で「うん、上げるわ♪」と一言。
この時点でもいやーな予感はあったんですが、私はまたまた先輩の笑顔に騙され?そのままにしておきました。 

結果から言うと、その手裏剣は本物で値打ちもあったらしいのですが、鑑定書がコピーでした。 
コピーでは、現在は鑑定⇒売り買いができない仕組みになってるんです。(警察に叱られる)
先輩に「コピーでは叔母も売買できず困ってますから、鑑定書の原版をいただけますか」とせっついたのに、
「失くしちゃったのよね、実は♪ 
 あなたが問い合わせして再交付してもらって。上げちゃった以上、アレはもう私のものじゃないから」 
と、にべもない。 
ここだけの話、叔母が個人的にさらにそれを同業者のどなたかに譲渡すれば問題はないのですが、 
実は叔母と叔父の店は茶道具専門で、刀剣類に詳しい同業者がほとんどいなかったのです。


377 :メイベル :04/06/26 12:22 ID:gGVnwgZZ
そして結局、手裏剣は叔母家の倉庫に保管されたまま…。
当時、身内の介護で実家と往復生活をしていた叔母・叔父としても、再交付に行く時間もなかったんです。 

以来5年の間に、まず叔父が怪我をしました。
自転車に乗っていて横断歩道で人とぶつかったのに、
徒歩だったほうの人は無傷で、何故か叔父だけ数ヶ月松葉杖をつくほどの怪我を負いました。 
次が叔父の実父。脳梗塞で倒れました。
そして、叔母・叔父の子供が帯状疱疹で入院。 

どう説明すればいいのか…。
病気怪我なんて何時だれが襲われるかわからないよ、と言われればそれまでですが、
上記以外にも、まるでローテーションでも組んでいるかのように、 
叔父自身⇒叔父実父⇒甥っ子…の3人が、代わる代わる怪我・病気になったのです。 
私はピンと来ていませんでしたが、この後で叔父がついにガンになったとき、叔母が泣きながら言いました。 
「悪いけどさあ。あんたには悪いけど、あの先輩が手裏剣持って来てから、こういうことが続くようになったんだよね。
 私も長くこんな商売してるけど、こういうこと初めてで…結び付けて考えちゃいけないのかも知れないけど」 
こう言われたら、私もおだやかではありません。
何かやり切れなくて、叔母にはとにかく鑑定書再交付するか、
同業者でそういったわけありの品物を引きとれる人がいるか探して欲しいと頼み、
会社では先輩に対しちょっとムッとして、「あの手裏剣のことですが、何かいわれがありますか」と初めて質問しました。
すると…何でそういうことが平気で言えるかな、と思うようなことを先輩は言いました。 
「あ、あれかあ。実はねえ、あれ、私の主人が買ったんだけど、あれを持ってる頃、私、 
 急に息子と切ったはったの大喧嘩しちゃったり、刃物で怪我したり、主人が大病したり大変だったのよお。 
 あらっ、叔母さんのご家庭何かあったの?じゃあ手裏剣のせいかも知れないわよねえ」 
・・・もう絶句。こんなことを、(しかも)笑って説明できる・言い放てる彼女の神経を疑いました。 


378 :メイベル :04/06/26 12:30 ID:gGVnwgZZ
私は手続きに時間もお金もかかる鑑定書再発行を断念し、(叔母にそう告げた)
自分も手伝って、手裏剣をとにかく早く引きとってくれる同業者を探しました。 
…いるんですよ、こういうわけありの品でも全然平気だという方や、こういう品こそ手に入れたいという変わり者が。
やっとある男性にひきとって頂くことが決定し、品物を渡しました。 
…何と、それからピタリと叔母・叔父周辺の怪異が止まりました。 
叔父のガンですが、大手術の結果、「危機一髪だったね」とお医者様に言われる状況で何とか助かりました。 
転移はないし、現在も再発もなく元気に暮らしております。 
結局、甥っ子は怪我つづきでリストラ(つか自主退職?)になったりもしましたけど。 

TVなんかで『いわくつきの品』というのを見ることがありますが、(心霊番組などで)
「うちの身内でアンティークやってる人がいるけど、あんなの全然嘘話だよ、絶対ありっこないよ」
などと今まで笑ってた私。 
自ら体験することになろうとは思いませんでした。 
刀剣類全てがそうだとは思いませんが、皆さんもどうか気をつけて下さい。 
なお、私がオカルトに関心を持ったのはこの事件以後です。

ある霊能者さんに訊ねたところ、 
「男の人ばかりに被害が及んだのは、武将の霊(手裏剣にとりついていた?)からだと思う。 
 それと、あなた自身は気付いてないようだけど、あなたの家系は霊的に女性のほうが守護が協力なのよね。 
 だから、叔母さんも姪っ子さんたちも、そして手裏剣の窓口役になってしまったあなた自身も無傷だったのよ」 
と言われました。


379 :メイベル追加 :04/06/26 12:37 ID:gGVnwgZZ
↑上記の話の後日談。 
手裏剣引きとってくれた方は、ちゃんとご自身の時間とお金を使って鑑定書を再発行・再交付してくれました。 
我が家でお金は出すからと申し上げましたが、ホント変人…。
「こういう品物が欲しかったのだ」と、むしろ嬉々としていました。 
今も保管してると(飾って見てる?)思うけど、その方には異変はないそうです。

これも霊能者さんの話ですが、 
「もともとアンティークとかに興味深深の人って、自分と因縁の強い品物を引き寄せるんです。 
 悪い因縁でも、因縁ゆえに引き寄せざるを得ないという場合もあるようだし。
 その方は、手裏剣とはそう悪い因縁ではないか、あなたのように霊的守護が強くて無傷でいるんだと思う。 
 でも、やはり時期が来たら、そういう品物は他の人に売っておいたほうがいいのにね…」


 
☜1日1クリックの応援お願いします

↑このページのトップヘ